ノズル付き容器

【課題】極めて簡単な構造で、しかも内容物がノズル内に固化しても目詰まりを容易に解消することができ、また、内容物の手への吐出の際には手に負担をかけずに摺りきることができ、更に閉塞部材との組み合わせによりノズル内の高い気密性の保持を行えるノズル付き容器を提案する。
【解決手段】容器体A上に、ノズル11を突設した吐出ヘッド12を備え、排出手段により容器体A内の収納液をノズル11より吐出する如く構成したノズル付き容器であって、ノズル11に、先端をノズル先端より突出した状態で、柔軟で弾力性に富む材により形成された筒体20を嵌着固定した。この筒体20によりノズル11内に残液の固化が生じても筒体20を圧搾して容易に取り除くことができる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明はノズル付き容器に関する。
【背景技術】
【0002】
ノズル付き容器として、内容物を吐出した後にノズル先端に残った内容物が固化して次回以降の吐出を妨げてしまうという問題があり、この様な固化物がノズル内に生じた場合には先端から棒状物等により掻き出す必要があった。この点を考慮したノズルが提案されている。(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
前記ノズルは、注出筒内先端に弁部材を嵌着固定してなるノズルであって、弁部材は、外周縁を注出筒内先端に嵌着固定させた周壁内面後端より内方へフランジを延設するとともに、該フランジ内周縁より前方へ周方向複数の支持脚を延設し、且つ、各支持脚前端面に裏面周縁を連結させた弁座板を設けてなる支持基体と、弁座板及び各支持脚外面に内面を液密に嵌合して各支持脚間の開口部を閉塞させるとともに、支持基体周壁内面に外面を嵌合させて嵌着固定させ、且つ、柔軟性を有する弾性材質にて形成した筒状の弁体とからなり、前記弁体外周面と支持基体周壁内周面との当接部間に前端部より後方へ走る間隙を周方向複数設けて各間隙部分の弁体が液圧により外方へ弾性変形可能に構成している。
【特許文献1】実用新案登録第2568987号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
前記ノズルは、非使用時には弁部材の弁体により注出筒内が外部と気密に遮断され、注出筒内の残液の酸化や乾燥を防止し、その結果液の固化が無く、目詰まりのない円滑な液の注出を行える優れたものであるが、構造が複雑であるという難点がある。
【0005】
本発明は前記した点に鑑みてなされたもので、極めて簡単な構造でしかも内容物がノズル内で固化しても目詰まりを容易に解消することができ、また、内容物の手への吐出の際には手に負担をかけずに摺り切ることができ、更に、閉塞部材との組み合わせによりノズル内の高い気密性の保持を行えるノズル付き容器を提案する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
第1の手段として、容器体A上に、ノズル11を突設した吐出ヘッド12を備え、排出手段により容器体A内の収納液をノズル11より吐出する如く構成したノズル付き容器に於いて、ノズル11に、先端をノズル11先端より突出した状態で、柔軟で弾力性に富む材質により形成された筒体20を嵌着固定した。
【0007】
容器体Aは胴部より縮径した口頸部を起立する所謂ボトルタイプの合成樹脂製の容器体を使用でき、その他排出手段等に応じて種々の形態の容器体が使用でき、例えば、エアゾール缶の如き金属製のものであっても、或いは胴部の上端をそのまま開口した有底筒状形態の容器体であっても良い。また、排出手段が後述するスクイズタイプのものにあっては、胴部を圧搾可能に構成したものを使用する。
【0008】
前記排出手段としては容器体Aに装着した押し下げヘッド式のポンプ或いは蓄圧式ポンプ或いは容器体Aに備えたエアゾールタイプの吐出機構、更には容器体の胴部を圧搾することによるスクイズタイプの排出手段、容器を傾けることにより収納液を排出する排出手段等の種々の排出手段が該当する。また、吐出ヘッド12は、容器体A上に位置するもので、ポンプ形態の排出手段の場合のように上下に作動するものであっても、或いは胴部圧搾による排出手段の場合のように容器体上に固定されたものであっても良い。
【0009】
筒体20は、先端をノズル11先端より突出した状態であれば、後述図示例の如くノズル先端部に嵌着する形態であっても、或いはノズル全体を被覆して嵌着する形態であっても良い。また、ノズル先端部に嵌着する形態の場合には、筒体20の後端面を係止する係止面をノズル外周に形成すると良い。筒体20の材質としては合成樹脂,エラストマー等が好ましく採用できる。筒体20のノズル11の先端部からの突出幅は特に限定されないが、外面対向位置から押圧した際に比較的大きく撓むことができる程度の突出幅が好ましい。具体的には5mm〜15mm程度が好ましいが、当然これに限らない。
【0010】
第2の手段として、前記第1の手段に於いて、前記ノズル11の外周面と前記筒体20の内周面に相互に係合して抜け出しを防止する係合手段を設けた。
【0011】
前記係合手段としては、後述する実施形態の鋸刃状の環状突部相互の係合手段の外、ノズル11外周と、筒体20内周にそれぞれ螺条を刻設して螺着する手段を採用することもでき、その他、ノズル11外周と筒体20内周に相互に嵌合する凹部及び突部を突設することでも良い。
【0012】
第3の手段として、前記第1の手段又は前記第2の手段に於いて、前記筒体20の先端面bを圧接して閉塞する閉塞板部30を備えた閉塞部材31をノズル付き容器1に着脱可能に設けた。
【0013】
閉塞部材31を設ける主たる目的とするところはノズル11の先端吐出口を密閉することにある。従って、前記条件を備えればその形態は種々選択できる。例えば、後述する実施形態の如きカバータイプの外、吐出ヘッド12上面に嵌着したキャップ状部から帯体を延設し、その先端部に閉塞板部30を垂設して筒体20前面を圧接する如く構成しても良い。
【0014】
第4の手段として、容器体Aと、該容器体の口頸部3に嵌着した装着キャップ10の上方に、上方付勢状態で押し下げ可能に、前方へノズル11を突設した吐出ヘッド12を突出し、吐出ヘッド12の上下動により容器体内の液をノズル11より吐出する如く構成したポンプとからなるノズル付き容器に於いて、前記ノズル11の外周に、先端をノズル11先端より突出した状態で、柔軟で弾力性に富む材質により形成された筒体20を嵌着固定し、前記装着キャップ10外周に下部筒壁部41a を嵌着するとともに、フランジ部41b を介して吐出ヘッド12下部周囲に上部筒壁部41c を延設し、上部筒壁部41c 外面を嵌着面cとした固定筒41を設け、前記嵌着面cに強制嵌着した後端部開口の開環筒状をなす嵌着基部31a と、前記嵌着基部31a 上に延設するとともに、前記吐出ヘッド12及びノズル11を被覆してその先端の閉塞板部30を上記筒体20前面に圧接した後端部開口の本体部31b とから成る閉塞部材31を設けた。
【発明の効果】
【0015】
本発明のノズル付き容器は、ノズル11の外周に筒体20を嵌着固定するという極めて簡単な構造で、ノズル11内の残液が固化しても筒体20を扱くことにより簡単に取り除くことができ、また、先端が柔軟であるため、手に内容物を取り出す場合に先端を手のひらで摺り切っても痛みが生じる等の不都合がなく安全でかつ快適に利用できるものである。
【0016】
また、前記ノズル11の外周面と前記筒体20の内周面に相互に係合して抜け出しを防止する係合手段を設ければ、使用中に筒体20が外れる等の不都合をより確実に防止することができる。
【0017】
更に、前記筒体20の先端面bを圧接して閉塞する閉塞板部30を備えた閉塞部材31を着脱可能に設けた場合には、非使用時にノズル11内が密閉されるため、ノズル11内の残液の乾燥等を防止でき、その結果、ノズル11内の液の固化を防止できる。特に閉塞部材31をカバー形態のものとすれば、非使用時には容器上部を被覆して埃等の付着防止も図れる。
【0018】
第4の手段のような固定筒41に嵌着基部31a を強制嵌着した閉塞部材31の場合には、固定筒のフランジ部41b 及び嵌着面cにより嵌着基部31a がガタツキなく安定した状態で固定でき、その結果、閉塞板部30により筒体20の先端開口の閉塞をより確実に行えてノズル内残液の乾燥,固化を防止できる。また、吐出ヘッド12が押し下げヘッド式の可動性のものであっても閉塞板部30の確実な圧接によりノズル11内の密閉性をより向上できる。また閉塞部材31がノズル11及び吐出ヘッド12の大部分を被覆することができるため、その部分への埃の付着等を極力防止できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0019】
以下、本発明の実施例の形態を図面を参照して説明する。
【0020】
図1は本発明ノズル付き容器の一例を示すもので、該ノズル付き容器1は、容器体Aに押し下げヘッド式のポンプBを装着し、該ポンプBを排出手段として採用しており、容器体Aは、胴部2より口頸部3を起立したボトルタイプの合成樹脂製のものを使用している。
【0021】
ポンプBは、容器体Aの口頸部3に装着キャップ10を嵌合させて装着しており、装着キャップ10上端より上方付勢状態で押し込み可能にノズル11付きの吐出ヘッド12を突出している。そして、吐出ヘッド12を押し下げ、また、押し下げた吐出ヘッド12が上方付勢力により上昇する上下動により、内蔵ポンプ機構の作用で、容器体A内の液を吸い上げてノズル11先端の吐出口13より吐出する如く構成している。内蔵ポンプ機構としては公知のこの種のポンプの機構が採用でき、例えば、図示せずに説明すると、容器体A内に垂下させたシリンダの上端を装着キャップ10により容器体Aの口頸部に固定し、また、シリンダ内周を上下に摺動するピストンを下部外周に連携させたステムの上端に吐出ヘッドを嵌着し、これらをコイルスプリングにより上方へ付勢させ、また、シリンダ内下端には吸い込み弁を、ステム内には吐出弁をそれぞれ設け、シリンダ下端からは容器体内下部に垂下するパイプを連結した構造が上げられる。尚、シリンダを液シリンダ及び空気シリンダの二種類で形成し、それぞれピストンを連携させて液シリンダ内の液と空気シリンダ内の空気を合流して収納液を泡として吐出する公知のポンプ機構を採用することもできる。
【0022】
ノズル11は吐出ヘッド12より側方である前方に突出させている。ノズル11の先端部外周は小径に形成してその小径部後端に係止面aを形成している。更に、小径部外周には係合手段を構成する後方に傾く鋸刃状の環状突部14を複数連設している。
【0023】
ノズル11外周の上記小径部には、先端をノズル11先端より突出した状態で、柔軟で弾力性に富む材質により形成された筒体20を嵌着固定している。筒体20の内周には前方に傾く鋸刃状の環状突部21を複数連設してノズル11の後方に傾く鋸刃状の環状突部14とそれぞれ係合させて装着し易く、抜け難い取り付けができる係合手段を設けている。筒体20は柔軟で弾力性に富む部材で形成しているため、若干嵌合部分の外径より小さい外径でも装着することが可能であり、密に嵌合することができるとともに、鋸刃状の環状突部を形成したものであっても相互の気密性を充分保つことができる。
【0024】
また、前記筒体20の先端面bを圧接して閉塞する閉塞板部30を備えた閉塞部材31をノズル付き容器1に着脱可能に設けている。本例の場合には装着キャップ10外周に嵌合する下部筒壁部41a の上端から装着キャップ10の上面周縁に当接するフランジ部41b を介して上方の吐出ヘッド12下部周囲に上部筒壁部41c を延設し、上部筒壁部外面を嵌着面cとするとともに、フランジ部41b 上面を上向き段部40とした固定筒41を設け、この固定筒41を介してノズル付き容器1にカバー形態の閉塞部材31を着脱可能に装着している。閉塞部材31は、下面を上向き段部40上に当接して嵌着面cに強制嵌着した後端部開口の開環筒状をなす嵌着基部31a と、該嵌着基部31a 上に延設するとともに、吐出ヘッド12及びノズル11を被覆してその先端の閉塞板部30を上記筒体20前面に圧接した後端部開口の本体部31b とからなる。本体部31b の頂部後端部には両側に左右一対の切溝32を形成してその中央部に指掛け部33を画成している。
【0025】
そして、嵌着基部31a を嵌着面cに嵌着した際には閉塞板部30が筒体20の先端面bを後方へ圧接する如く構成している。閉塞部材31の取り付けは前方より後方へ押し込むように行い、嵌着基部31a の後部を拡げる如く弾性変形させて装着する。嵌着基部31a が嵌着面cに嵌合した際に閉塞板部30が筒体20の先端面bを圧接する位置にある如く相互の位置を定めている。また、取り外しの際には上部の指掛け部33を前方上方へ引き上げれば容易に外すことができる。取り付け,取り外しの際には前記切溝32の存在で閉塞部材31の後部が弾性変形し易い。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本発明ノズル付き容器の一部切欠側面図である。(実施例1)
【図2】本発明ノズル付き容器の筒体を外したノズル部分の縦断面図である。(実施例1)
【符号の説明】
【0027】
10…装着キャップ,11…ノズル,12…吐出ヘッド,20…筒体,30…閉塞板部,
31…閉塞部材,31a …嵌着基部,31b …本体部,41a …下部筒壁部,
41b …フランジ部,41c …上部筒壁部,b…先端面,c…嵌着面,A…容器体,
B…ポンプ

【特許請求の範囲】
【請求項1】
容器体A上に、ノズル11を突設した吐出ヘッド12を備え、排出手段により容器体A内の収納液をノズル11より吐出する如く構成したノズル付き容器に於いて、ノズル11に、先端をノズル11先端より突出した状態で、柔軟で弾力性に富む材質により形成された筒体20を嵌着固定したことを特徴とするノズル付き容器。
【請求項2】
前記ノズル11の外周面と前記筒体20の内周面に相互に係合して抜け出しを防止する係合手段を設けてなる請求項1記載のノズル付き容器。
【請求項3】
前記筒体20の先端面bを圧接して閉塞する閉塞板部30を備えた閉塞部材31をノズル付き容器1に着脱可能に設けてなる請求項1又は請求項2のいずれかに記載のノズル付き容器。
【請求項4】
容器体Aと、該容器体の口頸部3に嵌着した装着キャップ10の上方に、上方付勢状態で押し下げ可能に、前方へノズル11を突設した吐出ヘッド12を突出し、吐出ヘッド12の上下動により容器体内の液をノズル11より吐出する如く構成したポンプとからなるノズル付き容器に於いて、前記ノズル11の外周に、先端をノズル11先端より突出した状態で、柔軟で弾力性に富む材質により形成された筒体20を嵌着固定し、前記装着キャップ10外周に下部筒壁部41a を嵌着するとともに、フランジ部41b を介して吐出ヘッド12下部周囲に上部筒壁部41c を延設し、上部筒壁部41c 外面を嵌着面cとした固定筒41を設け、前記嵌着面cに強制嵌着した後端部開口の開環筒状をなす嵌着基部31a と、前記嵌着基部31a 上に延設するとともに、前記吐出ヘッド12及びノズル11を被覆してその先端の閉塞板部30を上記筒体20前面に圧接した後端部開口の本体部31b とから成る閉塞部材31を設けたことを特徴とするノズル付き容器。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公開番号】特開2006−206135(P2006−206135A)
【公開日】平成18年8月10日(2006.8.10)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−22669(P2005−22669)
【出願日】平成17年1月31日(2005.1.31)
【出願人】(000006909)株式会社吉野工業所 (2,913)
【Fターム(参考)】