ニホンミツバチ保護用オオスズメバチ防止器

【課題】 従来から、ミツバチを守るためのオオスズメバチ捕獲器は存在し、使用されているが、それらはオオスズメバチを殺す方式である。
これではオオスズメバチの数を減らし、生態系を壊す恐れがある。
オオスズメバチを殺すことなくミツバチを護る方法を見つける必要がある。
【解決手段】 本発明は、オオスズメバチを蜜蜂巣箱の入口に近づかせないようにする。
幅の違う板を、蜜蜂は通れて、オオスズメバチは通れない間隔で重ね、それらの板の縁にアルミ箔など伝導性のある箔を貼り、通電し、オオスズメバチが蜜蜂巣箱の入口に近づけないようにする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ニホンミツバチがオオスズメバチに襲われるのを防止する装置である。
【背景技術】
【0002】
従来から、オオスズメバチ捕獲器は存在し、セイヨウミツバチ保護に使用され、ニホンミツバチ用としても使用されるが、それはオオスズメバチを、入ったら戻れない仕掛けの小部屋に導き捕獲し、餓死させる仕掛けである。他にも様々な罠があるが、すべてオオスズメバチを殺す方式である。
【発明の開示】
【0003】
本発明は、オオスズメバチを捕獲するのではなく、オオスズメバチを蜜蜂巣箱の入口に近づかせないようにする装置である。
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来の捕獲器はすべてオオスズメバチの数を減らすので、生態系を壊す恐れがある。
【0005】
その上、従来の捕獲器はミツバチの巣への出入りを多少妨害するので、その分、ミツバチの集蜜活動を妨害し、生産性を低下させることになる。
【0006】
本発明はオオスズメバチを殺戮することはなく、ニホンミツバチの生産性も損なわない。
【課題を解決するための手段】
【0007】
図1は本発明の正面図である。9ミリないし10ミリの間隙で、薄い板(1)を階段状に重ねている。10ミリの隙間は、蜜蜂は自由に通れるが、オオスズメバチは通れない最大の間隔である。
【0008】
(2)は階段の各段の間隔を確保すると同時に、各段をお互い接着させるための駒である。
【0009】
図2は本発明の側面図である。左側を、下部に出入り口を持った巣箱に接するように取り付ける。
【0010】
(3)は階段の縁に貼り付けたアルミ箔である。このアルミ箔に、電池によってプラスとマイナスの電流を通し、オオスズメバチが2段にまたがったとき感電する仕掛けである。アルミ箔は上の2段だけで十分である。
【0011】
電池は9ボルトを5本、直列につなぎ(図4)、45ボルトの電圧を得ることにする。
【0012】
階段式にするのは、帰巣する蜂が、オオスズメバチが待ち構えていないところから入れるようにするためである。
【0013】
オオスズメバチは感電しても45ボルトの電圧では感電死することはない。
【0014】
オオスズメバチは感電を1度経験すると、その後はそこに近づかなくなる。
【0015】
図3は、本発明の平面図である。(4)は本発明を巣箱に取り付ける紐を通す穴である。
【0016】
図4の(5)は9ボルトの電池を5個直列につないだ図である。合計45ボルトになる。これだけの電圧があれば、オオスズメバチを入口に近づけないのに十分である。(6)はアルミ箔を挟むクリップである。
【発明の効果】
【0017】
本発明は、オオスズメバチを殺すことなく蜜蜂を保護できるので、生態系を壊すことがない。さらに、ニホンミツバチはオオスズメバチに活動を妨害されないので、集蜜の生産性を低下させない。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
図面通りの形態が最良と思われる。階段は最下段の広場を含んで5段である。材料はプラステックが最良であろう。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】 本発明の正面図
【図2】 本発明の側面図
【図3】 本発明の平面図
【図4】 9ボルト電池5個をつないだ図とアルミ箔を挟むクリップである。
【符号の説明】
【0020】
1 階段
2 間隙駒
3 アルミ箔
4 取り付け用穴
5 9ボルト電池5個の直列
6 クリップ

【特許請求の範囲】
【請求項1】
数枚の幅の違う板を、下から幅の広い順に、1センチほどの間隔で重ね、その板の縁にアルミ箔など電導性のあるテープを貼り付けたニホンミツバチ保護用オオスズメバチ防止器。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate


【公開番号】特開2010−158228(P2010−158228A)
【公開日】平成22年7月22日(2010.7.22)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2009−23078(P2009−23078)
【出願日】平成21年1月7日(2009.1.7)
【出願人】(396021715)
【Fターム(参考)】