Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
トリアゾ−ル誘導体及び有害生物防除剤
説明

トリアゾ−ル誘導体及び有害生物防除剤

【課題】 新規な有害生物防除剤、特に殺虫剤又は殺ダニ剤を提供する。
【解決手段】 一般式(1):
【化1】


[式中、Aは−N(O)m2又は−CRを表し、Aは、D1−14、D1−15、D1−6、D1−34、D1−35、D1−52〜D1−54、D1−57、D1−58等の複素環を表し、R、R、Rはそれぞれ水素原子、ハロゲン原子、C〜Cアルキル等を表す。]で表されるトリアゾール誘導体及び有害生物防除剤。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、新規なトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩、並びに該化合物を有効成分として含有することを特徴とする有害生物防除剤に関するものである。本発明における有害生物防除剤とは、農園芸分野又は畜産・衛生分野(家畜や愛玩動物としての哺乳動物又は鳥類に対する内部寄生虫・外部寄生虫や家庭用及び業務用の衛生害虫・不快害虫)等における有害な節足動物を対象とした害虫防除剤を意味する。また、本発明における農薬とは、農園芸分野における殺虫・殺ダニ剤、殺線虫剤、除草剤及び殺菌剤等を意味する。
【背景技術】
【0002】
例えば、特許文献1〜特許文献14及び非特許文献1〜非特許文献4には、トリアゾ−ル誘導体が開示されているが、本発明に係るトリアゾ−ル誘導体に関しては何ら開示されていない。さらに、その有害生物防除剤、特に殺虫・殺ダニ剤及び哺乳動物又は鳥類の内部もしくは外部寄生虫防除剤としての有用性も全く知られていない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】国際公開第2010/034838号
【特許文献2】国際公開第2010/017047号
【特許文献3】国際公開第2010/048095号
【特許文献4】国際公開第2010/026134号
【特許文献5】国際公開第2009/020198号
【特許文献6】国際公開第2009/121099号
【特許文献7】国際公開第2009/003998号
【特許文献8】国際公開第2008/156580号
【特許文献9】国際公開第2008/021388号
【特許文献10】国際公開第2008/003770号
【特許文献11】国際公開第2007/007909号
【特許文献12】国際公開第2006/004142号
【特許文献13】国際公開第2005/085214号
【特許文献14】米国特許出願公開第2007/219218号明細書
【非特許文献】
【0004】
【非特許文献1】オーガニック レター 2010年,12巻,2166頁
【非特許文献2】ジャーナル オブ メディシナル ケミストリ− 2010年,53巻,616頁
【非特許文献3】バイオオーガニック アンド メディシナル ケミストリー レター2009年,19巻,5310頁
【非特許文献4】バイオオーガニック アンド メディシナル ケミストリー レター2008年,16巻,9817頁
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
農園芸病害虫、森林病害虫、或いは衛生病害虫等、各種病害虫の防除を目的とする有害生物防除剤の開発が進み、多種多様な薬剤が今日まで実用に供されてきた。
【0006】
しかしながら、こうした薬剤の長年にわたる使用により、近年、病害虫が薬剤抵抗性を獲得し、従来用いられてきた既存の殺虫剤や殺菌剤による防除が困難となる場面が増えてきている。また、既存の有害生物防除剤の一部のものは毒性が高く、或いはあるものは環境中に長期間残留することにより、生態系を攪乱するという問題も顕在化しつつある。このような状況下、高度な有害生物防除活性を有するのみならず、低毒性且つ低残留性の新規な有害生物防除剤の開発が常に期待されている。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者らは、上記の課題解決を目標に鋭意研究を重ねた結果、本発明に係る下記一般式(1)で表される新規なトリアゾ−ル誘導体が優れた有害生物防除活性、特に殺虫・殺ダニ活性を示し、且つ、ホ乳動物、魚類及び益虫等の非標的生物に対してほとんど悪影響の無い、極めて有用な化合物であることを見い出し、本発明を完成した。
【0008】
すなわち、本発明は下記〔1〕〜〔12〕に関するものである。
【0009】
〔1〕
一般式(1):
【0010】
【化1】

【0011】
〔式中、Aは、−N(−O)m2又は−CRを表し、
は、D1−14〜D1−17、D1−34、D1−35、D1−52〜D1−54、D1−57、D1−58又はD1−65を表し、
は、水素原子、ハロゲン原子、シアノ、C〜Cアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル又はC〜Cハロアルキルスルホニルを表し、
は、ハロゲン原子、シアノ、C〜Cアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル又はC〜Cハロアルキルスルホニルを表し、
は、水素原子、ハロゲン原子、C〜Cアルキル、C〜Cシクロアルキル、C〜Cアルケニル、C〜Cアルキニル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル、C〜Cハロアルキルスルホニル、シアノ、C〜Cアルコキシカルボニル、C〜Cアルキルカルボニル、C〜Cアルキルアミノカルボニル又はジ(C〜Cアルキル)アミノカルボニルを表し、
D1−14〜D1−17、D1−34、D1−35、D1−52〜D1−54、D1−57、D1−58及びD1−65は、以下の構造を表し、
【0012】
【化2】

【0013】
は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C〜C12アルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキル、C〜C12シクロアルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルキル、C〜C12アルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルケニル、C〜C12シクロアルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルケニル、C〜C12アルキニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキニル、−OH、−OR、−SH、−S(O)、−N(R8a)R、−S(=NR8b)R6a、−S(O)(=NR8b)R6a、−C(O)OR6a、−C(O)SR6a、−C(S)OR6a、−C(S)SR6a、−C(O)R、−C(R)=NOH、−C(R)=NOR、−C(O)N(R8a)R、−C(S)N(R8a)R、−S(O)N(R8a)R、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜34又はD2−37を表し、
1aは、水素原子、C〜C12アルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキル、C〜C12シクロアルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルキル、C〜C12アルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルケニル、C〜C12シクロアルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルケニル、C〜C12アルキニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキニル、−OH、−OR、−SH、−S(O)、−N(R8a)R、−S(=NR8b)R6a、−S(O)(=NR8b)R6a、−C(O)OR6a、−C(O)SR6a、−C(S)OR6a、−C(S)SR6a、−C(O)R、−C(R)=NOH、−C(R)=NOR、−C(O)N(R8a)R、−C(S)N(R8a)R、−S(O)N(R8a)R、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜34又はD2−37を表し、
1bは、R5aで任意に置換された(C〜C12)アルキル、−SH、−S(O)、−S(=NR8b)R6a又は−S(O)(=NR8b)R6aを表し、
は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C〜Cシクロアルキル、R14で任意に置換された(C〜C)シクロアルキル、−OR11、−S(O)11、−S(=NR13b)R11a、−S(O)(=NR13b)R11a、−C(O)R12、−C(O)OR11a、−C(O)SR11a、−C(S)OR11a、−C(S)SR11a、−C(O)N(R13a)R13、−C(S)N(R13a)R13、−C(R12)=NOH、−C(R12)=NOR11、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜D2−34、D2−37、D2−81、D2−82、D2−92又はD2−93を表し、
5aは、−OR11、−S(O)11、−S(=NR13b)R11a又は−S(O)(=NR13b)R11aを表し、
及びR6aは、各々独立して、C〜Cアルキル、R14で任意に置換された(C〜C)アルキル、C〜Cシクロアルキル、R14で任意に置換された(C〜C)シクロアルキル、C〜Cアルケニル、R14で任意に置換された(C〜C)アルケニル、C〜Cシクロアルケニル、R14で任意に置換された(C〜C)シクロアルケニル、C〜Cアルキニル、R14で任意に置換された(C〜C)アルキニルを表し、
8b及びR13bは、各々独立して、水素原子、シアノ、ニトロを表し、
11は、シアノ、C〜Cアルキル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキル、C〜Cアルケニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルケニル、C〜Cアルキニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキニル、C〜Cシクロアルキル、R14aで任意に置換された(C〜C)シクロアルキル又は、−C(O)R16を表し、
11aは、C〜Cアルキル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキル、C〜Cアルケニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルケニル、C〜Cアルキニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキニル、C〜Cシクロアルキル又はR14aで任意に置換された(C〜C)シクロアルキルを表し、
12、R13及びR13aは、各々独立して水素原子又はR11aを表し、
14及びR14aは、各々独立してハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C〜Cシクロアルキル、C〜Cシクロアルケニル、−OR15、−S(O)15、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜D2−34、D2−37、D2−81、D2−82、D2−92又はD2−93を表し、
15及びR15aは、各々独立して、C〜Cアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルケニル、C〜Cアルキニル、C〜Cシクロアルキル又はC〜Cシクロアルケニルを表し、
16は、水素原子又はC〜Cアルキルを表し、
D2−32〜D2−34、D2−37、D2−81、D2−82、D2−92及びD2−93は、以下の構造を表し、
【0014】
【化3】

【0015】
は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、−OH、−SH、−NH又はR20を表し、t1又はt4が2以上の整数を表すとき、各々のXは互いに同一であっても又は互いに異なってもよく、
2aは、水素原子、シアノ、ニトロ、−OH、−NH又はR20を表し、
2bは、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、−OH、−SH、−NH又はR20を表し、u7又はu9が2以上の整数を表すとき、各々のX2bは互いに同一であっても、又は互いに相異なってもよく、更に、2つのX2bが同一の炭素上に置換している場合、2つのX2bは一緒になってオキソ、チオキソ、イミノ、C〜Cアルキルイミノ、C〜Cアルコキシイミノ又はC〜Cアルキリデンを形成してもよく、
は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、−OH、−SH、−NH又はR20を表し、q2が2以上の整数を表すとき、各々のZは互いに同一であっても又は互いに異なってもよく、
20は、C〜Cアルキル、C〜Cアルケニル、C〜Cアルキニル、C〜Cシクロアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cハロアルケニル、C〜Cハロアルキニル、C〜Cハロシクロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル又はC〜Cハロアルキルスルホニルを表し、
n、p1及びt1は、各々独立に、0〜3の整数を表し、
p2は、0〜2の整数を表し、
p3は、0〜1の整数を表し、
p8は、1〜4の整数を表し、
t4は、0〜4の整数を表し、
u7は、0〜7の整数を表し、
u9は、0〜9の整数を表し、
q2は、1〜5の整数を表し、
m1、m2、m3及びm4は、各々独立して0又は1の整数を表し、
rは、0〜2の整数を表す。〕で表されるトリアゾ−ル誘導体又はその塩。
【0016】
〔2〕
は、−CRを表し、
は、水素原子又はハロゲン原子を表し、
は、ハロゲン原子又はC〜Cアルキルを表し、
は、水素原子、ハロゲン原子又はC〜Cアルキルを表す上記〔1〕記載のトリアゾ−ル誘導体又はその塩。
【0017】
〔3〕
は、D1−15、D1−17、D1−52、D1−57又はD1−65を表し、
及びRは、水素原子を表し、
は、Rで任意に置換された(C〜C)アルキル又は−S(O)を表し、
1aは、水素原子、Rで任意に置換された(C〜C)アルキル又はD2−37を表し、
1bは、R5aで任意に置換された(C〜C)アルキル又は−S(O)を表し、
は、ハロゲン原子又は−S(O)11を表し、
5aは、−S(O)11を表し、
及びR11は、それぞれ独立してC〜Cアルキルを表し、
p1は、1の整数を表し、
p2は、0〜2の整数を表し、
p8は、1の整数を表し、
n及びt1は、0の整数を表し、
m3は0の整数を表し、
rは、0〜2の整数を表す上記〔2〕記載のトリアゾ−ル化合物又はその塩
〔4〕
は、D1−15、D1−17又はD1−57を表し、
1aは、Rで任意に置換された(C〜C)アルキル又はD2−37を表し、
は、Rで任意に置換された(C〜C)アルキルを表し、
p2は、0の整数を表す上記〔3〕記載のトリアゾ−ル化合物又はその塩。
【0018】
〔5〕
上記〔1〕〜〔4〕記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する有害生物防除剤。
【0019】
〔6〕
上記〔1〕〜〔4〕記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する農薬。
【0020】
〔7〕
上記〔1〕〜〔4〕記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する哺乳動物又は鳥類の内部もしくは外部寄生虫防除剤。
【0021】
〔8〕
上記〔1〕〜〔4〕記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する殺虫剤又は殺ダニ剤。
【0022】
〔9〕
上記〔1〕〜〔4〕記載のピラゾール誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する種子処理剤。
【0023】
〔10〕
種子処理方法が浸漬処理である上記〔9〕記載の種子処理剤。
【0024】
〔11〕
上記〔1〕〜〔4〕記載のピラゾール誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する土壌処理剤。
【0025】
〔12〕
土壌処理方法が土壌潅注処理である上記〔11〕記載の土壌処理剤。
【発明の効果】
【0026】
本発明化合物は多くの農業害虫、ハダニ類、哺乳動物又は鳥類の内部もしくは外部寄生虫に対して優れた殺虫・殺ダニ活性を有し、既存の殺虫剤に対して抵抗性を獲得した害虫に対しても十分な防除効果を発揮する。さらに、ホ乳類、魚類及び益虫に対してほとんど悪影響を及ぼさず、低残留性で環境に対する負荷も軽い。
【0027】
従って、本発明は有用な新規有害生物防除剤を提供することができる。
【発明を実施するための形態】
【0028】
本発明に包含される化合物には、置換基の種類によってはE−体及びZ−体の幾何異性体が存在する場合があるが、本発明はこれらE−体、Z−体又はE−体及びZ−体を任意の割合で含む混合物を包含するものである。また、本発明に包含される化合物は、1個又は2個以上の不斉炭素原子の存在に起因する光学活性体が存在するが、本発明は全ての光学活性体又はラセミ体を包含する。
【0029】
本発明に包含される化合物のうちで、常法に従って酸付加塩にすることができるものは、例えば、フッ化水素酸、塩酸、臭化水素酸、沃化水素酸等のハロゲン化水素酸の塩、硝酸、硫酸、燐酸、塩素酸、過塩素酸等の無機酸の塩、メタンスルホン酸、エタンスルホン酸、トリフルオロメタンスルホン酸、ベンゼンスルホン酸、p−トルエンスルホン酸等のスルホン酸の塩、ギ酸、酢酸、プロピオン酸、トリフルオロ酢酸、フマール酸、酒石酸、蓚酸、マレイン酸、リンゴ酸、コハク酸、安息香酸、マンデル酸、アスコルビン酸、乳酸、グルコン酸、クエン酸等のカルボン酸の塩又はグルタミン酸、アスパラギン酸等のアミノ酸の塩とすることができる。
【0030】
或いは、本発明に包含される化合物のうちで、常法に従って金属塩にすることができるものは、例えば、リチウム、ナトリウム、カリウムといったアルカリ金属の塩、カルシウム、バリウム、マグネシウムといったアルカリ土類金属の塩又はアルミニウムの塩とすることができる。
【0031】
次に、本明細書において示した各置換基の具体例を以下に示す。ここで、n−はノルマル、i−はイソ、s−はセカンダリー及びtert−はターシャリーを各々意味し、Phはフェニルを意味する。
【0032】
本明細書におけるハロゲン原子としては、フッ素原子、塩素原子、臭素原子及びヨウ素原子が挙げられる。尚、本明細書中「ハロ」の表記もこれらのハロゲン原子を表す。
【0033】
本明細書におけるC〜Cアルキルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状の炭化水素基を表し、例えばメチル基、エチル基、n−プロピル基、i−プロピル基、n−ブチル基、i−ブチル基、s−ブチル基、tert−ブチル基、n−ペンチル基、1,1−ジメチルプロピル基、n−ヘキシル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0034】
本明細書におけるC〜Cハロアルキルの表記は、炭素原子に結合した水素原子が、ハロゲン原子によって任意に置換された、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状の炭化水素基を表し、このとき、2個以上のハロゲン原子によって置換されている場合、それらのハロゲン原子は互いに同一でも、又は互いに相異なっていてもよい。例えばフルオロメチル基、クロロメチル基、ブロモメチル基、ヨードメチル基、ジフルオロメチル基、ジクロロメチル基、トリフルオロメチル基、クロロジフルオロメチル基、トリクロロメチル基、ブロモジフルオロメチル基、2−フルオロエチル基、2−クロロエチル基、2−ブロモエチル基、2,2−ジフルオロエチル基、2,2,2−トリフルオロエチル基、2−クロロ−2,2−ジフルオロエチル基、2,2,2−トリクロロエチル基、1,1,2,2−テトラフルオロエチル基、2−クロロ−1,1,2−トリフルオロエチル基、ペンタフルオロエチル基、3,3,3−トリフルオロプロピル基、2,2,3,3,3−ペンタフルオロプロピル基、1,1,2,3,3,3−ヘキサフルオロプロピル基、ヘプタフルオロプロピル基、2,2,2−トリフルオロ−1−(トリフルオロメチル)エチル基、1,2,2,2−テトラフルオロ−1−(トリフルオロメチル)エチル基、2,2,3,3,4,4,4−ヘプタフルオロブチル基、ノナフルオロブチル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0035】
本明細書におけるC〜Cシクロアルキルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる環状の炭化水素基を表し、3員環から6員環までの単環又は複合環構造を形成することが出来る。また、各々の環は指定の炭素原子数の範囲でアルキル基によって任意に置換されていてもよい。例えばシクロプロピル基、1−メチルシクロプロピル基、2−メチルシクロプロピル基、2,2−ジメチルシクロプロピル基、シクロブチル基、シクロペンチル基、シクロヘキシル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0036】
本明細書におけるC〜Cハロシクロアルキルの表記は、炭素原子に結合した水素原子が、ハロゲン原子によって任意に置換された、炭素原子数がa〜b個よりなる環状の炭化水素基を表し、3員環から6員環までの単環又は複合環構造を形成することが出来る。また、各々の環は指定の炭素原子数の範囲でアルキル基によって任意に置換されていてもよく、ハロゲン原子による置換は環構造部分であっても、側鎖部分であっても、或いはそれらの両方であってもよく、さらに、2個以上のハロゲン原子によって置換されている場合、それらのハロゲン原子は互いに同一でも、又は互いに相異なっていてもよい。例えば2,2−ジフルオロシクロプロピル基、2,2−ジクロロシクロプロピル基、2,2−ジブロモシクロプロピル基、2,2−ジフルオロ−1−メチルシクロプロピル基、2,2−ジクロロ−1−メチルシクロプロピル基、2,2−ジブロモ−1−メチルシクロプロピル基、2,2,3,3−テトラフルオロシクロブチル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0037】
本明細書におけるC〜Cアルケニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状で、且つ分子内に1個又は2個以上の二重結合を有する不飽和炭化水素基を表し、例えばビニル基、1−プロペニル基、2−プロペニル基、1−メチルエテニル基、2−ブテニル基、2−メチル−2−プロペニル基、3−メチル−2−ブテニル基、1,1−ジメチル−2−プロペニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0038】
本明細書におけるC〜Cハロアルケニルの表記は、炭素原子に結合した水素原子が、ハロゲン原子によって任意に置換された、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状で、且つ分子内に1個又は2個以上の二重結合を有する不飽和炭化水素基を表す。このとき、2個以上のハロゲン原子によって置換されている場合、それらのハロゲン原子は互いに同一でも、又は互いに相異なっていてもよい。例えば2,2−ジクロロビニル基、2−フルオロ−2−プロペニル基、2−クロロ−2−プロペニル基、3−クロロ−2−プロペニル基、2−ブロモ−2−プロペニル基、3,3−ジフルオロ−2−プロペニル基、2,3−ジクロロ−2−プロペニル基、3,3−ジクロロ−2−プロペニル基、2,3,3−トリフルオロ−2−プロペニル基、2,3,3−トリクロロ−2−プロペニル基、1−(トリフルオロメチル)エテニル基、4,4−ジフルオロ−3−ブテニル基、3,4,4−トリフルオロ−3−ブテニル基、3−クロロ−4,4,4−トリフルオロ−2−ブテニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0039】
本明細書におけるC〜Cシクロアルケニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる環状の、且つ1個又は2個以上の二重結合を有する不飽和炭化水素基を表し、3員環から6員環までの単環又は複合環構造を形成することが出来る。また、各々の環は指定の炭素原子数の範囲でアルキル基によって任意に置換されていてもよく、さらに、二重結合はendo−又はexo−のどちらの形式であってもよい。例えば1−シクロペンテン−1−イル基、2−シクロペンテン−1−イル基、1−シクロヘキセン−1−イル基、2−シクロヘキセン−1−イル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0040】
本明細書におけるC〜Cアルキニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状で、且つ分子内に1個又は2個以上の三重結合を有する不飽和炭化水素基を表し、例えばエチニル基、1−プロピニル基、2−プロピニル基、1−ブチニル基、2−ブチニル基、3−ブチニル基、1,1−ジメチル−2−プロピニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0041】
本明細書におけるC〜Cハロアルキニルの表記は、炭素原子に結合した水素原子が、ハロゲン原子によって任意に置換された、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状で、且つ分子内に1個又は2個以上の三重結合を有する不飽和炭化水素基を表す。このとき、2個以上のハロゲン原子によって置換されている場合、それらのハロゲン原子は互いに同一でも、又は互いに相異なっていても良い。例えば2−クロロエチニル基、2−ブロモエチニル基、2−ヨードエチニル基、3−クロロ−2−プロピニル基、3−ブロモ−2−プロピニル基、3−ヨード−2−プロピニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0042】
本明細書におけるC〜Cアルコキシの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル−O−基を表し、例えばメトキシ基、エトキシ基、n−プロピルオキシ基、i−プロピルオキシ基、n−ブチルオキシ基、i−ブチルオキシ基、s−ブチルオキシ基、tert−ブチルオキシ基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0043】
本明細書におけるC〜Cハロアルコキシの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル−O−基を表し、例えばジフルオロメトキシ基、トリフルオロメトキシ基、クロロジフルオロメトキシ基、ブロモジフルオロメトキシ基、2−フルオロエトキシ基、2−クロロエトキシ基、2,2,2−トリフルオロエトキシ基、1,1,2,2,−テトラフルオロエトキシ基、2−クロロ−1,1,2−トリフルオロエトキシ基、1,1,2,3,3,3−ヘキサフルオロプロピルオキシ基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0044】
本明細書におけるC〜Cアルキルチオの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル−S−基を表し、例えばメチルチオ基、エチルチオ基、n−プロピルチオ基、i−プロピルチオ基、n−ブチルチオ基、i−ブチルチオ基、s−ブチルチオ基、tert−ブチルチオ基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0045】
本明細書におけるC〜Cハロアルキルチオの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル−S−基を表し、例えばジフルオロメチルチオ基、トリフルオロメチルチオ基、クロロジフルオロメチルチオ基、ブロモジフルオロメチルチオ基、2,2,2−トリフルオロエチルチオ基、1,1,2,2−テトラフルオロエチルチオ基、2−クロロ−1,1,2−トリフルオロエチルチオ基、ペンタフルオロエチルチオ基、1,1,2,3,3,3−ヘキサフルオロプロピルチオ基、ヘプタフルオロプロピルチオ基、1,2,2,2−テトラフルオロ−1−(トリフルオロメチル)エチルチオ基、ノナフルオロブチルチオ基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0046】
本明細書におけるC〜Cアルキルスルフィニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル−S(O)−基を表し、例えばメチルスルフィニル基、エチルスルフィニル基、n−プロピルスルフィニル基、i−プロピルスルフィニル基、n−ブチルスルフィニル基、i−ブチルスルフィニル基、s−ブチルスルフィニル基、tert−ブチルスルフィニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0047】
本明細書におけるC〜Cハロアルキルスルフィニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル−S(O)−基を表し、例えばジフルオロメチルスルフィニル基、トリフルオロメチルスルフィニル基、クロロジフルオロメチルスルフィニル基、ブロモジフルオロメチルスルフィニル基、2,2,2−トリフルオロエチルスルフィニル基、1,2,2,2−テトラフルオロ−1−(トリフルオロメチル)エチルスルフィニル基、ノナフルオロブチルスルフィニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0048】
本明細書におけるC〜Cアルキルスルホニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル−SO−基を表し、例えばメチルスルホニル基、エチルスルホニル基、n−プロピルスルホニル基、i−プロピルスルホニル基、n−ブチルスルホニル基、i−ブチルスルホニル基、s−ブチルスルホニル基、tert−ブチルスルホニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0049】
本明細書におけるC〜Cハロアルキルスルホニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル−SO−基を表し、例えばジフルオロメチルスルホニル基、トリフルオロメチルスルホニル基、クロロジフルオロメチルスルホニル基、ブロモジフルオロメチルスルホニル基、2,2,2−トリフルオロエチルスルホニル基、1,1,2,2−テトラフルオロエチルスルホニル基、2−クロロ−1,1,2−トリフルオロエチルスルホニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0050】
本明細書におけるC〜Cアルキルカルボニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル−C(O)−基を表し、例えばアセチル基、プロピオニル基、ブチリル基、イソブチリル基、バレリル基、イソバレリル基、2−メチルブタノイル基、ピバロイル基、ヘキサノイル基、ヘプタノイル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0051】
本明細書におけるC〜Cアルコキシカルボニルの表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル−O−C(O)−基を表し、例えばメトキシカルボニル基、エトキシカルボニル基、n−プロピルオキシカルボニル基、i−プロピルオキシカルボニル基、n−ブトキシカルボニル基、i−ブトキシカルボニル基、tert−ブトキシカルボニル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0052】
本明細書におけるC〜Cアルキルアミノカルボニルの表記は、水素原子の一方が炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル基によって置換されたカルバモイル基を表し、例えばメチルカルバモイル基、エチルカルバモイル基、n−プロピルカルバモイル基、i−プロピルカルバモイル基、n−ブチルカルバモイル基、i−ブチルカルバモイル基、s−ブチルカルバモイル基、tert−ブチルカルバモイル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0053】
本明細書におけるジ(C〜Cアルキル)アミノカルボニルの表記は、水素原子が両方とも、それぞれ同一でも又は互いに相異なっていてもよい炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル基によって置換されたカルバモイル基を表し、例えばN,N−ジメチルカルバモイル基、N−エチル−N−メチルカルバモイル基、N,N−ジエチルカルバモイル基、N,N−ジ(n−プロピル)カルバモイル基、N,N−ジ(n−ブチル)カルバモイル基等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。
【0054】
本明細書におけるRによって任意に置換された(C〜C)アルキル、R5aによって任意に置換された(C〜C)アルキル、R14によって任意に置換された(C〜C)アルキル又はR14aによって任意に置換された(C〜C)アルキル等の表記は、任意のR、R5a、R14又はR14aによって、炭素原子に結合した水素原子が任意に置換された炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル基を表し、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。このとき、それぞれの(C〜C)アルキル基上の置換基R、R5a、R14又はR14aが2個以上存在するとき、それぞれのR、R5a、R14又はR14aは互いに同一でも異なってもよい。
【0055】
本明細書におけるRによって任意に置換された(C〜C)シクロアルキル、R14によって任意に置換された(C〜C)シクロアルキル又はR14aによって任意に置換された(C〜C)シクロアルキル等の表記は、任意のR、R14又はR14aによって、炭素原子に結合した水素原子が任意に置換された炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるシクロアルキル基を表し、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。このとき、それぞれの(C〜C)シクロアルキル基上の置換基R、R14又はR14aが2個以上存在するとき、それぞれのR、R14又はR14aは互いに同一でも異なってもよく、さらに置換位置は環構造部分であっても、側鎖部分であっても、或いはそれらの両方にあってもよい。
【0056】
本明細書におけるRによって任意に置換された(C〜C)アルケニル、R14によって任意に置換された(C〜C)アルケニル又はR14aによって任意に置換された(C〜C)アルケニル等の表記は、任意のR、R14又はR14aによって、炭素原子に結合した水素原子が任意に置換された炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルケニル基を表し、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。このとき、それぞれの(C〜C)アルケニル基上の置換基R、R14又はR14aが2個以上存在するとき、それぞれのR、R14又はR14aは互いに同一でも異なってもよい。
【0057】
本明細書におけるRによって任意に置換された(C〜C)シクロアルケニル、R14によって任意に置換された(C〜C)シクロアルケニル又はR14aによって任意に置換された(C〜C)シクロアルケニル等の表記は、任意のR、R14又はR14aによって、炭素原子に結合した水素原子が任意に置換された炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるシクロアルケニル基を表し、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。このとき、それぞれの(C〜C)シクロアルケニル基上の置換基R、R14又はR14aが2個以上存在するとき、それぞれのR、R14又はR14aは互いに同一でも異なってもよく、さらに置換位置は環構造部分であっても、側鎖部分であっても、或いはそれらの両方にあってもよい。
【0058】
本明細書におけるRによって任意に置換された(C〜C)アルキニル、R14によって任意に置換された(C〜C)アルキニル又はR14aによって任意に置換された(C〜C)アルキニル等の表記は、任意のR、R14又はR14aによって、炭素原子に結合した水素原子が任意に置換された炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキニル基を表し、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。このとき、それぞれの(C〜C)アルキニル基上の置換基R、R14又はR14aが2個以上存在するとき、それぞれのR、R14又はR14aは互いに同一でも異なってもよい。
【0059】
本明細書における
〔RはR8aと一緒になってC〜Cのアルキレン鎖を形成することにより、R及びR8aが結合する窒素原子と共に3〜8員環を形成してもよいことを表し、このときこのアルキレン鎖は酸素原子、硫黄原子又は窒素原子を1個含んでもよく、〕
〔R13はR13aと一緒になってC〜Cのアルキレン鎖を形成することにより、R13及びR13aが結合する窒素原子と共に3〜8員環を形成してもよいことを表し、このときこのアルキレン鎖は酸素原子、硫黄原子又は窒素原子を1個含んでもよく、〕
等の表記の具体例として、例えばアジリジン、アゼチジン、アゼチジン−2−オン、ピロリジン、ピロリジン−2−オン、オキサゾリジン、オキサゾリジン−2−オン、オキサゾリジン−2−チオン、チアゾリジン、チアゾリジン−2−オン、チアゾリジン−2−チオン、イミダゾリジン、イミダゾリジン−2−オン、イミダゾリジン−2−チオン、ピペリジン、ピペリジン−2−オン、ピペリジン−2−チオン、2H−3,4,5,6−テトラヒドロ−1,3−オキサジン−2−オン、2H−3,4,5,6−テトラヒドロ−1,3−オキサジン−2−チオン、モルホリン、2H−3,4,5,6−テトラヒドロ−1,3−チアジン−2−オン、2H−3,4,5,6−テトラヒドロ−1,3−チアジン−2−チオン、チオモルホリン、ペルヒドロピリミジン−2−オン、ピペラジン、ホモピペリジン、ホモピペリジン−2−オン、ヘプタメチレンイミン等が挙げられ、各々の指定の原子数の範囲で選択される。
【0060】
本発明に包含される化合物において、Aで表される置換基の範囲として、例えば下記の各群が挙げられる。
【0061】
すなわち、AI:D1−15、D1−17及びD1−57。
【0062】
II:D1−15及びD1−17。
【0063】
III:D1−57。
【0064】
IV:D1−15。
【0065】
V:D1−17。
【0066】
本発明に包含される化合物において、Xで表される置換基の範囲として、例えば下記の各群が挙げられる。
【0067】
I:Rで任意に置換された(C〜C)アルキル[ここで、Rはハロゲン原子、−S(O)11を表し、R11はC〜Cアルキルを表し、rは0〜2の整数を表す。]、D2−37。
【0068】
II:Rで任意に置換された(C〜C)アルキル[ここで、Rは−S(O)11を表し、R11はC〜Cアルキルを表し、rは0〜2の整数を表す。]。
【0069】
III:Rで任意に置換された(C〜C)アルキル[ここで、Rはハロゲン原子を表す。]。
【0070】
IV:D2−37。
【0071】
本発明に包含される化合物において、X1aで表される置換基の範囲として、例えば下記の各群が挙げられる。
【0072】
1aI:水素原子及びRで任意に置換された(C〜C)アルキル[ここで、Rはハロゲン原子、−S(O)11を表し、R11はC〜Cアルキルを表し、rは0〜2の整数を表す。]、D2−37。
【0073】
1aII:Rで任意に置換された(C〜C)アルキル[ここで、Rは−S(O)11を表し、R11はC〜Cアルキルを表し、rは0〜2の整数を表す。]。
【0074】
1aIII:Rで任意に置換された(C〜C)アルキル[ここで、Rはハロゲン原子を表す。]。
【0075】
1aIV:D2−37。
【0076】
これらの本発明に包含される化合物における各置換基の範囲を示す各群は、それぞれ任意に組み合わせることができ、それぞれ本発明化合物の範囲を表す。A、X及びX1aの組み合わせの例としては、例えば以下の第1表に示す組合せが挙げられる。但し、第1表の組み合わせは例示のためのものであって、本発明はこれらのみに限定されるものではない。
〔第1表〕
――――――――――――――――――
1a
――――――――――――――――――
I XI X1a
I XI X1aII
I XI X1aIII
I XI X1aIV
I XII X1a
I XII X1aII
I XII X1aIII
I XII X1aIV
I XIII X1a
I XIII X1aII
I XIII X1aIII
I XIII X1aIV
I XIV X1a
I XIV X1aII
I XIV X1aIII
I XIV X1aIV
II X1a
II X1aII
II X1aIII
II X1aIV
III X
III XII
III XIII
III XIV
IV X1a
IV X1aII
IV X1aIII
IV X1aIV
V X1a
V X1aII
V X1aIII
V X1aIV
――――――――――――――――――
本発明化合物は、例えば以下の方法により製造することができる。
【0077】
製造法A
【0078】
【化4】

【0079】
一般式(2−1)[式中A、R、R及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物と、NHNHとを反応させることにより、一般式(2−2)[式中A、R、R及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物を合成することができる。
【0080】
本反応で用いるNHNHは、一般式(2−1)で表される化合物1当量に対して0.5〜50当量の範囲で用いることができる。
【0081】
必要ならば塩酸、硫酸、p−トルエンスルホン酸等の酸又は、炭酸カリウム、トリエチルアミン、ピリジン、4−(ジメチルアミノ)ピリジン等の塩基を使用することができる。
【0082】
本反応は、無溶媒でも実施することができるが、溶媒を用いてもよい。例えば、N,N−ジメチルホルムアミド、N,N−ジメチルアセトアミド、アセトニトリル、ジメチルスルホキシド、1,3−ジメチル−2−イミダゾリノン、水等の極性溶媒、メタノール、エタノール、プロパノール、2−プロパノール、エチレングリコール等のアルコール類、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、ジフェニルエーテル等のエーテル類、ベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素等のハロゲン化炭化水素類、ペンタン、n−ヘキサン等の脂肪族炭化水素類が挙げられる。これらの溶媒は単独で用いても、これらの内の2種類以上を混合して用いてもよい。
【0083】
反応温度は、−60℃から反応混合物の還流温度までの任意の温度を設定することができ、反応時間は、反応基質の濃度、反応温度によって変化するが、通常5分から100時間の範囲で任意に設定できる。
【0084】
このようにして得られた一般式(2−2)で表される化合物と、一般式(8)[式中X1aは前記と同じ意味を表し、Jはハロゲン原子、−OH、−OSOMe、−OSOCF等の脱離基を表す。]で表される化合物を反応させることにより、一般式(3)及び一般式(4)[式中A、R、R、X1a及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物を得ることができる。
【0085】
一般式(8)で表される化合物の或るものは公知化合物であり、一部は市販品として入手できる。また、それ以外のものも文献記載の公知の方法に準じて容易に合成することができる。
【0086】
本反応は、無溶媒でも実施することができるが、溶媒を用いてもよい。例えば、N,N−ジメチルホルムアミド、N,N−ジメチルアセトアミド、アセトニトリル、ジメチルスルホキシド、1,3−ジメチル−2−イミダゾリノン、水等の極性溶媒、メタノール、エタノール、プロパノール、2−プロパノール、エチレングリコール等のアルコール類、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、ジフェニルエーテル等のエーテル類、ベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素等のハロゲン化炭化水素類、ペンタン、n−ヘキサン等の脂肪族炭化水素類が挙げられる。これらの溶媒は単独で用いても、これらの内の2種類以上を混合して用いてもよい。
【0087】
反応温度は、−60℃から反応混合物の還流温度までの任意の温度を設定することができ、反応時間は、反応基質の濃度、反応温度によって変化するが、通常5分から100時間の範囲で任意に設定できる。
【0088】
また、必要ならば塩酸、硫酸、p−トルエンスルホン酸等の酸、炭酸カリウム、トリエチルアミン、ピリジン、4−(ジメチルアミノ)ピリジン、水素化ナトリウム、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等の塩基を又は、ジエチルアゾジカルボキシレートとトリフェニルホスフィン等を使用する光延反応を使用することができる。
【0089】
また一般式(2−1)で表される化合物と、公知の一般式(6)[式中X1aは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物とを反応させることにより、一般式(3)及び一般式(4)で表される本発明化合物を合成することもできる。
【0090】
本反応では一般式(2−1)で表される化合物1当量に対して、一般式(6)で表される化合物を、0.5〜50当量の範囲で用いることができる。
【0091】
必要ならば塩酸、硫酸、p−トルエンスルホン酸等の酸又は、炭酸カリウム、トリエチルアミン、ピリジン、4−(ジメチルアミノ)ピリジン等の塩基を使用することができる。
【0092】
本反応は、無溶媒でも実施することができるが、溶媒を用いてもよい。例えば、N,N−ジメチルホルムアミド、N,N−ジメチルアセトアミド、アセトニトリル、ジメチルスルホキシド、1,3−ジメチル−2−イミダゾリノン、水等の極性溶媒、メタノール、エタノール、プロパノール、2−プロパノール、エチレングリコール等のアルコール類、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、ジフェニルエーテル等のエーテル類、ベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素等のハロゲン化炭化水素類、ペンタン、n−ヘキサン等の脂肪族炭化水素類が挙げられる。これらの溶媒は単独で用いても、これらの内の2種類以上を混合して用いてもよい。
【0093】
反応温度は、−60℃から反応混合物の還流温度までの任意の温度を設定することができ、反応時間は、反応基質の濃度、反応温度によって変化するが、通常5分から100時間の範囲で任意に設定できる。
【0094】
また一般式(2−1)で表される化合物と、公知の一般式(7)[式中Xは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を反応させることにより、一般式(5)[式中A、R、R、X及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物を合成することができる。
【0095】
本反応では一般式(2−1)で表される化合物1当量に対し、一般式(7)で表される化合物は、0.5〜50当量の範囲で用いることができる。
【0096】
必要ならば塩酸、硫酸、p−トルエンスルホン酸等の酸又は、炭酸カリウム、トリエチルアミン、ピリジン、4−(ジメチルアミノ)ピリジン等の塩基を使用することができる。
【0097】
本反応は、無溶媒でも実施することができる、溶媒を用いてもよい。例えば、N,N−ジメチルホルムアミド、N,N−ジメチルアセトアミド、アセトニトリル、ジメチルスルホキシド、1,3−ジメチル−2−イミダゾリノン、水等の極性溶媒、メタノール、エタノール、プロパノール、2−プロパノール、エチレングリコール等のアルコール類、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、ジフェニルエーテル等のエーテル類、ベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素等のハロゲン化炭化水素類、ペンタン、n−ヘキサン等の脂肪族炭化水素類が挙げられる。これらの溶媒は単独で用いても、これらの内の2種類以上を混合して用いても良い。
【0098】
反応温度は、−60℃から反応混合物の還流温度までの任意の温度を設定することができ、反応時間は、反応基質の濃度、反応温度によって変化するが、通常5分から100時間の範囲で任意に設定できる。
【0099】
製造法Aの反応は必要であれば窒素、アルゴン等の不活性ガス雰囲気下で実施しても良い。
【0100】
製造法Aの反応において、反応終了後の反応混合物は、直接濃縮、又は有機溶媒に溶解し、水洗後濃縮、又は氷水に投入、有機溶媒抽出後濃縮といった通常の後処理を行ない、目的の本発明化合物を得ることができる。また、精製の必要が生じたときには、再結晶、カラムクロマトグラフ、薄層クロマトグラフ、液体クロマトグラフ分取等の任意の精製方法によって分離、精製することができる。
【0101】
製造法Aで用いられる一般式(2−1)で表される化合物は、例えば以下のようにして合成することが出来る。
【0102】
反応式1
【0103】
【化5】

【0104】
一般式(9)[式中A、R及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物は文献既知の公知の方法、例えばジャーナル オブ メディシナル ケミストリー 2010年,53巻,616頁等に記載の方法に準じて製造することができる。
【0105】
一般式(9)で表される化合物と、一般式(10)[式中Rは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を反応させることにより、一般式(11)[式中A、R、R及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を製造することができる。一般式(10)の化合物は一般式(9)の化合物に対して0.5〜50当量の範囲で使用される。必要ならば、酢酸銅(I)、酢酸銅(II)、酸化銅(I)、酸化銅(II)、ヨウ化銅、硫酸銅(II)等の銅触媒及びアスコルビン酸ナトリウム等の還元剤を用いてもよい。
【0106】
一般式(10)で表される化合物の或るものは公知化合物であり、一部は市販品として入手できる。また、それ以外のものも文献記載の公知の方法に準じて容易に合成することができる。
【0107】
このようにして得られた一般式(11)で表される化合物を酸化することにより、一般式(12)[式中A、R、R及びnは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を製造することができる。酸化剤としては、過酸化水素、二酸化マンガン、ピリジン・三酸化硫黄コンプレックス、1,1,1−トリス(アセチルオキシ)−1,1−ジヒドロ−1,2−ベンズヨードキシオール−3(1H)−オン等を用いることができる。−
さらに一般式(12)で表される化合物を、文献既知の公知の方法に準じてDMFDMA(ジメチルホルムアミドジメチルアセタール)と反応させることにより、一般式(2−1)で表される化合物を製造することができる。
【0108】
本発明に包含される化合物としては、具体的に例えば第2表及び第3表に示す化合物が挙げられる。但し、第2表及び第3表の化合物は例示のためのものであって、本発明はこれらのみに限定されるものではない。尚、表中、Meと記載される置換基はメチル基を表し、以下、Etとの記載はエチル基を表し、n−Pr及びPr−nはノルマルプロピル基を、i−Pr及びPr−iはイソプロピル基を、c−Pr及びPr−cはシクロプロピル基を、n−Bu及びBu−nノルマルブチル基を、s−Bu及びBu−sはセカンダリーブチル基を、i−Bu及びBu−iはイソブチル基を、t−Bu及びBu−tはターシャリーブチル基を、c−Bu及びBu−cはシクロブチル基を、n−Pen及びPen−nはノルマルペンチル基を、c−Pen及びPen−cはシクロペンチル基を、n−Hex及びHex−nはノルマルヘキシル基を、c−Hex及びHex−cはシクロヘキシル基を、Heptはヘプチル基を、Octはオクチル基を、Phはフェニル基をそれぞれ表す。
【0109】
また、表中、D2−32a、D2−32b、D2−33a、D2−34a、D2−34b、D2−37a、D2−37b、D2−81a、D2−82a、D2−108a、D2−108bは下記の構造式を表し、D2−32b、D2−34b、D2−37bの各構造式に記された番号は、Xの置換位置を表し、D2−108bの構造式に記された番号は、Zの置換位置を表す。
【0110】
【化6】

【0111】
〔第2表〕
【0112】
【化7】

【0113】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
X1 X1a
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――H H
H Me
H Et
H n-Pr
H i-Pr
H t-Bu
H CH2CHF2
H CH2CH2CF3
H CH2CF3
Me CH2CF3
OH CH2CF3
OMe CH2CF3
NH2 CH2CF3
NHC(O)CH3 CH2CF3
NHC(O)CF3 CH2CF3
H CH2CH(OEt)2
H CH2C(Me)=NOMe
H CH2CN
H CH2C(O)OMe
H CH2C(O)NHMe
H CH2OMe
H CH2OCH2CF3
H CH2SMe
H CH2S(O)Me
H CH2S(O)2Me
H CH2SEt
H CH2S(O)Et
H CH2S(O)2Et
H CH2S(=NCN)Me
H CH2S(O)(=NCN)Me
H CH2S(=NNO2)Me
H CH2S(O)(=NNO2)Me
H CH2CH2SMe
H CH2CH2S(O)Me
H CH2CH2S(O)2Me
H CH2SC(O)Me
H CH2SCN
H C(O)NHEt
H C(O)N(Me)Et
H C(S)NHEt
H C(O)Me
H C(O)OEt
H C(O)SMe
H S(O)2Me
H S(O)2{D2-108b(4-Me)}
H S(O)2NMe2
H D2-32a
H D2-33a
H D2-34a
H D2-37a
H D2-81a
H D2-82a
H D2-108b(2-CF3)
H D2-32b(3-Cl)
H D2-32b(5-Cl)
H D2-32b(6-Cl)
H D2-34b(2-Cl)
H D2-37b(4,6-bisCF3)
H CH2(D2-32a)
H CH2(D2-108a)
OH H
OCH2CF3 H
OCH2CF3 Me
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
〔第3表〕
【0114】
【化8】

【0115】
―――――――――――――――
X1
―――――――――――――――
H
Me
Et
n-Pr
i-Pr
t-Bu
CH2CHF2
CH2CH2CF3
CH2CF3
CH2CH(OEt)2
CN
CH2CN
CH2C(O)OMe
CH2C(O)NHMe
CH2OMe
CH2OCH2CF3
CH2SMe
CH2S(O)Me
CH2S(O)2Me
CH2SEt
CH2S(O)Et
CH2S(O)2Et
CH2S(=NCN)Me
CH2S(O)(=NCN)Me
CH2S(=NNO2)Me
CH2S(O)(=NNO2)Me
CH2CH2SMe
CH2CH2S(O)Me
CH2CH2S(O)2Me
CH2SC(O)Me
CH2SCN
C(O)NHEt
C(O)N(Me)Et
C(S)NHEt
C(O)Me
C(O)OEt
C(O)SMe
SMe
S(O)Me
S(O)2Me
SEt
S(O)Et
S(O)2Et
SPr-n
S(O)Pr-n
S(O)2Pr-n
SPr-i
S(O)Pr-i
S(O)2Pr-i
S(O)2{D2-108b(4-Me)}
S(O)2N(Me)2
―――――――――――――――
本発明化合物は、農園芸作物及び樹木などを加害する所謂農業害虫、家畜・家禽類に寄生する所謂家畜害虫、家屋等の人間の生活環境で様々な悪影響を与える所謂衛生害虫、倉庫に貯蔵された穀物等を加害する所謂貯穀害虫等としての昆虫類、及び同様の場面で発生、加害するダニ類、甲殻類、軟体動物、線虫類の何れの有害生物も低濃度で有効に防除できる。
【0116】
本発明化合物を用いて防除しうる昆虫類、ダニ類、甲殻類、軟体動物及び線虫類には具体的に、例えば、
チャノコカクモンハマキ(Adoxophyes honmai)、リンゴコカクモンハマキ(Adoxophyes orana faciata)、リンゴモンハマキ(Archips breviplicanus)、ミダレカクモンハマキ(Archips fuscocupreanus)、ナシヒメシンクイ(Grapholita molesta)、チャハマキ(Homona magnanima)、マメシンクイガ(Leguminivora glycinivorella)、マメヒメサヤムシガ(Matsumuraeses phaseoli)、トビハマキ(Pandemis heparana)、ナシチビガ(Bucculatrix pyrivorella)、モモハモグリガ(Lyonetia clerkella)、ギンモンハモグリガ(Lyonetia prunifoliella malinella)、チャノホソガ(Caloptilia theivora)、キンモンホソガ(Phyllonorycter ringoniella)、ミカンハモグリガ(Phyllocnistis citrella)、ネギコガ(Acrolepiopsis sapporensis)、ヤマノイモコガ(Acrolepiopsis suzukiella)、コナガ(Plutella xylostella)、カキノヘタムシガ(Stathmopoda masinissa)、イモキバガ(Helcystogramma triannulella)、ワタアカミムシ(Pectinophora gossypiella)、モモシンクイガ(Carposina sasakii)、コドリンガ(Cydla pomonella)、ニカメイガ(Chilo suppressalis)、コブノメイガ(Cnaphalocrocis medinalis)、モモノゴマダラノメイガ(Conogethes punctiferalis)、ワタヘリクロノメイガ(Diaphania indica)、シロイチモジマダラメイガ(Etiella zinckenella)、クワノメイガ(Glyphodes pyloalis)、ハイマダラノメイガ(Hellula undalis)、アワノメイガ(Ostrinia furnacalis)、アズキノメイガ(Ostrinia scapulalis)、ヨーロピアンコーンボーラー(Ostrinia nubilalis)、シバツトガ(Parapediasia teterrella)、イチモンジセセリ(Parnara guttata)、オオモンシロチョウ(Pieris brassicae)、モンシロチョウ(Pieris rapae crucivora)、ヨモギエダシャク(Ascotis selenaria)、ソイビーンルーパー(Pseudoplusia includens)、チャドクガ(Euproctis pseudoconspersa)、マイマイガ(Lymantria dispar)、ヒメシロモンドクガ(Orgyia thyellina)、アメリカシロヒトリ(Hyphantria cunea)、クワゴマダラヒトリ(Lemyra imparilis)、アケビコノハ(Adris tyrannus)、ナカジロシタバ(Aedia leucomelas)、タマナヤガ(Agrotis ipsilon)、カブラヤガ(Agrotis segetum)、タマナギンウワバ(Autographa nigrisigna)、ミツモンキンウワバ(Ctenoplusia agnata)、オオタバコガ(Helicoverpa armigera)、タバコガ(Helicoverpa assulta)、コットンボールワーム(Helicoverpa zea)、タバコバッドワーム(Heliothis virescens)、ヨトウガ(Mamestra brassicae)、アワヨトウ(Mythimna separata)、フタオビコヤガ(Naranga aenescens)、サザンアーミーワーム(Spodoptera eridania)、シロイチモジヨトウ(Spodoptera exigua)、フォールアーミーワーム(Spodoptera frugiperda)、コットンリーフワーム(Spodoptera littoralis)、ハスモンヨトウ(Spodoptera litura)、スジキリヨトウ(Spodoptera depravata)、イラクサギンウワバ(Trichoplusia ni)、グレープベリーモス(Endopiza viteana)、トマトホーンワーム(Manduca quinquemaculata)、タバコホーンワーム(Manduca sexta)等の鱗翅目昆虫、
ヒラズハナアザミウマ(Frankliniella intonsa)、ミカンキイロアザミウマ(Frankliniella occidentalis)、クロトンアザミウマ(Heliothrips haemorrhoidalis)、チャノキイロアザミウマ(Scirtothrips dorsalis)、ミナミキイロアザミウマ(Thrips palmi)、ネギアザミウマ(Thrips tabaci)、カキクダアザミウマ(Ponticulothrips diospyrosi)等の総翅目昆虫、
ブチヒゲカメムシ(Dolycoris baccarum)、ナガメ(Eurydema rugosum)、トゲシラホシカメムシ(Eysarcoris aeneus)、オオトゲシラホシカメムシ(Eysarcoris lewisi)、シラホシカメムシ(Eysarcoris ventralis)、ツヤアオカメムシ(Glaucias subpunctatus)、クサギカメムシ(Halyomorpha halys)、アオクサカメムシ(Nezara antennata)、ミナミアオカメムシ(Nezara viridula)、イチモンジカメムシ(Piezodorus hybneri)、チャバネアオカメムシ(Plautia crossota)、イネクロカメムシ(Scotinophora lurida)、ホソハリカメムシ(Cletus punctiger)、クモヘリカメムシ(Leptocorisa chinensis)、ホソヘリカメムシ(Riptortus clavatus)、アカヒメヘリカメムシ(Rhopalus msculatus)、カンシャコバネナガカメムシ(Cavelerius saccharivorus)、コバネヒョウタンナガカメムシ(Togo hemipterus)、アカホシカメムシ(Dysdercus cingulatus)、ツツジグンバイ(Stephanitis pyrioides)、クロトビカスミカメ(Halticus insularis)、ターニッシュドプラントバグ(Lygus lineolaris)、ナガムギカスミカメ(Stenodema sibiricum)、アカスジカスミカメ(Stenotus rubrovittatus)、イネホソミドリカスミカメ(Trigonotylus caelestialium)、フタテンヒメヨコバイ(Arboridia apicalis)、ミドリナガヨコバイ(Balclutha saltuella)、フタテンオオヨコバイ(Epiacanthus stramineus)、ポテトリーフホッパー(Empoasca fabae)、カキノヒメヨコバイ(Empoasca nipponica)、チャノミドリヒメヨコバイ(Empoasca onukii)、マメノミドリヒメヨコバイ(Empoasca sakaii)、ヒメフタテンヨコバイ(Macrosteles striifrons)、ツマグロヨコバイ(Nephotettix cinctinceps)、コットンフリーホッパー(Psuedatomoscelis seriatus)、ヒメトビウンカ(Laodelphax striatella)、トビイロウンカ(Nilaparvata lugens)、セジロウンカ(Sogatella furcifera)、ミカンキジラミ(Diaphorina citri)、ナシキジラミ(Psylla pyrisuga)、ミカントゲコナジラミ(Aleurocanthus spiniferus)、シルバーリーフコナジラミ(Bemisia argentifolii)、タバココナジラミ(Bemisia tabaci)、ミカンコナジラミ(Dialeurodes citri)、オンシツコナジラミ(Trialeurodes vaporariorum)、ブドウネアブラムシ(Viteus vitifolii)、ワタアブラムシ(Aphis gossypii)、ユキヤナギアブラムシ(Aphis spiraecola)、モモアカアブラムシ(Myzus persicae)、コミカンアブラムシ(Toxoptera aurantii)、オオワラジカイガラムシ(Drosicha corpulenta)、イセリアカイガラムシ(Icerya purchasi)、ナスコナカイガラムシ(Phenacoccus solani)、ミカンコナカイガラムシ(Planococcus citri)、フジコナカイガラムシ(Planococcus kuraunhiae)、クワコナカイガラムシ(Pseudococcus comstocki)、ツノロウムシ(Ceroplastes ceriferus)、ルビーロウムシ(Ceroplastes rubens)、アカマルカイガラムシ(Aonidiella aurantii)、ナシマルカイガラムシ(Comstockaspis perniciosa)、ティースケール(Fiorinia theae)、チャノマルカイガラムシ(Pseudaonidia paeoniae)、クワシロカイガラムシ(Pseudaulacaspis pentagona)、ウメシロカイガラムシ(Pseudaulacaspis prunicola)、マサキナガカイガラムシ(Unaspis euonymi)、ヤノネカイガラムシ(Unaspis yanonensis)、トコジラミ(Cimex lectularius)等の半翅目昆虫、
ドウガネブイブイ(Anomala cuprea)、ヒメコガネ(Anomala rufocuprea)、コアオハナムグリ(Gametis jucunda)、ナガチャコガネ(Heptophylla picea)、マメコガネ(Popillia japonica)、コロラドポテトビートル(Lepinotarsa decemlineata)、マルクビクシコメツキ(Melanotus fortnumi)、カンシャクシコメツキ(Melanotus tamsuyensis)、タバコシバンムシ(Lasioderma serricorne)、ヒメヒラタケシキスイ(Epuraea domina)、インゲンテントウ(Epilachna varivestis)、ニジュウヤホシテントウ(Epilachna vigintioctopunctata)、チャイロコメノゴミムシダマシ(Tenebrio molitor)、コクヌストモドキ(Tribolium castaneum)、ゴマダラカミキリ(Anoplophora malasiaca)、マツノマダラカミキリ(Monochamus alternatus)、キボシカミキリ(Psacothea hilaris)、ブドウトラカミキリ(Xylotrechus pyrrhoderus)、アズキゾウムシ(Callosobruchus chinensis)、ウリハムシ(Aulacophora femoralis)、テンサイトビハムシ(Chaetocnema concinna)、サザンコーンルートワーム(Diabrotica undecimpunctata)、ウエスタンコーンルートワーム(Diabrotica virgifera)、ノーザンコーンルートワーム(Diabrotica barberi)、イネドロオイムシ(Oulema oryzae)、キスジノミハムシ(Phyllotreta striolata)、ナスナガスネトビハムシ(Psylliodes angusticollis)、モモチョッキリゾウムシ(Rhynchites heros)、アリモドキゾウムシ(Cylas formicarius)、ワタミゾウムシ(Anthonomus grandis)、イネゾウムシ(Echinocnemus squameus)、イモゾウムシ(Euscepes postfasciatus)、アルファルファタコゾウムシ(Hypera postica)、イネミズゾウムシ(Lissohoptrus oryzophilus)、キンケクチブトゾウムシ(Otiorhynchus sulcatus)、グラナリーウィービル(Sitophilus granarius)、コクゾウムシ(Sitophilus zeamais)、シバオサゾウムシ(Sphenophorus venatus vestitus)、アオバアリガタハネカクシ(Paederus fuscipes)等の鞘翅目昆虫、
ダイズサヤタマバエ(Asphondylia yushimai)、ムギアカタマバエ(Sitodiplosis mosellana)、ウリミバエ(Bactrocera cucurbitae)、ミカンコミバエ(Bactrocera dorsalis)、チチュウカイミバエ(Ceratitis capitata)、イネヒメハモグリバエ(Hydrellia griseola)、オウトウショウジョウバエ(Drosophila suzukii)、イネハモグリバエ(Agromyza oryzae)、ナモグリバエ(Chromatomyia horticola)、ナスハモグリバエ(Liriomyza bryoniae)、ネギハモグリバエ(Liriomyza chinensis)、トマトハモグリバエ(Liriomyza sativae)、マメハモグリバエ(Liriomyza trifolii)、タネバエ(Delia platura)、テンサイモグリハナバエ(Pegomya cunicularia)、アップルマゴット(Rhagoletis pomonella)、ヘシアンフライ(Mayetiola destructor)、イエバエ(Musca domestica)、サシバエ(Stomoxys calcitrans)、ヒツジシラミバエ(Melophagus ovinus)、ウシバエ(Hypoderma bovis)、キスジウシバエ(Hypoderma lineatum)、ヒツジバエ(Oestrus ovis)、ツェツェバエ(Glossina palpalis, Glossina morsitans)、キアシオオブユ(Prosimulium yezoensis)、ウシアブ(Tabanus trigonus)、オオチョウバエ(Telmatoscopus albipunctatus)、トクナガヌカカ(Leptoconops nipponensis)、アカイエカ(Culex pipiens pallens)、ネッタイシマカ(Aedes aegypti)、ヒトスジシマカ(Aedes albopicutus)、シナハマダラカ(Anopheles hyracanus sinesis)等の双翅目昆虫、
クリハバチ(Apethymus kuri)、カブラハバチ(Athalia rosae)、チュウレンジハバチ(Arge pagana)、マツノキハバチ(Neodiprion sertifer)、クリタマバチ(Dryocosmus kuriphilus)、グンタイアリ(Eciton burchelli, Eciton schmitti)、クロオオアリ(Camponotus japonicus)、オオスズメバチ(Vespa mandarina)、ブルドックアント(Myrmecia spp.)、ファイヤーアント類(Solenopsis spp.)、ファラオアント(Monomorium pharaonis)等の膜翅目昆虫、
エンマコオロギ(Teleogryllus emma)、ケラ(Gryllotalpa orientalis)、トノサマバッタ(Locusta migratoria)、コバネイナゴ(Oxya yezoensis)、サバクワタリバッタ(Schistocerca gregaria)等の直翅目昆虫、
トゲナシシロトビムシ(Onychiurus folsomi)、シベリアシロトビムシ(Onychiurus sibiricus)、キボシマルトビムシ(Bourletiella hortensis)等の粘管目昆虫、
クロゴキブリ(Periplaneta fuliginosa)、ヤマトゴキブリ(Periplaneta japonica)、チャバネゴキブリ(Blattella germanica)等の網翅目昆虫、
イエシロアリ(Coptotermes formosanus)、ヤマトシロアリ(Reticulitermes speratus)、タイワンシロアリ(Odontotermes formosanus)等のシロアリ目昆虫、
ネコノミ(Ctenocephalidae felis)、イヌノミ(Ctenocephalides canis)、ニワトリノミ(Echidnophaga gallinacea)、ヒトノミ(Pulex irritans)、ケオプスネズミノミ(Xenopsylla cheopis)等の等翅目昆虫、
ニワトリオオハジラミ(Menacanthus stramineus)、ウシハジラミ(Bovicola bovis)等のハジラミ目昆虫、
ウシジラミ(Haematopinus eurysternus)、ブタジラミ(Haematopinus suis)、ウシホソジラミ(Linognathus vituli)、ケブカウシジラミ(Solenopotes capillatus)等のシラミ目昆虫、
シクラメンホコリダニ(Phytonemus pallidus)、チャノホコリダニ(Polyphagotarsonemus latus)、スジブトホコリダニ(Tarsonemus bilobatus)等のホコリダニ類、
ハクサイダニ(Penthaleus erythrocephalus)、ムギダニ(Penthaleus major)等のハシリダニ類、
イネハダニ(Oligonychus shinkajii)、ミカンハダニ(Panonychus citri)、クワオオハダニ(Panonychus mori)、リンゴハダニ(Panonychus ulmi)、カンザワハダニ(Tetranychus kanzawai)、ナミハダニ(Tetranychus urticae)等のハダニ類、
チャノナガサビダニ(Acaphylla theavagrans)、チューリップサビダニ(Aceria tulipae)、トマトサビダニ(Aculops lycopersici)、ミカンサビダニ(Aculops pelekassi)、リンゴサビダニ(Aculus schlechtendali)、ニセナシサビダニ(Eriophyes chibaensis)、シトラスラストマイト(Phyllocoptruta oleivora)等のフシダニ類、
ロビンネダニ(Rhizoglyphus robini)、ケナガコナダニ(Tyrophagus putrescentiae)、ホウレンソウケナガコナダニ(Tyrophagus similis)等のコナダニ類、
ミツバチヘギイタダニ(Varroa jacobsoni)等のハチダニ類、
オウシマダニ(Boophilus microplus)、クリイロコイタマダニ(Rhipicephalus sanguineus)、フタトゲチマダニ(Haemaphysalis longicornis)、キチマダニ(Haemophysalis flava)、ツリガネチマダニ(Haemophysalis campanulata)、ヤマトマダニ(Ixodes ovatus)、シュルツェマダニ(Ixodes persulcatus)、オオマダニ(Amblyomma spp.)、アミメマダニ(Dermacentor spp.)等のマダニ類、
イヌツメダニ(Cheyletiella yasguri)、ネコツメダニ(Cheyletiella blakei)等のツメダニ類、
イヌニキビダニ(Demodex canis)、ネコニキビダニ(Demodex cati)などのニキビダニ類、
ヒツジキュウセンダニ(Psoroptes ovis)等のキュウセンダニ類、
センコウヒゼンダニ(Sarcoptes scabiei)、ネコショウセンコウヒゼンダニ(Notoedres cati)、ニワトリヒゼンダニ(Knemidocoptes spp.)等のヒゼンダニ類、
オカダンゴムシ(Armadillidium vulgare)等の甲殻類、
スクミリンゴガイ(Pomacea canaliculata)、アフリカマイマイ(Achatina fulica)、ナメクジ(Meghimatium bilineatum)、チャコウラナメクジ(Limax Valentiana)、ウスカワマイマイ(Acusta despecta sieboldiana)、ミスジマイマイ(Euhadra peliomphala)等の腹足類、
ミナミネグサレセンチュウ(Prathylenchus coffeae)、キタネグサレセンチュウ(Prathylenchus penetrans)、クルミネグサレセンチュウ(Prathylenchus vulnus)、ジャガイモシストセンチュウ(Globodera rostochiensis)、ダイズシストセンチュウ(Heterodera glycines)、キタネコブセンチュウ(Meloidogyne hapla)、サツマイモネコブセンチュウ(Meloidogyne incognita)、イネシンガレセンチュウ(Aphelenchoides besseyi)、マツノザイセンチュウ(Bursaphelenchus xylophilus)等の線虫類、
等が挙げられるが、本発明はこれらのみに限定されるものではない。
【0117】
また、本発明化合物を用いて防除しうる家畜、家禽、愛玩動物等の内部寄生虫としては具体的に、例えば、
ヘモンクス属(Haemonchus)、トリコストロンギルス属(Trichostrongylus)、オステルターギヤ属(Ostertagia)、ネマトディルス属(Nematodirus)、クーペリア属(Cooperia)、アスカリス属(Ascaris)、ブノストムーム属(Bunostomum)、エスファゴストムーム属(Oesophagostomum)、チャベルチア属(Chabertia)、トリキュリス属(Trichuris)、ストロンギルス属(Storongylus)、トリコネマ属(Trichonema)、ディクチオカウルス属(Dictyocaulus)、キャピラリア属(Capillaria)、ヘテラキス属(Heterakis)、トキソカラ属(Toxocara)、アスカリディア属(Ascaridia)、オキシウリス属(Oxyuris)、アンキロストーマ属(Ancylostoma)、ウンシナリア属(Uncinaria)、トキサスカリス属(Toxascaris)、パラスカリス属(Parascaris)などの線虫類、
ブツヘレリア属(Wuchereria)、ブルージア属(Brugia)、オンコセルカ属(Onchoceca)、ディロフィラリア属(Dirofilaria)、ロア糸状虫属(Loa)などのフィラリア科(Filariidae)線虫類、
ドラクンクルス属(Deacunculus)などの蛇状線虫科(Dracunculidae)線虫類、
犬条虫(Dipylidium caninum)、猫条虫(Taenia taeniaeformis)、有鉤条虫(Taenia solium)、無鉤条虫(Taenia saginata)、縮小条虫(Hymenolepis diminuta)、ベネデン条虫(Moniezia benedeni)、広節裂頭条虫(Diphyllobothrium latum)、マンソン裂頭条虫(Diphyllobothrium erinacei)、単包条虫(Echinococcus granulosus)、多包条虫(Echinococcus multilocularis)などの条虫類、
肝蛭(Fasciola hepatica,F.gigantica)、ウエステルマン肺吸虫(Paragonimus westermanii)、肥大吸虫(Fasciolopsic bruski)、膵吸虫(Eurytrema pancreaticum,E.coelomaticum)、肝吸虫(Clonorchis sinensis)、日本住血吸虫(Schistosoma japonicum)、ビルハルツ住血吸虫(Schistosoma haematobium)、マンソン住血吸虫(Schistosoma mansoni)などの吸虫類、
エイメリア・テネラ(Eimeria tenella)、エイメリア・アセルブリナ(Eimeria acervulina)、エイメリア・ブルネッチ(Eimeria brunetti)、エイメリア・マクシマ(Eimeria maxima)、エイメリア・ネカトリクス(Eimeria necatrix)、エイメリア・ボビス(Eimeria bovis)、エイメリア・オビノイダリス(Eimeria ovinoidalis)のようなエイメリア類(Eimeria spp.)、
クルーズトリパノソーマ(Trypanosomsa cruzi)、リーシュマニア類(Leishmania spp.)、マラリア原虫(Plasmodium spp.)、バベシア類(Babesis spp.)、トリコモナス類(Trichomonadidae spp.)、ヒストモナス類(Histomanas spp.)、ジアルディア類(Giardia spp.)、トキソプラズマ類(Toxoplasma spp.)、赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)、タイレリア類(Theileria spp.)、
等が挙げられるが、本発明はこれらのみに限定されるものではない。
【0118】
さらに、本発明化合物は、有機燐系化合物、カーバメート系化合物又はピレスロイド系化合物等の既存の殺虫剤に対して抵抗性の発達した有害生物に対しても有効である。
【0119】
すなわち、本発明化合物は、粘管目(トビムシ目)、網翅目(ゴキブリ目)、直翅目(バッタ目)、シロアリ目、総翅目(アザミウマ目)、半翅目(カメムシ目及びヨコバイ目)、鱗翅目(チョウ目)、鞘翅目(コウチュウ目)、膜翅目(ハチ目)、双翅目(ハエ目)、等翅目(ノミ目)及びシラミ目等の昆虫類、ダニ類、腹足類及び線虫類等に属する有害生物を低濃度で有効に防除することが出来る。一方、本発明化合物はホ乳類、魚類、甲殻類及び益虫(ミツバチ、マルハナバチ等の有用昆虫やツヤコバチ、アブラバチ、ヤドリバエ、ヒメハナカメムシ、カブリダニ等の天敵)に対してほとんど悪影響の無い極めて有用な特長を有している。
【0120】
本発明化合物を使用するにあたっては、通常適当な固体担体又は液体担体と混合し、更に所望により界面活性剤、浸透剤、展着剤、増粘剤、凍結防止剤、結合剤、固結防止剤、崩壊剤、消泡剤、防腐剤及び分解防止剤等を添加して、液剤(soluble concentrate)、乳剤(emulsifiable concentrate)、水和剤(wettable powder)、水溶剤(water soluble powder)、顆粒水和剤(water dispersible granule)、顆粒水溶剤(water soluble granule)、懸濁剤(suspension concentrate)、乳濁剤(concentrated emulsion)、サスポエマルジョン(suspoemulsion)、マイクロエマルジョン(microemulsion)、粉剤(dustable powder)、粒剤(granule)錠剤(tablet)及び乳化性ゲル剤(emulsifiable gel)等任意の剤型の製剤にて実用に供することができる。また、省力化及び安全性向上の観点から、上記任意の剤型の製剤を、水溶性カプセル及び水溶性フィルムの袋等の水溶性包装体に封入して供することもできる。
【0121】
固体担体としては、例えば石英、方解石、海泡石、ドロマイト、チョーク、カオリナイト、パイロフィライト、セリサイト、ハロサイト、メタハロサイト、木節粘土、蛙目粘土、陶石、ジークライト、アロフェン、シラス、きら、タルク、ベントナイト、活性白土、酸性白土、軽石、アタパルジャイト、ゼオライト及び珪藻土等の天然鉱物質、例えば焼成クレー、パーライト、シラスバルーン、バーミキュライト、アタパルガスクレー及び焼成珪藻土等の天然鉱物質の焼成品、例えば炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、硫酸アンモニウム、硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、リン酸水素二アンモニウム、リン酸二水素アンモニウム及び塩化カリウム等の無機塩類、例えばブドウ糖、果糖、しょ糖及び乳糖などの糖類、例えば澱粉、粉末セルロース及びデキストリン等の多糖類、例えば尿素、尿素誘導体、安息香酸及び安息香酸の塩等の有機物、例えば木粉、コルク粉、トウモロコシ穂軸、クルミ殻及びタバコ茎等の植物類、フライアッシュ、ホワイトカーボン(例えば、含水合成シリカ、無水合成シリカ及び含水合成シリケート等)ならびに肥料等が挙げられる。
【0122】
液体担体としては、例えばキシレン、アルキル(C9又はC10等)ベンゼン、フェニルキシリルエタン及びアルキル(C1又はC3等)ナフタレン等の芳香族炭化水素類、マシン油、ノルマルパラフィン、イソパラフィン及びナフテン等の脂肪族炭化水素類、ケロシン等の芳香族炭化水素と脂肪族炭化水素の混合物、エタノール、イソプロパノール、シクロヘキサノール、フェノキシエタノール及びベンジルアルコール等のアルコール、エチレングリコール、プロピレングリコール、ジエチレングリコール、ヘキシレングリコール、ポリエチレングリコール及びポリプロピレングリコール等の多価アルコール、プロピルセロソルブ、ブチルセロソルブ、フェニルセロソルブ、プロピレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノプロピルエーテル、プロピレングリコールモノブチルエーテル及びプロピレングリコールモノフェニルエーテル等のエーテル、アセトフェノン、シクロヘキサノン及びγ−ブチロラクトン等のケトン、脂肪酸メチルエステル、コハク酸ジアルキルエステル、グルタミン酸ジアルキルエステル、アジピン酸ジアルキルエステル及びフタル酸ジアルキルエステル等のエステル、N−アルキル(C1、C8又はC12等)ピロリドン等の酸アミド、大豆油、アマニ油、ナタネ油、ヤシ油、綿実油及びヒマシ油等の油脂、ジメチルスルホキシドならびに水が挙げられる。
【0123】
これら固体及び液体担体は、単独で用いても2種以上を併用してもよい。
【0124】
界面活性剤としては、例えばポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキル(モノ又はジ)フェニルエーテル、ポリオキシエチレン(モノ、ジ又はトリ)スチリルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブロックコポリマー、ポリオキシエチレン脂肪酸(モノ又はジ)エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ヒマシ油エチレンオキサイド付加物、アセチレングリコール、アセチレンアルコール、アセチレングリコールのエチレンオキサイド付加物、アセチレンアルコールのエチレンオキサイド付加物及びアルキルグリコシド等のノニオン性界面活性剤、アルキル硫酸エステル塩、アルキルベンゼンスルホン酸塩、リグニンスルホン酸塩、アルキルスルホコハク酸塩、ナフタレンスルホン酸塩、アルキルナフタレンスルホン酸塩、ナフタレンスルホン酸のホルマリン縮合物の塩、アルキルナフタレンスルホン酸のホルマリン縮合物の塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸又は燐酸エステル塩、ポリオキシエチレン(モノ又はジ)アルキルフェニルエーテル硫酸又は燐酸エステル塩、ポリオキシエチレン(モノ、ジ又はトリ)スチリルフェニルエーテル硫酸又は燐酸エステル塩、ポリカルボン酸塩(例えば、ポリアクリル酸塩、ポリマレイン酸塩及びマレイン酸とオレフィンとの共重合物等)及びポリスチレンスルホン酸塩等のアニオン性界面活性剤、アルキルアミン塩及びアルキル4級アンモニウム塩等のカチオン性界面活性剤、アミノ酸型及びベタイン型等の両性界面活性剤、シリコーン系界面活性剤ならびにフッ素系界面活性剤が挙げられる。
【0125】
これら界面活性剤の含有量は、特に限定されるものではないが、本発明の製剤100重量部に対し、通常0.05〜20重量部の範囲が望ましい。また、これら界面活性剤は、単独で用いても2種以上を併用してもよい。
【0126】
本発明化合物の施用薬量は適用場面、施用時期、施用方法、栽培作物等により差異は有るが、一般には有効成分量としてヘクタール(ha)当たり0.005〜50kg程度が適当である。
【0127】
一方、家畜及び愛玩動物としての哺乳動物及び鳥類の外部又は内部寄生虫の防除に本発明化合物を使用するにあたっては、有効量の本発明化合物を製剤用添加物とともに経口投与、注射(筋肉内、皮下、静脈内、腹腔内)などの非経口投与;浸漬、スプレー、入浴、洗浄、滴下(pouring-on)及びスポッティング(spotting-on)並びにダスティング(dusting)などの経皮投与;経鼻投与により投与することができる。本発明化合物はまた、細片、プレート、バンド、カラー、イヤー・マーク(ear mark)、リム(limb)・バンド、標識装置などを用いた成形製品により投与することができる。投与にあたっては本発明化合物を投与経路に適した任意の剤型とすることができる。
【0128】
調製される任意の剤型としては、粉剤、粒剤、水和剤、ペレット、錠剤、大丸薬、カプセル剤、活性化合物を含む成形製品などの固体調製物;注射用液剤、経口用液剤、皮膚上又は体腔中に用いる液剤;滴下(Pour-on)剤、点下(Spot-on)剤、フロアブル剤、乳剤などの溶液調製物;軟膏剤、ゲルなどの半固体調製物などが挙げられる。
【0129】
固体調製物は、主に経口投与あるいは水などで希釈して経皮投与にあるいは環境処理にて用いることができる。固体調製物は、活性化合物を必要ならば補助剤を加えて適当な賦形剤と共に混合し、そして所望の形状に変えることにより調製できる。適当な賦形剤としては、例えば炭酸塩、炭酸水素塩、リン酸塩、酸化アルミニウム、シリカ、粘土などの無機物質、糖、セルロース、粉砕された穀物、澱粉などの有機物質がある。
【0130】
注射用液剤は、静脈内、筋肉内及び皮下に投与できる、注射用液剤は、活性化合物を適当な溶媒に溶解させ、そして必要ならば可溶化剤、酸、塩基、緩衝用塩、酸化防止剤及び保護剤などの添加剤を加えることにより調製できる。適当な溶媒としては、水、エタノール、ブタノール、ベンジルアルコール、グリセリン、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール、N−メチルピロリドン並びにこれらの混合物、生理学的に許容しうる植物油、注射に適する合成油などがあげられる。可溶化剤としては、ポリビニルピロリドン、ポリオキシエチル化されたヒマシ油及びポリオキシエチル化されたソルビタンエステルなどがあげられる。保護剤には、ベンジルアルコール、トリクロロブタノール、p−ヒドロキシ安息香酸エステル及びn−ブタノールなどがある。
【0131】
経口液剤は直接又は希釈して投与することができる。注射用液剤と同様に調製することができる。
【0132】
フロアブル剤、乳剤、などは直接又は希釈して経皮的に、又は環境処理にて投与できる。
【0133】
皮膚上で用いる液剤は、滴下し、広げ、すり込み、噴霧し、散布するか、又は浸漬(浸漬、入浴又は洗浄)により塗布することにより投与できる。これらの液剤は注射用液剤と同様に調製できる。
【0134】
滴下(Pour-on)剤及び点下(Spot-on)剤は皮膚の限定された場所に滴下するか、又は噴霧し、これにより活性化合物を皮膚に浸漬させそして全身的に作用させることができる。滴下剤及び点下剤は、有効成分を適当な皮膚適合性溶媒又は溶媒混合物に溶解するか、懸濁させるか又は乳化することにより調製できる。必要ならば、界面活性剤、着色剤、吸収促進物質、酸化防止剤、光安定剤及び接着剤などの補助剤を加えてもよい。
【0135】
適当な溶媒としては、水、アルカノール、グリコール、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、グリセリン、ベンジルアルコール、フェニルエタノール、フェノキシエタノール、酢酸エチル、酢酸ブチル、安息香酸ベンジル、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、ジエチレングリコールモノブチルエーテル、アセトン、メチルエチルケトン、芳香族及び/又は脂肪族炭化水素、植物又は合成油、DMF、流動パラフィン、軽質流動パラフィン、シリコーン、ジメチルアセトアミド、N−メチルピロリドン又は2,2−ジメチル−4−オキシ−メチレン−1,3−ジオキソランが挙げられる。吸収促進物質には、DMSO、ミリスチン酸イソプロピル、ペラルゴン酸ジプロピレングリコール、シリコーン油、脂肪族エステル、トリグリセリド及び脂肪アルコールが挙げられる。酸化防止剤には、亜硫酸塩、メタ重亜硫酸塩、アスコルビン酸、ブチルヒドロキシトルエン、ブチルヒドロキシアニソール及びトコフェロールが挙げられる。
【0136】
乳剤は、経口投与、経皮投与又は注射として投与できる。乳剤は、有効成分を疎水性相又は親水性相に溶解させ、このものを適当な乳化剤により、必要ならばさらに着色剤、吸収促進物質、保護剤、酸化防止剤、遮光剤及び増粘物質などの補助剤と共に他の相の溶媒と均質化することにより調製できる。
【0137】
疎水性相(油)としては、パラフィン油、シリコーン油、ゴマ油、アーモンド油、ヒマシ油、合成トリグリセリド、ステアリン酸エチル、アジピン酸ジーn−ブチリル、ラウリル酸ヘキシル、ペラルゴン酸ジプロピレングリコール、分枝鎖状の短鎖長脂肪酸と鎖長C16〜C18の飽和脂肪酸とのエステル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、鎖長C12〜C18の飽和脂肪アルコールのカプリル/カプリン酸エステル、ステアリン酸イソプロピル、オレイン酸オレイル、オレイン酸デシル、オレイン酸エチル、乳酸エチル、ワックス状脂肪酸エステル、フタル酸ジブチル、アジピン酸ジイソプロピル、イソトリデシルアルコール、2−オクチルドデカノール、セチルステアリルアルコール、オレイルアルコールが挙げられる。
【0138】
親水性相としては、水、プロピレングリコール、グリセリン、ソルビトールが挙げられる。
【0139】
乳化剤としては、ポリオキシエチル化されたヒマシ油、ポリオキシエチル化されたモノオレフィン酸ソルビタン、モノステアリン酸ソルビタン、モノステアリン酸グリセリン、ステアリン酸ポリオキシエチル、アルキルフェノールポリグリコールエーテルなどの非イオン性界面活性剤;N−ラウリル−β−イミノジプロピオン酸二ナトリウム、レシチンなどの両性界面活性剤;ラウリル硫酸ナトリウム、脂肪アルコール硫酸エーテル、モノ/ジアルキルポリグリコールオルトリン酸エステルのモノエタノールアミン塩などの陰イオン性界面活性剤;塩化セチルトリメチルアンモニウムなどの陽イオン性界面活性剤などが挙げられる。
【0140】
他の補助剤として、カルボキシメチルセルロース、メチルセルロース、ポリアクリレート、アルギネート、ゼラチン、アラビアゴム、ポリビニルピロリドン、ポリビニルアルコール、メチルビニルエーテル、無水マレイン酸の共重合体、ポリエチレングリコール、ワックス、コロイド状シリカが挙げられる。
【0141】
半固体調製物は皮膚上に塗布するか、もしくは広げるか、又は体腔中に導入することにより投与できる。ゲルは注射用液剤について上記したように調製した溶液に、軟膏状の粘稠性を有する透明な物質を生じさせるに十分なシックナーを加えることにより調製できる。
【0142】
次に本発明化合物を用いる場合の製剤の配合例を示す。但し本発明の配合例は、これらのみに限定されるものではない。なお、以下の配合例において「部」は重量部を意味する。
【0143】
〔水和剤〕
本発明化合物 0.1〜80部
固体担体 5〜98.9部
界面活性剤 1〜10部
その他 0〜5部
その他として、例えば固結防止剤、分解防止剤等があげれらる。
【0144】
〔乳 剤〕
本発明化合物 0.1〜30部
液体担体 45〜95部
界面活性剤 4.9〜15部
その他 0〜10部
その他として、例えば展着剤、分解防止剤等が挙げられる。
【0145】
〔懸濁剤〕
本発明化合物 0.1〜70部
液体担体 15〜98.89部
界面活性剤 1〜12部
その他 0.01〜30部
その他として、例えば凍結防止剤、増粘剤等が挙げられる。
【0146】
〔顆粒水和剤〕
本発明化合物 0.1〜90部
固体担体 0〜98.9部
界面活性剤 1〜20部
その他 0〜10部
その他として、例えば結合剤、分解防止剤等が挙げられる。
【0147】
〔液 剤〕
本発明化合物 0.01〜70部
液体担体 20〜99.99部
その他 0〜10部
その他として、例えば凍結防止剤、展着剤等が挙げられる。
【0148】
〔粒 剤〕
本発明化合物 0.01〜80部
固体担体 10〜99.99部
その他 0〜10部
その他として、例えば結合剤、分解防止剤等が挙げられる。
【0149】
〔粉 剤〕
本発明化合物 0.01〜30部
固体担体 65〜99.99部
その他 0〜5部
その他として、例えばドリフト防止剤、分解防止剤等が挙げられる。
【0150】
次に、本発明化合物を有効成分とする製剤例をより具体的に示すが、本発明はこれらに限定されるものではない。
【0151】
尚、以下の配合例において、「部」は重量部を意味する。
【0152】
〔配合例1〕水和剤
本発明化合物No.1-001 20部
パイロフィライト 74部
ソルポール5039 4部
(非イオン性界面活性剤とアニオン性界面活性剤との混合物:東邦化学工業(株)商品名)
カープレックス#80D 2部
(合成含水珪酸:塩野義製薬(株)商品名)
以上を均一に混合粉砕して水和剤とする。
【0153】
〔配合例2〕乳 剤
本発明化合物No.1-001 5部
キシレン 75部
N−メチルピロリドン 15部
ソルポール2680 5部
(非イオン性界面活性剤とアニオン性界面活性剤との混合物:東邦化学工業(株)商品名)
以上を均一に混合して乳剤とする。
【0154】
〔配合例3〕懸濁剤
本発明化合物No.1-001 25部
アグリゾールS−710 10部
(非イオン性界面活性剤:花王(株)商品名)
ルノックス1000C 0.5部
(アニオン性界面活性剤:東邦化学工業(株)商品名)
キサンタンガム 0.2部
水 64.3部
以上を均一に混合した後、湿式粉砕して懸濁剤とする。
【0155】
〔配合例4〕顆粒水和剤
本発明化合物No.1-001 75部
ハイテノールNE-15 5部
(アニオン性界面活性剤:第一工業製薬(株)商品名)
バニレックスN 10部
(アニオン性界面活性剤:日本製紙(株)商品名)
カープレックス#80D 10部
(合成含水珪酸:塩野義製薬(株)商品名)
以上を均一に混合粉砕した後、少量の水を加えて攪拌混合し、押出式造粒機で造粒し、乾燥して顆粒水和剤とする。
【0156】
〔配合例5〕粒 剤
本発明化合物No.1-001 5部
ベントナイト 50部
タルク 45部
以上を均一に混合粉砕した後、少量の水を加えて攪拌混合し、押出式造粒機で造粒し、乾燥して粒剤とする。
【0157】
〔配合例6〕粉 剤
本発明化合物No.1-001 3部
カープレックス#80D 0.5部
(合成含水珪酸:塩野義製薬(株)商品名)
カオリナイト 95部
リン酸ジイソプロピル 1.5部
以上を均一に混合粉砕して粉剤とする。
【0158】
使用に際しては、上記製剤を水で1〜10000倍に希釈して、又は希釈せずに直接散布する。
【0159】
〔配合例7〕水和剤調製物
本発明化合物No.1-001 25部
ジイソブチルナフタレンスルホン酸ナトリウム 1部
n−ドデシルベンゼンスルホン酸カルシウム 10部
アルキルアリール ポリグリコールエーテル 12部
ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物のナトリウム塩 3部
エマルジョン型シリコーン 1部
二酸化ケイ素 3部
カオリン 45部
〔配合例8〕水溶性濃厚剤調製物
本発明化合物No.1-001 20部
ポリオキシエチレンラウリルエーテル 3部
ジオクチルスルホコハク酸ナトリウム 3.5部
ジメチルスルホキシド 37部
2−プロパノール 36.5部
〔配合例9〕噴霧用液剤
本発明化合物No.1-001 2部
ジメチルスルホキシド 10部
2−プロパノール 35部
アセトン 53部
〔配合例10〕経皮投与用液剤
本発明化合物No.1-001 5部
ヘキシレングリコール 50部
イソプロパノール 45部
〔配合例11〕経皮投与用液剤
本発明化合物No.1-001 5部
プロピレングリコールモノメチルエーテル 50部
ジプロピレングリコール 45部
〔配合例12〕経皮投与(滴下)用液剤
本発明化合物No.1-001 2部
軽質流動パラフィン 98部
〔配合例13〕経皮投与(滴下)用液剤
本発明化合物No.1-001 2部
軽質流動パラフィン 58部
オリーブ油 30部
ODO−H 9部
信越シリコーン 1部
また、本発明化合物を農薬として使用する場合には、必要に応じて製剤時又は散布時に他種の除草剤、各種殺虫剤、殺ダニ剤、殺線虫剤、殺菌剤、植物生長調節剤、共力剤、肥料、土壌改良剤等と混合施用しても良い。
【0160】
特に他の農薬あるいは植物ホルモンと混合施用することにより、施用薬量の低減による低コスト化、混合薬剤の相乗作用による殺虫スペクトラムの拡大やより高い有害生物防除効果が期待できる。この際、同時に複数の公知農薬との組み合わせも可能である。本発明化合物と混合使用する農薬の種類としては、例えばザ・ペスティサイド・マニュアル(The Pesticide Manual)15版、2009年に記載されている化合物等が挙げられる。具体的にその一般名を例示すれば次の通りであるが、必ずしもこれらのみに限定されるものではない。
【0161】
殺菌剤:アシベンゾラルーS−メチル(acibenzolar-S-methyl)、アシルアミノベンザミド(acylaminobenzamide)、アシペタックス(acypetacs)、アルジモルフ(aldimorph) 、アメトクトラジン(ametoctradin)、アミスルブロム(amisulbrom)、アンバム(amobam)、アムプロピルホス(ampropyfos)、アニラジン(anilazine)、アザコナゾール(azaconazole)、アジチラム(azithiram)、アゾキシストロビン(azoxystrobin)、バリウムポリサルファイド(barium polysulfide)、ベナラキシル(benalaxyl)、ベナラキシル−M(benalaxyl-M)、ベノダニル(benodanil)、ベノミル(benomyl)、ベンキノックス(benquinox)、ベンタルロン(bentaluron)、ベンチアバリカルブ(benthiavalicarb)、ベンチアゾール(benthiazole)、ベンザマクリル(benzamacril)、ベンズアモルフ(benzamorf)、ベトキサジン(bethoxazine)、ビナパクリル(binapacryl)、ビフェニル(biphenyl)、ビテルタノール(bitertanol)、ブラストサイジン−S(blasticidin-S)、ビキサフェン(bixafen)、ボルドー液(bordeaux mixture)、ボスカリド(boscalid)、ブロモコナゾール(bromoconazole)、ブピリメート(bupirimate)、ブチオベート(buthiobate)、石灰硫黄合剤(calcium polysulfide)、カルシウムポリスルフィド(calcium polysulfide)、キャプタフォール(captafol)、キャプタン(captan)、カルプロパミド(carpropamid)、カルバモルフ(carbamorph)、カルベンダジン(carbendazim)、カルボキシン(carboxin)、カルボン(carvone)、チェシュントミクスチャ(cheshunt mixture)、キノメチオネート(chinomethionat)、クロベンチアゾン(chlobenthiazone)、クロラニフォルメタン(chloraniformethane)、クロラニル(chloranil)、クロルフェナゾール(chlorfenazol)、クロロネブ(chloroneb)、クロロピクリン(chloropicrin)、クロロタロニル(chlorothalonil)、クロロキノックス(chlorquinox)、クロゾリネート(chlozolinate)、クリムバゾール(climbazole)、クロトリマゾール(clotrimazole)、カッパーアセテイト(copper acetate)、塩基性炭酸銅(copper carbonate, basic)、水酸化第二銅(copper hydroxide)、カッパーナフタレン(copper naphthenate)、カッパーオルアイト(copper oleate)、カッパーオキシクロリド(copper oxychloride)、硫酸銅(copper sulfate)、塩基性硫酸銅(copper sulfate, basic)、カッパージンククロメイト(copper zinc chromate)、クフラネブ(cufraneb)、クプロバム(cuprobam)、シアゾファミド(cyazofamid)、シクラフルアミド(cyclafuramid)、シクロヘキシミド(cycloheximide)、シフルフェナミド(cyflufenamid)、シモキサニル(cymoxanil)、サイペンダゾール(cypendazole)、シプロコナゾール(cyproconazol)、シプロジニル(cyprodinil)、シプロフラム(cyprofuram)、ダゾメット(dazomet)、デバカルブ(debacarb)、デカフェンチン(decafentin)、デハイドロアセテイト(dehydroacetic acid)、ジクロフルアニド(dichlofluanid)、ジクロン(dichlone)、ジクロロフェン(dichlorophen)、ジクロゾリン(dichlozoline)、ジクロブトラゾール(diclobutrazol)、ジクロシメット(diclocymet)、ジクロメジン(diclomedine)、ジクロラン(dicloran)など。
【0162】
殺菌剤(続き):ジエトフェンカルブ(diethofencarb)、ジフェノコナゾール(difenoconazole)、ジフルメトリン(diflumetorim)、ジメチリモール(dimethirimol)、ジメトモルフ(dimethomorph)、ジモキシストロビン(dimoxystrobin)、ジニコナゾール(diniconazole)、ジニコナゾール−M(diniconazole-M)、ジノブトン(dinobuton)、ジノカップ(dinocap)、ジノカップ−4(dinocap-4)、ジノカップ−6(dinocap-6)、ジノクトン(dinocton)、ジノスルフォン(dinosulfon)、ジノテルボン(dinoterbon)、ジフェニルアミン(diphenylamine)、ジピリチオン(dipyrithione)、ジタリムホス(ditalimfos)、ジチアノン(dithianon)、ドデモルフ(dodemorph)、ドジン(dodine)、ドラゾクソロン(drazoxolon)、エデフェノホス(edifenphos)、エポキシコナゾール(epoxiconazole)、エタコナゾール(etaconazole)、エタボキサム(ethaboxam)、エテム(etem)、エチリモル(ethirimol)、エトキシキン(ethoxyquin)、エトリジアノール(etridiazole)、ファモキサゾン(famoxadone)、フェナリモル(fenarimol)、フェブコナゾール(febuconazole)、フェナミドン(fenamidone)、フェナミノスルフ(fenaminosulf)、フェナパニル(fenapanil)、フェンダゾスラム(fendazosulam)、フェンフラム(fenfuram)、フェンヘキサミド(fenhexamid)、フェニトロパン(fenitropan)、フェノキサニル(fenoxanil)、フェンピクロニル(fenpiclonil)、フェンプロピジン(fenpropidin)、フェンピラザミン(fenpyrazamine)、フェンプロピモルフ(fenpropimorph)、フェンチン(fentin)、フェルバン(ferbam)、フェリムゾン(ferimzone)、フルアジナム(fluazinam)、フルジオキソニル(fludioxonil)、フルメトベル(flumetover)、フルモルフ(flumorph)、フルオピコリド(fluopicolide)、フルオピラム(fluopyram)、フルオロイミド(fluoroimide)、フルオトリマゾール(fluotrimazole)、フルオキサストロビン(fluoxastrobin)、フルキンコナゾール(fluquinconazole)、フルシラゾール(flusilazole)、フルスルファミド(flusulfamide)、フルチアニル(flutianil)、フルトラニル(flutolanil)、フルトリアフォール(flutriafol)、フルキサピロキサド(fluxapyroxad)、フォルペット(folpet)、フォセチル−アルミニウム(fosetyl-aluminium)、フベリダゾール(fuberidazole)、フララキシル(furalaxyl)、フラメトピル(furametpyr)、フルカルバニル(furcarbanil)、フルコナゾール(furconazole)、フルコナゾール−シス(furconazole-cis)、フルメシクロックス(furmecyclox)、フルファネート(furphanate)、グリオジン(glyodin)、グリセオフルビン(griseofulvin)、グアザチン(guazatine)、ハラクリネイト(halacrinate)、ヘキサクロロベンゼン(hexachlorobenzene)、ヘキサコナゾール(hexaconazole)、ヘキシルチオフォス(hexylthiofos)、ハイドロキシキノリン サルフェイト(8-hydroxyquinoline sulfate)、ヒメキサゾール(hymexazol)、イマザリル(imazalil)、イミベンコナゾール(imibenconazole)、イミノクタジン(iminoctadine)、イプコナゾール(ipconazole)、イプロベンホス(iprobenfos)、イプロジオン(iprodione)、イプロバリカルブ(iprovalicarb)、イソプロチオラン(isoprothiolane)、イソバレジオン(isovaledione)など。
【0163】
殺菌剤(続き):カスガマイシン(kasugamycin)、クレソキシム−メチル(kresoxim-methyl)、マンカッパー(mancopper)、マンコゼブ(mancozeb)、マンジプロパミド(mandipropamid)、マンネブ(maneb)、メベニル(mebenil)、メカルビンジド(mecarbinzid)、メパニピリム(mepanipyrim)、メプロニル(mepronil)、メタラキシル(metalaxyl)、メタラキシル−M(metalaxyl-M)、メタム(metam)、メタゾキソロン(metazoxolon)、メトコナゾール(metconazole)、メタスルホカルブ(methasulfocarb)、メトフロキサム(methfuroxam)、メチルイソチオシアネイト(methyl isothiocyanate)、メチラム(metiram)、メトミノストロビン(metominostrobin)、メトラフェノン(metrafenone)、メトスルフォバックス(metsulfovax)、ミルネブ(milneb)、ミクロブタニル(myclobutanil)、ミクロゾリン(myclozolin)、ナバム(nabam)、ナタマイシン(natamycin)、ニッケルビス(ジメチルジチオカーバメート)(nickel bis(dimethyldithiocarbamate))、ニトロスチレン(nitrostyrene)、ニトロタール−イソプロピル(nitrothal-isopropyl)、ヌアリモル(nuarimol)、オーシーエイチ(OCH)、オクチリノン(octhilinone)、オフレース(ofurace)、オリサストロビン(orysastrobin)、オキサジキシル(oxadixyl)、有機銅(oxine copper)、オキシカルボキシン(oxycarboxin)、オキスポコナゾールフマール酸塩(oxpoconazole fumarate)、ペフラゾエート(pefurzoate)、ペンコナゾール(penconazole)、ペンフルフェン(penflufen)、ペンシクロン(pencycuron)、ペンチオピラド(penthiopyrad)、オルソフェニルフェノール(o-phenylphenol)、フォスジフェン(phosdiphen)、フタライド(phthalide)、ピコキシストロビン(picoxystrobin)、ピペラリン(piperalin)、ポリカーバメート(polycarbamate)、ポリオキシン(polyoxins)、ポリオクソリム(polyoxorim)、ポタシウムアザイド(potassium azide)、炭酸水素カリウム(potassium hydrogen carbonate)、プロキナジド(proquinazid)、プロベナゾール(probenazole)、プロクロラズ(prochloraz)、プロシミドン(procymidone)、プロパモカルブ塩酸塩(propamocarb hydrochloride)、プロピコナゾール(propiconazole)、プロピネブ(propineb)、プロチオカルブ(prothiocarb)、プロチオコナゾール(prothioconazole)、ピラカルボリド(pyracarbolid)、ピラクロストロビン(pyraclostrobin)、ピラゾホス(pyrazophos)、ピリジニトリル(pyridinitril)、ピリフェノックス(pyrifenox)、ピリメタニル(pyrimethanil)、ピリオフェノン(pyriofenone)、ピロキュロン(pyroquilon)、ピロキシクロル(pyroxychlor)、ピロキシフル(pyroxyfur)、キノメチオネート(quinomethionate)、キノキシフェン(quinoxyfen)、キントゼン(quintozene)、キナセトール・スルフェート(quinacetol-sulfate)、キナザミド(quinazamid)、キンコナゾール(quinconazole)、ラベンザゾール(rabenzazole)など。
【0164】
殺菌剤(続き):アジ化ナトリウム(sodium azide)、炭酸水素ナトリウム(sodium hydrogen carbonate)、次亜塩素酸ナトリウム(sodium hypochlorite)、硫黄(sulfur)、スピロキサミン(spiroxamine)、サリチルアニリド(salycylanilide)、シルチオファム(silthiofam)、シメコナゾール(simeconazole)、テブコナゾール(tebuconazole)、テクナゼン(tecnazene)、テコラム(tecoram)、テトラコナゾール(tetraconazole)、チアベンダゾール(thiabendazole)、チアジフルオール(thiadifluor)、チシオフェン(thicyofen)、チフルザミド(thifluzamide)、チオクロルフェンフィム(thiochlorfenphim)、チオファネート(thiophanate)、チオファネート−メチル(thiophanate-methyl)、チオキノックス(thioquinox)、チラム(thiram)、チアジニル(tiadinil)、チオキシミド(tioxymid)、トルクロホス−メチル(tolclofos-methyl)、トリルフラニド(tolylfluanid)、トリアジメホン(triadimefon)、トリアジメノール(toriadimenol)、トリアミフォス(triamiphos)、トリアリモル(triarimol)、トリアゾキシド(triazoxide)、トリアズブチル(triazbutil)、トリブチルチンオキサイド(tributyltin oxide)、トリクラミド(trichlamide)、トリシクラゾール(tricyclazole)、トリデモルフ(tridemorph)、トリフロキシストロビン(trifloxystrobin)、トリフルミゾール(triflumizole)、トリホリン(triforine)、トリチコナゾール(triticonazole)、バリダマイシン(validamycin)、バリフェナレート(valifenalate)、ビンクロゾリン(vinclozolin)、ザリルアミド(zarilamide)、硫酸亜鉛(zinc sulfate)、ジネブ(zineb)、ジラム(ziram)、ゾキサミド(zoxamide)及びシイタケ菌糸体抽出物など。
【0165】
殺バクテリア剤:ベンザルコニウムクロライド(benzalkonium chloride)、ビチオノール(bithionol)、ブロノポール(bronopol)、クレゾール(cresol)、ホルムアルデヒド(formaldehyde)、ニトラピリン(nitrapyrin)、オキソリニックアシド(oxolinic acid)、オキシテトラサイクリン(oxyterracycline)、ストレプトマイシン(streptomycin)及びテクロフタラム(tecloftalam)など。
【0166】
殺線虫剤:アルドキシカルブ(aldoxycarb)、カズサホス(cadusafos)、デービーシーピー(DBCP)、ジクロフェンチオン(dichlofenthion)、デーエスピー(DSP)、エトプロホス(ethoprophos)、フェナミホス(fenamiphos)、フェンスルホチオン(fensulfothion)、フルエンスルホン(fluensulfone)、フォスチアゼート(fosthiazate)、フォスチエタン(fosthietan)、イミシアホス(imicyafos)、イサミドホス(isamidofos)、イサゾホス(isazofos)、オキサミル(oxamyl)及びチオナジン(thionazin)など。
【0167】
殺ダニ剤:アセキノシル(acequinocyl)、アクリナトリン(acrinathrin)、アミトラズ(amitraz)、BCI−033(試験名)、ビフェナゼート(bifenazate)、ブロモプロピレート(bromopropylate)、チノメチオネート(chinomethionat)、クロロベンジラート(chlorobezilate)、クロフェンテジン(clofentezine)、シエノピラフェン(cyenopyrafen)、シフルメトフェン(cyflumetofen)、サイヘキサチン(cyhexatine)、ジコフォール(dicofol)、ジエノクロール(dienochlor)、デーエヌオーシー(DNOC)、エトキサゾール(etoxazole)、フェナザキン(fenazaquin)、フェンブタチンオキシド(fenbutatin oxide)、フェノチオカルブ(fenothiocarb)、フェンプロパトリン(fenpropathrin)、フェンピロキシメート(fenpyroximate)、フルアクリピリム(fluacrypyrim)、ハルフェンプロックス(halfenprox)、ヘキシチアゾックス(hexythiazox)、ミルベメクチン(milbemectin)、プロパルギット(propargite)、ピリダベン(pyridaben)、ピリミジフェン(pyrimidifen)、S−1870(試験名)、スピロジクロフェン(spirodiclofen)、スピロメシフェン(spyromesifen)、NNI−0711(試験名)、CL900167(試験名)及びテブフェンピラド(tebufenpyrad)など。
【0168】
殺虫剤:アバメクチン(abamectin)、アセフェート(acephate)、アセタミピリド(acetamipirid)、アラニカルブ(alanycarb)、アルディカルブ(aldicarb)、アレスリン(allethrin)、アザメチホス(azamethiphos)、アジンホス−メチル(azinphos-methyl)、バチルスチューリンゲシス(bacillus thuringiensis)、ベンジオカルブ(bendiocarb)、ベンフルトリン(benfluthrin)、ベンフラカルブ(benfuracarb)、ベンスルタップ(bensultap)、ビフェントリン(bifenthrin)、ビオアレスリン(bioallethrin)、ビオレスメトリン(bioresmethrin)、ビストリフルロン(bistrifluron)、ブプロフェジン(buprofezin)、ブトカルボキシン(butocarboxim)、カルバリル(carbaryl)、カルボフラン(carbofuran)、カルボスルファン(carbosulfan)、カルタップ(cartap)、クロルアントラニリプロール(chlorantraniliprole)、クロルエトキシホス(chlorethxyfos)、クロルフェナピル(chlorfenapyr)、クロルフェンビンホス(chlorfenvinphos)、クロルフルアズロン(chlorfluazuron)、クロルメホス(chlormephos)、クロルピリホス(chlorpyrifos)、クロピリホス−メチル(chlorpyrifos-methyl)、クロマフェノジド(chromafenozide)、クロチアニジン(clothianidin)、シアントラニリプロール(cyantraniliprole)、シクロプロトリン(cycloprothrin)、シフルメトフェン(cyflumetofen)、シフルトリン(cyfluthrin)、ベータ−シフルトリン(beta-cyfluthrin)、シハロトリン(cyhalothrin)、ラムダ−シハロトリン(lambda-cyhalothrin)、シペルメトリン(cypermethrin)、アルファ−シペルメトリン(alpha-cypermethrin)、ベータ−シペルメトリン(beta-cypermethrin)、ゼタ−シペルメトリン(zeta-cypermethrin)、シロマジン(cyromazine)、デルタメトリン(deltamethrin)、ジアクロデン(diacloden)、ジアフェンチウロン(diafenthiuron)、ダイアジノン(diazinon)、ジクロルボス(dichlorvos)、ジフルベンズロン(diflubenzuron)、ジメチルビンホス(dimethylvinphos)、ジノテフラン(dinotefuran)、ジオフェノラン(diofenolan)、ジスルフォトン(disulfoton)、ジメトエート(dimethoate)、エマメクチンベンゾエート(emamectin-benzoate)、エンペントリン(empenthrin)、エンドスルファン(endosulfan)、アルファ−エンドスルファン(alpha-endosulfan)、イーピーエヌ(EPN)、エスフェンバレレート(esfenvalerate)、エチオフェンカルブ(ethiofencarb)、エチプロール(ethiprole)、エトフェンプロックス(etofenprox)、エトリムホス(etrimfos)、フェニトロチオン(fenitrothion)、フェノブカルブ(fenobucarb)、フェノキシカーブ(fenoxycarb)、フェンプロパトリン(fenpropathrin)、フェンチオン(fenthion)、フェンバレレート(fenvalerate)、フィプロニル(fipronil)、フロニカミド(flonicamid)、フルベンジアミド(flubendiamide)、フルシトリネート(flucythrinate)、フルフェネリム(flufenerim)、フルフェノクスウロン(flufenoxuron)、フルフェンプロックス(flufenprox)、フルメトリン(flumethrin)、フルバリネート(fluvalinate)、タウ−フルバリネート(tau-fluvalinate)、ホノホス(fonophos)、フォルメタネート(formetanate)、フォルモチオン(formothion)、フラチオカルブ(furathiocarb)、フルフィプロール(flufiprole)、フルピラジフロン(flupyradifurone)、フロメトキン(flometoquin)など。
【0169】
殺虫剤(続き):ハロフェノジド(halofenozide)、ヘキサフルムロン(hexaflumuron)、ヒドラメチルノン(hydramethylnon)、イミダクロプリド(imidacloprid)、イソフェンホス(isofenphos)、インドキサカルブ(indoxacarb)、イソプロカルブ(isoprocarb)、イソキサチオン(isoxathion)、レピメクチン(lepimectin)、ルフェヌウロン(lufenuron)、マラチオン(malathion)、メペルフルスリン(meperfluthrin)、メタフルミゾン(metaflumizone)、メタルデヒド(metaldehyde)、メタミドホス(methamidophos)、メチダチオン(methidathion)、メタクリホス(methacrifos)、メタフルミゾン(metaflumizone)、メタルカルブ(metalcarb)、メソミル(methomyl)、メソプレン(methoprene)、メトキシクロール(methoxychlor)、メトキシフェノジド(methoxyfenozide)、メチルブロマイド(methyl bromide)、モノクロトホス(monocrotophos)、ムスカルーレ(muscalure)、ニテンピラム(nitenpyram)、ノバルロン(novaluron)、ノビフルムロン(noviflumuron)、オメトエート(omethoate)、オキサミル(oxamyl)、オキシデメトン−メチル(oxydemeton-methyl)、オキシデプロホス(oxydeprofos)、パラチオン(parathion)、パラチオン−メチル(parathion-methyl)、ペンタクロロフェノール(pentachlorophenol(PCP))、ペルメトリン(permethrin)、フェノトリン(phenothrin)、フェントエート(phenthoate)、フォキシム(phoxim)、ホレート(phorate)、ホサロン(phosalone)、ホスメット(phosmet)、ホスファミドン(phosphamidon)、ピリミカルブ(pirimicarb)、ピリミホス−メチル(pirimiphos-methyl)、プロフェノホス(profenofos)、プロチオホス(prothiofos)、プロパホス(propaphos)、プロトリフェンブト(protrifenbute)、ピメトロジン(pymetrozine)、ピラクロホス(pyraclofos)、ピレトリン(pyrethrins)、ピリダリル(pyridalyl)、ピリフルキナゾン(pyrifluquinazon)、ピリプロール(pyriprole)、ピラフルプロール(pyrafluprole)、、ピリプロキシフェン(pyriproxyfen)、レスメトリン(resmethrin)、ロテノン(rotenone)、SI−0405(試験名)、スルプロホス(sulprofos)、シラフルオフェン(silafluofen)、スピネトラム(spinetoram)、スピノサド(spinosad)、スピロテトラマート(spirotetramat)、スルホキサフロール(sulfoxaflor)、スルホテップ(sulfotep)、SYJ−159(試験名)、テブフェノジド(tebfenozide)、テフルベンズロン(teflubenzuron)、テフルトリン(tefluthorin)、テルブホス(terbufos)、テトラクロロビンホス(tetrachlorvinphos)、テトラメトリン(tetramethrin)、d−T−80−フタルスリン(d-tetramethrin)、テトラメチルフルスリン(tetramethylfluthrin)、チアクロプリド(thiacloprid)、チオシクラム(thiocyclam)、チオジカルブ(thiodicarb)、チアメトキサム(thiamethoxam)、チオファノックス(thiofanox)、チオメトン(thiometon)、トルフェンピラド(tolfenpyrad)、トラロメスリン(tralomethrin)、トリクロルホン(trichlorfon)、トリアズロン(triazuron)、トリフルムロン(triflumuron)、バミドチオン(vamidothion)及びME−5343(試験名)など。
【実施例】
【0170】
以下に本発明化合物の合成例、試験例を実施例として具体的に述べることで、本発明をさらに詳しく説明するが、本発明はこれらによって限定されるものではない。
【0171】
合成例に記載したプロトン核磁気共鳴ケミカルシフト値は、基準物質としてMeSi(テトラメチルシラン)を用い、300MHzにて測定した。
【0172】
また、s:シングレット、d:ダブレット、t:トリプレット、q:カルテット、m:マルチプレット、brs:ブロードピークの意味を表す。
【0173】
[合成例]
合成例1
3−[4−{1−(2,2,2−トリフルオロエチル)−1H−ピラゾール−3−イル}−1H−1,2,3−トリアゾール−1−イル]ピリジン(本発明化合物1−001)
工程1
1−{1−(ピリジン−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}エタノールの製造
水9mlに2−メチル−2−プロパノール9mlを添加し、さらに3−アジドピリジン1.2gを溶解させた。この反応溶液に、室温にて3−ブチン−2−オール0.82g、アスコルビン酸ナトリウム0.2g、硫酸銅五水和物0.03gを順次添加し、室温にて30分間撹拌した。反応終了後、減圧下溶媒を留去し、目的物1.9gを褐色固体として得た。
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.05(d,J=2.7Hz,1H),8.71(dd,J=1.5,4.8Hz,1H),8.54(ddd,J=1.5,2.7,8.4Hz,1H),7.99(s,1H),7.51(dd,J=4.8,8.4Hz,1H),5.21(q,J=6.6Hz,1H),1.69(d,J=6.6Hz,3H),(OHに相当するプロトンピークは検出されなかった)。
【0174】
工程2
1−{1−(ピリジン−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}エタノンの製造
1−{1−(ピリジン−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}エタノール1.0gのジメチルスルホキシド10ml溶液に、ジイソプロピルエチルアミン2.0g、ジクロロメタン10mlを順次添加し、0℃に冷却した。この反応溶液に、ピリジン・三酸化硫黄コンプレックス2.5gを添加し、0℃にて5時間撹拌した。反応終了後、水50mlを添加し、酢酸エチル100mlにて抽出した。得られた有機層を水、飽和食塩水の順で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去し、目的物0.7gを褐色固体として得た。
【0175】
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.05(brs,1H),8.78(d,J=4.2Hz,1H),8.55(s,1H),8.16(d,J=7.8Hz,1H),7.56(dd,J=4.2,7.8Hz,1H),2.78(s,3H)。
【0176】
工程3
3−(ジメチルアミノ)−1−{1−(ピリジン−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}−2−プロペン−1−オンの製造
1−{1−(ピリジン−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}エタノン0.5gに、N、N−ジメチルホルムアミドジメチルアセタール6gを添加し、100℃にて6時間撹拌した。反応終了後、減圧下溶媒を留去し、得られた残渣にジイソプロピルエーテル3mlを添加した。添加後、反応液中に析出した固体をろ過により取り出し、目的物0.61gを褐色固体として得た。
【0177】
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.05(d,J=2.4Hz,1H),8.73(dd,J=5.1Hz,1H),8.55(s,1H),8.10−8.20(m,1H),7.95(brs,1H),7.45−7.55(m,1H),6.24(brs,1H),3.21(s,3H),3.01(s,3H)。
【0178】
工程4
3−{4−(1H−ピラゾール−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−1−イル}ピリジンの製造
3−(ジメチルアミノ)−1−{1−(ピリジン−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}−2−プロペン−1−オン0.61gのエタノール15ml溶液に、ヒドラジン一水和物0.25gを添加し、加熱還流下1時間攪拌した。反応完結後、減圧下溶媒を留去し、得られた残渣にジイソプロピルエーテル3mlを添加した。析出した固体をろ過により取り出し、目的物0.5gを褐色固体として得た。
【0179】
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.09(d,J=2.4Hz,1H),8.74(dd,J=1.5,4.5Hz,1H),8.42(s,1H),8.21(ddd,J=1.5,2.4,8.4Hz,1H),7.70(d,J=2.4Hz,1H),7.54(dd,J=4.5,8.4Hz,1H),6.90(d,J=2.4Hz,1H)(NHに相当するプロトンピークは検出されなかった)。
【0180】
工程5
3−[4−{1−(2,2,2−トリフルオロエチル)−1H−ピラゾール−3−イル}−1H−1,2,3−トリアゾール−1−イル]ピリジンの製造
3−{4−(1H−ピラゾール−3−イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−1−イル}ピリジン0.2gをN、N−ジメチルホルムアミド2.5mlに溶解させ、この溶液に室温にて、60重量%水素化ナトリウム(鉱油中に分散)0.06gを添加した。1時間撹拌した後、この反応溶液に2,2,2−トリフルオロエチル トリフルオロメタンスルホナート0.29gを加え、さらに室温で3時間撹拌を継続した。反応完結後、減圧下溶媒を留去した。得られた残渣を、n−ヘキサン−酢酸エチル〔1:9(体積比)〕にて溶出するシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製し、目的物0.17gを白色固体として得た。
【0181】
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.10(d,J=2.7Hz,1H),8.70(dd,J=1.2,4.8Hz,1H),8.45(s,1H),8.20−8.25(m,1H),7.76(d,J=2.7Hz,1H),7.54(dd,J=4.8,7.8Hz,1H),6.87(d,J=2.1Hz,1H),4.34(q,J=8.7Hz,2H)。
融点;151−153℃。
【0182】
前記合成例と同様に以下の化合物を合成した。
【0183】
3−[4−{1−(メチルチオメチル)−1H−ピラゾール−3−イル}−1H−1,2,3−トリアゾール−1−イル]ピリジン(本発明化合物1−002)
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.07(d,J=2.7Hz,1H),8.20(d,J=4.8Hz,1H),8.40(s,1H),8.20−8.25(m,1H),7.70(d,J=2.1Hz,1H),7.50−7.60(m,1H),6.94(d,J=2.4Hz,1H),5.20(s,2H),2.18(s,3H)。
融点;110−113℃。
【0184】
3−[4−{1−(メチルチオメチル)−1H−ピラゾール−5−イル}−1H−1,2,3−トリアゾール−1−イル]ピリジン(本発明化合物1−003)
融点;115−117℃
2−[3−{1−(ピリジン−3イル)−1H−1,2,3−トリアゾール−4−イル}−1H−ピラゾール−1イル]ピリミジン(本発明化合物1−004)
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.10(d,J=2.7Hz,1H),8.82(d,J=4.5Hz,2H),8.76(s,1H),8.70−8.75(m,2H),8.21(ddd,J=1.2,2.4,8.1Hz,1H),7.50−7.60(m,1H),7.28(s,1H),7.21(d,J=3.0Hz,1H)。
融点;224−225℃。
【0185】
本発明化合物は、前記製造法及び実施例に準じて製造することができる。合成例1と同様に製造した本発明化合物の例を第4表乃至第6表に示すが、本発明はこれらのみに限定されるものではない。なお、表中、D2−37aで表される構造は下記の構造を表す。
【0186】
【化9】

【0187】
また、本発明化合物のうち、融点の記載のない化合物の1H NMRデータを第7表に示す。なお、表中の記号はそれぞれ下記の意味を表す。
s:シングレット、d:ダブレット、t:トリプレット、q:カルテット、m:マルチプレット。
〔第4表〕
【0188】
【化10】

【0189】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
No. R4 X1 X1a m.p.(℃)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1-001 H H CH2CF3 151-153
1-002 H H CH2SCH3 110-113
1-004 H H D2-37a 224-225
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
〔第5表〕
【0190】
【化11】

【0191】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
No. R4 X1 X1a m.p.(℃)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1-003 H H CH2SCH3 115-117
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
〔第6表〕
【0192】
【化12】

【0193】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
No. R4 X1 m.p.(℃)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1-005 H CH2SCH3 163-165
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
〔第7表〕
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
No. プロトン核磁気共鳴ケミカルシフト値(CDCl中):σ(ppm)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1−002;
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.07(d,J=2.7Hz,1H),8.20(d,J=4.8Hz,1H),8.40(s,1H),8.20−8.25(m,1H),7.70(d,J=2.1Hz,1H),7.50−7.60(m,1H),6.94(d,J=2.4Hz,1H),5.20(s,2H),2.18(s,3H)
1−003;
H NMR(測定溶媒CDCl)δ9.10(d,J=2.7Hz,1H),8.82(d,J=4.5Hz,2H),8.76(s,1H),8.70−8.75(m,2H),8.21(ddd,J=1.2,2.4,8.1Hz,1H),7.50−7.60(m,1H),7.28(s,1H),7.21(d,J=3.0Hz,1H)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
第7表のプロトン核磁気共鳴ケミカルシフト値は、基準物質としてMeSi(テトラメチルシラン)を用い、300MHzにて測定した。
[試験例]
次に、本発明化合物の有害生物防除剤としての有用性について、以下の試験例において具体的に説明するが、本発明はこれらのみに限定されるものではない。
試験例1 トビイロウンカに対する殺虫試験
本発明化合物の10%乳剤(化合物によっては10%水和剤を供試)を展着剤の入った水で希釈して、500ppm濃度の薬液を調製した。この薬液中にイネの葉鞘を約10秒間浸漬し、風乾後試験管に入れ、この中にトビイロウンカ(Nilaparvata lugens)の2齢幼虫を試験管当たり5頭放虫し、スポンジで蓋をして25℃恒温室に収容した。6日後の死虫数を調査し、試験例1と同様の計算式から死虫率を算出した。尚、試験は2連制で行なった。
【0194】
その結果、供試した化合物の内、下記の化合物が90%以上の死虫率を示した。
本発明化合物:1−001、1−002、1−004、1−005
試験例2 シルバーリーフコナジラミに対する殺虫試験
内径7cmのスチロールカップに湿った濾紙を敷き、その上に3cmに切り取ったインゲンの葉を置いた。本発明化合物の10%乳剤(化合物によっては10%水和剤を供試)を展着剤の入った水で希釈して、500ppm濃度の薬液を調製し、回転式散布塔を用いて薬液をスチロールカップ当たり2.5mlずつ散布した(2.5mg/cm)。葉を風乾後、シルバーリーフコナジラミ(Bemisia argentifolii)の成虫を放虫し、蓋をして25℃恒温室に収容した。5日後の死虫数を調査し、試験例1と同様の計算式から死虫率を算出した。尚、試験は2連制で行なった。
【0195】
その結果、供試した化合物の内、下記の化合物が90%以上の死虫率を示した。
本発明化合物:1−002、1−005
試験例3 モモアカアブラムシに対する殺虫試験
内径3cmのガラスシャーレに湿った脱脂綿を敷き、その上に同径に切り取ったカンランの葉を置き、モモアカアブラムシ(Myzus persicae)無翅成虫を4頭放虫した。1日後、本発明化合物の10%乳剤(化合物によっては10%水和剤を供試)を展着剤の入った水で希釈して、500ppm濃度の薬液を調製し、回転式散布塔にて薬液を散布(2.5mg/cm)、蓋をして25℃恒温室に収容した。6日後の死虫数を調査し、試験例1と同様の計算式から死虫率を算出した。尚、試験は2連制で行なった。
【0196】
その結果、供試した化合物の内、下記の化合物が90%以上の死虫率を示した。
本発明化合物:1−001、1−002、1−003、1−004、1−005
試験例4 ワタアブラムシに対する殺虫試験
内径3cmのガラスシャーレに湿った脱脂綿を敷き、その上に同径に切り取ったキュウリの葉を置き、ワタアブラムシ(Aphis gossypii)無翅成虫を4頭放虫した。1日後、本発明化合物の10%乳剤(化合物によっては10%水和剤を供試)を展着剤の入った水で希釈して、500ppm濃度の薬液を調製し、回転式散布塔にて薬液を散布(2.5mg/cm)、蓋をして25℃恒温室に収容した。6日後の死虫数を調査し、試験例1と同様の計算式から死虫率を算出した。尚、試験は2連制で行なった。
【0197】
その結果、供試した化合物の内、下記の化合物が90%以上の死虫率を示した。
本発明化合物:1−001、1−002、1−003、1−004、1−005
試験例5 モモアカアブラムシに対する土壌潅注処理試験
本発明化合物の10%乳剤を水道水で希釈して、濃度が100ppmの薬液を調製した。
【0198】
プラスチックカップ植えキャベツ苗(2.5本葉期)の株元土壌部分に10mlの薬液を潅注処理し、温室内に放置した。潅注処理1日後にモモアカアブラムシ(Myzus persicae)の成虫を20頭/株で放虫し、その後温室内に放置した。放虫6日後の生存虫数を調査し、下記の計算式から対照値を算出した。
対照値(%)={1−(Cb×Tai)/(Cai×Tb)}×100
式中の文字は下記を表している。
Cb:無処理区における処理前の虫の数
Cai:無処理区における最終調査時の生存虫数
Tb:処理区における処理前の虫の数
Tai:処理区における最終調査時の生存虫数
その結果、供試した化合物の内、下記の化合物が90%以上の対照値を示した。
本発明化合物:1−001、1−002、1−004
試験例6 種子処理におけるダイズアブラムシに対する効果試験
本発明化合物2.4mgを97.6μlのアセトンに希釈した。全量50mlのプラスチックチューブ内に4粒のダイズ種子を入れ、その上から希釈液を注ぎ入れ、種子に化合物が満遍なく付着するように撹拌しながらアセトンを完全に蒸発させた。処理した種子を4粒/ポットで植え、温室内に放置した。初生葉展開後、ダイズアブラムシ(Aphis glycines)の成虫を各株5頭ずつ放虫した。放虫7日後の生存虫数を調査し、下記の計算式から対照値を算出した。
対照値(%)={1−(Cb×Tai)/(Cai×Tb)}×100
式中の文字は下記を表している。
Cb:無処理区における処理前の虫の数
Cai:無処理区における最終調査時の生存虫数
Tb:処理区における処理前の虫の数
Tai:処理区における最終調査時の生存虫数
その結果、供試した化合物の内、下記の化合物が90%以上の対照値を示した。
本発明化合物:1−001、1−002
【産業上の利用可能性】
【0199】
本発明における新規なピラゾール誘導体は、優れた有害生物防除活性、特に殺虫・殺ダニ活性を示し、且つ、ホ乳動物、魚類及び益虫等の非標的生物に対してほとんど悪影響の無い、極めて有用な化合物である。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式(1):
【化1】


〔式中、Aは、−N(−O)m2又は−CRを表し、
は、D1−14〜D1−17、D1−34、D1−35、D1−52〜D1−54、D1−57、D1−58又はD1−65を表し、
は、水素原子、ハロゲン原子、シアノ、C〜Cアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル又はC〜Cハロアルキルスルホニルを表し、
は、ハロゲン原子、シアノ、C〜Cアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル又はC〜Cハロアルキルスルホニルを表し、
は、水素原子、ハロゲン原子、C〜Cアルキル、C〜Cシクロアルキル、C〜Cアルケニル、C〜Cアルキニル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル、C〜Cハロアルキルスルホニル、シアノ、C〜Cアルコキシカルボニル、C〜Cアルキルカルボニル、C〜Cアルキルアミノカルボニル又はジ(C〜Cアルキル)アミノカルボニルを表し、
D1−14〜D1−17、D1−34、D1−35、D1−52〜D1−54、D1−57、D1−58及びD1−65は、以下の構造を表し、
【化2】


は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C〜C12アルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキル、C〜C12シクロアルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルキル、C〜C12アルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルケニル、C〜C12シクロアルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルケニル、C〜C12アルキニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキニル、−OH、−OR、−SH、−S(O)、−N(R8a)R、−S(=NR8b)R6a、−S(O)(=NR8b)R6a、−C(O)OR6a、−C(O)SR6a、−C(S)OR6a、−C(S)SR6a、−C(O)R、−C(R)=NOH、−C(R)=NOR、−C(O)N(R8a)R、−C(S)N(R8a)R、−S(O)N(R8a)R、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜34又はD2−37を表し、
1aは、水素原子、C〜C12アルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキル、C〜C12シクロアルキル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルキル、C〜C12アルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルケニル、C〜C12シクロアルケニル、Rで任意に置換された(C〜C12)シクロアルケニル、C〜C12アルキニル、Rで任意に置換された(C〜C12)アルキニル、−OH、−OR、−SH、−S(O)、−N(R8a)R、−S(=NR8b)R6a、−S(O)(=NR8b)R6a、−C(O)OR6a、−C(O)SR6a、−C(S)OR6a、−C(S)SR6a、−C(O)R、−C(R)=NOH、−C(R)=NOR、−C(O)N(R8a)R、−C(S)N(R8a)R、−S(O)N(R8a)R、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜34又はD2−37を表し、
1bは、R5aで任意に置換された(C〜C12)アルキル、−SH、−S(O)、−S(=NR8b)R6a又は−S(O)(=NR8b)R6aを表し、
は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C〜Cシクロアルキル、R14で任意に置換された(C〜C)シクロアルキル、−OR11、−S(O)11、−S(=NR13b)R11a、−S(O)(=NR13b)R11a、−C(O)R12、−C(O)OR11a、−C(O)SR11a、−C(S)OR11a、−C(S)SR11a、−C(O)N(R13a)R13、−C(S)N(R13a)R13、−C(R12)=NOH、−C(R12)=NOR11、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜D2−34、D2−37、D2−81、D2−82、D2−92又はD2−93を表し、
5aは、−OR11、−S(O)11、−S(=NR13b)R11a又は−S(O)(=NR13b)R11aを表し、
及びR6aは、各々独立して、C〜Cアルキル、R14で任意に置換された(C〜C)アルキル、C〜Cシクロアルキル、R14で任意に置換された(C〜C)シクロアルキル、C〜Cアルケニル、R14で任意に置換された(C〜C)アルケニル、C〜Cシクロアルケニル、R14で任意に置換された(C〜C)シクロアルケニル、C〜Cアルキニル、R14で任意に置換された(C〜C)アルキニルを表し、
8b及びR13bは、各々独立して、水素原子、シアノ、ニトロを表し、
11は、シアノ、C〜Cアルキル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキル、C〜Cアルケニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルケニル、C〜Cアルキニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキニル、C〜Cシクロアルキル、R14aで任意に置換された(C〜C)シクロアルキル又は、−C(O)R16を表し、
11aは、C〜Cアルキル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキル、C〜Cアルケニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルケニル、C〜Cアルキニル、R14aで任意に置換された(C〜C)アルキニル、C〜Cシクロアルキル又はR14aで任意に置換された(C〜C)シクロアルキルを表し、
12、R13及びR13aは、各々独立して水素原子又はR11aを表し、
14及びR14aは、各々独立してハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C〜Cシクロアルキル、C〜Cシクロアルケニル、−OR15、−S(O)15、フェニル、ナフチル、(Zq2で置換されたフェニル、(Zq2で置換されたナフチル、D2−32〜D2−34、D2−37、D2−81、D2−82、D2−92又はD2−93を表し、
15及びR15aは、各々独立して、C〜Cアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cアルケニル、C〜Cアルキニル、C〜Cシクロアルキル又はC〜Cシクロアルケニルを表し、
16は、水素原子又はC〜Cアルキルを表し、
D2−32〜D2−34、D2−37、D2−81、D2−82、D2−92及びD2−93は、以下の構造を表し、
【化3】


は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、−OH、−SH、−NH又はR20を表し、t1又はt4が2以上の整数を表すとき、各々のXは互いに同一であっても又は互いに異なってもよく、
2aは、水素原子、シアノ、ニトロ、−OH、−NH又はR20を表し、
2bは、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、−OH、−SH、−NH又はR20を表し、u7又はu9が2以上の整数を表すとき、各々のX2bは互いに同一であっても、又は互いに相異なってもよく、更に、2つのX2bが同一の炭素上に置換している場合、2つのX2bは一緒になってオキソ、チオキソ、イミノ、C〜Cアルキルイミノ、C〜Cアルコキシイミノ又はC〜Cアルキリデンを形成してもよく、
は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、−OH、−SH、−NH又はR20を表し、q2が2以上の整数を表すとき、各々のZは互いに同一であっても又は互いに異なってもよく、
20は、C〜Cアルキル、C〜Cアルケニル、C〜Cアルキニル、C〜Cシクロアルキル、C〜Cハロアルキル、C〜Cハロアルケニル、C〜Cハロアルキニル、C〜Cハロシクロアルキル、C〜Cアルコキシ、C〜Cハロアルコキシ、C〜Cアルキルスルフェニル、C〜Cハロアルキルスルフェニル、C〜Cアルキルスルフィニル、C〜Cハロアルキルスルフィニル、C〜Cアルキルスルホニル又はC〜Cハロアルキルスルホニルを表し、
n、p1及びt1は、各々独立に、0〜3の整数を表し、
p2は、0〜2の整数を表し、
p3は、0〜1の整数を表し、
p8は、1〜4の整数を表し、
t4は、0〜4の整数を表し、
u7は、0〜7の整数を表し、
u9は、0〜9の整数を表し、
q2は、1〜5の整数を表し、
m1、m2、m3及びm4は、各々独立して0又は1の整数を表し、
rは、0〜2の整数を表す。〕で表されるトリアゾ−ル誘導体又はその塩。
【請求項2】
は、−CRを表し、
は、水素原子又はハロゲン原子を表し、
は、ハロゲン原子又はC〜Cアルキルを表し、
は、水素原子、ハロゲン原子又はC〜Cアルキルを表す請求項1記載のトリアゾ−ル誘導体又はその塩。
【請求項3】
は、D1−15、D1−17、D1−52、D1−57又はD1−65を表し、
及びRは、水素原子を表し、
は、Rで任意に置換された(C〜C)アルキル又は−S(O)を表し、
1aは、水素原子、Rで任意に置換された(C〜C)アルキル又はD2−37を表し、
1bは、R5aで任意に置換された(C〜C)アルキル又は−S(O)を表し、
は、ハロゲン原子又は−S(O)11を表し、
5aは、−S(O)11を表し、
及びR11は、それぞれ独立してC〜Cアルキルを表し、
p1は、1の整数を表し、
p2は、0〜2の整数を表し、
p8は、1の整数を表し、
n及びt1は、0の整数を表し、
m3は0の整数を表し、
rは、0〜2の整数を表す請求項2記載のトリアゾ−ル化合物又はその塩
【請求項4】
は、D1−15、D1−17又はD1−57を表し、
1aは、Rで任意に置換された(C〜C)アルキル又はD2−37を表し、
は、Rで任意に置換された(C〜C)アルキルを表し、
p2は、0の整数を表す請求項3記載のトリアゾ−ル化合物又はその塩。
【請求項5】
請求項1〜請求項4記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する有害生物防除剤。
【請求項6】
請求項1〜請求項4記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する農薬。
【請求項7】
請求項1〜請求項4記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する哺乳動物又は鳥類の内部もしくは外部寄生虫防除剤。
【請求項8】
請求項1〜請求項4記載のトリアゾ−ル誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する殺虫剤又は殺ダニ剤。
【請求項9】
請求項1〜請求項4記載のピラゾール誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する種子処理剤。
【請求項10】
種子処理方法が浸漬処理である請求項9記載の種子処理剤。
【請求項11】
請求項1〜請求項4記載のピラゾール誘導体及びそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を有効成分として含有する土壌処理剤。
【請求項12】
土壌処理方法が土壌潅注処理である請求項11記載の土壌処理剤。

【公開番号】特開2012−188418(P2012−188418A)
【公開日】平成24年10月4日(2012.10.4)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−35463(P2012−35463)
【出願日】平成24年2月21日(2012.2.21)
【出願人】(000003986)日産化学工業株式会社 (510)
【Fターム(参考)】