Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
イソインドール化合物および代謝共役型グルタミン酸受容体増強剤としてのそれらの使用
説明

イソインドール化合物および代謝共役型グルタミン酸受容体増強剤としてのそれらの使用

【課題】グルタミン酸受容体の増強剤として機能する新規化合物の提供。
【解決手段】式Iの1H−イソインドール−1−オン化合物、該化合物の製造方法、該化合物を含有する医薬組成物、及び該化合物の療法における使用。


[式中、Rはヘテロ原子を含有してよい3〜7員環;RとRはH等;RとRはH等;Rはヘテロ原子を含有してよい5〜7員環等;RはH、ハロゲン原子、C1−6−アルキル基等;RとRはH等;nは1〜8の数を表す]


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式I:
【化1】

[式中:
は、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい3〜7員環であり、ここで前記環は、1以上のAにより置換されてよく;
とRは、H、C1−6−アルキル、C2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクロアルキル、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−アリール、C1−6−アルキル−ヘテロアリール、C1−6−アルキル−ヘテロシクロアルキル、及びC1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキルからなる群より独立して選択され、ここでRとRは、1以上のAにより置換されてよく;
とRは、H、ヒドロキシ、F、Cl、Br、I、ニトロ、シアノ、C1−6−アルキル、C1−6−アルキルハロ、OC1−6アルキル、OC1−6−アルキルハロ、C2−6−アルケニル、OC2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、OC2−6−アルキニル、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、OC0−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、アリール、C1−6−アルキルアリール、OC0−6−アルキルアリール、(CO)R10、O(CO)R10、O(CO)OR10、C(O)OR10、O(CNR10)OR11、C1−6−アルキルOR10、OC2−6−アルキルOR10、C1−6−アルキル(CO)R10、OC1−6−アルキル(CO)R10、C0−6−アルキルCO10、OC1−6−アルキルCO10、C1−6−アルキルシアノ、OC2−6−アルキルシアノ、C0−6−アルキルNR1011、OC2−6−アルキルNR1011、C1−6−アルキル(CO)NR1011、OC1−6−アルキル(CO)NR1011、C0−6−アルキルNR10(CO)R11、OC2−6−アルキルNR10(CO)R11、C0−6−アルキルNR10(CO)NR1011、C0−6−アルキルSR10、OC2−6−アルキルSR10、C0−6−アルキル(SO)R10、OC2−6−アルキル(SO)R10、C0−6−アルキルSO10、OC2−6−アルキルSO10、C0−6−アルキル(SO)NR1011、OC2−6−アルキル(SO)NR1011、C0−6−アルキルNR10(SO)R11、OC2−6−アルキルNR10(SO)R11、C0−6−アルキルNR10(SO)NR1011、OC2−6−アルキルNR10(SO)NR1011、(CO)NR1011、O(CO)NR1011、NR10OR11、C0−6−アルキルNR10(CO)OR11、OC2−6−アルキルNR10(CO)OR11、SO10、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より独立して選択され、ここでRとRは、1以上のAにより置換されてよく、そしてここでどのシクロアルキル又はアリールも、C、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環へ縮合していてもよく;
は、H、F、Cl、Br、I、ニトロ、C1−6−アルキル、C1−6−アルキルハロ、OC1−6−アルキルハロ、C2−6−アルケニル、OC2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、OC2−6−アルキニル、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、OC0−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、アリール、C1−6−アルキルアリール、C1−6−アルキルヘテロアリール、OC
1−6−アルキルアリール、OC1−6−アルキルヘテロアリール、C1−6−アルキルヘテロシクロアルキル、Oヘテロシクロアルキル、OC1−6−アルキルヘテロシクロアルキル、C(O)H、(CO)R10、O(CO)R10、O(CO)OR10、C(O)OR10、O(CN)OR10、C1−6−アルキルOR10、OC2−6−アルキルOR10、C1−6−アルキル(CO)R10、OC1−6−アルキル(CO)R10、C0−6−アルキルCO10、C1−6−アルキルシアノ、OC2−6−アルキルシアノ、C0−6−アルキルNR1011、OC2−6−アルキルNR1011、C1−6−アルキル(CO)NR1011、OC1−6−アルキル(CO)NR1011、C0−6−アルキルNR10(CO)R11、OC2−6−アルキルNR10(CO)R11、C0−6−アルキルNR10(CO)NR1011、C0−6−アルキルSR10、OC2−6−アルキルSR10、C0−6−アルキル(SO)R10、OC2−6−アルキル(SO)R10、C0−6−アルキルSO10、OC2−6−アルキルSO10、C0−6−アルキル(SO)NR1011、OC2−6−アルキル(SO)NR1011、C0−6−アルキルNR10(SO)R11、OC2−6−アルキルNR10(SO)R11、C0−6−アルキルNR10(SO)NR1011、OC2−6−アルキルNR10(SO)NR1011、(CO)NR1011、O(CO)NR1011、NR10OR11、C0−6−アルキルNR10(CO)OR11、OC2−6−アルキルNR10(CO)OR11、SO10、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より選択され、ここでRは、1以上のAにより置換されてよく、そしてここでどの環式部分も、C、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環へ縮合していてもよく;
は、H、F、Cl、Br、I、ニトロ、シアノ、OC1−4−アルキル、C1−6−アルキル、C1−6−アルキルハロ、OC1−6−アルキルハロ、C2−6−アルケニル、OC2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、OC2−6−アルキニル、及びC3−8−シクロアルキルからなる群より選択され;
とRは、H、F、Cl、Br、I、ニトロ、シアノ、C1−6−アルキル、C1−6−アルキルハロ、OC1−6アルキル、OC1−6−アルキルハロ、C2−6−アルケニル、OC2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、及びOC2−6−アルキニルからなる群より独立して選択されるか、又はnが1より大きい場合、
隣接する炭素原子上の2以上のR及び/又はRは、非存在で、アルケニル又はアルキニル部分を形成してよく;
10とR11は、H、ヒドロキシ、オキソ、F、Cl、Br、I、ニトロ、シアノ、C1−6−アルキル、C1−6−アルキルハロ、OC1−6アルキル、OC1−6−アルキルハロ、C2−6−アルケニル、OC2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、OC2−6−アルキニル、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、OC0−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、アリール、C1−6−アルキルアリール、OC0−6−アルキルアリール、C0−6−アルキル−ヘテロシクロアルキル、OC1−6−アルキル−ヘテロシクロアルキル、ヘテロアリール、及びC1−6アルキルヘテロアリールからなる群より独立して選択され、ここでどの環式部分も、C、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環へ縮合していてもよく、そしてどの環式部分も、アルキル、ハロ、ヒドロキシル、Oアルキル、ハロアルキル、及びOハロアルキルより選択される置換基で置換されていてもよく;
Aは、H、ヒドロキシ、F、Cl、Br、I、ニトロ、シアノ、オキソ、C1−6−アルキル、C1−6−アルキルハロ、OC1−6アルキル、OC1−6−アルキルハロ、C2−6−アルケニル、OC2−6−アルケニル、C2−6−アルキニル、OC2−6−アルキニル、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、OC0−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、アリール、C1−6−アルキルアリール、OC0−6−アルキルアリール、C1−6−アルキル−ヘテロシクリル、C1−
−アルキル−ヘテロシクロアルキル、OC0−6−アルキル−ヘテロシクロアルキル、(CO)R10、O(CO)R10、O(CO)OR10、O(CNR10)OR11、C1−6−アルキルOR10、OC2−6−アルキルOR10、C1−6−アルキル(CO)R10、OC1−6−アルキル(CO)R10、C0−6−アルキルCO10、OC1−6−アルキルCO10、C1−6−アルキルシアノ、OC2−6−アルキルシアノ、C0−6−アルキルNR1011、OC2−6−アルキルNR1011、C0−6−アルキル(CO)NR1011、OC1−6−アルキル(CO)NR1011、C0−6−アルキルNR10(CO)R11、OC2−6−アルキルNR10(CO)R11、C0−6−アルキルNR10(CO)NR1011、C0−6−アルキルSR10、OC2−6−アルキルSR10、C0−6−アルキル(SO)R10、OC2−6−アルキル(SO)R10、C1−6−アルキルSO10、OC2−6−アルキルSO10、C0−6−アルキル(SO)NR1011、OC2−6−アルキル(SO)NR1011、C0−6−アルキルNR10(SO)R11、OC2−6−アルキルNR10(SO)R11、C0−6−アルキルNR10(SO)NR1011、OC2−6−アルキルNR10(SO)NR1011、(CO)NR1011、O(CO)NR1011、NR10OR11、C0−6−アルキルNR10(CO)OR11、OC2−6−アルキルNR10(CO)OR11、SO10、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より選択され、ここで前記5〜7員環は、R10及びR11の1以上により置換されていてもよく;そして
nは、1、2、3、4、5、6、7、及び8からなる群より選択される]の化合物、又はその医薬的に許容される塩、水和物、溶媒和物、光学異性体、又はそれらの組合せ[但し、該化合物は:
4−[(5−ブロモ−1,3−ジヒドロ−1−オキソ−2H−イソインドール−2−イル)メチル]−1−ピペリジンカルボン酸1,1−ジメチルエチルエステル、
5−ブロモ−2,3−ジヒドロ−2−(4−ピペリジニルメチル)−1H−イソインドール−1−オン、
4−[(5−クロロ−1,3−ジヒドロ−1−オキソ−2H−イソインドール−2−イル)メチル]−1−ピペリジンカルボン酸、
5−クロロ−2,3−ジヒドロ−2−(4−ピペリジニルメチル)−1H−イソインドール−1−オン、
4−[(1,3−ジヒドロ−5−メトキシ−1−オキソ−2H−イソインドール−2−イル)メチル]−1−ピペリジンカルボン酸1,1−ジメチルエチルエステル、
2,3−ジヒドロ−5−メトキシ−2−(4−ピペリジニルメチル)−1H−イソインドール−1−オン、
4−[(5−シアノ−1,3−ジヒドロ−1−オキソ−2H−イソインドール−2−イル)メチル]−1−ピペリジンカルボン酸1,1−ジメチルエチルエステル、
2,3−ジヒドロ−1−オキソ−2−(4−ピペリジニルメチル)−1H−イソインドール−5−カルボニトリル、
4−[(5−フルオロ−1,3−ジヒドロ−1−オキソ−2H−イソインドール−2−イル)メチル]−1−ピペリジンカルボン酸1,1−ジメチルエチルエステル、
5−フルオロ−2,3−ジヒドロ−2−(4−ピペリジニルメチル)−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−5−(メトキシメチル)−2−(フェニルメチル)−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−5−ヒドロキシ−2−[2−(4−モルホリニル)エチル]−1H−イソインドール−1−オン、
2−[[(2R)−4,4−ジエトキシ−1−[(1S)−1−フェニルエチル]−2−ピペリジニル]メチル]−2,3−ジヒドロ−7−メトキシ−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−7−メトキシ−2−[[(2R)−4−オキソ−1−[(1S)−1−フェニルエチル]−2−ピペリジニル]メチル]−1H−イソインドール−1−オン、 [[7−クロロ−2,3−ジヒドロ−1−オキソ−2−(フェニルメチル)−1H−イソインドール−5−イル]オキシ]−酢酸、
[[7−クロロ−2,3−ジヒドロ−1−オキソ−2−(フェニルメチル)−1H−イソインドール−5−イル]オキシ]−酢酸エチルエステル、
5−フルオロ−2,3−ジヒドロ−2−[3−[4−(2−メトキシフェニル)−1−ピペラジニル]プロピル]−1H−イソインドール−1−オン、
[[2,3−ジヒドロ−2−[2−(4−モルホリニル)エチル]1−オキソ−1H−イソインドール−5−イル]オキシ]−酢酸エチルエステル、
エチル−(2−ベンジル−3−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
エチル−(2−シクロプロピルメチル−3−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
(5−フェノキシメチル−2−(1−フェニル−3−メチル−ブチル)−3−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−1−イル)−酢酸、
5,6−ジメトキシ−1−オキソ−N−2−(4−(2−メトキシフェニル)−1−ピペラジニル)エチル−イソインドール、
5,6−ジメトキシ−1−(3、4−ジメトキシ)ベンジル−3−オキソ−2−(4−(2−メトキシフェニル)−1−ピペラジニル)エチル−イソインドール、
2,3−ジヒドロ−3−アリル−3−ヒドロキシ−2−ベンジル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−2−ベンジル−3−メチル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−2,3−ジベンジル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−3−アリル−2−ベンジル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−2−ベンジル−3−((1−ヒドロキシ)ブチル)−3−メチル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−2−ベンジル−3−((1−ヒドロキシ−1−メチル)エチル)−3−メチル−1H−イソインドール−1−オン、
メチル−(2,3−ジヒドロ−3−メチル−3−オキソ−2−ベンジル−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
メチル−(2,3−ジヒドロ−3−フェニル−3−オキソ−2−ベンジル−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
メチル−(2,3−ジヒドロ−3−(フラン−2−イル)−3−オキソ−2−ベンジル−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
メチル−(2,3−ジヒドロ−3−メチル−3−オキソ−2−((2−フェニル)エチル)−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
メチル−(2,3−ジヒドロ−3−フェニル−3−オキソ−2−((2−フェニル)エチル)−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
メチル−(2,3−ジヒドロ−3−(フラン−2−イル)−3−オキソ−2−((2−フェニル)エチル)−1H−イソインドール−1−イル)−アセテート、
2,3−ジヒドロ−3−フェニル−2,3−ジベンジル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−2,3,3−トリベンジル−1H−イソインドール−1−オン、
2,3−ジヒドロ−2,3−ジベンジル−1H−イソインドール−1−オン、又は
2,3−ジヒドロ−3、3−ジメチル−2−ベンジル−1H−イソインドール−1−オンではない]。
【請求項2】
nが1、2、又は3であり;R、R、R、及びRは、それぞれHであり;Rは、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリー
ルからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいアリール、C3−8−シクロアルキル、シクロアルケニル及びヘテロシクリルからなる群より選択され;Rは、H、Cl、Br、I、C1−6−アルキル、及びOC1−4−アルキルからなる群より選択され;そしてRは、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、OC0−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、アリール、C1−6−アルキルアリール、OC1−6−アルキルアリール、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より選択され、ここでRは、1以上のAにより置換されてよく、そしてここでどの環式部分も、C、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環へ縮合していてもよい、請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
nが1、2、又は3であり;R、R、R、及びRは、それぞれHであり;Rは、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいフェニル、ナフチル、C3−8−シクロアルキル、シクロアルケニル、フラニル、テトラヒドロフラニル、チオフェニル、ピリジル、オキサジアゾリル、キノリニル、ピペラジニル及びテトラヒドロピラニルより選択され;Rは、Cl、Br、I、及び−OCHより選択され;そしてRは、C1−6−アルキルアリール、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環より選択され、ここでRは、1以上のAにより置換されてよい、請求項1に記載の化合物。
【請求項4】
nが1、2、又は3であり;R、R、R、及びRは、それぞれHであり;Rは、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいフェニルであり;Rは、H、Cl、Br、I、C1−6−アルキル、及びOC1−4−アルキルからなる群より選択され、そしてRは、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環であり、ここで該5〜7員環は、C1−6−アルキル−ヘテロシクリルとN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より選択される1以上のAにより置換される、請求項1に記載の化合物。
【請求項5】
nが1であり;R、R、R、R、R及びRは、それぞれHであり;Rは、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいフェニルであり;Rは、Cl、Br、I、及び−OCHより選択され、そしてRは、C1−6−アルキルアリール、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環より選択され、ここでRは、1以上のAにより置換されてよい、請求項1に記載の化合物。
【請求項6】
nが1、2、又は3である、請求項1に記載の化合物。
【請求項7】
nが1である、請求項6に記載の化合物。
【請求項8】
とRがそれぞれHである、請求項7に記載の化合物。
【請求項9】
とRがそれぞれHである、請求項1に記載の化合物。
【請求項10】
が、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいアリール、C3−8−シクロアルキル、シクロアルケニル及びヘテロシクリルからなる群より選択される、
請求項1に記載の化合物。
【請求項11】
が、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいフェニル、ナフチル、C3−8−シクロアルキル、シクロアルケニル、フラニル、テトラヒドロフラニル、チオフェニル、ピリジル、オキサジアゾリル、キノリニル、ピペラジニル及びテトラヒドロピラニルより選択される、請求項10に記載の化合物。
【請求項12】
が、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいフェニルである、請求項11に記載の化合物。
【請求項13】
がC3−8−シクロアルキルである、請求項11に記載の化合物。
【請求項14】
がシクロプロピルである、請求項13に記載の化合物。
【請求項15】
nが1、2、又は3である、請求項14に記載の化合物。
【請求項16】
nが1である、請求項15に記載の化合物。
【請求項17】
が、F、Cl、Br、I、OC1−6−アルキルハロ、及びOC0−6−アルキルアリールからなる群より選択される1以上のAにより置換されてもよいフェニルであり;R、R、R、R、R、及びRがそれぞれHであり;そして、nが1である、請求項1に記載の化合物。
【請求項18】
が、H、Cl、Br、I、C1−6−アルキル、及びOC1−4−アルキルからなる群より選択される、請求項13に記載の化合物。
【請求項19】
が、H、Cl、Br、I、−CH、及び−OCHからなる群より選択される、請求項18に記載の化合物。
【請求項20】
が、Cl、Br、I、及び−OCHより選択される、請求項19に記載の化合物。
【請求項21】
が、C3−8−シクロアルキル、C1−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、OC0−6−アルキル−C3−8−シクロアルキル、アリール、C1−6−アルキルアリール、OC1−6−アルキルアリール、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より選択され、ここでRは、1以上のAにより置換されてよく、そしてここでどの環式部分も、C、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環へ縮合していてもよい、請求項1に記載の化合物。
【請求項22】
が、C1−6−アルキルアリール、及びN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環より選択され、ここでRは、1以上のAにより置換されてよい、請求項21に記載の化合物。
【請求項23】
が、N、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環であり、ここで該5〜7員環は、C1−6−アルキル−ヘテロシクリルとN、O及びSからなる群より独立して選択される1以上のヘテロ原子を含有してよい5〜7員環からなる群より選択される1以上のAにより置換される、請求項22に記載の化
合物。
【請求項24】
以下の表:
【化2】

【化3】

【化4】

【化5】

【化6】

【化7】

【化8】

【化9】

【化10】

【化11】

【化12】

の化合物より選択される化合物、又はその医薬的に許容される塩、水和物、溶媒和物、光学異性体、又はそれらの組合せ。
【請求項25】
7−クロロ−5−(4−ピリジン−4−イル−ピペラジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−{[(ピリジン−3−イルメチル)−アミノ]−メチル}−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−{[(ピリジン−4−イルメチル)−アミノ]−メチル}−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(ベンジルアミノ−メチル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(フェネチルアミノ−メチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−[(3−フェニル−プロピルアミノ)−メチル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(インダン−2−イルアミノメチル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
1−{1−[7−メチル−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペリジン−4−イル}−1,3−ジヒドロ−ベンゾイミダゾール−2−オン;
7−メチル−5−[4−(3−フェニルプロピル)−ピペリジン−1−イルメチル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
5−{4−[3−(4−イミダゾール−1−イル−フェニル)−プロピル]−ピペリジン−1−イルメチル}−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
3−メチル−8−[1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イル]−1−フェニル−1,3,8−トリアザ−スピロ[4.5]デカン−4−オン;
5−[4−(3−フェニル−プロピル)−ピペリジン−1−イル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−[4−(2−メトキシ−エチル)−ピペラジン−1−イル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−モルホリン−4−イル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−[4−(2−オキソ−2−ピロリジン−1−イル−エチル)−ピペラジン−1−イル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(3−フェニル−プロピル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−[3−(3−フルオロ−フェニル)−プロピル]−7−ヨード−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ブロモ−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(4−メチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(1−メチル−3−フェニル−プロピル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(4−エチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール
−1−オン;
7−クロロ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−[1−(4−フェノキシフェニル)−エチル]−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−ジベンゾ[1,4]ジオキシン−2−イルメチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−ヨード−2−(4−ブチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−フェニルスルファニル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(3−ジメチルアミノ−プロプ−1−イニル)−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(3−ジメチルアミノ−プロピル)−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−5−(3−ピロリジン−1−イル−プロピル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−[3−(4−メチル−ピペラジン−1−イル)−プロピル]−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−[2−(4−メチルベンジル)−1−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イル]−3,6−ジヒドロ−2H−ピリジン−1−カルボン酸tert−ブチルエステル;
5−ブロモ−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(ヘキサヒドロピロロ[1,2−a]ピラジン−2−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2−(トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−ピリジン−4−イル−2−(トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(4−メチルピペラジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(4−メチルピペラジン−1−イル)−2−(4−フェノキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
5−ブロモ−7−メチル−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−7−メチル−2−(4−クロロ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(3−ジメチルアミノピロリジン−1−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
5−(ヘキサヒドロピロロ[1,2−a]ピラジン−2−イル)−7−メチル−2−(4−フェノキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
2−(4−クロロベンジル)−5−(ヘキサヒドロピロロ[1,2−a]ピラジン−2−イル)−7−メチル−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
2−(4−クロロベンジル)−5−(3−ジメチルアミノピロリジン−1−イル)−7−メチル−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(オクタヒドロピロロ[1,2−a]ピラジン−2−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
2−(4−クロロベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−4−イル−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
2−(4−クロロベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(3−ジメチルアミノ−プロプ−1−イニル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(3−ジメチルアミノ−プロプ−1−イニル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1,2,3,6−ピリジン−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
ブロモ−7−メトキシ−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−メチル−1,2,3,6−ピリジン−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メトキシ−5−ピリジン−4−イル−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メトキシ−5−ピリジン−3−イル−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
4−[7−メトキシ−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イル]−3,6−ジヒドロ−2H−ピリジン−1−カルボン酸tert−ブチルエステル;
5−クロロ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−7−トリフルオロメチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−7−クロロ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−ピリジン−4−イル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−5−ピリジン−4−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−7−メチル−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−[3−(4−メチル−ピペラジン−1−イル)−プロプ−1−イニル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−[3−(4−メチル−ピペラジン−1−イル)−プロピル]−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−ピリジン−3−イル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(4−ジメチルアミノメチル−フェニル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−ピリジン−4−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(4−メチル−ピペリジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(ヘキサヒドロピロロ[1,2−a]ピラジン−2−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロベンジル)−5−(4−メチル−ピペラジン−1−イル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(ヘキサヒドロピロロ[1,2−a]ピラジン−2−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(4−ピリジン−4−イルメチル−ピペラジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(4−ピリジン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−[4−(2−ピリジン−4−イル−エチル)−ピペラジン−1−イル]−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−クロロ−2−(4−エチル−ベンジル)−7−トリフルオロメチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−[3−(4−メチル−ピペラジン−1−イル)−プロピル]−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(4−ピリジン−3−イルメチル−ピペラジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
5−[4−(3−ジメチルアミノ−プロピル)−ピペラジン−1−イル]−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−クロロ−ベンジル)−7−メチル−5−(4−ピリジン−4−イルメチル−ピペラジン−1−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(3−ジメチルアミノメチル−フェニル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
6−クロロ−3−オキソ−2−(4−フェノキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−4−カルボニトリル;
7−メチル−5−[(1−フェニル−エチルアミノ)−メチル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(4−アミノメチル−フェニル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(4−モルホリン−4−イルメチル−フェニル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
(S)−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(3−ジメチルアミノ−ピロリジン−1−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−7−クロロ−2−(4−トリフルオロメチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(4−ジメチルアミノメチル−フェニル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(1−ベンジル−1H−ピラゾール−4−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(6−アミノ−ピリジン−3−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−[4−(2−ピリジン−2−イル−エチル)−ピペラジン−1−イル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−[4−(2−ピリジン−4−イル−エチル)−ピペラジン−1−イル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(1−メチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−[7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−1−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イル]−ピリジン−3−カルバルデヒド;
7−メチル−5−(1−ピリジン−4−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−[3−(4−メチル−ピペラジン−1−イル)−プロプ−1−イニル)−2−(4−トリフルオロメチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(1−ピリジン−4−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−ピリジン−3−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(4−モルホリン−4−イルメチル−フェニル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(1H−イミダゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−[(ピリジン−4−イルメチル)−アミノ]−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(1−ピリジン−4−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(メチル−ピリジン−3−イルメチル−アミノ)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(1−イソブチル1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(メチル−ピリジン−4−イルメチル−アミノ)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(1−ピリジン−4−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1
−オン;
7−メチル−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−ピリジン−3−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−ピリジン−4−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−{4−[7−メチル−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペリジン−1−イルメチル}−ベンゾニトリル;
5−(1−シクロペンチル−ピペリジン−4−イルメチル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(メチル−ピリジン−3−イルメチル−アミノ)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−ピリジン−3−イルアミノ)−2−(4−トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(1−イソプロピル−ピペリジン−4−イルメチル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−メチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(1−エチル−ピペリジン−4−イルメチル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(1−ベンジル−ピロリジン−3−イルアミノ)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−[1−(2−ジメチルアミノ−エチル)−1H−ピラゾール−4−イル]−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−エチル−2−(4−トリフルオロメチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−カルボン酸メチルエステル;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(1−ピリジン−3−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(3−ジメチルアミノメチル−[1,2,4]オキサジアゾール−5−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(3−モルホリン−4−イルメチル−[1,2,4]オキサジアゾール−5−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−(3−ジエチルアミノメチル−[1,2,4]オキサジアゾール−5−イル)−7−メチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(3−メチルアミノメチル−[1,2,4]オキサジアゾール−5−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5,7−ジクロロ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−エチル−2−(4−トリフルオロメチル−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(ピリジン−2−イルメトキシ)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−2−(4−メチル−ベンジル)−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−ベンジル−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−フルオロ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−メトキシ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−シクロプロピルメチル−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−[(7−メチル−1−オキソ−5−ピリジン−3−イル−1,3−ジヒドロ−2H−イソインドール−2−イル)メチル]ベンゾニトリル;
7−クロロ−5−エチル−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−5−(1−ピリジン−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−フルオロ−ベンジル)−5−(1−ピリジン−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(1−メチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−{4−[7−クロロ−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペリジン−1−イルメチル}−ベンゾニトリル;
7−クロロ−2−シクロプロピルメチル−5−(1−ピリジン−4−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−[4−(7−クロロ−2−シクロプロピルメチル−1−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル)−ピペリジン−1−イルメチル]−ベンゾニトリル;
5−フルオロ−7−ヨード−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(5−クロロ−2−フルオロ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−ジメチルアミノ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−エチル−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(3−フェニルプロプ−2−イニル)−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
5−フルオロ−7−クロロ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−{4−[7−メチル−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペラジン−1−イルメチル}−ニコチノニトリル;
6−{4−[7−メチル−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペラジン−1−イルメチル}−ニコチノニトリル;
7−ヨード−5−メトキシ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(4−ピリジン−2−イル−ピペラジン−1−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−{4−[7−クロロ−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペラジン−1−イルメチル}−ニコチノニトリル;
6−{4−[7−クロロ−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペラジン−1−イルメチル}−ニコチノニトリル;
7−クロロ−5−メトキシ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(3−フルオロ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(2−フルオロ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−ジフルオロメトキシ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−イソプロピル−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(4−クロロ−ベンジル)−1−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペリジン−1−イルメチル}−ベンゾニトリル;
4−{4−[7−クロロ−1−オキソ−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペラジン−1−メチル}−ニコチノニトリル;
7−クロロ−2−(3−フェニルプロピル)−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−クロロ−5−(ピリジン−2−イルメトキシ)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−{4−[7−クロロ−2−(4−ジフルオロメトキシ−ベンジル)−1−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル]−ピペリジン−1−イルメチル}−ベンゾニトリル;
7−クロロ−2−(4−ジフルオロメトキシ−ベンジル)−5−(1−ピリジン−イルメチル−ピペリジン−4−イルメチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−フルオロ−3−メチル−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−(4−クロロ−2−メチル−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
2−ベンジル−5−ブロモ−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−2−(4−エチル−ベンジル)−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−2−(3−フルオロ−ベンジル)−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−2−(2−フルオロ−ベンジル)−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−2−(4−ジフルオロメトキシ−ベンジル)−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−2−(4−イソプロピル−ベンジル)−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
5−ブロモ−2−(4−フルオロ−3−メチル−ベンジル)−7−メチル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;及び
7−メチル−5−[3−(1−メチル−ピペリジン−4−イル)−プロピル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オンより選択される化合物、又はその医薬的に許容される塩、水和物、溶媒和物、光学異性体、又はそれらの組合せ。
【請求項26】
7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2−(トリフルオロメトキシベンジル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(1−メチル−ピペリジン−4−イルメチル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−メチル−5−(3−メチルアミノメチル−[1,2,4]オキサジアゾール−5−イル)−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
4−[4−(7−クロロ−2−シクロプロピルメチル−1−オキソ−2,3−ジヒドロ−1H−イソインドール−5−イルメチル)−ピペリジン−1−イルメチル]−ベンゾニトリル;
2−(4−ジメチルアミノ−ベンジル)−7−メチル−5−ピリジン−3−イル−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オン;
7−クロロ−2−(3−フェニルプロピル)−5−(1−ピリジン−2−イルメチル−1H−ピラゾール−4−イル)−2,3−ジヒドロイソインドール−1−オン;及び
7−メチル−5−[3−(1−メチル−ピペリジン−4−イル)−プロピル]−2−(4−トリフルオロメトキシ−ベンジル)−2,3−ジヒドロ−イソインドール−1−オンより選択される化合物、又はその医薬的に許容される塩、水和物、溶媒和物、光学異性体、又はそれらの組合せ。
【請求項27】
請求項1〜26のいずれか1項に記載の化合物と医薬的に許容される担体又は賦形剤を含んでなる医薬組成物。
【請求項28】
医薬品としての使用のための請求項1〜26のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項29】
請求項1〜26のいずれか1項に記載の化合物の、グルタメート機能不全と関連した神経系及び精神医学系障害の治療用医薬品の製造における使用。
【請求項30】
神経系及び精神医学系障害が、心臓バイパス手術及び移植の後の脳性欠損、卒中、脳虚血、脊髄外傷、頭部外傷、分娩時低酸素、心停止、低血糖の神経損傷、認知症、AIDS誘発性認知症、アルツハイマー病、ハンチントン舞踏病、筋萎縮性側索硬化症、眼の損傷、網膜症、認知障害、突発性及び薬物起因性パーキンソン病、筋肉痙攣、および振戦が含まれる筋痙直に関連した障害、てんかん、痙攣、長期のてんかん状態に続く脳性欠損、偏頭痛、片頭痛、尿失禁、物質耐性、物質禁断、精神病、統合失調症、不安、一般的不安異常症、パニック障害、社会恐怖症、強迫異常症、及び外傷後ストレス障害(PTSD)、情緒異常症、うつ病、躁病、双極性異常、日周期リズム障害、時差ボケ、交代勤務(shift work)、三叉神経痛、脱毛症、耳鳴り、眼の黄斑変性、嘔吐、脳浮腫、疼痛、急性疼痛、慢性疼痛、激痛、難治性疼痛、ニューロパシー疼痛、炎症疼痛、及び外傷後疼痛、遅発性異常運動症、睡眠障害、睡眠発作、注意不足/活動亢進症、及び行状異常症より選択される、請求項29の使用。
【請求項31】
グルタメート機能不全と関連した神経系及び精神医学系障害の治療又は予防の、そのような治療の必要な動物における方法であって、請求項1〜26のいずれか1項に記載の化合物の治療有効量を前記動物へ投与する工程を含んでなる、前記方法。
【請求項32】
グルタメート機能不全と関連した神経系及び精神医学系障害の治療又は予防の、そのような治療の必要な動物における方法であって、請求項27に記載の医薬組成物の治療有効量を前記動物へ投与する工程を含んでなる、前記方法。
【請求項33】
神経系及び精神医学系障害が、心臓バイパス手術及び移植の後の脳性欠損、卒中、脳虚血、脊髄外傷、頭部外傷、分娩時低酸素、心停止、低血糖の神経損傷、認知症、AIDS誘発性認知症、アルツハイマー病、ハンチントン舞踏病、筋萎縮性側索硬化症、眼の損傷、網膜症、認知障害、突発性及び薬物起因性パーキンソン病、筋肉の痙攣及び震えが含まれる筋痙直に関連した障害、てんかん、痙攣、長期のてんかん状態に続く脳性欠損、偏頭痛、片頭痛、尿失禁、物質耐性、物質禁断、精神病、統合失調症、不安、一般的不安異常症、パニック障害、社会恐怖症、強迫異常症、及び外傷後ストレス障害(PTSD)、情緒異常症、うつ病、躁病、双極性異常、日周期リズム障害、時差ボケ、交代勤務(shift work)、三叉神経痛、脱毛症、耳鳴り、眼の黄斑変性、嘔吐、脳浮腫、疼痛、急性疼痛、慢性疼痛、激痛、難治性疼痛、ニューロパシー疼痛、炎症疼痛、及び外傷後疼痛、遅発性異常運動症、睡眠障害、睡眠発作、注意不足/活動亢進症、及び行状異常症より選択される、請求項31又は32に記載の方法。
【請求項34】
神経系及び精神医学系障害が、アルツハイマー病、長期のてんかん状態に続く脳性欠損、物質耐性、物質禁断、精神病、統合失調症、不安、一般的不安異常症、パニック障害、社会恐怖症、強迫異常症、及び外傷後ストレス障害(PTSD)、情緒異常症、うつ病、躁病、及び双極性異常より選択される、請求項33に記載の方法。
【請求項35】
式Icの化合物の製造の方法であって:
(a)式Ia:
【化13】

の化合物を式:R(CRNHのアミンの存在下に式Ib:
【化14】

の化合物へ環化すること、及び
(b)式Ibの化合物を、Rを含んでなる試薬と交差カップリングして、式Ic:
【化15】

による化合物を生成することを含んでなる、前記方法(ここで、可変基および変数は、請求項1により定義される)。
【請求項36】
式Ifの化合物の製造の方法であって:
(a)式Ia:
【化16】

の化合物をプロパルギルアミンの存在下に式Id:
【化17】

の化合物へ環化すること:
(b)式Idの化合物を、Rを含んでなる試薬とカップリングして、式Ie:
【化18】

の化合物を得ること:及び
(c)式Ieの化合物を、Rを含んでなる試薬と交差カップリングして、式If:
【化19】

による化合物を生成することを含んでなる、前記方法(ここで、Rは、アリール基であり、そして他の可変基および変数は、請求項1により定義される)。
【請求項37】
イソインドリノンIg:
【化20】

を式:X(CRの求電子試薬と反応させて、式Ih:
【化21】

[式中、Rは、請求項1に定義される通りであり、Xは、脱離基である]の化合物を生成することを含んでなる、式Ihの化合物の製造の方法。

【公開番号】特開2012−180364(P2012−180364A)
【公開日】平成24年9月20日(2012.9.20)
【国際特許分類】
【外国語出願】
【出願番号】特願2012−105883(P2012−105883)
【出願日】平成24年5月7日(2012.5.7)
【分割の表示】特願2007−525831(P2007−525831)の分割
【原出願日】平成17年8月12日(2005.8.12)
【出願人】(300022641)アストラゼネカ アクチボラグ (581)
【Fターム(参考)】