Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
ヒスタミンH3受容体薬剤としてのオキサゾール誘導体、製造及び治療的使用
説明

ヒスタミンH3受容体薬剤としてのオキサゾール誘導体、製造及び治療的使用

本発明は、ヒスタミンH3受容体のアンタゴニスト又はインバースアゴニスト活性を有する式(I)の新規なアリールオキサゾール化合物又はその薬剤的に許容される塩、及びその化合物の製造方法を開示する。別の実施形態において、本発明は、式Iの化合物を含む医薬組成物と、この医薬組成物を使用して、肥満症、認知障害、睡眠発作、及びヒスタミンH3受容体に関連する他の疾患を治療する方法を開示する。式(I)で示される化合物またはその薬剤的に許容される塩(式中、mはそれぞれにおいて独立して1、2、又は3であり、Zは、独立して炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)又は窒素を示し、但し、Zが窒素の場合、R6はZに付着されず、R1及びR2は、独立して−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)を示し、又は、R1及びR2並びにこれらが付着される窒素は、アゼチジニル環、ピロリジニル環、又はピペリジニル環を形成し、ここで、形成されるアゼチジニル、ピロリジニル、又はピペリジニル環は、R5で任意に一置換から三置換されてよく、R6は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、又は−CHである)。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式Iで構造的に表される化合物、又はその薬理学的に許容できる塩。
【化1】

(I)
[式中、mはそれぞれにおいて独立して1、2、又は3であり、
形成される−CH−、−CH−CH−、又は−CH−CH−CH−の1又は2個の水素は、独立してハロゲンで置換されてよく、或いは窒素に隣接しない炭素において、形成される−CH−CH−、又は−CH−CH−CH−の水素の1個は、−OH、−O−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)で任意に置換されてもよく、
Zは、独立して炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)又は窒素を示し、但し、Zが窒素の場合、R6はZに付着されず、
R1及びR2は、独立して−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)を示し、
又は、R1及びR2並びにこれらが付着される窒素は、アゼチジニル環、ピロリジニル環、又はピペリジニル環を形成し、ここで、形成されるアゼチジニル、ピロリジニル、又はピペリジニル環は、R5で任意に一置換から三置換されてよく、
R3は、独立して−H、−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又は−O−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R4は、独立して−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CN、−C(O)R7、−C(O)(C−C)シクロアルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−C(O)NR7R8、−OR7、−O−フェニル(R10)(R11)、−NO、−NR7R8、−NR7SOR7、−NR7C(O)R7、−NR7COR7、−NR7C(O)NR7R8、−SR7、−SOR7、−SONR7R8、−S(O)R7、−O(CH)mNR7R8、−ヘテロアリール−R9、−O−CH−ヘテロアリール−R9、又は、
【化2】

であり、ジグザグラインは付着位置を示し、Q、T、D、X、及びYは、独立して、炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)又は窒素を示し、但し、Q、T、D、X、及びYのうち2つ以下が窒素であり、但し、Dが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Dに付着されず、Xが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Xに付着されず、Tが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Tに付着されず、Qが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Qに付着されず、Yが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Yに付着されず、
或いは、
【化3】

であり、ジグザグラインは付着位置を示し、Q、T、D、X、及びYは、独立して、炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)又は窒素を示し、但し、Q、T、D、X、及びYのうち2つ以下が窒素であり、但し、Dが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Dに付着されず、Xが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Xに付着されず、Tが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Tに付着されず、Qが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Qに付着されず、Yが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Yに付着されず、
R5は独立して−H、−OH、−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−O−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又は−(C−C)アルキル−O−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R6は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、又は−CHであり、
R7及びR8は、それぞれにおいて独立して、−H、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又はNR7R8は結合して4〜7員環を形成し、
R9は、それぞれにおいて独立して、−H、−CN、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R10、R11、及びR12は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−(C−C)アルキル−OH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CN、−C(O)−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CO(O)R7、−C(O)(C−C)シクロアルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−C(O)NR7R8、−OR7、−NR7R8、−NR9SOR7、−NR9C(O)R7、−NR9COR7、−NR9C(O)NR7R8、−SR7、−SOR7、−SONR7R8、−S(O)R7、−ヘテロアリール−R9であり、
或いは、R10及びR11が互いに隣接する場合、付着される各原子と共に結合して、O、S、又はNから選択される1個以上2個以下の原子を含む5員又は6員のヘテロ炭素環を形成し、但し、ヘテロ原子は互いに隣接せず、そして、任意に前記5員又は6員のヘテロ炭素環は、1〜3個の二重結合を含んでもよい。]
【請求項2】
Zは窒素であり、R6はZに付着されない請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
Zは、炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)である請求項1に記載の化合物。
【請求項4】
mは、それぞれにおいて独立して1又は2であり、形成される−CH−、−CH−CH−の1又は2個の水素は、独立してハロゲンで置換され、或いは窒素に隣接しない炭素において、形成される−CH−CH−の水素の1個は、−OH、−O−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)で任意に置換されてもよく、
Zは、独立して炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)を示し、
R1及びR2は、独立して−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)を示し、
又は、R1及びR2並びにこれらが付着される窒素は、アゼチジニル環、ピロリジニル環、又はピペリジニル環を形成し、ここで、形成されるアゼチジニル、ピロリジニル、又はピペリジニル環は、R5で任意に一置換され、
R3は、独立して−H又は−CH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R5は、独立して−H、−CH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R6は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、又は−CHであり、
R7及びR8は、それぞれにおいて独立して、−H、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又はNR7R8は結合して4〜7員環を形成し、
R9は、それぞれにおいて独立して、−H、−CN、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R10、R11、及びR12は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−(C−C)アルキル−OH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CN、−C(O)−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CO(O)R7、−C(O)(C−C)シクロアルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−C(O)NR7R8、−OR7、−NR7R8、−NR9SOR7、−NR9C(O)R7、−NR9COR7、−NR9C(O)NR7R8、−SR7、−SOR7、−SONR7R8、−S(O)R7、−ヘテロアリール−R9であり、
或いは、R10及びR11が互いに隣接する場合、付着される各原子と共に結合して、O、S、又はNから選択される1個以上2個以下の原子を含む5員又は6員のヘテロ炭素環を形成し、但し、ヘテロ原子は互いに隣接せず、そして、任意に前記5員又は6員のヘテロ炭素環は、1〜3個の二重結合を含む請求項1に記載の化合物。
【請求項5】
mは、それぞれにおいて独立して2であり、形成される−CH−CH−の1又は2個の水素は、独立してハロゲンで置換され、或いは窒素に隣接しない炭素において、形成される−CH−CH−の水素の1個は、−OH、−O−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)で任意に置換されてもよく、
Zは、独立して炭素(水素によって置換される)を示し、
R1及びR2並びにこれらが付着される窒素は、ピロリジニル環、又はピペリジニル環を形成し、ここで、形成されるピロリジニル又はピペリジニル環は、R5で任意に一置換され、
R3は、独立して−H又は−CH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R5は、独立して−H又は−CH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R6は、それぞれにおいて独立して、−H又は−ハロゲンであり、但し、R6の少なくとも1つは、−Hであり、
R7及びR8は、それぞれにおいて独立して、−H、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、又はNR7R8は結合して4〜7員環を形成し、
R9は、それぞれにおいて独立して、−H、−CN、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、
R10、R11、及びR12は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−(C−C)アルキル−OH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CN、−C(O)−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CO(O)R7、−C(O)(C−C)シクロアルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−C(O)NR7R8、−OR7、−NR7R8、−NR9SOR7、−NR9C(O)R7、−NR9COR7、−NR9C(O)NR7R8、−SR7、−SOR7、−SONR7R8、−S(O)R7、−ヘテロアリール−R9であり、但し、R10、R11、及びR12のうち1つ以下は、−ヘテロアリール−R9である請求項1に記載の化合物。
【請求項6】
mは、それぞれにおいて独立して2であり、Zは、独立して炭素(水素によって置換される)を示し、R1及びR2並びにこれらが付着する窒素は、ピロリジニル環を形成し、形成される該ピロリジニル環は、R5で任意に一置換されてもよく、R3は、独立して−CH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、R5は、独立して−H又は−CH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、R6は、それぞれにおいて独立して−Hであり、R7及びR8は、それぞれにおいて独立して−H、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、R9は、それぞれにおいて独立して、−H、−CN、又は−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)であり、R10、R11、及びR12は、それぞれにおいて独立して、−H、−ハロゲン、−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−(C−C)アルキル−OH(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CN、−C(O)−(C−C)アルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−CO(O)R7、−C(O)(C−C)シクロアルキル(1〜3個のハロゲンで任意に置換される)、−C(O)NR7R8、−OR7、−NR7R8、−NR9SOR7、−NR9C(O)R7、−NR9COR7、−NR9C(O)NR7R8、−SR7、−SOR7、−SONR7R8、−S(O)R7、−ヘテロアリール−R9であり、但し、R10、R11、及びR12のうち1つ以下は、−ヘテロアリール−R9である請求項1に記載の化合物。
【請求項7】
R4は独立して−O−フェニル(R10)(R11)、−ヘテロアリール−R9、−O−CH−ヘテロアリール−R9、若しくは、
【化4】

ジグザグラインは付着位置を示し、Q、T、D、X、及びYは、独立して、炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)又は窒素を示し、但し、Q、T、D、X、及びYのうち2つ以下が窒素であり、但し、Dが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Dに付着されず、Xが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Xに付着されず、Tが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Tに付着されず、Qが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Qに付着されず、Yが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Yに付着されず、
又は、
【化5】

であり、ジグザグラインは付着位置を示し、Q、T、D、X、及びYは、独立して、炭素(水素又は本願明細書で示される任意の置換基で置換される)又は窒素を示し、但し、Q、T、D、X、及びYのうち2つ以下が窒素であり、但し、Dが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Dに付着されず、Xが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Xに付着されず、Tが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Tに付着されず、Qが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Qに付着されず、Yが窒素の場合、R10、R11、及びR12は、Yに付着されない請求項1〜5のいずれかに記載の化合物。
【請求項8】
R3は独立して−CHであり、かつ、R5は−CHである請求項1〜7のいずれかに記載の化合物。
【請求項9】
Tは窒素であり、Q、D、X及びYは、水素又は本願明細書に記載の任意の置換基で置換される炭素である請求項1〜8のいずれかに記載の化合物。
【請求項10】
Q及びTは窒素であり、D、X及びYは、水素又は本願明細書に記載の任意の置換基で置換される炭素である請求項1〜8のいずれかに記載の化合物。
【請求項11】
T及びX、並びに、Q、D、及びYは、水素又は本願明細書に記載の任意の置換基で置換される炭素である請求項1〜8のいずれかに記載の化合物。
【請求項12】
−(CH)m−は、−CH−、−CHCH−、又は−CH−CH−CH−であり、ここで、窒素に隣接しない炭素における水素の1個は、−OH又は−OCHで置換されてもよく、Zは炭素(水素で置換又はフッ素で任意に置換される)又は窒素であり、但し、Zが窒素である場合、R6はZに付着されず、R1及びR2は、独立して−CH、−CHCH、又は−CH(CHであり、ここで、R1及びR2並びにこれらが付着される窒素は、アゼチジニル環、ピペリジニル環、又はピロリジニル環を任意に形成してもよく、ここで、形成されるアゼチジニル、ピペリジニル、又はピロリジニル環は、−F、−OH、−OCH、−CH、−CH−CH、−CH−F、又は−CH−O−CHで任意に一置換されてもよく、R3は、水素又は−CHであり、R4は、−Br、−OH、−OCHCHCHCH、−O−フェニル、−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−ピリミジニル、−OCH−R14、−ピリダジニル、−1H−インドリル、−フェニル、−2−チオフェニル、又は−ベンゾ[1,3]ジオキソリルであり、ここで、−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−ピリミジニル、−ピリダジニル、−1H−インドリル、−フェニル、又は−2−チオフェニルは、R7で任意に一置換から二置換されてもよく、但し、R7は、−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−ピリミジニル、−ピリダジニル、−1H−インドリルの窒素、又は−2−チオフェニルの硫黄に直接付着せず、R6は、水素又は−Fであり、R7は、−S(O)−R9、−N−S(O)−CH、−S(O)CH、2−メチル−[1,3,4]オキサジアゾリル、−CN、−C(O)N(CH、−F、−CH、−CH−OH、−OCH、−CF、−OCF、−C(O)−CH、−C(O)−ピロリジニル、又は−C(O)NHであり、R14は−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−フェニル、−チアゾリル、4−メタンスルホニル−フェニル、−5−チオフェニル−2−カルボニトリル、−2−メチルチアゾール−4−イル、−2−メトキシ−ピリジン−5−イル、2−メチル−ピリジン−6−イルであり、R9は、−CH、−CHCH、−CH−CH−CH、−CF、−CH−CH−CH−F、又は−N(CHである請求項1に記載の化合物又はその薬学的に許容できる塩。
【請求項13】
R4は、−Br、−OH、−OCHCHCHCH、−O−フェニル、−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−ピリミジニル、−2−オキシメチルピリジニル、3−オキシメチルピリジニル、−4−オキシメチルピリジニル、−オキシメチルベンゼン、−4−オキシメチル−2−メチルチアゾリル、−4−オキシメチルチアゾリル、−ベンジルオキシ−4−メタンスルホニル、−5−オキシメチル−チオフェン−2−カルボニトリル、−5−オキシメチル−2−メトキシ−ピリジル、−2−オキシメチル−6−メチル−ピリジニル−ピリダジニル、−1H−インドリル、−フェニル、−2−チオフェニル、又は−ベンゾ[1,3]ジオキソリルであり、ここで、−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−ピリミジニル、−ピリダジニル、−1H−インドリル、−フェニル、−2−チオフェニルは、R7で任意に一置換から二置換され、但し、R7は、−2−ピリジニル、−3−ピリジニル、−4−ピリジニル、−ピリミジニル、−ピリダジニル、−1H−インドリルの窒素、又は−2−チオフェニルの硫黄に直接付着されない請求項12に記載の化合物。
【請求項14】
2−(4−ブロモ−フェニル)−4−ピロリジン−1−イルメチル−オキサゾール、
2−(4−ブロモ−フェニル−4−ピロリジン−1−イルメチル−オキサゾール塩酸塩、
3−[4−(4−ピロリジン−1−イルメチル−オキサゾール−2−イル)−フェニル]−ピリジン二塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−4−ピロリジン−1−イルメチル−オキサゾール、
(+/−)−2−(4−ブロモ−フェニル)−4−(2−メチル−ピロリジン−1−イルメチル)−オキサゾール塩酸塩、
(+/−)−2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−4−(2−メチル−ピロリジン−1−イルメチル)−オキサゾール、
N−[4’−(4−ピロリジン−1−イルメチル−オキサゾール−2−イル)−ビフェニル−4−イル]−メタンスルホンアミド、
2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
4−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン、
4−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン二塩酸塩、
3−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン、
3−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン二塩酸塩、
(+/−)−2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
(+/−)−4−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
2−メチル−5−{4’−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−ビフェニル−4−イル}−[1,3,4]オキサジアゾール、
2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール塩酸塩、
4−(4−{5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
6−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ニコチノントリル二塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
3−(4−{5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
(+/−)−1−[2−(4−ブロモ−フェニル)−オキサゾール−4−イルメチル]−2−メチル−ピペリジン、
(+/−)−3−{4−[4−(2−メチル−ピペリジン−1−イルメチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン、
(+/−)−3−{4−[4−(2−メチル−ピペリジン−1−イルメチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン二塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
4’−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−ビフェニル−4−カルボン酸ジメチルアミド、
5−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−チオフェン−2−カルボニトリル、
2−(4−ブロモ−フェニル)−4−[2−(S)−(+)−(2−メトキシメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−4−[2−(S)−(+)−(2−メトキシメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール、
3−(4−{4−[2−(S)−(+)−(2−メトキシメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
4−(4−{4−[2−(S)−(+)−(2−メトキシメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
2−(4−ブロモ−フェニル)−4−[2−(R)−(+)−(2−メトキシメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−4−[2−(R)−(+)−(2−メトキシメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール、
(+/−)−2−(4−ブトキシ−フェニル)−5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール二塩酸塩、
1−{2−[2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−ピペリジン、
5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−2−(3’−トリフルオロメチル−ビフェニル−4−イル)−オキサゾール、
2−(3’,4’−ジメトキシ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−2−(3’−トリフルオロメトキシ−ビフェニル−4−イル)−オキサゾール、
5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−2−(4’−トリフルオロメトキシ−ビフェニル−4−イル)−オキサゾール、
2−(4’−メトキシ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
2−(4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イル−フェニル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
2−(2’,4’−ジメトキシ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
3−メトキシ−5−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリジン、
2−(3’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
2−(4’−エタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
2−(4’−メタンスルフィニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール、
5−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリミジン、
2−メトキシ−5−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−ピリミジン、
5−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェニル}−1H−インドール、
5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−2−(4−チオフェン−2−イル−フェニル)−オキサゾール、
1−{2−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−ピペリジン塩酸塩、
(+/−)−1−{2−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−2−メチル−ピペリジン塩酸塩、
1−{2−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−2S−メチル−ピペリジン塩酸塩、
2−{4−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−フェノキシメチル}−ピリジン、
(+/−)−2−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
2−(4−ベンジルオキシ−フェニル)−5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、 2−[2−(4−ヒドロキシ−フェニル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−1−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エタノン、
2−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
2−[4−(4−メタンスルホニル−ベンジルオキシ)−フェニル]−5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(4−メタンスルホニル−フェニル)−5−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ピリジン、
2−エタンスルホニル−5−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン、
4−(2−アゼチジン−1−イル−エチル)−2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−オキサゾール、
1−{2−[2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−ピペリジン、
(+/−)−1−{2−[2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−2−メチル−ピペリジン、
1−{2−[2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−2S−メチル−ピペリジン、
4−(2−アゼチジン−1−イル−エチル)−2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール塩酸塩、
2−(4’−エタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール塩酸塩、
4−[2−(2R−エチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール塩酸塩、
(4’−{5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−イル)−メタノール塩酸塩、
(4’−{5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−3−イル)−メタノール塩酸塩、
5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−[4’−(プロパン−1−スルホニル)−ビフェニル−4−イル]−オキサゾール塩酸塩、
4−[2−(2S−フルオロメチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール塩酸塩、
イソプロピル−{2−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−メチル−アミン塩酸塩、
4’−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−カルボニトリル、
(2−{2−[6−(4−メタンスルホニル−フェニル)−ピリジン−3−イル]−5−メチル−オキサゾール−4−イル}−エチル)−ジメチル−アミン、
3−メトキシ−6−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリダジン、
3−エタンスルホニル−6−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリダジン、
2−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン、
3−メタンスルホニル−6−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリダジン、
2−エタンスルホニル−5−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
2−メタンスルホニル−5−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン、
2−メタンスルホニル−5−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン二塩酸塩、
2−(3−フルオロ−4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(3−フルオロ−4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール塩酸塩、
5−メタンスルホニル−2−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリミジン、
5−メタンスルホニル−2−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリミジン塩酸塩、
N,N−ジメチル−6−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ニコチンアミド、
4−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピペリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン塩酸塩、
ジエチル−{2−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−アミントリフルオロアセテート、
1−(4’−{5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−3−イル)−エタノン塩酸塩、
2−[4’−(3−フルオロ−プロパン−1−スルホニル)−ビフェニル−4−イル]−5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール塩酸塩、
5−メチル−4−[2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−(4’−トリフルオロメタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−オキサゾール塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[3−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−プロピル]−オキサゾール塩酸塩、
1−{2−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−エチル}−2R−メチル−ピペリジン塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(3−ピロリジン−1−イル−プロピル)−オキサゾール塩酸塩、
1−[2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−オキサゾール−4−イル]−2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エタノール塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−4−[1−メトキシ−2−(2R−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−5−メチル−オキサゾール塩酸塩、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−(2S−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール塩酸塩、
3−メチル−6−(4−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリダジン、
2−(4−ブロモ−フェニル)−5−メチル−4−(2−メチル−ピロリジン−1−イルメチル)−オキサゾール、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−(2−メチル−ピロリジン−1−イルメチル)−オキサゾール、
5−{5−メチル−4−[2−(2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−2−フェノキシ−ピリジン、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(3S)−3−フルオロピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
4−{[(3S)−3−フルオロピロリジン−1−イル]エチル}−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−5−メチル−1,3−オキサゾール、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(3R)−3−フルオロピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
4−{[(3R)−3−フルオロピロリジン−1−イル]エチル}−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−5−メチル−1,3−オキサゾール、
(3R)−1−{2−[2−(4−ブロモフェニル)−5−メチル−1,3−オキサゾール−4−イル]エチル}ピロリジン−3−オール、
4−{[(3R)−3−ヒドロキシピロリジン−1−イル]エチル}−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−5−メチル−1,3−オキサゾール アセテート(塩)、
(3S)−1−{2−[2−(4−ブロモフェニル)−5−メチル−1,3−オキサゾール−4−イル]エチル}ピロリジン−3−オール、
4−{[(3S)−3−ヒドロキシピロリジン−1−イル]エチル}−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−5−メチル−1,3−オキサゾール アセテート(塩)、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(3S)−3−(フルオロメチル)ピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
4−{2−[(3S)−3−(フルオロメチル)ピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−1,3−オキサゾール、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(3R)−3−(フルオロメチル)ピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
4−{2−[(3R)−3−(フルオロメチル)ピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−1,3−オキサゾール、
3−[4−(5−{2−[(3R)−3−(フルオロメチル)ピロリジン−1−イル]エチル}−4−メチル−1,3−オキサゾール−2−イル)フェニル]ピリジン L−酒石酸塩、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(3R)−3−メトキシピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
4−{2−[(3R)−3−メトキシピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−1,3−オキサゾール、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(3S)−3−メトキシピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
4−{2−[(3S)−3−メトキシピロリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−2−[4’−(メチルスルホニル)ビフェニル−4−イル]−1,3−オキサゾール、
2−(4−ブロモフェニル)−4−{2−[(2R)−2−メチルピリジン−1−イル]エチル}−5−メチル−1,3−オキサゾール、
3−メトキシ−5−[4−(5−メチル−4−{2−[(2R)−2−メチルピリジン−1−イル]エチル}−1,3−オキサゾール−2−イル)フェニル]ピリジン、
5−[4−(5−メチル−4−{2−[(2R)−2−メチルピリジン−1−イル]エチル}−1,3−オキサゾール−2−イル)フェニル]チオフェン−2−カルボニトリル、
2−メトキシ−5−[4−(5−メチル−4−{2−[(2R)−2−メチルピリジン−1−イル]エチル}−1,3−オキサゾール−2−イル)フェニル]ピリミジン、
5−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−チオフェン−2−カルボニトリル、
5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−[4−(2−メチル−チアゾール−4−イルメトキシ)−フェニル]−オキサゾール、
3−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
4−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
2−メトキシ−5−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
2−メチル−6−(4−{5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
5−メチル−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−[4−(チアゾール−4−イルメトキシ)−フェニル]−オキサゾール、
2−(4−{4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェノキシメチル)−ピリジン、
4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−[4−(チアゾール−4−イルメトキシ)−フェニル]−オキサゾール、
2−(4’−メタンスルホニル−ビフェニル−4−イル)−4−[2−(2−(R)−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
1−(4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−イル)−エタノン、
1−(4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−2−イル)−エタノン、
4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−3−カルボニトリル、
4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−2−カルボニトリル、
2−(4’−フルオロ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(3’−フルオロ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(2’−フルオロ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(4’−メトキシ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(3’−メトキシ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
2−(2’−メトキシ−ビフェニル−4−イル)−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
4’−[5−メチル−4−(2−ピロリジン−1−イル−エチル)−オキサゾール−2−イル]−ビフェニル−3−カルボニトリル、
2−ビフェニル−4−イル−5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール、
5−メチル−2−(4’−メチル−ビフェニル−4−イル)−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]オキサゾール、
3−(4−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリジン、
5−(4−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−フェニル)−ピリミジン、
4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−カルボン酸ジメチルアミド、
(4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−イル)−ピロリジン−1−イル−メタノン、
4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−カルボン酸アミド、
4’−{5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−オキサゾール−2−イル}−ビフェニル−4−スルホン酸 ジメチルアミド、及び
5−メチル−4−[2−((R)−2−メチル−ピロリジン−1−イル)−エチル]−2−(4’−トリフルオロメトキシ−ビフェニル−4−イル)−オキサゾールからなる群から選択される式Iの化合物。
【請求項15】
請求項1〜14のいずれかに記載の化合物と、薬理学的に許容できる担体と、を含む医薬組成物。
【請求項16】
哺乳動物においてヒスタミンH3受容体を阻害する方法であって、その必要がある哺乳動物に、ヒスタミンH3受容体阻害量の請求項1記載の式Iの化合物又はその塩を投与することを含む方法。
【請求項17】
神経系障害を治療する方法であって、その必要がある哺乳動物に、有効量の請求項1〜14のいずれかに記載の化合物を投与することを含む方法。
【請求項18】
アゴニスト又はインバースアゴニストは、請求項15記載の医薬組成物である請求項17記載の方法。
【請求項19】
肥満症を治療する方法であって、その必要がある哺乳動物に、有効量請求項1〜14のいずれかに記載の化合物を投与することを含む方法。
【請求項20】
アンタゴニストは、請求項14記載の医薬組成物である請求項17記載の方法。
【請求項21】
ヒスタミンH3受容体を阻害が有利な効果をもたらす障害又は疾病を治療又は予防する方法であって、その必要がある哺乳動物に、有効量の請求項1〜14のいずれかに記載の化合物を投与することを含む方法。
【請求項22】
神経系障害の治療において使用される請求項1〜14のいずれかに記載の式Iの化合物又はその塩。
【請求項23】
神経系障害の治療用医薬を製造するための、請求項1〜14のいずれかに記載の式Iの化合物又はその塩の使用。

【公表番号】特表2008−507579(P2008−507579A)
【公表日】平成20年3月13日(2008.3.13)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−523605(P2007−523605)
【出願日】平成17年7月14日(2005.7.14)
【国際出願番号】PCT/US2005/024883
【国際公開番号】WO2006/019833
【国際公開日】平成18年2月23日(2006.2.23)
【出願人】(594197872)イーライ リリー アンド カンパニー (301)
【Fターム(参考)】