Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の夏専用の果物香料入り冷却ハンドクリームと冬専用の果物香料入りの暖房ハンドクリームの著作権原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって夏専用の果物香料入り冷却ハンドクリームと冬専用の果物香料入りの暖房ハンドクリームの著作権原本商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権に成る。
説明

国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の夏専用の果物香料入り冷却ハンドクリームと冬専用の果物香料入りの暖房ハンドクリームの著作権原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって夏専用の果物香料入り冷却ハンドクリームと冬専用の果物香料入りの暖房ハンドクリームの著作権原本商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権に成る。

【課題】従来のハンドクリームは、メンソレータムのハッカ入りハンドクリーム以外臭いを強く感じるハンドクリームは無く、香水入りのハンドクリームは、日本公開市場には、無い商品で有り、夏と冬の兼用のハンドクリーム市場がすべてで有った。
【解決手段】ハンドクリームに、果物の多種別の香料入り多種商品を作り、今までに使用されていない乳酸ヨーグルト成分を主体としたハンドクリーム成分として、夏専用に固形窒素入りの果物香料入り乳酸ヨーグルトハンドクリームを服の下に塗る事で、冷たい感覚を持続出来る夏専用ハンドクリームと冬専用の超微量の硝酸粉入りの果物香料と乳酸ヨーグルトハンドクリームによって、多種多機能の備わったハンドクリームを夏と冬に使い別ける事で、今までに無い生活環境を得る事が出来るハンドクリーム著作権原本。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本先発明は、一般家庭用のハンドクリームを、夏専用と冬専用に別けたハンドクリーム成分に関する説明で有る。
【背景技術】
【0002】
従来のハンドクリームは、夏専用のハンドクリームが無く、冷却材入りハンドクリームは、無かった。
また、ハッカ入りのメンソレータムハンドクリームは、販売されているが、果物香料入りのハンドクリームは無い。
【0003】
従来のハンドクリームは、コラーゲンを、ハンドクリーム合成成分としたものが有るが、乳酸菌ヨーグルトの混合合成ハンドクリームは、実在していない。
【0004】
従来のハンドクリームは、冬専用のハンドクリームが無かったばかりか、手肌に塗るだけで、手肌が、暖まるハンドクリームは無かった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2012―236606号
【0006】
【特許文献2】特開2012―236605号
【0007】
【特許文献3】特開2012―210703号
【0008】
【特許文献4】特開2012―187001号
【0009】
【特許文献5】特開2012―170063号
【0010】
【特許文献6】特開2012―166951号
【0011】
【特許文献7】特開2012―140584号
【0012】
【特許文献8】特開2012―120440号
【0013】
【特許文献9】特開2012―116727号
【0014】
【特許文献10】特開2012―108140号
【0015】
【特許文献11】特開2012―101790号
【0016】
【特許文献12】特開2012―099506号
【0017】
【特許文献13】特開2012―097559号
【0018】
【特許文献14】特開2012―097558号
【0019】
【特許文献15】特開2012―094548号
【0020】
【特許文献16】特開2012―077607号
【0021】
【特許文献17】特開2012―056558号
【0022】
【特許文献18】特開2012―052788号
【0023】
【特許文献19】特開2012―011211号
【0024】
【特許文献20】特開2011―233228号
【0025】
【特許文献21】特開2011―215148号
【0026】
【特許文献22】特開2011―209290号
【0027】
【特許文献23】特開2011―205895号
【0028】
【特許文献24】特開2011―205675号
【0029】
【特許文献25】特開2011―202498号
【0030】
【特許文献26】特開2011―155267号
【0031】
【特許文献27】特開2011―105307号
【0032】
【特許文献28】特開2011―064060号
【0033】
【特許文献29】特開2011―060294号
【0034】
【特許文献30】特開2010―171943号
【0035】
【特許文献31】特開2010―165355号
【0036】
【特許文献32】特開2006―254697号
【0037】
【特許文献33】特開2004―304993号
【0038】
【特許文献34】特開2004―304992号
【0039】
【特許文献35】特開2004―135480号
【0040】
【特許文献36】特開2003―328925号
【0041】
【特許文献37】登録実用新案第3168043号
【0042】
【特許文献38】登録実用新案第3145963号
【0043】
【特許文献39】登録実用新案第3114491号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0044】
以上述べた従来のハンドクリームは、夏専用と冬専用の物が無く、夏場の厚い時期は、塗ると煩わしさで、臭いの違和感が有り、冬場にハンドクリームを塗っても防寒対策には、ならなかった。
本先発明は、このような従来のハンドクリーム成分が、有していた問題を解決しようとするもので有り、果物香料をハンドクリーム合成する事で、臭いの違和感を取り除く事を目的とするもので有る。
【課題を解決するための手段】
【0045】
そして、本発明は上記目的を、達成する為に果物成分液を、粉末または液体にした果物香料成分を、低温処理で、ハンドクリーム成分と混合合成する事で、手肌に塗る事で、香水の香りの持続性も、期待出来るハンドクリームに成り、果物香料の種類を、増やして、ミント香料などの香料種類を増やしたり、チョコレート香料などの食品香料種類を増やしたり、自然植物香料の種類を、増やす事で、今までに無い、香料種類の多種ハンドクリームとした日本の市場に無い果物香料入りのハンドクリーム。
【0046】
また、第2の課題解決手段は、香料として人になじむ香料を入れたハンドクリームを、コラーゲン以外の手肌に優しい乳酸ヨーグルトを、ハンドクリーム成分と混合合成する事と、香の良い果物香料を主成分とした、乳酸ヨーグルト入りハンドクリームにする事で、香水エチケットと、手肌を、乳酸ヨーグルトで保護する事で、体臭を果物香料で抑える事の出来るハンドクリーム。
【0047】
また、第3の課題解決手段は、夏場の暑い時期に、手肌に果物香料入り乳酸ヨーグルトハンドクリームを塗るだけで、ヒンヤリ感を得る事が出来る夏場の暑さ防止対策として、服の下の地肌にハンドクリームを塗るだけで、ヒンヤリ感を夏の暑い時期に楽しめる、冷却材入りのハンドクリームの一例として、固形窒素超微粒材を内蔵した果物香料入りの乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームを今回考案発明した事で、夏場の暑い時期を、ヒンヤリとした果物香水と乳酸ヨーグルトハンドクリーム成分で、肌を真夏の太陽から服の下から守る事を、目的としている。
【0048】
また、第4の課題解決手段は、冬場の寒い時期に手肌を外気の寒さから守る果物香料入り乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームに、超微量の硝酸粉をハンドクリーム合成内蔵する事で、冬場の寒い時期に、手肌に塗る事で、体の汗の水分とハンドクリーム内の超微量の硝酸粉が、科学反応を起こして、ハンドクリーム成分の硝酸粉の超微量の温度上昇を、目的としたハンドクリーム事態の超微量の温度上昇によって、冬場の外気の温度低下を防ぐ為の、断熱暖房効果の有る超微量の硝酸粉を、内蔵合成した果物香料入りの乳酸ヨーグルト成分入りの冬場専用使用のハンドクリームによって、冬の寒さから体を暖めて手肌の潤いと体臭防止効果の果物香料入りハンドクリームで、今まで内ハンドクリーム市場販売を目的としたハンドクリームの新製品。
作成日 2009年1月17日
作成場所 東京都練馬区大泉学園町5丁目35ー9東財建設で書き始める。
【発明の効果】
【0049】
上述したように、本先発明のハンドクリームは、夏専用と冬専用に別ける事で、ハンドクリーム市場を、香料香水市場と冷房商品市場と暖房商品市場の4つの分野を、ハンドクリーム市場だけで、賄う事を目的とした今までに無い香水入りの夏専用ハンドクリームと冬専用ハンドクリームを別けた果物香水入りハンドクリーム商品を定期用出来る。
【0050】
また、果物香水入りハンドクリームは、乳酸ヨーグルトを、ハンドクリーム成分と合成している為、今までに無い手肌のハンドクリーム成分の吸収を皮膚の中まで助ける為に、ハンドクリーム本来のべとつき感を和らげ、安値の果物香水入りハンドクリームによって、冷えきった経済社会の新しい新商品として市場の活気を与える効果を発揮する。
【発明を実施するための形態】
【0051】
以下、本先発明の実施の形態を、図1から図2に基づいて説明する。
【0052】
図1、に於いて、(1)は通常市販の安値のハンドクリームで有り、(2)は通常ハンドクリームに果物などの香料を、入れたハンドクリームで有り、(3)通常のハンドクリームに薬草などの香料を入れるハンドクリームの作り型で有り、(4)は香料と手や肌に吸収しやすいハンドクリームで有り、(5)果物と乳酸ヨーグルト配合のハンドクリームで有り、(6)は、通常のハンドクリームに果物香料または薬草香料などと、乳酸ヨーグルトを混合合成した香料香水入りの乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームによって、体臭防止効果と手肌に乳酸ヨーグルト乳液を、体に外部吸収させる事で、美肌効果をもたらすハンドクリームの新製品の説明になる。
【0053】
図2、に於いて(7)は、果物香料入りの乳酸ヨーグルト液のハンドクリームで有り、(8)果樹と乳酸ヨーグルトハンドクリームに、液体窒素または固形窒素配合の冷却香料入りハンドクリームで有り、(9)に夏に冷たくなるハンドクリームとして、果物香料と乳酸ヨーグルトハンドクリームで有り、(10)は果物香料入り乳酸ヨーグルト入りハンドクリームで有り、(11)は果物と乳酸ヨーグルトハンドクリームに超微量の硝酸粉を入れて合成する事で、超微量の硝酸粉と人体の汗の水分と科学反応を硝酸粉が、温度上昇を起こして冬の寒さから、人体を寒さから保護する工夫の超微量の硝酸発熱発生効果で有る。
【産業上の利用可能性】
【0054】
2012年12月19日am6時20分の追加書きの第1の産業上の利用の可能性説明では、体に無害の乳酸ヨーグルトは、肌に吸収し易物質の為、乳酸ヨーグルトを、濾過させたヨーグルト乳液に漢方美容薬材を、混合合成させた肌から吸収させる美容液に成る。
【0055】
2012年12月19日am6時30分の追加書きの第2の産業上の利用の可能性説明では、体に無害の乳酸ヨーグルト済まし液に、体に効く薬剤と軽水素トリチウム電子ガスを、混合合成させた体の外部から、軽水素トリチウム電子ガスを、体の皮膚組織から吸収させて、体の内部の酸素と化学反応させて、細胞組織に吸収し易くする方法に成り、陽電子陰電子スパーク発電技術を、使った細胞蘇生活性化装置使用の前段取り作業技術に成る。
【図面の簡単な説明】
【0056】
【図1】本先発明の果物香料と乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームの製造工程図。
【図2】本先発明の夏専用の固形窒素入り果物香料と乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームの製造工程図と冬専用の硝酸粉入りの果物香料と乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームの製造工程図。
【図3】2012年10月31日(水)追加発明の多種多様のハンドクリームを、入れる容器説明に成り、四個又は六個のハンドクリーム蓋を、要した容器も有り2012年12月24日追加書き図面説明。
【符号の説明】
【0057】
1 通常ハンドクリーム
2 果物香料入りハンドクリーム
3 薬草香料入りのハンドクリーム
4 香料と手肌に吸収しやすいハンドクリーム
5 果物香料と乳酸ヨーグルト合成配合のハンドクリーム
6 通常のハンドクリームに多種多様の果物香料と乳酸ヨーグルトハンドクリーム
7 果物香料と薬草入りの乳酸ヨーグルトハンドクリーム
8 固形窒素配合の冷却効果の有る果物香料入り乳酸ヨーグルトハンドクリーム
9 夏に塗る事で、冷たく感じる果物香料と乳酸ヨーグルト入りのハンドクリームまたは化粧品
10 ミント香料入り乳酸ヨーグルトハンドクリーム
11 果物香料と乳酸ヨーグルトハンドクリームの夏専用の超微量の硝酸粉入りの温熱効果の有るハンドクリーム
12 冬専用の冷たい肌を暖める事の出来る人体の汗水分に超微量の科学反応によって、ハンドクリーム自体が超微量に暖まるハンドクリーム。
コメント
2009年1月18日昼PM12時30分43秒に漸く書き終える東京練馬区の和夫墫野ニャンカンキチで有る。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
本先発明のハンドクリームは、果物の粉末香料または、液体香料をハンドクリーム成分と混合合成した果物の香りがするハンドクリーム。
【請求項2】
本先発明のハンドクリームは、手肌に吸収しやすい乳酸ヨーグルトを、果物粉末と乳酸ヨーグルトとハンドクリーム成分を低温で、混合合成させて水分を少しずつ無くしたハンドクリーム。
【請求項3】
本先発明のハンドクリームは、夏用のハンドクリームとして、冷却材を入れたハンドクリームで有り、固形窒素とハンドクリーム成分を、凍らないプラス1度からの低温保持の冷却ハンドクリームを、手肌に塗る事で、夏場の衣類の下の地肌に塗る事で、涼しさを得て地肌のコンデションを整える事の出来る夏場使用だけの冷却材入りハンドクリーム。
【請求項4】
本先発明のハンドクリームは、冬用のハンドクリームとして、暖房材をハンドクリームに入れた新しいハンドクリームで有り、超微量の硝酸粉を、ハンドクリーム成分に混合合成する事で、ハンドクリーム内の超微量硝酸粉入りのハンドクリームを塗る事で、手肌から発生する汗の水分とハンドクリーム内の超微量硝酸粉が、汗に若干の科学反応を、起こしてハンドクリームが、微量温度上昇を、起こして冬の冷たい外気から、体をハンドクリームを塗る事で、体を暖める事の出来る冬専用のハンドクリーム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate