Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
免疫不全組換えポックスウイルス
説明

免疫不全組換えポックスウイルス

【課題】安全性の向上した改変組換えウイルスを提供し、且つ、そのような組換えウイルスを製造する方法を提供する。
【解決手段】改変組換えウイルスであって、該ウイルスにコードされている遺伝子機能が不活化されていることにより毒性が弱毒化され安全性が高められた組換えウイルスを産生する。その遺伝子機能は、非必須であり毒性に関連する。ウイルスとしてはポックスウイルスが有利であり、特にワクシニアウイルスまたはアビポックスウイルスである。この改変組換えウイルスは、そのウイルスゲノムの非必須領域に、免疫不全性ウイルス由来の抗原もしくはエピトープおよび/またはCTLエピトープ、例えば、HIV1gag(+プロ)(IIIB)、gp120(MN)(+トランスメンブレン)、nef(BRU)CTL、pol(IIIB)CTL、ELDKWA、LDKWエピトープ等をコードする外来DNA配列を含み得る。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
改変組換体ウイルスであって、ウイルスにコードされている遺伝子機能が不活化されていることにより該ウイルスの毒性が弱毒化されているが効力は保持しており;さらに、該ウイルスゲノムの非必須領域に外来DNAを含み、該外来DNAが少なくとも1つの免疫不全症ウイルスエピトープをコードし、前記改変組換体ウィルスが、NYVAC組換体ウィルス、COPAK組換体ウィルスまたはALVAC組換体ウィルスであり、前記外来DNAが、gp120(MN)(+トランスメンブラン)、およびHIV1gag(+プロ)(IIIB)、nef(BRU)CTLエピトープ、またはpol(IIIB)CTLエピトープの少なくとも1つをコードすることを特徴とする組換体ウイルス。
【請求項2】
ALVAC組換体ウィルスであることを特徴とする請求項1記載のウィルス。
【請求項3】
免疫応答を誘発するための組成物であって、請求項1または2に記載のウイルスを適当な担体と混合して含むことを特徴とする組成物。
【請求項4】
生体外で培養された細胞中で遺伝子産物を発現する方法であって、請求項1または2に記載のウィルスを前記細胞中に導入する工程を含むことを特徴とする方法。
【請求項5】
請求項1または2に記載のウィルスの生体外発現から調製されることを特徴とする免疫欠損ウィルス抗原。
【請求項6】
請求項1または2に記載のウィルスからの抗原の生体内発現により、または、前記ウィルスの生体外発現からの免疫欠損ウィルス関連抗原の投与により誘発される抗体。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8A】
image rotate

【図8B】
image rotate

【図8C】
image rotate

【図9A】
image rotate

【図9B】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11A】
image rotate

【図11B】
image rotate

【図11C】
image rotate

【図12A】
image rotate

【図12B】
image rotate

【図13−1】
image rotate

【図13−2】
image rotate

【図14A−1】
image rotate

【図14A−2】
image rotate

【図14A−3】
image rotate

【図14A−4】
image rotate

【図14B−1】
image rotate

【図14B−2】
image rotate

【図14B−3】
image rotate

【図14B−4】
image rotate

【図14B−5】
image rotate

【図14C−1】
image rotate

【図14C−2】
image rotate

【図14C−3】
image rotate

【図14C−4】
image rotate

【図15A−1】
image rotate

【図15A−2】
image rotate

【図15B−1】
image rotate

【図15B−2】
image rotate

【図15B−3】
image rotate

【図15C−1】
image rotate

【図15C−2】
image rotate

【図15C−3】
image rotate

【図15D−1】
image rotate

【図15D−2】
image rotate

【図15D−3】
image rotate

【図15E−1】
image rotate

【図15E−2】
image rotate

【図15E−3】
image rotate

【図15F−1】
image rotate

【図15F−2】
image rotate

【図16A】
image rotate

【図16B】
image rotate

【図16C】
image rotate

【図17A−1】
image rotate

【図17A−2】
image rotate

【図17B−1】
image rotate

【図17B−2】
image rotate

【図17B−3】
image rotate

【図17C】
image rotate

【図18A−1】
image rotate

【図18A−2】
image rotate

【図18A−3】
image rotate

【図18B】
image rotate

【図19A−1】
image rotate

【図19A−2】
image rotate

【図19A−3】
image rotate

【図19B−1】
image rotate

【図19B−2】
image rotate

【図19B−3】
image rotate

【図19C−1】
image rotate

【図19C−2】
image rotate

【図20】
image rotate

【図21】
image rotate

【図22】
image rotate

【図23】
image rotate

【図24】
image rotate

【図25】
image rotate

【図26A−1】
image rotate

【図26A−2】
image rotate

【図26A−3】
image rotate

【図26B−1】
image rotate

【図26B−2】
image rotate

【図26B−3】
image rotate

【図26C−1】
image rotate

【図26C−2】
image rotate

【図26C−3】
image rotate

【図27】
image rotate

【図28A−1】
image rotate

【図28A−2】
image rotate

【図28A−3】
image rotate

【図28B−1】
image rotate

【図28B−2】
image rotate

【図28B−3】
image rotate

【図28C−1】
image rotate

【図28C−2】
image rotate

【図28C−3】
image rotate

【図29】
image rotate

【図30A−1】
image rotate

【図30A−2】
image rotate

【図30A−3】
image rotate

【図30B−1】
image rotate

【図30B−2】
image rotate

【図30B−3】
image rotate

【図30C−1】
image rotate

【図30C−2】
image rotate

【図30C−3】
image rotate

【図31】
image rotate

【図32】
image rotate

【図33−1】
image rotate

【図33−2】
image rotate

【図33−3】
image rotate

【図34】
image rotate

【図35】
image rotate

【図36】
image rotate

【図37】
image rotate

【図38】
image rotate

【図39】
image rotate

【図40】
image rotate

【図41−1】
image rotate

【図41−2】
image rotate

【図41−3】
image rotate

【図42】
image rotate

【図43−1】
image rotate

【図43−2】
image rotate

【図43−3】
image rotate

【図43−4】
image rotate

【図44】
image rotate

【図45】
image rotate

【図46】
image rotate

【図47】
image rotate


【公開番号】特開2008−138(P2008−138A)
【公開日】平成20年1月10日(2008.1.10)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−186820(P2007−186820)
【出願日】平成19年7月18日(2007.7.18)
【分割の表示】特願2006−32543(P2006−32543)の分割
【原出願日】平成7年4月6日(1995.4.6)
【出願人】(507202703)ヴァイロジェネティクス コーポレイション (1)
【Fターム(参考)】