説明

ファクシミリ装置およびファクシミリ通信方法

【課題】通常の通信でファクシミリ通信の相手先から得られる情報を用いて、通信を特定の相手先に限定することができるファクシミリ装置およびファクシミリ通信方法を得る。
【解決手段】通信の相手側からポーリングによる原稿の送信が要求されている場合、主制御部102は発信者電話番号格納部112に格納された電話番号で電話帳データ格納部111に格納されている電話番号を検索する。一致する電話番号が存在した場合には、その相手先に原稿の画像情報のポーリングによる送信を行う。発信者電話番号と一致しない電話番号の相手先からポーリングが要求された場合には、ファクシミリの送信を行うことなく電話回線103を開放する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ファクシミリ装置およびファクシミリ通信方法に係わり、特に特定の相手に限定して画像情報の通信を行うようにしたファクシミリ装置およびファクシミリ通信方法に関する。
【背景技術】
【0002】
ファクシミリ装置の中には、不要な相手先のファクシミリによる受信を拒絶したり、操作ミスによる目的外の相手との通信を避ける等のために通信相手を特定するようにした機能を持った装置がある。このようなファクシミリ装置では、たとえばAという電話番号のファクシミリ装置と通信ができるが、Bという電話番号のファクシミリ装置とは通信ができない。
【0003】
このように通信の相手先を限定するために、コーラID回線を介してオンフック前に発呼側のID情報を交換機側から受信して、これが発呼側の電話番号と一致すれば、ファクシミリの自動受信モードに移行するようにする技術が第1の提案として提案されている(たとえば特許文献1参照)。ここでコーラIDサービスとは、通信会社の電話交換装置に契約済みのユーザの登録リストに対応する電話番号データ、名称データ等のデータを蓄積しておき、交換装置側より、ユーザの被呼側端末に対して前記した発呼側のID情報をオンフック前に伝送するようにしたサービスである。
【0004】
また、発呼側より送られてくるファクシミリ通信手順中におけるTSI(送信元情報)に含まれる発呼機電話番号と、予めワンタッチ短縮ダイヤルに登録してある電話番号とを比較し、その通信相手先は記憶してある電話番号の通信相手先であると判断した場合にのみ、その後の通信動作を行うようにした第2の提案も行われている(たとえば特許文献2参照)。
【特許文献1】特開2001−086265号公報(第0012段落、図1)
【特許文献2】特開平07−336514号公報(第0022、第0024段落、図4)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところが第1の提案によると、コーラIDサービスという特別のサービスについて契約を行っているファクシミリ装置でなければ、自動受信へ移行することができない。したがって、利用者に特別の契約を行うための経済的な負担を強いるという問題がある。
【0006】
また、第2の提案によると、ファクシミリ通信手順中のTSIは必ずしも必須のものではない。したがって、相手機よりTSIが送られてこない場合には相手機の電話番号を認識することができない。したがって、発明の実効性が必ずしも高くないという問題がある。
【0007】
また、特定の相手とファクシミリ通信を行うために、パスワードを通信時に照合するといった提案も行われている。この提案では、パスワードを互いに電話連絡したり、ファクシミリ通信の信号中に組み込むといった工夫が必要であり、手間が掛かったり、特別の信号形態を採るので特定のファクシミリ装置間でのみしか通信の規制を行うことができないという問題がある。
【0008】
そこで本発明の目的は、通常の通信でファクシミリ通信の相手先から得られる情報を用いて、通信を特定の相手先に限定することができるファクシミリ装置およびファクシミリ通信方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
請求項1記載の発明では、(イ)ファクシミリ通信の相手先として登録した相手先についてそれぞれの固有情報を予め格納する固有情報リスト格納手段と、(ロ)ファクシミリ通信の相手先と通信が開始されたときその相手先の固有情報を取得する固有情報取得手段と、(ハ)この固有情報取得手段によって取得した固有情報が固有情報リスト格納手段に格納された固有情報のいずれかに一致するかを判別する一致有無判別手段と、(ニ)この一致有無判別手段によって固有情報取得手段によって取得した固有情報が固有情報リスト格納手段に格納された固有情報のいずれかに一致すると判別されたときにのみ通信を継続する通信継続手段とをファクシミリ装置に具備させる。
【0010】
すなわち請求項1記載の発明では、ファクシミリ通信の相手先として登録した相手先について、それぞれを他の相手先と区別できる固有情報をリストとして固有情報リスト格納手段に格納するようになっている。そして、ファクシミリ通信の相手先と通信が開始されたときその相手先の固有情報を取得して、これが予め用意した固有情報リスト格納手段に格納された固有情報のいずれかに一致するかどうかを判別する。この判別結果が一致するとされた場合には、ファクシミリ通信の相手先との通信であることが分かるので、その通信を継続することにする。それ以外の場合には、その通信が継続されない。
【0011】
登録した相手先の固有情報とは、たとえば電話番号や、相手先の名前あるいは電子メールのアドレスを挙げることができる。これらのうち、対象とするファクシミリ通信の開始時に相手先から送られてくるデータ中に含まれるものである。
【0012】
請求項6記載の発明では、(イ)ファクシミリ通信の相手先のそれぞれの固有情報をファクシミリ通信が開始する前にリストとして登録する固有情報リスト登録ステップと、(ロ)ファクシミリ通信が開始されたときその相手先の固有情報を取得する固有情報取得ステップと、(ハ)この固有情報取得ステップで取得した固有情報が固有情報リスト登録ステップで登録した固有情報のいずれかに一致するかを判別する一致有無判別ステップと、(ニ)この一致有無判別ステップで固有情報取得ステップによって取得した固有情報が固有情報リスト登録ステップで登録した固有情報のいずれかに一致すると判別されたときファクシミリ通信を継続する通信継続ステップとをファクシミリ通信方法に具備させる。
【0013】
すなわち請求項6記載の発明では、ファクシミリ通信の相手先のそれぞれの固有情報を、固有情報リスト登録ステップで登録しておくので、ファクシミリ通信が開始されたときに、固有情報取得ステップでその相手先の固有情報を取得した段階で、その取得した固有情報が固有情報リスト登録ステップで登録した固有情報のいずれかに一致すれば、ファクシミリ通信の相手先との通信であることが分かるので、その通信を継続することにする。それ以外の場合には、その通信が継続されない。
【発明の効果】
【0014】
以上説明したように、本発明によれば、通信の相手先として想定される相手先の固有情報をファクシミリ装置側に予め格納しておき、ファクシミリ通信の相手先と通信が開始されたときに取得した固有情報と一致検索を行うことにした。したがって、他の装置から必要な情報を送ってもらったり、特別のファクシミリ通信手順を踏む必要がなく、また、パスワードを登録する必要もなく、通信の相手先の限定を簡易に行うことができる。したがって、通信の相手先の追加や一部削除等の変更をファクシミリ装置単独で行うことができるという利点がある。また、本発明によれば、送信元を限定して受信することができるので、間違った送信元からファクシミリを受信することも防止することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下実施例につき本発明を詳細に説明する。
【実施例1】
【0016】
図1は、本発明の一実施例におけるファクシミリ装置の構成を表わしたものである。このファクシミリ装置101は、図示しないCPU(中央処理装置)や、制御用のプログラムを格納した記録媒体からなる主制御部102を備えている。主制御部102は、電話回線103に対して回線の閉結および開放を行う他、各部と接続しており、これらの制御も行うようになっている。
【0017】
このうち発信者電話番号受信部104は、電話回線103から受信したファクシミリ信号から発信者の電話番号を受信して、これを主制御部102に渡すようになっている。ダイヤル制御部105は、ファクシミリ送信時に主制御部102から送られてくる電話番号を、ダイヤルパルス信号あるいはDTMF(Dial Tone Multi Frequency)信号に変換する。網制御部106は、このダイヤル制御部105の変換したダイヤルパルス信号あるいはDTMF信号が送られてくると、これを電話回線103に送出するようになっている。
【0018】
CAR/IR受信部107は、情報受信端末起動信号(CAR)あるいは呼出信号(IR)を電話回線103を通じて受信し、これを主制御部102へ通知する。ディスプレイ108は、液晶等を用いて情報を視覚的に表示する出力デバイスである。ボタン操作部109は、複数のボタンスイッチを備えており、ダイヤル操作や各種入力操作に使用される。電話帳データ格納部111は、ファクシミリ送信先の電話番号や相手先の名称等からなる電話帳データを格納する記憶部である。電話帳データは、このファクシミリ装置の管理者(あるいはユーザ)がボタン操作部109の操作でファクシミリ通信について特定の相手先となるもののみを入力するものである。ボタン操作部109を操作して入力を行うと、ディスプレイ108に作成中や編集中等の各種データが表示される。作成された電話帳データは、主制御部102の指示により電話帳データ格納部111に格納されるようになっている。
【0019】
発信者電話番号格納部112は、発信者電話番号受信部104が受信して主制御部102に渡した発信者電話番号を主制御部102から受け取って、これを発信者電話番号として格納する。ファクシミリ通信制御部113は、ファクシミリ通信を制御する。ファクシミリモデム部114は、このファクシミリ通信制御部113の制御によって、モデム(変復調装置)を制御してファクシミリ通信手順を実行する。そして、ファクシミリ通信の確立と、ファクシミリ通信で行われる符号化されたデータとしての符号データを、網制御部106を介して電話回線103との間で送受信する。トーン検出部115は、電話回線103から網制御部106を介して受信するトーン信号を検出して、これを主制御部102に通知するようになっている。
【0020】
図2は、ポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の送信側で判別する本実施例のファクシミリ装置の処理の流れを表わしたものである。ここでポーリングとは、発呼側の要求によって、予め被呼側で用意している原稿あるいは原稿の画像情報をその発呼側に送信する機能をいう。図1と共にこのファクシミリ装置101の動作を説明する。
【0021】
ファクシミリ装置101は、電話回線103を通じて情報受信端末起動信号(CAR)が受信されるか(ステップS201)、あるいは呼出信号(IR)が受信されるか(ステップS202)を待機している。ここで、情報受信端末起動信号とは、図示しない交換機から0.5秒ずつのオン・オフで送られてくる起動信号である。この情報受信端末起動信号に対して受信側のファクシミリ装置101が着信応答を行うと、交換機側から発信者電話番号が送られてくる。これに対して、受話器を置くオンフック動作を行うと、交換機側はこれを検出して通常の電話シーケンスを開始して、1秒オン、2秒オフの間隔の呼出信号(IR)を送出することになる。
【0022】
したがって、ステップS201で情報受信端末起動信号が図1に示す被呼側のファクシミリ装置101に送られてきた場合には、網制御部106を介してCAR/IR受信部107がこれを受信する(Y)。CAR/IR受信部107は情報受信端末起動信号を受信したことを主制御部102に通知する。主制御部102は、網制御部106に対して、回線の閉結を要求する。網制御部106はこれを基に回線を閉結する(ステップS203)。これにより、網制御部106を介して発信者電話番号受信部104は、電話回線103から送られてくる発信者電話番号を受信する(ステップS204)。発信者電話番号受信部104は、受信した発信者電話番号を主制御部102に通知する。主制御部102は、この受信した発信者電話番号を発信者電話番号格納部112に格納することになる(ステップS205)。そして、この後、回線を開放して(ステップS206)、処理をまたスタートに戻す(リターン)。すなわち、情報受信端末起動信号(CAR)の後に続く呼出信号(IR)を待機する。
【0023】
次に、ポーリングに基づいて原稿の画像情報を通信の相手先に送信する際の動作を説明する。待機中のファクシミリ装置のCAR/IR受信部107は、電話回線103から送られてきた呼出信号(IR)を網制御部106を介して受信すると(ステップS202:Y)、呼出信号を受信した旨を主制御部102に通知する。主制御部102は、網制御部106に対して回線の閉結を要求する。網制御部106はこの要求に応じて回線を閉結(ステップS207)する。
【0024】
主制御部102は、この時点で通信の相手側がファクシミリ装置(FAX)であるかどうかを、トーン検出部115がCNGトーンを検出したかどうかによってチェックする(ステップS208)。ここでCNGトーンとは、送信側のファクシミリ装置が自装置がファクシミリ装置であることを知らせる特定の送信音をいう。トーン検出部115がCNGトーンを検出しなかった場合には、相手先がファクシミリ装置ではなく、通常の電話機である。そこでこの場合には(N)、その電話の相手先と通話を行う(ステップS209)。通話終了後は回線を開放して(ステップS210)、処理をまたスタートに戻す(リターン)。
【0025】
これに対して、ステップS208で相手先がファクシミリ装置であると判別された場合(Y)、そのファクシミリ装置がポーリングによる送信を要求しているかどうかを判別する(ステップS211)。ポーリングによる送信が要求されていない場合(N)、ファクシミリによる通常の受信なので、相手先から送信されてくるファクシミリ信号の受信を行う(ステップS212)。ファクシミリ通信による受信が終了した場合には、ステップS210に進む。
【0026】
ステップS211で相手側からポーリングによる原稿の送信が要求されていると判別された場合には(Y)、主制御部102は発信者電話番号格納部112に格納された電話番号で電話帳データ格納部111に格納されている電話番号を検索して、一致する電話番号が存在するかどうかを判別する(ステップS213)。一致する電話番号が存在した場合には(Y)、その相手先に原稿の画像情報のポーリングによる送信を行う(ステップS214)。そして、ステップS210に進む。
【0027】
これに対して、発信者電話番号格納部112に格納されている発信者電話番号と一致しない電話番号の相手先からポーリングが要求される場合がある(ステップS213:N)。この場合、その相手先への送信は不可能なので、そのまま電話回線103を開放することになる(ステップS210)。
【0028】
このように本実施例によれば、発信者番号通知によって通知される電話番号が電話帳データ格納部111に格納されている電話番号と一致するかどうかをチェックして、一致する場合にはその発信者への送信を行うことにした。これにより、予めパスワードを登録することなく、特定の相手先にポーリングによってファクシミリ送信を行うことができる。
【0029】
<発明の第1の変形例>
【0030】
図3は、本発明の第1の変形例としてポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の受信側で判別するファクシミリ装置の処理の流れを表わしたものである。この第1の変形例では、図1に示したファクシミリ装置101と基本的に同一構成の装置を使用しており、制御プログラムに若干の変更があるだけである。この第1の変形例のファクシミリ装置をファクシミリ装置101Aとし、その全体構成については図1を使用することにする。また、図3で図2と同一部分には同一の符号を付している。第1の変形例のファクシミリ装置101Aでは、ポーリングにより相手先のファクシミリ装置(図示せず)から送られてきたファクシミリ信号を受信するようになっている。
【0031】
第1の変形例のファクシミリ装置101Aでは、電話回線103を通じて情報受信端末起動信号(CAR)が受信されるか(ステップS201)、あるいは呼出信号(IR)が受信されるか(ステップS202)を待機している。
【0032】
ステップS201で情報受信端末起動信号が図1に示すファクシミリ装置101Aに送られてきた場合には、網制御部106を介してCAR/IR受信部107がこれを受信する(Y)。CAR/IR受信部107は情報受信端末起動信号を受信したことを主制御部102に通知する。主制御部102は、網制御部106に対して、回線の閉結を要求する。網制御部106はこれを基に回線を閉結する(ステップS203)。これにより、網制御部106を介して発信者電話番号受信部104は、電話回線103から送られてくる発信者電話番号を受信する(ステップS204)。発信者電話番号受信部104は、受信した発信者電話番号を主制御部102に通知する。主制御部102は、この受信した発信者電話番号を発信者電話番号格納部112に格納することになる(ステップS205)。そして、この後、回線を開放して(ステップS206)、処理をまたスタートに戻す(リターン)。すなわち、情報受信端末起動信号(CAR)の後に続く呼出信号(IR)を待機する。
【0033】
以上の処理は先の実施例と同一である。
【0034】
次に、ポーリングに基づいて送られてきた原稿の画像情報を受信する際の動作を説明する。受信の待機中のファクシミリ装置におけるCAR/IR受信部107は、電話回線103から送られてきた呼出信号(IR)を網制御部106を介して受信すると(ステップS202:Y)、呼出信号を受信した旨を主制御部102に通知する。主制御部102は、網制御部106に対して回線の閉結を要求する。網制御部106はこの要求に応じて回線を閉結(ステップS207)する。
【0035】
主制御部102は、この時点で通信の相手側がファクシミリ装置(FAX)であるかどうかを、トーン検出部115がCNGトーンを検出したかどうかによってチェックする(ステップS208)。トーン検出部115がCNGトーンを検出しなかった場合には、相手先がファクシミリ装置ではなく、通常の電話機である。そこでこの場合には(N)、先の実施例と同様にその電話の相手先と通話を行う(ステップS209)。通話終了後は回線を開放して(ステップS210)、処理をまたスタートに戻す(リターン)。
【0036】
これに対して、ステップS208で相手先がファクシミリ装置であると判別された場合(Y)、そのファクシミリ装置がポーリングによる送信を要求しているかどうかを判別する(ステップS301)。ポーリングによる送信を要求している場合には(Y)、その相手先に対してポーリングによる画像情報の送信を行う(ステップS302)。
【0037】
一方、相手先のファクシミリ装置がポーリングによる送信を要求していない場合、主制御部102は発信者電話番号格納部112に格納された電話番号で電話帳データ格納部111に格納されている電話番号を検索して、一致する電話番号が存在するかどうかを判別する(ステップS303)。一致する電話番号が存在した場合には(Y)、ポーリングによって送られてきたそのファクシミリ信号を受信する(ステップS304)。そして受信が完了した時点で回線を開放する(ステップS210)。
【0038】
これに対して、ステップS303で電話帳データ格納部111に格納されている電話番号を検索した結果、一致する電話番号が存在しなかったときには(N)、その送られてきたファクシミリ信号を受信することはできない。そこで、ステップS303の判別が行われた時点で回線を開放して(ステップS210)そのファクシミリ信号の受信は行わない。
【0039】
<発明の第2の変形例>
【0040】
図4は、本発明の第2の変形例によるファクシミリ装置の構成を表わしたものである。図4で図1と同一部分には同一の符号を付しており、これらの説明を適宜省略する。
【0041】
この第2の変形例のファクシミリ装置101Bは、主制御部102Bに、新たに発信者名受信部401と発信者名格納部402が備えられており、図1に示した発信者電話番号受信部104と発信者電話番号格納部112が存在しない。すなわち、先の実施例では、発信者の電話番号を電話帳データ格納部111に格納されている電話番号と一致するかによって、予め特定された相手先との間でファクシミリ通信を可能にしていたが、本発明の第2の変形例では電話番号の代わりに発信者名で一致検索を行うようにしている。
【0042】
図5は、この第2の変形例によるポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の送信側で判別するファクシミリ装置の処理の流れを表わしたものである。図5で図1と同一部分には同一の符号を付している。図4と共にこの第2の変形例によるファクシミリ装置101Bの動作を説明する。
【0043】
ファクシミリ装置101Bは、電話回線103を通じて情報受信端末起動信号(CAR)が受信されるか(ステップS201)、あるいは呼出信号(IR)が受信されるか(ステップS202)を待機している。この情報受信端末起動信号に対して受信側のファクシミリ装置101Bが着信応答を行うと、交換機側から発信者電話番号が送られてくる。これに対して、受話器を置くオンフック動作を行うと、交換機側はこれを検出して通常の電話シーケンスを開始して、1秒オン、2秒オフの間隔の呼出信号(IR)を送出することになる。
【0044】
したがって、ステップS201で情報受信端末起動信号が図1に示す被呼側のファクシミリ装置101Bに送られてきた場合には、網制御部106を介してCAR/IR受信部107がこれを受信する(Y)。CAR/IR受信部107は情報受信端末起動信号を受信したことを主制御部102に通知する。主制御部102は、網制御部106に対して、回線の閉結を要求する。網制御部106はこれを基に回線を閉結する(ステップS203)。これにより、網制御部106を介して発信者名受信部401は、電話回線103から送られてくる発信者名を受信する(ステップS501)。発信者名受信部401は、受信した発信者名を主制御部102に通知する。主制御部102は、この受信した発信者名を発信者名格納部402に格納することになる(ステップS502)。そして、この後、回線を開放して(ステップS206)、処理をまたスタートに戻す(リターン)。すなわち、情報受信端末起動信号(CAR)の後に続く呼出信号(IR)を待機する。
【0045】
次に、ポーリングに基づいて原稿の画像情報を通信の相手先に送信する際の動作を説明する。待機中のファクシミリ装置のCAR/IR受信部107は、電話回線103から送られてきた呼出信号(IR)を網制御部106を介して受信すると(ステップS202:Y)、呼出信号を受信した旨を主制御部102に通知する。主制御部102は、網制御部106に対して回線の閉結を要求する。網制御部106はこの要求に応じて回線を閉結(ステップS207)する。
【0046】
主制御部102は、この時点で通信の相手側がファクシミリ装置(FAX)であるかどうかを、トーン検出部115がCNGトーンを検出したかどうかによってチェックする(ステップS208)。トーン検出部115がCNGトーンを検出しなかった場合には、相手先がファクシミリ装置ではなく、通常の電話機である。そこでこの場合には(N)、その電話の相手先と通話を行う(ステップS209)。通話終了後は回線を開放して(ステップS210)、処理をまたスタートに戻す(リターン)。
【0047】
これに対して、ステップS208で相手先がファクシミリ装置であると判別された場合(Y)、そのファクシミリ装置がポーリングによる送信を要求しているかどうかを判別する(ステップS211)。ポーリングによる送信が要求されていない場合(N)、ファクシミリによる通常の受信なので、相手先から送信されてくるファクシミリ信号の受信を行う(ステップS212)。ファクシミリ通信による受信が終了した場合には、ステップS210に進む。
【0048】
ステップS211で相手側からポーリングによる原稿の送信が要求されていると判別された場合には(Y)、主制御部102は発信者名格納部402に格納された発信者名で電話帳データ格納部111に格納されている発信者名を検索して、一致する発信者名が存在するかどうかを判別する(ステップS503)。一致する発信者名が存在した場合には(Y)、その相手先に原稿の画像情報のポーリングによる送信を行う(ステップS214)。そして、ステップS210に進む。
【0049】
これに対して、発信者名格納部402に格納されている発信者名と一致しない相手先からポーリングが要求される場合がある(ステップS503:N)。この場合、その相手先への送信は不可能なので、そのまま回線を開放することになる(ステップS210)。
【0050】
このように本発明の第2の変形例によれば、受信した発信者名が電話帳データ格納部111に格納されている発信者名と一致するかどうかをチェックして、一致する場合にはその発信者への送信を行うことにした。これにより、予めパスワードを登録することなく、特定の相手先にポーリングによってファクシミリ送信を行うことができる。
【0051】
この第2の変形例ではポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の送信側で判別したが、これに限るものではない。発信者名を電話帳データで一致検索すると共に、第1の変形例と同様にポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の受信側で判別するファクシミリ装置も実現可能であることは当然である。
【0052】
また、実施例および変形例では、ファクシミリ通信の相手先の固有情報として電話番号や相手先の名前を挙げたが、名前は正式な名称である必要はなく、ニックネーム等の他と区別可能な名前あるいは名称であってもよい。また、インターネットを利用するファクシミリ装置等で通信データに電子メールのアドレスが含まれている場合には、これを固有情報として使用してもよい。
【図面の簡単な説明】
【0053】
【図1】本発明の一実施例におけるファクシミリ装置の構成を表わしたブロック図である。
【図2】本実施例でポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の送信側で判別するファクシミリ装置の処理を表わした流れ図である。
【図3】本発明の第1の変形例としてポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の受信側で判別するファクシミリ装置の処理を表わした流れ図である。
【図4】本発明の第2の変形例によるファクシミリ装置の構成を表わしたブロック図である。
【図5】本発明の第2の変形例によるポーリングによる通信の可否をファクシミリ信号の送信側で判別するファクシミリ装置の処理を表わした流れ図である。
【符号の説明】
【0054】
101、101A、101B ファクシミリ装置
102 主制御部
104 発信者電話番号受信部
107 CAR/IR受信部
111 電話帳データ格納部
112 発信者電話番号格納部
113 ファクシミリ通信制御部
401 発信者名受信部
402 発信者名格納部

【特許請求の範囲】
【請求項1】
ファクシミリ通信の相手先として登録した相手先についてそれぞれの固有情報を予め格納する固有情報リスト格納手段と、
ファクシミリ通信の相手先と通信が開始されたときその相手先の固有情報を取得する固有情報取得手段と、
この固有情報取得手段によって取得した固有情報が前記固有情報リスト格納手段に格納された固有情報のいずれかに一致するかを判別する一致有無判別手段と、
この一致有無判別手段によって前記固有情報取得手段によって取得した固有情報が前記固有情報リスト格納手段に格納された固有情報のいずれかに一致すると判別されたときにのみ通信を継続する通信継続手段
とを具備することを特徴とするファクシミリ装置。
【請求項2】
前記固有情報は前記相手先の電話番号であることを特徴とする請求項1記載のファクシミリ装置。
【請求項3】
前記固有情報は前記相手先の名前であることを特徴とする請求項1記載のファクシミリ装置。
【請求項4】
前記固有情報は前記相手先の電子メールのアドレスであることを特徴とする請求項1記載のファクシミリ装置。
【請求項5】
前記ファクシミリ通信は、ポーリングによって被呼者側が画像情報の送信を行うものであることを特徴とする請求項1記載のファクシミリ装置。
【請求項6】
ファクシミリ通信の相手先のそれぞれの固有情報をファクシミリ通信が開始する前にリストとして登録する固有情報リスト登録ステップと、
ファクシミリ通信が開始されたときその相手先の固有情報を取得する固有情報取得ステップと、
この固有情報取得ステップで取得した固有情報が前記固有情報リスト登録ステップで登録した固有情報のいずれかに一致するかを判別する一致有無判別ステップと、
この一致有無判別ステップで前記固有情報取得ステップによって取得した固有情報が前記固有情報リスト登録ステップで登録した固有情報のいずれかに一致すると判別されたときファクシミリ通信を継続する通信継続ステップ
とを具備することを特徴とするファクシミリ通信方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate


【公開番号】特開2006−115087(P2006−115087A)
【公開日】平成18年4月27日(2006.4.27)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2004−298808(P2004−298808)
【出願日】平成16年10月13日(2004.10.13)
【出願人】(000197366)NECアクセステクニカ株式会社 (1,236)
【Fターム(参考)】