Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
ブタ生殖器および呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)のポリ核酸によってコードされるタンパク質
説明

ブタ生殖器および呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)のポリ核酸によってコードされるタンパク質

【課題】ブタを呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)から保護し、PRRSVに感染したブタを治療し、ブタにおいてPRRSVを検出する方法の提供。
【解決手段】ブタ生殖器および呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)のアイオワ株の1個以上のオープンリーディングフレーム(ORF)によってコードされるタンパク質、これらのタンパク質の抗原性領域であって、長さが少なくとも5アミノ酸でありかつ次のPRRSV単離体によるチャレンジに対してブタ宿主を効果的に保護する抗原性領域、およびそれらの組合せであって、抗原性に対して本質的でないアミノ酸を保存的に置換することができるものからなる群から選択される少なくとも1個のポリペプチド、及びこのようなタンパク質の有効量を含んでなるワクチン、このようなタンパク質に特異的に結合する抗体。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
配列番号: (ISU−12)からなるブタ生殖器および呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)をコードするDNA配列。
【請求項2】
配列番号: のヌクレオチド191〜7387(ORF1a)、
配列番号: のヌクレオチド7375〜11757(ORF1b)、
配列番号: のヌクレオチド11762〜12529(ORF2)、
配列番号: のヌクレオチド12385〜13116(ORF3)、
配列番号: のヌクレオチド12930〜13463(ORF4)、
配列番号: のヌクレオチド13477〜14076(ORF5)、
配列番号: のヌクレオチド14064〜14585(ORF6)、および
配列番号: のヌクレオチド14578〜14946(ORF7)からなる群から選択される請求項1に記載のPRRSVのオープンリーディングフレームをコードするDNA配列。
【請求項3】
請求項2に記載のDNA配列によってコードされるポリペプチド。
【請求項4】
請求項2に記載のDNA配列によってコードされる1個以上のポリペプチドを含んでなるPRRSVに対する抗体を誘導するための組成物。
【請求項5】
配列番号: (ISU−55)からなるPRRSVをコードするDNA配列。
【請求項6】
配列番号: のヌクレオチド191〜7699(ORF1a)、
配列番号: のヌクレオチド7687〜12069(ORF1b)、
配列番号: のヌクレオチド12074〜12841(ORF2)、
配列番号: のヌクレオチド12692〜13458(ORF3)、
配列番号: のヌクレオチド13212〜13775ORF4)、
配列番号: のヌクレオチド13789〜14388(ORF5)、
配列番号: のヌクレオチド14376〜14592(ORF6)、および
配列番号: のヌクレオチド14890〜15258(ORF7)からなる群から選択される請求項5に記載のPRRSVのオープンリーディングフレームをコードするDNA配列。
【請求項7】
請求項6に記載のDNA配列によってコードされるポリペプチド。
【請求項8】
ブタにおいて抗体を誘導するのに有効な配列番号: (ISU−55)によってコードされるPRRSVの一定量および生理学的に許容可能なキャリヤーを含んでなる、PRRSVに対する抗体を誘導するための組成物。
【請求項9】
請求項6に記載のDNA配列によってコードされる1個以上のポリペプチドを含んでなる、PRRSVに対する抗体を誘発するための組成物。
【請求項10】
上記の5週齢の初乳を欠失したカエサリアン(caesarean)由来のブタの肺の病変を統計学的に有意な量だけ減少させ、この量が接種していない5週齢の初乳を欠失したカエサリアン(caesarean)由来のブタの肺の病変と比較して有意であり、すなわちp値が0.01未満である、請求項8に記載の組成物。
【請求項11】
上記の5週齢の初乳を欠失したカエサリアン(caesarean)由来のブタの肺の病変を統計学的に有意な量だけ減少させ、この量が接種していない5週齢の初乳を欠失したカエサリアン(caesarean)由来のブタの肺の病変と比較して有意であり、すなわちp値が0.01未満である、請求項9に記載の組成物。
【請求項12】
更にアジュバントを含んでなる、請求項8に記載の組成物。
【請求項13】
更にアジュバントを含んでなる、請求項9に記載の組成物。
【請求項14】
ブタ生殖器および呼吸器疾患からブタを保護する方法であって、請求項8に記載の組成物の有効量をこの疾患から保護する必要があるブタに投与することを含んでなる、方法。
【請求項15】
上記ワクチンを経口または非経口投与する、請求項14に記載の方法。
【請求項16】
上記ワクチンを筋肉内、皮内、静脈内、腹腔内、皮下または鼻内投与する、請求項14に記載の方法。
【請求項17】
ブタ生殖器および呼吸器疾患からブタを保護する方法であって、請求項9に記載の組成物の有効量をこの疾患から保護する必要があるブタに投与することを含んでなる、方法。
【請求項18】
上記ワクチンを経口または非経口投与する、請求項14に記載の方法。
【請求項19】
上記ワクチンを筋肉内、皮内、静脈内、腹腔内、皮下または鼻内投与する、請求項17に記載の方法。
【請求項20】
PRRSV ISU−55株をPRRSVの他の株から識別する方法であって、
(a) 下記の2種類のプライマー
55F 5′−CGTACGGCGATAGGGACACC−3′、および
3RFLP 5′−GGCATATATCATCACTGGCG−3′
を用いてPRRSVのDNA配列を増幅し、
(b) 段階(a)の増幅した配列をDraIで消化し、
(c) 626bp、187bpおよび135bpの3種類の制限断片をPRRSV ISU−55株と相関させる
ことを特徴とする、方法。

【図1A】
image rotate

【図1B】
image rotate

【図1C】
image rotate

【図1D】
image rotate

【図1E】
image rotate

【図1F】
image rotate

【図1G】
image rotate

【図2A】
image rotate

【図2B】
image rotate

【図2C】
image rotate

【図2D】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6A】
image rotate

【図6B】
image rotate

【図7A】
image rotate

【図7B】
image rotate

【図8A】
image rotate

【図8B】
image rotate

【図9A】
image rotate

【図9B】
image rotate

【図9C】
image rotate

【図9D】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate

【図15】
image rotate

【図16】
image rotate

【図17】
image rotate

【図18】
image rotate

【図19】
image rotate

【図20】
image rotate

【図21】
image rotate

【図22】
image rotate

【図23】
image rotate

【図24】
image rotate

【図25A1】
image rotate

【図25A2】
image rotate

【図25A3】
image rotate

【図25A4】
image rotate

【図25A5】
image rotate

【図25A6】
image rotate

【図25B1】
image rotate

【図25B2】
image rotate

【図25B3】
image rotate

【図25B4】
image rotate

【図25B5】
image rotate

【図25C1】
image rotate

【図25C2】
image rotate

【図25C3】
image rotate

【図25C4】
image rotate

【図25C5】
image rotate

【図25C6】
image rotate

【図25C7】
image rotate

【図26】
image rotate

【図27A】
image rotate

【図27B】
image rotate

【図27C】
image rotate

【図27D】
image rotate

【図27E】
image rotate

【図27F】
image rotate

【図27G】
image rotate

【図27H】
image rotate

【図28A】
image rotate

【図28B】
image rotate

【図29】
image rotate

【図30】
image rotate

【図31】
image rotate

【図32A】
image rotate

【図32B】
image rotate

【図32C】
image rotate

【図32D】
image rotate

【図32E】
image rotate

【図32F】
image rotate

【図33A】
image rotate

【図33B】
image rotate

【図33C】
image rotate

【図33D】
image rotate

【図33E】
image rotate

【図33F】
image rotate

【図34A】
image rotate

【図34B】
image rotate

【図34C】
image rotate

【図34D】
image rotate

【図34E】
image rotate

【図34F】
image rotate

【図34G】
image rotate

【図34H】
image rotate

【図34I】
image rotate

【図34J】
image rotate

【図34K】
image rotate

【図34L】
image rotate

【図34M】
image rotate

【図34N】
image rotate

【図34O】
image rotate

【図34P】
image rotate

【図34Q】
image rotate

【図34R】
image rotate

【図34S】
image rotate

【図34T】
image rotate

【図34U】
image rotate

【図34V】
image rotate

【図34W】
image rotate

【図34X】
image rotate

【図34Y】
image rotate

【図34Z】
image rotate


【公開番号】特開2011−103883(P2011−103883A)
【公開日】平成23年6月2日(2011.6.2)
【国際特許分類】
【外国語出願】
【出願番号】特願2010−256079(P2010−256079)
【出願日】平成22年11月16日(2010.11.16)
【分割の表示】特願2000−530103(P2000−530103)の分割
【原出願日】平成11年2月8日(1999.2.8)
【出願人】(500365339)アイオワ、ステイト、ユニバーシティー、リサーチ、ファウンデーション、インコーポレイテッド (1)
【氏名又は名称原語表記】IOWA STATE UNIVERSITY RESEARCH FOUNDATION,INC.
【Fターム(参考)】