Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、およびプログラム
説明

ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、およびプログラム

【課題】高速道路の出入口の新設等の情報をナビゲーション装置20内のデータベースに反映させることができるナビゲーション装置20を提供する。
【解決手段】本発明のナビゲーション装置20は、道路に関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納部25と、車両の現在位置を算出する現在位置算出部24と、ユーザから受け付けた出発地点および目的地点に基づいてリンクデータ格納部25を参照し、出発地点から目的地点までの経路を探索する経路探索部21と、経路探索部21によって探索された経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導部22と、高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路である出入口リンクをリンクデータ格納部25に追加するリンク追加部23とを備える。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両等の移動体に搭載され、指定された経路を案内する技術に関する。
【背景技術】
【0002】
高速道路等の本線上、あるいは、サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)、バス停留所(BS)等に設置されているETC(Electronic Toll Collection System:登録商標)専用のインターチェンジとして、スマートIC(Inter Change)が知られている。スマートICは、ETC専用であるため無人化でき、従来のインターチェンジに比べて低コストで導入することができる。
【0003】
例えば、下記の特許文献1には、車両がスマートICを利用できる条件を満たす場合に、スマートICを利用する経路を推奨経路として採用する車載用ナビゲーション装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2007−263628号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、上記の特許文献1の車載用ナビゲーション装置では、予め記憶装置や記憶媒体内にスマートICに関する情報が登録されていることが前提となっている。しかし、スマートICは低コストでの導入が可能であるために、短期間のうちに、新たなスマートICが設置されたり、設置されていたスマートICが撤去されたりする場合が多い。そのため、車載用ナビゲーション装置において参照される記憶装置内のデータや記憶媒体内のデータに登録されているスマートICに関する情報は、現状と一致しない場合がある。
【0006】
また、車載用ナビゲーション装置が参照するデータには、ある時点における道路環境に関する情報が登録されているが、スマートICに限らず、それ以降に新たに設置されたインターチェンジ等に関する情報が登録されていない場合がある。そのため、当該データが作成された時点からの時間の経過につれて、車載用ナビゲーション装置は、現状と異なる道路環境において経路探索や経路誘導を行ってしまう場合がある。
【0007】
本発明は上記事情を鑑みてなされたものであり、本発明の目的は、高速道路の出入口の新設等の情報をナビゲーション装置内のデータベースに反映させることにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記課題を解決するために、本発明の第1の態様は、車両に搭載され、指定された経路を案内するナビゲーション装置であって、道路を示すリンクに関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納手段と、車両の現在位置を算出する現在位置算出手段と、ユーザから受け付けた出発地点および目的地点を示す情報に基づいて、リンクデータ格納手段を参照して、出発地点から目的地点までの経路を探索する経路探索手段と、経路探索手段によって探索された経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導手段と、高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路である出入口リンクのリンクデータをリンクデータ格納手段に追加するリンク追加手段とを備えることを特徴とするナビゲーション装置を提供する。
【0009】
また、本発明の第2の態様は、車両に搭載され、指定された経路を案内するナビゲーション装置におけるナビゲーション方法であって、ナビゲーション装置が、車両の現在位置を算出する現在位置算出ステップと、ユーザから受け付けた出発地点および目的地点を示す情報に基づいて、道路を示すリンクに関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納手段を参照して、出発地点から目的地点までの経路を探索する経路探索ステップと、経路探索ステップにおいて探索した経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導ステップと、高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路のリンクデータをリンクデータ格納手段に追加するリンク追加ステップとを実行することを特徴とするナビゲーション方法を提供する。
【0010】
また、本発明の第3の態様は、コンピュータを、車両に搭載され、指定された経路を案内するナビゲーション装置として機能させるプログラムであって、コンピュータに、道路を示すリンクに関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納機能、車両の現在位置を算出する現在位置算出機能、ユーザから受け付けた出発地点および目的地点を示す情報に基づいて、リンクデータ格納機能を参照して、出発地点から目的地点までの経路を探索する経路探索機能、経路探索機能によって探索された経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導機能、および、高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路のリンクデータをリンクデータ格納機能に追加するリンク追加機能を実現させることを特徴とするプログラムを提供する。
【発明の効果】
【0011】
本発明のナビゲーション装置によれば、高速道路の出入口の新設等の情報をナビゲーション装置内のデータベースに反映させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明の一実施形態に係るナビゲーションシステム10の構成を示すシステム構成図である。
【図2】リンクデータ格納部25に格納されているデータの構造の一例を示す図である。
【図3】第1の実施形態において出入口リンクが追加される過程を説明するための概念図である。
【図4】出入口リンクのリンクデータ252の一例を示す図である。
【図5】第1の実施形態におけるリンク追加部23の処理の一例を示すフローチャートである。
【図6】第2の実施形態において出入口リンクが追加される過程を説明するための概念図である。
【図7】第2の実施形態において出入口リンクが追加される過程を説明するための概念図である。
【図8】第2の実施形態におけるリンク追加部23の処理の一例を示すフローチャートである。
【図9】ナビゲーション装置20の機能を実現するコンピュータ50の一例を示すハードウェア構成図である。
【発明を実施するための形態】
【0013】
まず、本発明の第1の実施形態について説明する。
【0014】
図1は、本発明の一実施形態に係るナビゲーションシステム10の構成を示すシステム構成図である。ナビゲーションシステム10は、車両等の移動体に搭載され、入力装置11、表示装置12、スピーカ13、センサ14、およびナビゲーション装置20を備える。ナビゲーション装置20は、経路探索部21、経路誘導部22、リンク追加部23、現在位置算出部24、およびリンクデータ格納部25を備える。
【0015】
リンクデータ格納部25には、例えば図2に示すように、予め定められた地図領域であるメッシュ毎に、当該メッシュに含まれる道路を示すリンクに関する情報を含むメッシュデータ250が格納されている。それぞれのメッシュデータ250には、それぞれのメッシュを識別するメッシュID251およびメッシュ内のリンクに関するデータであるリンクデータ252等が含まれる。
【0016】
それぞれのリンクデータ252には、それぞれのリンクを識別するリンクID253、当該リンクの開始ノード座標254、当該リンクの終了ノード座標255、当該リンクの道路種別256、当該リンクのリンク長257、当該リンクの開始ノードに接続されている他のリンクの識別情報である開始接続リンク258、および、当該リンクの終了ノードに接続されている他のリンクの識別情報である終了接続リンク259等が格納されている。なお、リンクデータ格納部25には、この他に地図データも格納されている。
【0017】
センサ14は、例えばGPS受信機や、方位センサ、距離センサ、車速センサ等であり、測地衛星から送信されたGPS信号や、車両の進行方位、車両の移動距離、車速等を測定し、測定情報を現在位置算出部24に供給する。
【0018】
現在位置算出部24は、センサ14から供給された測定情報およびリンクデータ格納部25に格納されたリンクデータに基づいて、ナビゲーション装置20が搭載された車両が所定距離(例えば10m)移動する毎に、例えばマップマッチング等により当該車両の現在位置および進行方向を算出し、算出した車両の現在位置および進行方位を示す情報を経路探索部21および経路誘導部22に提供する。
【0019】
経路探索部21は、出発地点、目的地点、および経由地点の座標や、探索条件等を含む探索情報を、タッチパネル等の入力装置11を介してユーザから受け付けた場合に、リンクデータ格納部25内のリンクデータを参照し、当該探索情報に基づいて、例えばダイクストラ法等のアルゴリズムを用いて、経由地点を通り出発地点から目的地点へ至る経路を探索し、探索結果を表示装置12に表示する。
【0020】
経路探索部21は、探索した経路の中で、入力装置11を介してユーザから指定された経路を誘導経路として、当該誘導経路を経路誘導部22へ送る。なお、経路探索部21は、現在位置算出部24によって算出された車両の現在位置を出発地点として経路探索を実行してもよい。
【0021】
経路誘導部22は、経路探索部21から誘導経路を示す情報を受け取った場合に、リンクデータ格納部25に格納されている、車両の現在位置付近の地図データを取得し、取得した地図データで示される地図上に車両の現在位置を示すカーマークを表示することにより、経路誘導を開始する。そして、経路誘導部22は、現在位置算出部24によって算出された車両の現在位置およびリンクデータ格納部25に格納されているリンクデータを参照して、誘導経路上において、車両の前方所定距離以内に、進行方向を指示すべき案内地点が存在する場合に、当該案内地点に関する画像を表示装置12に表示すると共に、誘導を示す音声をスピーカ13を介して再生することにより、進むべき方向をユーザに案内する。
【0022】
リンク追加部23は、入力装置11から所定の操作を受け付けた場合に、例えば図3(a)に示すような出入口リンク設定画面30を表示装置12に表示する。リンク追加部23は、出入口リンク設定画面30の左側の領域31に、入力装置11を介するユーザの操作に応じて、リンクデータ格納部25から取得した地図データを表示する。
【0023】
図3(a)の例では、出入口リンク設定画面30の左側の領域31には、一般道路33、一般道路34、サービスエリア35、および高速道路36を含む地図が表示されており、出入口リンク設定画面30の右側の領域32には、出口ボタン37、入口ボタン38、接続点ボタン39、および決定ボタン40が表示されている。
【0024】
次に、リンク追加部23は、入力装置11を介して、出口ボタン37または入口ボタン38のいずれかが選択された後に、領域31内に表示されている地図上の位置を指定された場合に、例えば図3(b)に示すように、指定された地図上の位置に、高速道路の出口または入口(本例ではスマートIC)を示すアイコン42を表示する。
【0025】
次に、リンク追加部23は、入力装置11を介して、接続点ボタン39が選択された後に、領域31内に表示されている既存の一般道路34上の位置を指定された場合に、例えば図3(b)に示すように、指定された位置に、高速道路の出口または入口への道路との接続点を示すアイコン41を表示する。
【0026】
そして、リンク追加部23は、入力装置11を介して、決定ボタン40が選択された場合に、アイコン42が表示された地図上の位置とアイコン41が表示された地図上の位置とをつなぐ道路である出入口リンク43に関するリンクデータを作成し、作成したリンクデータをリンクデータ格納部25に追加登録する。リンクデータ格納部25に追加登録されるリンクデータ252は、例えば図4のような内容になる。
【0027】
ここで、リンクIDは、リンク追加部23によって新たに生成される。開始ノード座標は、出口が追加された場合にはアイコン42が表示されている地図上の位置となり、入口が追加された場合にはアイコン41が表示されている地図上の位置となる。道路種別は、一般道路を示す情報がデフォルトとして登録される。リンク長は、開始ノード座標から終了ノード座標までの距離となる。
【0028】
開始接続リンクは、出口が追加された場合には高速道路36となり、入口が追加された場合には一般道路34となる。終了接続リンクは、出口が追加された場合には一般道路34となり、入口が追加された場合には高速道路36となる。なお、リンク追加部23は、道路種別やリンク長等、出入口から既存の道路までの実際の道路の情報をユーザから受け付けるようにしてもよい。
【0029】
図5は、第1の実施形態におけるリンク追加部23の処理の一例を示すフローチャートである。例えば、入力装置11を介して、出入口リンクの追加を指示する所定の操作をユーザから受け付けた場合に、リンク追加部23は、本フローチャートに示す処理を開始する。
【0030】
まず、リンク追加部23は、図3に示した出入口リンク設定画面30を表示装置12に表示し(S100)、出口または入口の位置および接続点の位置が決定したか否かを判定する(S101)。出口または入口の位置および接続点の位置が決定していない場合(S101:No)、リンク追加部23は、ステップS101を繰り返す。
【0031】
出口または入口の位置および接続点の位置が決定した場合(S101:Yes)、リンク追加部23は、出口または入口の位置と接続点の位置とをつなぐ出入口リンクのリンクデータを作成する(S102)。そして、リンク追加部23は、作成した出入口リンクのリンクデータをリンクデータ格納部25に追加登録し(S103)、本フローチャートに示した処理を終了する。
【0032】
以上、本発明の第1の実施形態について説明した。
【0033】
上記説明から明らかなように、本実施形態のナビゲーション装置20によれば、高速道路の出入口の新設等の情報をリンクデータ格納部25に反映させることができ、次回の経路探索に利用することができる。
【0034】
次に、本発明の第2の実施形態について説明する。
【0035】
本実施形態におけるナビゲーションシステム10のシステム構成やナビゲーション装置20のブロック構成は、以下に説明する点を除き、図1において説明したナビゲーションシステム10およびナビゲーション装置20と同一または同様であるため説明を省略する。
【0036】
リンク追加部23は、入力装置11から所定の操作を受け付けた場合に、例えば図6(a)に示すような出入口リンク設定画面30を表示装置12に表示する。リンク追加部23は、出入口リンク設定画面30の左側の領域31に、入力装置11を介するユーザの操作に応じて、リンクデータ格納部25から取得した地図データを表示する。
【0037】
図6(a)の例では、出入口リンク設定画面30の左側の領域31には、一般道路33、一般道路34、サービスエリア35、および高速道路36を含む地図が表示されており、出入口リンク設定画面30の右側の領域32には、出口ボタン37、入口ボタン38、および決定ボタン40が表示されている。
【0038】
次に、リンク追加部23は、入力装置11を介して、出口ボタン37または入口ボタン38のいずれかが選択された後に、領域31内に表示されている地図上の位置を指定された場合に、例えば図6(b)に示すように、指定された地図上の位置に、高速道路の出口または入口(本例ではスマートIC)を示すアイコン42を表示する。
【0039】
次に、リンク追加部23は、入力装置11を介して、決定ボタン40が選択された場合に、例えば図6(b)に示すように、アイコン42が表示された地図上の位置から最も近い一般道路までの道路を出入口リンク44として作成して領域31に表示すると共に、領域32に次候補ボタン45を表示する。そして、リンク追加部23は、入力装置11を介して、決定ボタン40がさらに選択された場合に、表示した出入口リンク44のリンクデータをリンクデータ格納部25に追加登録する。
【0040】
一方、図6(b)の状態で次候補ボタン45が選択された場合、リンク追加部23は、例えば図7に示すように、アイコン42が表示された地図上の位置から次に近い一般道路までの道路を出入口リンク46として作成して領域31に表示する。リンク追加部23は、決定ボタン40が選択されるまで、次候補ボタン45が選択されるたびに、アイコン42が表示された地図上の位置から次に近い一般道路までの道路を出入口リンク46として作成して領域31に表示する。これにより、ユーザは、より少ない操作で出入口リンクのリンクデータをリンクデータ格納部25に追加登録することができる。
【0041】
図8は、第2の実施形態におけるリンク追加部23の処理の一例を示すフローチャートである。例えば、入力装置11を介して、出入口リンクの追加を指示する所定の操作をユーザから受け付けた場合に、リンク追加部23は、本フローチャートに示す処理を開始する。
【0042】
まず、リンク追加部23は、図6に示した出入口リンク設定画面30を表示装置12に表示し(S200)、出口または入口の位置が決定したか否かを判定する(S201)。出口または入口の位置が決定していない場合(S201:No)、リンク追加部23は、ステップS201を繰り返す。
【0043】
出口または入口の位置が決定した場合(S201:Yes)、リンク追加部23は、出口または入口の位置から最も近い一般道路までの道路を出入口リンクとして表示装置12に表示する(S202)。そして、リンク追加部23は、決定ボタン40が選択されたか否かを判定することにより、表示した出入口リンクに決定したか否かを判定する(S203)。
【0044】
出入口リンクが決定した場合(S203:Yes)、リンク追加部23は、当該出入口リンクのリンクデータを作成する(S204)。そして、リンク追加部23は、作成した出入口リンクのリンクデータをリンクデータ格納部25に追加登録し(S205)、本フローチャートに示した処理を終了する。
【0045】
一方、出口または入口の位置が決定していない場合(S201:No)、リンク追加部23は、次候補ボタン45が選択されたか否かを判定することにより、次候補が要求されたか否かを判定する(S206)。次候補が要求されていない場合(S206:No)、リンク追加部23は、再びステップS203に示した処理を実行する。
【0046】
次候補が要求された場合(S206:Yes)、リンク追加部23は、出口または入口の位置から次に近い一般道路までの道路を出入口リンク46として作成して表示装置12に表示し(S207)、再びステップS203に示した処理を実行する。
【0047】
以上、本発明の第2の実施形態について説明した。
【0048】
上記説明から明らかなように、本実施形態のナビゲーション装置20によれば、高速道路の出入口の新設等の情報をリンクデータ格納部25に反映させる際のユーザの操作を減少させることができる。
【0049】
なお、上記した各実施形態におけるナビゲーション装置20は、例えば図9に示すような構成のコンピュータ50によって実現される。コンピュータ50は、CPU(Central Processing Unit)51、RAM(Random Access Memory)52、ROM(Read Only Memory)53、HDD(Hard Disk Drive)54、入力インターフェイス(I/F)55、出力インターフェイス(I/F)56、およびメディアインターフェイス(I/F)57を備える。
【0050】
CPU51は、ROM53またはHDD54に格納されたプログラムに基づいて動作し、各部の制御を行う。ROM53は、コンピュータ50の起動時にCPU51によって実行されるブートプログラムや、コンピュータ50のハードウェアに依存するプログラム等を格納する。HDD54は、CPU51によって実行されるプログラムやデータ等を格納する。
【0051】
入力インターフェイス55は、入力装置11またはセンサ14からの信号をCPU51へ送る。CPU51は、入力インターフェイス55を介して入力装置11およびセンサ14を制御し、入力インターフェイス55を介して、入力装置11またはセンサ14から信号を取得する。
【0052】
出力インターフェイス56は、CPU51から取得したデータを、表示装置12またはスピーカ13へ出力する。CPU51は、出力インターフェイス56を介して表示装置12およびスピーカ13を制御し、生成したデータを、出力インターフェイス56を介して、表示装置12またはスピーカ13へ出力する。
【0053】
メディアインターフェイス57は、記録媒体58に格納されたプログラムまたはデータを読み取り、RAM52を介してCPU51に提供する。CPU51は、当該プログラムを、メディアインターフェイス57を介して記録媒体58からRAM52上にロードし、ロードしたプログラムを実行する。記録媒体58は、例えばDVD(Digital Versatile Disk)、PD(Phase change rewritable Disk)等の光学記録媒体、MO(Magneto-Optical disk)等の光磁気記録媒体、テープ媒体、磁気記録媒体、または半導体メモリ等である。
【0054】
コンピュータ50のCPU51は、RAM52上にロードされたプログラムを実行することにより、経路探索部21、経路誘導部22、リンク追加部23、現在位置算出部24、およびリンクデータ格納部25の各機能を実現する。また、ROM53またはHDD54には、リンクデータ格納部25内のデータが格納される。
【0055】
コンピュータ50は、これらのプログラムを、記録媒体58から読み取って実行するが、他の例として、コンピュータ50に通信機能を設け、他の通信機器またはそれを介してこれらのプログラムを取得するようにしてもよい。
【0056】
また、上記した第2の実施形態において、リンク追加部23は、ユーザから出口または入口の位置を受け付けたが、他の形態として、リンク追加部23は、高速道路の出入口の新設を管理するサーバから、新設された出口または入口の位置を無線通信により取得して、最も近い道路までの出入口リンクを自動的に作成してリンクデータ格納部25に追加登録するようにしてもよい。
【0057】
また、上記した各実施形態において、リンクデータ格納部25には、高速道路の出口または入口毎に、当該出口または入口がETC専用か否かを示す情報がさらに格納されており、リンク追加部23は、追加した出入口リンクに接続する出口または入口を、ユーザから受け付けたETC専用か否かを示す情報と共にリンクデータ格納部25に追加登録するようにしてもよい。これにより、ナビゲーション装置20は、ETCが使用可能な環境での経路探索に、追加された出口または入口を通る経路を採用することができる。
【0058】
また、上記した各実施形態において、リンク追加部23は、高速道路の出入口としてスマートICを対象としたが、本発明はこれに限られず、一般のインターチェンジの新設に対しても適用することができる。
【符号の説明】
【0059】
10・・・ナビゲーションシステム、11・・・入力装置、12・・・表示装置、13・・・スピーカ、14・・・センサ、20・・・ナビゲーション装置、21・・・経路探索部、22・・・経路誘導部、23・・・リンク追加部、24・・・現在位置算出部、25・・・リンクデータ格納部、250・・・メッシュデータ、251・・・メッシュID、252・・・リンクデータ、253・・・リンクID、254・・・開始ノード座標、255・・・終了ノード座標、256・・・道路種別、257・・・リンク長、258・・・開始接続リンク、259・・・終了接続リンク、30・・・出入口リンク設定画面、31・・・領域、32・・・領域、33・・・一般道路、34・・・一般道路、35・・・サービスエリア、36・・・高速道路、37・・・出口ボタン、38・・・入口ボタン、39・・・接続点ボタン、40・・・決定ボタン、41・・・アイコン、42・・・アイコン、43・・・出入口リンク、44・・・出入口リンク、45・・・次候補ボタン、46・・・出入口リンク、50・・・コンピュータ、51・・・CPU、52・・・RAM、53・・・ROM、54・・・HDD、55・・・入力インターフェイス、56・・・出力インターフェイス、57・・・メディアインターフェイス、58・・・記録媒体

【特許請求の範囲】
【請求項1】
車両に搭載され、指定された経路を案内するナビゲーション装置であって、
道路を示すリンクに関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納手段と、
前記車両の現在位置を算出する現在位置算出手段と、
ユーザから受け付けた出発地点および目的地点を示す情報に基づいて、前記リンクデータ格納手段を参照して、前記出発地点から前記目的地点までの経路を探索する経路探索手段と、
前記経路探索手段によって探索された経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、前記車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導手段と、
高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路である出入口リンクのリンクデータを前記リンクデータ格納手段に追加するリンク追加手段と
を備えることを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項2】
請求項1に記載のナビゲーション装置であって、
前記リンク追加手段は、
高速道路の出入口の位置を示す情報と共に、追加すべき出入口リンクが接続する一般道路上の位置を示す情報をさらに受け付け、当該高速道路の出入口の位置から当該一般道路上の位置までの道路を前記出入口リンクとして当該出入口リンクのリンクデータを前記リンクデータ格納手段に追加することを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項3】
請求項1に記載のナビゲーション装置であって、
前記リンク追加手段は、
ユーザから受け付けた前記高速道路の出入口の位置から最も近い一般道路に接続する道路を、前記出入口リンクとして前記リンクデータ格納手段に追加することを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項4】
請求項1に記載のナビゲーション装置であって、
前記リンク追加手段は、
ユーザから受け付けた前記高速道路の出入口の位置から最も近い一般道路を、前記出入口リンクが接続する道路として特定し、特定した道路に接続する出入口リンクを表示し、
決定を示す情報をユーザから受け付けた場合に、特定した道路に接続する出入口リンクのリンクデータを前記リンクデータ格納手段に追加し、
次の候補を要求する情報をユーザから受け付けた場合に、特定した道路の次に、前記ユーザから受け付けた高速道路の出入口の位置に近い一般道路を、前記出入口リンクが接続する道路として特定し、特定した道路に接続する出入口リンクを表示することを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項5】
請求項1から4のいずれか一項に記載のナビゲーション装置であって、
前記高速道路の出入口は、スマートIC(Inter Change)であることを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項6】
車両に搭載され、指定された経路を案内するナビゲーション装置におけるナビゲーション方法であって、
前記ナビゲーション装置が、
前記車両の現在位置を算出する現在位置算出ステップと、
ユーザから受け付けた出発地点および目的地点を示す情報に基づいて、道路を示すリンクに関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納手段を参照して、前記出発地点から前記目的地点までの経路を探索する経路探索ステップと、
前記経路探索ステップにおいて探索した経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、前記車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導ステップと、
高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路のリンクデータを前記リンクデータ格納手段に追加するリンク追加ステップと
を実行することを特徴とするナビゲーション方法。
【請求項7】
コンピュータを、車両に搭載され、指定された経路を案内するナビゲーション装置として機能させるプログラムであって、
前記コンピュータに、
道路を示すリンクに関する情報であるリンクデータを格納するリンクデータ格納機能、
前記車両の現在位置を算出する現在位置算出機能、
ユーザから受け付けた出発地点および目的地点を示す情報に基づいて、前記リンクデータ格納機能を参照して、前記出発地点から前記目的地点までの経路を探索する経路探索機能、
前記経路探索機能によって探索された経路の中でユーザによって決定された経路である誘導経路、および、前記車両の現在位置に基づいて経路誘導を行う経路誘導機能、および、
高速道路の出入口の位置を示す情報をユーザから受け付けた場合に、当該出入口の位置から既存の一般道路までの道路のリンクデータを前記リンクデータ格納機能に追加するリンク追加機能
を実現させることを特徴とするプログラム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate


【公開番号】特開2012−168090(P2012−168090A)
【公開日】平成24年9月6日(2012.9.6)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−30712(P2011−30712)
【出願日】平成23年2月16日(2011.2.16)
【出願人】(000001487)クラリオン株式会社 (1,722)
【Fターム(参考)】