説明

ホースカップリング

【課題】 LPガス容器用弁にホースを結合するカップリングにおいて、弁が開いた状態でカップリングを結合することを避けるとともに、カップリング結合時のがたつきを無くす。
【解決手段】 カップリング本体の外周に形成された回動軸2mと、回動軸2mに枢着された一対のレバー2kと、レバー2kの長手方向中間部を相互に結合する梁部材2lと、レバー2kの長手方向中間部に形成されて弁1の突起部1dに嵌まり込む凹部2sと、レバー2kの先端部に枢着され、弁1とカップリング本体の結合時に前記突起部1d外周面に当接して摺動する摺動辺を備えた板カム2nと、前記カップリング本体に、梁部材2lとカップリング軸線を挟んで反対側に固定されたニギリ部2jbと、を含んでカップリングを構成し、梁部材2lは回動軸2mを中心にレバー2kが回動したとき、弁ハンドル1eが開位置にあると、弁ハンドル1eに干渉する形状になっている。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ホースカップリングに係り、特にホースに固着されたホースカップリングと弁の結合におけるカップリングと弁の固定に配慮したホースカップリングに関する。
【背景技術】
【0002】
高圧ホースのホースカップリング(以下、カップリングという)については、例えば特許文献1に記載された技術がある。この特許文献1に記載された技術は、カップリングの一方に弁を内装し、カップリングの結合によって前記弁が開かれ、カップリングの結合が解かれたら前記弁が閉じられるようになっている。また、特許文献1に記載の技術と異なり、カップリングの一方が弁である点は同じであるが、この弁の開閉は、カップリングの結合の有無とは無関係に、ハンドル操作により行われるようになっているものもある。
【0003】
図3〜図5を参照して、LPガス等の高圧ガスが充填される容器の弁に高圧ホースを結合するカップリングの例を説明する。
【0004】
図3の(a)はLPガス等の高圧ガスが充填される容器に取り付けられた弁1の軸線に高圧ホースに装着されたカップリング2の軸線を合わせた状態、図3の(b)は、弁1に前記カップリング2を結合した状態の、それぞれ外観を示す側面図である。また、図4は図3の(a)の縦断面図、図5は図3の(b)の縦断面図である。
【0005】
弁1のカップリング2と結合される側の端部(以下、弁1のカップリング接手部1c)外周には、図4に示すように、溝状のボール受け1aが形成されている。そして、カップリング2は、同じく図4に示すように、弁1のカップリング接手部1cの流体流路1bに嵌まり込む円筒状のノズル部2fと、ノズル部2fの外周側にくぼみ部2hを隔てて円筒状に形成されたボール保持部2gと、ボール保持部2gの外周面に接して軸方向に摺動可能に嵌挿された操作スリーブ2cと、前記ボール保持部2gの内周面に接して軸方向に摺動可能に嵌挿された中スリーブ2bと、を含んで構成されている。
【0006】
前記ボール受け1aは、図上、上側の壁面が、外周側になるほど溝幅が広がるよう、図上、上側に傾斜した面になるように形成されている。
【0007】
ノズル部2fは中心側に流体流路を備え、外周面には軸方向に間隔を置いて円周方向に2条のOリング溝が形成されており、それぞれOリング2aが装着されている。前記ボール保持部2gの内周面は、カップリング2が弁1に結合されたときに前記弁1のカップリング接手部1cの外周面に当接するようになっており、かつ、前記弁1のカップリング接手部1cの外周面に形成されたボール受け1aに対向する位置に、半径方向に貫通する複数のボール孔2eが形成されている。ボール孔2eには、それぞれ抜け止めボール2dが収納されている。
【0008】
前記操作スリーブ2cと中スリーブ2bは図示されていないばねによって、図上、下方に向かう方向に付勢されており、カップリング2が弁1に結合されていないときは、それぞれ図4に示す位置にある。なお、抜け止めボール2dの直径は前記ボール保持部2gの半径方向肉厚よりも大きくしてあり、図4の状態では、抜け止めボール2dは、図上下方に付勢されている操作スリーブ2cにより、中心に向かう方向に押され、中スリーブ2bの外周面に当接している。
【0009】
弁1のカップリング接手部1cの半径方向肉厚B3は、前記くぼみ部2hの幅(ボール保持部2gの内周面とノズル部2fの外周面の間隔)B1、前記中スリーブ2bの内周面とノズル部2fの外周面の間隔B2と比較したとき、B2<B3<B1の関係になっている。また、ボール保持部2gの内周面内径をD1、カップリング接手部1cの外径をD2、カップリング接手部1cの内径をD3、ノズル部2fの外周面外径をD4とすると、D4<D3<D2<D1の関係になっている。
【0010】
カップリング結合の際は、カップリング接手部1cの軸線にカップリング2の軸線を合わせ、前記くぼみ部2hにカップリング接手部1cが嵌まり込むようにカップリング2をカップリング接手部1cに押し付ける。まず、カップリング接手部1cの軸方向端面が中スリーブ2bの、図5上、下側端面に当たり、さらにカップリング2を、図上、下側に押し下げると、中スリーブ2bがカップリング接手部1cの端面に押されて、図上、上方に後退する。カップリング2をそのまま押し下げ続けると、カップリング接手部1cは中スリーブ2bを押しつつくぼみ部2hに進入し、カップリング接手部1cの軸方向端面がくぼみ部2hの底に当たると、停止する。その状態では、ボール受け1aがボール保持部2gのボール孔2eに対向する位置にあり、操作スリーブ2cにより、中心に向かう方向に押されていた抜け止めボール2dは、中心側に移動してボール受け1aに嵌まり込む。抜け止めボール2dが中心側に移動すると、それまで抜け止めボール2dによって、図上、下方へ移動を阻止されていた操作スリーブ2cは図示されていないばねの力で下方に移動し、図5に示す位置で停止する。したがって、ボール受け1aに嵌まり込んだ抜け止めボール2dは、外周側へは動けなくなり、ボール受け1aに嵌まり込んだままとなる。
【0011】
この段階でカップリング2を弁1に向かって押し付けていた力を取り去ると、中スリーブ2bを下方に付勢するばねの力が中スリーブ2bを介してカップリング接手部1cの軸方向端面に加わり、カップリング2をカップリング接手部1cから引き離す方向に作用する。しかし、ボール受け1aに抜け止めボール2dが嵌まり込んでいるため、ボール保持部2gとカップリング接手部1cの軸方向の相対移動が拒止され、カップリング2と弁1の結合が維持される。カップリング接手部1c内周面とノズル部2fの間は2個のOリングでシールされ、ホース結合が実現する。
【0012】
結合を解除するには、弁の閉止を確認した上で、操作スリーブ2cを上方に押し上げて操作スリーブ端部の内径が大きくなっている部分をボール孔2eの位置に移動させ、次いでカップリング2を上方に引き上げる。抜け止めボール2dは、ボール孔2eの、図上、下側壁面により上方に押され、ボール受け1aの上側の傾斜した壁面に当たって半径方向外側に向かう力を受ける。操作スリーブ2cの内径が大きくなっている部分がボール孔2eの位置に来ており、抜け止めボール2dの半径方向外側への移動が可能になっているので、抜け止めボール2dはボール受け1aの上側の傾斜した壁面から受ける力により半径方向外側に移動する。抜け止めボール2dがボール保持部2gの内周面よりも半径方向外側に移動すると、ボール保持部2gとカップリング接手部1cの軸方向の相対移動を阻害するものは無くなり、カップリング2は上方に引き離される。カップリング2が上方に引き離されるにつれてカップリング接手部1cは、ノズル部2fに対して、図上、軸方向下方に相対的に移動し、それにつれて、中スリーブ2bが図示されていないばねに駆動されて図上下方に移動する。最終的にカップリング接手部1cの内周面がノズル部2fの外周面から離れた段階でカップリングの結合は解除される。抜け止めボール2dは、内側を中スリーブ2bの外周面に当接させ、外側をボール保持部2gの外周面から一部はみださせた状態で、操作スリーブ2cの内径が拡大された部分の内周面に当接させて保持される。
【0013】
【特許文献1】特開平7-71674号公報(0008〜0017、図2)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0014】
上記図3〜図5に例示した従来技術においては、くぼみ部2hにカップリング接手部1cを嵌め込むため、前述のように、B3<B1の関係になるように、部品の寸法が設定されている。すなわち、ボール保持部2gの内周面とカップリング接手部1c外周面との間のすきまが生ずるのが避けられない。また、カップリング2は、弁1に対し、軸線に直交する方向には、Oリング2aと抜け止めボール2dのみにより支持されている。このため、弁1とカップリング2が結合されている状態において、両者間にがたつきが生じ、確実に固定されているとの安心感が得られない不満がある。
【0015】
また、LPガス容器用弁に設けられたホース用カップリングに、特許文献1に記載のように、ホースカップリングが結合されていない場合は閉じられ、ホースカップリングが結合されると開く弁(カップリング内装弁)が内装されているが、容器用弁へのホースカップリングの結合は、容器用弁が閉じられた状態で行われる必要がある。容器用弁が開かれた状態でも、ホースカップリングが結合されていない場合は前記カップリング内装弁が閉じられているからガスが漏出する恐れはない。しかし、容器用弁が開かれた状態(カップリング内装弁が閉じられている状態)でホースカップリングが結合されると、結合直前に内装弁が開くため、開かれている容器用弁を経てガスが接続されたばかりのホースに流入することになる。流入するガス圧に対抗してカップリングを容器用弁と結合するためにはガス圧に対抗する大きな力(10kg以上)が必要となり、結合するときの力が弱いとガス圧に跳ね返されて装着に失敗したり、流出するガス流により、図4の2aに示すOリングが外れたりする現象が発生してガス漏れ事故の原因となる。接続されたホースの他端がガスを供給すべき機器に接続されており、ホースにガスが流入してもよい状態になっていればよいが、接続されたホースの他端が開放されている場合も考えられる。
【0016】
上記従来技術においては、容器用弁の開閉状態に無関係にカップリング2を結合、解放することが可能であり、取扱上、望ましくない。
【0017】
本発明の目的は、カップリング接手を備えたLPガス容器用弁にホースを結合するカップリングにおいて、弁が開いた状態でカップリングを結合することが無いようにするとともに、カップリング結合時のがたつきを無くすことにある。
【課題を解決するための手段】
【0018】
上記の課題は、開閉手段を備えた容器用弁に結合されるホースに固着され、弁に着脱可能に結合されるホースカップリングであって、カップリング本体の外周面に装着され、前記弁の外周面に形成された突起部に係合して前記カップリング本体と前記弁を結合した状態に保持する固定手段を有してなり、前記固定手段は、前記カップリング本体の外周の、軸線を挟んで互いに対向する位置に、前記軸線に直交する方向に突出して形成された一対の回動軸と、この一対の回動軸にそれぞれ回動可能に枢着された一対の回動部材と、この一対の回動部材の長手方向中間部を相互に結合する梁部材と、前記回動部材それぞれの先端部に設けられて前記弁の前記突起部に係合する係合部と、前記カップリング本体に、前記梁部材とカップリング軸線を挟んで反対側に固定され前記軸位置からカップリング結合端側に延在する把持部と、を含んで構成され、前記把持部のカップリング結合端側端部位置と前記軸との軸線方向間隔は、カップリング本体が弁と結合されたときの、弁の前記開閉手段と前記軸との軸線方向間隔よりも大きく、前記梁部材は、該梁部材が前記軸を中心に回動したときの回動範囲に、カップリング本体を弁に結合した状態での、弁開位置にある前記開閉手段の少なくとも一部を含み、弁閉位置にある前記開閉手段を含まないように構成されているカップリングにより達成される。
【0019】
上記構成によれば、弁にカップリングを結合する際、弁の開閉手段に干渉する把持部の存在により、梁部材側が弁の開閉手段側になるようにカップリングと弁の位置関係が設定され、さらに、梁部材の形状は、弁開閉手段が弁開位置にあると、回動部材の係合部が弁の突起部に係合する位置に回動する前に弁開閉手段に干渉して回動部材が回動できなくなる形状になっているから、弁が開いた状態でホースカップリングを弁に結合することがなくなる。また、回動部材の係合部が弁の突起部に係合して両者の結合が確認できるとともに結合部のがたつきを無くすことが可能になる。
【発明の効果】
【0020】
本発明によれば、カップリングの一部をなす回動部材の係合部が弁の突起部に係合して両者の結合が確認できるとともに結合部のがたつきを無くすことが可能になり、前記容器用弁の開閉手段が開位置にあると、カップリングを容器用弁に結合あるいは解放することができず、弁開状態でカップリングを着脱することがなくなる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
以下、図1、図2を参照して本発明の実施の形態を説明する。図1は、ホース(図示せず)に固着された本発明に係るカップリング2が、LPガス容器(図示せず)に取り付けられた容器用弁(以下、弁という)1に結合されようとしている状態を示し、図2はカップリング2が、弁1に結合された状態を示している。
【0022】
弁1には、弁(カップリング内装弁)を内装し、本発明に係るカップリング2に結合されるカップリング接手部1cが形成されている。また、弁1外周面には、弁を開閉するための開閉手段である弁ハンドル1eを取り付ける弁ハンドル座1fが、その軸線を弁1の軸線と直交させて半径方向に突出して設けられ、この弁ハンドル座1fに弁ハンドル1eが取り付けられている。弁1の外周面にはまた、弁ハンドル座1fの軸線および弁1の軸線を含んで形成される平面に軸線を直交させて円柱状に突出する突起部1dが、弁1の軸線を挟んで対称の位置に形成されている。突起部1dは、LPガス容器にLPガスを充填する際に、容器を固定するために設けられているものである。
【0023】
前記弁ハンドル1eは、弁ハンドル座1fの軸線を回転軸として回転可能になっており、弁ハンドル座1fの軸線に直交する方向に長手方向軸線を備えた形状となっている。そして、弁ハンドル1eの長手方向軸線が前記平面(弁ハンドル座1fの軸線および弁1の軸線を含んで形成される平面)に平行する位置にあるとき、弁は開位置であり、その長手方向軸線が前記平面に直交する位置にあるとき、弁は閉位置にある。
【0024】
カップリング2は、図4において符号2a〜2hで示した部材を含んでなるカップリング本体と、前記カップリング本体の外周の、軸線を挟んで互いに対向する位置に、前記軸線に直交する方向に突出して形成された一対の回動軸2mと、この一対の回動軸2mに一端をそれぞれ回動可能に枢着された一対の回動部材であるレバー2kと、この一対のレバー2kの長手方向中間部を相互に結合する梁部材2lと、前記レバー2kそれぞれの先端部に設けられて前記突起部1dに係合する係合部と、前記一対の回動軸2mに固定された把持部2jと、を含んで構成されている。
【0025】
レバー2kは、一端を前記回動軸2mに回動可能に枢着されたくの字状をなし、このくの字形状の折れ曲がり部に前記梁部材2lが結合されている。また、前記折れ曲がり部の内側には前記突起部1dの半径と等しい半径の円弧を内周面とする凹部2sが形成されている。前記凹部2sの位置、すなわち前記円弧の中心位置は、前記回動軸2mから前記円弧の中心までの距離が、カップリング2と弁1が結合した状態での、前記突起部1dと前記回動軸2mの中心間距離に等しくなる位置にしてある。なお、本実施の形態では、前記凹部2sは円弧で形成したが、必ずしも円弧である必要はなく、前記凹部2sに突起部1dが嵌まり込んだとき、がたつきのない形状、大きさであればよい。
【0026】
レバー2kの他端には、軸線を前記回動軸2mに平行させた回転軸2pが固着され、この回転軸2pに板カム引起しレバー2qを備えた板カム2nが枢着されている。回転軸2pは、回動軸2mと前記円弧の中心を結ぶ直線に対し、図上、反時計方向にずれた位置にある。また、回動軸2mと回転軸2pの中心間距離は、カップリング結合状態での回動軸2m中心と突起部1dの中心間距離に突起部1dの半径を加えた距離よりも大きくしてある。板カム2nは、カップリング2と弁1が結合する段階で、図上、右下がりに傾斜した状態で突起部1dに当接しつつ摺動する摺動辺を備えている。この摺動辺は、レバー2kが反時計方向に回動して回動軸2mの中心と回転軸2pの中心を結ぶ直線が回動軸2mの中心と突起部1dの中心を結ぶ直線と一致したとき、突起部1dに当接し、かつ回動軸2mの中心と突起部1dの中心を結ぶ直線と直交する状態となり、レバー2kが反時計方向にさらに回動したら、回転軸2pの回りに、図上、反時計回りに揺動して左下がりになった状態で突起部1dの外周面から外れる。この状態で突起部1dはレバー2kの前記凹部2sに嵌まり込み、レバー2kの回動は止まる。
【0027】
前記係合部は、前記凹部2s、前記回転軸2p、前記回転軸2pに枢着された板カム2nにより構成されている。
【0028】
前記把持部2jは、カップリング本体の外周にドーナツ状に配置され、前記回動軸2mに固定された環状部2jaと、この環状部2jaに結合して前記梁部材2lとカップリング軸線を挟んで反対側に配置され、前記回動軸2m位置からカップリング本体の結合端側に延在するニギリ部2jbからなっている。このニギリ部2jbのカップリング結合端側端部位置と前記回動軸2mとの間の軸線方向長さは、カップリング2が弁1と結合されたときの、前記回動軸2mと弁1の前記弁ハンドル座1fとの軸線方向間隔よりも数cm大きくしてある。また、ニギリ部2jbのカップリング軸線からの半径方向距離は、前記弁ハンドル座1fの弁半径方向外周端から弁1の軸線までの距離よりも小さくしてある。
【0029】
前記梁部材2lは、該梁部材2l及びレバー2kが前記回動軸2mを中心に、カップリング2が弁1に結合を開始する状態から結合が完了する状態まで、図1上、反時計方向(A矢印方向)に回動するとき、弁1の弁ハンドル1eが弁開位置にあると、前記カップリング内装弁が開く状態になるほど、カップリング2がカップリング接手部1cに接近する前に、梁部材2lが弁ハンドル1eに当たり、それ以上、レバー2kが回動しなくなるような形状・位置に形成されている。一方、弁1の弁ハンドル1eが弁閉位置にあると、梁部材2lは、カップリング2と弁1の結合が完了するまで、他の部材と干渉することなく回動を継続することが可能な形状・位置に形成されている。
【0030】
カップリング2と弁1の結合が完了すると梁部材2l及びレバー2kの回動は結合側終点に達して停止するが、梁部材2lの形状は、この終点位置に梁部材2lがある場合、弁ハンドル1eは閉位置から開位置に、あるいは開位置から閉位置に、支障なく回転できるように、構成されている。
【0031】
さらに、レバー2k及び梁部材2lが、カップリング2と弁1が結合されている前記終点位置にあり、弁ハンドル1eが開位置にある場合、梁部材2l及びレバー2kを、図上、時計回り方向に回動させようとすると、梁部材2lは、開位置にある弁ハンドル1eに当接し、弁ハンドル1eを閉位置にしないと、梁部材2l及びレバー2kの時計回り方向の回動、すなわち、カップリングの解放はできないようになっている。
【0032】
言い換えると、前記梁部材2lは、該梁部材2lが前記回動軸2mを中心に回動したときの回動範囲に、カップリング本体を弁1に結合した状態での、弁開位置にある前記弁ハンドル1eが占める空間の少なくとも一部を含み、弁閉位置にある前記弁ハンドル1eが占める空間を含まないように構成されている。
【0033】
以下、上記構成のカップリング2を弁1に結合する動作について説明する。以下の説明では、上下、左右を図1の状態を基準にして表現する。
【0034】
操作者は、レバー2kを横方向に跳ね上げた状態でカップリング2の軸線を弁1の軸線に合わせ、カップリング2を上方から弁1に近づける。このとき、ニギリ部2jbが弁ハンドル座1fの側にあると、ニギリ部2jbが弁ハンドル座1fに当たって結合できないので、操作者は、自然に、ニギリ部2jbが弁ハンドル座1fと反対側になるように、カップリング2の位置を調整する。つまり、レバー2k及び梁部材2lが弁ハンドル座1fの側に位置することになる。
【0035】
カップリング2が弁1に近づけられ、カップリング2の前記ノズル部2fが弁1のカップリング側接手部1cに挿し込まれる。次いで、レバー2k及び梁部材2lが反時計方向に回動され、図1に示すように、板カム2nの摺動辺が突起部1dに当接する。このとき、弁ハンドル1eが開位置にあると、レバー2k及び梁部材2lが図1に示す状態に回動される前に、梁部材2lが弁ハンドル1eに当たり、結合動作が続けられない。したがって、このような場合、操作者は、弁ハンドル1eを閉位置に操作したのちに、カップリングの結合を行うことになる。
【0036】
梁部材2lが弁ハンドル1eに当たらないで、レバー2k及び梁部材2lに反時計方向に回動するよう力が加えられ続けると、この力は、突起部1dに当接している摺動辺から突起部1dに、突起部1dの外周面への接線方向の力及び外周面に垂直方向の力として与えられる。一方、摺動辺の当接部は突起部1dから反力を受けるが、その反力は回転軸2pを介して、レバー2kに伝達される。この反力の下向きの分力により、レバー2kは下向きに引かれ、つまりはカップリング2が、図1の矢印B方向に動いて弁1に引き付けられる。
【0037】
レバー2k及び梁部材2lが図1の状態からさらに反時計方向に回動されると、板カム2nの摺動辺は突起部1dの外周面に沿って移動し、回転軸2pが回動軸2mの中心と突起部1dの中心を結ぶ直線の延長上に来る。このとき、板カム2nの摺動辺は回動軸2mの中心と突起部1dの中心を結ぶ直線に対して直交する状態になり、回動軸2mは突起部1dに最も近づく。言い換えると、カップリング2は弁1に最も近づく。この状態でレバー2k及び梁部材2lはさらに反時計方向に回動され、図2に示す状態になると板カム2nが突起部1dから外れ、同時に、レバー2kの凹部2sに突起部1dが完全に嵌まり込む。レバー2kの凹部2sに突起部1dが完全に嵌まり込むと、レバー2kの回動は停止し、カップリングの結合が完了する。
【0038】
この状態では、レバー2kの凹部2sに突起部1dが完全にかみ込まれ、カップリング2はしっかりと容器用弁1に結合・固定されている。レバー2kの凹部2sに突起部1dが完全にかみ込まれているので、カップリングのがたつきもなくなる。また、梁部材2lは、図2に示すように、弁ハンドル1eよりも内側(突起部側)にあり、閉位置にある弁ハンドル1eを図2に示す開位置に操作したり、開位置にした弁ハンドル1eを更に閉位置に戻したりする操作を支障なく行うことが可能である。
【0039】
カップリングを外すときは、まず、弁ハンドル1eが閉位置(図1に示すように、弁ハンドル1eの長手方向軸線が紙面に直交する位置、言い換えると、弁ハンドル1eの長手方向軸線が、弁1の軸線と弁ハンドル座1fの軸線を含む平面に直交する位置)に操作され、次いで、図2の位置にある板カム引起しレバー2qを引き上げて板カム2nを時計回りに回動させる。板カム2nはその摺動辺を突起部1dに当接させて回動し、回転軸2pを介して、レバー2kに突起部1dから外れる方向の力を作用させるから、レバー2kは時計回り方向に回動し、突起部1dから外れる。
【0040】
レバー2kが突起部1dから外れたら、カップリング2は通常の手順で容器用弁1から解放される。
【0041】
本実施の形態によれば、カップリング2を容器用弁1に結合する際に、容器用弁1が開かれている状態でカップリング2を結合する操作が行われる恐れはなくなり、また、カップリング2が容器用弁1に結合された状態でがたつきが起こる恐れもなくなる。また、レバー2kの凹部2sを突起部1dにかみこませることでカップリング2が容器用弁1に固定されているので、両者が確実に固定されたことが確認でき、安心感が得られる。
【0042】
なお、上記実施の形態では、カップリング本体は、抜け止めボール2dを備えたものであるが、カップリング2はレバー2kに形成された凹部2sを突起部1dにかみこませて容器用弁1に固定されているから、必ずしも抜け止めボール2dを備えたものでなくともよい。
【図面の簡単な説明】
【0043】
【図1】本発明の実施の形態の、容器用弁との結合前の状態を示す側面図である。
【図2】本発明の実施の形態の、容器用弁との結合状態を示す側面図である。
【図3】従来技術のカップリングの、容器用弁との結合前後の状態を示す正面図である。
【図4】図3に示す従来技術のカップリングの、容器用弁との結合前の状態を示す断面図である。
【図5】図3に示す従来技術のカップリングの、容器用弁との結合状態を示す断面図である。
【符号の説明】
【0044】
1 容器用弁
1a ボール受け
1b 流体流路
1c カップリング側接手部
1d 突起部
1e 弁ハンドル
1f 弁ハンドル座
2 カップリング
2a Oリング
2b 中スリーブ
2c 操作スリーブ
2d 抜け止めボール
2e ボール孔
2f ノズル部
2g ボール保持部
2h くぼみ部
2j 把持部
2ja 環状部
2jb ニギリ部
2k レバー
2l 梁部材
2m 回動軸
2n 板カム
2p 回転軸
2q 板カム引起しレバー
2s 凹部

【特許請求の範囲】
【請求項1】
開閉手段を備えた容器用弁に接続されるホースに固着され、弁に着脱可能に結合されるホースカップリングであって、カップリング本体の外周面に装着され、前記弁の外周面に形成された突起部に係合して前記カップリング本体と前記弁を結合した状態に保持する固定手段を有してなり、
前記固定手段は、前記カップリング本体の外周の、カップリング軸線を挟んで互いに対向する位置に、前記軸線に直交する方向に突出して形成された一対の回動軸と、この一対の回動軸にそれぞれ回動可能に枢着された一対の回動部材と、この一対の回動部材の長手方向中間部を相互に結合する梁部材と、前記回動部材それぞれの先端部に設けられて前記弁の前記突起部に係合する係合部と、前記カップリング本体に、前記梁部材とカップリング軸線を挟んで反対側に固定され前記回動軸位置からカップリング結合端側に延在する把持部と、を含んで構成され、
前記把持部のカップリング結合端側端部位置と前記回動軸との軸線方向間隔は、カップリング本体が弁と結合されたときの、弁の前記開閉手段と前記回動軸との軸線方向間隔よりも大きく、
前記梁部材は、該梁部材が前記回動軸を中心に回動したときの回動範囲に、カップリング本体を弁に結合した状態での、弁開位置にある前記開閉手段が占める空間の少なくとも一部を含み、弁閉位置にある前記開閉手段が占める空間を含まないように構成されているホースカップリング。
【請求項2】
請求項1記載のホースカップリングにおいて、前記係合部は、前記回動部材に形成され前記突起部に嵌まり込む凹部と、前記回動部材に軸線を前記回動軸2mと平行にして植立された回転軸と、この回転軸に枢着され、カップリング本体が弁と結合されるとき、前記突起部に当接しつつ摺動する摺動辺を備えた板カムと、を含んで構成されていることを特徴とするホースカップリング。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate


【公開番号】特開2006−17157(P2006−17157A)
【公開日】平成18年1月19日(2006.1.19)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2004−193026(P2004−193026)
【出願日】平成16年6月30日(2004.6.30)
【出願人】(000006895)矢崎総業株式会社 (7,019)
【Fターム(参考)】