Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
固形粉末化粧料
説明

固形粉末化粧料

【課題】塗布膜の均一性が高く、ケーキング防止効果に優れる固形粉末化粧料の提供。
【解決手段】(A)ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンとを主成分とし、ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンとの組成比が質量比で90〜98:2〜10であって、表面に複数の凹凸を有する形状の、平均粒径が1〜20μm、かさが2.5〜4.5mL/g、吸油量が60〜100mL/100gである異形複合粉体、(B)粉体粒子の表面を特定の含フッ素共重合体の表面処理剤で被覆した表面処理粉体、(C)油剤5〜20質量%、を含有する固形粉末化粧料。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、表面に複数の凹凸を有する異形複合粉体と、特定の含フッ素共重合体で被覆された表面処理粉体を含有する固形粉末化粧料に関するものであり、更に詳しくは、弾力感のある伸び広がりを有し、塗布膜の均一性が高く、ケーキング防止効果に優れる固形粉末化粧料に関するものである。
【背景技術】
【0002】
固形粉末化粧料とは、粉体を主成分とし、これに油剤を分散させ、圧縮成型法や溶媒を用いる湿式充填法(いわゆる、スラリー充填法等)等により固形に成型した化粧料であり、コンパクトファンデーション等に汎用されている携帯性に優れた化粧品剤型である。これら固形粉末化粧料において、その官能品質として、化粧用パフ等を用いて顔に塗布する場合に、適度な付着性を有しながら、心地よく伸び広がることが求められる。また、その塗布膜も、塗りムラが少なく均一性の高い仕上がりが好ましいものである。
【0003】
一方、固形粉末化粧料において、化粧用パフにて何度も繰り返して使用されることにより、その表面が固く取れなくなる現象(ケーキングともいう)は、商品としての価値を著しく損なうものである。そこで従来から、優れた使用性を有しながら、ケーキングを防止する技術として、様々な提案がなされている。例えば、板状粉体、特定の形状の塩基性炭酸マグネシウム、球状粉末、固形状油分とを組み合わせた固形粉末化粧料(特許文献1参照)、粉体と液体成分とを混合する際に、ケーキングし難い液体成分を別に添加する製造方法(特許文献2参照)、さらに、特定の固形油粉末とフッ素系油剤を組み合わせることにより、塗布具へのとれが良好である粉末固形化粧料(特許文献3参照)等の技術が挙げられる。
しかしながら、これらの提案は、落下強度との両立を図ったり、塗布具へのとれを良好にしたりするものではあったが、塗布膜の均一性に寄与するものではなかった。
【0004】
また、複数の凹凸を有する異形複合粉体と炭化水素系ワックス末の組み合わせにより、優れたテカリ防止効果を有する固形粉末化粧料(特許文献4参照)の提案があるが、塗布具へのとれや耐衝撃性には優れるものの、塗布時の肌への付着性は低いものであり、仕上がりの美しさや塗布膜の均一性には満足のいくものではなかった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2005−220057号公報
【特許文献2】特開2003−026538号公報
【特許文献3】特開2006−176452号公報
【特許文献4】特開2004−346018号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
従って、固形粉末化粧料として、心地よい弾力感のある伸び広がりを有し、塗布膜の均一性が高く、ケーキング防止効果にも優れる固形粉末化粧料の提供が求められており、本発明は、このような固形粉末化粧料の提供を、その課題とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者は、上記課題を解決すべく鋭意研究を重ねたところ、表面に複数の凹凸を有する異形複合粉体と、特定の含フッ素共重合体で被覆された表面処理粉体を含有する固形粉末化粧料が、上記課題を解決することを見出し、本発明を完成させた。
【0008】
すなわち、本発明は、次の成分(A)、(B)及び(C);
(A)ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンとを主成分とし、ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンとの組成比が質量比で90〜98:2〜10であって、表面に複数の凹凸を有する形状の、平均粒径が1〜20μm、かさが2.5〜4.5mL/g、吸油量が60〜100mL/100gである異形複合粉体
(B)粉体粒子の表面を特定の表面処理剤で被覆した表面処理粉体であって、前記表面処理剤が、下記一般式(1)で表される含フッ素単量体(a)と、下記一般式(2)で表されるアルコキシ基含有単量体(b)とを必須に含む単量体を共重合して得られる含フッ素共重合体である表面処理粉体
CH=C(−X)−CO−Y−[−(CH−Z−]−(CH−Rf (1)
[式中、Xは、水素原子、炭素数1〜21の直鎖状又は分岐状のアルキル基、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、CFX基(但し、X及びXは、それぞれ水素原子、フッ素原子、塩素原子、臭素原子又はヨウ素原子である。)、シアノ基、炭素数1〜20の直鎖状又は分岐状のフルオロアルキル基、置換又は非置換のベンジル基、置換又は非置換のフェニル基であり;Yは、−O−又は−NH−であり;Zは、直接結合、−S−又は−SO−であり;Rfは、炭素数1〜6のフルオロアルキル基であり;mは1〜10、nは0〜10、pは0又は1である。]
CH=C(R)−COO−(RO)−R (2)
[式中、Rは、水素原子又はメチル基であり;Rは、水素原子の一部又は全部が水酸基で置換されていてもよい炭素数2〜4のアルキレン基;Rは、水素原子または炭素数1〜22の不飽和または飽和の炭化水素基であり;qは、1〜50の整数である。]
(C)油剤 5〜20質量%
を含有する固形粉末化粧料である。
【発明の効果】
【0009】
本発明の固形粉末化粧料は、弾力感のある伸び広がりを有し、塗布膜の均一性が高く、ケーキング防止効果に優れる固形粉末化粧料である。従って、ファンデーション、コンシーラー、ほほ紅、アイカラー等の化粧料として有利に使用できるものであり、特にファンデーションにおいて、その効果が著しいものである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明の固形粉末化粧料に用いられる成分(A)の異形複合粉体は、複数の略球状粒子が凝集合一したような形状で、表面に複数の凹凸を有する形状の粉体である。成分(A)の異形複合粉体における、略球状粒子とは、球状、楕円状等の概ね球に近い形状の粒子であり、その平均粒径は0.1〜10μmが好ましい。また、成分(A)の異形複合粉体は、一粒子中に前記略球状粒子が5〜30個凝集合一しているような形状が好ましい。そして、成分(A)の異形複合粉体は、前記略球状粒子が凝集合一しているような形状なので、略球状粒子間のすきまとして凹部を形成し、略球状粒子自体で凸部を形成することにより、表面に複数の凹凸を有している。
【0011】
成分(A)の異形複合粉体の平均粒径は1〜20μmであり、JIS K−5101により求めた、かさ(見かけ比容)は、2.5〜4.5mL/gである。さらに、JIS K−5101により求めた、煮アマニ油の吸油量は、60〜100mL/100gである。
【0012】
成分(A)の異形複合粉体は、ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンを主成分とし、アクリル酸アルキルとしては、アクリル酸メチル、アクリル酸エチル、アクリル酸ブチル等が挙げられ、また、メタクリル酸アルキルとしては、メタクリル酸メチル、メタクリル酸エチル、メタクリル酸ブチル等が挙げられる。さらにポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンの組成比は、質量比で90〜98:2〜10のものである。
【0013】
このような成分(A)の異形複合粉体は、特開平11−140139号公報に記載されている方法により調製することができる。具体的には、ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルのモノマー、ポリイソプレンのモノマー及び架橋モノマーを水中で、分散剤、安定化剤及び触媒の存在下、重合開始剤を添加して、重合、脱水、乾燥、脱モノマー後、粉砕する方法で得られるものである。ここで用いられる架橋剤としては、エチレングリコールジアクリレート、エチレングリコールジメタクリレート、ジビニルベンゼン、トリメチロールプロパントリアクリレート、トリメチロールプロパントリメタクリレート、ペンタエリスリトールテトラアクリレート、ペンタエリスリトールテトラメタクリレート等が挙げられる。
【0014】
また成分(A)の異形複合粉体は、市販品として、例えば、ポリアクリル酸アルキルとポリイソプレンの混合質量比が95:5で、平均粒径8μm、かさ3.5mL/g、吸油量85mL/100gのガンツパールGMI−0804(ガンツ化成社製)を用いることができる。
【0015】
本発明の固形粉末化粧料における成分(A)の異形複合粉体の含有量は、0.1〜50質量%(以下、単に%と略す)が好ましく、さらに1〜30%であると弾力感のある伸び広がりが得られやすく、また成分(B)との併用により、塗布膜の均一性が良好となり、ケーキング防止効果に優れるため、特に好ましい。
【0016】
本発明の固形粉末化粧料に用いられる成分(B)の表面処理粉体は、粉体粒子の表面を特定の表面処理剤で被覆した粉体である。成分(B)で使用される表面処理剤とは、前記一般式(1)で表される含フッ素単量体(a)と、前記一般式(2)で表されるアルコキシ基含有単量体(b)とを必須に含む単量体を共重合して得られる含フッ素共重合体である。
【0017】
含フッ素単量体(a)は、下記一般式(1)で表される化合物である。
CH=C(−X)−CO−Y−[−(CH−Z−]−(CH−Rf (1)
[式中、Xは、水素原子、炭素数1〜21の直鎖状又は分岐状のアルキル基、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、CFX基(但し、X及びXは、それぞれ水素原子、フッ素原子、塩素原子、臭素原子又はヨウ素原子である。)、シアノ基、炭素数1〜20の直鎖状又は分岐状のフルオロアルキル基、置換又は非置換のベンジル基、置換又は非置換のフェニル基であり;Yは、−O−又は−NH−であり;Zは、直接結合、−S−又は−SO−であり;Rfは、炭素数1〜6のフルオロアルキル基であり;mは1〜10、nは0〜10、pは0又は1である。]
【0018】
上記一般式(1)において、pが0であることが好ましい。Xの好ましい例は水素原子である。また、上記一般式(1)において、Rfは一般にはパ−フルオロアルキル基および/または部分的にフッ素化されたフルオロアルキル基を表し、パ−フルオロアルキル基であることが好ましい。Rfのアルキル基の炭素数は1〜6であり、4、5または6が好ましく、特に6が好ましい。Rfの例は、−CF、−CFCF、−CFCFCF、CF(CF、−CFCFCFCF、−CFCF(CF、−C(CF、−(CFCF、−(CFCF(CF、−CFC(CF、−CF(CF)CFCFCF、−(CFCF等が挙げられる。
【0019】
含フッ素単量体(a)は単独で使用することはもちろんのこと、二種以上を混合して用いてもよい。含フッ素単量体(a)としては、例えば、次のものが挙げられる。
CH=C(−X)−C(=O)−O−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−X)−C(=O)−O−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−X)−C(=O)−O−(CH−Rf
CH=C(−X)−C(=O)−NH−(CH−Rf
[式中、Xは、水素原子、炭素数1〜21の直鎖状又は分岐状のアルキル基、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、CFX基(但し、X及びXは、それぞれ水素原子、フッ素原子、塩素原子、臭素原子又はヨウ素原子である。)、シアノ基、炭素数1〜20の直鎖状又は分岐状のフルオロアルキル基、置換又は非置換のベンジル基、置換又は非置換のフェニル基であり;Yは、−O−又は−NH−であり;Zは、直接結合、−S−又は−SO−であり;Rfは、炭素数1〜6のフルオロアルキル基であり;mは1〜10、nは0〜10、pは0又は1である。]
【0020】
含フッ素単量体(a)のさらに具体的な例としては、以下のものが挙げられるが、これらに限定されるものではない。
CH=C(−H)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−H)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−H)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−H)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−H)−COO−(CH−Rf
CH=C(−H)−CO−NH−(CH−Rf
CH=C(−H)−COO−CHCHN(C)SO−Rf
CH=C(−H)−COO−CHCHN(CH)SO−Rf
CH=C(−H)−COO−CHCH(OCOCH)SO−Rf
CH=C(−CH)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CH)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CH)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CH)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CH)−COO−(CH−Rf
CH=C(−CH)−CO−NH−(CH−Rf
CH=C(−CH)−COO−CHCHN(C)SO−Rf
CH=C(−CH)−COO−CHCHN(CH)SO−Rf
CH=C(−CH)−COO−CHCH(OCOCH)CH−Rf
【0021】
CH=C(−F)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−Rf
CH=C(−F)−CO−NH−(CH−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−Rf
CH=C(−Cl)−CO−NH−(CH−Rf
【0022】
CH=C(−CF)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−Rf
CH=C(−CF)−CO−NH−(CH−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−Rf
CH=C(−CFH)−CO−NH−(CH−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−Rf
CH=C(−CN)−CO−NH−(CH−Rf
【0023】
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−Rf
CH=C(−CFCF)−CO−NH−(CH−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−F)−COO−(CH−Rf
CH=C(−F)−CO−NH−(CH−Rf
【0024】
CH=C(−Cl)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−Cl)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CF)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CFH)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
【0025】
CH=C(−CN)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CN)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−S−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−S−(CH−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−SO−Rf
CH=C(−CFCF)−COO−(CH−SO−(CH−Rf
[上記式中、Rfは、1〜6のフルオロアルキル基である。]
【0026】
これらのうち、特に
CH=C(−H)−COO−(CH−Rf
CH=C(−CH)−COO−(CH−Rf
が好ましい。
【0027】
アルコキシ基含有単量体(b)は、非フッ素単量体であり、下記一般式(2)で表わされる化合物である。
CH=C(R)−COO−(RO)−R (2)
[式中、Rは、水素原子又はメチル基であり;Rは、水素原子の一部又は全部が水酸基で置換されていてもよい炭素数2〜4のアルキレン基;Rは、水素原子または炭素数1〜22の不飽和または飽和の炭化水素基であり;qは、1〜50の整数である。]
【0028】
一般式(2)において、Rは水素原子が好ましい。また、qは1〜30が好ましく、より好ましくは2〜10であり、特に2〜5であることが好ましい。さらに、一般式(2)において、Rは、エチレン又はプロピレンが好ましく、特にエチレンであることが好ましい。一般式(2)中のRは一種または二種類以上のアルキレンの組み合わせであっても良い。その場合、少なくともRの一つはエチレンであることが好ましい。Rの組合せとしては、例えば、エチレン基/プロピレン基の組合せ、エチレン基/ブチレン基の組合せが挙げられる。
【0029】
アルコキシ基含有単量体(b)は、二種類以上の混合物であっても良い。アルコキシ基含有単量体(b)としては、例えば以下のものを例示できるが、これらに限定されるものではない。
CH=C(R)COO−(CHCHO)−R
CH=C(R)COO−(CHCH(CH)O)−R
CH=C(R)COO−(CO)q’−(CHCH(CH)O)q”−R
[式中、q’+q”=q]
【0030】
さらにより具体的な例としては、以下のもの等が挙げられる。
CH=C(H)COO−CHCHO−H
CH=C(H)COO−(CHCHO)−H
CH=C(H)COO−(CHCHO)−H
CH=C(H)COO−(CHCHO)−H
CH=C(H)COO−(CHCHO)30−H
CH=C(CH)COO−(CHCHO)−H
CH=C(CH)COO−(CHCHO)23−H
CH=C(CH)COO−(CHCHO)50−H
CH=C(CH)COO−(CHCH(CH)O)−H
CH=C(CH)COO−(CHCHCHO)−H
CH=C(H)COO−(CHCH(CH)O)−H
CH=C(CH)COO−(CHCH(CH)O)−H
CH=C(CH)COO−(CO)−(CHCH(CH)O)−H
CH=C(CH)COO−(CO)−(CHCH(CH)O)−H
CH=C(H)COO−(CO)−(CHCH(CH)O)−CH
【0031】
これらのうち、特に
CH=C(H)COO−CHCHO−H
CH=C(H)COO−(CHCHO)−H
CH=C(H)COO−(CHCHO)−H
CH=C(CH)COO−CHCHO−H
CH=C(CH)COO−(CHCHO)−H
CH=C(CH)COO−(CHCHO)−H
が好ましい。
【0032】
成分(B)で使用される含フッ素共重合体は、表面処理剤としての効果を損なわない範囲であれば、上記一般式(1)で表される含フッ素単量体(a)と、上記一般式(2)で表されるアルコキシ基含有単量体(b)と、さらに他の共重合可能な単量体(c)とを共重合して得られる共重合体であってもよい。
【0033】
他の共重合可能な単量体(c)としては、特に限定されないが、例えば、アクリル酸、メタクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、イソクロトン酸、マレイン酸、ビニルスルホン酸、アリルスルホン酸、アクリル酸アミドメチルプロパンスルホン酸、アクリル酸アシッドホスホアキシアルキル等の重合性酸、アクリル酸アルキル、メタクリル酸アルキル等の重合性エステル、N−ビニルホルムアミド、N−ビニルピロリドン等の重合性ビニル誘導体、シリコーンマクロマー、ポリアクリルマクロモノマー、ポリエステルマクロモノマー、ポリアミドマクロモノマー、ポリオキシアルキレンマクロモノマー等の重合性マクロモノマーや、重合性糖、スチレン等を挙げることができる。
【0034】
また、他の共重合可能な単量体(c)としては、架橋性単量体を含んでもよい。架橋性単量体は、少なくとも2つの反応性基および/または炭素−炭素二重結合を有し、フッ素を含有しない化合物とすることができる。架橋性単量体は、少なくとも2つの炭素−炭素二重結合を有する化合物、あるいは少なくとも1つの炭素−炭素二重結合および少なくとも1つの反応性基を有する化合物とすることができる。反応性基の例は、ヒドロキシル基、エポキシ基、クロロメチル基、ブロックドイソシアネート、カルボキシル基などである。本発明においては、アミノ基を有する単量体を使用しない。
【0035】
架橋性単量体は非フッ素架橋性単量体であることが好ましく、ジ(メタ)アクリレートであることがより好ましい。また、架橋性単量体は、下記一般式(3)で示される化合物(アルキレングリコールジ(メタ)アクリレート)であることが特に好ましい。
CH=C(R)−COO−(RO)−CO−C(R)=CH (3)
[式中、それぞれのRは、水素原子またはメチル基であり;Rは、水素原子の一部または全部が水酸基で置換されていてもよい炭素数2〜10のアルキレン基であり;sは、1〜50の整数である。]
なお、Rの炭素数は、2〜10、例えば2〜6、特に2〜4であることが好ましく、Rが、エチレン基であることが好ましい。
【0036】
成分(B)で使用される含フッ素共重合体は、共重合体を構成する各モノマーの分子量やモル比をコントロールすることで、含フッ素共重合体の粉体粒子への被覆特性や皮膜形成能、表面処理粉体の分散能、吸湿・保湿能等を付与できる。含フッ素共重合体の重量平均分子量は、1000〜1000000程度、好ましくは5000〜500000程度とすることができる。1000未満であると皮膜形成能が弱く、本発明の効果を有する表面処理に適さず、1000000より大きいとポリマーの溶解性が悪くなるばかりか、表面処理粉体の分散性が悪化する。なお、この重量平均分子量は、ゲルパーミエーションクロマトグラフィーによりポリスチレン換算で求めた値である。
【0037】
また、このような含フッ素共重合体において、含フッ素単量体(a)100質量部に対するアルコキシ基含有単量体(b)の量は、10〜400質量部、好ましくは25〜150質量部、より好ましくは43〜100質量部である。(b)の量が少ないと親水性が得られない場合があり、多いと撥油性が低下する場合がある。また、他の共重合可能な単量体(c)を用いる場合は、その割合は共重合体に対し30質量%未満が好ましい。特に、架橋性単量体を含有させる場合、架橋性単量体の量は、含フッ素単量体(a)100質量部に対し、30質量部以下、例えば0.1〜20質量部、特に0.5〜10質量部が好ましい。30質量部より多いと硬い皮膜になり使用感触が悪くなる場合がある。
【0038】
成分(B)で使用される含フッ素共重合体の重合方法は、特に限定されず、塊状重合、溶液重合、乳化重合、放射線重合などの種々の方法を選択できる。例えば、一般的には有機溶剤を用いた溶液重合や、有機溶剤と水を併用する乳化重合が選定される。また、重合後に水で希釈したり、乳化剤を加えて水に乳化することで処理液に調製される。具体的には、例えば、特開2000−290640号公報やWO2009/142047号パンフレットの共重合体の製造例として開示される方法で製造可能であるが、これに限定されるものではない。
【0039】
また、成分(B)に使用される表面処理剤は、溶液、エマルション又はエアゾールの形態であることが好ましい。このような表面処理剤は、成分(B)で使用される含フッ素共重合体及び媒体(例えば、有機溶媒及び水などの液状媒体)を含んでなる。このような表面処理剤において、含フッ素共重合体の濃度は、例えば、0.01〜50質量%とすることができる。
【0040】
成分(B)で使用される粉体粒子(表面処理される前の粉体)としては、化粧料に使用可能な粉体が選択される。無機粉体及び有機粉体の何れを選択してもよく、粉体の形状は粉末状でも繊維状でもよい。粒子径は1nm〜2000μm程度の範囲のもので化粧料に配合が可能であればよい。
【0041】
例えば、無機粉体としては、窒化硼素、セリサイト、天然マイカ、焼成マイカ、合成マイカ、合成セリサイト、アルミナ、マイカ、タルク、ヘキ開タルク、カオリン、ベントナイト、スメクタイト、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、リン酸カルシウム、無水ケイ酸、酸化マグネシウム、酸化スズ、酸化鉄、酸化イットリウム、酸化クロム、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、酸化アルミニウム、酸化マグネシウム、水酸化クロム、紺青、群青、リン酸カルシウム、水酸化アルミニウム、硫酸バリウム、硫酸マグネシウム、ケイ酸、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸ストロンチウム、炭化ケイ素、フッ化マグネシウム、タングステン酸金属塩、アルミン酸マグネシウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、クロルヒドロキシアルミニウム、クレー、ゼオライト、ヒドロキシアパタイト、セラミックパウダー、スピネル、ムライト、コージエライト、窒化アルミニウム、窒化チタン、窒化ケイ素、ランタン、サマリウム、タンタル、テルビウム、コーロピウム、ネオジウム、Mn−Znフェライト、Ni−Znフェライト、シリコーンカーバイト、チタン酸コバルト、チタン酸バリウム、チタン酸鉄、リチウムコバルトチタネート、アルミン酸コバルト、アンチモン含有酸化スズ スズ含有酸化インジウム、マグネタイト、アルミニウム粉、金粉、銀粉、白金粉、銅粉、貴金属コロイド、鉄粉、亜鉛粉、コバルトブルー、コバルトバイオレット、コバルトグリーン、低次酸化チタン、微粒子酸化チタン、バタフライ状硫酸バリウム、花びら状酸化亜鉛、テトラポット状酸化亜鉛、微粒子酸化亜鉛、パール顔料としては酸化チタン被覆雲母、酸化チタン被覆マイカ、酸化チタン被覆合成マイカ、酸化チタン被覆シリカ、酸化チタン被覆合成マイカ、酸化チタン被覆タルク、酸化亜鉛被覆シリカ、酸化チタン被覆着色雲母、ベンガラ被覆雲母チタン、ベンガラ・黒酸化鉄被覆雲母チタン、カルミン被覆雲母チタン、・コンジョウ被覆雲母チタン等のパール顔料が挙げられる。また、アルミフレーク、シリカフレーク、アルミナフレーク、ガラスフレーク等のエフェクト顔料、ベンガラ被覆雲母、カルミン、酸化チタン被覆ホウケイ酸(ナトリウム/カルシウム)、酸化チタン被覆ホウケイ酸(カルシウム/アルミニウム)、オキシ塩化ビスマス、魚鱗箔、ステンレスパウダー、トルマリン粉末、サファイアやルビー等の宝石を粉砕したパウダー、マンゴバイオレット、ガラスファイバー、カーボンファイバー、炭化ケイ素繊維、アルミナ繊維、β−ウォラストナイト、ゾノライト、チタン酸カリウム繊維、硼酸アルミニウム繊維、塩基性硫酸マグネシウム繊維、窒化ケイ素繊維等が挙げられる。
【0042】
有機粉体としては、例えば、金属石鹸、N−モノ長鎖アシル塩基性アミノ酸、アミドスルホン酸多価金属塩、琥珀パウダー、カーボンブラック、タール色素をレーキ化したもの、天然色素をレーキ化したもの、ポリアミドパウダー、ポリエステルパウダー、ポリエチレンパウダー、ポリウレタンパウダー、ポリプロピレンパウダー、ポリスチレンパウダー、ペンゾグアナミンパウダー、ポリメチルペンゾグアナミンパウダー、PTFEパウダー、セルロースパウダー、シルクパウダー、シリコーンパウダー(KSP−100、KSP−101、KSP−102、KSP−105、KSP−300;信越化学工業社製、トレフィルE506S、E508、E505、E506、E701;東レ・ダウコーニング社製、トスパール2000B、150KA、120A、105、145A;モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン社製)ジビニルベンゼン・スチレン共重合体、ビニル樹脂、尿素樹脂、フェノール樹脂、フッ素樹脂、ケイ素樹脂、アクリル樹脂、メラミン樹脂、エポキシ樹脂、ポリカーボネート樹脂等の合成樹脂パウダー、ナイロン繊維、ポリエステル繊維等の微結晶繊維粉体、澱粉粉末、CIピグメントイエロー、CIピグメントオレンジ等が挙げられる。タール色素としては赤色3号、赤色10号、赤色106号、赤色201号、赤色202号、赤色204号、赤色205号、赤色220号、赤色226号、赤色227号、赤色228号、赤色230号、赤色401号、赤色505号、黄色4号、黄色5号、黄色202号、黄色203号、黄色204号、黄色401号、青色1号、青色2号、青色201号、青色404号、緑色3号、緑色201号、緑色204号、緑色205号、橙色201号、橙色203号、橙色204号、橙色206号、橙色207号等;天然色素としては、カルミン、ラッカイン酸、カルサミン、ブラジリン、クロシン、クロロフィル、β−カロチン、ベニバナパウダー等の天然色素等の粉体が挙げられる。
【0043】
なお、表面処理される前の粉体は、2種以上が複合化された粉体でもよい。例えば、マイカやパール顔料粒子表面に水酸化アルミニウムを複合化した粉体、やセリサイトやパール顔料表面にハイドロキシアパタイトと酸化亜鉛を複合化した粉体、微粒子酸化チタンと微粒子酸化亜鉛を分散混合した粉体、タルクと微細亜鉛華、微粒子酸化チタンを分散混合した粉体、タルクと酸化マグネシウム、微粒子酸化チタンを分散混合した粉体、タルクと微粒子酸化チタンを複合化した粉体等が挙げられる。
【0044】
また、表面処理される前の粉体の表面が、成分(B)で使用される含フッ素共重合体以外の表面処理剤で被覆されているものであっても良い。他の表面処理剤としては、例えばパーフルオロアルキルリン酸エステル、パーフルオロポリエーテルリン酸エステル、パーフルオロポリエーテルシラン、パーフルオロアルキルシラン等の含フッ素化合物、反応性オルガノポリシロキサン、アルキルシラン、ポリエーテル変性シラン、有機チタネート、ポリオレフィン、水添レシチン(塩の形態にあるものを含む。)、アシル化アミノ酸(塩又は組成物の形態にあるものを含む。)、酸性エステル油、脂肪酸(塩の形態にあるものを含む。)、デキストリン脂肪酸エステル、及びフラクトオリゴ糖脂肪酸エステル等の化合物である。さらには、本願発明の効果を損なわない範囲において、これらの化合物と含フッ素共重合体とを、複合的に表面処理してもよい。
【0045】
また、成分(B)の表面処理粉体は、表面処理剤と粉体粒子との親和性や固着性の向上を図るべく、例えばアルミニウム、カルシウム、マグネシウム、セリウム、ケイ素、ジルコニウム、チタン、亜鉛、鉄、コバルト、マンガン、ニッケル及びスズ等の酸化物又は含水酸化物などの第3化合物を含有してもよい。その場合、これらの第3化合物は、表面処理剤で粉体粒子を表面処理する前にあらかじめ被覆してもよく、表面処理時に複合的に被覆してもよい。また、表面処理される前の粉体粒子の表面上で析出させてもよい。これら第3化合物の被覆量は、成分(B)で使用される含フッ素化合物の機能を、表面処理粉体により発現させ得るのに必要な最少量が好ましい。
【0046】
本発明に用いられる成分(B)の表面処理粉体において、粉体粒子への含フッ素共重合体の被覆量は、表面処理される粉体の化学組成やその粒子径、ポーラス性の有無、吸油量、吸水量、比表面積により異なるが、粉体粒子100質量部に対して、0.1〜40質量部であることが好ましい。より好ましくは0.5〜35重量部である。これより少ないと十分な被覆効果が得られず、これより多いと共重合体による粉体粒子の凝集が発生し、表面処理粉体の機能の低下や、化粧料に配合した場合の効果が不充分となる場合がある。
【0047】
また、成分(B)の表面処理粉体において、表面処理剤を粉体粒子に被覆する方法は特に制限なく、公知の方法で実施できる。表面処理方法は大別すると乾式法と湿式法がある。例えば、ヘンシェルミキサーやボールミル、ジェットミル、ニーダー、プラネタリーミキサー、ポニーミキサー、サンドミル、アトライター、リボンブレンダー、ディスパーミキサー、ホモミキサー、エクストルーダー等の攪拌機や粉砕機、混合機、分散機を用いて本発明において使用する表面処理剤と粉体を一定時間混合接触することにより処理される。この時にメカノケミカル的な機械力、プラズマ、火炎、紫外線、電子線、過熱水蒸気、レーザー光、電磁波等のエネルギーを与えながら処理しても構わない。湿式法としては、水や溶剤、超臨界流体(水、CO2等)に粉体と表面処理剤を分散させ混合接触させてその後溶媒を蒸発させることより処理が可能である。
【0048】
また、成分(B)で使用される含フッ素共重合体と、他の化合物を複合的に表面処理する場合についても、前記含フッ素共重合体のみで表面処理する場合と同様に、粉体を、前記化合物を更に含む表面処理剤と混合接触させることにより表面処理することができる。また、複合的に表面処理する場合、含フッ素共重合体を先に被覆処理した後、他の表面処理剤を被覆する方法、含フッ素共重合体と他の表面処理剤を同時に被覆する方法、含フッ素共重合体以外の他の表面処理剤を先に被覆した後、含フッ素共重合体を被覆する方法等が挙げられる。
【0049】
好ましい被覆方法は、前記含フッ素共重合体のみで表面処理する場合及び複合的に表面処理する場合の何れにおいても、被覆される粉体粒子を予め空気中や液中でまたは他の粉体と共存下で分散した後被覆するか同時に被覆する方法である。具体的には、例えば、WO2009/142047号パンフレットで開示される方法で製造可能であるが、これらに限定されるものではない。
【0050】
成分(B)に使用される含フッ素共重合体は、その分子中に撥油性基と親水性基を有するため、表面処理粉体においては、粉体粒子表面より撥油性基のみを露出させると、撥水撥油性が発現する。一般に、撥油性を有する表面処理粉体において、化粧料製剤に配合される他の成分との優れた親和性や分散性を得るためには、親水撥油性が有利である。成分(B)の含フッ素共重合体は、被覆方法や被覆量をコントロールすることにより粉体粒子表面上に撥油性基と親水性基の両方を露出させることができ、これにより親水撥油性が発現する。
【0051】
本発明の固形粉末化粧料における成分(B)の表面処理粉体の含有量は、特に制限されないが、0.5〜50%が好ましい。この範囲で含有すると、付着性等の表面処理粉体の特性が有効に発揮され、塗布膜の均一性に優れる固形粉末化粧料を得ることができる。
【0052】
本発明の固形粉末化粧料に用いられる成分(C)の油剤は、通常の固形粉末化粧料で使用されるものであればよい。例えば、パラフィンワックス、セレシンワックス、オゾケライト、マイクロクリスタリンワックス、モンタンワックス、フィッシャトロプスワックス、ポリエチレンワックス、流動パラフィン、スクワラン、ワセリン、ポリイソブチレン、ポリブテン等の炭化水素系類、カルナウバロウ、ミツロウ、ラノリンワックス、キャンデリラ等の天然ロウ類、トリベヘン酸グリセリル、ロジン酸ペンタエリトリットエステル、ホホバ油、イソオクタン酸セチル、ミリスチン酸イソプロピル、トリオクタン酸グリセリル、トリイソステアリン酸ジグリセリル、ジペンタエリトリット脂肪酸エステル等のエステル類、ステアリン酸、ベヘニン酸、12−ヒドロキシステアリン酸等の脂肪酸類、セタノール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール等の高級アルコール類、オリーブ油、ヒマシ油、ミンク油、モクロウ等の油脂類、ラノリン脂肪酸イソプロピル、ラノリンアルコール等のラノリン誘導体類、N−ラウロイルーL−グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)等のアミノ酸誘導体類、パーフルオロポリエーテル、パーフルオロデカン、パーフルオロオクタン等のフッ素系油剤類等が挙げられ、これらの一種又は二種以上を用いることができ、塗布膜の均一性を得られやすいという観点から、25℃で液状の油剤を好ましいものとすることができる。また、本発明の固形粉末化粧料における成分(C)の含有量は5〜20%である。
【0053】
本発明の固形粉末化粧料には、上記成分の他に、通常、化粧料に使用される成分、例えば、成分(A)、(B)以外の粉体、界面活性剤、油ゲル化剤、紫外線吸収剤、水溶性高分子、トリメチルシロキシケイ酸等の油溶性被膜形成剤、水性成分、パラオキシ安息香酸誘導体、フェノキシエタノール等の防腐剤、ビタミン類、美容成分、香料等を本発明の効果を損なわない範囲で適宜、配合することができる。
【0054】
上記粉体としては、通常の固形粉末化粧料に用いられる成分であればよく、例えば、無機粉体、有機粉体、金属石鹸粉末、有色顔料、パール顔料、金属粉末、タール色素、天然色素等を挙げることができ、その粒子形状(球状、針状、板状等)や、粒子径(煙霧状、微粒子、顔料級等)や、粒子構造(多孔質、無孔質等)を問わない。これらの粉体はそのまま使用してもよいが、2種以上の粉体を複合化したものを用いてもよく、成分(B)で使用される含フッ素共重合体以外の表面処理剤で表面処理を施してもいてもよい。
【0055】
上記界面活性剤としては、分散剤、感触調整剤等の目的で用いられるものであり、グリセリン脂肪酸エステルおよびそのアルキレングリコール付加物、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよびそのアルキレングリコール付加物、プロピレングリコール脂肪酸エステルおよびそのアルキレングリコール付加物、ソルビタン脂肪酸エステルおよびそのアルキレングリコール付加物、ソルビトールの脂肪酸エステルおよびそのアルキレングリコール付加物、ポリアルキレングリコール脂肪酸エステル、ポリオキシアルキレン変性シリコーン、ポリオキシアルキレンアルキル共変性シリコーン等の非イオン性界面活性剤類、アルキルベンゼン硫酸塩、アルキルスルホン酸塩、α−オレフィンスルホン酸塩、ジアルキルスルホコハク酸塩、α−スルホン化脂肪酸塩、アシルメチルタウリン塩、N−メチル−N−アルキルタウリン塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル硫酸塩、アルキル燐酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル燐酸塩、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル燐酸塩、N−アシルアミノ酸塩、N−アシル−N−アルキルアミノ酸塩等の陰イオン性界面活性剤類、アルキルアミン塩、ポリアミンおよびアルカノイルアミン脂肪酸誘導体、アルキルアンモニウム塩、脂環式アンモニウム塩等の陽イオン性界面活性剤類、レシチン、N,N−ジメチル−N−アルキル−N−カルボキシメチルアンモニウムベタイン等の両性界面活性剤等が挙げられ、これらの一種又は二種以上を用いることができる。
【0056】
上記油ゲル化剤としては、通常、化粧料に用いられるものであれば何れでもよく、例えば、デキストリン脂肪酸エステル、蔗糖脂肪酸エステル、デンプン脂肪酸エステル、ヒドロキシステアリン酸、ステアリン酸カルシウム等が挙げられ、これらの一種又は二種以上を用いることができる。
【0057】
上記紫外線吸収剤としては、通常、化粧料に用いられるものであれば何れでもよく、例えば、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系、2,4,6−トリアニリノ−パラ−(カルボ−2’−エチルヘキシル−1’−オキシ)−1,3,5−トリアジン等のトリアジン系、サリチル酸−2−エチルヘキシル等のサリチル酸系、パラジヒドロキシプロピル安息香酸エチル等のPABA系、パラメトキシ桂皮酸−2−エチルヘキシル等の桂皮酸系、4−tert−4’−メトキシジベンゾイルメタン等のジベンゾイルメタン系等が挙げられ、これらの一種又は二種以上を用いることができる。
【0058】
本発明の固形粉末化粧料の製造方法は、特に限定されないが、例えば、成分(A)、(B)及びその他の粉体をヘンシェルミキサー(三井鉱山社製)等で混合分散し、必要に応じて、成分(C)の油剤等を添加し、粉砕し、金皿や樹脂皿等の容器に圧縮成型する方法、または圧縮成型せず、軽質流動イソパラフィン、低級アルコール等の溶剤を用いて、成分(A)、(B)及びその他の粉体組成物を容器に流し込み、前記溶剤を乾燥する方法等が挙げられる。
【0059】
本発明の固形粉末化粧料は、ファンデーション、白粉、頬紅、アイシャドウ、アイブロウ、コンシーラー等のメーキャップ化粧料等が挙げられる。また、本発明の固形粉末化粧料の形態は、ケーキ状、スティック状、球状等が挙げられる。
【実施例】
【0060】
以下に、実施例及び比較例を挙げて本発明を詳細に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。
【0061】
[表面処理剤の製造]
処理粉体において使用する含フッ素共重合体の参考製造例を以下に示す。
(共重合体製造例1)
還流冷却管、窒素導入管、温度計および攪拌装置を備えた100ml四つ口フラスコに、含フッ素モノマーCH=C(H)COO−CHCH13(以下「C6FA」と記す)を18.6g、ポリエチレングリコールアクリレートCH=C(H)COO−(CHCHO)−H(BLEMMER AE90 日油株式会社製 nの平均値は2.0、以下)を11.4gとメチルエチルケトン(以下「MEK」と記す)を45g仕込んで、30分間窒素バブリングした。窒素気流下で内温を50〜65℃に昇温後、パーブチルPV(以下「PV」と記す)を0.4g添加し、60〜65℃で6時間反応させた。得られた溶液を減圧条件下にて約70℃でMEKを留去、淡黄色ポリマー残渣を得た後、精製水を122.4g添加し、内温を約80℃で1時間以上保った後、冷却して固形分濃度が約20質量%の水分散液を調製した。得られたポリマーの重量平均分子量(Mw)は、ポリスチレン換算のGPC測定にて18200であった。
【0062】
(共重合体製造例2)
還流冷却管、窒素導入管、温度計および攪拌装置を備えた100ml四つ口フラスコに、含フッ素モノマーC6FAを18.6g、ヒドロキシエチルアクリレート(東京化成工業社製、以下「HEA」と記す)を2.5g、ポリエチレングリコールアクリレートCH=C(H)COO−(CHCHO)−H(BLEMMER AE200 日油株式会社製 nの平均値は4.5、以下「AE200」と記す)を8.0g、ポリエチレングリコールジアクリレートCH=C(H)COO−(CHCHO)−CO−CH=CH(BLEMMER ADE300 日油株式会社製 nの平均値は7.0、以下「ADE300」と記す)を0.9gとイソプロピルアルコール(以下「IPA」と記す)を45g仕込んで、30分間窒素バブリングした。窒素気流下で内温を50〜65℃に昇温後、PVを0.4g添加し、60〜65℃で6時間反応させた。得られた溶液を減圧条件下にて70℃でIPAを除去し、淡黄色ポリマーを得た。得られたポリマーの重量平均分子量(Mw)は、ポリスチレン換算のGPC測定にて16280であった。
【0063】
(共重合体製造例3)
還流冷却管、窒素導入管、温度計および攪拌装置を備えた100ml四つ口フラスコに、含フッ素モノマーC6FAを18.6g、HEAを3.5g、AE200を7.2g、ADE300を0.7gとIPAを45g仕込んで、共重合体製造例2と同様の重合反応を行い、固形分濃度が約40%のIPA溶液を調整した。得られたポリマーの重量平均分子量(Mw)は、ポリスチレン換算のGPC測定にて17200であった。
【0064】
[表面処理粉体の製造]
(製造例1)
タルクJA−46R(浅田製粉社)100gを高速混合機に仕込み、共重合体製造例1の共重合体を固形分で4.0gとIPAと水の混合物(50:50wt%)50gを加えて30分間混練した。混合物を80℃で3時間乾燥後、更に110℃で10時間乾燥した。アトマイザー粉砕して含フッ素共重合体(4%)処理タルクを得た。
【0065】
(製造例2)
酸化チタンCR−50(石原産業社製)100gに共重合体製造例2の含フッ素共重合体を固形分で3.0gとなるようにIPAにて希釈し、加えた。ミキサーで15分間混合後、250℃の加熱水蒸気を導入し、ミキサー内が200℃に達した時点で攪拌を止め、含フッ素共重合体(3%)処理酸化チタンを得た。
【0066】
(製造例3)
製造例1記載の方法と同様に、イエローLL−100P(チタン工業社製)100gと共重合体製造例3の含フッ素共重合体を固形分で5.0g混合し、含フッ素共重合体(5%)処理黄酸化鉄を得た。
【0067】
(製造例4)
製造例1記載の方法と同様に、レッドR−516PS(チタン工業社製)100gと共重合体製造例3の含フッ素共重合体を固形分で4.0g混合し、含フッ素共重合体(4%)処理赤酸化鉄を得た。
【0068】
(製造例5)
製造例1記載の方法と同様に、ブラックBL−100P(チタン工業社製)100gと共重合体製造例3の含フッ素共重合体を固形分で2.0g混合し、含フッ素共重合体(2%)処理黒酸化鉄を得た。
【0069】
(製造例6)
セリサイトFSE(三信鉱工社製)100gを高速混合機に仕込み、共重合体製造例2の含フッ素共重合体を固形分で4.0gと、酒石酸0.015gに、IPAと水の混合物(50:50wt%)50gを加えて30分間混練した。混合物を80℃で3時間乾燥後、更に110℃で10時間乾燥した。アトマイザー粉砕して含フッ素共重合体(5%)処理セリサイトを得た。
【0070】
[固形粉末化粧料の製造]
実施例1〜7及び比較例1〜3:ケーキ状ファンデーション
表1に示す組成のケーキ状ファンデーションを下記製造方法により調製し、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」、「ケーキング防止効果」の各項目について、以下に示す評価方法及び判定基準により評価判定し、結果を併せて表1に示した。
【0071】
【表1】

【0072】
(製造方法)
A:成分20〜22を混合する。
B:成分1〜19をヘンシェルミキサー(三井鉱山社製)で均一分散する。
C:BにAを添加し、混合する。
D:Cを粉砕する。
E:Dを金皿に充填し、圧縮成型して、ケーキ状ファンデーションを得た。
【0073】
(評価方法1)
化粧品評価専門パネル20名に、前記実施例及び比較例のケーキ状ファンデーションを使用してもらい、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」の其々の項目について、各自が以下の評価基準に従って5段階評価しファンデーション毎に評点を付し、更に全パネルの評点の平均点を以下の判定基準に従って判定した。
評価基準
[評価結果]:[評点]
非常に良好: 5点
良好 : 4点
普通 : 3点
やや不良 : 2点
不良 : 1点
判定基準
[評点の平均点] :[判定]
4.5以上 : ◎
3.5以上〜4.5未満: ○
1.5以上〜3.5未満: △
1.5未満 : ×
【0074】
(評価方法2)
実施例及び比較例のケーキ状ファンデーションを、ウレタン製化粧塗布用マットにて、同一方向に50回繰り返し擦り取り、ケーキ表面を観察し、油性成分の固まり様(「ケーキング防止効果」)を以下に示す判定基準に従って判定した。
判定基準
[評点の平均点] :[判定]
固まり様が見られない、変化なし : ◎
固まり様が見られるが使用性に問題なし: ○
固まり様が見られ使用性に問題がある : △
固まり様が見られ使用できない : ×
【0075】
表1の結果から明らかなように、本発明の実施品である実施例1〜7のケーキ状ファンデーションは、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」、「ケーキング防止効果」の全ての項目に優れた固形粉末化粧料であった。これに対して、成分(A)を含有しない比較例1では、、「弾力感のある伸び広がり」、「ケーキング防止効果」が良好ではなかった。また、成分(B)をメチルハイドロジェン表面処理粉体に置き換えた比較例2は、「塗布膜の均一性」が劣っていた。そして、成分(A)の代わりに真球状ポリメタクリル酸メチル粉末を用いた比較例3は、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」、「ケーキング防止効果」が劣っていた。
【0076】
実施例8:スラリー製法ファンデーション
(成分) (%)
1.製造例6の表面処理粉体(セリサイト) 25.0
2.製造例1の表面処理粉体(タルク) 残量
3.製造例2の表面処理粉体(酸化チタン) 15.0
4.製造例3の表面処理粉体(黄酸化鉄) 3.5
5.製造例4の表面処理粉体(赤酸化鉄) 1.8
6.製造例5の表面処理粉体(黒酸化鉄) 0.2
7.異形複合粉体 *1 5.0
8.スメクタイト 5.0
9.トリイソオクタン酸オクチル 5.0
10.メチルフェニルポリシロキサン 3.5
11.酸化亜鉛 0.5
12.香料 適量
【0077】
(製造方法)
A:成分1〜8をヘンシェルミキサー(三井三池社製)で混合する。
B:成分9〜12を均一混合する。
C:Aをヘンシェルミキサーで攪拌しながら、Bを添加し、均一分散する。
D:Cをイソプロピルアルコールと混合し、スラリー状とする。
E:Dを金皿に流し込み、圧縮成形した後、溶剤を蒸発させ、乾燥固化しファンデーションを得た。
(結果)
実施例8のスラリー製法ファンデーションは、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」、「ケーキング防止効果」に優れるものであった。
【0078】
実施例9:スラリー製法アイカラー
(成分) (%)
1.製造例1の表面処理粉体(タルク) 10.0
2.製造例6の表面処理粉体(セリサイト) 10.0
3.合成金雲母 *11 20.0
4.異形複合粉体 *1 10.0
5.スメクタイト 5.0
6.製造例1の表面処理粉体(タルク) 残量
7.赤色202号 0.5
8.黄色4号 0.05
9.ジメチルハイドロジェン処理(2%)赤酸化鉄 2.0
10.リンゴ酸ジイソステアリル 5.0
11.ワセリン 5.0
12.流動パラフィン 2.0
13.PEG400 2.0
14.パラオキシ安息香酸メチル 0.2
15.香料 0.01
*11:PDM−40L(TOPY工業社製)
【0079】
(製造方法)
A:成分1〜9をヘンシェルミキサー(三井三池社製)で混合する。
B:成分10〜15を均一混合する。
C:Aをヘンシェルミキサーで攪拌しながら、Bを添加し、均一分散し化粧料基材を得る。
D:Cをイソプロピルパラフィンと混合し、スラリー状とする。
E:Dを金皿に流し込み、圧縮成形した後、溶剤を蒸発させ、乾燥固化しアイカラ−を得た。
(結果)
実施例9のスラリー製法アイカラーは、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」、「ケーキング防止効果」に優れるものであった。
【0080】
実施例10:パウダーコンシーラー
(成分) (%)
1.製造例1の表面処理粉体(タルク) 残量
2.製造例2の表面処理粉体(酸化チタン) 25.0
3.製造例3の表面処理粉体(黄酸化鉄) 5.0
4.製造例4の表面処理粉体(赤酸化鉄) 2.5
5.製造例5の表面処理粉体(黒酸化鉄) 0.5
6.異形複合粉体 *1 1.0
7.メチルハイドロジェン処理(2%)
微粒子酸化チタン被覆(40%)マイカ 10.0
8.N−ラウロイル−L−グルタミン酸
ジ(フィトステリル・2−オクチルドデシル) 5.0
9.ワセリン 1.5
10.パ−フルオロポリエーテル 5.0
11.香料 適量
【0081】
(製造方法)
A:成分1〜7をヘンシェルミキサー(三井三池社製)で混合する。
B:成分8〜11を60℃加温溶解後、均一混合する。
C:Aをヘンシェルミキサーで攪拌しながら、Bを添加し、均一分散する。
D:Cを金皿に充填して圧縮成形し、パウダーコンシーラーを得た。
(結果)
実施例10のパウダーコンシーラーは、「弾力感のある伸び広がり」、「塗布膜の均一性」、「ケーキング防止効果」に優れるものであった。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
次の成分(A)、(B)、及び(C);
(A)ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンとを主成分とし、ポリアクリル酸アルキル及び/又はポリメタクリル酸アルキルとポリイソプレンとの組成比が質量比で90〜98:2〜10であって、表面に複数の凹凸を有する形状の、平均粒径が1〜20μm、かさが2.5〜4.5mL/g、吸油量が60〜100mL/100gである異形複合粉体
(B)粉体粒子の表面を特定の表面処理剤で被覆した表面処理粉体であって、前記表面処理剤が、下記一般式(1)で表される含フッ素単量体(a)、下記一般式(2)で表されるアルコキシ基含有単量体(b)とを必須に含む単量体を共重合して得られる含フッ素共重合体である表面処理粉体
CH=C(−X)−CO−Y−[−(CH−Z−]−(CH−Rf (1)
[式中、Xは、水素原子、炭素数1〜21の直鎖状又は分岐状のアルキル基、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、CFX基(但し、X及びXは、それぞれ水素原子、フッ素原子、塩素原子、臭素原子又はヨウ素原子である。)、シアノ基、炭素数1〜20の直鎖状又は分岐状のフルオロアルキル基、置換又は非置換のベンジル基、置換又は非置換のフェニル基であり;Yは、−O−又は−NH−であり;Zは、直接結合、−S−又は−SO−であり;Rfは、炭素数1〜6のフルオロアルキル基であり;mは1〜10、nは0〜10、pは0又は1である。]
CH=C(R)−COO−(RO)−R (2)
[式中、Rは、水素原子又はメチル基であり;Rは、水素原子の一部又は全部が水酸基で置換されていてもよい炭素数2〜4のアルキレン基;Rは、水素原子または炭素数1〜22の不飽和または飽和の炭化水素基であり;qは、1〜50の整数である。]
(C)油剤 5〜20質量%
を含有することを特徴とする固形粉末化粧料。

【公開番号】特開2011−225558(P2011−225558A)
【公開日】平成23年11月10日(2011.11.10)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−77849(P2011−77849)
【出願日】平成23年3月31日(2011.3.31)
【出願人】(000145862)株式会社コーセー (734)
【Fターム(参考)】