Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
ナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラム
説明

ナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラム

【課題】実際の交通機関にて表示される種別や行先等の表示内容と一致させた当該交通機関の属性情報を保持しておくことで、交通機関の始発地点から終着地点までの間の区間で当該表示内容が変化する場合、交通機関の表示内容とユーザが閲覧する画面に表示される表示内容を一致させることができるナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムを提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、経路探索条件を満たす出発地から目的地までの案内経路をネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成し、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する属性情報を記憶部から抽出し、案内経路データと属性情報とを少なくとも含む経路案内情報を出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、時刻表データ等の交通情報に基づいて経路案内を行う技術が開示されている。
【0003】
例えば、特許文献1に記載のナビゲーションシステムにおいては、ナビゲーションサーバに一般的な時刻表データが保持されており、携帯ナビゲーション装置のユーザの現在位置に基づいて当該時刻表データを検索し、当該ユーザが乗車している可能性のある交通機関の候補をリストアップして携帯ナビゲーション装置へ送信することでユーザに交通機関を選択させ、当該選択に基づく経路案内を行う技術が開示されている。ここで、一般的な時刻表データとは、例えば、路線を分類するための形式的な種別(例えば、特急、急行、普通等)、最終行先情報、路線上の停留地点(例えば、駅、バス停等)の名称、および、電車の発着時刻等の列車運行を把握するのに必要最低限の情報を含んだデータである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2006−44328号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、実際の交通機関の運行において、書籍等に記載された時刻表において「準急」等の単一の列車種別が表記されていても、実際の列車表示において途中駅から各駅に停車するような停車パターンの場合、当該途中駅からの区間にて「各停」と表記または種別名称を無表記にして運転を行うことがある。また、時刻表において最終行先のみが表記されていても、循環路線を通るバス等の場合、始発地点から経由地までの区間と経由地から終着地点までの区間とで車両に表示される行先表示が変更されることがある。しかしながら、特許文献1に記載のナビゲーションシステムにおいては、「どんな交通機関で、どこまで行くのか」を知らせるための書籍等に記載された時刻表の形態を基本とする時刻表データは保持されているが、路線上の各区間で「どのように案内しているか」について知らせるための情報、すなわち、路線の途中で変更される種別や行先の情報は保持されていなかった。これにより、特許文献1に記載のナビゲーションシステムにおいては、区間種別や区間行先等の設定がされている路線で運行時に車両に表示される種別や行先には対応することができず、経路探索結果として携帯ナビゲーション装置に表示される情報が、実際の車両に表示されている情報と異なるという問題点を有していた。これにより、携帯ナビゲーション装置にて経路探索結果を見たユーザは、経路探索結果の電車の種別名称と実際の列車に表示されている種別名称が異なることで、不安を増幅させてしまうという問題点を有していた。
【0006】
また、特許文献1に記載のナビゲーションシステムにおいては、従来の時刻表データを優等列車(通過駅がある)区間と各駅に停車する区間に分割し、両者が直通しているという情報を与えることにより列車運用上の表記に対応することも可能であるが、分割した複数のデータをまたいだ検索には、1つの塊であるデータに対する検索よりも検索ステップが増え、検索時間が増大してしまうという問題点も有していた。これにより、特許文献1に記載のナビゲーションシステムにおいては、駅のホームなど列車に近い位置で検索することが多い携帯ナビゲーション装置のユーザが限られた時間や情報の中で目前の列車に乗ってよいかどうかを即座に判断する必要がある場合、当該ユーザに検索時間の増大による煩わしさを与えてしまうという問題点も有していた。
【0007】
本発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、実際の交通機関にて表示される種別や行先等の表示内容と一致させた当該交通機関の属性情報を保持しておくことで、交通機関の始発地点から終着地点までの間の区間で当該表示内容が変化する場合、交通機関の表示内容とユーザが閲覧する画面に表示される表示内容を一致させることができるナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
このような目的を達成するため、本発明のナビゲーションシステムは、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバ、および、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、を通信可能に接続したナビゲーションシステムであって、上記ナビゲーションサーバの上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記ナビゲーションサーバの上記制御部は、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段と、上記案内経路探索手段により探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出手段と、上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記端末装置に送信する経路案内情報送信手段と、を備え、上記端末装置の上記制御部は、上記ナビゲーションサーバから送信される上記経路案内情報を受信する経路案内情報受信手段と、上記経路案内情報受信手段により受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段と、を備えたことを特徴とする。
【0009】
また、本発明のナビゲーションシステムは、上記記載のナビゲーションシステムにおいて、上記交通機関の上記属性情報は、上記交通機関の種別を含むことを特徴とする。
【0010】
また、本発明のナビゲーションシステムは、上記記載のナビゲーションシステムにおいて、上記交通機関の上記属性情報は、上記交通機関の行先情報を含むことを特徴とする。
【0011】
また、本発明のナビゲーションシステムは、上記記載のナビゲーションシステムにおいて、上記ネットワークデータは、更に、上記停留地点における上記交通機関の発着時刻を含み、上記経路探索条件は、更に、出発時刻または到着時刻を含み、上記案内経路探索手段は、上記端末装置から送信される少なくとも上記出発地と上記目的地と上記出発時刻または上記到着時刻とを含む上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの上記経路である上記案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて、上記出発時刻または上記到着時刻に対応する上記ネットワークデータに含まれる上記発着時刻に基づき探索し、上記案内経路データを生成し、上記経路案内情報送信手段は、上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、上記案内経路上の上記交通機関の上記乗降地点である上記停留地点における上記発着時刻と、を少なくとも含む上記経路案内情報を上記端末装置に送信することを特徴とする。
【0012】
また、本発明のナビゲーションシステムは、上記記載のナビゲーションシステムにおいて、上記ネットワークデータは、更に、上記路線の名称と、上記交通機関の最終行先情報と、上記停留地点の名称と、を含み、上記経路案内情報は、更に、上記路線の名称と、上記交通機関の最終行先情報と、上記乗降地点である上記停留地点の上記名称と、を含むことを特徴とする。
【0013】
また、本発明の端末装置は、ナビゲーションサーバに通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置であって、上記制御部は、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を上記ナビゲーションサーバに送信する経路探索条件送信手段と、上記ナビゲーションサーバから送信される、上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路の案内経路データと、上記案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、上記交通機関の路線上の上記停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を受信する経路案内情報受信手段と、上記経路案内情報受信手段により受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段と、を備えたことを特徴とする。
【0014】
また、本発明のナビゲーションサーバは、出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバであって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段と、上記案内経路探索手段により探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出手段と、上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成手段と、上記表示画面を含む経路案内制御情報を上記端末装置へ送信することにより、当該端末装置の上記出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御手段と、を備えたことを特徴とする。
【0015】
また、本発明のナビゲーション装置は、出力部と制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーション装置であって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段と、上記案内経路探索手段により探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出手段と、上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段と、を備えたことを特徴とする。
【0016】
また、本発明のナビゲーション方法は、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバ、および、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、を通信可能に接続したナビゲーションシステムにおいて実行されるナビゲーション方法であって、上記ナビゲーションサーバの上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記ナビゲーションサーバの上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、上記ナビゲーションサーバの上記制御部において実行される、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、上記ナビゲーションサーバの上記制御部において実行される、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記端末装置に送信する経路案内情報送信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記ナビゲーションサーバから送信される上記経路案内情報を受信する経路案内情報受信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記経路案内情報受信ステップにて受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、を含むことを特徴とする。
【0017】
また、本発明のナビゲーション方法は、ナビゲーションサーバに通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において実行されるナビゲーション方法であって、上記制御部において実行される、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を上記ナビゲーションサーバに送信する経路探索条件送信ステップと、上記ナビゲーションサーバから送信される、上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路の案内経路データと、上記案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、上記交通機関の路線上の上記停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を受信する経路案内情報受信ステップと、上記経路案内情報受信ステップにて受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、を含むことを特徴とする。
【0018】
また、本発明のナビゲーション方法は、出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバにおいて実行されるナビゲーション方法であって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成ステップと、上記表示画面を含む経路案内制御情報を上記端末装置へ送信することにより、当該端末装置の上記出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御ステップと、を含むことを特徴とする。
【0019】
また、本発明のナビゲーション方法は、出力部と制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーション装置において実行されるナビゲーション方法であって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、を含むことを特徴とする。
【0020】
また、本発明のプログラムは、端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバに実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記端末装置に送信する経路案内情報送信ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0021】
また、本発明のプログラムは、ナビゲーションサーバに通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置に実行させるためのプログラムであって、上記制御部において、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を上記ナビゲーションサーバに送信する経路探索条件送信ステップと、上記ナビゲーションサーバから送信される、上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路の案内経路データと、上記案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、上記交通機関の路線上の上記停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を受信する経路案内情報受信ステップと、上記経路案内情報受信ステップにて受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0022】
また、本発明のプログラムは、出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバに実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成ステップと、上記表示画面を含む経路案内制御情報を上記端末装置へ送信することにより、当該端末装置の上記出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0023】
また、本発明のプログラムは、出力部と制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーション装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、を実行させることを特徴とする。
【発明の効果】
【0024】
この発明によれば、ナビゲーションサーバにて端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成し、探索された案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する属性情報を記憶部から抽出し、案内経路データと、抽出された属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置に送信し、端末装置にて、ナビゲーションサーバから送信される経路案内情報を受信し、受信された経路案内情報を出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行するので、区間毎に実際の車両に表示される情報と同様の表示画面を提示することができ、車両に表示されている情報に即した経路案内を行うことができるという効果を奏する。従って、この発明によれば、車両に表示されている内容と、ユーザが所持する端末装置に表示されている内容とが異なることで、利用者がとまどうことを回避することができるという効果を奏する。また、本発明によれば、駅で表示している案内とユーザが所持する端末装置に表示されている案内とを合わせることで、検索結果を見たときに種別や行き先が異なっている場合に、ユーザの眼前の交通機関に乗っていいかどうか分からない時に生じる不安を解消することができるという効果を奏する。また、本発明によれば、ナビゲーションサーバにて交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶しているので、属性情報に基づいて区間ごとにネットワークデータを分割して経路探索をする必要が無く、運行会社の都合に左右されず、経路探索の負荷をかけないで車両に表示されている情報に即した経路案内を行うことができるという効果を奏する。
【0025】
この発明によれば、交通機関の属性情報は、交通機関の種別を含むので、路線の途中から急行や準急等から各駅停車等へ変更されて運行される交通機関において、車両に設置された行先表示器等の種別表示も運用上急行や準急等から各駅停車等に変更される場合にも、変更前後の種別をユーザに案内することができるという効果を奏する。
【0026】
この発明によれば、交通機関の属性情報は、交通機関の行先情報を含むので、始発地点と終着地点が同一の循環路線において、車両に設置された行先表示器等の行先表示が運用上最終行先と経由地との間で変更される場合にも、変更前後の行先をユーザに案内することができるという効果を奏する。
【0027】
この発明によれば、ネットワークデータは、更に、停留地点における交通機関の発着時刻を含み、経路探索条件は、更に、出発時刻または到着時刻を含み、端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータを用いて、出発時刻または到着時刻に対応するネットワークデータに含まれる発着時刻に基づき探索し、案内経路データを生成し、案内経路データと、抽出された属性情報と、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置に送信するので、ユーザのスケジュールに即した経路案内をおこなうことができるという効果を奏する。
【0028】
この発明によれば、ネットワークデータは、更に、路線の名称と、交通機関の最終行先情報と、停留地点の名称と、を含み、経路案内情報は、更に、路線の名称と、交通機関の最終行先情報と、乗降地点である停留地点の名称と、を含むので、表示画面にこれらの情報を表示することで、ユーザが駅等の発車標を見て自分の乗車車両の場所等を探す場合に、乗車する電車やバス等の特定を容易にさせるという効果を奏する。
【0029】
なお、上記において、本発明のナビゲーションシステムを一例に効果の説明をしたが、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムにおいても同様の効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0030】
【図1】図1は、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの概略構成の一例を示す概念図である。
【図2】図2は、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの構成の一例を示すブロック図である。
【図3】図3は、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの処理の一例を示すフローチャートである。
【図4】図4は、本実施形態における電車の経路の一例を示す図である。
【図5】図5は、本実施形態における電車の時刻表データの一例を示す図である。
【図6】図6は、本実施形態におけるバスの経路の一例を示す図である。
【図7】図7は、本実施形態におけるバスの時刻表データの一例を示す図である。
【図8】図8は、本実施形態における表示画面の一例を示す図である。
【図9】図9は、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバの構成の一例を示すブロック図である。
【図10】図10は、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバの処理の一例を示すフローチャートである。
【図11】図11は、第3の実施形態におけるナビゲーション装置の構成の一例を示すブロック図である。
【図12】図12は、第3の実施形態におけるナビゲーション装置の処理の一例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0031】
以下に、本発明にかかるナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムの実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、この実施の形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0032】
以下、本発明の構成および処理について、第1の実施形態(ナビゲーションシステム)、第2の実施形態(ナビゲーションサーバ(サーバ主導型))、第3の実施形態(ナビゲーション装置(スタンドアローン型))の順にて詳細に説明する。
【0033】
[第1の実施形態]
最初に、本発明の第1の実施形態(ナビゲーションシステム)について、図1から図8を参照して以下に説明する。
【0034】
[ナビゲーションシステムの構成]
まず、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの構成の一例について、図1および図2を参照して以下に説明する。ここで、図1は、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの概略構成の一例を示す概念図である。図2は、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。
【0035】
図1に示すように、第1の実施形態のナビゲーションシステムは、概略的に、経路探索等を行うナビゲーションサーバ200、および、単数または複数の経路案内アプリケーションや乗換案内アプリケーション等を搭載した端末装置100、を通信可能に接続して構成される。ここで、図1に示すように、通信には、一例として、ネットワーク300を介した有線・無線通信等の遠隔通信等を含む。また、これらナビゲーションシステムの各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されている。また、第2の実施形態においても図1におけるシステム構成と同様に構成されてもよい。
【0036】
そして、図2に示すように、第1の実施形態のナビゲーションシステムにおいて、ナビゲーションサーバ200は、概略的に、制御部202と記憶部206とを少なくとも備えており、端末装置100は、位置取得部112と出力部(表示部114および音声出力部118)と入力部116と制御部102と記憶部106とを少なくとも備える。
【0037】
[ナビゲーションサーバ200の構成]
ここで、図2において、端末装置100から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成し、探索された案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報を記憶部206から抽出し、案内経路データと、属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置100に送信する等の機能を有する。ナビゲーションサーバ200は、通信制御インターフェース部204を介してネットワーク300を経由し、端末装置100と相互に通信可能に接続されており、制御部202と記憶部206とを備える。制御部202は、各種処理を行う制御手段である。通信制御インターフェース部204は、通信回線や電話回線等に接続されるアンテナやルータ等の通信装置(図示せず)に接続されるインターフェースであり、ナビゲーションサーバ200とネットワーク300との間における通信制御を行う機能を有する。すなわち、通信制御インターフェース部204は、端末装置100等と通信回線を介してデータを通信する機能を有している。記憶部206は、HD(Hard Disk)等の固定ディスク装置およびSSD(Solid State Drive)等のストレージ手段であり、各種のデータベースやテーブル(ネットワークデータベース206a、地図データベース206b、および、案内データベース206c等)を格納する。
【0038】
これら記憶部206の各構成要素のうち、ネットワークデータベース206aは、交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段である。ここで、ネットワークデータベース206aに記憶される交通機関の属性情報は、交通機関の種別を含んでいてもよい。また、ネットワークデータベース206aに記憶される交通機関の属性情報は、交通機関の行先情報を含んでいてもよい。また、ネットワークデータベース206aに記憶されるネットワークデータは、更に、交通機関の路線上の停留地点における交通機関の発着時刻を含んでいてもよい。また、ネットワークデータベース206aに記憶されるネットワークデータは、更に、交通機関の路線の名称と、交通機関の最終行先情報と、交通機関の路線上の停留地点の名称と、を含んでいてもよい。また、ネットワークデータベース206aに記憶されるネットワークデータは、道路ネットワークデータ、路線網ネットワークデータ、および、施設内ネットワークデータを含んでいてもよい。これらネットワークデータは、ネットワークデータベース206aに予め記憶されており、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、定期的にネットワーク300を介して最新のデータを外部機器(例えば、地図データを提供する地図提供サーバなど)等からダウンロードしてネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータをアップデートしてもよい。
【0039】
ここで、ネットワークデータベース206aに記憶される道路ネットワークデータは、道路網を規定するネットワークデータであり、例えば、交差点等の道路網表現上の結節点であるノードのノードデータと、ノード間の道路区間であるリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータである。ここで、ノードデータには、ノード番号(例えば、ノードID等)、ノードの名称、緯度経度高度等の位置座標、ノード種別、接続するリンク本数、接続ノード番号、および、交差点名称等の情報を含んでいてもよい。また、リンクデータには、リンク番号(例えば、リンクID等)、開始ノードID、終了ノードID、道路の種別、国道や県道や市道等の路線番号、重用する路線情報、リンクの存在する行政区域の属性情報、リンク長(例えば、距離等)、道路供用状況、異常気象時通行規制区間、車重制限、車両高さ制限、幅員、道路幅員区分、レーン情報(例えば、車線数、ならびに、専用通行帯、路線バス等優先通行帯、車両通行区分、および、進行方向別通行区分などについての車両通行帯情報等)、制限速度、高架やトンネルや橋等のリンク内属性、および、名称等の情報を含んでいてもよい。また、道路ネットワークデータは、利用料金データ等を含んでいてもよい。ここで、利用料金データは、自動車、オートバイ等で移動する場合に消費する燃料料金、高速自動車国道や自動車専用道路等の有料道路の通行料金等を表す情報等であってもよい。また、道路ネットワークデータは、自動車、オートバイ、自転車、徒歩等で移動する場合の経路上に存在する施設等の緯度経度情報などの位置情報等を記憶してもよい。また、道路ネットワークデータは、道路交通情報を含んでいてもよい。ここで、道路交通情報は、渋滞発生地点や渋滞距離や道路上の二地点間の通過時間(すなわち、旅行時間など)等の渋滞情報を含んでいてもよい。また、道路交通情報は、交通障害情報や交通規制情報等を含んでいてもよい。ここで、交通規制情報は、各種の交通規制を定義するデータであり、例えば、降水量規制、積雪・凍結規制、超波規制、風速規制、および、視程規制等の異常気象時通行規制、高さ規制、および、重量規制等の車両通行規制、道路工事や作業、道路周辺の工事に伴う工事時規制、ならびに、時間帯や車種により通行できる通行帯を規制している通行帯規制、道路の損壊等による車両通行止、交通の安全を確保するために設置されるコミュニティ・ゾーン等による一般車の進入禁止、ならびに、私有地への接続路であることによる一般車の進入禁止等の情報などを含んでもよい。これら道路交通情報は、ネットワークデータベース206aに予め記憶されており、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、定期的(例えば、5分毎等)にネットワーク300を介して最新のデータを外部システム(例えば、VICS(Vehicle Information and Communication System)、ATIS(Advanced Traffic Information Service)、日本道路交通情報センター(JARTIC)など)等からダウンロードしてネットワークデータベース206aに記憶された道路交通情報をアップデートしてもよい。
【0040】
また、ネットワークデータベース206aに記憶される路線網ネットワークデータは、電車、飛行機、バス、市電、ロープウェイ、モノレール、ケーブルカー、および、船等の各交通機関(例えば、公共交通機関等)の路線網を規定するネットワークデータであり、例えば、路線網表現上の結節点であるノード(例えば、交通機関の停留地点である駅、停留場、停車場、停留所、空港、港、ターミナル等)のノードデータと、ノード間を接続する鉄道路線、航空路線、航路、および、バス路線等のリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータである。ここで、ノードデータには、ノード番号(例えば、ノードID等)、ノードの名称(例えば、交通機関の停留地点の名称である駅名、停留場名、停車場名、停留所名、空港名、港名、ターミナルの名称等)、緯度経度高度などの位置座標等の情報を含んでいてもよい。また、リンクデータには、リンク番号(例えば、リンクID等)、開始ノードID、終了ノードID、種別、リンク長(例えば、距離等)、高架やトンネルや橋等のリンク内属性、および、名称(例えば、路線名など)等の情報を含んでいてもよい。また、路線網ネットワークデータは、交通機関の時刻表データ、利用料金データ、および、乗車位置データ等を含んでいてもよい。ここで、時刻表データは、電車、飛行機、バス、市電、ロープウェイ、モノレール、ケーブルカー、および、船等の各交通機関の時刻表を表す情報であって、交通機関の行先情報(例えば、最終行先情報など)、交通機関の種別(例えば、特急、急行、準急、快速、快速急行、通勤特急、通勤快速、通勤急行、区間急行、区間準急、区間快速、各駅停車、普通など)、路線上のノード(すなわち、交通機関の停留地点)における交通機関の発着時刻(例えば、発車時刻および到着時刻など)、交通機関の路線の名称、および、交通機関の路線上のノード(すなわち、交通機関の停留地点)の名称等の属性情報を含む情報であってもよい。また、路線網ネットワークデータに含まれる時刻表データは、交通機関の路線上のノードを結ぶ区間(例えば、一つまたは複数のリンク等)毎に対応付けられた交通機関の属性情報(例えば、種別、行先情報等)を含んでいてもよい。また、利用料金データは、例えば、電車、飛行機、バス、市電、ロープウェイ、モノレール、ケーブルカー、および、船等の各交通機関を利用した場合に生じる利用料金等を表す情報等であってもよい。また、乗車位置データは、例えば、電車、市電、モノレール、ならびに、ケーブルカー等の複数の車両が連結した交通機関の乗車位置(一例として、改札口に近い車両、乗換に便利な位置の車両、混雑率の低い車両、および、女性専用車両等)を表す情報等であってもよい。また、路線網ネットワークデータは、鉄道運行情報、航空運行情報、船舶運行情報、バス運行情報等を含んでいてもよい。これら鉄道運行情報、航空運行情報、船舶運行情報、バス運行情報等は、ネットワークデータベース206aに予め記憶されており、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、定期的にネットワーク300を介して最新のデータを外部システム等からダウンロードしてネットワークデータベース206aに記憶された鉄道運行情報、航空運行情報、船舶運行情報、バス運行情報等をアップデートしてもよい。
【0041】
また、ネットワークデータベース206aに記憶される施設内ネットワークデータは、施設内の経路網を規定するネットワークデータであり、例えば、建造物内の店舗、会社、事務所、トイレ等の出入口、エレベータおよびエスカレータの乗降口、階段の出入口、飛行機等の搭乗口、駅のプラットホーム上の電車等の乗車位置、ならびに、駅の改札口等の、通路等を接続する結節点であるノードのノードデータと、ノード間を接続する通路、階段、動く歩道、エスカレータ、および、エレベータ等であるリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータである。ここで、ノードデータには、ノード番号(例えば、ノードID等)、緯度経度高度等の位置座標、ノード種別(例えば、出入口、乗降口、通路の曲がり角、および、通路の分岐点等)、接続するリンク本数、ならびに、接続ノード番号等の情報を含んでいてもよい。また、リンクデータには、リンク番号(例えば、リンクID等)、開始ノードID、終了ノードID、リンク長、幅員、ならびに、リンク種別(例えば、ノード間を接続する通路、階段、スロープ、エスカレータ、エレベータ、および、動く歩道など)の情報を含んでいてもよい。ここで、施設とは、駅、オフィスビル、ホテル、デパート、スーパーマーケット、博物館、美術館、学校、水族館、地下通路、立体駐車場、地下駐車場、および、地下街等の屋内建造物、ならびに、公園、遊園地、キャンプ場、連絡通路、屋外駐車場、および、動物園等の屋外建造物であってもよい。
【0042】
また、地図データベース206bは、地図の地図データを記憶する地図データ記憶手段である。ここで、地図データベース206bに記憶される地図データは、本発明において、例えば、縮尺に従ってメッシュ化された地図データ(例えば、JIS規格の第1〜3次地域区画メッシュデータ、および、100mメッシュデータ等)等の屋外地図データであってもよい。また、地図データベース206bは、全国および各地方の道路地図や路線図等の屋外地図データを記憶してもよい。また、地図データベース206bは、例えば、高さ情報を持つ建築物(例えば、立体駐車場、駅、デパート、および、学校等)に関するフロア案内地図等の屋内地図データをさらに記憶してもよい。また、地図データベース206bに記憶される地図データは、地図上に表示される地物(例えば、ビルや住宅や駅等の建造物、道路、線路、橋、トンネル、等高線、海岸線や湖岸線等の水涯線、海、河川、湖、池、沼、公園や屋外施設等の場地、行政界、行政区域、および、街区等)の形状についての形状データ、地図上に表示される注記(例えば、地名、住所、電話番号、店や公園や駅等の施設名称、名所や旧跡や河川や湖や湾や山や森林等の俗称を含む名称、道路や橋やトンネル等の名称、路線名称、地点情報、および、口コミ情報等)の注記データ、ならびに、地図上に表示される記号(例えば、山や史跡や寺社や学校や病院や工場や墓地等の地図記号、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアやスーパーマーケットやレストランや銀行や郵便局等の店舗記号、道路上の信号や有料道路の出入口や料金所やサービスエリアやパーキングエリアやインターチェンジ等の記号、駐車場や駅やホテルや美術館や博物館等の施設記号、および、口コミ地点記号等)の記号データ等のデータを含んでいてもよい。また、屋外地図データや屋内地図データは、ラスタ形式、ベクタ形式等の地図描画用の画像データであってもよい。これら屋外地図データや屋内地図データは、地図データベース206bに予め記憶されており、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、定期的にネットワーク300を介して最新のデータを外部機器等からダウンロードして地図データベース206bに記憶された屋外地図データおよび屋内地図データをアップデートしてもよい。
【0043】
また、案内データベース206cは、案内データ(音声案内データや表示案内データ等)を記憶する案内データ記憶手段である。ここで、案内データベース206cに記憶された表示案内データは、案内経路上の分岐点等における進行方向等に対応付けられた、右左折等の誘導を画面に表示する矢印ナビゲーションであるターンバイターン(TBT)や、現在位置が目標物に近づいた旨を知らせる文字データ等であり、例えば、端末装置100の制御部102が表示案内を実行する際に用いられる。また、案内データベース206cに記憶された音声案内データは、案内経路上の分岐点等における進行方向等に対応付けられた「次の交差点を左に曲がります」や、現在位置が目的地に近づいた場合に対応付けられた「まもなく目的地周辺です」等の音声データであり、例えば、端末装置100の制御部102が音声案内を実行する際に用いられる。
【0044】
また、制御部202は、OS(Operating System)等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部202は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部202は、機能概念的に、経路探索条件受信部202a、案内経路探索部202b、属性情報抽出部202c、および、経路案内情報送信部202dを備える。
【0045】
このうち、経路探索条件受信部202aは、端末装置100から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を受信する経路探索条件受信手段である。ここで、経路探索条件は、更に、出発時刻または到着時刻を含んでいてもよい。ここで、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地等を含んでいてもよい。また、経路探索条件は、更に、経由時刻を含んでいてもよい。
【0046】
また、案内経路探索部202bは、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段である。ここで、案内経路探索部202bは、少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを用いて、出発時刻または到着時刻に対応するネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索し、案内経路データを生成してもよい。また、経路探索条件は、端末装置100の利用者により入力部116を介して入力されたものであってもよい。また、経路探索条件に経由地が更に含まれている場合、案内経路探索部202bは、経由地を経由した案内経路を探索してもよい。また、経路探索条件に経由地および経由時刻が更に含まれている場合、案内経路探索部202bは、経由地を経由した案内経路を経由時刻に対応する、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索してもよい。
【0047】
また、属性情報抽出部202cは、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報をネットワークデータベース206aから抽出する属性情報抽出手段である。
【0048】
また、経路案内情報送信部202dは、案内経路データと、属性情報抽出部202cにより抽出された交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置100に送信する経路案内情報送信手段である。ここで、経路案内情報送信部202dは、案内経路データと、属性情報抽出部202cにより抽出された交通機関の属性情報と、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置100に送信してもよい。経路案内情報は、更に、路線の名称と、交通機関の最終行先情報と、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称と、を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、地図データベース206bに記憶された、案内経路を含む地図の地図データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、案内データベース206cに記憶された、案内経路上において出力される案内データ(表示案内データおよび音声案内データ等)を含んでいてもよい。
【0049】
[端末装置100の構成]
また、図2において、端末装置100は、ナビゲーションサーバ200から送信される経路案内情報を受信し、経路案内情報を出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する等の機能を有する。端末装置100は、例えば、一般に市販されるデスクトップ型またはノート型のパーソナルコンピュータ等の情報処理装置、携帯電話やPHSやPDA等の携帯端末装置、および、走行経路案内等を行なうナビゲーション端末等である。ここで、端末装置100は、インターネットブラウザ等を搭載していてもよく、経路案内アプリケーションや乗換案内アプリケーション等を搭載していてもよい。また、端末装置100は、リアルタイムに現在位置取得が行えるよう、GPS機能やIMES機能等を有する位置取得部112を備えている。また、端末装置100は、少なくとも表示部114と音声出力部118とを少なくとも含む出力部を備えている。ここで、表示部114は、表示案内データ等の表示画面を表示する表示手段(例えば、液晶や有機EL等から構成されるディスプレイやモニタ等)である。また、音声出力部118は、ナビゲーションサーバ200から受信した音声案内データ等を音声として出力する音声出力手段(例えば、スピーカ等)である。また、端末装置100は、経路探索条件の入力等を行う入力部116(例えば、キー入力部、タッチパネル、キーボード、マイク等)を備えている。また、入出力制御インターフェース部108は、位置取得部112、表示部114、入力部116、および、音声出力部118等の制御を行う。
【0050】
ここで、位置取得部112は、例えば、位置発信装置500から発信される位置情報信号を受信する位置取得手段であってもよい。ここで、位置発信装置500は、位置情報信号(GPS信号)を発信するGPS装置であってもよく、また、GPS信号と類似した特徴を持つ位置情報信号を用いて屋内測位を可能とするIMES(Indoor Message System)技術を実現するIMES装置であってもよい。なお、IMES技術は測位衛星システムである準天頂衛星の枠組みから発案されたシステムである。また、位置発信装置500は、屋外で受信したGPS信号を屋内で発信するGPSリピータであってもよい。また、位置発信装置500は、建物(例えば、立体駐車場等)内の各フロアや地下構造物(例えば、トンネル、地下駐車場等)の各所に任意に設置される小型発信装置であってもよい。なお、この小型発信装置には、設置場所に応じた自己位置情報(位置ID等)が割り振られている。そして、端末装置100が通信可能範囲に入ると、端末装置100は、小型発信装置から送信される自己位置情報を位置情報信号として受信する。この際の通信方式は、例えば、RFID(Radio Frequency Identification)タグシステムやBluetooth(登録商標)等の各種近距離無線方式や、赤外線通信方式等であってもよい。また、位置発信装置500は、無線LANのアクセスポイントであってもよい。本実施形態において、位置取得部112は、無線LAN信号等を受信して、アクセスポイントの識別情報を取得してもよい。そして、制御部102は、位置取得部112にて取得したアクセスポイント固有の識別情報からアクセスポイントの位置を特定して位置情報を取得してもよい。また、本実施形態において、制御部102は、位置取得部112にて取得された位置情報信号から、緯度、経度、および、高さ情報を含む位置情報を算出してもよい。
【0051】
また、位置取得部112は、例えば、方位センサにて検出した端末装置100の進行方向等の方位情報、および、距離センサにて検出した距離情報を取得してもよい。ここで、方位センサには、端末装置100の絶対走行方位を検出する地磁気センサおよび端末装置100の相対走行方位を検出する光ジャイロが使用されてもよい。また、方位センサは、地磁気センサと加速度センサを組み合わせることで方位や傾きに関する情報を取得できる電子コンパスであってもよい。
【0052】
また、通信制御インターフェース部104は、通信回線や電話回線等に接続されるアンテナやルータ等の通信装置(図示せず)に接続されるインターフェースであり、端末装置100とネットワーク300との間における通信制御を行う機能を有する。すなわち、通信制御インターフェース部104は、ナビゲーションサーバ200等と通信回線を介してデータを通信する機能を有している。また、ネットワーク300は、端末装置100、ナビゲーションサーバ200、および、外部の地図提供サーバ等の外部機器や外部システムとを相互に接続する機能を有し、例えば、インターネット、電話回線網(携帯端末回線網および一般電話回線網等)、イントラネット、または、電力線通信(PLC)等であってもよい。
【0053】
また、記憶部106は、HDやSSD等の大容量のストレージ手段、および/または、SRAM(Static Random Access Memory)等を用いて構成される小容量高速メモリ(例えば、キャッシュメモリ)等のストレージ手段であり、各種のデータベースやファイルやテーブル(経路案内情報ファイル106a等)を格納してもよい。ここで、記憶部106は、各種のファイル等を一時的に記憶するものであってもよい。
【0054】
このうち、経路案内情報ファイル106aは、経路案内情報を記憶する経路案内情報記憶手段である。
【0055】
また、制御部102は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部102は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部102は、機能概念的に、現在位置情報取得部102a、経路探索条件送信部102b、経路案内情報受信部102c、および、経路案内部102dを備える。
【0056】
また、現在位置情報取得部102aは、端末装置100の利用者の現在位置情報を取得する現在位置情報取得手段である。ここで、現在位置情報取得部102aは、端末装置100の利用者の現在位置情報を所定時間(所定周期)ごと(例えば、1秒ごと、3分ごと等)に取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号から算出した位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、更に、位置取得部112の方位センサ等にて検出した端末装置100の進行方向等の方位情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、利用者により入力部116を介して入力された現在位置についての位置座標等の位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。ここで、利用者により入力部116を介して入力された現在位置は、利用者が現実に存在する位置であってもよく、利用者により任意に選択された仮想の現在位置(一例として、東京にいる利用者により選択された大阪の駅や空港等の任意の地点)であってもよい。例えば、現在位置情報取得部102aは、入力部116を介して利用者に表示部114に表示された地図データの表示画面上で指定(例えば、タッチパネル式の表示部114での指定操作等)させた座標を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、更に、入力部116を介して利用者に表示部114に表示された地図データの表示画面上で指定させた方位情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0057】
また、経路探索条件送信部102bは、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件をナビゲーションサーバ200へ送信する経路探索条件送信手段である。ここで、出発地は、現在位置情報取得部102aにより取得される現在位置情報に基づく端末装置100の利用者の現在位置であってもよい。
【0058】
また、経路案内情報受信部102cは、ナビゲーションサーバ200から送信される経路案内情報を受信する経路案内情報受信手段である。ここで、経路案内情報受信部102cは、更に、受信した経路案内情報を経路案内情報ファイル106aに格納してもよい。ここで、経路案内情報受信部102cは、経路案内情報ファイル106aに既存の経路案内情報が記憶されている場合、新たに設定された経路案内情報を、既存の経路案内情報に上書きして格納してもよい。
【0059】
また、経路案内部102dは、経路案内情報を出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段である。ここで、経路案内部102dは、経路案内情報に基づく表示画面を表示部114に表示させてもよい。例えば、経路案内部102dは、経路案内情報に含まれる案内経路データ、経路案内情報に含まれる案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報(例えば、交通機関の種別、交通機関の行先情報等)、経路案内情報に含まれる地図データ、経路案内情報に含まれる案内データに含まれるTBT等の表示案内データ、経路案内情報に含まれる案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻、経路案内情報に含まれる路線の名称、経路案内情報に含まれる交通機関の最終行先情報、および/または、経路案内情報に含まれる案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称に基づく表示画面を表示部114に表示させてもよい。また、経路案内部102dは、更に、端末装置100の利用者の現在位置情報を出力部を介して出力させてもよい。例えば、経路案内部102dは、経路案内情報に含まれる地図データ上に、経路案内情報に含まれる案内経路データ、および、端末装置100の利用者の現在位置情報、を重畳した表示画面を表示部114に表示させてもよい。また、経路案内部102dは、経路案内情報を音声出力部118を介して出力させてもよい。例えば、経路案内部102dは、経路案内情報に含まれる案内経路上の分岐点等における進行方向等に対応付けられた音声案内データを、音声出力部118を介して出力させてもよい。
【0060】
以上で、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの構成の一例の説明を終える。
【0061】
[ナビゲーションシステムの処理]
次に、このように構成された第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの処理の一例について、以下に図3から図8を参照して詳細に説明する。図3は、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの処理の一例を示すフローチャートである。
【0062】
図3に示すように、まず、端末装置100の経路探索条件送信部102bは、利用者により入力部116を介して入力された少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件をナビゲーションサーバ200へ送信する(ステップSA−1)。ここで、出発地は、現在位置情報取得部102aにより取得される現在位置情報に基づく端末装置100の利用者の現在位置であってもよい。また、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地等を含んでいてもよい。また、経路探索条件は、更に、経由時刻を含んでいてもよい。
【0063】
そして、ナビゲーションサーバ200の経路探索条件受信部202aは、端末装置100から送信される少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を受信する(ステップSA−2)。
【0064】
そして、ナビゲーションサーバ200の案内経路探索部202bは、経路探索条件受信部202aにより受信された少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを用いて、出発時刻または到着時刻に対応するネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索し、案内経路データを生成する(ステップSA−3)。ここで、経路探索条件に経由地が更に含まれている場合、案内経路探索部202bは、経由地を経由した案内経路を探索してもよい。また、経路探索条件に経由地および経由時刻が更に含まれている場合、案内経路探索部202bは、経由地を経由した案内経路を経由時刻に対応する、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索してもよい。
【0065】
そして、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、案内経路探索部202bにより探索された案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間があるか否かを判定する(ステップSA−4)。
【0066】
そして、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、ステップSA−4にて案内経路探索部202bにより探索された案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間がないと判定した場合(ステップSA−4:No)、処理を後述するステップSA−6へ移行させる。
【0067】
一方、ナビゲーションサーバ200の属性情報抽出部202cは、ステップSA−4にて制御部202により案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間があると判定された場合(ステップSA−4:Yes)、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた交通機関の属性情報をネットワークデータベース206aに記憶された時刻表データから抽出する(ステップSA−5)。ここで、属性情報は、交通機関の種別、および、交通機関の行先情報等の情報であってもよい。
【0068】
ここで、図4から図7を参照して、従来の時刻表データと、ネットワークデータベース206aに記憶された本願発明の時刻表データと、の差異の一例について説明する。図4は、本実施形態における電車の経路の一例を示す図である。図5は、本実施形態における電車の時刻表データの一例を示す図である。図6は、本実施形態におけるバスの経路の一例を示す図である。図7は、本実施形態におけるバスの時刻表データの一例を示す図である。
【0069】
まず、図4に示すように、「A袋」発「Q沢」行のZZ線の準急が、準急として運行される「A袋」から「J公園」までの区間を「準急」として、「J公園」から「Q沢」までの区間を「各停」として、電車に設置された方向幕(例えば、行先表示器等)に表示して運行されている場合、本願発明の電車の時刻表データにおいては、図5左図に示す従来の時刻表データに含まれる路線を分類するための形式的な種別(すなわち、実際の列車運行時の区間毎の表示に対応した種別ではなく、始発時の「準急」という種別)、最終行先情報、路線上の駅の名称、および、電車の発着時刻に加えて、図5右図に示すように、当該準急の停車駅を結ぶ区間毎に対応付けられた電車の種別(すなわち、実際の列車運行時の区間毎の表示に対応した、「A袋」から「J公園」までの各区間は「準急」、および、「J公園」から「Q沢」までの各区間は「各停」、という「区間種別」)および当該区間毎に対応付けられた電車の行先情報(すなわち、「区間行先」)を更に含んで構成されている。これにより、従来の時刻表データを用いた経路案内では、「J公園」より先の区間でも種別を「準急」と表示案内することしかできなかったが、本願発明の時刻表データを用いた経路案内では、「J公園」より先の区間を乗降地点として案内する場合に、種別を「各停」という実際の列車運行上の表示に対応させた表示案内することができる。
【0070】
また、図4に示すような列車の運行区間、すなわち、始発地点から終着地点までの間で電車に設置された行先表示器等に表示される列車種別等の属性情報が変更される運行区間において、従来の時刻表データを用いて列車運行上の表示に対応させた経路案内等を行う場合、通過駅のある優等列車区間と各駅停車区間に電車の時刻表を分割し、両者が直通しているという情報を与えることにより、列車運行上の表示に対応させた属性情報等を取得するという方策を採る事も可能だが、本願発明の時刻表データのように簡潔にデータ管理するほうが、データアクセスにかかる処理時間等を節約できる点で優れている。
【0071】
次に、図6に示すように、「A上水駅」を出発して「F団地」を経由して「A上水駅」に戻ってくる巡回バスが、「A上水駅」から「団地入口」までの区間の行先を「F団地」として、「団地入口」から「A上水駅」までの区間の行先を「A上水駅」として、バスに設置された方向幕(例えば、行先表示器等)に表示して運行している場合、本願発明のバスの時刻表データにおいては、図7左図に示す従来の時刻表データに含まれる路線を分類するための形式的な行先情報(すなわち、最終行先情報)、種別、路線上のバス停の名称、および、バスの発着時刻に加えて、図7右図に示すように、当該バスのバス停を結ぶ区間毎に対応付けられたバスの行先情報(すなわち、「A上水駅」から「団地入口」までの区間は「F団地」、「団地入口」から「A上水駅」までの区間は「A上水駅」という「区間行先」の情報)および当該区間毎に対応付けられたバスの種別(すなわち、「区間種別」)を更に含んで構成されている。これにより、従来の時刻表データを用いた経路案内では、「団地入口」より手前の区間でも行先を最終行先の「A上水駅」と表示案内することしかできなかったが、本願発明の時刻表データを用いた経路案内では、「団地入口」より手前の区間を乗車地点として案内する場合、行先を「F団地」として実際のバス運行上の表示に対応させた表示案内をすることができる。
【0072】
図3に戻り、ナビゲーションサーバ200の経路案内情報送信部202dは、案内経路探索部202bにより生成された案内経路データと、属性情報抽出部202cにより抽出された交通機関の属性情報と、経路探索条件受信部202aにより受信された経路探索条件に含まれる出発時刻または到着時刻に対応する、案内経路探索部202bにより探索された案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置100に送信する(ステップSA−6)。また、経路案内情報送信部202dは、ステップSA−4にて制御部202により案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間がないと判定された場合(ステップSA−4:No)、案内経路探索部202bにより生成された案内経路データと、経路探索条件受信部202aにより受信された経路探索条件に含まれる出発時刻または到着時刻に対応する、案内経路探索部202bにより探索された案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報を端末装置100に送信する。ここで、経路案内情報は、更に、路線の名称と、交通機関の最終行先情報と、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称と、を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、地図データベース206bに記憶された、案内経路を含む地図の地図データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、案内データベース206cに記憶された、案内経路上において出力される案内データ(表示案内データおよび音声案内データ等)を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、経路探索条件受信部202aにより受信された経路探索条件に含まれる経由時刻に対応する、案内経路探索部202bにより探索された案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻を含んでいてもよい。
【0073】
そして、端末装置100の経路案内情報受信部102cは、ナビゲーションサーバ200から送信される経路案内情報を受信して、経路案内情報ファイル106aに格納する(ステップSA−7)。
【0074】
そして、端末装置100の経路案内部102dは、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路データ、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報(例えば、交通機関の種別、交通機関の行先情報等)、および、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻に基づく表示画面を表示部114に表示させることにより、経路案内を実行する(ステップSA−8)。ここで、経路案内部102dは、更に、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる路線の名称、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる交通機関の最終行先情報、および/または、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称に基づく表示画面を表示部114に表示させてもよい。また、経路案内部102dは、利用者により入力部116を介して経路案内開始指示が入力された場合、経路案内の実行処理を開始してもよい。例えば、経路案内部102dは、利用者により入力部116を介して経路案内開始指示が入力された場合、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる地図データ上に、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路データ、および/または、現在位置情報取得部102aにより所定周期ごとに取得された端末装置100の利用者の現在位置情報、を重畳した表示画面を表示部114に表示させることにより、経路案内を実行してもよい。また、経路案内部102dは、更に、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路上のガイダンスポイント(分岐点等)における進行方向等に対応付けられたTBT等の表示案内データの表示画面を表示部114に表示させてもよい。また、経路案内部102dは、経路案内情報を音声出力部118を介して出力させてもよい。例えば、経路案内部102dは、利用者により入力部116を介して音声案内開始指示が入力された場合、経路案内情報ファイル106aに記憶された経路案内情報に含まれる案内経路上のガイダンスポイントにおける進行方向等に対応付けられた音声案内データを、音声出力部118を介して出力させてもよい。なお、経路案内部102dによる表示ナビゲーションや音声ナビゲーションの実行処理は、表示ナビゲーションや音声ナビゲーションの開始後、端末装置100が目的地や経由地やガイダンスポイント等に到達するまで、継続して、および/または、繰り返し行ってもよい。
【0075】
ここで、図4、図5、および、図8を参照して、本実施形態における表示画面の一例について説明する。図8は、本実施形態における表示画面の一例を示す図である。
【0076】
図4に示す路線(ZZ線)上で、図5左図に示す従来の時刻表データに基づく経路案内情報を用いて経路案内が実行された場合、図8左図に示す端末装置100の表示部114には、当該時刻表データに路線を分類するための形式的な種別(すなわち、実際の列車運行時の区間毎の表示に対応した種別ではなく、始発時の「準急」という種別)しか含まれていないため、図4に示す「各停区間」に乗車地点が存在するとしても、図4に示す「準急区間」に乗車地点が存在する際と同様に、実際の列車運行時に車両(例えば、行先表示器等)に表示される種別と無関係に、列車の種別が「準急」として表示されてしまう(図8左下図)。
【0077】
一方、図4に示す路線(ZZ線)上で、図5右図に示す本願発明の時刻表データに基づく経路案内情報を用いて経路案内が実行された場合、図8右図に示す端末装置100の表示部114には、当該時刻表データに路線上の停車駅を結ぶ区間毎に対応付けられた電車の種別(区間種別)を含んでいるため、実際の列車運行時に車両(例えば、行先表示器等)に表示される種別と同様に、図4に示す「準急区間」に乗車地点が存在する際、列車の種別が「準急」として表示され(図8右上図)、図4に示す「各停区間」に乗車地点が存在する際、列車の種別が「各停」として表示される(図8右下図)。
【0078】
以上で、第1の実施形態におけるナビゲーションシステムの処理の一例の説明を終える。
【0079】
[第2の実施形態]
続いて、本発明の第2の実施形態(ナビゲーションサーバ200(サーバ主導型))について、図9および図10を参照して以下に説明する。ここで、図9は、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバ200の構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。また、図10は、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバの処理の一例を示すフローチャートである。
【0080】
なお、第2の実施形態においては、ナビゲーションサーバ200にて端末装置100の表示部114に表示させるデータを生成し、これらのデータを端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の出力部を機能させている。このように、第2の実施形態は、ナビゲーションサーバ200にてサーバ主導で処理を行う点がその他の実施形態と異なる。
【0081】
[ナビゲーションサーバ200(サーバ主導型)の構成]
まず、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバ200(サーバ主導型)の構成の一例について、図9を参照して以下に説明する。
【0082】
図9に示すように、本発明の第2の実施形態のナビゲーションサーバ200は、位置取得部112と出力部(表示部114および音声出力部118)と入力部116と制御部102とを少なくとも備えた端末装置100に通信可能に接続された、制御部202と記憶部206とを少なくとも備える。通信には、一例として、ネットワーク300を介した有線・無線通信等の遠隔通信等を含む。また、これらナビゲーションサーバ200および端末装置100の各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されている。
【0083】
図9において、ナビゲーションサーバ200は、端末装置100から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成し、探索された案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する属性情報を記憶部206から抽出し、案内経路データと、属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成し、表示画面を含む経路案内制御情報を端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる等の機能を有する。
【0084】
なお、ナビゲーションサーバ200における通信制御インターフェース部204および記憶部206(ネットワークデータベース206a、地図データベース206b、および、案内データベース206c等)の機能、また、端末装置100における位置取得部112、表示部114、入力部116、および、音声出力部118の機能は、第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0085】
また、図9において、制御部202は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部202は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部202は、機能概念的に、経路探索条件受信部202a、案内経路探索部202b、属性情報抽出部202c、現在位置情報取得部202e、経路案内表示画面生成部202f、および、経路案内制御部202gを備える。なお、経路探索条件受信部202a、案内経路探索部202b、および、属性情報抽出部202cの機能は、第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0086】
このうち、現在位置情報取得部202eは、端末装置100の利用者の現在位置情報を取得する現在位置情報取得手段である。ここで、現在位置情報取得部202eは、端末装置100の位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号を端末装置100から受信し、当該位置情報信号から算出した位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部202eは、利用者により端末装置100の入力部116を介して入力された現在位置についての位置座標等の位置情報を受信し、当該位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0087】
また、経路案内表示画面生成部202fは、案内経路データと、交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成手段である。例えば、経路案内表示画面生成部202fは、案内経路データと、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報と、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成してもよい。ここで、経路案内情報は、更に、路線の名称、交通機関の最終行先情報、および/または、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、案内データベース206cに記憶された、案内経路の進行方向等に対応付けられたTBT等の表示案内データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、現在位置情報取得部202eにより取得される、端末装置100の利用者の現在位置情報を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、更に、地図データベース206bに記憶された、案内経路を含む地図の地図データを含んでいてもよい。ここで、経路案内表示画面生成部202fは、例えば、経路案内情報に含まれる表示案内データの表示画面を生成してもよい。また、経路案内表示画面生成部202fは、例えば、経路案内情報に含まれる地図データ上に、経路案内情報に含まれる案内経路データ、および/または、経路案内情報に含まれる端末装置100の利用者の現在位置情報、を重畳した表示画面を生成してもよい。
【0088】
経路案内制御部202gは、表示画面を含む経路案内制御情報を端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御手段である。ここで、経路案内制御部202gは、経路案内表示画面生成部202fにより生成された表示画面を端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の表示部114に当該表示画面を表示させてもよい。また、経路案内制御部202gは、更に、案内データベース206cに記憶された案内経路に対応する音声案内データを端末装置100へ送信することにより、端末装置100の音声出力部118を介して出力させて音声案内を実行させてもよい。
【0089】
以上で、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバ200の構成の一例の説明を終える。
【0090】
[ナビゲーションサーバ200(サーバ主導型)の処理]
次に、このように構成された第2の実施形態におけるナビゲーションサーバ200の処理の一例について、以下に図10を参照して詳細に説明する。
【0091】
図10に示すように、まず、端末装置100の制御部102は、利用者により入力部116を介して入力された少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件をナビゲーションサーバ200へ送信する(ステップSB−1)。ここで、出発地は、位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号に基づく端末装置100の利用者の現在位置であってもよい。例えば、制御部102は、位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号から算出した位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得し、当該現在位置情報に基づく端末装置100の利用者の現在位置を出発地として設定してもよい。また、制御部102は、位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号をナビゲーションサーバ200へ送信してもよい。また、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地等を含んでいてもよい。また、経路探索条件は、更に、経由時刻を含んでいてもよい。
【0092】
そして、ナビゲーションサーバ200の経路探索条件受信部202aは、端末装置100から送信される少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を受信する(ステップSB−2)。ここで、現在位置情報取得部202eは、経路探索条件受信部202aにより端末装置100から位置情報信号を受信した場合、当該位置情報信号から算出した位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得し、当該現在位置情報に基づく端末装置100の利用者の現在位置を経路探索条件の出発地として設定してもよい。
【0093】
そして、ナビゲーションサーバ200の案内経路探索部202bは、経路探索条件受信部202aにより受信された少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを用いて、出発時刻または到着時刻に対応するネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索し、案内経路データを生成する(ステップSB−3)。ここで、経路探索条件に経由地が更に含まれている場合、案内経路探索部202bは、経由地を経由した案内経路を探索してもよい。また、経路探索条件に経由地および経由時刻が更に含まれている場合、案内経路探索部202bは、経由地を経由した案内経路を経由時刻に対応する、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索してもよい。
【0094】
そして、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、案内経路探索部202bにより探索された案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間があるか否かを判定する(ステップSB−4)。
【0095】
そして、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、ステップSB−4にて案内経路探索部202bにより探索された案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間がないと判定した場合(ステップSB−4:No)、処理を後述するステップSB−6へ移行させる。
【0096】
一方、ナビゲーションサーバ200の属性情報抽出部202cは、ステップSB−4にて制御部202により案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間があると判定された場合(ステップSB−4:Yes)、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた交通機関の属性情報をネットワークデータベース206aに記憶された時刻表データから抽出する(ステップSB−5)。ここで、属性情報は、交通機関の種別、および、交通機関の行先情報等の情報であってもよい。
【0097】
ナビゲーションサーバ200の経路案内表示画面生成部202fは、案内経路探索部202bにより生成された案内経路データと、属性情報抽出部202cによりネットワークデータベース206aから抽出された、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報(例えば、交通機関の種別、交通機関の行先情報等)と、ネットワークデータベース206aに記憶された、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する(ステップSB−6)。また、経路案内表示画面生成部202fは、ステップSB−4にて制御部202により案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間がないと判定された場合(ステップSB−4:No)、案内経路探索部202bにより生成された案内経路データと、ネットワークデータベース206aに記憶された、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する。ここで、経路案内情報は、更に、路線の名称、交通機関の最終行先情報、および/または、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称を含んでいてもよい。また、経路案内表示画面生成部202fは、例えば、経路案内情報に含まれる案内経路上のガイダンスポイント(分岐点等)における進行方向等に対応付けられたTBT等の表示案内データの表示画面を生成してもよい。ここで、経路案内情報は、案内データベース206cに記憶された、案内経路の進行方向等に対応付けられたTBT等の表示案内データであってもよい。また、経路案内表示画面生成部202fは、例えば、経路案内情報に含まれる地図データ上に、経路案内情報に含まれる案内経路データ、および/または、経路案内情報に含まれる端末装置100の利用者の現在位置情報、を重畳した表示画面を生成してもよい。ここで、経路案内情報は、現在位置情報取得部202eにより所定周期ごとに取得される、端末装置100の利用者の現在位置情報であってもよい。また、経路案内情報は、地図データベース206bに記憶された、案内経路を含む地図の地図データであってもよい。
【0098】
そして、ナビゲーションサーバ200の経路案内制御部202gは、経路案内表示画面生成部202fにより生成された表示画面を端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の表示部114に当該表示画面を表示させる(ステップSB−7)。ここで、経路案内制御部202gは、例えば、利用者により端末装置100の入力部116を介して入力された経路案内開始要求等を受信した場合、経路案内表示画面生成部202fにより生成された表示画面を端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の表示部114に当該表示画面を表示させてもよい。また、経路案内制御部202gは、例えば、利用者により入力部116を介して入力された音声ナビゲーション開始要求等を受信した場合、案内データベース206cに記憶された案内経路上の分岐点等の案内地点における進行方向等に対応付けられた音声案内データを端末装置100へ送信することにより、当該端末装置100の音声出力部118を介して出力させてもよい。なお、経路案内制御部202gによる経路案内の表示制御や音声出力制御の実行処理は、経路案内や音声ナビゲーションの開始後、端末装置100が目的地や経由地やガイダンスポイント等に到達するまで、継続して、および/または、繰り返し行ってもよい。
【0099】
以上で、第2の実施形態におけるナビゲーションサーバ200の処理の一例の説明を終える。
【0100】
[第3の実施形態]
続いて、本発明の第3の実施形態(ナビゲーション装置400(スタンドアローン型))について、図11および図12を参照して以下に説明する。ここで、図11は、第3の実施形態におけるナビゲーション装置400の構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。また、図12は、第3の実施形態におけるナビゲーション装置400の処理の一例を示すフローチャートである。
【0101】
なお、第3の実施形態においては、全ての機能をナビゲーション装置400に集約し、ナビゲーションサーバ200に接続することなく、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの案内経路を、ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成し、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する属性情報を記憶部406から抽出し、案内経路データと、属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する。このように、第3の実施形態は、ナビゲーション装置400がスタンドアローン型に構成され単独で処理を行う点がその他の実施形態と異なる。
【0102】
[ナビゲーション装置400(スタンドアローン型)の構成]
まず、第3の実施形態におけるナビゲーション装置400(スタンドアローン型)の構成の一例について、図11を参照して以下に説明する。
【0103】
図11に示すように、本発明の第3の実施形態のナビゲーション装置400は、位置取得部412と出力部(表示部414および音声出力部418)と入力部416と制御部402と記憶部406とを少なくとも備える。これらナビゲーション装置400の各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されてもよい。ナビゲーション装置400は、例えば、PND(Portable Navigation Device)等の各種ナビゲーション端末、ノート型のパーソナルコンピュータ等の各種情報処理装置、または、携帯電話やPHSやPDA等の携帯端末装置等であってもよい。
【0104】
図11において、入出力制御インターフェース部408、位置取得部412、表示部414、入力部416、および、音声出力部418の各機能は、第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。また、記憶部406の各部(ネットワークデータベース406a、地図データベース406b、および、案内データベース406c等)についても、ナビゲーションサーバ200ではなくナビゲーション装置400に備えられている点を除き、各機能が第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0105】
また、制御部402の各部(現在位置情報取得部402a〜経路案内部402d等)については、本実施形態のナビゲーション装置400がスタンドアローン型であり、制御部402が各送信部を備えていない点を除き、各機能は第1の実施形態と基本的に同様である。
【0106】
また、図11において、制御部402は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部402は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部402は、機能概念的に、現在位置情報取得部402a、案内経路探索部402b、属性情報抽出部402c、および、経路案内部402dを備える。
【0107】
このうち、現在位置情報取得部402aは、ナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報を取得する現在位置情報取得手段である。ここで、現在位置情報取得部402aは、ナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報を所定周期ごと(例えば、1秒ごと、3分ごと等)に取得してもよい。また、現在位置情報取得部402aは、位置取得部412にて位置発信装置500から受信した位置情報信号から算出した位置情報をナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部402aは、更に、位置取得部412の方位センサ等にて検出したナビゲーション装置400の進行方向等の方位情報をナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部402aは、利用者により入力部416を介して入力された現在位置についての位置座標等の位置情報をナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。ここで、利用者により入力部416を介して入力された現在位置は、利用者が現実に存在する位置であってもよく、利用者により任意に選択された仮想の現在位置(一例として、東京にいる利用者により選択された大阪の駅や空港等の任意の地点)であってもよい。例えば、現在位置情報取得部402aは、入力部416を介して利用者に表示部414に表示された地図データの表示画面上で指定(例えば、タッチパネル式の表示部414での指定操作等)させた座標をナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部402aは、更に、入力部416を介して利用者に表示部414に表示された地図データの表示画面上で指定させた方位情報をナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0108】
また、案内経路探索部402bは、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの案内経路を、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段である。ここで、案内経路探索部402bは、少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの経路である案内経路を、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータを用いて、出発時刻または到着時刻に対応するネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索し、案内経路データを生成してもよい。ここで、出発地は、現在位置情報取得部402aにより取得される現在位置情報に基づくナビゲーション装置400の利用者の現在位置であってもよい。また、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、ナビゲーション装置400の利用者により入力部416を介して入力されたものであってもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地等を含んでいてもよい。また、経路探索条件は、更に、経由時刻を含んでいてもよい。また、経路探索条件に経由地が更に含まれている場合、案内経路探索部402bは、経由地を経由した案内経路を探索してもよい。また、経路探索条件に経由地および経由時刻が更に含まれている場合、案内経路探索部402bは、経由地を経由した案内経路を経由時刻に対応する、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索してもよい。
【0109】
また、属性情報抽出部402cは、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報をネットワークデータベース406aから抽出する属性情報抽出手段である。
【0110】
また、経路案内部402dは、案内経路データと、属性情報抽出部402cにより抽出された属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段である。ここで、経路案内部402dは、経路案内情報に基づく表示画面を表示部414に表示させてもよい。例えば、経路案内部402dは、案内経路データと、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報(例えば、交通機関の種別、交通機関の行先情報等)と、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を表示部414に表示させてもよい。ここで、経路案内情報は、更に、ネットワークデータベース406aに記憶された、路線の名称、交通機関の最終行先情報、および/または、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、地図データベース406bに記憶された、案内経路を含む地図の地図データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、案内データベース406cに記憶された、案内経路の進行方向等に対応付けられたTBT等の表示案内データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、案内データベース406cに記憶された、案内データに含まれる案内経路上の分岐点等における進行方向等に対応付けられた音声案内データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、現在位置情報取得部402aにより取得される、ナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報を含んでいてもよい。ここで、経路案内部402dは、例えば、経路案内情報に含まれる地図データ上に、経路案内情報に含まれる案内経路データ、および/または、経路案内情報に含まれるナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報、を重畳した表示画面を表示部414に表示させてもよい。また、経路案内部402dは、経路案内情報を音声出力部418を介して出力させてもよい。ここで、経路案内部402dは、例えば、経路案内情報に含まれる音声案内データを、音声出力部418を介して出力させてもよい。
【0111】
以上で、第3の実施形態におけるナビゲーション装置400の構成の一例の説明を終える。
【0112】
[ナビゲーション装置400(スタンドアローン型)の処理]
次に、このように構成された第3の実施形態におけるナビゲーション装置400の処理の一例について、以下に図12を参照して詳細に説明する。
【0113】
図12に示すように、まず、案内経路探索部402bは、利用者により入力部416を介して入力された少なくとも出発地と目的地と出発時刻または到着時刻とを含む経路探索条件を満たす出発地から目的地までの案内経路を、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータを用いて、出発時刻または到着時刻に対応するネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索し、案内経路データを生成する(ステップSC−1)。ここで、出発地は、現在位置情報取得部402aにより取得される現在位置情報に基づくナビゲーション装置400の利用者の現在位置であってもよい。また、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地等を含んでいてもよい。また、経路探索条件は、更に、経由時刻を含んでいてもよい。ここで、経路探索条件に経由地が更に含まれている場合、案内経路探索部402bは、経由地を経由した案内経路を探索してもよい。また、経路探索条件に経由地および経由時刻が更に含まれている場合、案内経路探索部402bは、経由地を経由した案内経路を経由時刻に対応する、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータに含まれる交通機関の停留地点における発着時刻に基づき探索してもよい。
【0114】
そして、制御部402は、案内経路探索部402bにより探索された案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間があるか否かを判定する(ステップSC−2)。
【0115】
そして、制御部402は、ステップSC−2にて案内経路探索部402bにより探索された案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間がないと判定した場合(ステップSC−2:No)、処理を後述するステップSC−4へ移行させる。
【0116】
一方、属性情報抽出部402cは、ステップSC−2にて制御部402により案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間があると判定された場合(ステップSC−2:Yes)、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた交通機関の属性情報をネットワークデータベース406aに記憶された時刻表データから抽出する(ステップSC−3)。ここで、属性情報は、交通機関の種別、および、交通機関の行先情報等の情報であってもよい。
【0117】
そして、経路案内部402dは、案内経路探索部402bにより生成された案内経路データと、属性情報抽出部402cによりネットワークデータベース406aから抽出された、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する交通機関の属性情報(例えば、交通機関の種別、交通機関の行先情報等)と、ネットワークデータベース406aに記憶された、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を表示部414に表示させることにより、経路案内を実行する(ステップSC−4)。また、経路案内部402dは、ステップSC−2にて制御部402により案内経路上に時刻表を有する交通機関の利用区間がないと判定された場合(ステップSC−2:No)、案内経路探索部402bにより生成された案内経路データと、ネットワークデータベース406aに記憶された、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点における発着時刻と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を表示部414に表示させることにより、経路案内を実行する。ここで、経路案内情報は、更に、ネットワークデータベース406aに記憶された、路線の名称、交通機関の最終行先情報、および/または、案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点の名称を含んでいてもよい。また、経路案内情報は、地図データベース406bに記憶された、案内経路を含む地図の地図データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、案内データベース406cに記憶された、案内経路の進行方向等に対応付けられたTBT等の表示案内データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、案内データベース406cに記憶された、案内データに含まれる案内経路上の分岐点等における進行方向等に対応付けられた音声案内データを含んでいてもよい。また、経路案内情報は、現在位置情報取得部402aにより所定周期毎に取得される、ナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報を含んでいてもよい。ここで、経路案内部402dは、例えば、利用者により入力部416を介して経路案内開始指示が入力された場合、経路案内情報に含まれる地図データ上に、経路案内情報に含まれる案内経路データ、および/または、経路案内情報に含まれるナビゲーション装置400の利用者の現在位置情報、を重畳した表示画面を表示部414に表示させてもよい。また、経路案内部402dは、経路案内情報を音声出力部418を介して出力させてもよい。ここで、経路案内部402dは、例えば、利用者により入力部416を介して音声案内開始指示が入力された場合、経路案内情報に含まれる音声案内データを、音声出力部418を介して出力させてもよい。なお、経路案内部402dによる表示ナビゲーションや音声ナビゲーションの実行処理は、表示ナビゲーションや音声ナビゲーションの開始後、ナビゲーション装置400が目的地や経由地やガイダンスポイント等に到達するまで、継続して、および/または、繰り返し行ってもよい。
【0118】
以上で、第3の実施形態におけるナビゲーション装置400の処理の一例の説明を終える。
【0119】
[他の実施の形態]
さて、これまで本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上述した実施の形態以外にも、特許請求の範囲に記載した技術的思想の範囲内において種々の異なる実施の形態にて実施されてよいものである。
【0120】
また、実施の形態において説明した各処理のうち、自動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を手動的に行うこともでき、あるいは、手動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を公知の方法で自動的に行うこともできる。
【0121】
このほか、上記文献中や図面中で示した処理手順、制御手順、具体的名称、各処理の登録データや検索条件等のパラメータを含む情報、画面例、データベース構成については、特記する場合を除いて任意に変更することができる。
【0122】
また、端末装置100、ナビゲーションサーバ200、および、ナビゲーション装置400に関して、図示の各構成要素は機能概念的なものであり、必ずしも物理的に図示の如く構成されていることを要しない。
【0123】
例えば、端末装置100、ナビゲーションサーバ200、および、ナビゲーション装置400の各装置が備える処理機能、特に制御部102、制御部202、および、制御部402にて行われる各処理機能については、その全部または任意の一部を、CPU(Central Processing Unit)および当該CPUにて解釈実行されるプログラムにて実現することができ、あるいは、ワイヤードロジックによるハードウェアとして実現することも可能である。尚、プログラムは、後述する記録媒体に記録されており、必要に応じて端末装置100、ナビゲーションサーバ200、および、ナビゲーション装置400に機械的に読み取られる。すなわち、ROMまたはHD等の記憶部106、記憶部206、および、記憶部406等は、OSとして協働してCPUに命令を与え、各種処理を行うためのコンピュータプログラムが記録されている。このコンピュータプログラムは、RAMにロードされることによって実行され、CPUと協働して制御部を構成する。
【0124】
また、このコンピュータプログラムは、端末装置100、ナビゲーションサーバ200、および、ナビゲーション装置400に対して任意のネットワーク300を介して接続されたアプリケーションプログラムサーバに記憶されていてもよく、必要に応じてその全部または一部をダウンロードすることも可能である。
【0125】
また、本発明に係るプログラムを、コンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納してもよく、また、プログラム製品として構成することもできる。ここで、この「記録媒体」とは、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、ROM、EPROM、EEPROM、CD−ROM、MO、DVD、Blu−ray Disc等の任意の「可搬用の物理媒体」、あるいは、LAN、WAN、インターネットに代表されるネットワーク300を介してプログラムを送信する場合の通信回線や搬送波のように、短期にプログラムを保持する「通信媒体」を含むものとする。
【0126】
また、「プログラム」とは、任意の言語や記述方法にて記述されたデータ処理方法であり、ソースコードやバイナリコード等の形式を問わない。なお、「プログラム」は必ずしも単一的に構成されるものに限られず、複数のモジュールやライブラリとして分散構成されるものや、OSに代表される別個のプログラムと協働してその機能を達成するものをも含む。なお、実施の形態に示した各装置において記録媒体を読み取るための具体的な構成、読み取り手順、あるいは、読み取り後のインストール手順等については、周知の構成や手順を用いることができる。
【0127】
記憶部106、記憶部206、ならびに、記憶部406に格納される各種のデータベース等(経路案内情報ファイル106a、ネットワークデータベース206a、地図データベース206b、案内データベース206c、ネットワークデータベース406a、地図データベース406b、および、案内データベース406c等)は、RAM、ROM等のメモリ装置、HD等の固定ディスク装置、フレキシブルディスク、光ディスク等のストレージ手段であり、各種処理やウェブサイト提供に用いる各種のプログラムやテーブルやデータベースやウェブページ用ファイル等を格納する。
【0128】
また、ナビゲーションサーバ200は、既知のパーソナルコンピュータ、ワークステーション等の情報処理装置として構成してもよく、また、該情報処理装置に任意の周辺装置を接続して構成してもよい。また、ナビゲーションサーバ200は、該情報処理装置に本発明の方法を実現させるソフトウェア(プログラム、データ等を含む)を実装することにより実現してもよい。
【0129】
更に、装置の分散・統合の具体的形態は図示するものに限られず、その全部または一部を、各種の付加等に応じて、または、機能負荷に応じて、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。
【産業上の利用可能性】
【0130】
以上詳述したように、本発明によれば、実際の交通機関にて表示される種別や行先等の表示内容と一致させた当該交通機関の属性情報を保持しておくことで、交通機関の始発地点から終着地点までの間の区間で当該表示内容が変化する場合、交通機関の表示内容とユーザが閲覧する画面に表示される表示内容を一致させることができるナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムを提供することができるので、ナビゲーションを支援する情報機器や情報処理分野などの様々な分野において極めて有用である。
【符号の説明】
【0131】
100 端末装置
102 制御部
102a 現在位置情報取得部
102b 経路探索条件送信部
102c 経路案内情報受信部
102d 経路案内部
104 通信制御インターフェース部
106 記憶部
106a 経路案内情報ファイル
108 入出力制御インターフェース部
112 位置取得部
114 表示部
116 入力部
118 音声出力部
200 ナビゲーションサーバ
202 制御部
202a 経路探索条件受信部
202b 案内経路探索部
202c 属性情報抽出部
202d 経路案内情報送信部
202e 現在位置情報取得部
202f 経路案内表示画面生成部
202g 経路案内制御部
204 通信制御インターフェース部
206 記憶部
206a ネットワークデータベース
206b 地図データベース
206c 案内データベース
300 ネットワーク
400 ナビゲーション装置
402 制御部
402a 現在位置情報取得部
402b 案内経路探索部
402c 属性情報抽出部
402d 経路案内部
406 記憶部
406a ネットワークデータベース
406b 地図データベース
406c 案内データベース
408 入出力制御インターフェース部
412 位置取得部
414 表示部
416 入力部
418 音声出力部
500 位置発信装置

【特許請求の範囲】
【請求項1】
制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバ、および、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、を通信可能に接続したナビゲーションシステムであって、
上記ナビゲーションサーバの上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記ナビゲーションサーバの上記制御部は、
上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段と、
上記案内経路探索手段により探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出手段と、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記端末装置に送信する経路案内情報送信手段と、
を備え、
上記端末装置の上記制御部は、
上記ナビゲーションサーバから送信される上記経路案内情報を受信する経路案内情報受信手段と、
上記経路案内情報受信手段により受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段と、
を備えたことを特徴とする、ナビゲーションシステム。
【請求項2】
請求項1に記載のナビゲーションシステムにおいて、
上記交通機関の上記属性情報は、
上記交通機関の種別を含むことを特徴とする、ナビゲーションシステム。
【請求項3】
請求項1または2に記載のナビゲーションシステムにおいて、
上記交通機関の上記属性情報は、
上記交通機関の行先情報を含むことを特徴とする、ナビゲーションシステム。
【請求項4】
請求項1から3のいずれか一つに記載のナビゲーションシステムにおいて、
上記ネットワークデータは、
更に、上記停留地点における上記交通機関の発着時刻を含み、
上記経路探索条件は、
更に、出発時刻または到着時刻を含み、
上記案内経路探索手段は、
上記端末装置から送信される少なくとも上記出発地と上記目的地と上記出発時刻または上記到着時刻とを含む上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの上記経路である上記案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて、上記出発時刻または上記到着時刻に対応する上記ネットワークデータに含まれる上記発着時刻に基づき探索し、上記案内経路データを生成し、
上記経路案内情報送信手段は、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、上記案内経路上の上記交通機関の上記乗降地点である上記停留地点における上記発着時刻と、を少なくとも含む上記経路案内情報を上記端末装置に送信することを特徴とする、ナビゲーションシステム。
【請求項5】
請求項1から4のいずれか一つに記載のナビゲーションシステムにおいて、
上記ネットワークデータは、
更に、上記路線の名称と、上記交通機関の最終行先情報と、上記停留地点の名称と、を含み、
上記経路案内情報は、
更に、上記路線の名称と、上記交通機関の最終行先情報と、上記乗降地点である上記停留地点の上記名称と、を含むことを特徴とする、ナビゲーションシステム。
【請求項6】
ナビゲーションサーバに通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置であって、
上記制御部は、
少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を上記ナビゲーションサーバに送信する経路探索条件送信手段と、
上記ナビゲーションサーバから送信される、上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路の案内経路データと、上記案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、上記交通機関の路線上の上記停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を受信する経路案内情報受信手段と、
上記経路案内情報受信手段により受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段と、
を備えたことを特徴とする、端末装置。
【請求項7】
出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバであって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部は、
上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段と、
上記案内経路探索手段により探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出手段と、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成手段と、
上記表示画面を含む経路案内制御情報を上記端末装置へ送信することにより、当該端末装置の上記出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御手段と、
を備えたことを特徴とする、ナビゲーションサーバ。
【請求項8】
出力部と制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーション装置であって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部は、
少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索手段と、
上記案内経路探索手段により探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出手段と、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出手段により抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内手段と、
を備えたことを特徴とする、ナビゲーション装置。
【請求項9】
制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバ、および、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、を通信可能に接続したナビゲーションシステムにおいて実行されるナビゲーション方法であって、
上記ナビゲーションサーバの上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記ナビゲーションサーバの上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、
上記ナビゲーションサーバの上記制御部において実行される、上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、
上記ナビゲーションサーバの上記制御部において実行される、上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記端末装置に送信する経路案内情報送信ステップと、
上記端末装置の上記制御部において実行される、上記ナビゲーションサーバから送信される上記経路案内情報を受信する経路案内情報受信ステップと、
上記端末装置の上記制御部において実行される、上記経路案内情報受信ステップにて受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、
を含むことを特徴とする、ナビゲーション方法。
【請求項10】
ナビゲーションサーバに通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において実行されるナビゲーション方法であって、
上記制御部において実行される、
少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を上記ナビゲーションサーバに送信する経路探索条件送信ステップと、
上記ナビゲーションサーバから送信される、上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路の案内経路データと、上記案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、上記交通機関の路線上の上記停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を受信する経路案内情報受信ステップと、
上記経路案内情報受信ステップにて受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、
を含むことを特徴とする、ナビゲーション方法。
【請求項11】
出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバにおいて実行されるナビゲーション方法であって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部において実行される、
上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、
上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成ステップと、
上記表示画面を含む経路案内制御情報を上記端末装置へ送信することにより、当該端末装置の上記出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御ステップと、
を含むことを特徴とする、ナビゲーション方法。
【請求項12】
出力部と制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーション装置において実行されるナビゲーション方法であって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部において実行される、
少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、
上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、
を含むことを特徴とする、ナビゲーション方法。
【請求項13】
端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバに実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部において、
上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、
上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記端末装置に送信する経路案内情報送信ステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項14】
ナビゲーションサーバに通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置に実行させるためのプログラムであって、
上記制御部において、
少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を上記ナビゲーションサーバに送信する経路探索条件送信ステップと、
上記ナビゲーションサーバから送信される、上記経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路の案内経路データと、上記案内経路上の交通機関の乗降地点である停留地点に対応する、上記交通機関の路線上の上記停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を受信する経路案内情報受信ステップと、
上記経路案内情報受信ステップにて受信された上記経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項15】
出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーションサーバに実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部において、
上記端末装置から送信される少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの経路である案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、
上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を生成する経路案内表示画面生成ステップと、
上記表示画面を含む経路案内制御情報を上記端末装置へ送信することにより、当該端末装置の上記出力部を介して当該経路案内制御情報を出力させる経路案内制御ステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項16】
出力部と制御部と記憶部とを少なくとも備えたナビゲーション装置に実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
交通機関の路線上の停留地点を結ぶ区間毎に対応付けられた上記交通機関の属性情報を少なくとも含む、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、
を備え、
上記制御部において、
少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件を満たす上記出発地から上記目的地までの案内経路を、上記ネットワークデータ記憶手段に記憶された上記ネットワークデータを用いて探索し、案内経路データを生成する案内経路探索ステップと、
上記案内経路探索ステップにて探索された上記案内経路上の上記交通機関の乗降地点である上記停留地点に対応する上記属性情報を上記ネットワークデータ記憶手段から抽出する属性情報抽出ステップと、
上記案内経路データと、上記属性情報抽出ステップにて抽出された上記属性情報と、を少なくとも含む経路案内情報を上記出力部を介して出力させることにより、経路案内を実行する経路案内ステップと、
を実行させるためのプログラム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate


【公開番号】特開2011−180029(P2011−180029A)
【公開日】平成23年9月15日(2011.9.15)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−45766(P2010−45766)
【出願日】平成22年3月2日(2010.3.2)
【公序良俗違反の表示】
(特許庁注:以下のものは登録商標)
1.VICS
【出願人】(500168811)株式会社ナビタイムジャパン (410)
【Fターム(参考)】