スキャナ

【課題】オペレータがコードシンボルをかざす位置調整を容易に認識することができるコードシンボル読取装置を提供する。
【解決手段】エリアイメージセンサに結像した撮像画像を出力する撮像装置から出力された撮像画像のフレーム内にコードシンボルの候補画像があると判定された場合に(S4のYes)、候補画像がデコードできなかった場合には(S5のNo)、撮像装置の撮像エリアからはみ出すことによって候補画像に含まれるコードシンボルの一部分が欠落していることを検出した場合(S7のYes)、候補画像をコードシンボルとして撮像できるように案内するためのガイド画像を撮像画像とともに表示器に対して表示する(S9)。これにより、ガイド画像に従うことによりオペレータがコードシンボルをかざす位置調整を容易に認識することができる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明の実施形態は、コードシンボル読取装置に関する。
【背景技術】
【0002】
商品に付されたコードシンボルの画像を取得して商品データを出力するコードシンボル読取装置として、CCD(Charge Coupled Device Image Sensor)撮像素子等のエリアイメージセンサを使用したものがある(特許文献1参照)。このようなコードシンボル読取装置は、CCD撮像素子で得られる画像データから対象とするバーコードの画像情報を抽出し、この画像情報を解析して商品データを取得する。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、エリアイメージセンサを使用したコードシンボル読取装置においては、商品の一部に付されたコードシンボルをオペレータが目視できない状態でエリアイメージセンサに対向させなければならないため、コードシンボルをかざす位置の位置調整がオペレータにとって非常難しいものとなっている。
【課題を解決するための手段】
【0004】
実施形態のコードシンボル読取装置は、エリアイメージセンサに結像した撮像画像を出力する撮像装置と、前記撮像装置から出力された前記撮像画像を表示器に対して表示する撮像画像表示部と、前記撮像装置から出力された前記撮像画像のフレーム内にコードシンボルの候補となる画像があるか否かを判定する画像判定部と、前記画像判定部によりコードシンボルの候補画像があると判定された場合に、前記候補画像がデコードできなかった場合には、前記撮像装置の撮像エリアからはみ出すことによって前記候補画像に含まれる前記コードシンボルの一部分が欠落していることを検出するデコード処理部と、を備え、前記撮像画像表示部は、前記デコード処理部が前記候補画像に含まれる前記コードシンボルの一部分が一定時間以上欠落した状態であることを検出した場合に、前記候補画像をコードシンボルとして撮像できるように案内するためのガイド画像を前記表示器に対して表示する。
【図面の簡単な説明】
【0005】
【図1】図1は、実施形態に係るバーコードスキャナの外観を示す斜視図である。
【図2】図2は、バーコード読取装置の構造を示す概略断面図である。
【図3】図3は、バーコードスキャナの制御系を示すブロック図である。
【図4】図4は、モジュール構成を示すブロック図である。
【図5】図5は、チェックアウト業務処理の流れを示すフローチャートである。
【図6】図6は、ガイド画像が表示された状態を示す正面図である。
【図7】図7は、テーブルの一例を示す模式図である。
【図8】図8は、バーコードが撮像エリア内に存在する状態を示す正面図である。
【発明を実施するための形態】
【0006】
以下に添付図面を参照して、この発明にかかるコードシンボル読取装置の最良な実施の形態を詳細に説明する。
【0007】
本発明の実施の一形態を図1ないし図8に基づいて説明する。本実施の形態はコードシンボル読取装置として縦型のバーコードスキャナに用いられるバーコード読取装置を適用した例である。
【0008】
図1は、本発明の実施の一形態に係るバーコードスキャナ10の外観を示す斜視図である。バーコードスキャナ10は、コードシンボル読取装置であるバーコード読取装置100の高さを変更する昇降機能を備え、オペレータによる読取操作を行い易くしたものである。図1に示すように、バーコードスキャナ10は、商品が入れられたカゴ等が置かれるサッカー台11(又はカウンタ台)に立設されている。このバーコードスキャナ10には、案内溝12を有する一対の支柱13と、この案内溝12に沿って昇降自在に案内されるバーコード読取装置100とが設けられている。バーコード読取装置100の上方には、表示器16とキーボード17と音声出力装置18とが設けられている。
【0009】
本実施の形態に係るバーコードスキャナ10において、オペレータは、バーコード読取装置100の前方に商品を配置し、商品に付されたバーコードを読み取る。
【0010】
図2は、バーコード読取装置100の構造を示す概略断面図である。バーコード読取装置100は、商品が配置される撮像領域F側に配置された表側カバー部材111と、表側カバー部材111の反撮像領域側に組み合わせて配置される裏側カバー部材112とで形成された箱形の筐体110を備えている。
【0011】
筐体110内には、CCD撮像素子を備える撮像装置120と、撮像領域Fに照明光を照射する照明装置である照明ボード130と、画像処理ボード140とを備えている。
【0012】
表側カバー部材111は、最も撮像領域F側に配置される表面板111aのほか、この表面板111aの中央部には、内部に向け凹設部160が形成されている。凹設部160は、奥に行くほどその断面積が減少する四角錐形の壁面を備えて形成され、凹設部160の最奥部には開口部113が開設されている。
【0013】
撮像装置120は、エリアイメージセンサであるCCD撮像素子及びCCD撮像素子の駆動回路を備えた撮像基板121と、CCD撮像素子に撮像領域Fの画像を結像する焦点距離fの撮影レンズ122とからなる。
【0014】
画像処理ボード140は、撮像装置120のCCD撮像素子から出力された動画像データに対して各種の画像処理を施す。
【0015】
照明ボード130は、開口部113の奥側に配置される。照明ボード130の基板134には、撮像装置120の撮影用の開口部133が開設されている。凹設部160の最奥部の開口部113内に位置する照明ボード130の基板134上には、複数のLED発光素子131が開口部133を囲うように配置されている。これにより、複数のLED発光素子131は、撮像装置120の撮像領域Fより広い照明領域Iに光を照射する。
【0016】
また、表側カバー部材111の表面板111aと同一面で凹設部160を塞ぐように、低反射ガラス150が配置されている。ここで、低反射ガラス150は、ガラスまたはプラスチックなどで形成された低反射の透明部材である。なお、透明とは、人間の目で透明である必要はなく、撮像装置120にとって透明であればよい。低反射ガラス150としては、例えば旭硝子社製の低反射ガラスを用いることができる。
【0017】
このように低反射ガラス150を用いるのは、次の理由による。低反射ガラス150の代わりに通常のガラスを用いた場合、LED発光素子131からのLED光を多く反射してしまう。この結果、バーコードのデコードにおいてバーの欠落が発生する。一方、本実施の形態のように、低反射ガラス150を用いた場合には、このようなバーコードのデコードに対する反射光の悪影響を防ぐことができる。
【0018】
本実施の形態においては、読取対象のバーコードと撮像装置120との距離を示す読取対象のバーコードの読取深度が読取領域A内にある場合には、バーコードを計測する解像度を得ることができる。そこで、バーコードの読取領域Aは、レンズ側限界Pcの位置が表側カバー部材111の表面板111aの位置、すなわち低反射ガラス150の天面と略一致するように設定される。また、本実施の形態では、読取領域Aは、低反射ガラス150の配置位置(即ちレンズ側限界Pc)を含む充分広い領域となるよう、設定される。
【0019】
本実施の形態では、筐体110には凹設部160が形成されている他、表側カバー部材111の表面板111aと同一面で凹設部160を塞ぐように、低反射ガラス150が配置されているので、低反射ガラス150によってユーザがバーコードの読取領域A外(筐体110の凹設部160内)に商品をかざすことを制限することができ、バーコードを確実に読み取ることができ、オペレータに安心感を与えることができ、使いやすいバーコード読取装置100を提供することができる。
【0020】
なお、本実施の形態においては、低反射ガラス150の天面がバーコードの読取領域Aのレンズ側限界Pcの位置と略一致するものとしたが、必ずしも略一致する必要は無く、低反射ガラス150の天面がバーコードの読取領域A内に位置するように配置されていれば良い。
【0021】
次に、バーコードスキャナ10の制御系について図3のブロック図を参照して説明する。バーコードスキャナ10は、制御の主体となるCPU(Central Processing Unit)51を搭載している。このCPU51には、バス52を介してROM(Read Only Memory)53と、RAM(Random Access Memory)54と、通信インタフェース(I/F)55と、バーコード読取装置100(撮像装置120、照明ボード130、画像処理ボード140)と、画像表示出力部56と、操作入力部57と、音声出力装置である音声出力部59とが接続されている。通信インタフェース(I/F)55には、販売店舗内のLAN(Local Area Network)58を介してPOS(Point of Sales)サーバ60が接続されている。
【0022】
POSサーバ60は、例えば店舗で販売する全ての商品の価格や商品名等のデータを予め格納する商品データベースを有している。POSサーバ60は、バーコードスキャナ10との間で、商品の精算処理に関する情報の授受および商品の精算処理結果の記録を行う。より詳細には、POSサーバ60は、バーコードスキャナ10からLAN58を介して送信されてくる商品に付されたバーコードのデコードデータを商品データベースに照会し、当該デコードデータに対応する商品の価格や商品名等のデータを読み出し、全ての商品の各価格を合計して精算額データを求め、この精算額データをLAN58を介してバーコードスキャナ10に返信する。
【0023】
ROM53には、商品の精算業務を実行するためのチェックアウト業務プログラム等の固定データが予め格納されている。RAM54には、撮像装置120の撮像により取得された画像やバーコード画像をデコードした結果であるデコードデータ等を一時的に格納するもので、これらのデータを格納するためのワークエリアが形成されている。
【0024】
画像表示出力部56は、POSサーバ60から送信された商品の価格や商品名等のデータを表示器16に表示する。また、画像表示出力部56は、撮像装置120から出力される動画像データを入力し、この動画像データを画像処理してリアルタイムな動画像として表示器16に表示する。従って、画像表示出力部56は、1台の表示器16に対して、リアルタイムな動画像と商品の価格や商品名等のデータの表示とを重ね合わせて表示する。なお、画像表示出力部56は、表示器16の表示画面を分割し、一方の分割画面にリアルタイムな動画像を表示し、他方の分割画面には商品の価格や商品名等のデータを表示するようにして、リアルタイムな動画像の表示と商品の価格や商品名等のデータの表示とを表示器16において兼用するようにしても良い。
【0025】
操作入力部57は、キーボード17から入力された内容をCPU51に送信する。例えばバーコードを構成する商品コードがキーボード17から手入力された場合、CPU51は、手入力された商品コードをLAN58を介してPOSサーバ60に送信する。
【0026】
音声出力部59は、各種の音声情報を保持しており、所望の音声情報を音声出力装置18から音声として出力させる。
【0027】
ここで、ROM53に格納されているチェックアウト業務プログラムがCPU51により実行されることにより実現される機能のうち、本実施の形態のバーコードスキャナ10が有する特徴的な機能について説明する。
【0028】
本実施の形態にかかるバーコードスキャナ10で実行されるチェックアウト業務プログラムは、図4に示すような各部(撮像画像表示部71、画像判定部72、デコード処理部73、ガイド音声出力部74)を含むモジュール構成となっており、実際のハードウェアとしてはCPU51がROM53からチェックアウト業務プログラムを読み出して実行することにより上記各部がRAM54上にロードされ、撮像画像表示部71、画像判定部72、デコード処理部73、ガイド音声出力部74がRAM54上に生成されるようになっている。
【0029】
撮像画像表示部71は、撮像装置120から出力された撮像画像を表示器16に対して表示する。
【0030】
画像判定部72は、撮像装置120から出力された撮像画像のフレーム内にコードシンボルの候補となる画像があるか否かを判定する。
【0031】
デコード処理部73は、画像判定部72によりコードシンボルの候補画像があると判定された場合に、候補画像に対してデコードを試みる。そして、デコード処理部73は、デコード処理の結果、バーコードがデコードできた場合には、デコード結果をPOSサーバ60に出力する。一方、デコード処理の結果、バーコードがデコードできなかった場合には、撮像装置120の撮像エリアからのバーコード候補画像のはみ出し(部分的な欠落)を検出する。
【0032】
なお、撮像画像表示部71は、デコード処理部73がバーコード候補画像についての部分的な欠落を検出した場合に、バーコード候補画像をバーコードとして撮像できるように案内するためのガイド画像を表示器16に対して表示する。ガイド音声出力部74は、デコード処理部73がバーコード候補画像についての部分的な欠落を検出した場合に、バーコード候補画像をバーコードとして撮像できるように案内するためのガイド音声を音声出力部59に対して出力する。
【0033】
図5は、CPU51がチェックアウト業務プログラムに従って実行するチェックアウト業務処理の流れを示すフローチャートである。図6に示すように、CPU51(撮像画像表示部71)は、撮像装置120により撮像された動画像データをRAM54に一時的に格納するとともに(ステップS1)、動画像データを表示器16に表示する(ステップS2)。
【0034】
次に、CPU51(画像判定部72)は、画像データに対してバーコード認識処理を実行して(ステップS3)、バーコードの候補があるか否かを判定する(ステップS4)。具体的には、CPU51は、バーコードの特徴を持った画像が撮像された動画像データがフレーム内にあるか否かを検出して、その位置を把握する。例えば、細長い図形が規定数以上並んでいるエリアを検出した場合、そのエリアをバーコードの候補とする。
【0035】
ステップS3における処理の結果、バーコードの候補があると判定された場合には(ステップS4のYes)、CPU51は、検出したバーコード候補に対してデコードを試みる(ステップS5)。デコード処理の結果、バーコードがデコードできた場合には(ステップS5のYes)、CPU51は、デコード結果を通信インタフェース(I/F)55およびLAN58を介してPOSサーバ60に出力する。
【0036】
一方、ステップS3における処理の結果、バーコードの候補がないと判定された場合には(ステップS4のNo)、CPU51は、ステップS1に戻り、処理を繰り返す。
【0037】
また、デコード処理の結果、バーコードがデコードできなかった場合には(ステップS5のNo)、CPU51は、ガイド画像表示を行うか否かを判定する(ステップS7)。具体的には、ステップS4で検出したバーコード候補の位置が、撮像装置120による撮像エリアの縁に位置していて、デコードした結果が規定のバーの数より少なかった場合は、バーコードが撮像エリアからはみ出している状態(図6参照)と考えられるので、CPU51は、ガイド画像表示を行うと判定する。例えば、JAN13桁のバーコードであれば黒色のバーの数は30本だけあるはずであるが、それより少なかった場合などが該当する。
【0038】
上述したステップS4〜S8は、デコード処理部73によって実行される。
【0039】
ガイド画像表示を行うと判定した場合であって(ステップS7のYes)、一定時間以上(例えば1秒以上)バーコードが撮像エリアからはみ出している状態のままである場合には(ステップS8のYes)、CPU51(撮像画像表示部71)は、図6に示すように、はみ出している方向に対応したガイド画像Gを表示器16に表示されているバーコードの近傍に表示するとともに(ステップS9)、CPU51(ガイド音声出力部74)は、はみ出している方向に対応したガイド音声(例えば、「商品を左方向に移動してください。」)を音声出力装置18から音声として出力する(ステップS10)。なお、図6に示すガイド画像Gの表示例においては、ガイド画像Gを表示器16に表示されているバーコードに重ねて表示している。
【0040】
なお、ガイド画像Gやガイド音声は、バーコードがはみ出している位置に関連付けられていて、バーコードがはみ出している位置とは反対方向を示すガイド画像Gおよびガイド音声をテーブル化した図7に示すようなテーブルを用いて選択される。
【0041】
これにより、オペレータは表示器16に表示された画像およびガイド画像Gを見ながらガイド音声に従うことにより、図8に示すようなバーコードのデコードが可能な状態になるように、商品をかざす向きや位置を調整することができる。
【0042】
本実施の形態に係るバーコードスキャナ10によれば、オペレータが商品のバーコードをバーコード読取装置100に読み取らせるに際して、オペレータはサッカー台11の内側に立ち、レーン上流側に置かれた買い物カゴから買い上げ商品を一品ずつ取り出す。そして、オペレータは、取り出した商品がバーコード付きのものであるときには、バーコードをバーコード読取装置100の開口部200に向けてかざし、バーコードを撮像装置120に読み取らせる。
【0043】
バーコード読取装置100では、撮像装置120で読み取った商品の画像が画像処理ボード140に送出され、画像処理ボード140においてバーコードの画像が抽出されて解析され、解析された商品コードがPOS端末などの上位装置に出力されることにより、商品登録が行われる。
【0044】
バーコードが正確に読み取られた場合には、バーコードスキャナ10から読み取り終了の確認音が鳴動し、オペレータはこの確認音を確認して商品をレーン下流に配置された買い物カゴに入れることになる。
【0045】
一方、何らかの理由によりバーコードが読み取れなかった場合には、オペレータは再度商品に配置されたバーコードをバーコード読取装置100にかざしてバーコードの読み取りを行わせる。この際、オペレータは、読み取りが失敗した前回より商品を表側カバー部材111の開口部200に近い位置に押し当てるように商品を近づける動作になるのが一般的である。本実施の形態のバーコードスキャナ10のバーコード読取装置100によれば、凹設部160を塞ぐように低反射ガラス150が配置されていることにより、小さな商品が凹設部160内に入ってしまって読取領域A外になることがなくなるので、商品に付されたバーコードを低反射ガラス150に押し当てるようにすれば、商品は読取領域Aに確実に配置され、バーコードを確実に読み取らせることができる。即ち、バーコードの読取に際しては、低反射ガラス150がバーコード読取のための動作の目印となる。
【0046】
また、バーコードに皺がよっていたり、バーコードが小さかったり等の理由で一度ではバーコードの読み取りが行いにくかった商品でも、バーコード読取装置100の低反射ガラス150に近接させるだけでバーコードをより確実に読み取らせることができるため、オペレータに安心感を与えることができ、バーコード読取装置100を容易に使用することができる。
【0047】
さらに、本実施の形態のバーコードスキャナ10においては、バーコード読取装置100で撮像された画像が表示器16に表示されるとともに、バーコードが読み取れない場合には、オペレータは表示器16に表示された画像を見ながらバーコードがデコードされるように商品をかざす向きや位置を調整することができる。
【0048】
このように本実施の形態によれば、エリアイメージセンサに結像した撮像画像を出力する撮像装置から出力された撮像画像のフレーム内にコードシンボルの候補画像があると判定された場合に、候補画像がデコードできなかった場合には、撮像装置の撮像エリアからはみ出すことによって候補画像に含まれるコードシンボルの一部分が欠落していることを検出した場合、候補画像をコードシンボルとして撮像できるように案内するためのガイド画像を撮像画像とともに表示器に対して表示することにより、ガイド画像に従うことによりオペレータがコードシンボルをかざす位置調整を容易に認識することができる。
【0049】
なお、本実施の形態にかかるバーコードスキャナ10で実行されるチェックアウト業務プログラムは、インストール可能な形式又は実行可能な形式のファイルでCD−ROM、フレキシブルディスク(FD)、CD−R、DVD(Digital Versatile Disk)等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録して提供するように構成してもよい。
【0050】
さらに、本実施の形態にかかるバーコードスキャナ10で実行されるチェックアウト業務プログラムを、インターネット等のネットワークに接続されたコンピュータ上に格納し、ネットワーク経由でダウンロードさせることにより提供するように構成しても良い。また、本実施の形態にかかるバーコードスキャナ10で実行されるチェックアウト業務プログラムをインターネット等のネットワーク経由で提供または配布するように構成しても良い。
【0051】
なお、本実施の形態においては、コードシンボルとしてバーコードを適用したが、これに限るものではなく、二次元コードなどの各種コードシンボルを適用することができることは言うまでもない。
【符号の説明】
【0052】
16 表示器
59 音声出力装置
71 撮像画像表示部
72 画像判定部
73 デコード処理部
74 ガイド音声出力部
100 コードシンボル読取装置
120 撮像装置
【先行技術文献】
【特許文献】
【0053】
【特許文献1】特開2005−025311号公報

【特許請求の範囲】
【請求項1】
エリアイメージセンサに結像した撮像画像を出力する撮像装置と、
前記撮像装置から出力された前記撮像画像を表示器に対して表示する撮像画像表示部と、
前記撮像装置から出力された前記撮像画像のフレーム内にコードシンボルの候補となる画像があるか否かを判定する画像判定部と、
前記画像判定部によりコードシンボルの候補画像があると判定された場合に、前記候補画像がデコードできなかった場合には、前記撮像装置の撮像エリアからはみ出すことによって前記候補画像に含まれる前記コードシンボルの一部分が欠落していることを検出するデコード処理部と、
を備え、
前記撮像画像表示部は、前記デコード処理部が前記候補画像に含まれる前記コードシンボルの一部分が一定時間以上欠落した状態であることを検出した場合に、前記候補画像をコードシンボルとして撮像できるように案内するためのガイド画像を前記表示器に対して表示する、
ことを特徴とするコードシンボル読取装置。
【請求項2】
前記撮像画像表示部は、前記ガイド画像を前記候補画像の近傍に表示する、
ことを特徴とする請求項1記載のコードシンボル読取装置。
【請求項3】
前記撮像画像表示部は、前記ガイド画像を前記候補画像に重ねて表示する、
ことを特徴とする請求項2記載のコードシンボル読取装置。
【請求項4】
前記デコード処理部が前記候補画像に含まれる前記コードシンボルについての部分的な欠落を検出した場合に、前記候補画像をコードシンボルとして撮像できるように案内するためのガイド音声を音声出力装置に対して出力するガイド音声出力部を更に備える、
ことを特徴とする請求項1記載のコードシンボル読取装置。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate


【公開番号】特開2012−185842(P2012−185842A)
【公開日】平成24年9月27日(2012.9.27)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−109859(P2012−109859)
【出願日】平成24年5月11日(2012.5.11)
【分割の表示】特願2009−77395(P2009−77395)の分割
【原出願日】平成21年3月26日(2009.3.26)
【出願人】(000003562)東芝テック株式会社 (5,631)
【Fターム(参考)】