説明

地下構造物用蓋部材の支持体および蓋装置

【課題】 コストの上昇を抑えてしかも組付け施工に高い熟練性を要しない地下構造物の蓋装置および蓋装置を用いた路面設備の提供。
【解決手段】 地下構造物の構造物開口を形成するよう設けられた受枠部の、構造物開口を塞ぐ蓋部材を支持する支持体であって、蓋部材用開口部を有し、受枠部に載置される載置部と、載置部から構造物開口側へ一体に延長されて上面側に舗装工が施される延設部とが設けられ、延設部の延長側端部が構造物開口に対して上方に折曲されることで蓋部材用開口部が設けられている構成の地下構造物用蓋の支持体。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、電線共同溝等の地下構造物用蓋部材の支持体、および蓋装置に関する。
【背景技術】
【0002】
電線共同溝等の地下構造物の蓋装置として、下記特許文献1に示す技術が提案されている。
これは、開口を形成するよう設けた受枠の、前記開口を塞ぐように設けられるもので、外枠部材と、親蓋体と、小蓋体とを別体に有して、外枠部材を受枠に載置し、外枠部材の内側に親蓋体を載置し、親蓋体の内側小蓋体を載置するようにして、外枠部材の上面に舗装材を施すように用いられる。
【特許文献1】特開平10−266249号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
上記従来の蓋装置は、一般的に鋳鉄によって製造されるが、外枠部材と親蓋体とを別体としていると、それぞれの成形に必要な型材が必要であり、また、実際に開口を塞ぐよう施工する際にはそれぞれの部材を組立てる作業が必要になるから、コストが嵩んでしまう。
また、外枠部材と親蓋体とを連結するように組付けるには熟練を要するが、特に外枠部材においてそのサイズが長尺になったりすると、搬入出の際に外枠部材自身の重さによって大きな捩れや歪みが発生することがあって、このような場合では組付け施工にいっそう高い熟練性を有することになる。
【0004】
そこで本発明は、コストの上昇を抑えてしかも組付け施工に高い熟練性を要しない地下構造物の蓋装置および蓋装置を用いた路面設備の提供を課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、地下構造物の構造物開口を形成するよう設けられた受枠部の前記構造物開口を塞ぐ蓋部材を支持する支持体であって、蓋部材用開口部を有し、前記受枠部に載置される載置部と、該載置部から前記構造物開口側へ一体に延長されて上面側に舗装工が施される延設部とが設けられ、該延設部の延長側端部が前記構造物開口に対して上方に折曲されることで前記蓋部材用開口部が設けられていることを特徴としている。
上記構成において、支持体は載置部と延設部とが一体に形成されているから、これを成型するための型材の点数の増加が抑えられ、しかも載置部を受枠部に載置するだけで受枠部に支持体を設置することが可能となって多くの部材どうしを連結するといった時間のかかる作業が不要となり、載置部とこの載置部から一体に延長された延設部を有することでその分だけ全体として強度(剛性)が向上しているから、支持体の搬入出の際にも支持体自身の重さによる変形が抑えられ、載置部を受枠部に載置するだけで受枠部に固定する場合に、受枠部との関係において難しい調節が不要となる。
【0006】
本発明の地下構造物用蓋の支持体は、平面視して中心側に蓋部材用開口部を有した矩形枠状に形成されており、矩形枠状に形成された四辺のうち対向する二辺側のみに載置部が設けられていることを特徴としている。
上記構成において、支持体の四辺のうち対向する二辺側のみに載置部が設けられており、他の二辺には設けられていないから、その分だけ軽量化されて搬入出が楽になり、しかも載置部と延設部とは一体化されているから、載置部が他の二辺には設けられていなくても所定の強度(剛性)が確保される。
【0007】
本発明は、地下構造物の構造物開口を形成するよう設けられた受枠部の前記構造物開口を塞ぐ蓋装置であって、蓋部材用開口部を有する支持体が、前記受枠部に載置される載置部と、該載置部から前記構造物開口側へ一体に延長されて上面側に舗装工が施される延設部とを有し、該延設部の延長側端部が前記構造物開口に対して上方に折曲されることで前記蓋部材用開口部が設けられ、該蓋部材用開口部に施錠手段を介して蓋部材が開閉自在に設けられていることを特徴としている。
上記構成によれば、支持体は載置部と延設部とが一体に形成されているから、これを成型するための型材の点数の増加が抑えられ、しかも載置部を受枠部に載置するだけで受枠部に支持体を設置することが可能となって多くの部材どうしを連結するといった時間のかかる作業が不要となり、載置部とこの載置部から一体に延長された延設部を有することでその分だけ全体として強度(剛性)が向上しているから、支持体の搬入出の際にも支持体自身の重さによる変形が抑えられ、載置部を受枠部に載置するだけで受枠部に固定する場合に、受枠部との関係において難しい調節が不要となる。
また、施錠手段として蓋部材を支持体に対して開閉させる施錠手段のみを要するから、多くの施錠手段を要せず、その分だけコストが低減されるとともに、施工に必要な手間が省かれる。
さらに、延設部の上面側に舗装工を施すことで、露出する部分は蓋部材のみとなって、施工後の優れた外観性に寄与する。
【0008】
本発明の地下構造物の蓋装置では、支持体は、平面視して中心側に蓋部材用開口部を有した矩形枠状に形成されており、矩形枠状に形成された四辺のうち対向する二辺側のみに載置部が設けられていることを特徴としている。
上記構成において、支持体の四辺のうち対向する二辺側のみに載置部が設けられており、他の二辺には設けられていないから、その分だけ軽量化されて搬入出が楽になり、しかも載置部と延設部とは一体化されているから、載置部が他の二辺には設けられていなくても所定の強度(剛性)が確保される。
【0009】
本発明の地下構造物の蓋装置は、支持体の四辺のうち載置部が設けられていない辺側どうしを突き合わせるようにして複数個並設されることを特徴としている。
上記構成のように、載置部のない辺側どうしを突き合わせるように蓋装置を並設することで、載置部のない分だけ蓋装置の設置に要するスペースが小さくてすむ。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、支持体は載置部と延設部とが一体に形成されているから、これを成型するための型材の点数の増加を抑えることができ、しかも載置部を受枠部に載置するだけで受枠部に支持体を設置することが可能となって多くの部材どうしを連結するといった時間のかかる作業が不要となり、載置部とこの載置部から一体に延長された延設部を有することでその分だけ全体として強度(剛性)が向上しているから、支持体の搬入出の際にも支持体自身の重さによる変形を抑えることができ、載置部を受枠部に載置するだけで受枠部に固定する場合に、受枠部との関係において難しい調節が不要となって、施工に高い熟練性を要しない。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。
図1は本発明の実施形態を示す蓋装置の単体正面図、図2は単体平面図、図3は単体底面図、図4は単体側面図、図5は図1のA−A線矢視断面図、図6は図1のB−B線矢視断面図、図7は使用状態を示す断面図である。
【0012】
これらの図に示すように、蓋装置1Aは、地下構造物として、電線ケーブル2Aを収容した電線共同溝2の構造物開口3を上方から覆うものであって、支持体4と蓋部材5とを有する。
支持体4は鋳鉄から平面視して矩形形状に製造されている。支持体4は、構造物開口3を形成するよう設けられた受枠部6に載置される載置部7と、載置部7から構造物開口3側へ水平方向に向けて一体に延長されて且つ上面側に舗装工が施される延設部8と、延設部8の延長側端部が構造物開口3に対して上方に一体で折曲されて形成される蓋部材用開口部10とを有する。
【0013】
受枠部6は、例えば鉄筋コンクリート製カルバートボックスの上端面として構成されており、これは平坦面に形成されている。
載置部7は矩形形状に形成されている支持体4の四辺のうち、対向する二辺側にのみ設けられており、受枠部6に安定して載置されるのに充分な幅を有する細長平板状に形成されている。
また、載置部7はその長さ方向途中に支持体4を受枠部6に固定するための、固定手段としてのアンカーボルト11を装着するための凹部12が複数箇所形成されている。さらに、長手方向途中に上方に突出するリブ13が複数形成されている。
【0014】
延設部8は、載置部7の構造物開口3中心側端部に垂直方向に一体的に折曲形成された段付壁14を介して構造物開口3の中心側に向けて水平方向に延長された平板状部材として構成されている。
蓋部材用開口部10は、延設部8の延長側端部を上方に一体で折曲した平面視して枠状の立上壁15およびこの立上壁15の下端部から下方に向けて延長される垂下壁16から構成されている。したがって、延設部8の中心には平面視して矩形の開口8Aが形成されている。
延設部8の裏面には、縦横に補強リブ9が一体に形成されている。特に、補強リブ9として、載置部7が設けられていない側に対応する二辺側の端部には、延設部8の前後幅に亙る当接リブ9aが形成されている。
さらに、蓋部材用開口部10の上下方向途中部分の内側には、水平方向内方に向けて突出する細長の蓋掛片17が一体に形成されている。この蓋掛片17は蓋部材用開口部10を構成する四辺のうち、載置部7が設けられていない側に対応する二辺側にのみ形成されている。
【0015】
蓋部材用開口部10に、施錠手段18を介して複数(この場合では二枚)の横長の蓋部材5が並設して、且つそれぞれが開閉自在(着脱自在)に設けられている。蓋部材5は蓋部材用開口部10の開口面積にほぼ等しい面積とされて蓋部材用開口部10を隙間なく覆うものである。
施錠手段18としては、一般的に用いられる構成を有したロック・ロック解除装置とされている。施錠手段18は、蓋部材5の対向する短辺側、すなわち蓋掛片17側に対で設けられており、施錠およびその解除は、蓋掛片17に対して行われるよう構成されている。
蓋部材5の下面には補強リブ5aが形成されており、上面には施錠手段18部分を回避するようにして桝目状の区画壁21が形成されている。区画壁21の各区画内にはコンクリート(モルタル)22が充填される。コンクリート22は、区画壁21の上端面と面一になるよう充填される。
【0016】
上記構成の蓋装置1Aでは、載置部7の凹部12にアンカーボルト11を挿入して、受枠部6にアンカーボルト11を埋め込むことで、受枠部6に支持体4を固定することができる。そして、蓋部材用開口部10の蓋掛片17に、蓋部材用開口部10を覆うようにして蓋部材5を載置し、施錠手段18によって蓋部材5を施錠する。
また、延設部8の上面に舗装としてのインターロッキング23を施工する。このようにすることで、蓋装置1Aにおいて路面に露出する部分は蓋部材5のみとなるから、路面設備として良好な景観が得られる。
【0017】
ところで、上記構成の蓋装置1Aでは、支持体4は、受枠部6に載置される載置部7と、載置部7から構造物開口3側へ水平方向に向けて一体に延長されて且つ上面側に舗装工が施される延設部8とを一体に形成している。
このため、支持体4(蓋装置1A)の施工に際して、受枠部6に載置して固定するという施工作業によって、支持体4を容易に受枠部6に組付けることができるといった施工上の有利点がある。
また、載置部7と延設部8とを一体に形成することで、これらを別体に形成してボルト・ナットのような組付手段を用いて組付けることで一体化する場合に比べて、成形型の種類が少なくてすむとともに、施工を容易に行うことができ、また施工に要する時間や熟練性を必要とせず、しかも必要な強度を得やすいから、載置部7を四辺すべてに設けなくとも剛性を確保することが可能となり、したがって、その分だけ蓋装置1A,1B全体の軽量化を実現できる。
【0018】
載置部7と延設部8とを別体に形成した場合では、それぞれの断面積は小さくなるからその分だけ剛性が低下することが考えられる。剛性が低下すると、特に載置部7や延設部8が長尺になった場合では、搬送・搬出の際に、載置部7や延設部8がそれ自体の重さによって捩れたり歪んだりすることが考えられ、このような変形を生じた場合では、その変形を矯正しつつ施工を行わなければならないといった困難性が生じる。
しかしながら、本発明の実施形態では、載置部7と延設部8とを一体に形成していることから、載置部7を矩形形状の四辺のうち、対向する二辺側にのみ設けていただけであっても、搬送・搬出の際に変形が発生しにくく、しかも軽量化を図ることができるから、施工上の困難性を回避することが可能となる。
さらに、載置部7と延設部8とを一体に形成することで常時使用において開閉可能な部分は蓋部材5のみとなるから、その分だけ施錠手段18の個数も少なくてすむというコスト面での利点がある。なお、場合によっては、載置部7を矩形形状の四辺側のすべてに設けて、延設部8と一体に形成することも考えられる。
【0019】
図8では、蓋装置1Aと,蓋装置1Aとは構成を異にする蓋装置1Bを、複数(三個)並べるようにした使用例の平面図を示している。両側の二個の蓋装置1Aは、上記実施形態に示した蓋装置1Aと同様の構成であるが、中央の蓋装置1Bは蓋部材5を三枚設けるようにした構成である。
すなわち、両側の蓋装置1Aでは、蓋部材用開口部10が、支持体4の左右前後の中心に配置した構成、すなわち、蓋部材用開口部10の周囲に延設部8を有する構成であるのに対して、両側の蓋装置1Aに挟まれる中央の蓋装置1Bでは、蓋部材用開口部10を、支持体4の左右方向の中心に配置するよう、延設部8を載置部7のない二辺側にのみ設けた構成である。したがって、蓋掛片17は載置部7のない二辺側にのみ設けている。
【0020】
このような蓋装置1A,1Bどうしを、支持体4の四辺のうち載置部7が設けられていない辺側どうしを同一平面内で突き合わせる(当接させる)ようにして複数個並設されている。なお、中央の蓋装置1Bにおいては、三枚の蓋部材5を設けており、そのうちひとつの蓋部材5は、配電装置(配電ボックス)を兼用している。
この実施形態の場合でも、延設部8の上面に舗装としてのインターロッキング23を施工することで、路面に露出する部分は蓋部材5のみとなるから、路面設備として良好な景観が得られる。蓋装置1A,1Bについての他の作用効果は上記実施形態と同様である。
【0021】
図9に別の実施形態の平面図を示す。図9に示す蓋装置1Cが、図1〜図8の蓋装置1Aと異なる部分の構成を説明する。
これは、延設部8の上面外周端部に立上壁15と同等高さとなる囲壁25を枠状に一体的に形成し、立上壁15と囲壁25との間を複数の区分に仕切る仕切壁26を延設部8の板面上に所定間隔で形成して、平面視して矩形のコンクリート充填用の充填領域27を形成するようにしている。
立上壁15、囲壁25、および仕切壁26によって形成される充填領域27の延設部8の板面上に、小突起28が形成され、仕切壁26の上端面の一部にくぼみ部30が形成されている。充填領域27に充填されたコンクリートは小突起28によって確実に離脱を防止される。
なお、蓋部材5には、区画壁21は設けられておらず、蓋部材5の上面は平坦面に形成されている。
【0022】
上記構成によれば、囲壁25および仕切壁26を設ける分だけ断面係数が向上して剛性が高くなる。そして、コンクリートを充填するとコンクリートは小突起28によって延設部8と強固に一体化して合成構造となるから、支持体4の剛性をいっそう向上させることができる。
【0023】
なお、上記各実施形態では蓋部材5は矩形のものを用いた例を示したが、図10の平面図に示すように、必要に応じて延設部8の中心に平面視して円形の開口8B形成するように立上壁15(蓋部材用開口部10)を形成し、円形の蓋部材20を設けるようにすることも可能である。
この場合、蓋掛片17は環状になる。また、この実施形態に用いるインターロッキングにおいて立上壁15の外周に配置するブロック体は、立上壁15に接触する部分は立上壁15に倣う形状に加工される。他の構成および作用効果は、上記実施形態と同様である。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】本発明の実施形態を示す蓋装置の単体正面図
【図2】同じく単体平面図
【図3】同じく単体底面図
【図4】同じく単体側面図
【図5】同じく図1のA−A線矢視断面図
【図6】同じく図1のB−B線矢視断面図
【図7】同じく使用状態を示す断面図
【図8】別の実施形態を示す使用状態平面図
【図9】さらに別の実施形態を示す蓋装置の平面図
【図10】さらに別の実施形態を示す蓋装置の平面図
【符号の説明】
【0025】
1A,1B,1C…蓋装置、2…電線共同溝、2A…電線ケーブル、3…構造物開口、4…支持体、5…蓋部材、5a…補強リブ、6…受枠部、7…載置部、8…延設部、8A,8B…開口、10…蓋部材用開口部、11…アンカーボルト、12…凹部、13…リブ、14…段付壁、15…立上壁、16…垂下壁、17…蓋掛片、18…施錠手段、20…蓋部材、21…区画壁、22…コンクリート、23…インターロッキング、25…囲壁、26…仕切壁、27…充填領域、28…小突起

【特許請求の範囲】
【請求項1】
地下構造物の構造物開口を形成するよう設けられた受枠部の前記構造物開口を塞ぐ蓋部材を支持する支持体であって、
蓋部材用開口部を有し、前記受枠部に載置される載置部と、該載置部から前記構造物開口側へ一体に延長されて上面側に舗装工が施される延設部とが設けられ、該延設部の延長側端部が前記構造物開口に対して上方に折曲されることで前記蓋部材用開口部が設けられていることを特徴とする地下構造物用蓋の支持体。
【請求項2】
平面視して中心側に蓋部材用開口部を有した矩形枠状に形成されており、矩形枠状に形成された四辺のうち対向する二辺側のみに載置部が設けられていることを特徴とする請求項1記載の地下構造物用蓋の支持体。
【請求項3】
地下構造物の構造物開口を形成するよう設けられた受枠部の前記構造物開口を塞ぐ蓋装置であって、蓋部材用開口部を有する支持体が、前記受枠部に載置される載置部と、該載置部から前記構造物開口側へ一体に延長されて上面側に舗装工が施される延設部とを有し、該延設部の延長側端部が前記構造物開口に対して上方に折曲されることで前記蓋部材用開口部が設けられ、該蓋部材用開口部に施錠手段を介して蓋部材が開閉自在に設けられていることを特徴とする地下構造物の蓋装置。
【請求項4】
支持体は、平面視して中心側に蓋部材用開口部を有した矩形枠状に形成されており、矩形枠状に形成された四辺のうち対向する二辺側のみに載置部が設けられていることを特徴とする請求項3記載の地下構造物の蓋装置。
【請求項5】
支持体の四辺のうち載置部が設けられていない辺側どうしを突き合わせるようにして複数個並設されることを特徴とする請求項4記載の地下構造物の蓋装置。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate


【公開番号】特開2009−215836(P2009−215836A)
【公開日】平成21年9月24日(2009.9.24)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2008−62893(P2008−62893)
【出願日】平成20年3月12日(2008.3.12)
【出願人】(000125842)虹技株式会社 (26)
【出願人】(000225201)那須電機鉄工株式会社 (22)
【出願人】(592005825)佐藤鉄工株式会社 (2)
【Fターム(参考)】