Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
アクアポリン産生増強製剤
説明

アクアポリン産生増強製剤

【課題】紫外線又は加齢が原因となる皮膚の乾燥又は皮膚の老化を予防・改善するため、重要なファクターであるアクアポリンの産生を増強する新規製剤の提供。
【解決手段】特定の植物抽出物(アルニカ抽出物、ゲンチアナ抽出物、コーヒーノキ抽出物、コタラヒムブツ抽出物、セイヨウサンザシ抽出物、セイヨウニワトコ抽出物、チョウセンアザミ抽出物、ナツメ抽出物、ノイバラ抽出物、ペパーミント抽出物、ヤグルマギク抽出物、ユズ抽出物、レモン抽出物)を有効成分とするアクアポリンを産生して増強する製剤。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
アクアポリンの産生を増強するために使用する製剤であって、アルニカ、ゲンチアナ、コーヒーノキ、コタラヒムブツ、セイヨウサンザシ、セイヨウニワトコ、チョウセンアザミ、ナツメ、ノイバラ、ペパーミント、ヤグルマギク、ユズ、レモンから選ばれる少なくとも1種以上の植物抽出物を有効成分とすることを特徴とする製剤。
【請求項2】
アクアポリン3の産生を増強するために使用する製剤であって、アルニカ、ゲンチアナ、コーヒーノキ、コタラヒムブツ、セイヨウサンザシ、セイヨウニワトコ、チョウセンアザミ、ナツメ、ノイバラ、ペパーミント、ヤグルマギク、ユズ、レモンから選ばれる少なくとも1種以上の植物抽出物を有効成分とすることを特徴とする製剤。
【請求項3】
紫外線又は加齢が原因となる皮膚の乾燥又は皮膚の老化を予防・改善するために使用されることを特徴とする、請求項1乃至2記載の製剤。
【請求項4】
製剤の剤形が内用又は外用の形態であることを特徴とする請求項1乃至3記載の製剤。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公開番号】特開2013−95667(P2013−95667A)
【公開日】平成25年5月20日(2013.5.20)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−236662(P2011−236662)
【出願日】平成23年10月28日(2011.10.28)
【出願人】(000119472)一丸ファルコス株式会社 (78)
【Fターム(参考)】