Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
医薬製剤
説明

医薬製剤

【課題】ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を含む安定な医薬組成物の提供。
【解決手段】ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物と、乾燥剤とを含有する医薬製剤。該医薬組成物は、該乾燥剤とを、容器中に含有することが好ましい。該医薬組成物の剤形は、固形製剤であることが好ましい。該ロキソプロフェン又はその塩の含有量は、1日あたりの服用量として、ロキソプロフェンナトリウム無水物換算で、10〜300mgであることが好ましい。該ブチルスコポラミン臭化物の含有量は、1日あたりの服用量として、3〜1000mgであることが好ましい。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、医薬製剤に関する。より詳細には、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を含有する医薬製剤に関する。
【背景技術】
【0002】
ロキソプロフェンは、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)の一種であり、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、急性上気道炎、手術後・外傷後・抜歯後等の消炎・鎮痛・解熱に有効なものとして知られている(非特許文献1)。また、ロキソプロフェンは、最近いわゆるスイッチOTC化がなされた化合物であり、OTC医薬品における有効成分として期待されるものである。
【0003】
しかしながら、ロキソプロフェンはNSAIDsの一種ということもあり、副作用として消化管運動亢進による障害等が生じる可能性がある。
そこで、十分な解熱鎮痛効果を得つつ、副作用低減策を講じる観点から、ロキソプロフェンとともに、鎮痛・鎮痙作用を有するブチルスコポラミン臭化物を服用することが提案されており、ロキソプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含有する製剤として、これら2成分を配合したカプセル剤が知られている(特許文献1)。
【0004】
しかしながら、特許文献1においては、前記カプセル剤の安定性に関する検討は一切されておらず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とが相互作用を示すことについては全く知られていない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2000−26313号公報
【非特許文献】
【0006】
【非特許文献1】第15改正日本薬局方解説書 株式会社廣川書店 第C−4790−4795頁
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
まず、本発明者は、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を固形製剤化すべく検討したところ、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とを混合して保存すると、意外にも、これら化合物の間に相互作用が生じ、この相互作用により混合物が固化し、保存に際して安定な状態が保たれにくいことを見出した。
したがって、本発明の課題は、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を含む安定な医薬組成物の提供にある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
そこで、本発明者は、上記課題を解決すべく、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を含有する医薬組成物の保存安定性について鋭意検討したところ、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を乾燥剤存在下で保存することにより、当該相互作用を抑制することができることを見出し、本発明を完成した。
【0009】
すなわち、本発明は、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物と、乾燥剤とを含有する医薬製剤を提供するものである。
【発明の効果】
【0010】
本発明の医薬製剤は、医薬組成物中のロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物との相互作用が抑制されており、保存安定性に優れる。
【発明を実施するための形態】
【0011】
本発明の医薬製剤は、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物と、乾燥剤とを含有する。まず、斯かる乾燥剤について説明する。
【0012】
本発明において乾燥剤は、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物とともに保存した際に、相互作用を抑制ないし改善できるものであれば、特に限定されるものではない。また、その形状も限定されるものではなく、例えば、板状や袋状のシート型、円柱状(錠剤型)に成形されたもの等が挙げられ、円柱状のものにペーパーラッピングやフィルムコーティングを施したものでもよい。
【0013】
乾燥剤としては、例えば、シリカゲル、シリカアルミナゲル(アロフェン)、天然ゼオライト、合成ゼオライト(モレキュラーシーブ)、塩化カルシウム、生石灰(酸化カルシウム)、ベントナイトクレイ(モンモリロナイト)、塩化マグネシウム及び酸化マグネシウムから選択される1種又は2種以上を挙げられ、これらと活性炭を混合したものであってもよい。これらのうち、シリカゲル、シリカアルミナゲル(アロフェン)、合成ゼオライト(モレキュラーシーブ)及び塩化カルシウムから選択される1種又は2種以上がより好ましく、相互作用抑制の点で、合成ゼオライトが特に好ましい。
【0014】
乾燥剤は種々市販されており、例えば、株式会社東海化学工業所製のシブレット、MS−タブレット、MS−セラムW、トーカイゲル、デシカイト25、アルプシート、山仁薬品株式会社製のドライヤーン(登録商標)分包品、ドライヤーン(登録商標)タブレット、ドライヤーン(登録商標)シート、品川化成株式会社製のセカード、アロシート、ゼオシート、株式会社OZO化学技研製のOZO、株式会社アイディ製のアイディシート、アイディパッキング乾燥剤等が挙げられる。
【0015】
乾燥剤の含有量は、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部に対して、0.05〜35質量部が好ましく、0.15〜17質量部がより好ましい。
また、乾燥剤は、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物1質量部に対して0.001〜10質量部が好ましく、0.005〜5質量部がより好ましく、0.01〜1.1質量部がさらに好ましい。
【0016】
次に、前記医薬組成物中の各成分について詳細に説明する。
【0017】
本発明の医薬製剤で用いられるロキソプロフェン又はその塩には、ロキソプロフェンそのもののほか、ロキソプロフェンの薬学上許容される塩、さらにはロキソプロフェンやその薬学上許容される塩と水やアルコール等との溶媒和物も含まれる。これらは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。本発明において、ロキソプロフェン又はその塩としては、ロキソプロフェンナトリウム水和物(化学名:Monosodium 2-[4-[(2-oxocyclopentyl)methyl]phenyl]propanoate dihydrate)が好ましい。
【0018】
また、前記医薬組成物中のロキソプロフェン又はその塩の含有量は、服用者の性別、年齢、症状等に応じて、1日あたりの服用量を適宜検討して決定すればよい。例えば、1日あたり、ロキソプロフェンナトリウム無水物換算で、ロキソプロフェン又はその塩を10〜300mg服用できる量が好ましく、30〜240mg服用できる量がより好ましく、60〜180mg服用できる量がさらに好ましい。1日あたりの服用量は、1〜4回に分けて服用すればよく、3回に分けて服用するのが好ましい。1回あたりの服用としては、ロキソプロフェンナトリウム無水物として60mgが好ましい。
また、医薬組成物中のロキソプロフェン又はその塩の含有量としては、医薬組成物全質量に対し、ロキソプロフェンナトリウム無水物換算で、0.4〜90質量%含有するのが好ましく、1.2〜85質量%含有するのがより好ましく、3〜80質量%含有するのがさらに好ましく、4〜77質量%含有するのがさらに好ましく、5〜77質量%含有するのが特に好ましい。
【0019】
本発明の医薬製剤で用いられるブチルスコポラミン臭化物は公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
【0020】
また、前記医薬組成物中のブチルスコポラミン臭化物の含有量は、服用者の性別、年齢、症状等に応じて1日あたりの服用量を適宜検討して決定すればよいが、1日あたり、ブチルスコポラミン臭化物として、3〜1000mg服用できる量が好ましく、5〜500mg服用できる量がより好ましく、1日あたり、30〜100mg服用できる量がさらに好ましい。1日あたりの服用量は、1〜5回に分けて服用すればよく、3回に分けて服用するのが好ましい。1回あたりの服用量としては、ブチルスコポラミン臭化物として、1回10〜20mgが好ましく、10mgと20mgがさらに好ましい。
【0021】
また、前記医薬組成物中に含まれるロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、ブチルスコポラミン臭化物を0.01〜100質量部含有するものが好ましく、0.02〜20質量部含有するものがより好ましい。
また、医薬組成物中のブチルスコポラミン臭化物の含有量としては、医薬組成物全質量に対し、1〜20質量%含有するものが好ましく、2〜15質量%含有するものがより好ましく、3〜13質量%含有するものがさらに好ましく、4〜13質量%含有するものが特に好ましい。
【0022】
また、前記医薬組成物は、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物に加えて、キサンチン誘導体、トラネキサム酸又はその塩、ケイ酸化合物、炭酸化合物、リン酸化合物、水酸化物、金属酸化物及びセルロース誘導体又はその塩からなる群より選ばれる1種又は2種以上を含有していてもよい。これによって、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物との相互作用が更に抑制される。
【0023】
本発明の医薬製剤で用いられるキサンチン誘導体としては、下記一般式(I)で表される化合物が好ましい。
【0024】
【化1】

【0025】
[式中、R1及びR2は各々独立して水素原子又はメチル基を示す。R3は水素原子、メチル基、モノヒドロキシプロピル基又はジヒドロキシプロピル基を示す。]
【0026】
上記R3において、モノヒドロキシプロピル基としては、2−ヒドロキシプロピル基が好ましい。また、ジヒドロキシプロピル基としては、2,3−ジヒドロキシプロピル基が好ましい。
【0027】
なお、上記一般式(I)において、
(1)R1がメチル基であり、R2がメチル基であり、R3がメチル基であるものは、カフェインを意味するものである。
(2)R1がメチル基であり、R2がメチル基であり、R3が水素原子であるものは、テオフィリンを意味するものである。
(3)R1が水素原子であり、R2がメチル基であり、R3がメチル基であるものは、テオブロミンを意味するものである。
(4)R1がメチル基であり、R2が水素原子であり、R3がメチル基であるものは、パラキサンチンを意味するものである。
(5)R1がメチル基であり、R2がメチル基であり、R3が2−ヒドロキシプロピル基であるものは、プロキシフィリンを意味するものである。
(6)R1がメチル基であり、R2がメチル基であり、R3が2,3−ジヒドロキシプロピル基であるものは、ジプロフィリンを意味するものである。
【0028】
一般式(I)の化合物、とりわけ上述の化合物は公知であり、本発明においては、公知の方法により製造したもののほか、市販のものを用いることができる。
また、前記カフェインやテオフィリンとしては、複塩を形成したもの(安息香酸ナトリウムカフェイン(安息香酸ナトリウムとカフェインの複塩)、アミノフィリン(テオフィリンとエチレンジアミンとの複塩))等を用いることもできる。
【0029】
本発明の医薬製剤で用いられるキサンチン誘導体としては、医薬組成物を解熱鎮痛剤や総合感冒薬等として利用した場合の観点から、カフェイン類が好ましい。当該カフェイン類としては、カフェイン水和物、無水カフェイン、安息香酸ナトリウムカフェイン、クエン酸カフェインが好適な具体例として挙げられる。これらの中でも、カフェイン水和物、無水カフェイン、安息香酸ナトリウムカフェインがより好ましい。
【0030】
また、前記医薬組成物中のキサンチン誘導体の含有量は、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量を適宜検討して決定すればよいが、1日あたり、10〜1000mg服用できる量が好ましく、20〜800mg服用できる量がより好ましく、40〜600mg服用できる量がさらに好ましい。
【0031】
また、医薬組成物中のキサンチン誘導体の含有量は、医薬組成物全質量に対し、2〜90質量%含有するものが好ましく、10〜85質量%含有するものがより好ましく、20〜80質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩とキサンチン誘導体との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、キサンチン誘導体を、0.03〜100質量部含有するものが好ましく、0.08〜27質量部含有するものがより好ましく、0.2〜10質量部含有するものがさらに好ましい。
【0032】
また、本発明の医薬製剤で用いられるトラネキサム酸又はその塩には、トラネキサム酸そのもののほか、トラネキサム酸の薬学上許容される塩、さらにはトラネキサム酸やその薬学上許容される塩と水やアルコール等との溶媒和物も含まれる。これらは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。本発明においては、トラネキサム酸又はその塩としては、医薬組成物を解熱鎮痛剤や総合感冒薬等として利用した場合の観点から、トラネキサム酸が好ましく、日本薬局方トラネキサム酸が好ましい。
【0033】
前記医薬組成物中のトラネキサム酸又はその塩の含有量は、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、トラネキサム酸のフリー体換算で50〜2000mg服用できる量が好ましく、70〜750mg服用できる量がより好ましく、400〜750mg服用できる量がさらに好ましい。
【0034】
また、医薬組成物中のトラネキサム酸又はその塩の含有量としては、医薬組成物全質量に対し、10〜95質量%含有するものが好ましく、30〜85質量%含有するものがより好ましく、40〜80質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩とトラネキサム酸又はその塩との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、トラネキサム酸又はその塩を、トラネキサム酸のフリー体換算で0.1〜200質量部含有するものが好ましく、0.2〜25質量部含有するものがより好ましく、2〜12.5質量部含有するものがさらに好ましい。
【0035】
また、本発明の医薬製剤で用いられるケイ酸化合物としては、ケイ酸化合物そのものの他、ケイ酸化合物の塩が挙げられる。斯かるケイ酸化合物の塩としては、無機塩が好ましい。
また、上記無機塩としては、金属塩が挙げられ、斯かる金属イオンを構成する金属としては、マグネシウム、カルシウム等のアルカリ土類金属;ナトリウム等のアルカリ金属;アルミニウム等の13属の金属等が挙げられる。
上述のようなケイ酸化合物の具体例としては、合成ケイ酸アルミニウム、含水ケイ酸マグネシウム、含水ケイ酸マグネシウム(天然)、合成ケイ酸マグネシウムナトリウム、含水二酸化ケイ素、ケイ酸アルミン酸マグネシウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸マグネシウムアルミニウム、軽質無水ケイ酸、ケイソウ土、二酸化ケイ素、ベントナイト、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム等が挙げられる。これらは単独で用いてもよく、2種以上組み合せて用いてもよい。なお、これらは公知の物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
上述のようなケイ酸化合物の中でも、含水二酸化ケイ素、含水ケイ酸マグネシウム、含水ケイ酸マグネシウム(天然)等の含水ケイ酸化合物又はその塩;軽質無水ケイ酸等の軽質無水ケイ酸又はその塩;二酸化ケイ素、ケイ酸カルシウム、ケイ酸アルミン酸マグネシウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム等のケイ酸又はその塩が好ましい。これらの中でも、含水ケイ酸化合物の塩、軽質無水ケイ酸、ケイ酸塩がより好ましい。
【0036】
また、前記医薬組成物中のケイ酸化合物の含有量は特に限定されず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよい。例えば、ケイ酸化合物を、1日あたり、1〜1500mg服用できる量が好ましく、5〜1000mg服用できる量がより好ましく、10〜500mg服用できる量がさらに好ましい。
【0037】
また、医薬組成物中のケイ酸化合物の含有量としては、医薬組成物全質量に対し、0.05〜80質量%含有するものが好ましく、0.1〜60質量%含有するものがより好ましく、0.2〜55質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩とケイ酸化合物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、ケイ酸化合物を0.003〜150質量部含有するものが好ましく、0.02〜35質量部含有するものがより好ましく、0.05〜10質量部含有するものがさらに好ましい。
【0038】
本発明の医薬製剤で用いられる炭酸化合物しては、炭酸カリウム、炭酸マグネシウム、水酸化アルミニウム・炭酸マグネシウム混合乾燥ゲル、水酸化アルミニウム・炭酸マグネシウム・炭酸カルシウム共沈生成物、炭酸カルシウム、沈降炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸水素ナトリウム水和物、炭酸水素カリウム、水酸化アルミニウム・炭酸水素ナトリウム共沈生成物等の他、烏賊骨、石決明、牡蠣等が挙げられる。なお、これらは公知の化合物等であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
これらの中でも、アルカリ金属(ナトリウム、カリウム等)やアルカリ土類金属(マグネシウム、カルシウム等)等の金属のイオンと炭酸イオン又は炭酸水素イオンとから構成される塩、斯様な塩の水和物、共沈生成物等が好ましく、アルカリ土類金属イオンと炭酸イオンとから構成される塩又はその共沈生成物がより好ましい。
また、前記医薬組成物中の炭酸化合物の含有量は特に限定されず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよい。1日あたり、炭酸化合物を1〜1500mg服用できる量が好ましく、5〜1000mg服用できる量がより好ましく、10〜500mg服用できる量がさらに好ましい。
【0039】
また、医薬組成物中の炭酸化合物の含有量は、医薬組成物全質量に対し、0.05〜80質量%含有するものが好ましく、0.1〜60質量%含有するものがより好ましく、0.2〜55質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩と炭酸化合物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、炭酸化合物を0.003〜150質量部含有するものが好ましく、0.02〜35質量部含有するものがより好ましく、0.05〜10質量部含有するものがさらに好ましい。
【0040】
本発明の医薬製剤で用いられるリン酸化合物としては、アルカリ金属(ナトリウム、カリウム等)やアルカリ土類金属(マグネシウム、カルシウム等)等の金属のイオンと、リン酸イオン、リン酸(一)水素イオン、リン酸二水素イオン、グリセロリン酸イオン又はピロリン酸イオンとから構成される塩や、斯様な塩の水和物等が挙げられる。斯様なリン酸化合物の具体例としては、リン酸水素カルシウム、無水リン酸水素カルシウム、ピロリン酸四ナトリウム、リン酸三ナトリウム、リン酸水素ナトリウム水和物、無水ピロリン酸ナトリウム、無水リン酸一水素ナトリウム、グリセロリン酸カルシウム等の他、烏賊骨、牡蠣等が挙げられる。なお、これらは公知の化合物等であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
上述のようなリン酸化合物の中でも、アルカリ土類金属イオンとリン酸水素イオンとから構成される塩が好ましい。
また、前記医薬組成物中のリン酸化合物の含有量は特に限定されず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよい。1日あたり、炭酸化合物を1〜1500mg服用できる量が好ましく、5〜1000mg服用できる量がより好ましく、10〜500mg服用できる量がさらに好ましい。
【0041】
また、医薬組成物中のリン酸化合物の含有量は、医薬組成物全質量に対し、0.05〜80質量%含有するものが好ましく、0.1〜60質量%含有するものがより好ましく、0.2〜55質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩とリン酸化合物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、リン酸化合物を0.003〜150質量部含有するものが好ましく、0.02〜35質量部含有するものがより好ましく、0.05〜10質量部含有するものがさらに好ましい。
【0042】
本発明の医薬製剤で用いられる水酸化物としては、ジヒドロキシアルミニウム・アミノ酢酸塩(アルミニウムグリシネート)、水酸化アルミナマグネシウム、水酸化アルミニウム、水酸化アルミニウムゲル、水酸化ナトリウム、水酸化マグネシウム、乾燥水酸化アルミニウム、水酸化アルミニウム・炭酸水素ナトリウム共沈生成物、水酸化アルミニウム・炭酸マグネシウム混合乾燥ゲル、水酸化アルミニウム・炭酸マグネシウム・炭酸カルシウム共沈生成物、水酸化マグネシウム・硫酸アルミニウムカリウムの共沈生成物等が挙げられる。これらは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
これらの中でも、金属イオンと水酸化物イオンとから構成される塩、斯様な塩の共沈生成物や(乾燥)ゲルが好ましい。上記金属としては、アルカリ金属(ナトリウム、カリウム等);アルカリ土類金属(マグネシウム、カルシウム等);13属の金属(アルミニウム等)等が挙げられるが、アルカリ土類金属が好ましい。
また、前記医薬組成物中の水酸化物の含有量は特に限定されず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよい。1日あたり、水酸化物を1〜1500mg服用できる量が好ましく、5〜1000mg服用できる量がより好ましく、10〜500mg服用できる量がさらに好ましい。
【0043】
また、医薬組成物中の水酸化物の含有量としては、医薬組成物全質量に対し、0.05〜80質量%含有するものが好ましく、0.1〜60質量%含有するものがより好ましく、0.2〜55質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩と水酸化物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、水酸化物を0.003〜150質量部含有するものが好ましく、0.02〜35質量部含有するものがより好ましく、0.05〜10質量部含有するものがさらに好ましい。
【0044】
本発明の医薬製剤で用いられる金属酸化物としては、酸化アルミニウム、酸化マグネシウム、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、褐色酸化鉄、黒酸化鉄、三二酸化鉄、合成ヒドロタルサイト等が挙げられる。なお、これらは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
また、上記金属酸化物における金属としては、アルカリ土類金属(マグネシウム、カルシウム等);遷移金属(チタン、鉄等)、13属の金属(アルミニウム等)等が挙げられる。
【0045】
また、前記医薬組成物中の金属酸化物の含有量は特に限定されず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよい。1日あたり、金属酸化物を0.01〜800mg服用できる量が好ましく、0.1〜600mg服用できる量がより好ましく、1〜400mg服用できる量がさらに好ましい。
また、医薬組成物中の金属酸化物の含有量は、医薬組成物全質量に対し、0.0002〜80質量%含有するものが好ましく、0.002〜60質量%含有するものがより好ましく、0.02〜55質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩と金属酸化物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、金属酸化物を0.00003〜80質量部含有するものが好ましく、0.0004〜20質量部含有するものがより好ましく、0.005〜7質量部含有するものがさらに好ましい。
【0046】
本発明の医薬製剤で用いられるセルロース誘導体又はその塩としては、セルロースそのものの他、セルロース中のヒドロキシ基をエーテル化したもの、エーテル化したセルロースのエステル、これらの架橋重合物やそれらの塩等が挙げられる。また、斯かる塩としては、アルカリ金属塩(ナトリウム塩、カリウム塩等)、アルカリ土類金属塩(カルシウム塩等)等の金属塩が挙げられる。
【0047】
具体的には、結晶セルロース、粉末セルロース等のセルロース;カルメロース、カルメロースカリウム、カルメロースカルシウム、カルメロースナトリウム等のカルボキシアルキルセルロース又はその塩;クロスカルメロースナトリウム等のカルボキシアルキルセルロース誘導体又はその塩;ヒドロキシエチルセルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、(低置換度でない)ヒドロキシプロピルセルロース等のヒドロキシアルキルセルロース;ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース2208、ヒドロキシプロピルメチルセルロース2906、ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910等)等のヒドロキシアルキルアルキルセルロース;ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート等のヒドロキシアルキルアルキルセルロース誘導体等が挙げられる。また、上記カルボキシアルキルセルロース、カルボキシアルキルセルロース誘導体、ヒドロキシアルキルセルロース、ヒドロキシアルキルアルキルセルロース、ヒドロキシアルキルアルキルセルロース誘導体中のアルキル基の炭素数としては、1〜4が好ましい。
なお、これらは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。
【0048】
上記のセルロース誘導体又はその塩の中でも、セルロース、カルボキシアルキルセルロース又はその塩、カルボキシアルキルセルロース誘導体又はその塩、ヒドロキシアルキルセルロース、ヒドロキシアルキルアルキルセルロースが好ましく、ヒドロキシアルキルセルロース、ヒドロキシアルキルアルキルセルロースがより好ましく、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロースがさらに好ましい。
【0049】
また、上記低置換度ヒドロキシプロピルセルロースのヒドロキシプロポキシ基の置換度としては、3〜35%が好ましく、5〜16%がより好ましい。
また、上記ヒプロメロースの、メトキシ基の置換度としては、15〜35%が好ましく、16.5〜30%がより好ましい。一方、ヒドロキシプロポキシ基の置換度としては、3〜35%が好ましく、4〜32%がより好ましい。
また、前記医薬組成物中のセルロース誘導体又はその塩の含有量は特に限定されず、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物の相互作用抑制効果や服用者の性別、年齢、症状等に応じた1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよい。1日あたり、セルロース誘導体又はその塩を1〜1500mg服用できる量が好ましく、5〜1000mg服用できる量がより好ましく、10〜500mg服用できる量がさらに好ましい。
また、セルロース誘導体又はその塩の含有量は、医薬組成物全質量に対し、0.05〜80質量%含有するものが好ましく、0.1〜60質量%含有するものがより好ましく、0.2〜55質量%含有するものがさらに好ましい。セルロース誘導体又はその塩として、ヒドロキシアルキルセルロース、ヒドロキシアルキルアルキルセルロースを用いる場合の含有量は、医薬組成物全質量に対し、0.5〜10質量%含有するものが好ましく、1〜9質量%含有するものがより好ましく、2〜8質量%含有するものがさらに好ましい。
また、ロキソプロフェン又はその塩とセルロース誘導体又はその塩との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、ロキソプロフェン又はその塩1質量部(ロキソプロフェンナトリウム無水和物換算)に対し、セルロース誘導体又はその塩を0.003〜150質量部含有するものが好ましく、0.02〜35質量部含有するものがより好ましく、0.05〜10質量部含有するものがさらに好ましい。
【0050】
また、前記医薬組成物は、第十六改正日本薬局方 製剤総則等に記載の公知の方法にしたがって、公知の製剤添加物を用いることにより、種々の剤形に製剤化することができる。
また、剤形は、特に限定されないが、服用の簡便性や薬物服用量の管理等の観点から、固形製剤が好ましい。固形製剤の具体例としては、例えば、錠剤(口腔内崩壊錠、チュアブル錠、分散錠、溶解錠;トローチ剤、舌下錠、バッカル錠、付着錠、ガム剤等の口腔用錠剤も含む)、カプセル剤、丸剤、顆粒剤、細粒剤、散剤、ドライシロップ剤、経口ゼリー剤等の経口投与製剤や坐剤、膣錠、膣用坐剤等の非経口投与製剤が挙げられるが、経口固形製剤が好ましい。また、前記医薬組成物は、公知の方法により、糖衣やフィルムコーティング等により、被覆されていてもよい。
【0051】
また、後述する実施例に示すように、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とは、接触することによって相互作用が生じる。すなわち、この知見に基づき、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とを実質的に接触しないように含有せしめることにより、当該2成分間の相互作用を改善しうる。
したがって、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を実質的に互いに接しないように含有せしめた医薬組成物を含む医薬製剤;ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を実質的に互いに接しないように含有せしめた医薬組成物に、さらにキサンチン誘導体、トラネキサム酸又はその塩、ケイ酸化合物、炭酸化合物、リン酸化合物、水酸化物、金属酸化物、及びセルロース誘導体又はその塩からなる群より選ばれる1種又は2種以上(以下、キサンチン誘導体等ということもある)を含有せしめた医薬組成物を含む医薬製剤も本発明の態様として挙げることができる。
【0052】
ここで、上記「実質的に互いに接しないように含有する」とは、医薬組成物中、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とが相互作用を発現しない程度に接触しないよう含有することを意味するが、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とが接触しないように含有することが好ましい。
【0053】
実質的に互いに接しないように含有する医薬組成物としては、(A)ロキソプロフェン又はその塩そのもの、若しくはロキソプロフェン又はその塩を含有する固形組成物と、(B)ブチルスコポラミン臭化物そのもの、若しくはブチルスコポラミン臭化物を含有する固形組成物とを含有し、これらの固形組成物を構成する成分によって、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物とが互いに接しないように配置されているものが挙げられる。これらの固形組成物の形態は、粉状、粒状、錠剤状のような形態である。
【0054】
上記固形製剤の具体的な形態として、以下の(イ)−(チ)等を例示することができ、これらは前述のとおり公知の方法、例えば、第十六改正日本薬局方 製剤総則等に記載の公知の方法により、適宜製剤添加物を用いて、製造、製剤化することができる。
【0055】
(イ)ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物のうちいずれか一方を適当な方法で造粒して粒状物とし、これに他方のロキソプロフェン又はその塩又はブチルスコポラミン臭化物を造粒せずに配合して製した散剤や顆粒剤等、並びに当該粒状物を更に適当な方法で被覆した製剤。製剤中、キサンチン誘導体等を含有せしめる場合は、キサンチン誘導体等を当該粒状物中に含有させてもよいし、粒状物とは別に含有させてもよい。
【0056】
(ロ)ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物をそれぞれ適当な方法で別個に造粒して粒状物とし、これらを配合して製した散剤や顆粒剤等、並びに当該粒状物を更に適当な方法で被覆した製剤。製剤中、キサンチン誘導体等を含有せしめる場合は、いずれか一方の粒状物中に含有させてもよいし、両方の粒状物中に含有させてもよいし、また、これら粒状物とは別に含有させて製剤化してもよい。
(ハ)上記(イ)又は(ロ)で製した散剤や顆粒剤等をカプセルに充填したカプセル剤。(ニ)上記(イ)又は(ロ)で製した粒状物等を適当な方法で製錠して得た錠剤。製錠は、圧縮法のほか、適当な方法により一定の形状に成形することでも達成できる。
【0057】
(ホ)ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物が実質的に互いに接触しないように製した多層錠、並びに当該多層錠を更に適当な方法で被覆した製剤。当該多層錠としては、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を、互いに異なる層に位置させたものが好ましく、三層以上の多層錠として、ロキソプロフェン又はその塩を含む層とブチルスコポラミン臭化物を含む層が互いに接しないように位置させたものがより好ましい。なお、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物として、上記(イ)や(ロ)で製した粒状物を用いることができる。多層錠において、キサンチン誘導体等を含有せしめる場合は、ロキソプロフェン又はその塩を含む層、ブチルスコポラミン臭化物を含む層のいずれかに位置させてもよいし、分けて、両方の層に位置させてもよい。さらに、いずれかの層の中間層に位置させてもよい。
(ヘ)ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方を核錠(芯錠、中心錠ともいう)に配置し、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物が実質的に互いに接触しないように製した有核錠、並びに当該有核錠を更に適当な方法で被覆した製剤。なお、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物として、上記(イ)や(ロ)で製した粒状物を用いることができる。有核錠において、キサンチン誘導体等を含有せしめる場合は、核錠に位置させてもよいし、外殻に位置させてもよいし、分けて、核錠と外殻のいずれにも位置させてもよい。
【0058】
(ト)上記(イ)又は(ロ)の粒状物に換えて、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方又は両方をα−シクロデキストリン、β−シクロデキストリンやγ−シクロデキストリン等のシクロデキストリン類等で包接した包接化合物を用いた製剤。製剤中、キサンチン誘導体等を含有せしめる場合は、いずれか一方の包接化合物の近傍に位置させてもよいし、両方の包接化合物の近傍に位置させてもよい。
(チ)ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方を通常の方法で製した製剤中に含有し、糖衣層やフィルムコーティング層を設けた製剤であって、当該糖衣層やコーティング層に他方を含有し、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物が実質的に互いに接しないように製した製剤(剤形が錠剤である場合、糖衣錠やフィルムコーティング錠と称される。)。製剤中、キサンチン誘導体等を含有せしめる場合は、通常の方法で製した製剤中に位置させてもよいし、糖衣層やフィルムコーティング層に位置させてもよいし、分けて、糖衣層やフィルムコーティング層のいずれにも位置させてもよいし、さらには、製剤中、糖衣層及びフィルムコーティング層のいずれにも位置させてもよい。
【0059】
上記(イ)及び(ロ)等における粒状物は、押し出し造粒、転動造粒、撹拌造粒、流動層造粒、噴霧乾燥造粒、破砕造粒、溶融造粒等の公知の造粒方法により、適宜製剤添加物を用いて製すればよい。本発明においては、ロキソプロフェン又はその塩を含有する粒状物、及びブチルスコポラミン臭化物を含有する粒状物のいずれもが同一の造粒方法により製されていてもよいし、相異なる造粒方法により製されていてもよい。
ロキソプロフェン又はその塩を含有する粒状物は、公知の方法に基づき、適当な方法により造粒すれば製することができるが、市販のものを用いることができる。
【0060】
また、前記医薬組成物においては、ロキソプロフェンナトリウム水和物60mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg、結晶セルロース適量、カルボキシメチルセルロースカルシウム10mg及びステアリン酸マグネシウム1mgを含有し、全質量が150mgであるカプセル剤以外のものが、好ましい。
【0061】
また、前記医薬組成物は、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物やキサンチン誘導体等以外の薬物、例えば、解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、鎮咳剤、ノスカピン類、気管支拡張剤、去痰剤、催眠鎮静剤、ビタミン類、抗炎症剤、胃粘膜保護剤、抗コリン剤、生薬類、漢方処方等からなる群より選ばれる1種又は2種以上を含んでいてもよい。
【0062】
解熱鎮痛剤としては、例えば、アスピリン、アスピリンアルミニウム、イブプロフェン、イソプロピルアンチピリン、エテンザミド、サザピリン、サリチルアミド、サリチル酸ナトリウム、チアラミド塩酸塩、ラクチルフェネチジン等が挙げられる。
【0063】
抗ヒスタミン剤としては、例えば、アゼラスチン塩酸塩、アリメマジン酒石酸塩、イソチペンジル塩酸塩、イプロヘプチン塩酸塩、エピナスチン塩酸塩、エメダスチンフマル酸塩、カルビノキサミンジフェニルジスルホン酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、dl−クロルフェニラミンマレイン酸塩、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、ケトチフェンフマル酸塩、ジフェテロール塩酸塩、ジフェテロールリン酸塩、ジフェニルピラリン塩酸塩、ジフェニルピラリンテオクル酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、ジフェンヒドラミンタンニン酸塩、トリプロリジン塩酸塩、トリペレナミン塩酸塩、トンジルアミン塩酸塩、フェネタジン塩酸塩、プロメタジン塩酸塩、プロメタジンメチレン二サリチル酸塩、メキタジン、メトジラジン塩酸塩、メブヒドロリンナパジシル酸塩、エメダスチンフマル酸塩等が挙げられる。
【0064】
鎮咳剤としては、例えば、アロクラミド塩酸塩、エプラジノン塩酸塩、カルベタペンタンクエン酸塩、クロペラスチン塩酸塩、クロペラスチンフェンジゾ酸塩、コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、ジブナートナトリウム、ジメモルファンリン酸塩、デキストロメトルファン臭化水素酸塩、デキストロメトルファン・フェノールフタリン塩、チペピジンクエン酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩等が挙げられる。
【0065】
ノスカピン類としては、例えば、ノスカピン塩酸塩、ノスカピン等が挙げられる。
【0066】
気管支拡張剤としては、例えば、トリメトキノール塩酸塩、フェニルプロパノールアミン塩酸塩、フェニレフリン塩酸塩、プソイドエフェドリン塩酸塩、プソイドエフェドリン硫酸塩、メチルエフェドリン、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、l−メチルエフェドリン塩酸塩、dl−メチルエフェドリンサッカリン塩、メトキシフェナミン塩酸塩等が挙げられる。
【0067】
去痰剤としては、例えば、アンブロキソール塩酸塩、アンモニア・ウイキョウ精、エチルシステイン塩酸塩、塩化アンモニウム、カルボシステイン、グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウム、クレゾールスルホン酸カリウム、ブロムヘキシン塩酸塩、メチルシステイン塩酸塩、l−メントール、リゾチーム塩酸塩等が挙げられる。
催眠鎮静剤としては、例えば、アリルイソプロピルアセチル尿素やブロムワレリル尿素等が挙げられる。
【0068】
ビタミン類としては、例えば、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ヘスペリジン及びその誘導体並びにそれらの塩類(例えば、チアミン、チアミン塩化物塩酸塩、チアミン硝化物、ジセチアミン塩酸塩、セトチアミン塩酸塩、フルスルチアミン、フルスルチアミン塩酸塩、オクトチアミン、シコチアミン、チアミンジスルフィド、ビスイブチアミン、ビスベンチアミン、プロスルチアミン、ベンフォチアミン、リボフラビン、リボフラビンリン酸エステル、リボフラビン酪酸エステル、リン酸リボフラビンナトリウム、パンテノール、パンテチン、パントテン酸カルシウム、パントテン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩、ピリドキサールリン酸エステル、シアノコバラミン、メコバラミン、アスコルビン酸、アスコルビン酸ナトリウム、アスコルビン酸カルシウム、ヘスペリジン等)等が挙げられる。
【0069】
抗炎症剤としては、例えば、グリチルリチン酸及びその誘導体並びにそれらの塩類(例えば、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸モノアンモニウム等)、セアプローゼ、セミアルカリプロティナーゼ、セラペプターゼ、プロクターゼ、プロナーゼ、ブロメライン等が挙げられる。
【0070】
胃粘膜保護剤としては、例えば、アミノ酢酸、アルジオキサ、ゲファルナート、スクラルファート、セトラキサート塩酸塩、ソファルコン、テプレノン、銅クロロフィリンカリウム、銅クロロフィリンナトリウム、メチルメチオニンスルホニウムクロリド等が挙げられる。
【0071】
抗コリン薬としては、例えば、オキシフェンサイクリミン塩酸塩、ジサイクロミン塩酸塩、メチキセン塩酸塩、スコポラミン臭化水素酸塩、ダツラエキス、チペピジウム臭化物、メチルアトロピン臭化物、メチルアニソトロピン臭化物、メチルスコポラミン臭化物、メチル−l−ヒヨスチアミン臭化物、メチルベナクチジウム臭化物、ピレンゼピン塩酸塩、ベラドンナアルカロイド、ベラドンナエキス、ベラドンナ総アルカロイド、ヨウ化イソプロパミド、ヨウ化ジフェニルピペリジノメチルジオキソラン、ロートエキス、ロート根、ロート根総アルカロイドクエン酸塩等が挙げられる。
【0072】
生薬類としては、例えば、アカメガシワ(赤芽柏)、アセンヤク(阿仙薬)、インヨウカク(淫羊霍)、ウイキョウ(茴香)、ウコン(鬱金)、エンゴサク(延胡索)、エンメイソウ(延命草)、オウゴン(黄岑)、オウセイ(黄精)、オウバク(黄柏)、オウヒ(桜皮)、オウレン(黄連)、オンジ(遠志)、ガジュツ(我朮)、カノコソウ(鹿子草)、カミツレ、カロニン(か楼仁)、カンゾウ(甘草)、キキョウ(桔梗)、キョウニン(杏仁)、クコシ(枸杞子)、クコヨウ(枸杞葉)、ケイガイ(荊芥)、ケイヒ(桂皮)、ケツメイシ(決明子)、ゲンチアナ、ゲンノショウコ(現証拠)、コウブシ(香附子)、ゴオウ(牛黄)、ゴミシ(五味子)、サイシン(細辛)、サンショウ(山椒)、シオン(紫苑)、ジコッピ(地骨皮)、シャクヤク(芍薬)、ジャコウ(麝香)、シャジン(沙参)、シャゼンシ(車前子)、シャゼンソウ(車前草)、獣胆(ユウタン(熊胆)を含む)、ショウキョウ(生姜)、ジリュウ(地竜)、シンイ(辛夷)、セキサン(石蒜)、セネガ、センキュウ(川きゅう)、ゼンコ(前胡)、センブリ(千振)、ソウジュツ(蒼朮)、ソウハクヒ(桑白皮)、ソヨウ(蘇葉)、タイサン(大蒜)、チクセツニンジン(竹節人参)、チョウジ(丁子)、チンピ(陳皮)、トウキ(当帰)、トコン(吐根)、ナンテンジツ(南天実)、ニンジン(人参)、バイモ(貝母)、バクモンドウ(麦門冬)、ハッカ(薄荷)、ハンゲ(半夏)、バンコウカ(番紅花)、ハンピ(反鼻)、ビャクシ(白し)、ビャクジュツ(白朮)、ブクリョウ(茯苓)、ボタンピ(牡丹皮)、マオウ(麻黄)、ロクジョウ(鹿茸)等の生薬及びこれらの抽出物(エキス、チンキ、乾燥エキス等)等が挙げられる。
【0073】
漢方処方としては、例えば、葛根湯、桂枝湯、香蘇散、柴胡桂枝湯、小柴胡湯、小青竜湯、麦門冬湯、半夏厚朴湯、麻黄湯等が挙げられる。
【0074】
また、前述の医薬組成物はロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物を含むため、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物以外の薬物としては、イソプロピルアンチピリン、エテンザミド等の解熱鎮痛剤、メチルメチオニンスルホニウムクロリド等の胃粘膜保護剤等の薬物が好ましいものとして挙げられる。これによって、解熱鎮痛剤等として特に有用となる。前述の医薬組成物の効能・効果としては、頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱、かぜの諸症状(のどの痛み、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和等が挙げられる。
【0075】
また、本発明の医薬製剤としては、前記医薬組成物と前記乾燥剤とが容器中に含まれているものが好ましい。
本発明の医薬製剤に用いられる容器は、食品、サプリメント、医薬品や健康食品等の容器として使用可能なものであれば特に限定されないが、定形容器、不定形容器のいずれも用いることができ、密閉可能なものが好ましい。当該定形容器としては、例えば、瓶、缶、箱等が挙げられる。不定形容器としては、例えば、袋(ピロー包装、スティック包装、PTP包装、SP包装等)等が挙げられる。これら容器のうち、具体的には瓶、袋が好ましい。
容器の形成部材は、特に限定されるものではなく、例えば、紙、ガラス、樹脂若しくは樹脂フィルム、又は金属若しくは金属フィルム等の部材を挙げることができ、これら部材を適宜組み合わせた複合構造や多層構造としたものでもよい。また、紙などの透湿性を有する部材については透湿防止処理が施されていることが好ましい。当該容器は透明、半透明、不透明のいずれでもよい。
本発明に用いられる、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物及び乾燥剤を容器中へ収納する方法は、特に限定されるものではなく、いずれをも容器内へ投入等の適当な手段により配置することで達成できる。
容器内への収納は、例えば、容器が瓶の場合、乾燥剤(好ましくは、円柱状(錠剤型))を瓶内に配置、又は瓶蓋の裏側(内キャップ)に格納するとともに、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を瓶内に格納する等により達成できる。瓶内に格納するに際して、ロキソプロフェン又はその塩、及びシクロアルカン誘導体又はその塩を含む医薬組成物は、その剤形が固形製剤であるものが好ましい。
また、容器が袋の場合は、乾燥剤(好ましくは、板状や袋状のシート型)とロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を袋内に格納する等により達成できる。袋内に格納するに際して、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物は、その剤形が固形製剤であるものが好ましい。
さらに、ロキソプロフェン又はその塩、及びブチルスコポラミン臭化物を含む固形製剤をSP包装、PTP包装や袋等により一旦包装し、次いで包装された固形製剤と乾燥剤を袋に同封した形態とすることもできる。例えば、スティック包装、SP包装又はPTP包装した、ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含有する固形製剤と、ピロー包装又はスティック包装された乾燥剤とを含む形態が挙げられる。より具体的には、SP包装又はPTP包装した前記固形製剤と、板状や袋状のシート型乾燥剤とを併せてピロー包装する形態等が挙げられる。さらに当該ピロー包装形態のものは箱等に格納されてもよい。
【0076】
そして、本発明の医薬製剤は、乾燥剤を含むことによって。医薬組成物中のロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物との相互作用が抑制されており、保存安定性に優れる。
【実施例】
【0077】
以下に実施例を挙げて本発明を詳細に説明するが、本発明はこれら実施例に何ら限定されるものではない。
【0078】
試験例1 相互作用の検討(1)
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部及びブチルスコポラミン臭化物30質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、60℃で保存した(参考例1)。比較対照として、ロキソプロフェンナトリウム水和物単独(対照例1)、ブチルスコポラミン臭化物単独(対照例2)をそれぞれ同様にしてガラス瓶に入れ、60℃で保存した。
これら参考例1並びに対照例1及び2について、保存開始直後、1日後、2日後及び1週間後のガラス瓶内の状態をそれぞれ評価した。結果を表1に示した。
【0079】
【表1】

【0080】
表1に示すように、ロキソプロフェンナトリウム水和物及びブチルスコポラミン臭化物のうちいずれかを単独で保存したものには変化は生じず、白色粉体のままであった(対照例1及び2)。
これに対し、ロキソプロフェンナトリウム水和物及びブチルスコポラミン臭化物の混合物を保存すると、混合物は1日後には固化した(参考例1)。
このことから、混合物の状態変化は、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物が相互作用を生じた結果であることが判明した。
【0081】
試験例2 相互作用の検討(2)
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部及びブチルスコポラミン臭化物30質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、60℃で保存した(参考例2)。
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部及びブチルスコポラミン臭化物30質量部の混合物に加えて、さらに乾燥剤として合成ゼオライト(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)234.3質量部をガラス瓶に入れ、60℃で保存した(実施例1)。
そして、参考例2及び実施例1について、保存開始直後、1日後、2日後、1週間後のガラス瓶内の状態をそれぞれ評価した。結果を表2に示した。
【0082】
【表2】

【0083】
表2から明らかなように、ロキソプロフェンナトリウム水和物及びブチルスコポラミン臭化物の混合物を60℃で1週間保存後の状態を確認すると、試験例1と同様に、相互作用が生じた結果、混合物は1日後には固化した状態となった(参考例2)。
これに対し、混合物に加えて乾燥剤を入れた場合は(実施例1)、ロキソプロフェンナトリウム水和物とブチルスコポラミン臭化物との相互作用が抑制され、混合物が1週間経過しても固化せずに、粉末状態が保持されていた。
【0084】
試験例3 相互作用の検討(3)
以下の参考例3〜17の組成物を得、それぞれガラス瓶に入れ、60℃で保存した。
参考例3:ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部及びブチルスコポラミン臭化物30質量部を混合し、組成物を得た。
参考例4:ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ブチルスコポラミン臭化物30質量部及び無水カフェイン250質量部を混合し、組成物を得た。
参考例5:無水カフェインをトラネキサム酸750質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例6:無水カフェインをケイ酸アルミン酸マグネシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例7:無水カフェインをメタケイ酸アルミン酸マグネシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例8:無水カフェインをケイ酸カルシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例9:無水カフェインを軽質無水ケイ酸234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例10:無水カフェインを含水ケイ酸マグネシウム(天然)234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例11:無水カフェインを沈降炭酸カルシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例12:無水カフェインを無水リン酸水素カルシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例13:無水カフェインを水酸化マグネシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例14:無水カフェインを酸化マグネシウム234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例15:無水カフェインを酸化チタン234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例16:無水カフェインを低置換度ヒドロキシプロピルセルロース234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
参考例17:無水カフェインをヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910)234.3質量部に替えた以外は参考例4と同様にして組成物を得た。
そして、上記参考例3〜17の組成物について、保存開始直後、1日後、2日後及び1週間後のガラス瓶内の状態をそれぞれ評価した。結果を表3に示した。
【0085】
【表3】

【0086】
表3から明らかなように、ロキソプロフェンナトリウム水和物及びブチルスコポラミン臭化物の混合物を60℃で1週間保存後の状態を確認すると、試験例1と同様に、相互作用が生じた結果、混合物は1日後には固化した状態となった(参考例3)。
これに対し、ロキソプロフェンナトリウム水和物及びブチルスコポラミン臭化物の混合物に加えて、無水カフェイン(参考例4)、トラネキサム酸(参考例5)、ケイ酸アルミン酸マグネシウム(参考例6)、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム(参考例7)、ケイ酸カルシウム(参考例8)、軽質無水ケイ酸(参考例9)、含水ケイ酸マグネシウム(天然)(参考例10)、沈降炭酸カルシウム(参考例11)、無水リン酸水素カルシウム(参考例12)、水酸化マグネシウム(参考例13)、酸化マグネシウム(参考例14)、酸化チタン(参考例15)、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(参考例16)、又はヒプロメロース(参考例17)を含む組成物は、1週間後においても保存開始直後の状態を保ち、変化が生じなかった。
したがって、ロキソプロフェン又はその塩とブチルスコポラミン臭化物間に生じる相互作用を、キサンチン誘導体、トラネキサム酸又はその塩、ケイ酸化合物、炭酸化合物、リン酸化合物、水酸化物、金属酸化物及びセルロース誘導体又はその塩が抑制することが判明した。
【0087】
製造例1
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部ヒプロメロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部、軽質無水ケイ酸8.1質量部及び結晶セルロース235.2質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部及び乳糖水和物235.2質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg服用することができる錠剤を得た。
【0088】
製造例2
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部ヒプロメロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部、軽質無水ケイ酸8.1質量部及び結晶セルロース質量部17.1を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、トラネキサム酸420質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部及び乳糖水和物17.1質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にタルク32.4質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、トラネキサム酸を420mg服用することができる錠剤を得た。
【0089】
製造例3
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒプロメロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部、軽質無水ケイ酸8.1質量部及び結晶セルロース115.2質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、無水カフェイン240質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部及び乳糖水和物115.2質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、無水カフェインを240mg含有する錠剤を得た。
【0090】
製造例4
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒプロメロース16.2質量部、カルメロース24.3質量部、ケイ酸カルシウム8.1質量部及び結晶セルロース34.7質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、無水カフェイン240質量部、アリルイソプロピルアセチル尿素180質量部、硬化油16.2質量部及びD−マンニトール40質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、無水カフェイン240mg、アリルイソプロピルアセチル尿素を180mg含有する錠剤を得た。
【0091】
製造例5
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルメロースカルシウム24.3質量部、ケイ酸カルシウム8.1質量部及び結晶セルロース25.2質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、トラネキサム酸420質量部、アリルイソプロピルアセチル尿素180質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスポビドン24.3質量部及び乳糖水和物25.2質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、トラネキサム酸420mg、アリルイソプロピルアセチル尿素を180mg含有する錠剤を得た。
【0092】
製造例6
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部、含水二酸化ケイ素8.1質量部及び結晶セルロース194.7質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部及び乳糖水和物200質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100mg含有する錠剤を得た。
【0093】
製造例7
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース24.3質量部、ケイ酸カルシウム8.1質量部及び結晶セルロース170.4質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、無水リン酸水素カルシウム100質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスポビドン24.3質量部及び乳糖水和物200質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、無水リン酸水素カルシウムを100mg含有する錠剤を得た。
【0094】
製造例8
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルボキシメチルスターチナトリウム24.3質量部、ケイ酸カルシウム8.1質量部及び結晶セルロース50.4質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、トラネキサム酸750質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルメロースカルシウム24.3質量部及び乳糖水和物60質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、トラネキサム酸を750mg服用することができる錠剤を得た。
【0095】
製造例9
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルメロース24.3質量部、カルナウバロウ8.1質量部及び結晶セルロース4.4質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、トラネキサム酸750質量部、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部及び乳糖水和物6質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、トラネキサム酸を750mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100mg服用することができる錠剤を得た。
【0096】
製造例10
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部、軽質無水ケイ酸8.1質量部及び結晶セルロース65.2質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、無水カフェイン240質量部、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルメロースカルシウム24.3質量部及び乳糖水和物65.2質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、無水カフェインを240mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100mg含有する錠剤を得た。
【0097】
製造例11
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、クロスカルメロースナトリウム24.3質量部、軽質無水ケイ酸8.1質量部及び乳糖水和物95.2質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、アリルイソプロピルアセチル尿素180質量部、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース24.3質量部及び結晶セルロース95.2質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、アリルイソプロピルアセチル尿素180mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100mg含有する錠剤を得た。
【0098】
製造例12
ロキソプロフェンナトリウム水和物204.3質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルメロースカルシウム24.3質量部、ケイ酸カルシウム8.1質量部及び結晶セルロース185.2質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物30質量部、無水リン酸水素カルシウム100質量部、ヒドロキシプロピルセルロース16.2質量部、カルメロースカルシウム24.3質量部及び乳糖水和物185.2質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にステアリン酸マグネシウム16.2質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1日当たりロキソプロフェンナトリウム水和物を204.3mg、ブチルスコポラミン臭化物を30mg、無水リン酸水素カルシウム100mg含有する錠剤を得た。
【0099】
製造例13
ヒプロメロース23.1質量部及びマクロゴール6000 0.9質量部を精製水240質量部に溶解させ、これに酸化チタン0.3質量部およびタルク5.7質量部を分散させて、フィルムコーティング液を調製した。コーティング装置を用いて、製造例1〜12で得た錠剤(素錠)1錠当たり10mgのフィルム層を有するように、前述のフィルムコーティング液を噴霧し、剤皮を施した。次いで、カルナウバロウ(微量)で艶出しを施し、製造例1〜12で得た各錠剤につき、それぞれフィルムコーティング錠を得た。
【0100】
実施例2
製造例1で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0101】
実施例3
製造例2で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0102】
実施例4
製造例3で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0103】
実施例5
製造例4で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0104】
実施例6
製造例5で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0105】
実施例7
製造例6で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0106】
実施例8
製造例7で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0107】
実施例9
製造例8で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0108】
実施例10
製造例9で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0109】
実施例11
製造例10で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0110】
実施例12
製造例11で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0111】
実施例13
製造例12で得た錠剤30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0112】
実施例14
製造例13で得た、製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠30錠及び合成ゼオライト1g(新越化成工業製:商品名 MS−W1506)をガラス瓶(3K規格瓶)に入れ、医薬製剤を製した。
【0113】
実施例15
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例2の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0114】
実施例16
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例3の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0115】
実施例17
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例4の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0116】
実施例18
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例5の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0117】
実施例19
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例6の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0118】
実施例20
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例7の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0119】
実施例21
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例8の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0120】
実施例22
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例9の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0121】
実施例23
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例10の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0122】
実施例24
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例11の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【0123】
実施例25
製造例1の錠剤のフィルムコーティング錠に替えて、製造例13で得た、製造例12の錠剤のフィルムコーティング錠を用いた以外は、実施例14と同様にして医薬製剤を製した。
【産業上の利用可能性】
【0124】
本発明によれば、保存安定なロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を提供することができる。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物と、乾燥剤とを含有する医薬製剤。
【請求項2】
ロキソプロフェン又はその塩及びブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物と、乾燥剤とを容器中に含有する医薬製剤。
【請求項3】
ロキソプロフェン又はその塩が、ロキソプロフェンナトリウム水和物である請求項1又は2記載の医薬製剤。
【請求項4】
ロキソプロフェン又はその塩の含有量が、1日あたりの服用量として、ロキソプロフェンナトリウム無水物換算で、10〜300mgである請求項1〜3のいずれか1項に記載の医薬製剤。
【請求項5】
ブチルスコポラミン臭化物の含有量が、1日あたりの服用量として、3〜1000mgである請求項1〜4のいずれか1項に記載の医薬製剤。
【請求項6】
医薬組成物の剤形が固形製剤である請求項1〜5のいずれか1項に記載の医薬製剤。

【公開番号】特開2012−254977(P2012−254977A)
【公開日】平成24年12月27日(2012.12.27)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−113903(P2012−113903)
【出願日】平成24年5月18日(2012.5.18)
【出願人】(000163006)興和株式会社 (618)
【Fターム(参考)】