仕切用装飾引手

【課題】透明な引手で厚みを透してデザインを見せながら、隣室からの光の透過を防いだ引手の提供。
【解決手段】引手本体1には円形の凹部3が形成され、凹部3の底部1bは透明な材料で構成され、底部1bの裏面には装飾用のデザインが施されている。透明な底部1bを通してデザインを見ることができ、汚れや傷がつかず、美観を保つことができる。リング8を光を透過しない材質で製作しする事で、隣室の灯りの透過を防止することができる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は襖などの仕切の開閉のための仕切に関するものである。
【背景技術】
【0002】
一般に襖用引手については、図5で引手本体1に手を掛ける凹部3が設けられていて、引手単体で襖に取りつけて使用する場合、また図6にあるように引手本体1に手を掛ける凹部3がある引手と、本体に手を掛ける凹部5がある雌型引手7とを図7のように組み合わせて使用する場合がある。実公昭48−40594号は前述の引手本体と雌型引手を組み合わせる方法を採っている。又引手単体で使用する場合は実開平1−114761の方法がある。
これらの引手本体の底部の表側にデザインを施した従来例はあった。
【特許文献1】実公昭48−40594号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
従来は引手の表側にデザインを施していたので、使用するにつれて汚れたり傷がつくことがあった。またデザインの表現に制限があり美観に優れていないことがあった。透明な材料で構成され引手の裏側のデザインを見せる装飾を施し、機能だけではなく視覚的な感覚を呼び起こす事が目的である。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は引手本体の底部の裏側にデザインを設けて、透明な底部を通してデザインが見えるように構成したものである。また引手本体は透明な材料で構成され、手を掛ける凹部の外側に不透明なリングを設けて、隣室からの光の透過を防止したものである。
【発明の効果】
【0005】
引手本体の底部を透明にしたことで裏側に設けた装飾デザインが見えるので美観性が高い。
デザイン体が遮光性でリングが不透明であるので隣室からの光が漏れず、特に就寝時にも不快でない。
引手本体の底部裏側にデザインがあるので汚れないし、また傷も付かない。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下に本発明を襖に応用した実施例を説明する。
【実施例1】
【0007】
図1の説明例
図1は本発明を襖の引手に応用したものを示したものであり、(B)は正面断面図で(A)はその平面図である。仕切2の一部を円形状にくり抜き、そこに引手本体1を設け、この引手本体1には円形の凹部3が形成され、その側面1cに手を掛けて、仕切2を開閉する。凹部3の底部1bは透明な材料で構成され、底部1bの裏面には装飾用のデザインが施されている。従って図1の上部から見ると透明な底部1bを透して底部1bの裏側デザインを見ることが出来る。又隣室の光を利用してデザインを浮かび上がらせる事も可能である。
【実施例2】
【0008】
図8は引手本体1と雌型本体7とを組み合わせて、仕切の両面から組で使用する場合の実施例であり、透明な底部にデザイン体4をそれぞれ設け、それぞれの部屋から引手のデザインをみることができる。
【0009】
引手を単体で使用する場合や仕切の両面から組で使用する場合において、透明の素材を使うと光の透過が問題になり、特に寝室のしきりに使用する時には図8のごとく隣室の光が漏れて就寝時非常に気味悪く感じる人が多い事が言われている。組で使用する場合において図8のデザイン体4に光の透過を遮断する素材を使用しても嵌合部7dが透明であるため上部から下部へと光が漏れる事が新しい問題となってくる。図6において引手本体1の側面1cを透明にし、雌型引手7で手を掛ける凹部5の側面7cと、嵌合部7dを一体成型しているため透明樹脂で成型すると、隣室の光が透過してくる。
一般的に引手はフスマの両側に使う場合が多いが、このとき透明なので隣室の光が漏れてくる不都合に対して図8の底部1bの裏側に設けるデザイン体4を不透明な材質で構成し、嵌合部7dを同様に不透明な材質で構成すると光の透過を遮断することが出来る。
【実施例3】
【0010】
図2は引手本体1を2つ組み合わせて仕切の両側から使用する実施例を示したものである。光の透過を防ぐために手を掛ける凹部3の側面1cとリング8を個別に成型し、手を掛ける側面1cは透明素材で作り、リング8は光を透過しない材質で作る。またこのリング8は、図4の組み立て図に示すように引手本体1の外周に設けられた嵌合用突起6と組み合わせるための嵌合用すじ9を内側に持つものである。しかも図2のデザイン体4に光の透過を遮断する素材を使用する事で光の隣室への漏れを防止する事が出来る。
図2は引手が光の経路を遮断する事の説明図で、この引手は、主として仕切2を襖としてこれに取りつけた引手本体1と透明な底部1bの裏面に貼り付けたデザイン体4とリング8から構成される。図3の拡大図において光が上から入ってくる場合、まず遮光性のデザイン体4で光がブロックされると共にリング8が不透明であるのでここでも光がブロックされるので、結局上側から下側へ光が透過することが出来なくなる。
【0011】
一般的には引手を取りつけるためにフスマに穴を開けるが、この切り口は結構見劣りのするものである。図2に示すように、リング8が不透明であるのでフスマの切り口のアラが手を掛ける凹部3の側面1cを透して見えるのを防ぐ事が出来る。
図4でつば1aが透明であるとフスマの切り口のアラが見える事がある。この場合引手本体1のつば1aの裏側に遮光性のデザイン体(図示せず)を設けるとアラが見えなくする事が出来る。
【0012】
前記の対策を行っても図11に示すように、リング8とつば1aの裏側が密着している引手を取付ける際、リングの端面にフスマの切り口のアラ11が乗っており、これに相手の引手を取りつけるとフスマの切り口のアラ11がつば1aとリング8の端面に挟まり表から見えるという不都合が起こってしまう事がある。これを解決するため、図12に示すようにまず最初にリング8aの端面をつば1aの裏に密着させ、しかる後にリング8を装着したもう一つの引手本体1を嵌合させるとフスマの切り口のアラ11は見えなくなる。
【0013】
又、リングを分割し、しかもそれぞれを嵌合できる構造として、最初に分割したリング8b,8cのそれぞれの端面をつば1aの裏に密着させておき、まずリング8bを装着した引手本体1をフスマに取付け、しかる後に同様にリング8cを装着したもう一つの引手本体1を嵌合させるとフスマの切り口のアラ11は表から見えなくする事が出来る。
【0014】
襖の厚みが様々で、厚みのあるフスマに引手を取りつけた時、図14に示すがごとくフスマの切り口のアラが引手凹部の側面7を通して見えてしまう不都合が起こる。この場合に図15に示すように引手凹部の側面7の内側もしくは外側に模様を付けて光が通りにくくすれば解決する。実際には前述の引手凹部の側面7の内側もしくは外側にローレット状のすじを設けるか、凹凸のデザインを設けるか、不透明なシールを貼るか、塗料等を塗ると光が通りにくくなる。また図15のごとくひれ付きリング8dを[0013]で述べたように最初につば1aの裏に密着させ、しかる後にリング8cを装着したもう一方の引手本体1を嵌合させるとフスマの切り口のアラは凹部の側面7から見えなくなる。
【0015】
実際の襖の厚みは11mm−20mmで、引手の外径については30mm−70mm位である。この寸法はこれにこだわらなくても機能は果たせる。
リング8は図10のごとく内側に嵌合用すじ9を持っており、図4のごとく複数本あると様々な襖の厚みに対応出来るものである。前述の嵌合用すじ9は無くても寸法を合わせれば機能を果たせる。
又デザイン体4は引手との接触面は接着出来るようになっておりその接着面にデザインを載せている。
【0016】
前述ではデザイン体4が遮光性であり、粘着性であり、図案が載っているが、引手の裏にデザインを直接印刷して、その図案に遮光性の機能をもたせたものでもよい。
また、デザイン体4は遮光性の機能のみを担うものでも良い。このデザインはもちろん無地であっても良い。
また説明図では丸い引手になっているが、これの形状は如何なる形状でも対応出来る物である。引手の透明度は薄い透明からすっきりとした透明まであらゆる透明度に対応できうる。
また、透明であるが故に隣室で電灯がついているかわかりやすいので点灯、消灯の表示にも使える。
又、光が入るとまずい場合で、デザインを目立たせながら引手として使用したい場合に使える。
またデザイン体の交換も可能で、多様なデザインを楽しむことができる。
【産業上の利用可能性】
【0017】
襖の引手以外にもドア、冷蔵庫等での使用や、戸棚、物入れ、納戸等にも適応出来る。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本発明の実施例を示す断面図 (A) 正面図 (B) 平面図
【図2】同 光の経路を遮断する事の説明図
【図3】同 光の経路を遮断する事の拡大図
【図4】同 引手本体とリングの構成図
【図5】従来の引手本体の説明図(背景技術の説明)(A)正面図 (B)平面図
【図6】同 引手本体と雌型引手の構成図(背景技術の説明)
【図7】同 図6において組み合わせた図(背景技術の説明)
【図8】同 組み合わせた引手で光の透過経路の説明図
【図9】同 図8の光の透過経路の拡大図
【図10】同 内側に嵌合用の細いすじをもつリングの説明図
【図11】同 フスマの切り口のアラの挟み込みの説明図
【図12】同 フスマの切り口のアラをかくす事の説明図
【図13】同 フスマの切り口のアラをかくす事(リング同士で嵌合)の説明図
【図14】同 フスマの切り口が側面から見える事の説明図
【図15】同 フスマの切り口が側面から見えるのをかくす事の説明図
【符号の説明】
【0019】
1 引手本体
1a つば
1b 底部
1c 凹部の側面
2 仕切
3 凹部
4 デザイン体
5 凹部
6 嵌合用突起
7 雌型引手
7c 凹部の側面
7d 嵌合部
8 リング
8a リング
8b リング(嵌合)
8c リング(嵌合)
8d ひれ付きリング
9 嵌合用すじ
10 襖
11 フスマの切り口のアラ
12 模様

【特許請求の範囲】
【請求項1】
仕切上に引手本体を設け、前記引手本体は透明な底部を有し、底部の裏側が見え ることを特徴とする仕切用装飾引手。
【請求項2】
仕切を挟んで引手本体を2つ設けた請求項1記載の仕切用装飾引手。
【請求項3】
引手本体は透明な材料で構成され、底部が不透明で手を掛ける凹部を持ち、前記 凹部の外側に不透明なリングを設けた請求項2記載の仕切用装飾引手。
【請求項4】
手を掛ける凹部を持ち、前記凹部の側面内側か外側に模様を設けた請求項3記載 の引手
【請求項5】
引手本体とリングとが一体に構成された請求項3から請求項4までいずれか1項 に記載の仕切用装飾引手。
【請求項6】
リング部が分割された請求項3から請求項5までいずれか1項に記載の仕切用装 飾引手。
【請求項7】
引手本体の底部の裏側にデザイン体を設けた請求項1から請求項6までのいずれ か1項に記載の仕切用装飾引手。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate

【図15】
image rotate


【公開番号】特開2009−203789(P2009−203789A)
【公開日】平成21年9月10日(2009.9.10)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2008−162740(P2008−162740)
【出願日】平成20年6月23日(2008.6.23)
【出願人】(391007909)成和樹脂工業株式会社 (3)