説明

ファクシミリ装置とマルチコピー方法

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、発信電話番号通知サービス対応のマルチコピー(複数部コピー)機能付きファクシミリ装置とマルチコピー方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、マルチコピー機能付きファクシミリ装置においては、受信したドキュメントを相手先からのリモートマルチコピー指定にて1回の通信動作にて複数部出力して受け取ることができたが、相手先を受信側にて選択せずに無条件に相手先からのリモートマルチコピー指定どおり複数部出力していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来のマルチコピー機能付きファクシミリ装置は、相手先が、自局電話番号を登録していなければ、相手先名を取得することができないという課題を有していた。
【0004】その理由は、送信端末識別信号に含まれる電話番号情報は、相手先が相手先のファクシミリ装置に登録した内容であるため、相手先が電話番号を登録してなければ、送信端末識別信号を受信しても、相手先電話番号が分からないためである。
【0005】また、従来のマルチコピー機能付きファクシミリ装置では、1回の通信動作で受信したドキュメントの出力を指定部数分まとめて出力する際に、出力に先立って受信者が出力される部数を認識することができないので、全部の受け取りミスや、途中取り出しという課題を有していた。
【0006】その理由は、出力に先立って受信者が出力される部数を知る手段がないからである。
【0007】本発明の目的は、従来のこのような課題を解決し、電話回線から送出される「発信電話番号」サービスに対応するマルチコピ―機能付きファクシミり装置とマルチコピ−方法を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明のファクシミリ装置は、電話回線をインタフェースする通信制御部と、前記通信制御部を介して発信電話番号を取得すると共に前記発信電話番号に対応する文書番号を生成記憶する発信電話番号認識部と、前記通信制御部を介して相手ファクシミリ送信機からの通信指令として受信画出力部数の要求情報を受信する出力部数要求情報受信部と、ワンタッチキ―、テンキー等の操作ボタンを有する操作部と、発信電話番号と前記発信電話番号に対応する発信者名を登録するための発信者名データテーブルと、前記発信者名と前記受信画出力部数の要求情報とをレポートに加工するレポート形式加工部と、前記レポートと指令された前記受信画出力部数の受信画を印刷出力する印刷部と、前記各部を制御する主制御部とを有し、前記レポート形式加工部は、前記発信電話番号に対応する発信者名を発信者名データテーブルから検索し、検索結果、該当する発信者名が存在する場合は、受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記発信者名と前記受信画出力部数とからなる第1のレポートに加工し、一方、前記検索結果において、該当する発信者名が存在しない場合は、受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記受信画出力部数からなる第2のレポートに加工し、前記主制御部は、前記第1のレポートと第2のレポートとの内のいずれかを、前記受信画の出力に先立って前記印刷部より出力するよう制御すると共に、前記印刷部より出力された前記第1のレポートと第2のレポートとの内のいずれかに基づいて操作された前記操作部の操作ボタンから、受信画の出力可否の指示を受けて、前記印刷部よりの受信画の出力を制御することを特徴とする。
【0009】
【0010】
【0011】
【0012】
【0013】
【0014】さらに、本発明のファクシミリ装置のマルチコピー方法は、相手ファクシミリ装置からの通信指令として受信画出力部数指定を受け、前記相手ファクシミリ装置の発信電話番号と前記出力要求部数をそれぞれ取得すると共に前記発信電話番号に対応する文書番号を作成記憶し、前記発信電話番号に対応する発信者名を、発信電話番号と発信者名とがあらかじめ登録された発信者名データテーブルから検索し、検索結果、該当する発信者名が存在する場合は、すくなくとも前記発信電話番号と前記発信者名と前記出力要求部数の情報を含むレポートを出力し、一方、前記検索結果において、該当する発信者名が存在しない場合は、すくなくとも前記発信電話番号と前記出力要求部数の情報を含むレポートを出力することを特徴としている。
【0015】
【0016】また、本発明のファクシミリ装置のマルチコピー方法は、前記レポートの出力を受信画出力に先だって実行することを特徴としているさらに、本発明のファクシミリ装置のマルチコピー方法は、受信画出力の可否の指令を受け、受信画の出力を指令される場合には、前記出力要求部数の受信画を出力し、受信画の出力を指令されない場合には、受信画を出力しないことを特徴としている。
【0017】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。
【0018】図1は本発明の一つの実施の形態であるマルチコピー機能付きファクシミリ装置の構成図である。
【0019】図において、本発明のマルチコピー機能付きファクシミリ装置は、電話回線10をインタフェースする通信制御部11と、発信電話番号を取得すると共に前記発信電話番号に対応する文書番号を生成記憶する発信電話番号認識部12と、ワンタッチキ―、テンキー等の操作ボタンを有する操作部13と、発信電話番号と前記発信電話番号に対応する発信者名を登録するための発信者名データテーブル14と、通信制御部11を介して相手ファクシミリ送信機からの通信指令として受信画出力部数の要求情報を受信する出力部数要求情報受信部15と、前記発信電話番号と前記発信者名と前記受信画出力部数の要求情報と前記文書番号とをレポートに加工するレポート形式加工部16と、印刷出力する印刷部17と、前記各部を制御する主制御部18とから構成されている。
【0020】次に、本発明の一つの実施の形態の動作について図1と図2と図3を参照して説明する。
【0021】図2は本発明の一つの実施の形態の動作を示すフロ−チャ−トである。
【0022】図3は本発明の一つの実施の形態のレポート形式加工部で加工したレポートの様式を示す図で、図3R>3(a)は発信者名が登録されている場合のレポートの様式を示す図で、図3(b)は発信者名が登録されていない場合のレポートの様式を示す図である。
【0023】あらかじめ、操作部13を用いて、電話回線10より取得する発信電話番号と前記発信電話番号に対応する発信者名を発信者名データテーブル14に登録する(S1)。
【0024】つぎに、発信電話番号通知サービスを契約した電話回線10に接続された本発明のマルチコピー機能付きファクシミり装置は、相手ファクシミリ送信機からの通信指令として受信画出力部数指定を受けると、電話回線10をインタフェースする通信制御部11を介して、発信電話番号認識部12で発信電話番号を、出力部数要求情報受信部15で出力要求部数をそれぞれ取得すると共に前記発信電話番号に対応する文書番号を作成記憶する(S2)。
【0025】主制御部18は、前記発信電話番号に対応する発信者名を発信者名データテーブル14から検索し(S3)、検索結果、該当する発信者名が存在する場合は、レポート形式加工部16にて前記発信電話番号と前記発信者名と前記出力要求部数と前記文書番号を加工し(S4)、図3(a)に示すような受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記発信者名と前記出力要求部数から構成されるレポートを印刷部17より出力する(S6)。
【0026】一方、前記検索結果において、該当する発信者名が存在しない場合は、レポート形式加工部16にて、前記発信電話番号と前記出力要求部数と前記文書番号を加工し(S5)、図3(b)に示すような受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記出力要求部数から構成されるレポートを印刷部17より出力する(S6)。
【0027】受信者が、前記レポート内容の発信者名あるいは発信電話番号を参照し、操作部13の操作ボタンで受信画出力の可否の選択を行い(S7)、受信画の出力を必要と判断した場合には、印刷部17より前記出力要求部数の受信画を出力し(S8)、受信画の出力を必要ないと判断した場合には、受信画を出力しないで終了する(S9)。
【0028】
【発明の効果】以上説明したように、本発明は、発信電話番号通知サービスにて提供される発信者番号を利用することにより、相手先が相手先のファクシミリ装置に自局電話番号を登録しなくても、相手先名を知ることができ、この相手先名情報により受信画出力に先立って、受信者はリモートマルチコピー出力の可否を選択することが可能になる。
【0029】その理由は、電話回線から送られてくる発信電話番号を識別するからである。
【0030】また、本発明は、受信画出力に先立って、出力部数をレポート出力して受信者に通知することにより、受け取りミスや、途中取り出しといったことの防止に役立つことが可能になる。
【0031】その理由は、受信画の複数部出力に先立って出力部数情報をレポート形式に加工して出力するからである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一つの実施の形態であるマルチコピー機能付きファクシミリ装置の構成図である。
【図2】本発明の一つの実施の形態の動作を示すフロ−チャ−トである。
【図3】本発明の一つの実施の形態のレポート形式加工部で加工したレポートの様式を示す図である。
【符号の説明】
10 電話回線
11 通信制御部
12 発信電話番号認識部
13 操作部
14 発信者名データテーブル
15 出力部数要求情報受信部
16 レポート形式加工部
17 印刷部

【特許請求の範囲】
【請求項1】 電話回線をインタフェースする通信制御部と、前記通信制御部を介して発信電話番号を取得すると共に前記発信電話番号に対応する文書番号を生成記憶する発信電話番号認識部と、前記通信制御部を介して相手ファクシミリ送信機からの通信指令として受信画出力部数の要求情報を受信する出力部数要求情報受信部と、ワンタッチキ―、テンキー等の操作ボタンを有する操作部と、発信電話番号と前記発信電話番号に対応する発信者名を登録するための発信者名データテーブルと、前記発信者名と前記受信画出力部数の要求情報とをレポートに加工するレポート形式加工部と、前記レポートと指令された前記受信画出力部数の受信画を印刷出力する印刷部と、前記各部を制御する主制御部とを有し、前記レポート形式加工部は、前記発信電話番号に対応する発信者名を発信者名データテーブルから検索し、検索結果、該当する発信者名が存在する場合は、受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記発信者名と前記受信画出力部数とからなる第1のレポートに加工し、一方、前記検索結果において、該当する発信者名が存在しない場合は、受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記受信画出力部数からなる第2のレポートに加工し、前記主制御部は、前記第1のレポートと第2のレポートとの内のいずれかを、前記受信画の出力に先立って前記印刷部より出力するよう制御すると共に、前記印刷部より出力された前記第1のレポートと第2のレポートとの内のいずれかに基づいて操作された前記操作部の操作ボタンから、受信画の出力可否の指示を受けて、前記印刷部よりの受信画の出力を制御することを特徴とするファクシミリ装置。

【請求項2】
ファクシミリ装置のマルチコピー方法において、相手ファクシミリ装置からの通信指令として受信画出力要求部数の指定を受け、前記相手ファクシミリ装置の発信電話番号と前記出力要求部数をそれぞれ取得すると共に前記発信電話番号に対応する文書番号を作成記憶し、前記発信電話番号に対応する発信者名を、発信電話番号と発信者名とがあらかじめ登録された発信者名データテーブルから検索し、検索結果、該当する発信者名が存在する場合は、すくなくとも受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記発信者名と前記出力要求部数の情報を含むレポートを出力し、一方、前記検索結果において、該当する発信者名が存在しない場合は、すくなくとも受信日付けと前記文書番号と前記発信電話番号と前記出力要求部数の情報を含むレポートを出力することを特徴とするマルチコピー方法。
【請求項3】 前記レポートの出力を受信画出力に先だって実行することを特徴とする請求項記載のマルチコピー方法。

【請求項4】
受信画出力の可否の指令を受け、受信画の出力を指令される場合には、前記出力要求部数の受信画を出力し、受信画の出力を指令されない場合には、受信画を出力しないことを特徴とする請求項記載のマルチコピー方法。

【図1】
image rotate


【図2】
image rotate


【図3】
image rotate


【特許番号】特許第3088366号(P3088366)
【登録日】平成12年7月14日(2000.7.14)
【発行日】平成12年9月18日(2000.9.18)
【国際特許分類】
【出願番号】特願平9−326705
【出願日】平成9年11月27日(1997.11.27)
【公開番号】特開平11−164067
【公開日】平成11年6月18日(1999.6.18)
【審査請求日】平成9年11月27日(1997.11.27)
【出願人】(000197366)静岡日本電気株式会社 (1,236)
【参考文献】
【文献】特開 平8−336037(JP,A)