喫煙所及び喫煙可能箇所の参加型地図サイト

【課題】携帯端末・パソコンからアクセスする地図サイトで、喫煙者にとって必要である、喫煙所・喫煙可能箇所等、より喫煙者にとって、有益な情報を提供する。
【解決手段】地図サイトで配信者からの情報を享受するに留まらず、喫煙者である利用者自らがパソコン及び、携帯端末を通じて地図サイトの閲覧及び作成へと参加することにより、従来にはなかった双方的な地図作成が出来る。其の事により、喫煙所・喫煙可能箇所等、より喫煙者にとって、有益な情報を提供することが出来る。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、喫煙所、喫煙可能箇所(飲食店等)喫煙具販売店等を携帯端末、パソコンからの地図による確認及び、記載を行うことが出来るマッピング技術に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、携帯端末・パソコンからアクセスする地図サイトでは、喫煙可能箇所等の記載はなく、喫煙者が喫煙可能箇所を探す場合、喫煙者自身の目で探す以外に方法がなかった。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
従来の携帯端末・パソコンからの地図サイトは、次のような欠点があった。
(イ)、配信者側からの一方的なものでしかなく、必ずしも利用者にとって必要な情報が乗ってはいなかった。
(ロ)あくまで目的地までの案内であり、配信者からの情報を享受するに留まっている為、喫煙者にとって必要である喫煙可能箇所の記載が行われることがなかった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
喫煙者である利用者自らがパソコン及び、携帯端末を通じて地図閲覧及び作成へと参加することにより、従来にはなかった双方的な地図作成が出来る。其の事により、喫煙所・喫煙可能箇所等、より喫煙者にとって、有益な情報を提供することが出来る。
【発明の効果】
【0005】
本発明を使用することによって、喫煙者である利用者は携帯端末及びパソコンを用いて、容易に喫煙所を探し当てることが出来る。このことから、喫煙所が見つからない故の路上喫煙の防止効果も見込める。
【発明を実施するための形態】
【0006】
以下、本発明実施の形態を説明する。
(イ)喫煙者である利用者はパソコン及び携帯端末を用いてインターネットサイトへとアクセスし、地図の閲覧が出来る。
(ロ)喫煙者である利用者は、パソコン及び携帯端末を用いてインターネットサイトへとアクセスし、喫煙者にとって有益な情報である、喫煙所・喫煙の出来る喫茶店等、喫煙可能箇所・喫煙具の販売所等の場所を地図に記載することが出来る。
(ハ)喫煙者である利用者は、パソコン及び携帯端末を用いてインターネットサイトへとアクセスし、喫茶店等、喫煙可能箇所・喫煙具の販売所等の最寄箇所をGPSを用いて検索することが出来る。
(ニ)喫煙者である利用者は、パソコン及び携帯端末を用いてインターネットサイトへとアクセスし、喫煙者にとって有益な情報(飲食店等が提供する喫煙席で使用することができる電子割引券等)を受け取ることができる。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
喫煙者である利用者自らが、パソコン及び、携帯端末を通じて地図閲覧及び喫煙所・喫煙箇所・喫煙具販売店等、喫煙者にとって有益な情報の記載を行えるマッピングサイト。
【請求項2】
請求項1において、飲食店等の企業が喫煙者誘致の為のクーポン・広告等の記載を行える方法
【請求項3】
請求項1において、喫煙所・喫煙箇所・喫煙具販売店等、喫煙者にとって有益な情報の検索においてGPSを用いて最寄りの喫煙所・喫煙箇所・喫煙具販売店等を検索する方法

【公開番号】特開2012−104085(P2012−104085A)
【公開日】平成24年5月31日(2012.5.31)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−265726(P2010−265726)
【出願日】平成22年11月10日(2010.11.10)
【出願人】(510314389)
【Fターム(参考)】