二次元バーコード(QRコード)読み取りによる順番管理及び携帯メールによる呼出システム

【課題】利用者が窓口にて受付処理を行ってから順番が巡って来るまでの待ち時間を有効活用できる事を目的とした受付順番管理システムであり、従来技術ではプリントアウトする装置が必要であり、用紙の紛失、用紙切れ、紙づまりなどのトラブルも多いという課題を解決するものである。
【解決手段】施設利用者個人の携帯情報端末で、施設内の受付端末に表示されている二次元バーコード(QRコード)を読み込み、空メールを送信することにより、順番管理データベースに登録し、待ち順が来た場合に送信元メールアドレスに呼び出しメールを自動送信するシステム。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、順番待ちに関し、特にその周辺で待機しなければならない不都合を緩和するシステムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来においては、特許文献1に記載されているような受付システムが存在する。
特許文献1は、チケットに2次元バーコードをプリントアウトし、チケットに記載のメールアドレスに予約番号、予約認証番号を
インターネットを介してメール送信することで、携帯電話等の情報端末と、情報端末から送信された送信元メールアドレスを登録し呼び出し順の管理及び2次元バーコードによる消し込み機能を有する受付順番管理装置を提案している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特許公開2008−021300公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、飲食店や店舗、病院など施設内で行われる全てのサービスにおいて
順番待ちをする際、従来技術では、プリントアウトする装置が必要であり、
用紙の紛失、用紙切れ、紙づまりなどのトラブルも多いという課題がある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の課題を解決するために、本発明は、施設利用者個人の携帯情報端末で、施設内の受付端末に表示されている二次元バーコード(QRコード)を読み込み、空メールを送信することで、自動的に受付端末が予約メールを受信し、順番管理データベースへ登録を行う機能を有し、該当者の順番が近くなった場合に携帯電話に呼び出しメールを送信する機能を有することで、施設利用者が待ち時間を自由に過ごすことが出来るようにすることを特徴とした受付順番管理システムである。
【発明の効果】
【0006】
このようにした本発明によれば、窓口受付端末に表示されている二次元バーコード(QRコード)を読み込み、空メールを送信するだけで、容易に順番を予約登録することが可能であるとともに、待ち時間を明確に予測出来ない場合でも運用する事が可能であり、待合室や駐車場混雑の緩和という効果が得られる。また、本発明は、プリントアウトする装置が不要であるため、用紙の紛失、用紙切れ、紙づまりなどのトラブルも発生しない。また、順番待ち表示用モニターに最新の待ち順がリアルタイムに表示される機能も有しているため、携帯電話を所有していない利用者が順番確認に訪れた場合でも容易に自分の順番を確認することが出来る。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】図1は本発明の受付順番管理システムの実施例を示すシステム構成図である。図1において、1は利用者が保有する携帯電話、2は受付登録・取り消し・順番調整などの予約管理を行う窓口受付端末、3は2の窓口受付端末に表示されている二次元バーコード(QRコード)、4はインターネット、5はメールの送受信を行うメールサーバー、6は待ち順を表示する為の案内用ディスプレイである。
【図2】図2は、本発明の実施例1における受付順番登録(予約)のシステムフローチャートである。
【図3】図3は、本発明の実施例1における空席発生から携帯電話への順番案内までのシステムフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0008】
本発明の受付順番管理システムは、飲食店や店舗、病院など施設内で行われる全てのサービスにおいてサービスを受けようとする施設近辺で待機して順番待ちを行う場合に利用することができる。
【実施例】
【0009】
以下、図面を参照して本発明の受付順番管理装置を飲食店における窓口受付に適用した実施例を説明する。本例は、病院やテーマパーク等の施設内で行われる全てのサービスにおいても容易に利用することができる。
図1において、利用者は1の携帯電話を利用し、2の窓口受付端末のモニタに表示されている3の二次元バーコード(QRコード)を読み取り、表示されるメールアドレスに空メールを送信することで、2の窓口受付端末で5のメールサーバに届いたメールが受信され、2の窓口受付端末に利用者のメールアドレスが表示される。利用者は2の窓口受付端末に表示されているメールアドレスを確認し、氏名等の情報を入力することで受付情報をデータベースに登録し、自分の待ち順が近くなった場合に携帯電話に呼び出しのメールを受け取る登録ができると同時に最新の待ち順を順番待ち表示用モニター6に表示する機能も有している。
【0010】
受付窓口端末は5のメールサーバーに対して新着メールが無いか定期的にチェックを行っており、新着メールがあった場合、2の窓口受付端末に新着メール一覧表示され、利用者のメールアドレスが容易に識別できる。
【0011】
空席が発生すると、2の受付窓口端末より、次に順番待ちをしている利用者の該当データを選択し呼出ボタンを押す事でデータベース上の該当受付情報が消し込まれ、各順番が繰り上がり、該当利用者に対して自動的に呼び出しメールが送信され、最新の待ち順を待合用モニター6に表示する。2の受付窓口端末にあらかじめ登録をしておくことで数個先の順番待ちをしている利用者への呼び出しメール送信機能も有している。
【0012】
本発明の受付順番管理システムは、店舗への事前会員登録等において承認されている利用者については空メールの送信のみでの順番待ち登録ができる機能も有している。
【0013】
携帯電話を所有していないユーザについては、2の窓口受付端末においてメールアドレスなしとして登録することで受付情報をデータベースに登録し、順番待ち表示用モニター6に表示する機能も有している。
【0014】
受付順番管理システムへ登録を行なったユーザはサービスを受けようとする店舗のインターネットサービスを利用して順番待ち表示用モニター6に表示されている情報を携帯電話またはパソコンを通じて取得できる機能を有している。
【0015】
次に、図2〜図6に示すフローチャートにより本発明の実施例1におけるシステムフローを詳細に説明する。
図2は、本発明の実施例1における受付順番登録(予約)のシステムフローチャートであり、
図3は、本発明の実施例1における空席発生から携帯電話への順番案内までのシステムフローチャートである。
【0016】
図2において100受付順番管理システムを起動すると、モニタ上にQRコード(二次元バーコード)が表示されている。
順番登録を行う利用者は101QRコードを利用者の携帯電話で読み込み、読み込んだメールアドレスへ102空メールを送信する。
100受付順番管理システムは常時103新着メールの存在チェックを監視しておりメールが受信された時点で100受付順番管理システム上に104受信したメールアドレスを表示する。順番登録を行う利用者は自らが送信したメールアドレスであることを確認し、105メールアドレスに対する氏名情報を入力した後、106登録ボタンを押下することで、107順番待ち番号を採番し、108順番管理データベースへ104受信したメールアドレス、105氏名情報、107順番待ち番号を登録する。正常に登録が完了すれば、109登録完了メールを送信すると同時に、110待合用モニタに追加表示する。
【0017】
図3において発生すると、既に待機している200次利用者を案内した後、受付順番管理システムにて201呼出ボタンを押下すると、202データベース上の該当受付情報が消し込まれ各順番が繰り上がり、203該当利用者に対して自動的に呼び出しメールが送信され
ると同時に204待合用モニタの順番表示も更新する。
【産業上の利用可能性】
【0018】
飲食店や店舗、病院など施設内で行われる全てのサービスにおいて順番待ちをする際の受付順番管理に関する

【特許請求の範囲】
【請求項1】
サービスを提供しようとする施設が保有するメールアドレス情報を埋め込んだQRコードを表示する受付端末からQRコードを読み取り、施設利用者がメールを送信することで、システムはその情報を受信し、自動的に順番登録を行うことを特徴とした順番登録(予約)機能を有したシステム。
【請求項2】
サービスを提供しようとする施設が保有するメールアドレス情報を埋め込んだQRコードを表示する受付端末から施設利用者がQRコードを読み込み、送信したメールをシステムが受信し、受信した登録メールから順番を管理し、数番目の順番になった施設利用者に対し、携帯情報端末へ順番が間近になったことをメールで知らせることを特徴とした呼出機能を有したシステム。
【請求項3】
サービスを提供しようとする施設が保有するメールアドレス情報を埋め込んだQRコードを表示する受付端末からQRコードを利用できない携帯情報端末及び、携帯情報端末を保有しない施設利用者が順番登録をする場合に、受付端末で受付票を発行し、システムは施設利用者のメ−ルアドレスの変わりに受付票情報にて、順番登録を行うことを特徴とした順番登録(予約)機能を有したシステム。
【請求項4】
サービスを提供しようとする施設が保有するメールアドレス情報を埋め込んだQRコードを表示する受付端末からQRコードを利用できない携帯情報端末及び、携帯情報端末を保有しない施設利用者、及び受付端末で受付票が発行できない場合に、受付端末で手入力で登録し、システムは施設利用者のメ−ルアドレスの変わりに手入力情報で、順番登録を行うことを特徴とした順番登録(予約)機能を有したシステム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate


【公開番号】特開2012−252476(P2012−252476A)
【公開日】平成24年12月20日(2012.12.20)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−123860(P2011−123860)
【出願日】平成23年6月2日(2011.6.2)
【公序良俗違反の表示】
(特許庁注:以下のものは登録商標)
1.QRコード
【出願人】(711005282)