説明

インドール誘導体およびキナーゼ阻害剤、特にIKK2阻害剤としてのその使用

【課題】キナーゼ活性、特にIKK2活性の阻害活性を有する、炎症障害および組織修復障害の治療薬の提供。
【解決手段】式(I)のインドールカルボキサミド化合物。


[式中、R1は、H、ハロゲンまたは−YZ基を示し;Yは、結合(即ち、不存在である)、C1−6アルキレンまたはC2−6アルケニレンを示し;Zは、5〜14個の環員をそれぞれ含むアリールまたはヘテロアリール基を示す。R2は、H、ハロゲンまたは−Y1Z1基を示し;Y1は、結合(即ち、不存在である)、C1−6アルキレン、C2−6アルケニレンを示し;Z1は、6員アリール、5または6員ヘテロアリール、5〜7員複素環、C5−7シクロアルキル、C5−7シクロアルケニルなどを示す。]


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/gzt_disp.php on line 298

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式(I):
【化1】

[式中、Rは、H、ハロゲンまたは−YZ基を示し;
Yは、結合(即ち、不存在である)、C1−6アルキレンまたはC2−6アルケニレンを示し;
Zは、5〜14個の環員をそれぞれ含むアリールまたはヘテロアリール基を示し、該アリールまたはヘテロアリールは、ハロゲン、OH、C1−6アルキル、C1−6ハロアルキル、C1−6アルコキシ、C1−6ハロアルコキシ、CN、C1−6ヒドロキシアルキル、フェニル、O−(CH1−6−フェニル、NHSO、NHCOR、CONR、SONRから独立して選択される1個またはそれ以上の置換基により置換されていてもよく;
、RおよびRは、独立してHまたはC1−6アルキルを示し;
は、H、ハロゲンまたは−Y基を示し;
は、結合(即ち、不存在である)、C1−6アルキレン、C2−6アルケニレンを示し;
は、6員アリール、5または6員ヘテロアリール、5〜7員複素環、C5−7シクロアルキル、C5−7シクロアルケニルを示し、その各々はSO、NHSO
【化2】

CORNR、SONR、C1−6アルキル、C1−6ハロアルキル、C1−6アルコキシ、C1−6ハロアルコキシ、ハロゲン、CONR、NHCORまたはフェニル(直接的に結合されるか、またはC1−6アルキレン、CONH、C2−6アルケニレンスペーサーにより結合されており、および
【化3】

1−6アルキル、C1−6アルコキシ、C1−6ハロアルキル、C1−6ハロアルコキシ、OH、ハロゲンから選択される1個またはそれ以上の置換基により置換されていてもよい)から独立して選択される1個またはそれ以上の置換基により置換されていてもよく;
は、H、C1−6アルキル、−(CHフェニルまたは−(CHナフチル(ここで、nは、0または1であり、該フェニルまたはナフチルのそれぞれは、C1−6アルキル、C1−6アルコキシ、ハロゲン、NR、C1−6ハロアルキル、C1−6ハロアルコキシから独立して選択される1個またはそれ以上の置換基により置換されていてもよい)、CNまたは−(O)フェニル(ここで、pは0または1であり、該フェニルはハロゲン、C1−6アルキルまたはC1−6アルコキシから独立して選択される1個またはそれ以上の置換基により置換されていてもよい)を示し:
およびRは、独立して、C1−6アルキル、H、C1−6アルキレンNR10を示し;
およびR10は、独立して、C1−6アルキル、Hを示す;ただし、RおよびRの両方がHではないことを条件とする]
で示される化合物あるいはその塩、溶媒和物、または生理学上機能的な誘導体。
【請求項2】
がYZであるところの、請求項1記載の化合物。
【請求項3】
Yが結合または−CH=CH−であるところの、請求項2記載の化合物。
【請求項4】
Yが結合であるところの、請求項3記載の化合物。
【請求項5】
Zが、フェニル基(置換されていないか、あるいはC1−3アルコキシ、CN、OH、フェニル、−OCHフェニル、NHSO、NHCOR、CONR、SONR、ハロゲン、C1−6ヒドロキシアルキル、C1−4アルキルから独立して選択される置換基により1回もしくは2回置換されていてもよい)、またはベンゾフラニル、キノリニル、
【化4】

ピリミジニル、チオフェニル、イソオキサゾリル、ピリジニル(その各々は、C1−3アルキル、C1−3アルコキシ、ハロゲンから独立して選択される1個または2個の基により置換されていてもよい)から選択されるヘテロアリール基であるところの、請求項1〜4記載の化合物。
【請求項6】
Zが、フェニル基(置換されていないか、あるいはフェニル、OCHフェニル、NHSOCH、NHCOCH、CONH、CON(CH、Cl、F、OCH、CN、OH、CHOH、CH、C(CHから選択される置換基により1回置換されている)、またはベンゾフラニル、キノリニル、
【化5】

ピリミジニル、チオフェニル、ベンゾチオフェニル、イソオキサゾリル、ピリジニル(その各々は−OCH、CH、Fから選択される基により置換されていないかまたは1回置換されている)から選択される複素環基であるところの、請求項5記載の化合物。
【請求項7】
Zが、フェニル(置換されていないか、あるいはフェニル、OCHフェニル、NHSOCH、NHCOCH、CONH、CON(CH、Cl、F、OCH、CN、OH、CHOH、CH、C(CHから選択される置換基により1回置換されている)であるところの、請求項6記載の化合物。
【請求項8】
Zがフェニルであるところの、請求項7記載の化合物。
【請求項9】
がHまたはYであるところの、請求項1〜8のいずれかに記載の化合物。
【請求項10】
がYであるところの、請求項9記載の化合物。
【請求項11】
が結合またはC1−3アルキレンであるところの、請求項10記載の化合物。
【請求項12】
が、フェニル基(置換されていないか、あるいはNHSO、CONR、CF、C1−3アルコキシ、SO、NHCOR、SONR、NRから選択される1個の置換基により置換されている)、または1個の窒素原子を含む6員複素環基(置換されていないか、あるいはC1−3アルキル、CHフェニル、SO、CONRから選択される基により1回置換されている)であるところの、請求項10〜11記載の化合物。
【請求項13】
がSOにより置換されている6員複素環であるところの、請求項12記載の化合物。
【請求項14】
6員複素環が4−ピペリジルであるところの、請求項13記載の化合物。
【請求項15】
がYZであり、RがHまたはBrであるところの、請求項1記載の化合物。
【請求項16】
がフェニルまたはBrであり、RがYであるところの、請求項1記載の化合物。
【請求項17】
がYZであり、RがYであるところの、請求項1記載の化合物。
【請求項18】
5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−ビフェニルイル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(フェニルメチル)オキシ]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[4−(アセチルアミノ)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(アミノカルボニル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−クロロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(アセチルアミノ)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(アミノスルホニル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{3−[(ジメチルアミノ)カルボニル]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(メチルオキシ)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−シアノフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−ヒドロキシフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−キノリニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(1−ベンゾフラン−4−イル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(1,3−ベンゾジオキソール−5−イル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[(E)−2−フェニルエテニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(5−ピリミジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−ビフェニルイル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(1−ベンゾフラン−2−イル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(1−ベンゾチエン−2−イル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(ヒドロキシメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(2−ナフタレニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[6−(メチルオキシ)−3−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[4−(ヒドロキシメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−クロロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(2−メチルフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{3−[(フェニルメチル)オキシ]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(2−クロロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3,5−ジメチル−4−イソオキサゾリル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{2−[(フェニルメチル)オキシ]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(5−キノリニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(1−ナフタレニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ヨード−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3,5−ジフェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{4−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(3−ピリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(4−{[(2−アミノエチル)アミノ]カルボニル}フェニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[4−({[4−(メチルオキシ)−3−(4−メチル−1−ピペラジニル)フェニル]アミノ}カルボニル)フェニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミドホルメート;
5−フェニル−3−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−3−ヨード−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−エチル−3−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(3−ピペリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−[1−(フェニルメチル)−3−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−シクロヘキセン−1−イル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−シクロヘキシル−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[3−(メチルオキシ)フェニル]エテニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−[1−(フェニルメチル)−1,2,3,6−テトラヒドロ−4−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(4−ピペリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−クロロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−[1−(プロピルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−アセチル−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(N,N−ジメチル−β−アラニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−エチル−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミドホルメート;
3−(1−メチルピロリジン−2−イル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)ピロリジン−3−イル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[4−(メチルスルホニル)フェニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[3−(アセチルアミノ)フェニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[4−(エチルスルホニル)フェニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[3−(メチルスルホニル)フェニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(ヘキサヒドロ−1H−アゼピン−4−イル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)ヘキサヒドロ−1H−アゼピン−4−イル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−[2−(4−ピリジニル)エチル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニリデン]メチル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−[4−(ヒドロキシメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(3−ピペリジニルメチル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−[2−(4−ピペリジニル)エチル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{2−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]エチル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{[1−(エチルスルホニル)−3−ピペリジニル]メチル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]メチル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−フルオロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−メチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{フェニルスルホニル−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−{[4−(メチルオキシ)フェニル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エタンスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2−プロパンスルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−[1−(プロパンスルホニル)−1,2,3,6−テトラヒドロ−4−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(1−{[4−(トリフルオロメチル)フェニル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2,4−ジクロロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(3,4−ジクロロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(エチルアミノ)カルボニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−1−ピペラジニル)カルボニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−クロロフェニル)−3−[1−(プロパンスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−フルオロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−(4−クロロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−3−[1−(フェニルメチル)−1,2,3,6−テトラヒドロ−4−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−3−(4−ピペリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−3−[1−(エタンスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エタンスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−{4−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エタンスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(3−メチルフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(2−チエニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(3−チエニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[4−(メチルスルホニル)フェニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{4−[(ジメチルアミノ)スルホニル]フェニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{3−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−{3−[(メチルスルホニル)アミノ]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[4−(アセチルアミノ)フェニル]−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(ジメチルアミノ)スルホニル]フェニル}−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(アセチルアミノ)フェニル]−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(1H−ピラゾール−4−イル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−[3−(ヒドロキシメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(2,4−ジフルオロフェニル)−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−[4−(メチルオキシ)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(4−フルオロ−2−メチルフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(4−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−ビフェニルイル)−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[4−(1,1−ジメチルエチル)フェニル]−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(4−メチルフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(4−ピリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(6−フルオロ−3−ピリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(6−メチル−3−ピリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(4−メチル−3−ピリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−[6−(メチルオキシ)−3−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(N−アセチル−3−ピペリジニルメチル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[3−(エチルオキシ)フェニル]−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(2−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−(3−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3,5−ジクロロフェニル)−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3,4−ジフルオロフェニル)−3−[1−(エチルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−{3−[(ジメチルアミノ)カルボニル]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[2,6−ビス(メチルオキシ)フェニル]−3−ブロモ−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−(4−フルオロ−2−メチルフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−[5−フルオロ−2−(メチルオキシ)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−(3−キノリニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド トリフルオロアセテート;
3−ブロモ−5−(5−キノリニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド トリフルオロアセテート;
5−[2,5−ビス(メチルオキシ)フェニル]−3−ブロモ−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−(2−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−[2,4−ビス(メチルオキシ)フェニル]−3−ブロモ−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−ブロモ−5−[2−(メチルオキシ)−3−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミドトリフルオロアセテート;
3−ブロモ−5−[2,3,4−リス(メチルオキシ)フェニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−クロロ−2,5−ジメチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−{[5−ブロモ−2−(メチルオキシ)フェニル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(5−フルオロ−2−メチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(3−フルオロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(1−{[2,4,6−トリス(1−メチルエチル)フェニル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−{[4−(1,1−ジメチルプロピル)フェニル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2−メチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2−ヨードフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−ペンチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−{1−[(4−プロピルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2,4−ジフルオロフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(2,5−ジメチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−エチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(3−メチルフェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−{[2−(メチルオキシ)フェニル]オキシ}フェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4−{[4−(メチルオキシ)フェニル]オキシ}フェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−({3−[(4−フルオロフェニル)オキシ]フェニル}スルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(3−{[2−(メチルオキシ)フェニル]オキシ}フェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−({4−[(4−クロロフェニル)オキシ]フェニル}スルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(3−{[4−(メチルオキシ)フェニル]オキシ}フェニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−(1−{[3−(フェニルオキシ)フェニル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−({3−[(4−クロロフェニル)オキシ]フェニル}スルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−({4−[(2−メチルフェニル)オキシ]フェニル}スルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(4’−クロロ−4−ビフェニルイル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−({3−[(2−メチルフェニル)オキシ]フェニル}スルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−({3−[(2−クロロフェニル)オキシ]フェニル}スルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(5−クロロ−1−ナフタレニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−{[4’−(メチルオキシ)−3−ビフェニルイル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(3−ビフェニルイルスルホニル)−4−ピペリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−{[(4−フルオロフェニル)メチル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{1−[(5−クロロ−2−ナフタレニル)スルホニル]−4−ピペリジニル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(1−{[4’−(メチルオキシ)−4−ビフェニルイル]スルホニル}−4−ピペリジニル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(2−フルオロフェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−{[(2,2−ジメチルプロピル)アミノ]カルボニル}フェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(3−{[(1−メチルエチル)アミノ]カルボニル}フェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−{[(2,2−ジメチルプロピル)アミノ]カルボニル}フェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(プロピルアミノ)カルボニル]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−{[(1−メチルエチル)アミノ]カルボニル}フェニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−{4−[(ジエチルアミノ)カルボニル]フェニル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[1−(メチルスルホニル)−1,2,3,6−テトラヒドロ−4−ピリジニル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(3−オキソシクロペンチル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−フェニル−3−{3−[(フェニルメチル)アミノ]シクロペンチル}−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−(3−アミノシクロペンチル)−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−{3−[(エチルスルホニル)アミノ]シクロペンチル}−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−3−[1−(プロピルスルホニル)−4−ピペリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−3−(3−ピリジニル)−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−3−[1−(メチルスルホニル)−1,2,3,6−テトラヒドロ−4−ピリジニル]−1H−インドール−7−カルボキサミド;
3−[(4−ヒドロキシフェニル)メチル]−5−フェニル−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−(4−クロロフェニル)1H−インドール−7−カルボキサミド;
5−ブロモ−3(4−ピペリジニル)1H−インドール−7−カルボキサミド;
からなる群から選択される、請求項1記載の化合物もしくはその塩、溶媒和物または生理学上機能的な誘導体。
【請求項19】
請求項1〜18のいずれかに記載の化合物もしくはその塩、溶媒和物または生理学上機能的な誘導体、および1つまたはそれ以上の医薬上許容される担体、希釈剤および賦形剤を含む医薬組成物。
【請求項20】
治療に使用するための請求項1〜18のいずれかに記載の化合物もしくはその塩、溶媒和物、または生理学上機能的な誘導体。
【請求項21】
不適当なキナーゼ活性により媒介される障害の処置に使用するための請求項1〜8記載の化合物。
【請求項22】
不適当なIKK2活性により媒介される障害の処置に使用するための請求項1〜18記載の化合物。
【請求項23】
哺乳動物における不適当なキナーゼ活性により媒介される障害の処置方法であって、該哺乳動物に請求項1〜18のいずれかに記載の化合物もしくはその塩、溶媒和物または生理学上機能的な誘導体を投与することを含む方法。
【請求項24】
不適当なキナーゼ活性が不適当なIKK2活性であるところの、請求項23記載の方法。
【請求項25】
不適当なIKK2活性により媒介される障害が、炎症性および組織修復障害、特に関節リウマチ、炎症性腸疾患、喘息およびCOPD(慢性閉塞性肺疾);変形性関節炎、骨粗鬆症および線維症;乾癬、アトピー性皮膚炎および紫外線(UV)−誘導性の皮膚のダメージを含む皮膚病;全身性エリテマトーデス、多発性硬化症、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎を含む自己免疫疾患、組織および臓器の拒絶反応、アルツハイマー病、脳卒中、アテローム性動脈硬化症、再狭窄、糖尿病、糸球体腎炎、ホジキン病を含む癌、悪液質、感染症および後天性免疫不全症候群(AIDS)を含む特定のウイルス感染症に関連する炎症、成人呼吸促進症候群、および毛細血管拡張性運動失調であるところの請求項24記載の方法であって、哺乳動物に治療上有効量の式(I)の化合物もしくはその塩、溶媒和物または医薬上機能的な誘導体を投与することを含む方法。
【請求項26】
不適当なキナーゼ活性により媒介される障害の治療における使用のための薬剤の製造における、請求項1〜18のいずれかに記載の化合物もしくはその塩、溶媒和物または生理学上機能的な誘導体の使用。
【請求項27】
不適当なキナーゼ活性が不適当なIKK2活性であるところの、請求項26記載の使用。
【請求項28】
不適当なIKK2活性により媒介される障害が、炎症性ならびに組織修復障害、特に関節リウマチ、炎症性腸疾患、喘息およびCOPD(慢性閉塞性肺疾);変形性関節炎、骨粗鬆症および線維症;乾癬、アトピー性皮膚炎および紫外線(UV)−起因性皮膚損傷を含む皮膚病;全身性エリテマトーデス、多発性硬化症、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎を含む自己免疫疾患、組織および臓器の拒絶反応、アルツハイマー病、脳卒中、アテローム性動脈硬化症、再狭窄、糖尿病、糸球体腎炎、ホジキン病を含む癌、悪液質、感染症および後天性免疫不全症候群(AIDS)を含む特定のウイルス感染症に関連する炎症、成人呼吸促進症候群および毛細血管拡張性運動失調であるところの請求項27記載の使用であって、哺乳動物に治療上有効量の式(I)の化合物もしくはその塩、溶媒和物または医薬上機能的な誘導体を投与することを含む使用。
【請求項29】
IKK2障害が炎症性または組織修復障害であるところの、請求項28記載の使用または請求項25記載の方法。
【請求項30】
IKK2障害が関節リウマチ、炎症性腸疾患、喘息、またはCOPDであるところの、請求項29記載の使用または方法。
【請求項31】
IKK2障害が喘息であるところの、請求項30記載の使用または方法。
【請求項32】
IKK2障害がCOPDであるところの、請求項30記載の使用または方法。
【請求項33】
IKK2障害が関節リウマチであるところの、請求項30記載の使用または方法。
【請求項34】
IKK2障害が自己免疫疾患;組織または臓器の拒絶反応、アルツハイマー病、脳卒中、アテローム性動脈硬化症、再狭窄、糖尿病、糸球体腎炎、変形性関節炎、骨粗鬆症および毛細血管拡張性運動失調からなる群から選択されるところの、請求項28記載の使用または請求項25記載の方法。
【請求項35】
障害が自己免疫疾患であるところの、請求項34記載の使用または方法。
【請求項36】
自己免疫疾患が全身性エリテマトーデス、多発性硬化症、乾癬性関節炎または強直性脊椎炎、糖尿病であるところの、請求項35記載の使用または方法。
【請求項37】
疾患が癌および/または悪液質ところの、請求項28記載の使用または請求項25記載の方法。
【請求項38】
癌がホジキン病であるところの請求項27記載の使用または方法。

【公開番号】特開2012−25761(P2012−25761A)
【公開日】平成24年2月9日(2012.2.9)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−190903(P2011−190903)
【出願日】平成23年9月1日(2011.9.1)
【分割の表示】特願2006−548393(P2006−548393)の分割
【原出願日】平成17年1月13日(2005.1.13)
【出願人】(591002957)グラクソスミスクライン・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー (341)
【氏名又は名称原語表記】GlaxoSmithKline LLC
【Fターム(参考)】