Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
ニードルフェルト基布用繊維およびニードルフェルト
説明

ニードルフェルト基布用繊維およびニードルフェルト

【課題】バット繊維とニードルフェルト基布との固着性に優れたニードルフェルトを作ることができるニードルフェルト基布用繊維およびニードルフェルトの提供。
【解決手段】3以上の多角形断面形状を有する合成樹脂製モノフィラメントの撚糸を、経糸および/または緯糸の少なくとも一部に使用したニードルフェルト用基布の両面にバット繊維を乗せ、ニードルパンチングを行い、バット繊維を固着してなるニードルフェルトの製造に適した撚糸。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、従来のものに比べてバット繊維とニードルフェルト基布との固着性に優れたニードルフェルトを得ることができるニードルフェルト基布用繊維およびこのニードルフェルト基布用繊維とバット繊維とからなるニードルフェルトに関するものである。
【背景技術】
【0002】
合成樹脂製モノフィラメントは、良好な物性を有していることからニードルフェルト基布を代表とする各種工業用繊維資材の構成素材として広く使用されている。
【0003】
特に抄紙工程で漉き揚げた紙を搾水するために使用されるニードルフェルトには、ニードルフェルト基布の構成素材に合成樹脂製モノフィラメントが使用されているが、ニードルフェルトは高速・高圧条件下で圧縮・回復・吸引を繰り返し受けるため、ニードルフェルト基布に使用する合成樹脂製モノフィラメントには優れた抗張力と耐久性が要求されている。
【0004】
また、ニードルフェルトは、ニードルパンチと呼ばれる方法で、バット繊維と呼ばれる短繊維をニードルフェルト基布に絡ませ固着して形成されるが、その際にニードルとの接触によりニードルフェルト基布が損傷を受けやすいことから、ニードルフェルトの耐久性を向上させるため、ニードルフェルト基布には合成樹脂製モノフィラメントを複数本撚り合わせた撚糸が使用されている。
【0005】
さらに、ニードルフェルトにおいては、バット繊維がニードルフェルト基布に強く固着していないと、製紙工程中にバット繊維が脱落し、製紙工程や製紙製品に影響を与える場合があることから、バット繊維とニードルフェルト基布とが互いによく絡み合うことが、耐久性の優れたニードルフェルトを得る上で重要な条件となっている。
【0006】
そこで、ニードルパンチを行うと容易に裂ける単糸を経糸または緯糸の少なくとも一方に使用し、その単糸の裂け目にバット繊維を絡ませて固着性を高めた抄紙用フェルト(例えば、特許文献1参照)が提案されている。
【0007】
しかし、この抄紙用フェルトは、ニードルパンチを行うと単糸が容易に裂けるため、単糸の強度が著しく低下し、抄紙用フェルトとして十分な強度が得られにくく、耐久性に欠けたものであった。
【0008】
また、厚さ方向に直線部のない、例えば扁平断面などの断面形状を有するモノフィラメントをフェルト基布用繊維として用い、これをフェルト基布の経糸に使用することにより、ニードルパンチの際にニードルがモノフィラメントを貫通して損傷を与えにくくしたドライヤーフェルト(例えば、特許文献2参照)が提案されているが、このドライヤーフェルトは、撚糸を使用した従来のフェルトに比べて、短繊維とフェルト基布との固着性が予想されるよりも低く、抄紙工程中に一部の短繊維が脱落して製紙工程や製紙製品に影響を及ぼす場合があった。
【0009】
本発明者らも、3葉以上の多葉断面モノフィラメントの単糸を使用し、短繊維とフェルト基布の固着性を改良したニードルフェルト基布用繊維(例えば、特許文献3参照)を先に提案しているが、この基布用繊維は、針打ち密度500本/cm以上でニードルパンチを行った場合に、ニードルによる損傷を受けやすくなるばかりか、撚糸を使用した従来のフェルトと比較すると柔軟性が低く、走行安定性が悪くなるという問題が残されていることが判明した。
【0010】
このように、従来のニードルフェルトにおいては、ニードルパンチの際にニードルフェルト基布用繊維がニードルによる損傷を受けやすいために、耐久性の低いものとなるばかりか、バット繊維とニードルフェルト基布との固着性も十分ではないため、使用中にバット繊維が脱落し、製紙工程や製紙製品に悪影響を及ぼすなどの様々な問題を抱えていたことから、その改善がしきりに求められていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0011】
【特許文献1】特開2006−70411号公報
【特許文献2】特開2003−82594号公報
【特許文献3】特開2007−308822号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0012】
本発明は、上述した従来技術における問題点を検討した結果、達成されたものである。すなわち、本発明の目的は、従来のものに比べてニードルパンチの際にニードルフェルト基布用繊維がニードルによる損傷を受けにくく、バット繊維とニードルフェルト基布との固着性に優れたニードルフェルトを作ることができるニードルフェルト基布用繊維およびこのニードルフェルト基布用繊維とバット繊維とからなるニードルフェルトを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0013】
上記の課題を解決するために、本発明者等が鋭意検討した結果、特定の多角断面形状を有する多角断面合成樹脂製モノフィラメントが、これまでにない諸特性を有し、ニードルフェルト基布用繊維として優れた性能を発揮することを見出し、本発明に至った。
【0014】
すなわち、上記の目的を達成するために本発明によれば、3角以上の多角断面形状を有する合成樹脂製モノフィラメントの撚糸からなるニードルフェルト基布用繊維が提供される。
【0015】
なお、本発明においては、合成樹脂製モノフィラメントが3〜8角の多角断面形状であること、合成樹脂製モノフィラメントがポリアミド樹脂からなることが好ましい条件として挙げられ、これらの条件うち少なくとも一つを満たすことによって、一層優れた効果の取得を期待することができる。
【0016】
また、本発明のニードルフェルトは、ニードルフェルト基布とバット繊維とを固着してなるニードルフェルトであって、上記のニードルフェルト基布用繊維をニードルフェルト用基布の経糸および/または緯糸の少なくとも一部に使用したことを特徴とする。
【発明の効果】
【0017】
以下に説明するとおり、本発明のニードルフェルト基布用繊維からなるニードルフェルト基布を使用したニードルフェルトによれば、従来のニードルフェルト基布を使用した場合に比べて、バット繊維とニードルフェルト基布との固着性も高いため、バット繊維が脱落することによる製紙工程や製紙製品への悪影響を大幅に低減させることができるとともに本発明のニードルフェルト基布用繊維は、その耐久性が極めて優れている。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】(a)〜(d)は本発明で使用される合成樹脂製モノフィラメントの断面形状を示す四例図である。
【図2】ニードルフェルトにおけるバット繊維の固着性を確認するための各等級(2級〜5級)限度を示す写真である。
【発明を実施するための形態】
【0019】
以下、本発明についてさらに詳細に説明する。
【0020】
本発明のニードルフェルト基布用繊維は、3角以上の多角断面形状を有する合成樹脂製モノフィラメントの撚糸からなり、前記合成樹脂製モノフィラメントが多角断面形状であるために、ニードルパンチによりバット繊維をニードルフェルト基布に植毛した際には、バット繊維がニードルフェルト基布に絡んで強固に固着し、さらには、ニードルパンチによる損傷が少ないために、ニードルフェルト基布の強度低下が無く、耐久性に優れたニードルフェルトが得られることを特徴とするものである。
【0021】
なお、本発明のニードルフェルト基布用繊維となる合成樹脂製モノフィラメントは、それを構成する合成樹脂として、6ナイロン、66ナイロン、610ナイロン、612ナイロン、6/66共重合ナイロンなどのポリアミド樹脂およびそれらの共重合体、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレート、ポリシクロヘキサンジメチレンテレフタレートなどのポリエステル類およびそれらの共重合体、ポリフッ化ビニリデン、エチレン・テトラフルオロエチレン共重合体、テトラフルオロエチレン・ヘキサフルオロプロピレン・フッ化ビニリデン共重合体などのフッ素樹脂類、ポリフェニレンスルフィドなどを使用することができるが、強度や剛性などの力学的特性や製紙の際のプレスフェルトの搾水を考慮すると、圧縮回復性や弾性回復特性などの耐久性の面でバランスの取れたポリアミド樹脂の使用が好ましい。
【0022】
また、ニードルフェルトを製紙工程で使用する場合には、製紙原液中に添加されている填料、サイズ剤、紙力増強剤などの各種製紙原料やその他からなる汚れがニードルフェルトの表面に付着、蓄積することで、搾水や通水性を低下させる場合がある。
【0023】
このような場合には、テトラフルオロエチレンとエチレンを主たる構成成分とするランダム共重合体、ポリクロロトリフルオロエチレン、ポリビニリデンフルオライド、ビニリデンフルオライド・テトラフルオロエチレン共重合体、ポリテトラフルオロエチレン、テトラフルオロエチレン・パーフルオロアルキルビニルエーテル共重合体、テトラフルオロエチレン・ヘキサフルオロプロピレン共重合体、ポリパーフルオロアルキル・アクリレート、ポリパーフルオロアルキル・メタアクリレート、パーフルオロアルキル・アルキレートおよび/またはパーフルオロアルキル・メタアクリレートとヒドロキシアルキル基を含有する場合を含めたアクリレートおよび/またはメタアクリレートとのランダムまたはブロック共重合体、およびo−またはm−パーフルオロオキシイソフタル酸をジカルボン酸成分の少なくとも一部に含むポリエステルまたはポリエーテルポリエステルなどのポリマ分子の側鎖にフッ素原子を有するフッ素系重合体から選ばれた1種または2種以上の化合物を任意に選択して合成樹脂に含有させることにより、汚れをニードルフェルトの表面に付着しにくくさせることもできる。
【0024】
さらに、上記合成樹脂には、酸化チタン、酸化ケイ素、炭酸カルシウム、窒化ケイ素、クレー、タルク、カオリン、カーボンブラックおよびジルコニウム酸などの各種無機粒子や架橋高分子粒子および各種金属粒子などの粒子類のほか、金属イオン封鎖剤、イオン交換剤、耐光剤、着色防止剤、帯電防止剤、各種着色剤、ワックス類、シリコーンオイル、各種界面活性剤および各種強化繊維類などが添加されてもよい。
【0025】
上記合成樹脂製モノフィラメントの製造は、何ら特殊な方法を必要とせず、公知の紡糸方法で行うことができる。例えば、エクストルーダーのような混練押出機、あるいはプレッシャーメルター型などの溶融紡糸機を使用し、合成樹脂を多角断面形状に対応する紡糸口金から溶融押出し、引き続き冷却、熱延伸および熱セットすることにより製造することができる。
【0026】
なお、上記製造方法で得られる合成樹脂製モノフィラメントは、次に示す特性を有することが必要である。すなわち、本発明で使用される合成樹脂製モノフィラメントの断面形状は、例えば図1の(a)〜(d)に示すように、3角以上の多角断面形状であることが重要である。
【0027】
しかし、多角断面形状の角の数が多すぎると、従来の丸断面に近くなり、植毛した際に、バット繊維とニードルフェルト基布との固着性が得られにくくなる場合があるため、角の数は3〜8角であることが好ましく、さらには3〜5角であることがより好ましい。
【0028】
なお、本発明で使用する合成樹脂製モノフィラメントの太さは、ニードルフェルト基布の種類によって適宜選択され、特に限定されるものではない。
【0029】
本発明のニードルフェルトは、ニードルフェルト基布とバット繊維とを固着してなるニードルフェルトであって、上記のニードルフェルト基布用繊維をニードルフェルト用基布の経糸および/または緯糸の少なくとも一部に使用したことを特徴とする。
【0030】
ここで使用するバット繊維としては、一般にニードルフェルト用に使用されているものであれば特に限定はされないが、例えば、6ナイロンまたは66ナイロンからなる単糸1.5〜4.0dtex、且つ長さ10〜50mmのステープルなどを挙げることができる。
【0031】
また、ニードルフェルト基布とバット繊維との固着は、通常ニードルパンチにより行われるが、このニードルパンチとしては、一般に行われているニードルフェルトの製造条件に準じた方法であれば特に限定はされず、例えば、上記ステープルをニードルフェルト基布の表面に約300〜800g/m乗せた後、針打ち密度300〜500本/cmのニードルを打ち込むことによってステープルをニードルフェルト基布に絡めて固着する方法が挙げられる。
【0032】
こうして得られたニードルフェルトは、ニードルフェルトの形成時にニードルによる損傷を受けにくいニードルフェルト基布用繊維を使用しているため、耐久性に優れているばかりか、従来のニードルフェルトに比べて、バット繊維とニードルフェルト基布との固着性が高いため、バット繊維が脱落することによる製紙工程や製紙製品への影響を大幅に低減させることができる。
【実施例】
【0033】
以下に、本発明のニードルフェルト基布用繊維について、さらに詳細に説明するが、本発明はその要旨を超えない限り以下の実施例に何等限定されるものではない。
【0034】
なお、実施例におけるバット繊維の固着性およびニードルフェルトの耐久性の評価は以下の通り行った。
【0035】
[バット繊維の固着性]
JIS L1913−1998の6.6.2に記載するJIS L1096−1998の8.17.3「C法(テーバ法)」に準じて行った。詳しくは、製織したニードルフェルトを直径13cmの円形に切断し、テーバ形摩耗試験機を使用して、切断した試験片の表面を摩耗輪(No.CS−17、荷重9.81N)で回転摩擦した。そして、回転摩擦を100回行った後の試験片の外観変化をJIS L1913−1998に記載する付図1の各等級(2〜5級、図2参照・・等級が高いほど固着性良好)の写真と比較し、どの等級に該当するかを確認した。
【0036】
そして、この評価を3枚の試験片について行い、これら等級の平均値をバット繊維の固着性の評価値(0.5級単位に丸めて表記)とした。
【0037】
[ニードルフェルトの耐久性]
得られた多角形合成樹脂製モノフィラメントを撚糸(下撚り:2本(撚り数:240T/m)、上撚り:3本(撚り数:180T/m))し、得られたニードルフェルト基布の両面にバット繊維をパンチングし、ニードルフェルト(A)を作成した。
【0038】
実施例および比較例とほぼ同じ繊度の丸断面モノフィラメントを撚糸(下撚り:2本(撚り数:240T/m)、上撚り:3本(撚り数:180T/m))し、同じようにニードルフェルト(B)を作成した。
【0039】
そして、この2つのニードルフェルト(A)および(B)を抄紙機に掛けて実際に抄紙を行い、両ニードルフェルトの使用可能時間を測定し、ニードルフェルト(A)の使用可能時間Ta(単位:日)に対するニードルフェルト(B)の使用可能時間Tb(単位:日)の比Ta/Tb(倍)の値を求めた。この値が高いほど耐久性の高いニードルフェルトであることが分かる。
【0040】
〔実施例1〕
原料にナイロン6チップ(東レ(株)製、“アミラン”ポリアミドチップCM1021、ηr=3.4)を使用した。
【0041】
このナイロン6チップを1軸エクストルーダー紡糸機に連続供給し、約270℃で3分間溶融混練した後、溶融ポリマをギアポンプで計量しながら紡糸パック内に送り込み、紡糸パック内の濾過層を通させて、表1に示した3角断面形状に対応する紡糸口金から紡出した。
【0042】
その後、20℃の冷却水槽で冷却固化した後、引き続いて60℃温浴中で3.0倍に延伸し、更に100℃の熱風中で延伸してトータル4.5倍の延伸を行った。そして、0.9倍で弛緩熱セットを行うことにより、表1に示した3角断面形状を有した繊度357dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。
【0043】
このポリアミドモノフィラメントをニードルフェルト基布用繊維として撚糸(下撚り:2本(撚り数:240T/m)、上撚り:3本(撚り数:180T/m))し、ニードルフェルト基布を製織し、得られたニードルフェルト基布の両面にバット繊維(6ナイロン製、単糸2.5dtex、長さ40mmのステープル)を540g/m乗せ、針打ち密度500本/cmのニードルでパンチングを行い、バット繊維をニードルフェルト基布に絡めて固着せしめることによりニードルフェルトを作成した。
【0044】
各種評価結果を表1に示す。
【0045】
〔実施例2〕
4角断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1同様の方法で繊度359dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0046】
各種評価結果を表1に示す。
【0047】
〔実施例3〕
5角断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1同様の方法で繊度355dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0048】
各種評価結果を表1に示す。
【0049】
〔実施例4〕
6角断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1同様の方法で繊度362dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0050】
各種評価結果を表1に示す。
【0051】
〔実施例5〕
7角断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1同様の方法で繊度358dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0052】
各種評価結果を表1に示す。
【0053】
〔実施例6〕
8角断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1と同様の方法で繊度377dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0054】
各種評価結果を表1に示す。
【0055】
〔比較例1〕
楕円断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1と同様の方法で繊度360dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0056】
各種評価結果を表1に示す。
【0057】
〔比較例2〕
丸断面形状に対応する紡糸口金を使用して実施例1同様の方法で繊度366dtexのポリアミドモノフィラメントを得た。このポリアミドモノフィラメントを使用して実施例1と同様の方法でニードルフェルトを作成した。
【0058】
各種評価結果を表1に示す。
【0059】
【表1】

【0060】
表1の結果から明らかなように、本発明のニードルフェルト基布用繊維(実施例1〜6)を使用したニードルフェルトは、比較例1〜2のニードルフェルト基布用繊維に比べて、耐久性に優れ、またバット繊維とニードルフェルト基布との固着性が高いためにバット繊維の脱落がなく、製紙工程や製紙製品に影響を与えることがないなどの優れた効果を発揮することが分かる。
【産業上の利用可能性】
【0061】
本発明のニードルフェルト基布用繊維は、ニードルフェルトの形成時にニードルによる損傷を受けにくいため、その耐久性が極めて優れている。
【0062】
したがって、本発明のニードルフェルト基布用繊維からなるニードルフェルト基布を使用したニードルフェルトによれば、従来のニードルフェルト基布を使用した場合に比べて、バット繊維とニードルフェルト基布との固着性も高いため、バット繊維が脱落することによる製紙工程や製紙製品への影響を大幅に低減させることができ、製紙業界に貢献するところが大きい。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
3角以上の多角断面形状を有する合成樹脂製モノフィラメントの撚糸からなることを特徴とするニードルフェルト基布用繊維。
【請求項2】
前記合成樹脂製モノフィラメントが3〜8角の多角断面形状であることを特徴とする請求項1に記載のニードルフェルト基布用繊維。
【請求項3】
前記合成樹脂製モノフィラメントがポリアミド樹脂からなることを特徴とする請求項1または2に記載のニードルフェルト基布用繊維。
【請求項4】
ニードルフェルト基布とバット繊維とを固着してなるニードルフェルトであって、前記ニードルフェルト用基布の経糸および/または緯糸の少なくとも一部に請求項1〜3のいずれか1項に記載のニードルフェルト基布用繊維を使用したことを特徴とするニードルフェルト。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公開番号】特開2013−44059(P2013−44059A)
【公開日】平成25年3月4日(2013.3.4)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−181147(P2011−181147)
【出願日】平成23年8月23日(2011.8.23)
【出願人】(000219288)東レ・モノフィラメント株式会社 (239)
【Fターム(参考)】