Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
シート張装材
説明

シート張装材

【課題】迅速、容易かつ安価に一体的に構成することができるシート張装材を提供する。
【解決手段】塑性加工可能で、シートの端部を紐等の連結手段により掛止めるための棒材と、該棒材の一部を塑性加工により突出せしめて形成された突出片と、上記棒材に並設されると共に前記突出片の先端部に溶接されて棒材と一体にされ、構造体に取り付けられる長尺材から構成される。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、シートを張装するための部材、すなわちシート張装材に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来のシート張装材としては、例えば、図5に示すように、長尺材としての金属パイプPと、該金属パイプPに沿って適宜間隔で並設される棒材Tと、これら金属パイプPおよび棒材Tを一体的に繋ぐ突出片Hから構成され、上記棒材TにシートSの端縁を紐Mにより掛け止めて、シートSを張装するようにしたものがあった。
【0003】
しかし、上記従来のシート張装材は、図6に示すように、上記金属パイプPと棒材T間の突出片Hを、それぞれ溶接して一体化するように構成されているため、これら3つの部材を所定位置に正確に固定し、しかも、突出片Hを金属パイプPおよび棒材Tにそれぞれ溶接して、3つの部材を一体化しなくてはならず、そのため、手間と時間がかかるだけでなく、部材を固定するための治具や高精度の位置決め及び溶接作業を要する等の問題点があった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明が解決しようとする課題は、迅速、容易かつ安価に一体的に構成することができるシート張装材を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明のシート張装材は、塑性加工可能で、シートの端部を紐等の連結手段により掛止めるための棒材と、該棒材の一部を塑性加工により突出せしめて形成された突出片と、上記棒材に並設されると共に前記突出片の先端部に溶接されて棒材と一体にされ、構造体に取り付けられる長尺材から構成されることを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、塑性加工により金属棒から突出片を突出せしめて構成することにより、従来のように突出片を溶接等により形成する必要がなく、迅速かつ安価に構成することができる。また、塑性加工により突出形成された突出片の先端を鉄パイプ等の長尺材に突き合わせ溶接させるだけで、迅速かつ容易に構成できるだけでなく、複雑な治具や高精度の位置決め及び溶接技術を必要としないので、安価に提供できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
図1は、本発明の棒材と長尺材の複合材およびそれによるシート張装状態を示す図であって、1は本発明の長尺材としての鉄パイプ、2は本発明の棒材としての鉄棒、2aは突出片である。該鉄棒2にシートSの端縁が紐Mにより張装されている。
【0008】
図2から明らかなように、上記鉄棒2には、その長手方向に沿って、複数の突出片2aが所定間隔で複数形成されている。各突出片2aは鉄棒2から放射方向に同じ長さだけ突出している。該突出片2aの先端は上記鉄パイプ1に突き合わせ溶接され、両者は一体化されている。従って、上記突出片2aの突出長さが、上記鉄パイプ1と鉄棒2の隙間となっている。
【0009】
図3は、上記鉄棒2およびこれに一体的に形成された突出片2aの拡大斜視図であり、図4(A)(B)はその形成方法を説明する図である。すなわち、上記鉄棒2の上下から図4(A)のような金型Gを矢印のように押し込むと、図4(B)のように、鉄棒2の一部が押し潰され、横方向に延出して突出片2aが形成される。なお、上記金型Gにより押し潰される鉄棒2の一部が、横方向(軸方向)に確実に延出するように、その周囲の鉄棒2は押さえ込んでおくのが好ましい。
【0010】
本発明における棒材は、上記実施例の鉄棒2に限定するものではないが、塑性加工が可能で、しかも、溶接可能な金属材料(例えば、鉄、銅、アルミニウム、それらの合金など)である必要がある。また、本発明における長尺材は、上記実施例の鉄パイプ1である必要はなく、上記金属性棒材と溶接可能な金属材料(例えば、鉄合金や、銅、アルミニウム、それらの合金など)であれば、その断面形状や太さはいずれでもよい。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本発明のシート張装材によりシートを張装した断面図である。
【図2】本発明のシート張装材の分解斜視図である。
【図3】鉄棒および突出片の斜視図である。
【図4】鉄棒および突出片のプレス加工を示す説明図(A)(B)である。
【図5】従来のシート張装材によりシートを張装した平面図(A)およびその断面図(B)である。
【図6】従来の複合材の分解斜視図である。
【符号の説明】
【0012】
1 鉄パイプ
2 鉄棒
2a 突出片
G 金型
H 突出片
M 紐
P 金属パイプ
S シート
T 棒材

【特許請求の範囲】
【請求項1】
塑性加工可能で、シートの端部を紐等の連結手段により掛止めるための棒材と、該棒材の一部を塑性加工により突出せしめて形成された突出片と、上記棒材に並設されると共に前記突出片の先端部に溶接されて棒材と一体にされ、構造体に取り付けられる長尺材から構成されることを特徴とするシート張装材。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate


【公開番号】特開2007−77581(P2007−77581A)
【公開日】平成19年3月29日(2007.3.29)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−263152(P2005−263152)
【出願日】平成17年9月12日(2005.9.12)
【出願人】(000204192)太陽工業株式会社 (174)
【出願人】(505344465)
【Fターム(参考)】