ナビゲーション装置

【課題】ナビゲーション機能を有するアプリケーションを動作させることにより推奨経路の案内を行うナビゲーション装置において、推奨経路上で案内が不要な区間を移動しているときの消費電力を低減する。
【解決手段】予め推奨経路上で分岐点の間隔が一定距離以上の区間の位置情報を案内不要区間情報として取得しておく。経路案内処理を開始し、現在位置を測定する(S41)。現在位置が経路案内不要区間に到達したら(S44:Yes)、ナビアプリ終了処理を実行する(S45)。現在位置が経路案内不要区間の終了点付近に到達したら、ナビアプリを立ち上げる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ナビゲーション機能を有するアプリケーションプログラムを携帯端末装置で動作させることにより実現されるナビゲーション装置に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、GPS(Global Positioning System )による位置情報取得機能を有する携帯電話機などの携帯端末装置において、ナビゲーション機能を有するアプリケーションプログラム(以下、「アプリケーションプログラム」を「アプリケーション」という)を動作させることによりナビゲーション装置として利用するシステムが実現されている。
【0003】
携帯端末装置は内蔵する電池を電源としているため、長時間、表示装置(液晶画面やバックライト)を連続使用することは困難である。一方、車両での移動は長時間を要する場合があり、その場合にはナビゲーションの途中で携帯端末装置の電源がなくなってしまうおそれがある。これを防止するには、大容量の電池パックや、車両のバッテリから電力供給を受けるコードを用意する必要があり、手間とコストがかかる。このため、ナビゲーション実行中の携帯端末装置の消費電力を低減することが要求される。
【0004】
この要求に応えた技術として、携帯端末装置を用いたナビゲーションの実行中に、所定時間、何の操作も行われない場合に表示を消したり、バックライトを消したりするスクリーンセーバーモードになり、ナビゲーションを地図などの画像表示から音声案内に切り替え、音声によるナビゲーションを実行するナビゲーション方法がある(特許文献1)。
【0005】
しかしながら、特許文献1に記載されたナビゲーション方法では、スクリーンセーバーモードになった場合、音声案内を行っていないときでもアプリケーションがバックグラウンドで動作しているため、相応の電力を消費する。このため、例えば高速道路のように分岐する道路が少なく、音声案内の頻度が低い道路を移動しているときには、アプリケーションを立ち上げておくことによる無駄な電力が消費される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開2007−78565号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は、こうした従来技術の問題点を解決するためになされたものであり、その目的は、ナビゲーション機能を有するアプリケーションを動作させることにより推奨経路の案内を行うナビゲーション装置において、推奨経路上で経路案内が不要な区間を移動しているときの消費電力を低減することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明のナビゲーション装置は、ナビゲーション機能を有するアプリケーションを動作させることにより推奨経路の案内を行うナビゲーション装置であって、現在位置情報を取得する位置情報取得手段と、出発地から目的地までの推奨経路を探索する経路探索手段と、前記推奨経路において、経路に関する情報を案内する地点である案内ポイントが所定距離以上継続して存在しない案内不要区間を取得する案内不要区間取得手段と、経路を案内する経路案内手段と、前記現在位置が前記案内不要区間の開始点に到達したとき、前記アプリケーションを終了させるアプリケーション終了手段とを有するナビゲーション装置である。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、ナビゲーション機能を有するアプリケーションを動作させることにより推奨経路の案内を行うナビゲーション装置において、推奨経路上で経路案内が不要な区間を移動しているときの消費電力を低減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本発明の実施形態のナビゲーション装置のシステム構成を示す図である。
【図2】本発明の実施形態のナビゲーション装置における携帯端末装置の制御部の基本動作を示すフローチャートである。
【図3】本発明の実施形態のナビゲーション装置の概略動作を示すフローチャートである。
【図4】図3における案内不要区間情報取得処理を示すフローチャートである。
【図5】本発明の実施形態のナビゲーション装置におけるアプリケーション再開処理を示すフローチャートである。
【図6】図3及び図5における経路案内処理を示すフローチャートである。
【図7】図6におけるナビアプリ終了処理を示すフローチャートである。
【図8】図1における自己位置報知処理を示すフローチャートである。
【図9】本発明の実施形態のナビゲーション装置におけるナビアプリ再開命令の処理を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0011】
以下、本発明の実施形態について図面を参照して詳細に説明する。
〈ナビゲーション装置のシステム構成〉
図1に本発明の実施形態のナビゲーション装置のシステム構成を示す。本実施形態のナビゲーション装置は、インターネットなどのネットワーク1を介して通信可能なナビゲーションサーバ10と携帯端末装置20により構成される。携帯端末装置20は基地局2を介してネットワーク1に接続される。
【0012】
《携帯端末装置の構成》
携帯端末装置20は、制御部21と、それぞれが制御部21に接続されたGPS受信機22、操作部23、表示部24、音声出力部25、通信部26及び記憶部27を備えている。
【0013】
制御部21は、図示しないCPU(Central Processing Unit)、ROM(Read Only Memory)、及びRAM(Random Access Memory)を内蔵しており、ROMや記憶部27に記憶されているプログラムをCPUがRAMをワークエリアとして実行することにより実現される機能として、タイマー手段28、自己位置報知処理手段29及びナビアプリ実行手段30を備えている。さらに詳しくは、ナビアプリ実行手段30は、経路探索要求手段31及び経路案内手段32を備えている。
【0014】
GPS受信機22は、複数のGPS衛星から送信される電波を受信して演算することにより、受信点、即ち携帯端末装置20の現在位置(緯度、経度)を測定して、現在位置情報を生成する。
【0015】
操作部23は、ユーザが携帯端末装置20を使用するときに各種指令の入力を行うための手段であり、表示部24の画面上のタッチパネル、図示しない装置筐体上のボタン或いはそれらの組み合わせからなる。
【0016】
表示部24は、薄型表示装置、例えば液晶、有機EL(Electroluminescence)などのディスプレイからなり、ナビゲーションサーバ10から送信された地図、推奨経路などを表示する。音声出力部25は、スピーカからなり、推奨経路上の所定の案内ポイント(道路の分岐点)において音声メッセージを出力する。なお、実際には、音声メッセージの内容により、分岐点の手前で出力するものと分岐点を通過したときに出力するものとがある。
【0017】
通信部26は、基地局2及びネットワーク1を介してナビゲーションサーバ10と通信を行うための手段である。記憶部27は、フラッシュメモリなどの不揮発性メモリからなり、ナビゲーションサーバ10からダウンロードした地図データ、経路案内の履歴情報、ユーザが登録した各種固定情報などを保存することができる。
【0018】
タイマー手段28は設定された時間をカウントし、設定時間到達時にタイムアップ信号を出力する手段である。自己位置報知処理手段29は、携帯端末装置20の位置をバックグラウンドで定期的(例えば3分毎)にGPS受信機22により自動的に測定して、通信部26を介してナビゲーションサーバ10に送信する。携帯端末装置20の位置をナビゲーションサーバ10に送信する間隔は、経路案内時などに現在位置を取得する間隔よりも長い間隔となるように設定されている。
【0019】
ナビアプリ実行手段30は、ナビゲーション機能を有するアプリケーション(以下、ナビアプリと言う)を実行する手段である。経路探索要求手段31は、ナビゲーションサーバ10に送信するための経路探索要求信号を生成する。この経路探索要求信号は出発地情報及び目的地情報からなる位置情報、並びに携帯端末装置20の装置IDを含む。出発地情報及び目的地情報はユーザが操作部23から入力する。ただし、GPS受信機22が生成した現在位置情報を出発地情報にすることもできる。装置IDは制御部21内のROMに記憶されている。なお、装置IDは、ユーザが識別できる情報であればよい。
【0020】
経路案内手段32は、経路探索要求信号に応じてナビゲーションサーバ10から提供された地図データ及び推奨経路データを用いて経路案内を行う。より詳しくは、ナビゲーションサーバ10から送信された地図データ及び推奨経路データ、並びにGPS受信機22で生成された現在位置情報を基に、地図画像上に推奨経路及び現在位置を重畳した表示画像データを生成して表示部24に送出し、推奨経路上の所定の案内ポイントにおいて音声メッセージを音声出力部25に送出する。
【0021】
《ナビゲーションサーバの構成》
ナビゲーションサーバ10は、制御部11と、制御部11に接続された通信部12、及び地図DB(データベース)13を備えている。通信部12は、ネットワーク1を介して携帯端末装置20と通信を行うための手段である。制御部11は、図示しないCPU、ROM、及びRAMを内蔵しており、ROMに記憶されているプログラムをCPUがRAMをワークエリアとして実行することにより実現される機能として、経路探索手段14、案内不要区間取得手段15及び送信データ生成手段16を備えている。
【0022】
地図DB13には、携帯端末装置20に地図を表示するための地図データが格納されている。地図データは施設データと道路データを含む。地図DB13に記憶される施設や道路等のデータ数は膨大であるため、これら施設データや道路データは所定間隔の緯度及び経度により地域を分割したメッシュ単位で管理されている。各メッシュにはメッシュコードと呼ばれるユニークな識別番号が付与されている。
【0023】
施設データは、施設(POI:Point of Interest)に関する情報であり、具体的には、施設毎に、その施設をポリゴンとして表示するための頂点の数、頂点の座標、施設の属性情報等を含む。頂点の座標は、その施設が含まれるメッシュの座標である。施設の属性情報は、その施設が含まれるメッシュのメッシュコード、一般家屋、ガソリンスタンド、コンビニ等の種別や階数(若しくは高さ)、施設の名称、施設がビルである場合には、そのビル内の店舗情報、ベビールームやトイレ等の詳細情報を含む。なお、施設データはポリゴンではなく、1地点の位置情報で構成される場合もある。
【0024】
道路データは道路に関する情報であり、具体的には、道路に対応するリンク、道路の端点であって交差点等に対応するノード、リンク及びノードの属性情報を含む。リンクの属性情報としては、そのリンクが含まれるメッシュのメッシュコード、端点の座標、リンクの構成点の座標、有料道路や国道といった道路種別、高さ(標高)情報等がある。ノードの属性情報としては、そのノードが含まれるメッシュのメッシュコード、交差点名称に関する情報等がある。
【0025】
経路探索手段14は、携帯端末装置20から送信された経路探索要求信号に含まれている出発地情報及び目的地情報に基づいて、その出発地から目的地までの推奨経路情報(ノード情報、リンク情報、案内ポイントの位置情報)を地図DB13から探索する。なお、案内ポイントは、推奨経路上に存在する道路の分岐点(交差点ノード)毎若しくは主要な分岐点ごとに設定されるが、以下の説明では分岐点毎に設定するものとした。このほかにも、案内ポイントとしては、経路周辺における立ち寄り地点などの各種サービスを受けることができる地点や、観光の名所等の見える地点を含めてもよい。また、案内ポイントの終了点としては、例えば目的地の手前3kmといった分岐点など以外の地点を設定できるようにしてもよい。
【0026】
案内不要区間取得手段15は、経路探索手段14により検索された推奨経路のノード情報及びリンク情報に基づいて、一定距離以上分岐点がない区間、換言すれば一定距離以上案内ポイントがない区間の位置情報を案内不要区間情報として取得する。案内不要区間としては、主に高速道路のインターチェンジ間、有料バイパス道路などが挙げられる。
【0027】
送信データ生成手段16は、経路探索手段14により探索された推奨経路情報及び案内不要区間取得手段15により取得された案内不要区間情報、及び推奨経路情報に対応する地図情報から、携帯端末装置20に送信するための送信データを生成する。また、送信データ生成手段16は、送信データに経路情報IDを付与し、携帯端末装置20の装置IDに対応付けて制御部11内のRAMに書き込む。
【0028】
ここで、送信データは、地図情報、推奨経路情報、及び案内不要区間情報のうち、携帯端末装置20の現在位置付近の所定の範囲の部分であり、経路情報IDが付加される。この送信データは、携帯端末装置20の移動に伴う送信要求に応じて、移動方向の一定範囲の地図情報、推奨経路情報及び案内不要区間情報に更新される。
【0029】
また、送信データ生成手段16は、携帯端末装置20の現在位置が案内不要区間の開始点に到達したことで、携帯端末装置20がナビアプリを終了させた後、案内不要区間の終了点付近に到達したとき、携帯端末装置20に対して、ナビアプリの起動(開始)を指示するためのナビアプリ再開命令を生成する。
【0030】
〈ナビゲーション装置の動作〉
以上の構成を備えたナビゲーション装置の動作について説明する。
《携帯端末装置の基本動作》
図2は、携帯端末装置20の制御部21の基本動作を示すフローチャートである。
【0031】
図示のように、まずナビゲーションサーバ10からナビアプリ再開命令を受信したか否かを判断する(ステップS1)。前述したように、ナビアプリ再開命令は、携帯端末装置20の現在位置が案内不要区間の終了点付近に到達したときに、ナビゲーションサーバ10から送信されるから、ナビアプリ再開命令を受信したか否かを基に、案内不要区間の終了点付近に到達したか否かが判る。
【0032】
判断の結果、受信していない場合は(ステップS1:No)、ナビアプリが動作しているか否かを判断する(ステップS2)。そして、動作している場合は(ステップS2:Yes)、ナビアプリの実行処理を行う(ステップS3)。ナビアプリの実行処理は、ナビアプリを起動したときに行う処理である(詳細については図3を用いて後述する)。
【0033】
一方、判断の結果、受信した場合は(ステップS1:Yes)、ナビアプリを起動するとともに、自己位置報知機能をオフにする(ステップS4)。これにより、ナビアプリ実行手段30が動作を開始し、自己位置報知処理手段29が動作を終える。次いで、ナビアプリ実行手段30がナビアプリの再開処理を行う(ステップS5)。ナビアプリ再開処理は、ナビアプリの実行中に案内不要区間の開始点に到達し、ナビアプリを終了させた後に、案内不要区間の終了点付近に到達し、ナビアプリを起動したときに行う処理である(詳細については図5を用いて後述する)。
【0034】
ナビアプリの実行処理(ステップS3)もしくはナビアプリの再開処理(ステップS5)が終了したとき、自己位置報知機能がオンであるか否かを判断する(ステップS6)。また、ステップS2でナビアプリが動作していないと判断した場合も(ステップS2:No)、自己位置報知機能がオンであるか否かを判断する。
【0035】
図7を用いて後述するように、自己位置報知機能をオンにするのは、ナビアプリの実行中に案内不要区間の開始点に到達し、ナビアプリを終了させるときである。ナビアプリの再開時には自己位置報知機能をオフにしているから(ステップS4)、このステップS6により、自己位置報知機能がオンであると判断されるのは、現在位置が案内不要区間の開始点と終了点付近の間に存在するときである。
【0036】
自己位置報知機能がオンであると判断した場合は(ステップS6:Yes)、自己位置報知処理を実行し(ステップS7)、オンではないと判断した場合は(ステップS6:No)、ステップS1に戻る。自己位置報知処理のフローについては図8を用いて後述する。
【0037】
《ナビアプリの実行処理》
図3はナビゲーション装置の概略動作を示すフローチャートである。このフローチャートにおいて、携帯端末装置20の動作がナビアプリの実行処理(ステップS3)である。
【0038】
図示のように、携帯端末装置20では、経路探索要求手段31が動作し、推奨経路探索要求のための出発地及び目的地が入力される(ステップS11)。即ち、表示部24に出発地、目的地の入力画面が表示され、ユーザが操作部23から入力した出発地、目的地が出発地情報、目的地情報として制御部21内のRAMにより記憶される。GPS受信機22が現在位置情報を生成しているときは、それを出発地情報とすることもできる。
【0039】
次に経路探索要求手段31は、RAMに保持されている位置情報(出発地情報及び目的地情報)及びROMに記憶されている装置ID読み出し、それらを含む経路探索要求信号を生成し、通信部26にナビゲーションサーバ10へ送信させる(ステップS12)。
【0040】
ナビゲーションサーバ10では、携帯端末装置20から送信された経路探索要求信号が通信部12で受信され、制御部11へ送られることにより、経路探索処理(ステップS21)が始まる。
【0041】
この経路探索処理では、経路探索手段14が、携帯端末装置20から送信された経路探索要求信号に含まれている出発地情報及び目的地情報に基づいて、その出発地から目的地までの推奨経路情報(ノード情報、リンク情報、案内ポイントの位置情報)を地図DB13から探索する。
【0042】
経路探索処理(ステップS21)が終了すると、案内不要区間取得手段15が案内不要区間情報取得処理を実行する(ステップS22)。図4は、案内不要区間情報取得処理を示すフローチャートである。図示のように、経路探索手段14により探索された推奨経路上で一定距離(例えば10km)以上分岐点(案内ポイント)がない区間が存在するか否かを判断し(ステップS31)、存在する場合は(ステップS31:Yes)、その区間の開始点及び終了点の位置情報を地図DB13から取得する(ステップS32)。存在しない場合は(ステップS31:No)、何もせずにこの図のフローを終える。
【0043】
案内不要区間情報取得処理(ステップS22)が終了すると、送信データ生成手段16が、経路探索手段14により探索された推奨経路情報及び案内不要区間取得手段15により取得された案内不要区間情報、及び推奨経路情報に対応する地図情報のうち、携帯端末装置20の現在位置付近の所定の範囲の部分の情報と経路情報IDを含む送信データを生成し、通信部12を介して携帯端末装置20に送信する(ステップS23)。
【0044】
携帯端末装置20では、地図情報、推奨経路情報、案内不要区間情報及び経路情報IDが通信部26で受信され(ステップS13)、制御部21に送られてRAMに書き込まれる。次いで経路案内手段32が経路案内処理(ステップS14)を行う。経路案内処理のフローについては図6を用いて後述する。
【0045】
《ナビアプリの再開処理》
次にナビアプリの再開処理(図2のステップS5)について説明する。図5は、ナビアプリ再開処理を示すフローチャートである。図示のように、携帯端末装置20は経路情報IDを記憶部27から読み出す(ステップS15)。この経路情報IDは、ナビアプリの実行中に案内不要区間の開始点に到達し、ナビアプリを終了させるときに、記憶部27に保存しておいたものである。
【0046】
次に、経路情報ID及び装置ID含む経路情報要求信号をナビゲーションサーバ10に送信する(ステップS16)。
【0047】
ナビゲーションサーバ10では、経路情報要求信号を受信すると、送信データ生成手段16は、経路情報要求信号に含まれている経路情報IDを基に、管理している推奨経路情報、案内不要区間情報、及び地図情報を制御部11内のRAMから読み出し(ステップS24)、経路情報IDとともに通信部12を介して携帯端末装置20に送信する(ステップS25)。
【0048】
携帯端末装置20では、地図情報、推奨経路情報、案内不要区間情報及び経路情報IDが通信部26で受信され(ステップS17)、制御部21に送られると、経路案内手段32が経路案内処理(ステップS18)を行う。ステップS17、S18は、それぞれ図3のステップS13、S14と同じである。
【0049】
《経路案内処理》
次に経路案内処理(図3のステップS14、図5のステップS18)について説明する。図6は経路案内処理を示すフローチャートである。経路案内手段32が経路案内処理を開始すると、GPS受信機22により現在位置を測定し(ステップS41)、表示部24に地図、推奨経路及び現在位置を表示する。
【0050】
次いで、経路案内手段32は、報知情報があるか否か、換言すれば、案内ポイントの手前の報知情報出力位置に到達したか否かを判断する(ステップS42)。そして、報知情報があると判断した場合は(ステップS42:Yes)、報知情報を出力する。即ち、音声メッセージを音声出力部25に送出するとともに、対応する画像情報を表示部24に送出する。報知情報は、例えば「まもなく右折です。」、「○○交差点直進です。」等である。なお、報知情報の取得方法については、案内ポイントの位置情報とともにナビゲーションサーバ10から送信してもよいし、報知情報IDと音声データ及び画像データを対応付けて記憶部27に記憶しておき、ナビゲーションサーバ10から案内ポイントの位置情報及び報知情報IDを送信し、その報知情報IDに対応する音声データ及び画像データを用いてもよい。
【0051】
報知情報があった場合は(ステップS42:Yes)、報知情報の出力(ステップS43)の後に、報知情報がなかった場合は(ステップS42:No)、そのまま、ステップS44に進み、案内不要区間に到達したか否かを判断する。
【0052】
ここで、案内区間に到達したとは、現在位置が案内不要区間の開始点(案内不要区間を構成する2個の分岐点のうち、進行方向の手前側の分岐点)を通過したことを意味する。案内不要区間に到達した場合は(ステップS44:Yes)、ナビアプリ終了処理(ステップS45)の後にこの図のフロー(経路案内処理)を終える。ナビアプリ終了処理の詳細については図7を用いて後述する。例えば高速道路のインターチェンジの場合、そこを通過したことを報知するので、それが終了した時点でナビアプリ終了処理を実行してもよい。
【0053】
案内不要区間に到達していない場合は(ステップS44:No)、目的地に到達したか否かを判断し(ステップS46)、到達していれば(ステップS46:Yes)、この図のフロー(経路案内処理)を終え、到達していなければ(ステップS46:No)、ステップS41に移行する。
【0054】
《ナビアプリ終了処理》
図7は、ナビアプリ終了処理(図6のステップS45)を示すフローチャートである。図示のように、経路情報IDを記憶部27に書き込み(ステップS51)、ナビアプリを制御部21内のRAMから消去し(ステップS52)、自己位置報知機能をオンに設定して(ステップS53)、この図のフロー(ナビアプリ終了処理)を終える。この結果、ナビアプリが終了するので、ナビアプリ実行手段30はその動作を停止する。一方、自己位置報知処理手段29が動作を開始する。
【0055】
《自己位置報知処理》
図8は、自己位置報知処理手段29により実行される自己位置報知処理(図2のステップS7)を示すフローチャートである。
【0056】
図示のように、自己位置報知処理手段29は、タイマー手段28が一定時間(例えば3分)経過したら(ステップS61)、GPS受信機22により現在位置情報を取得し(ステップS62)、通信部26を介してナビゲーションサーバ10に送信する(ステップS63)。
【0057】
《ナビアプリ再開命令の処理》
図9は、ナビゲーションサーバ10におけるナビアプリ再開命令の処理を示すフローチャートである。この図のフローは一定時間(例えば3分)毎に繰り返し実行される。
【0058】
図示のように、携帯端末装置20の自己位置報知機能により送信されている現在位置情報を受信したとき(ステップS71:Yes)、その現在位置が案内不要区間の終了点付近に到達したか否かを判断する(ステップS72)。
【0059】
ここで、案内不要区間の終了点付近とは終了点から一定距離(例えば100m)以内を意味する。そして、現在位置が案内不要区間の終了点付近に到達したと判断した場合は(ステップS72:Yes)、送信データ生成手段16がナビアプリ再開命令を生成し、通信部12を介して携帯端末装置20に送信する(ステップS73)。
【0060】
現在位置情報を受信していない場合(ステップS71:No)、及び現在位置が案内不要区間の終了点付近に到達していない場合は(ステップS72:No)、この図のフローを終える。
【0061】
ナビアプリ再開命令を受信した携帯端末装置20は、既に説明した図2のステップS1→S4→S5の流れにより、ナビアプリの再開処理を行う。従って、案内不要区間が終了したら、次の案内不要区間に到達するまで、ナビアプリが動作し、経路案内が行われる。
【0062】
このように、本発明の実施形態によれば、経路案内が不要な区間において、ナビアプリを停止させることで、携帯端末装置20はバックグラウンドでナビアプリを実行しないため、その分だけ消費電力を低減することができる。
【0063】
なお、以上の実施形態は、本発明を携帯端末装置とサーバからなるシステムに適用したものであるが、本発明は地図DB及び経路DBを備えたスタンドアローン型のナビゲーション装置に適用することもできる。
また、実施形態では、一定距離以上案内ポイントがない区間を案内不要区間としたが、道路の分岐点であっても直進する場合などの進路変更がない区間を案内不要区間としてもよい。また、ユーザが任意の地点間を経路案内不要区間として設定できるようにしてもよい。また、ユーザが案内不要区間を設定する場合には、当該区間が出発地、目的地周辺(例えば1km)を除く設定ができるようにしてもよい。案内不要区間として設定された区間を解除できるようにしてもよい。
【0064】
また、実施形態では、携帯端末装置20は案内不要区間ではナビアプリを終了することとしたが、案内不要区間を走行中に、渋滞や事故などの不測の事態が発生した場合には、例外的にナビアプリを起動して、ユーザに報知してもよい。
ナビゲーションサーバ10は、渋滞情報や事故情報を収集する。ナビゲーションサーバ10は、外部の装置から渋滞や事故が発生した地点の情報を収集してもよい。
ナビゲーションサーバ10の送信データ生成手段16は、携帯端末装置20の自己位置報知処理手段29から送られてくる位置情報が、渋滞する道路付近や事故発生地点の付近(該当する地点から一定距離以内)になった場合、ナビアプリの再開命令を渋滞情報や事故情報とともに生成して、通信部12を介して該当する携帯端末装置20に送信する。携帯端末装置20は、ナビゲーションサーバ10からナビアプリの再開命令と渋滞情報や事故情報を受信すると、ナビアプリを再開し、音声メッセージ等でユーザに渋滞情報や事故情報を報知する。
【0065】
また、実施形態では、ナビゲーションサーバ10は、携帯端末装置20が案内不要区間の終了点付近に到達したか否かを判定したが、携帯端末装置20の自己位置報知処理手段29から送られてくる位置情報と、管理している推奨経路情報とを比較して、携帯端末装置20の位置情報が推奨経路から所定距離以上逸脱した場合にも、携帯端末装置20にナビアプリの再開命令と逸脱した旨の情報を送信してもよい。携帯端末装置20は、ナビゲーションサーバ10からナビアプリの再開命令と逸脱した旨の情報を受信すると、ナビアプリを再開し、音声メッセージ等でユーザに逸脱した旨を報知するとともに、経路の再探索を行なうか否かをユーザに報知してもよい。
【0066】
また、実施形態では、ナビゲーションサーバ10は、携帯端末装置20が案内不要区間の終了点付近に到達した場合にナビアプリの再開命令を生成して送信することとしたが、携帯端末装置20が案内不要区間の終了点に到達した場合にナビアプリの再開命令を送信してもよい。また、携帯端末装置20は、ナビゲーションサーバ10からのナビアプリ再開命令を受信したタイミングでナビアプリを再開してもよいし、ナビアプリ再開命令を受信後、携帯端末装置20の現在位置が案内不要区間の終了点に到達した場合にナビアプリを再開してもよい。
【0067】
また、実施形態では、GPS受信機による現在位置情報の生成間隔は所定間隔としたが、携帯端末装置20は、渋滞などが発生したときは、GPS受信機22による現在位置情報の生成間隔を経路案内中の時間(例えば1秒)よりも長く(例えば1分)することで、ナビアプリ実行中においても、消費電力の低減をすることができる。
【符号の説明】
【0068】
1…ネットワーク、10…ナビゲーションサーバ、11…制御部、12…通信部、13…地図DB、14…経路探索手段、15…案内不要区間取得手段、16…送信データ生成手段、20…携帯端末装置、21…制御部、22…GPS受信機、23…操作部、24…表示部、25…音声出力部、26…通信部、27…記憶部、28…タイマー手段、29…自己位置報知処理手段、30…ナビアプリ実行手段、31…経路探索要求手段、32…経路案内手段。


【特許請求の範囲】
【請求項1】
ナビゲーション機能を有するアプリケーションを動作させることにより推奨経路の案内を行うナビゲーション装置であって、
現在位置情報を取得する位置情報取得手段と、
出発地から目的地までの推奨経路を探索する経路探索手段と、
前記推奨経路において、経路に関する情報を案内する地点である案内ポイントが所定距離以上継続して存在しない案内不要区間を取得する案内不要区間取得手段と、
経路を案内する経路案内手段と、
前記現在位置が前記案内不要区間の開始点に到達したとき、前記アプリケーションを終了させるアプリケーション終了手段と
を有するナビゲーション装置。
【請求項2】
請求項1に記載されたナビゲーション装置において、
前記アプリケーションが終了されている状態においては一定間隔で現在位置情報を取得し、前記現在位置が前記案内不要区間の終了点まで所定の距離の位置に到達したとき、前記アプリケーションを再起動させるアプリケーション起動手段
を更に有するナビゲーション装置。
【請求項3】
請求項2に記載されたナビゲーション装置において、
前記アプリケーション終了手段により前記アプリケーションの動作が終了しているときに前記推奨経路及び案内ポイントの位置情報、並びに案内不要区間情報を保持する情報保持手段を更に有し、
前記経路案内手段は、前記アプリケーションが再起動したとき、前記情報保持手段に保持されている推奨経路及び案内ポイントの位置情報並びに案内不要区間情報を用いて経路案内を行う
ナビゲーション装置。
【請求項4】
請求項1乃至3のいずれかに記載されたナビゲーション装置において、
当該ナビゲーション装置は、ネットワークを介して通信可能な携帯端末装置及びナビゲーションサーバからなるナビゲーション装置。
【請求項5】
請求項4に記載されたナビゲーション装置において、
前記携帯端末装置は、前記ナビゲーションサーバに経路探索要求を行う経路探索要求手段と、前記経路案内手段と、前記アプリケーション終了手段と、を有し、前記ナビゲーションサーバは、前記経路探索手段と、前記案内不要区間取得手段と、前記推奨経路及び案内不要区間情報を前記携帯端末装置に送信する情報送信手段と、を有するナビゲーション装置。


【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate


【公開番号】特開2012−215476(P2012−215476A)
【公開日】平成24年11月8日(2012.11.8)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−81264(P2011−81264)
【出願日】平成23年3月31日(2011.3.31)
【出願人】(500578216)株式会社ゼンリンデータコム (231)
【Fターム(参考)】