Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
ホスファチジルイノシトール3−キナーゼインヒビターとその使用方法
説明

ホスファチジルイノシトール3−キナーゼインヒビターとその使用方法

【課題】新規ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)インヒビターの提供。
【解決手段】式1で表される化合物。


(式中、W1、W2、W3、及びW4は-C(R1)を;Bは、置換されたフェニル、またはヘテロアリールを表す。)


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式I:

[上式中、
、W、W、及びWは-C(R)=であり;あるいはW、W、W、及びWの一又は二は、独立して-N=で、残りは-C(R)=であり;各Rは独立して水素、アルキル、ハロアルキル、ニトロ、アルコキシ、ハロアルコキシ、ハロ、ヒドロキシ、シアノ、アミノ、アルキルアミノ、又はジアルキルアミノであり;
51は水素又はアルキルであり;
52は水素又はハロであり;
50、R53、及びR54は独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルケニル、ヒドロキシ、アルコキシ、アルケニルオキシ、ハロアルコキシ、ニトロ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、-N(R55)C(O)-C-C-アルキレン-N(R55a)R55b、アルキルカルボニル、アルケニルカルボニル、カルボキシ、アルコキシカルボニル、シアノ、アルキルチオ、-S(O)NR5555a、又はアルキルカルボニルアミノであり、R55及びR55bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルで、R55aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシであり;あるいはR53 及びR54はそれらが結合している炭素と共に5員又は6員ヘテロアリールあるいは5員又は6員ヘテロシクロアルキルであり;
Bは、R3aで置換され、場合によっては一、二、又は三のRで更に置換されたフェニルであり;あるいは
Bは、場合によっては一、二、又は三のRで置換されたヘテロアリールであり;
3aはシアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルコキシカルボニル;アルキルアミノ;ジアルキルアミノ;アルキルカルボニル;ハロアルコキシ;アルキルスルホニル;アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシであり;あるいは
a) -N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)(ここで、Rは水素、アルキル、又はアルケニルで、R7a及びR7bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルコキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、アリールアルキル、又はアリールアルキルオキシであり、R7a及びR7b中のアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル及びヘテロアリール環(単独か又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキルアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、ハロアルコキシ、アルキルチオ、及びオキソから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
b) -C(O)NR8a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R8aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、シアノアルキル、アルコキシアルキル、アルキルチオアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり、R8a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は、アルキル、アルケニル、アルコキシ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アルコキシカルボニル、及び-C(O)Hから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
c) -NRC(O)R9a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R9aは水素、C2-6-アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、アルコキシアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり;R9a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アルコキシカルボニル、-C(O)H、(一又は二のハロで置換されていてもよい)アリール、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、及びシクロアルキルカルボニルから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
d) -C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R10aは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、又はヒドロキシアルキルで、R10及びR10bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、又はヒドロキシアルキルである);
e) -NR11C(O)NR11a11b(ここで、R11aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシで、R11及びR11bは独立して水素、アルキル、アルケニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルである);
f) -C(O)R12(ここで、R12は、アルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、及びヘテロシクロアルキルアルキルから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよいヘテロシクロアルキルである);
g) -NR13C(O)OR13a(ここで、R13は、水素、アルキル、又はアルケニルで、R13aはアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アリール、又はアリールアルキルである);
h) -C(O)N(R14)N(R14a)(R14b)(ここで、R14、R14a、及びR14bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
i) -S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b(ここで、R15、R15a、及びR15bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
j) -C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a(ここで、R16は水素、アルキル、又はアルケニルで、R16aはアルキル又はアルケニルである);
k) 一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;
l) -N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d)(ここで、R17、R17a、R17b、R17c、及びR17dは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
m) -N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a(ここで、R18aは水素、アルキル、アルケニル、又はアルコキシで、R18及びR18bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
n) -C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a(ここで、R19は水素、アルキル、又はアルケニルで、R19aはアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、又はヘテロシクロアルキルである);
o) -N(R20)C(O)-C-C-アルキレン-C(O)R20a(ここで、R20は水素、アルキル、又はアルケニルで、R20aはシクロアルキル又はヘテロシクロアルキルである);
p) -NR21S(O)R-C1--アルキレン-N(R21b)R21a(ここで、R21は水素、アルキル、又はアルケニルで、R21a及びR21bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
q) -N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a)(ここで、R22、R22a及びR22bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
r) -C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a(ここで、R23、R23a及びR23bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);あるいは
s) -NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24a(ここで、R24は水素、アルキル、又はアルケニルで、R24aは一又は二のハロ又はアルキルで置換されていてもよいアルコキシアルキル又はアリールである)
であり;R3a中のアルキレンの各々は、独立して、ハロ、ヒドロキシ、アミノ、アルキルアミノ、及びジアルキルアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよく;
各R(Rが存在する場合)は、独立してアルキル;アルケニル;アルキニル;ハロ;ヒドロキシ;オキソ;アルコキシ;シアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルコキシカルボニル;アミノ;アルキルアミノ;ジアルキルアミノ;アルキルカルボニル;ハロアルコキシ;アルキルスルホニル;アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;あるいは
a) -N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)(ここで、Rは水素、アルキル、又はアルケニルで、R7a及びR7bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルコキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、アリールアルキル、又はアリールアルキルオキシであり、R7a及びR7b 中のアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル及びヘテロアリール環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキルアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、ハロアルコキシ、アルキルチオ、及びオキソから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
b) -C(O)NR8a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R8aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、シアノアルキル、アルコキシアルキル、アルキルチオアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり、R8a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アルコキシカルボニル、及び-C(O)Hから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
c) -NRC(O)R9a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R9aは水素、C2-6-アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、アルコキシアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり;R9a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アルコキシカルボニル、-C(O)H、アリール(一又は二のハロで置換されていてもよい)、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、及びシクロアルキルカルボニルから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
d) -C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R10aは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はヒドロキシアルキルで、R10及びR10bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はヒドロキシアルキルである);
e) -NR11C(O)NR11a11b(ここで、R11aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシで、R11及びR11bは独立して水素、アルキル、アルケニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキルである);
f) -C(O)R12(ここで、R12は、アルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、及びヘテロシクロアルキルアルキルから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよいヘテロシクロアルキルである);
g) -NR13C(O)OR13a(ここで、R13は水素、アルキル、又はアルケニルで、R13aはアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アリール、又はアリールアルキルである);
h) -C(O)N(R14)N(R14a)(R14b)(ここで、R14、R14a、及びR14bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
i) -S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b(ここで、R15、R15a、及びR15bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
j) -C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a(ここで、R16は水素、アルキル、又はアルケニルで、R16aはアルキル又はアルケニルである);
k) 一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;
l) -N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d)(ここで、R17、R17a、R17b、R17c、及びR17dは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
m) -N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a(ここで、R18aは水素、アルキル、アルケニル、又はアルコキシで、R18及びR18bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
n) -C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a(ここで、R19は水素、アルキル、又はアルケニルで、R19aはアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、又はヘテロシクロアルキルである);
o) -N(R20)C(O)-C-C-アルキレン-C(O)R20a(ここで、R20は水素、アルキル、又はアルケニルで、R20aはシクロアルキル又はヘテロシクロアルキルである);
p) -NR21S(O)R-C1--アルキレン-N(R21b)R21a(ここで、R21は水素、アルキル、又はアルケニルで、R21a及びR21bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
q) -N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a)、(ここで、R22、R22a 及びR22bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
r) -C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a(ここで、R23、R23a及びR23bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);あるいは
s) -NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24a(ここで、R24は水素、アルキル、又はアルケニルで、R24aは一又は二のハロ又はアルキルで置換されていてもよいアルコキシアルキル又はアリールである)
であり;
中のアルキレンの各々は、独立してハロ、ヒドロキシ、アミノ、アルキルアミノ、及びジアルキルアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよく;
但し、R50及びR52が水素で、R51が水素又はメチルで、R53が水素又はメトキシで、R54が水素又はメトキシである場合、Bは2,3-ジヒドロ-1,4-ベンゾジオキシニル、チエン-2-イル、又はRがハロである一つのRで置換されたチエン-2-イルではない]
の化合物又はその単一立体異性体又は立体異性体混合物及びその薬学的に許容可能な塩又は溶媒和物。
【請求項2】
、W、W、及びWは-C(H)=であり;あるいはW及びWは-C(H)=で、W及びWの一方は-N=で、他方は-C(H)=であり;
50は水素であり;
51は水素又はアルキルであり;
52は水素であり;
53は水素、アルコキシ、ニトロ、アミノ、又は-N(R55)C(O)-C-C-アルキレン-N(R55a)R55bであり;R54は水素、アルキル、アルコキシ、又はハロであり;あるいはR53及びR54はそれらが結合する炭素と共に6員ヘテロアリールを形成し;
BはR3aで置換され、一のRで更に置換されていてもよいフェニルであり;あるいは
Bは一又は二のRで置換されていてもよいヘテロアリールであり;
3aはシアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルキルスルホニル、アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b);-C(O)NR8a;-NRC(O)R9a;-C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b;-NR11C(O)NR11a11b(ここで、R11a);-C(O)R12;-NR13C(O)OR13a;-C(O)N(R14)N(R14a)(R14b);-S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b;-C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a;一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;-N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d);-N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a;-C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a;-N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a);-C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a;又は-NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24aであり;ここで、R3a中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、及びアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよく;かつ
各R(Rが存在する場合)は独立してハロ;シアノ;アルキル;アルケニル;アルコキシ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルキルスルホニル、アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b);-C(O)NR8a;-NRC(O)R9a;-C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b;-NR11C(O)NR11a11b(ここでR11a;-C(O)R12;-NR13C(O)OR13a;-C(O)N(R14)N(R14a)(R14b);-S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b;-C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a;一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;-N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d);-N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a;-C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a;-N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a);-C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a;又は-NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24aであり;ここで、R中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、及びアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよく;
但し、R50及びR52が水素で、R51が水素又はメチルで、R53が水素又はメトキシで、R54が水素又はメトキシである場合、Bは、2,3-ジヒドロ-1,4-ベンゾジオキシニル、チエン-2-イル、又はRがハロであるRで置換されているチエン-2-イルではない請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
、W、W、及びWは-C(R)=であり;あるいはW、W、W、及びWの一又は二が独立して-N=で、残りが-C(R)=であり;各Rは独立して水素、アルキル、ハロアルキル、ニトロ、アルコキシ、ハロアルコキシ、ハロ、ヒドロキシ、シアノ、アミノ、アルキルアミノ、又はジアルキルアミノであり;
51は水素又はアルキルであり;
52は水素又はハロであり;
50、R53、及びR54は独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルケニル、ヒドロキシ、アルコキシ、アルケニルオキシ、ハロアルコキシ、ニトロ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、-N(R55)C(O)-C-C-アルキレン-N(R55a)R55b、アルキルカルボニル、アルケニルカルボニル、カルボキシ、アルコキシカルボニル、シアノ、アルキルチオ、-S(O)NR5555a、又はアルキルカルボニルアミノであり、R55及びR55bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルで、R55aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシであり;あるいはR53及びR54は、それらが結合する炭素と共に5員又は6員のヘテロアリールあるいは5員又は6員のヘテロシクロアルキルを形成し;
Bは、R3aで置換され、場合によっては一、二、又は三のRで更に置換されていてもよいフェニルであり;
3aは、シアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルコキシカルボニル;アルキルアミノ;ジアルキルアミノ;アルキルカルボニル;ハロアルコキシ;アルキルスルホニル;アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;あるいは
a) -N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)(ここで、Rは水素、アルキル、又はアルケニルで、R7a及びR7bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルコキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、アリールアルキル、又はアリールアルキルオキシであり、R7a及びR7b中のアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル及びヘテロアリール環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキルアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、ハロアルコキシ、アルキルチオ、及びオキソから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよい);
b) -C(O)NR8a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R8aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、シアノアルキル、アルコキシアルキル、アルキルチオアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり、R8a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アルコキシカルボニル、及び-C(O)Hから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよい);
c) -NRC(O)R9a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R9aは水素、C2-6-アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、アルコキシアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり;R9a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アルコキシカルボニル、-C(O)H、アリール(一又は二のハロで置換されていてもよい)、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、及びシクロアルキルカルボニルから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよい);
d) -C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R10aは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、又はヒドロキシアルキルで、R10及びR10bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、又はヒドロキシアルキルである);
e) -NR11C(O)NR11a11b(ここで、R11aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシで、R11及びR11bは独立して水素、アルキル、アルケニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルである);
f) -C(O)R12(ここで、R12はアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、及びヘテロシクロアルキルアルキルから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよいヘテロシクロアルキルである);
g) -NR13C(O)OR13a(ここで、R13は水素、アルキル、又はアルケニルで、R13aはアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アリール、又はアリールアルキルである);
h) -C(O)N(R14)N(R14a)(R14b)(ここで、R14、R14a、及びR14bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
i) -S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b(ここで、R15、R15a、及びR15bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
j) -C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a(ここで、R16は水素、アルキル、又はアルケニルで、R16aはアルキル又はアルケニルである);
k) 一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;
l) -N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d)(ここで、R17、R17a、R17b、R17c、及びR17dは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
m) -N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a(ここで、R18aは水素、アルキル、アルケニル、又はアルコキシで、R18及びR18bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
n) -C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a(ここで、R19は水素、アルキル、又はアルケニルで、R19aはアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、又はヘテロシクロアルキルである);
o) -N(R20)C(O)-C-C-アルキレン-C(O)R20a(ここで、R20は水素、アルキル、又はアルケニルで、R20aはシクロアルキル又はヘテロシクロアルキルである);
p) -NR21S(O)R-C1--アルキレン-N(R21b)R21a(ここで、R21は水素、アルキル、又はアルケニルで、R21a及びR21bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
q) -N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a)(ここで、R22、R22a及びR22bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
r) -C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a(ここで、R23、R23a及びR23bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);あるいは
s) -NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24a(ここで、R24は水素、アルキル、又はアルケニルで、R24aは一又は二のハロ又はアルキルで置換されていてもよいアルコキシアルキル又はアリールである)
であり;ここで、R3a中のアルキレンの各々は、独立してハロ、ヒドロキシ、アミノ、アルキルアミノ、及びジアルキルアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよく;かつ
各R(Rが存在する場合)は、独立してアルキル;アルケニル;アルキニル;ハロ;ヒドロキシ;オキソ;アルコキシ;シアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルコキシカルボニル;アミノ;アルキルアミノ;ジアルキルアミノ;アルキルカルボニル;ハロアルコキシ;アルキルスルホニル;アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;あるいは
a) -N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)(ここで、Rは水素、アルキル、又はアルケニルで、R7a及びR7bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルコキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、アリールアルキル、又はアリールアルキルオキシであり、R7a及びR7b中のアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル及びヘテロアリール環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキルアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、ハロアルコキシ、アルキルチオ、及びオキソから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよい);
b) -C(O)NR8a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R8aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、シアノアルキル、アルコキシアルキル、アルキルチオアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり、R8a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アルコキシカルボニル、及び-C(O)Hから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよい);
c) -NRC(O)R9a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシであり、R9aは水素、C2-6-アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、アルコキシアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり;R9a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アルコキシカルボニル、-C(O)H、アリール(一又は二のハロで置換されていてもよい)、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、アイクロアルキルアルキル、及びシクロアルキルカルボニルから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
d) -C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R10aは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はヒドロキシアルキルで、R10及びR10bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はヒドロキシアルキルである);
e) -NR11C(O)NR11a11b(ここで、R11aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシで、R11及びR11bは独立して水素、アルキル、アルケニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキルである);
f) -C(O)R12(ここで、R12はアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、及びヘテロシクロアルキルアルキルから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよいヘテロシクロアルキルである);
g) -NR13C(O)OR13a(ここで、R13は水素、アルキル、又はアルケニルで、R13aはアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アリール、又はアリールアルキルである);
h) -C(O)N(R14)N(R14a)(R14b)(ここで、R14、R14a、及びR14bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
i) -S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b(ここで、R15、R15a、及びR15bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
j) -C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a(ここで、R16は水素、アルキル、又はアルケニルで、R16aはアルキル又はアルケニルである);
k) 一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;
l) -N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d)(ここで、R17、R17a、R17b、R17c、及びR17dは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
m) -N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a(ここで、R18aは水素、アルキル、アルケニル、又はアルコキシであり、R18及びR18bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
n) -C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a(ここで、R19は水素、アルキル、又はアルケニルで、R19aはアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、又はヘテロシクロアルキルである);
o) -N(R20)C(O)-C-C-アルキレン-C(O)R20a(ここで、R20は水素、アルキル、又はアルケニルで、R20aはシクロアルキル又はヘテロシクロアルキルである);
p) -NR21S(O)R-C1--アルキレン-N(R21b)R21a(ここで、R21は水素、アルキル、又はアルケニルで、R21a及びR21bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
q) -N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a)、(ここで、R22、R22a 及びR22bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
r) -C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a(ここで、R23、R23a及びR23bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);あるいは
s) -NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24a(ここで、R24は水素、アルキル、又はアルケニルで、R24aは一又は二のハロ又はアルキルで置換されていてもよいアルコキシアルキル又はアリールである)
であり;ここで、R中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、アミノ、アルキルアミノ、及びジアルキルアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよい請求項1に記載の化合物。
【請求項4】
、W、W、及びWは-C(R)=であり;あるいW、W、W、及びWの一又は二は、独立して-N=で、残りは-C(R)=であり;ここで、各Rは独立して水素、アルキル、ハロアルキル、ニトロ、アルコキシ、ハロアルコキシ、ハロ、ヒドロキシ、シアノ、アミノ、アルキルアミノ、又はジアルキルアミノであり;
51は水素又はアルキルであり;
52は水素又はハロであり;
50、R53、及びR54は独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルケニル、ヒドロキシ、アルコキシ、アルケニルオキシ、ハロアルコキシ、ニトロ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、-N(R55)C(O)-C-C-アルキレン-N(R55a)R55b、アルキルカルボニル、アルケニルカルボニル、カルボキシ、アルコキシカルボニル、シアノ、アルキルチオ、-S(O)NR5555a、又はアルキルカルボニルアミノであり、ここで、R55及びR55bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルであり、R55aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシであり;あるいはR53及びR54は、それらが結合する炭素と共に5員又は6員のヘテロアリールあるいは5員又は6員のヘテロシクロアルキルを形成し;
Bは一、二、又は三のRで置換されていてもよいヘテロアリールであり;
各R(Rが存在する場合)は独立してアルキル;アルケニル;アルキニル;ハロ;ヒドロキシ;オキソ;アルコキシ;シアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルコキシカルボニル;アミノ;アルキルアミノ;ジアルキルアミノ;アルキルカルボニル;ハロアルコキシ;アルキルスルホニル;アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;あるいは
a) -N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)(ここで、Rは水素、アルキル、又はアルケニルで、R7a及びR7bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルコキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、アリールアルキル、又はアリールアルキルオキシであり、ここで、R7a及びR7b中のアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル及びヘテロアリール環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキルアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、ハロアルコキシ、アルキルチオ、及びオキソから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよい);
b) -C(O)NR8a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシであり、R8aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、シアノアルキル、アルコキシアルキル、アルキルチオアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり、ここでR8a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アルコキシカルボニル、及び-C(O)Hから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
c) -NRC(O)R9a(ここで、Rは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はハロアルコキシで、R9aは水素、C2-6-アルキル、アルケニル、ヒドロキシアルキル、アルコキシアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、アリール、又はアリールアルキルであり;ここでR9a中のアリール、シクロアルキル、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキル環(単独で又はアリールアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル及びヘテロアリールアルキルの一部として)は独立してアルキル、アルケニル、アルコキシ、ヒドロキシ、ヒドロキシアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アルキルカルボニル、アルコキシカルボニル、-C(O)H、アリール(一又は二のハロで置換されていてもよい)、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、及びシクロアルキルカルボニルから選択される1、2、又は3の基で独立して置換されていてもよい);
d) -C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R10aは水素、ヒドロキシ、アルコキシアルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はヒドロキシアルキルであり、R10及びR10bは独立して水素、アルキル、アルケニル、ハロアルキル、又はヒドロキシアルキルである);
e) -NR11C(O)NR11a11b(ここで、R11aは水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、又はアルコキシで、R11及びR11bは独立して水素、アルキル、アルケニル、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキルである);
f) -C(O)R12(ここで、R12は、アルキル、オキソ、アミノ、アルキルアミノ、及びヘテロシクロアルキルアルキルから選択される1、2、又は3の基で置換されていてもよいヘテロシクロアルキルである);
g) -NR13C(O)OR13a(ここで、R13は水素、アルキル、又はアルケニルであり、R13aはアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、アリール、又はアリールアルキルである);
h) -C(O)N(R14)N(R14a)(R14b)(ここで、R14、R14a、及びR14bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
i) -S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b(ここで、R15、R15a、及びR15bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
j) -C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a(ここで、R16は水素、アルキル、又はアルケニルで、R16aはアルキル又はアルケニルである);
k) 一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;
l) -N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d)(ここで、R17、R17a、R17b、R17c、及びR17dは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
m) -N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a(ここで、R18aは水素、アルキル、アルケニル、又はアルコキシであり、R18及びR18bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
n) -C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a(ここで、R19は水素、アルキル、又はアルケニルであり、R19aはアミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、又はヘテロシクロアルキルである);
o) -N(R20)C(O)-C-C-アルキレン-C(O)R20a(ここで、R20は水素、アルキル、又はアルケニルであり、R20aはシクロアルキル又はヘテロシクロアルキルである);
p) -NR21S(O)R-C1--アルキレン-N(R21b)R21a(ここで、R21は水素、アルキル、又はアルケニルであり、R21a及びR21bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
q) -N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a)、(ここで、R22、R22a及びR22bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);
r) -C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a(ここで、R23、R23a及びR23bは独立して水素、アルキル、又はアルケニルである);あるいは
s) -NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24a(ここで、R24は水素、アルキル、又はアルケニルであり、R24aは一又は二のハロ又はアルキルで置換されていてもよいアルコキシアルキル又はアリールである)
であり;ここで、R中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、アミノ、アルキルアミノ、及びジアルキルアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよく;
但し、R50及びR52が水素で、R51が水素又はメチルで、R53は水素又はメトキシで、R54が水素又はメトキシである場合、Bは2,3-ジヒドロ-1,4-ベンゾジオキシニル、チエン-2-イル、又はRがハロである一のRで置換されたチエン-2-イルではない請求項1に記載の化合物。
【請求項5】
、W、W、及びWが-C(H)=である請求項1に記載の化合物。
【請求項6】
51がメチルであり、R50及びR52が水素である請求項1に記載の化合物。
【請求項7】
53が水素又はメトキシである請求項1に記載の化合物。
【請求項8】
54が水素、メチル、メトキシ、ブロモ、又はクロロである請求項1に記載の化合物。
【請求項9】
50、R52、及びR53が水素であり、R54がクロロ又はメトキシであり;あるいはR50、R52、及びR54が水素であり、R53がメトキシである請求項1に記載の化合物。
【請求項10】
53及びR54が、それらが結合する炭素と共に6員ヘテロアリールを形成する請求項1に記載の化合物。
【請求項11】
3aが、シアノ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルキルスルホニル、アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b);-C(O)NR8a;-NRC(O)R9a;-C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b;-NR11C(O)NR11a11b(ここで R11a;-C(O)R12;-NR13C(O)OR13a;-C(O)N(R14)N(R14a)(R14b);-S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b;-C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a;一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;-N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d);-N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a;-C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a;-N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a);-C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a;又は-NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24aであり;ここでR3a中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、及びアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよい請求項3に記載の化合物。
【請求項12】
が存在しないか又はRがメチル、メトキシ、又はハロである請求項11に記載の化合物。
【請求項13】
式I(a):

の請求項3に記載の化合物。
【請求項14】
が存在しないか、又はRがメチル、メトキシ、又はハロであり;R3aが-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)、-C(O)NR8a、-NRC(O)R9a、又は-C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R3a中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、及びアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよい)である請求項13に記載の化合物。
【請求項15】
は水素又はアルキルであり、R7a及びR7bは独立して水素、アルキル、ヒドロキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルであり;Rは水素又はアルキルで、R8aはヘテロシクロアルキル又はヘテロシクロアルキルアルキルで;Rは水素又はアルキルで、R9aは水素、ヘテロシクロアルキル、又はヘテロシクロアルキルアルキルであり;R10、R10a、及びR10bは独立して水素、アルキル、ヒドロキシアルキルアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルである請求項14に記載の化合物。
【請求項16】
51がメチルで;R50、R52、及びR53が水素であり、R54がハロ又はアルコキシであり、あるいはR50、R52、及びR54が水素で、R53がアルコキシである請求項14に記載の化合物。
【請求項17】
3aが-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)又は-NRC(O)R9aである請求項3に記載の化合物。
【請求項18】
Bがチエン-3-イル、ピリジニル、ピリミジニル、ピリダジニル、ピラジニル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、ピロリル、イミダゾリル、ピラゾリル、又はチアゾリルであり、その各々が一又は二のRで置換されていてもよい請求項4に記載の化合物。
【請求項19】
Bがピリジン-3-イル、2-ヒドロキシ-ピリジン-5-イル、イソオキサゾール-4-イル、又はピラゾール-4-イルであり、その各々が一又は二のRで置換されていてもよい請求項4に記載の化合物。
【請求項20】
各R(Rが存在する場合)は独立してハロ;シアノ;アルキル;アルケニル;アルコキシ;ヒドロキシアミノ;カルボキシ;アルキルスルホニル、アミノアルキルオキシ;アルキルアミノアルキルオキシ;ジアルキルアミノアルキルオキシ;-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b);-C(O)NR8a;-NRC(O)R9a;-C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b;-NR11C(O)NR11a11b(ここでR11a;-C(O)R12;-NR13C(O)OR13a;-C(O)N(R14)N(R14a)(R14b);-S(O)N(R15)-C1--アルキレン-N(R15a)R15b;-C(O)N(R16)-C1--アルキレン-C(O)OR16a;一又は二のアミノアルキル、アルキルアミノアルキル、又はジアルキルアミノアルキルで置換されていてもよいヘテロアリール;-N(R17)-C(=N(R17b)(R17a))(NR17c17d);-N(R18)C(O)-C-C-アルキレン-N(R18b)C(O)R18a;-C(O)N(R19)-C-C-アルキレン-C(O)R19a;-N(R22)C(O)-C1--アルキレン-N(R22b)-N(R22c)(R22a);-C0--アルキレン-N(R23)-C1--アルキレン-N(R23b)R23a;又は-NR24C(O)-C1--アルキレン-OR24aであり;ここでR中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、及びアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよい請求項4に記載の化合物。
【請求項21】
一つのRがクロロ、メトキシ、又はメチルであり、第二のRが-C(O)NR8a、-NRC(O)R9a、-N(R)C(O)-C-C-アルキレン-N(R7a)(R7b)、又は-C(O)N(R10)-C-C-アルキレン-N(R10a)R10b(ここで、R中のアルキレンの各々は独立してハロ、ヒドロキシ、及びアミノから選択される1、2、3、4、又は5の基で更に置換されていてもよい)である請求項20に記載の化合物。
【請求項22】
51がメチルであり;R50、R52、及びR53が水素であり、R54がハロ又はアルコキシであるか、又はR50、R52、及びR54が水素であり、R53がアルコキシである請求項19に記載の化合物。
【請求項23】




















から選択される請求項1に記載の化合物。
【請求項24】
3-{[(3-{[6-(メチルオキシ)キノリン-8-イル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(2-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(2-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(2-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[2,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-{[(3-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)アミノ]スルホニル}安息香酸;3-アミノ-N-(3-{[6-(メチルオキシ)キノリン-8-イル]アミノ}キノキサリン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[2,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(2-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(2-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(3-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)ベンゼンスルホンアミド;3-アミノ-N-(2-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)ベンゼンスルホンアミド;N-(3-{[6-(メチルオキシ)キノリン-8-イル]アミノ}キノキサリン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(3-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(3-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(3-{[2-メチル-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}キノキサリン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(2-{[3,5-ビス(メトキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(3-{[3,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(3-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(2-{[2-クロロ-5-(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;N-(2-{[2,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-3-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミド;及びN-(3-{[2,5-ビス(メチルオキシ)フェニル]アミノ}ピリド[2,3-b]ピラジン-2-イル)-3-ニトロベンゼンスルホンアミドから選択される化合物。
【請求項25】
請求項1に記載の化合物又はその薬学的に許容可能な塩又は溶媒和物と、薬学的に許容可能な担体、賦形剤、又は希釈剤を含有する薬学的組成物。
【請求項26】
疾患、障害、又は症状を治療する方法において、治療的有効量の式II:

[上式中、
、W、W、及びWは-C(Rla)=であり;あるいはW、W、W、及びWの一又は二は、独立して-N=で、残りは-C(Rla)=であり;
は-N(R5a)-であり;
Aはアリール、-S(O)-アリール、ヘテロアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、アルキル、アルコキシ、又は-アルキル-N(R)R7a(ここで、アリール、ヘテロアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、アルキル及びアルコキシ基の各々は、単独で又はA内の他の基の一部として、独立して一、二、三、又は四のR2aで置換されていてもよい)であり;あるいは
はアリール、アリールアルキル、アルキル、ヘテロアリール、又はヘテロアリールアルキル(ここで、アリール、ヘテロアリール及びアルキル基の各々は一、二、三、又は四のR3dで置換されていてもよい)であり;
各Rlaは独立して水素、アルコキシ、アルキル、ニトロ、ハロ、シアノ、及び-C-C-アルキル-N(R)R7a(ここで、アルキル及びアルコキシ基の各々は、アルキル、アルコキシ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ニトロ、シアノ、ヒドロキシ、-N(R)R8a、及び-C(O)ORから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよい)から独立して選択され;
各R2a(R2aが存在する場合)は独立して、アルキル、アルケニル、-アルケニル-C(O)OR、-OR、-N(R)C(O)R、-N(R)C(O)-C-Cアルキル-N(R7b)R7a、-OC(O)-C-Cアルキル-N(R)R7a、-N(R)C(O)-CアルキルC(O)OR、C-C-アルキル-C(O)R、オキソ、ジオキソ、-S(O)-N(R)R7a、-C(O)OR、-CH(R)-C(O)OR、-S(O)、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロアリール、-C(O)N(R)-アルキル-OR、-C-Cアルキル-C(O)N(R)-C-C-アルキル-C(O)OR、-C-C-アルキル-C(O)N(R)R7a、アリール、アリールアルキル、-S-(C-Cアルキル)、ハロ、オキソ、ニトロ、-SCN、シアノ、及び-C-Cアルキル-N(R)R7a(ここで、アルキル(例えばアルコキシ内のアルキルを含む)、アリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、及びヘテロアリール基の各々は、単独で又はR内の他の基の一部として、アルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、オキソ、ニトロ、シアノ、ヒドロキシ、-N(R)R8a、アルコキシ、及び-C(O)ORから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよい)から選択され;
各R3d(R3dが存在する場合)は独立して、オキソ、ニトロ、ハロ、シアノ、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシ、C-C-シクロアルキル、-C0--アルキル-ヘテロシクロアルキル、-C0-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-N(R7b)R7a、-C0-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-N(R7b)C(O)R7a、-C-Cアルキル-C(O)-C-C-アルキル-N(R)R7a、-C0--アルキル-C(O)N(R)-C-C-アルキル-N(R7b)R7a、-C0--アルキル-C(O)N(R)-C-CアルキルC(O)OR7a、-C0-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-(R7a)、-C0-アルキル-N(R)-C-C-アルキル-N(R7b)R7a、-C0-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-N(R7b)-N(R7c)R7a、-C0-アルキル-N(R)C(O)O-C-C-アルキル-アリール、-C0-アルキル-C(O)N(R)-C-C-アルキル-N(R7b)R7a、-C0-アルキル-N(R)-C-Cアルキル-C(=N(R7b)(R7a))(NR7c7d)、-C-C-アルキル-アリール、-Co-C-アルキル-ヘテロアリール、-C-Cアルキル-ヘテロシクロアルキル、-O-C-Cアルキル-N(R)R7a、-C-Cアルキル-OR、-C-Cアルキル-C(O)OR、C-C-アルキル-N(R)R7a、-C-Cアルキル-C(O)NR7a、-C-Cアルキル-C(O)R、SR、-S(O)、-S(O)、-S(O)R、-SON(R)R7a、-SON(R)-C0-アルキル-N(R7b)R7a、-C-C-アルキル-N(R)-アリール、-C-C-アルキル-N(R)-ヘテロアリール、-C-C-アルキル-N(R)-ヘテロシクロアルキル、-C-C-アルキル-C(O)N(R)- C-C-アルキル-シクロアルキル、C-C-アルキル-C(O)N(R)-Co-C-アルキル-アリール、C-Cアルキル-C(O)N(R)-C-Cアルキル-ヘテロアリール、C-Cアルキル-C(O)N(R)-C-C-アルキル-ヘテロシクロアルキル、-C-C-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-シクロアルキル、-C-C-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-アリール、C-C-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-ヘテロアリール、-C-C-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-ヘテロシクロアルキル、C-C-アルキル-N(R)C(O)-C-C-アルキル-ヘテロシクロアルキルアリール、-N(R)C(O)OR、又は-NHC(O)Hであり、ここで、アルキル、アルケニル、シクロアルキル、アリール(例えばアルコキシ内のアルキルを含む)、ヘテロシクロアルキル、及びヘテロアリール基の各々は、単独で又はR3d内の他の基の一部として、独立して、アルキル、アルケニル、-C-C-アルキル-OR、シクロアルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、-C(O)R、ニトロ、シアノ、オキソ、-C-C-アルキル-N(R)R8a、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、アリール、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、-C(O)OR、アルキルチオ、及びヒドロキシアルキルから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよく;
は水素、アリール、-C-C-アルキル-N(R)R7a、アルコキシ、又はC-Cアルキルであり、ここで、アルキル及びアリール基の各々は、単独で又はR内の他の基の一部として、独立して、アルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ニトロ、シアノ、ヒドロキシ、-N(R)R8a、アルコキシ、及び-C(O)ORから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよく;あるいは
及びXは、それらが結合する原子と共に、ヘテロシクロアルキル又はヘテロアリール基を形成し、ここで、Xが-N(R5a)-であるとき、R5aは存在せず、ヘテロシクロアルキル又はヘテロアリールの各々は、アルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ニトロ、シアノ、ヒドロキシ、-N(R)R7a、アルコキシ、及び-C(O)ORから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよく;
5aは水素、-C-Cアルキル-N(R)R7a、アルコキシ、アルキル、又はアリールであり、ここで、アルキル及びアリールの各々は、アルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ニトロ、シアノ、ヒドロキシ、-N(R)R8a、C-Cアルコキシ、又は-C(O)ORから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよく;あるいは
5a及びRは、それらが結合する原子と共に、ヘテロシクロアルキル又はヘテロアリール基を形成し、ここで、ヘテロシクロアルキル及びヘテロアリールの各々は、アルキル、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ニトロ、シアノ、ヒドロキシ、-N(R)R7a、C-Cアルコキシ、及び-C(O)ORから選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよく;
及びRは、独立して、水素、ヒドロキシ、アルキル、アリール、アリールアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、又はアリールであり、各アルキル、アリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、及びヘテロアリールは、単独で又はR及びR内の他の基の一部として、アミノ、ヒドロキシ、アルコキシ、アルキル、及びハロから独立して選択される1、2、3、4、又は5の基で置換されていてもよく;
、R7a7b、R7c、R7d、R、及び8aは独立して水素、アルキル、アルケニル、ヒドロキシ、アルキルオキシ、アルケニルオキシ、-O-C-Cアルキル-アリール、-C-Cアルキル-C(O)OR、-C-Cアルキル-C(O)R、アリール、アリールアルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリールアルキル、シクロアルキル、シクロアルキルアルキル、ヘテロシクロアルキル、又はヘテロシクロアルキルアルキルであり、ここで、アルキル、アリール、ヘテロアリール、及びヘテロシクロアルキルの各々は、単独で又はR、R7a、R7b、R7c、R7d、R、及びR8a内の他の基の一部として、独立して、アミノ、アルキルアミノ、ジアルキルアミノ、アミノアルキル、アルキルアミノアルキル、ジアルキルアミノアルキル、-S-C-Cアルキル、シアノ、ニトロ、ヒドロキシ、C-Cアルコキシ、C-Cアルキル、ハロ、アリール、ヘテロシクロアルキルアルキル、及び一又は二のC-Cアルキルで置換されていてもよいヘテロアリールで置換されていてもよい]
の化合物又はその薬学的に許容可能な塩又は溶媒和物を含有する薬学的組成物を患者に投与するか、又は治療的有効量の式IIの化合物と薬学的に許容可能な担体、賦形剤、又は希釈剤を含有する薬学的組成物を患者に投与することを含む方法。
【請求項27】
疾患が癌である請求項26に記載の方法。
【請求項28】
疾患、障害、又は症状を治療する方法において、治療的有効量の請求項1に記載の化合物又はその薬学的に許容可能な塩又は溶媒和物を含有する薬学的組成物を患者に投与するか、又は治療的有効量の請求項1に記載の化合物とその薬学的に許容可能な塩又は溶媒和物と、薬学的に許容可能な担体、賦形剤、又は希釈剤を含有する薬学的組成物を患者に投与することを含む方法。
【請求項29】
疾患が癌である請求項28に記載の方法。
【請求項30】
癌が乳癌、大腸癌、直腸癌、子宮内膜癌、胃癌、膠芽細胞腫、肝細胞癌、小細胞肺癌、非小細胞肺癌、メラノーマ、卵巣癌、子宮頸癌、膵臓癌、前立腺癌、急性骨髄性白血病(AML)、慢性骨髄性白血病(CML)、又は甲状腺癌である請求項28に記載の方法。
【請求項31】
癌が、卵巣癌、子宮頸癌、乳癌、大腸癌、直腸癌、又は膠芽細胞腫である請求項28に記載の方法。

【公開番号】特開2013−56913(P2013−56913A)
【公開日】平成25年3月28日(2013.3.28)
【国際特許分類】
【外国語出願】
【出願番号】特願2012−246525(P2012−246525)
【出願日】平成24年11月8日(2012.11.8)
【分割の表示】特願2008−534772(P2008−534772)の分割
【原出願日】平成18年10月9日(2006.10.9)
【出願人】(504408797)エクセリクシス, インク. (65)
【Fターム(参考)】