Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
プロテインキナーゼのインヒビターとして有用なアミノトリアゾール化合物
説明

プロテインキナーゼのインヒビターとして有用なアミノトリアゾール化合物

本発明は、プロテインキナーゼのインヒビターとして有用なアミノトリアゾール化合物に関する。本発明はまた、本発明の化合物を含有する薬学的組成物、これらの化合物を調製する方法、およびこれらの組成物を使用して種々の障害を治療する方法を提供する。ある実施形態では、上記化合物は、PDK−1、FMS、c−KIT、GSK−3、CDK−2、SRC、JAK−1、JAK−2、JAK−3、TYK−2、FLT−3、KDR、PDGFR、ROCK、SYK、AUR−1またはAUR−2プロテインキナーゼのインヒビターとして有効である。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式Iの化合物またはそれらの薬学的に受容可能な塩であって:
【化1】

ここで、Rは、水素またはC1〜6アルキルである;
は、−(T)R、−(T)Arまたは−(T)Cyであり、ここで、Tは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Tの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられる;nは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式の環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択されるか、
またはRおよびRは、窒素と一緒になって、必要に応じて置換した5員〜8員のヘテロシクリルまたはヘテロアリール環を形成し、該ヘテロシクリルまたはヘテロアリール環は、1個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、Ar、Cy、またはRおよびRから形成される任意の環は、一緒になって、それぞれ別個に、必要に応じて、Q−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Qの各別個の存在は、結合またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Qの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSOZNR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各別個の存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;
は、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Zの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;またはRおよびRは、一緒になって、必要に応じて置換した基を形成し、該基は、5員〜7員の飽和、部分不飽和または完全不飽和単環式環または8員〜10員の飽和、部分不飽和または完全不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、RおよびRにより形成された任意の環は、一緒になって、必要に応じて、W−Rの0個〜5個の別個の存在で置換される;ここで、Wの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Wの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SOR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして
Rの各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族基から選択される;そしてR’の各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換した基から選択され、該基は、C1〜8脂肪族、C6〜10アリール、5個〜10個の環原子を有するヘテロアリール環、または3個〜10個の環原子を有するヘテロシクリル環から選択されるか、または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択されるが、
但し:
A)以下の一般式を有する化合物について:
【化2】

i)Rが、
【化3】

であり、そしてRが水素であるとき、Rは、
【化4】

ではない;
ii)Rがメチルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、ベンゾ[cd]インドールではない;
iii)Rが−C(S)NHR”または−C(O)NHR”であり、ここで、R”が必要に応じて置換したフェニル、ベンジル、CHC(O)OEtまたはナフチルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、
【化5】

ではなく、ここで、R”’は、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、フェニル、ナフチルまたはベンジルから選択されるか、またはCHC(O)OEtである;
iv)Rが4,6−ジメトキシ2−ピリミジニルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、o−S(O)Meフェニルではない;
v)RがC(O)NMeであり、そしてRが水素であるとき、Rは、置換シクロペンタトリエンではない;
vi)RがAcであり、そしてRが水素であるとき、Rは、2,4,6−トリニトロ−フェニルではない;または
vii)Rが非置換フェニルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、非置換フェニルまたはAcではない;
viii)Rが2−メチル−フェニルまたは4−メチル−フェニルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、2−Me−フェニルまたは4−Me−フェニルではない;
ix)RがHであり、そしてRが−(C=O)CH−ピペリジニルまたは−(C=O)CH−Clであるとき、Rは、
【化6】

ではない:
x)RがHであり、そしてRがCOCHであるとき、Rは、COCH、−CH=CH,1−(2,3,4,6−テトラ−O−アセチル−β−D−グルコピラノシル、または
【化7】

ではない;
xi)RがHであり、そしてRが−(C=O)ベンジルであるとき、Rは、4−NHCHCH(OH)NHCOCHで置換されたフェニルまたは
【化8】

で置換された2−フルオロ−フェニルではない;
xii)RがHであり、そしてRが−(CH11CHであるとき、Rは、−CONH(2,6−イソプロピル−フェニル)ではない;
xiii)RがHであり、そしてRが−CO(CH12Meであるとき、Rは、CH(COOEt)CONH(2−Cl、5−SONHCOCH)フェニルではない;
xiv)RがHであり、そしてRが−CO(2−OH−フェニル)または−COCHであるとき、Rは、−CH(OH)CHOHではない;
xv)RがHであり、そしてRが−CO(非置換フェニル)であるとき、Rは、4−Me−フェニル、4−NO−フェニル、4−OMe−フェニル、4−Cl−フェニル、3−Cl−フェニルまたは3−NO−フェニルではない;
xvi)RがHであり、そしてRが−COCFであるとき、Rは、(1−トリシクロ[3.3.1.13,7]デカ−1−イル)ではない;
xvii)RがHであり、そしてRが2−Cl−ベンジルまたは2−CO2H−ベンジルであるとき、Rは、4,6−Me−ピリミジン−2−イルまたは4−OMe,6−NMe−ピリミジン−2−イルではない;
xviii)RがHであり、そしてRが−COC(=CH2)Meであるとき、Rは、4−NO−フェニルではない;
xix)Rが水素であり、そしてRが−CO(CHCy、−COCH(イソプロピル)Cy、−COCH(イソブチル)Cy、−COCHNHSOCy、−COCH(Me)NHSOCyまたは−COCH(イソプロピル)NHSOCyであるとき、Rは、−COCH(イソプロピル)Cy、−COCH(イソブチル)Cy、−COCHNHSOCy、−COCH(Me)NHSOCyまたは−COCH(イソプロピル)NHSOCyではない;
xx)Rが水素であり、そしてRが−COR’であり、ここで、R’が水素、CH、非置換フェニル、−(CHCOOH、CF、n−プロピル、エチル、−CHCl、−CClまたはシクロプロピルであるとき、Rは、4−Me−フェニル、4−NO−フェニルまたは−CON(R’)ではない;
xxi)Rが4,6−OMe−トリアゼン−2−イルであり、そしてRがHであるとき、Rは、−CONH(3−Cl−フェニル)、−CONH(2,3−Cl−フェニル)または−CONH(4−Cl−フェニル)ではない;
xxii)Rが非置換ベンジルであり、そしてRがHであるとき、Rは、−CO(4−Me−フェニル)、−CO(2−Me−フェニル)、−CO(3,4,5−OMe−フェニル)、−CO(2,4−NO−フェニル)、−CO(3,5−NO−フェニル)または−CO(4−SONEt−フェニル)ではない;
xxiii)RがHであり、そしてRが−CONHC(CFEtであるとき、Rは、−CONHC(CFEtではない;
xiv)RがHであり、そしてRが−CO(CH(5−Me−フラン−2−イル)であるとき、Rは、−CO(CH(5−フラン−2−イル)ではない;
xv)RがHであり、そしてRが−C(CFNHCOOEtであるとき、Rは、−C(CFNHCOOEtではない;
xvi)Rが3−Cl、5−CF−ピリジン−2−イルであり、そしてRがHであるとき、Rは、−CO(2−Cl−フェニル)、−CO(4−Cl−フェニル)または−CONH(4−Cl−フェニル)ではない;
xvii)RがHであり、そしてRが−COCFCFCFであるとき、Rは、−CHC(COOCHCH(CH)NHCOCFCFCFではない;または
xviii)RがHであり、そしてRが−COCHCHCHであるとき、Rは、−COCHCHCHではない;そして
B)以下の一般式を有する化合物について:
【化9】

i)Rがメチルであり、Rが水素であるとき、Rは、必要に応じて置換したベンゾピランではない;
ii)RがC(S)NHAcであり、Rが4−Me−フェニルであるとき、Rは、ベンジルではない;
iii)Rが水素であり、そしてRが必要に応じて置換したフェニルであるとき、Rは、ベンジルではない;または
iv)Rが水素であり、そしてRが2,4,6−ニトロ−フェニル、であるとき、Rは、2,4,6−ニトロ−フェニルではない、
化合物。
【請求項2】
式Iの化合物またはそれらの薬学的に受容可能な塩:
【化10】

ここで、Rは、水素またはC1〜6アルキルである;
は、−(T)R、−(T)Arまたは−(T)Cyであり、ここで、Tは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Tの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられる;nは、0または1である;Arは、アリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式の環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択されるか、
またはRおよびRは、窒素と一緒になって、5員〜8員のヘテロシクリルまたはヘテロアリール環を形成し、該ヘテロシクリルまたはヘテロアリール環は、1個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、Ar、Cy、またはRおよびRから形成される任意の環は、一緒になって、それぞれ別個に、そして必要に応じて、Q−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Qの各別個の存在は、結合またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Qの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSOZNR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各別個の存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;
は、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、C1〜4アルキリデン鎖であり、該アルキリデン鎖は、必要に応じて、JまたはJ’で置換されており、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Zの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;またはRおよびRは、一緒になって、必要に応じて置換した基を形成し、該基は、5員〜7員の飽和、部分不飽和または完全不飽和単環式環または8員〜10員の飽和、部分不飽和または完全不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、RおよびRにより形成された任意の環は、一緒になって、必要に応じて、W−Rの0個〜5個の別個の存在で置換される;ここで、Wの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Wの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SOR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして
Rの各存在は、別個に、水素またはC1〜6脂肪族基から選択され、該脂肪族基は、必要に応じて、JまたはJ’で置換されてする;そして
R’の各存在は、別個に、水素または以下から選択される基から選択される:C1〜8脂肪族であって、該脂肪族は、必要に応じて、JまたはJ’で置換されている;C6〜10アリールであって、該アリールは、必要に応じて、Jで置換されている;ヘテロアリール環であって、該ヘテロアリール環は、5個〜10個の環原子を有し、必要に応じて、Jで置換されている;またはヘテロシクリル環であって、該ヘテロシクリル環は、3個〜10個の環原子を有し、必要に応じて、JまたはJ’で置換されている;または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該ヘテロアリール環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、各環は、必要に応じて、そして別個に、J(0個、1個、2個、3個、4個、5個または6個のJ基)で置換されており、
Jの各存在は、別個に、ハロゲン;−R;−OR;−SR;1,2−メチレンジオキシ;1,2−エチレンジオキシ;Rで必要に応じて置換したフェニル(Ph);Rで必要に応じて置換した−O(Ph);Rで必要に応じて置換した−(CH1〜2(Ph);Rで必要に応じて置換した−CH=CH(Ph);−NO;−CN;−N(R;−NRC(O)R;−NRC(S)R;−NRC(O)N(R;−NRC(S)N(R;−NRCO;−NRNRC(O)R;−NRNRC(O)N(R;−NRNRCO;−C(O)C(O)R;−C(O)C(O)OR、−C(O)C(O)N(R、−C(O)CHC(O)R;−CO;−C(O)R;−C(S)R;−C(S)OR、−C(O)N(R;−C(S)N(R;−C(=NH)−N(R、−OC(O)N(R;−OC(O)R;−C(O)N(OR)R;−C(NOR)R;−S(O);−S(O);−SON(R;−S(O)R;−NRSON(R;−NRSO;−N(OR)R;−C(=NH)−N(R;C(=NOR)R;(CH0〜2NHC(O)R;−P(O);−PO(R;−OPO(R;または−P(O)(H)(OR)から選択される;
ここで、Rの各別個の存在は、水素、必要に応じて置換したC1〜6脂肪族、必要に応じて置換した5員〜6員のヘテロアリールまたは複素環、必要に応じて置換したフェニル(Ph);必要に応じて置換した−O(Ph);必要に応じて置換した−(CH1〜2(Ph);必要に応じて置換した−CH=CH(Ph)から選択される;または、同じ置換基または異なる置換基上のRの2個の別個の存在は、各R基が結合する原子と一緒になって、5員〜8員のヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環、または3員〜8員のシクロアルキル環を形成し、該シクロアルキル環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、Rの脂肪族基に対する置換基は、必要に応じて置換したヘテロアリール、必要に応じて置換した複素環、NH、NH(C1〜6脂肪族)、N(C1〜6脂肪族)、ハロゲン、C1〜6脂肪族、OH、O(C1〜6脂肪族)、NO、CN、COH、CO(C1〜6脂肪族)、O(ハロC1〜6脂肪族)またはハロ(C1〜6脂肪族)であり、ここで、Rの該C1〜6脂肪族基の各々は、置換されていない;
ここで、Rのフェニル、ヘテロアリールまたは複素環基に対する置換基は、C1〜6脂肪族、NH、NH(C1〜4脂肪族)、N(C1〜6脂肪族)、ハロゲン、C1〜6脂肪族、OH、O(C1〜6脂肪族)、NO、CN、COH、CO(C1〜6脂肪族)、O(ハロC1〜6脂肪族)またはハロ(C1〜6脂肪族)であり、ここで、Rの該C1〜6脂肪族基の各々は、置換されていない;
J’の各存在は、別個に、=O、=S、=NNHR、=NN(R、=NNHC(O)R、=NNHCO(アルキル)、=NNHSO(アルキル)または=NRから選択され、ここで、各Rは、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族から選択される;ここで、Rの脂肪族基は、必要に応じて、NH、NH(C1〜4脂肪族)、N(C1〜4脂肪族)、ハロゲン、C1〜4脂肪族、OH、O(C1〜4脂肪族)、NO、CN、COH、CO(C1〜4脂肪族)、O(ハロC1〜4脂肪族)またはハロ(C1〜4脂肪族)で置換されており、ここで、Rの該C1〜4脂肪族基の各々は、置換されていない;
但し、Rが6員芳香環またはヘテロ芳香族環であるとき、Rは、Hではなく、そしてTは、SOではない;そしてRがメチルであるとき、Rは、以下ではない:
【化11】

但し:
A)以下の一般式を有する化合物について:
【化12】

i)Rが、
【化13】

であり、そしてRが水素であるとき、Rは、
【化14】

ではない;
ii)Rがメチルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、ベンゾ[cd]インドールではない;
iii)Rが−C(S)NHR”または−C(O)NHR”であり、ここで、R”が必要に応じて置換したフェニル、ベンジル、CHC(O)OEtまたはナフチルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、
【化15】

ではなく、ここで、R”’は、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、フェニル、ナフチルまたはベンジルから選択されるか、またはCHC(O)OEtである;
iv)Rが4,6−ジメトキシ2−ピリミジニルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、o−S(O)Meフェニルではない;
v)RがC(O)NMeであり、そしてRが水素であるとき、Rは、置換シクロペンタトリエンではない;
vi)RがAcであり、そしてRが水素であるとき、Rは、2,4,6−トリニトロ−フェニルではない;または
vii)Rが非置換フェニルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、非置換フェニルまたはAcではない;
viii)Rが2−メチル−フェニルまたは4−メチル−フェニルであり、そしてRが水素であるとき、Rは、2−Me−フェニルまたは4−Me−フェニルではない;
ix)RがHであり、そしてRが−(C=O)CH−ピペリジニルまたは−(C=O)CH−Clであるとき、Rは、
【化16】

ではない:
x)RがHであり、そしてRがCOCHであるとき、Rは、COCH、−CH=CH,1−(2,3,4,6−テトラ−O−アセチル−β−D−グルコピラノシル、または
【化17】

ではない;
xi)RがHであり、そしてRが−(C=O)ベンジルであるとき、Rは、4−NHCHCH(OH)NHCOCHで置換されたフェニルまたは
【化18】

で置換された2−フルオロ−フェニルではない;
xii)RがHであり、そしてRが−(CH11CHであるとき、Rは、−CONH(2,6−イソプロピル−フェニル)ではない;
xiii)RがHであり、そしてRが−CO(CH12Meであるとき、Rは、CH(COOEt)CONH(2−Cl、5−SONHCOCH)フェニルではない;
xiv)RがHであり、そしてRが−CO(2−OH−フェニル)または−COCHであるとき、Rは、−CH(OH)CHOHではない;
xv)RがHであり、そしてRが−CO(非置換フェニル)であるとき、Rは、4−Me−フェニル、4−NO−フェニル、4−OMe−フェニル、4−Cl−フェニル、3−Cl−フェニルまたは3−NO−フェニルではない;
xvi)RがHであり、そしてRが−COCFであるとき、Rは、(1−トリシクロ[3.3.1.13,7]デカ−1−イル)ではない;
xvii)RがHであり、そしてRが2−Cl−ベンジルまたは2−CO2H−ベンジルであるとき、Rは、4,6−Me−ピリミジン−2−イルまたは4−OMe,6−NMe−ピリミジン−2−イルではない;
xviii)RがHであり、そしてRが−COC(=CH2)Meであるとき、Rは、4−NO−フェニルではない;
xix)Rが水素であり、そしてRが−CO(CHCy、−COCH(イソプロピル)Cy、−COCH(イソブチル)Cy、−COCHNHSOCy、−COCH(Me)NHSOCyまたは−COCH(イソプロピル)NHSOCyであるとき、Rは、−COCH(イソプロピル)Cy、−COCH(イソブチル)Cy、−COCHNHSOCy、−COCH(Me)NHSOCyまたは−COCH(イソプロピル)NHSOCyではない;
xx)Rが水素であり、そしてRが−COR’であり、ここで、R’が水素、CH、非置換フェニル、−(CHCOOH、CF、n−プロピル、エチル、−CHCl、−CClまたはシクロプロピルであるとき、Rは、4−Me−フェニル、4−NO−フェニルまたは−CON(R’)ではない;
xxi)Rが4,6−OMe−トリアゼン−2−イルであり、そしてRがHであるとき、Rは、−CONH(3−Cl−フェニル)、−CONH(2,3−Cl−フェニル)または−CONH(4−Cl−フェニル)ではない;
xxii)Rが非置換ベンジルであり、そしてRがHであるとき、Rは、−CO(4−Me−フェニル)、−CO(2−Me−フェニル)、−CO(3,4,5−OMe−フェニル)、−CO(2,4−NO−フェニル)、−CO(3,5−NO−フェニル)または−CO(4−SONEt−フェニル)ではない;
xxiii)RがHであり、そしてRが−CONHC(CFEtであるとき、Rは、−CONHC(CFEtではない;
xiv)RがHであり、そしてRが−CO(CH(5−Me−フラン−2−イル)であるとき、Rは、−CO(CH(5−フラン−2−イル)ではない;
xv)RがHであり、そしてRが−C(CFNHCOOEtであるとき、Rは、−C(CFNHCOOEtではない;
xvi)Rが3−Cl、5−CF−ピリジン−2−イルであり、そしてRがHであるとき、Rは、−CO(2−Cl−フェニル)、−CO(4−Cl−フェニル)または−CONH(4−Cl−フェニル)ではない;
xvii)RがHであり、そしてRが−COCFCFCFであるとき、Rは、−CHC(COOCHCH(CH)NHCOCFCFCFではない;または
xviii)RがHであり、そしてRが−COCHCHCHであるとき、Rは、−COCHCHCHではない;そして
B)以下の一般式を有する化合物について:
【化19】

i)Rがメチルであり、Rが水素であるとき、Rは、必要に応じて置換したベンゾピランではない;
ii)RがC(S)NHAcであり、Rが4−Me−フェニルであるとき、Rは、ベンジルではない;
iii)Rが水素であり、そしてRが必要に応じて置換したフェニルであるとき、Rは、ベンジルではない;
iv)Rが水素であり、そしてRが2,4,6−ニトロ−フェニル、であるとき、Rは、2,4,6−ニトロ−フェニルではない;または
v)RがHであり、そしてRが−(CH11CHまたは−(CH10CHであるとき、Rは、−CONH(2,6−イソプロピル−フェニル)ではない、
化合物。
【請求項3】
が、−(T)Arであり、そしてArが、以下の基の1つから選択される、請求項1または請求項2に記載の化合物であって:
【化20】

ここで、xは、0〜5である、
化合物。
【請求項4】
Arが、以下の基の1つから選択される、請求項3に記載の化合物:
【化21】

【請求項5】
が、水素である;Rが、−(T)Arである;Arが、必要に応じて置換したフェニル(a)である;そして化合物が、式I−AまたはI−A’を有する、請求項1〜4のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化22】

ここで、xは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項6】
が、−(T)Cyであり、そしてCyが、以下の基の1つから選択される、請求項1〜5のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化23】

ここで、xは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項7】
Cyが、以下の基の1つから選択される、請求項6に記載の化合物:
【化24】

【請求項8】
が、水素である;Rが、−(T)Cyである;Cyが、必要に応じて置換したシクロヘキシル(v)、テトラヒドロフラニル(ee)(これは、好ましくは、その2位置で結合されている)、またはシクロプロピル(ff)である;そして化合物が、次式I−B、I−C、I−D、I−B’、I−C’またはI−D’の1つを有する、請求項1〜7のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化25】

ここで、xは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項9】
が、水素またはC1〜4アルキルである、請求項1〜8のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項10】
が、水素である、請求項9に記載の化合物。
【請求項11】
T基が、存在するとき、CHまたは−CHCH−を含む、請求項1〜10のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項12】
nが、0であり、そしてTが、存在しない、請求項1〜10のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項13】
xが、0〜3である;またはxが、0であり、そしてArまたはCyが、置換されていない、請求項1〜12のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項14】
QR基が、それぞれ別個に、ハロゲン、CN、NO、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルキル、アリール、アラルキル、−N(R’)、−CHN(R’)、−OR’、−CHOR’、−SR’、−CHSR’、−COOR’、−NRCOR’、−CON(R’)または−SON(R’)−から選択される、請求項1〜13のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項15】
QR基が、それぞれ別個に、Cl、Br、F、CF、Me、Et、CN、−COOH、−N(CH、−N(Et)、−N(iPr)、−O(CHOCH、−CONH、−COOCH、−OH、−CHOH、−NHCOCH、−SONH、メチレンジオキシ、エチレンジオキシ、ピペリジニル、ピペリジニル、モルホリノ、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルコキシ、フェニル、フェニルオキシ、ベンジルまたはベンジルオキシから選択される、請求項1〜14のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項16】
化合物が、一般式IIまたはII’を有する、請求項1〜15のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化26】

ここで、Rは、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rから選択される5個までの置換基で置換されている;ここで、Zは、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;
Rの各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族基から選択される;そしてR’の各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換した基から選択され、該基は、C1〜8脂肪族、C6〜10アリール、5個〜10個の環原子を有するヘテロアリール環、または3個〜10個の環原子を有するヘテロシクリル環から選択されるか、または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される、
化合物。
【請求項17】
が、水素である;Rが、−(T)Arである;Arが、必要に応じて置換したフェニル(a)である;Rが、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;そして化合物が、次式II−A−(i)、II−A−(ii)、II−A−(iii)、II−A−(i)’、II−A−(ii)’またはII−A−(iii)’の1つを有する、請求項16に記載の化合物であって:
【化27】

ここで、xは、0〜5であり、nは、0または1である、そしてmは、0または1である、
化合物。
【請求項18】
が、水素である;Rが、−(T)Cyである;Cyが、必要に応じて置換したシクロヘキシル(v)、テトラヒドロフラニル(ee)(これは、好ましくは、その2位置で結合されている)またはシクロプロピル(ff)である;Rが、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;そして化合物が、次式II−B−(i)、II−B−(ii)、II−B−(iii)、II−B−(i)’、II−B−(ii)’、II−B−(iii)’、II−C−(i)、II−C−(ii)、II−C−(iii)、II−C−(i)’、II−C−(ii)’、II−C−(iii)’、II−D−(i)、II−D−(ii)、II−D−(iii)、II−D−(i)’、II−D−(ii)’またはII−D−(iii)’の1つを有する、請求項16に記載の化合物であって:
【化28−1】

【化28−2】

【化28−3】

ここで、xは、0〜5であり、nは、0または1である、そしてmは、0または1である、
化合物。
【請求項19】
が、−(L)Rであり、そしてRが、水素または必要に応じて置換したC1〜4脂肪族基である、請求項1〜18のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項20】
mが、0であり、そしてRが、メチルである、請求項19に記載の化合物。
【請求項21】
が、−(L)Arであり、そしてArが、以下の基の1つから選択される、請求項1〜18のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化29−1】

【化29−2】

ここで、yは、0〜5である、
化合物。
【請求項22】
Arが、以下の基の1つから選択される、請求項21に記載の化合物:
【化30】

【請求項23】
が、−(L)Cyであり、そしてCyが、以下の基の1つから選択される、請求項1〜18のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化31】

ここで、yは、0〜5である、
化合物。
【請求項24】
Cyが、以下の基の1つから選択される、請求項23に記載の化合物:
【化32】

【請求項25】
が、水素である;Rが、−(T)Arまたは−(T)Cyである;Rが、−(L)Rである;mが、0である;Rが、メチルである;そして化合物が、次式II−E−(i)、II−E−(ii)、II−E−(i)’またはII−E−(ii)’の1つを有する、請求項16に記載の化合物であって:
【化33】

ここで、yは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項26】
が、水素である;Rが、−(T)Arまたは−(T)Cyである;nが、0または1である;Rが、−(L)Arである;mが、0である;Arが、必要に応じて置換したフェニル(i)、ピリジル(ii)(これは、好ましくは、その2位置で結合されている)、チアゾリル(xvi)(これは、好ましくは、その2位置で結合されている)、ピリミジニル(iii)(これは、好ましくは、その2位置または4位置で結合されている)またはキノリニル(xxvi)(これは、好ましくは、その2位置で結合されている)である;そして化合物が、次式II−F−(i)、II−F−(ii)、II−G−(i)、II−G−(ii)、II−H−(i)、II−H−(ii)、II−I−(i)、II−J−(i)、II−J−(ii)、II−K−(i)、II−K−(ii)、II−F−(i)’、II−F−(ii)’、II−G−(i)’、II−G−(ii)’、II−H−(i)’、II−H−(ii)’、II−I−(i)’、II−I−(ii)’、II−J−(i)’、II−J−(ii)’、II−K−(i)’またはII−K−(ii)’の1つを有する、請求項16に記載の化合物であって:
【化34−1】

【化34−2】

【化34−3】

ここで、yは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項27】
が、水素である;Rが、−(T)Arまたは−(T)Cyである;nが、0または1である;Rが、−(L)Cyである;mが、0である;Cyが、必要に応じて置換したシクロヘキシル(xxix)である;そして化合物が、次式II−L−(i)、II−L−(ii)、II−L−(i)’またはII−L−(ii)’の1つを有する、請求項16に記載の化合物であって:
【化35】

ここで、yは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項28】
が、−(L)Arであり、そしてArが、フェニル(i)、ピリジル(ii)、ピリミジニル(iii)、チアゾリル(xvi)またはキノリニル(xxvi)であり、各々が、必要に応じて、ZRの0個〜3個の存在で置換されているか、またはRが、−(L)Cyであり、そしてCyが、シクロヘキシル(xxix)であり、必要に応じて、ZRの0個〜3個の存在で置換されている、請求項17または18に記載の化合物。
【請求項29】
nが、0であるか、またはnが、1であり、そしてTが、CH2である;mが、0である;xが、0〜3である;yが、0〜3である;そしてQRまたはZRの各存在が、別個に、ハロゲン、CN、NO、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルキル、アリール、アラルキル、−N(R’)、−CHN(R’)、−OR’、−CHOR’、−SR’、−CHSR’、−COOR’、−NRCOR’、−CON(R’)または−SON(R’)から選択される、請求項28に記載の化合物。
【請求項30】
が、−(T)Arであり、そしてArが、フェニル(a)であり、該フェニル(a)が、必要に応じて、QRの0個〜3個の存在で置換されている;または、ここで、Rが、−(T)Cyであり、そしてCyが、シクロヘキシル(v)、テトラヒドロフラニル(ee)またはシクロプロピル(ff)であり、必要に応じて、QRの0個〜3個の存在で置換されている、請求項25、26または27に記載の化合物。
【請求項31】
nが、0であるか、またはnが、1であり、そしてTが、CHである;mが、0である;xが、0〜3である;yが、0〜3である;そしてQRまたはZRの各存在が、別個に、ハロゲン、CN、NO、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルキル、アリール、アラルキル、−N(R’)、−CHN(R’)、−OR’、−CHOR’、−SR’、−CHSR’、−COOR’、−NRCOR’、−CON(R’)または−SON(R’)から選択される、請求項30に記載の化合物。
【請求項32】
化合物が、一般式II’を有する、請求項1に記載の化合物であって:
【化36】

ここで、RおよびRは、一緒になって、必要に応じて置換した基を形成し、該基は、5員〜7員の飽和、部分不飽和または完全不飽和単環式環または8員〜10員の飽和、部分不飽和または完全不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、RおよびRにより形成された任意の環は、一緒になって、必要に応じて、W−Rの0個〜5個の別個の存在で置換される;ここで、Wの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Wの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SOR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして
Rの各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族基から選択される;そしてR’の各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換した基から選択され、該基は、C1〜8脂肪族、C6〜10アリール、5個〜10個の環原子を有するヘテロアリール環、または3個〜10個の環原子を有するヘテロシクリル環から選択されるか、または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される、
化合物。
【請求項33】
化合物が、次式II−M’、II−N’、II−O’、II−P’、II−Q’、II−R’、II−S’、II−T’、II−U’、II−V’またはII−W’を有する、請求項32に記載の化合物であって:
【化37】

ここで、pは、0〜5である、
化合物。
【請求項34】
WR基が、それぞれ別個に、ハロゲン、CN、NO、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルキル、アリール、アラルキル、−N(R’)、−CHN(R’)、−OR’、−CHOR’、−SR’、−CHSR’、−COOR’、−NRCOR’、−CON(R’)または−S(O)N(R’)から選択される、請求項33に記載の化合物。
【請求項35】
が、水素またはC1〜4アルキルである、請求項33に記載の化合物。
【請求項36】
が、水素である、請求項33に記載の化合物。
【請求項37】
以下の化合物の1つから選択される、化合物:
【化38−1】

【化38−2】

【化38−3】

【化38−4】

【化38−5】

【請求項38】
以下の化合物の1つから選択される、化合物:I−49〜I−156。
【請求項39】
化合物が、一般式IIを有する、請求項1または請求項2に記載の化合物であって:
【化39】

ここで、Rは、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rから選択される5個までの置換基で置換されている;ここで、Zは、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして他の変数は、上で定義したとおりである、
化合物。
【請求項40】
が、水素またはC1〜4アルキルである、請求項39に記載の化合物。
【請求項41】
が、水素である、請求項40に記載の化合物。
【請求項42】
が、−(L)Arであり、そしてArが、以下の基の1つから選択される、請求項39〜41のいずれか1項に記載の化合物であって:
【化40−1】

【化40−2】

ここで、yは、0〜5である、
化合物。
【請求項43】
Arが、以下の基の1つから選択される、請求項42に記載の化合物:
【化41】

【請求項44】
Arが、以下の基の1つから選択される、請求項43に記載の化合物:
【化42】

【請求項45】
Arが、
【化43】

である、請求項44に記載の化合物。
【請求項46】
が、−(L)Arであり、そしてArが、フェニル(i)、ピリジル(ii)、ピリミジニル(iii)、チアゾリル(xvi)またはキノリニル(xxvi)であり、各々が、必要に応じて、ZRの0個〜3個の存在で置換されている、請求項39に記載の化合物。
【請求項47】
mが、0である、請求項39〜46のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項48】
が、−(T)Arである、請求項39〜47のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項49】
が、−(T)Arである;nが、0または1である;Rが、−(L)Arである;mが、0である;Arが、必要に応じて置換したフェニル(i)、ピリジル(ii)、ピリミジニル(iii)(これは、好ましくは、その2位置または4位置で結合されている)である;そして前記化合物が、次式II−F−(i)、II−G−(i)、II−J−(i)またはII−X−(i)の1つを有する、請求項48に記載の化合物であって:
【化44】

ここで、yは、0〜5である、
化合物。
【請求項50】
が、−(T)Arである;nが、0または1である;Rが、−(L)Arである;mが、0である;Arが、必要に応じて置換したピリジル(ii)(これは、好ましくは、その2位置で結合されている)である;そして化合物が、次式II−X−(i)の1つを有する、請求項49に記載の化合物:
【化45】

【請求項51】
が、水素である;Rが、−(T)Arである;nが、0または1である;Rが、−(L)Arである;mが、0である;Arが、必要に応じて置換したピリミジニル(iii)(これは、好ましくは、その2位置または4位置で結合されている)である;そして化合物が、次式II−J−(i)の1つを有する、請求項49に記載の化合物:
【化46】

【請求項52】
が、−(T)Arであり、そしてArが、以下の基の1つから選択される、請求項48〜51のいずれか1項に記載の化合物:
【化47】

ここで、xは、0〜5である、
化合物。
【請求項53】
Arが、以下の基の1つから選択される、請求項52に記載の化合物:
【化48】

【請求項54】
が、−(T)Arである;Arが、必要に応じて置換したフェニル(a)である;そして化合物が、式I−Aを有する、請求項39〜53のいずれか1項に記載の化合物:
【化49】

ここで、xは、0〜5であり、そしてnは、0または1である、
化合物。
【請求項55】
が、水素である;Rが、−(T)Arである;Arが、必要に応じて置換したフェニル(a)である;Rが、−(L)Arである;そして化合物が、次式II−A−(ii)を有する、請求項39に記載の化合物であって:
【化50】

ここで、xは、0〜5であり、nは、0または1である、そしてmは、0または1である、
化合物。
【請求項56】
nが、0である、請求項39〜55のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項57】
xが、0、1、2または3である、請求項56に記載の化合物。
【請求項58】
QR基が、それぞれ別個に、ハロゲン、CN、NO、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルキル、アリール、アラルキル、−N(R’)、−CHN(R’)、−OR’、−CHOR’、−SR’、−CHSR’、−COOR’、−COR’、−NRCOR’、−NRCONRR’、−NRCOOR’、−CON(R’)または−SON(R’)から選択される、請求項39〜57のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項59】
QR基が、それぞれ別個に、Cl、Br、F、CF、Me、Et、CN、−COOH、−N(CH、−N(Et)、−N(iPr)、−O(CHOCH、−CONH、−COOCH、−OH、−CHOH、−NHCOCH、−N(H)C(O)N(H)CH、−N(H)C(O)OCH、−N(H)C(O)N(H)Et、−N(H)C(O)OEt、−N(H)C(O)N(H)−iPr、−N(H)C(O)O−iPr、−N(H)C(O)N(H)−nPr、−N(H)C(O)O−nPr、−SONH、メチレンジオキシ、エチレンジオキシ、ピペリジニル、ピペリジニル、モルホリノ、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜4アルコキシ、フェニル、フェニルオキシ、ベンジルまたはベンジルオキシから選択される、請求項39〜57のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項60】
QRが、−N(R’)、−NRR’、−N(R)、−NRCOR’、−NRCONRR’、−NRCOOR’、ピペリジニル、ピペリジニルまたはモルホリノであり、該ピペリジニル、ピペリジニル、モルホリノが、必要に応じて、−COR’、−COOR’、−CON(R’)または−SON(R’)で置換されており、ここで、QR内のRの各存在が、別個に、HまたはC1〜6アルキルである、請求項39〜57のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項61】
QR内のRが、Hであり、そしてQR内のR’が、C1〜6アルキルである、請求項58〜60のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項62】
Arが、必要に応じて置換したピリジニル(ii)であり、そして該ピリジニルが、次式を有する、請求項39〜61のいずれか1項に記載の化合物:
【化51】

【請求項63】
ZRY1が、水素、ハロゲン、C1〜6アルキル、C1〜4アルコキシ、CNまたはNOである、請求項62に記載の化合物。
【請求項64】
ZRY1が、水素、ハロゲン、メチルまたはエチルである、請求項63に記載の化合物。
【請求項65】
Arが、必要に応じて置換したピリミジニル(iii)である;そしてピリミジニルが、次式を有する、請求項39〜61のいずれか1項に記載の化合物:
【化52】

【請求項66】
ZRY2が、ハロゲン、C1〜6アルキル、CN、NO、または必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基が、C1〜6アルキル、アリール、アラルキル、−N(R’)、−CHN(R’)、−OR’、−CHOR’、−SR’、−CHSR’、−COOR’、−COR’、−NRCOR’、−NRCONRR’、−NRCOOR’、−CON(R’)または−SON(R’)から選択される、請求項62〜65のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項67】
ZRY2が、−N(R)、−N(R’)または−NRR’であり、ここで、Rが、HまたはC1〜6アルキルであり、そしてR’が、C1〜6アルキルであり、ここで、該C1〜6アルキルが、必要に応じて、ハロ、CN、OHまたは−OC1〜6アルキルで置換されている、請求項66に記載の化合物。
【請求項68】
ZRY2が、−N(R’)であり、ここで、R’の各存在が、一緒になって、5員〜10員の複素環を形成し、該複素環が、1個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子が、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、該複素環が、必要に応じて、ハロ、C1〜6アルキル、−COR’、−COOR’、−CON(R’)、−NRCOR’、−NRCOOR’、−NRCONRR’または−SON(R’)で置換され、ここで、Rの各存在が、水素またはC1〜6アルキルであり、そしてR’の各存在が、C1〜6アルキルである、請求項67に記載の化合物。
【請求項69】
Rが、水素である、請求項66〜68のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項70】
式Iの化合物またはそれらの薬学的に受容可能な塩と、薬学的に受容可能なキャリア、アジュバントまたはビヒクルとを含有する、組成物であって:
【化53】

ここで、Rは、水素またはC1〜6アルキルである;
は、−(T)Arまたは−(T)Cyであり、ここで、Tは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Tの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられる;nは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式の環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択されるか、
またはRおよびRは、窒素と一緒になって、必要に応じて置換した5員〜8員のヘテロシクリルまたはヘテロアリール環を形成し、該ヘテロシクリルまたはヘテロアリール環は、1個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、Ar、Cy、またはRおよびRから形成される任意の環は、一緒になって、それぞれ別個に、必要に応じて、Q−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Qの各別個の存在は、結合またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Qの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSOZNR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各別個の存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;
は、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Zの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;またはRおよびRは、一緒になって、必要に応じて置換した基を形成し、該基は、5員〜7員の飽和、部分不飽和または完全不飽和単環式環または8員〜10員の飽和、部分不飽和または完全不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、RおよびRにより形成された任意の環は、一緒になって、必要に応じて、W−Rの0個〜5個の別個の存在で置換される;ここで、Wの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Wの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SOR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして
Rの各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族基から選択される;そしてR’の各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換した基から選択され、該基は、C1〜8脂肪族、C6〜10アリール、5個〜10個の環原子を有するヘテロアリール環、または3個〜10個の環原子を有するヘテロシクリル環から選択されるか、または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される、
組成物。
【請求項71】
前記化合物が、該化合物の治療有効量である、請求項70に記載の組成物。
【請求項72】
PDK−1、FMS、c−KIT、GSK−3、CDK−2、SRC、JAK−1、JAK−2、JAK−3、TYK−2、FLT−3、ROCK、PDGFR、SYK、AUR−1、AUR−2プロテインキナーゼ活性を検出可能に阻害する量の、請求項70に記載の組成物。
【請求項73】
さらに、追加治療薬を含有し、該追加治療薬が、化学療法薬または抗増殖薬、アルツハイマー病の治療薬、パーキンソン病の治療薬、多発性硬化症(MS)を治療する薬剤、喘息の治療薬、精神分裂病を治療する薬剤、抗炎症薬、免疫調節または免疫抑制薬、神経栄養因子、循環器病を治療する薬剤、破壊性骨障害を治療する薬剤、肝臓病を治療する薬剤、血液疾患を治療する薬剤、または免疫不全疾患を治療する薬剤から選択される、請求項70に記載の組成物。
【請求項74】
生体試料中のPDK−1、FMS、c−KIT、GSK−3、CDK−2、SRC、JAK−1、JAK−2、JAK−3、TYK−2、FLT−3、ROCK、PDGFR、SYK、AUR−1またはAUR−2キナーゼ活性を阻害する方法であって、該生体試料を以下と接触させる工程を包含する、方法であって:
請求項70に記載の組成物;または
式Iの化合物またはそれらの薬学的に受容可能な塩:
【化54】

ここで、Rは、水素またはC1〜6アルキルである;
は、−(T)Arまたは−(T)Cyであり、ここで、Tは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Tの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられる;nは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式の環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択されるか、
またはRおよびRは、窒素と一緒になって、必要に応じて置換した5員〜8員のヘテロシクリルまたはヘテロアリール環を形成し、該ヘテロシクリルまたはヘテロアリール環は、1個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、Ar、Cy、またはRおよびRから形成される任意の環は、一緒になって、それぞれ別個に、必要に応じて、Q−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Qの各別個の存在は、結合またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Qの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSOZNR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各別個の存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;
は、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Zの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;またはRおよびRは、一緒になって、必要に応じて置換した基を形成し、該基は、5員〜7員の飽和、部分不飽和または完全不飽和単環式環または8員〜10員の飽和、部分不飽和または完全不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、RおよびRにより形成された任意の環は、一緒になって、必要に応じて、W−Rの0個〜5個の別個の存在で置換される;ここで、Wの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Wの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SOR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして
Rの各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族基から選択される;そしてR’の各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換した基から選択され、該基は、C1〜8脂肪族、C6〜10アリール、5個〜10個の環原子を有するヘテロアリール環、または3個〜10個の環原子を有するヘテロシクリル環から選択されるか、または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される、
方法。
【請求項75】
前記方法が、JAK−1、JAK−2、JAK−3、TYK−2、FLT−3、C−KIT、KDR、CDK、PDK−1またはAUR−2キナーゼ活性を阻害する工程を包含する、請求項74に記載の方法。
【請求項76】
前記方法が、FLT−3キナーゼ活性を阻害する工程を包含する、請求項74に記載の方法。
【請求項77】
アレルギー障害、増殖障害、自己免疫疾患、臓器移植に付随した病気、炎症障害、免疫媒介障害、ウイルス性疾患、または破壊性骨障害から選択される疾患または病気を治療するかその重症度を軽減する方法であって、該患者に、以下を投与する工程を包含する、方法であって:
請求項70に記載の組成物;または
式Iの化合物またはそれらの薬学的に受容可能な塩:
【化55】

ここで、Rは、水素またはC1〜6アルキルである;
は、−(T)Arまたは−(T)Cyであり、ここで、Tは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Tの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられる;nは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式の環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択されるか、
またはRおよびRは、窒素と一緒になって、必要に応じて置換した5員〜8員のヘテロシクリルまたはヘテロアリール環を形成し、該ヘテロシクリルまたはヘテロアリール環は、1個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、Ar、Cy、またはRおよびRから形成される任意の環は、一緒になって、それぞれ別個に、必要に応じて、Q−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Qの各別個の存在は、結合またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Qの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSOZNR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各別個の存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;
は、−(L)R、−(L)Arまたは−(L)Cyである;ここで、Lは、必要に応じて置換したC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Lの1個のメチレン単位は、必要に応じて、O、NR、NRCO、NRCONR、NRCO、CO、CO、CONR、OC(O)NR、SO、SONR、NRSO、NRSONR、C(O)C(O)またはC(O)CHC(O)で置き換えられている;mは、0または1である;Arは、必要に応じて置換したアリール基であり、該アリール基は、5員〜6員の単環式または8員〜10員の二環式環から選択され、該環は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;そしてCyは、必要に応じて置換した基であり、該必要に応じて置換した基は、3員〜7員の飽和または部分不飽和単環式環系または8員〜10員の飽和または部分不飽和二環式環系から選択され、該単環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜5個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、ここで、ArおよびCyは、それぞれ別個に、必要に応じて、Z−Rの0個〜5個の別個の存在で置換されている;ここで、Zの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜4アルキリデン鎖であり、ここで、Zの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SONR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられている;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;またはRおよびRは、一緒になって、必要に応じて置換した基を形成し、該基は、5員〜7員の飽和、部分不飽和または完全不飽和単環式環または8員〜10員の飽和、部分不飽和または完全不飽和二環式環系から選択され、該単環式環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択され、そして該二環式環系は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される;
ここで、RおよびRにより形成された任意の環は、一緒になって、必要に応じて、W−Rの0個〜5個の別個の存在で置換される;ここで、Wの各別個の存在は、結合であるか、またはC1〜6アルキリデン鎖であり、ここで、Wの2個までの非隣接メチレン単位は、必要に応じて、CO、CO、COCO、CONR、OCONR、NRNR、NRNRCO、NRCO、NRCO、NRCONR、SO、SO、NRSO、SOR、NRSONR、O、SまたはNRで置き換えられる;そしてRの各存在は、別個に、R’、ハロゲン、NO、CN、OR’、SR’、N(R’)、NR’C(O)R’、NR’C(O)N(R’)、NR’COR’、C(O)R’、COR’、OC(O)R’、C(O)N(R’)、OC(O)N(R’)、SOR’、SOR’、SON(R’)、NR’SOR’、NR’SON(R’)、C(O)C(O)R’またはC(O)CHC(O)R’から選択される;そして
Rの各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換したC1〜6脂肪族基から選択される;そしてR’の各存在は、別個に、水素または必要に応じて置換した基から選択され、該基は、C1〜8脂肪族、C6〜10アリール、5個〜10個の環原子を有するヘテロアリール環、または3個〜10個の環原子を有するヘテロシクリル環から選択されるか、または、ここで、RおよびR’は、一緒になって、またはR’の2個の存在は、一緒になって、5員〜8員のシクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール環を形成し、該環は、0個〜3個のヘテロ原子を有し、該ヘテロ原子は、別個に、窒素、酸素または硫黄から選択される、
方法。
【請求項78】
さらに、前記患者に、追加治療薬を投与する工程を包含し、該追加治療薬が、化学療法薬または抗増殖薬、アルツハイマー病の治療薬、パーキンソン病の治療薬、多発性硬化症(MS)を治療する薬剤、喘息の治療薬、精神分裂病を治療する薬剤、抗炎症薬、免疫調節または免疫抑制薬、神経栄養因子、循環器病を治療する薬剤、破壊性骨障害を治療する薬剤、肝臓病を治療する薬剤、血液疾患を治療する薬剤、または免疫不全疾患を治療する薬剤から選択され、
ここで、該追加治療薬が、治療する疾患に適当であり、そして
該追加治療薬が、単一剤形として前記組成物と共に投与されるか、または複数剤形の一部として該組成物とは別々に投与される、
請求項77に記載の方法。
【請求項79】
前記疾患または病気が、癌である、請求項77に記載の方法。
【請求項80】
前記癌が、以下の癌の1つから選択される、請求項79に記載の方法:乳房、卵巣、子宮頸管、前立腺、精巣、尿生殖器路、食道、喉頭、グリア芽細胞腫、神経芽細胞腫、胃、皮膚、ケラトアカントーマ、肺、類表皮癌、大細胞癌、小細胞癌、肺腺癌、骨、大腸、腺腫、膵臓、腺癌、甲状腺、濾胞性癌腫、未分化癌、乳頭癌、精上皮腫、黒色腫、肉腫、膀胱癌腫、肝臓癌腫および胆道、腎臓癌腫、骨髄性障害、リンパ様障害、ホジキン、有毛細胞、頬側口腔および咽頭(口)、唇、舌、口、咽頭、小腸、大腸−直腸、大腸、直腸、脳および中枢神経系、および白血病。
【請求項81】
前記疾患または病気が、自己免疫疾患、炎症疾患、代謝性、神経性および神経変性疾患、循環器病、アレルギー、喘息、糖尿病、アルツハイマー病、ハンチントン舞踏病、パーキンソン病、エイズ関連痴呆、筋萎縮性側索硬化症(AML、ルーゲーリック病)、多発性硬化症(MS)、統合失調症、心筋細胞肥大、再灌流/虚血および脱毛症から選択される、請求項77に記載の方法。
【請求項82】
前記疾患または病気が、癌、アルツハイマー病、再狭窄、血管形成、糸球体腎炎、サイトメガロウイルス、HIV、疱疹、乾癬、アテローム性動脈硬化症、脱毛症および自己免疫疾患から選択される、請求項77に記載の方法。
【請求項83】
前記疾患または病気が、高カルシウム血症、骨粗鬆症、骨関節炎、癌、骨転移およびパジェット病から選択される、請求項77に記載の方法。
【請求項84】
前記疾患または病気が、免疫応答(例えば、アレルギー性またはI型過感受性反応、および喘息);自己免疫疾患(例えば、移植片拒絶、移植片対宿主病、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症および多発性硬化症);神経変性疾患(例えば、家族性筋萎縮性側索硬化症(FALS));および固形および血液悪性腫瘍(例えば、例えば、白血病およびリンパ腫)から選択される、請求項77に記載の方法。
【請求項85】
前記疾患または病気が、造血障害、特に、急性骨髄性白血病(AML)、急性−前骨髄球性白血病(APL)および急性リンパ球性白血病(ALL)から選択される、請求項77に記載の方法。
【請求項86】
前記疾患または病気が、アレルギー障害である、請求項77に記載の方法。
【請求項87】
前記疾患または病気が、喘息である、請求項86に記載の方法。

【公表番号】特表2007−501257(P2007−501257A)
【公表日】平成19年1月25日(2007.1.25)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2006−522766(P2006−522766)
【出願日】平成16年8月6日(2004.8.6)
【国際出願番号】PCT/US2004/025539
【国際公開番号】WO2005/013982
【国際公開日】平成17年2月17日(2005.2.17)
【出願人】(598032106)バーテックス ファーマシューティカルズ インコーポレイテッド (414)
【氏名又は名称原語表記】VERTEX PHARMACEUTICALS INCORPORATED
【住所又は居所原語表記】130 Waverly Street, Camridge, Massachusetts 02139−4242, U.S.A.
【出願人】(506040917)
【出願人】(506040928)
【Fターム(参考)】