Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
塗料組成物及び塗膜形成方法
説明

塗料組成物及び塗膜形成方法

【課題】
各種工業製品、特に自動車の外板に適用できる全体に高彩度で粒子感、深み感に優れ、観察角度によって大きく色相が変化する塗膜を形成可能なメタリック塗料組成物及び塗膜形成方法を提供することである。
【解決手段】本発明は、金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料及びマルチカラー光輝性顔料を含むメタリック塗料組成物及び基材上に該メタリック塗料組成物を塗装しさらにクリヤー塗料を塗装する塗膜形成方法に関するものである。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、全体に高彩度で粒子感、深み感に優れ、観察角度によって大きく色相が変化する塗膜を形成可能なメタリック組成物及び塗膜形成方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
自動車等の工業製品において、観察角度によって見え方が変化するメタリック塗色の人気は高く、特に高彩度で粒子感がある塗色は、深み感に優れ、高級感がある落ち着いた塗色として注目されている。彩度感を維持し、強い光輝感を発現する複合塗膜の形成方法として、特許文献1には、着色アルミニウムとアルミナフレークとを含有させた光輝性顔料含有塗料組成物を2コート1ベーク工程の塗膜形成方法により複合塗膜化する方法が記載されている。しかしながら、特許文献1に開示の方法で形成された塗膜は、アルミナフレークによる粒子感はあるが、ハイライト(正反射光近傍)からシェード(斜め方向)への変化は明度変化のみであって、やや単調になってしまう問題点があった。
【0003】
特許文献2には、光輝感に優れた複層メタリック塗膜を形成できる塗膜形成法として、着色塗料、メタリック塗料およびクリヤー塗料を順次塗装し、ついで加熱して該3層の塗膜を同時に硬化させた後、該クリヤー塗料の硬化塗面にクリヤー塗料を塗装し、該塗膜を加熱硬化せしめる4コート2ベイク方式の塗膜形成法において、メタリック塗料が、長手方向の平均粒径20〜50μmであるメタリック顔料を含有してなるメタリック塗膜形成法が記載されている。特許文献2に記載の方法によれば、大粒径のメタリック顔料による粒子感に優れた塗膜が得られるが、ハイライトからシェードへの変化は、明度のフリップフロップのみであり、色相変化する塗色が得られる方法ではない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開平11−35856号公報
【特許文献2】特開平9−1050号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明の目的は、全体に高彩度で粒子感、深み感に優れ、観察角度によって大きく色相が変化する塗膜を形成可能なメタリック塗料組成物及び塗膜形成方法を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、
1.金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料及びマルチカラー光輝性顔料を含むメタリック塗料組成物、
2.マルチカラー光輝性顔料が多層構造の鱗片状光干渉性顔料、コレステリック液晶ポリマー、金属酸化物で被覆された鱗片状シリカ顔料から選択されたものである1項に記載の塗料組成物、
3.金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料とマルチカラー光輝性顔料との塗膜に対して45度から照射した光を正反射光に対して25度で受光したときのL*C*h表色系における色相角度の差Δhが90〜180の範囲内である1項又は2項に記載のメタリック塗料組成物、
4.金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料の平均粒子径が15〜50μmの範囲内である1〜3項のいずれか1項に記載のメタリック塗料組成物、
5.金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料との合計含有量が、塗料組成物中のビヒクル形成成分である樹脂固形分100質量部に対して固形分として0.1〜25質量部の範囲内である1〜4項のいずれか1項に記載のメタリック塗料組成物、
6.金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料の質量比が、前者/後者の比で、10/1〜1/5の範囲内である1〜5項のいずれか1項に記載のメタリック塗料組成物、
7.基材に、1〜6項のいずれか1項に記載されたメタリック塗料組成物を塗装し、さらにクリヤー塗料を塗装する塗膜形成方法
に関する。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、全体に高彩度で粒子感、深み感に優れ、観察角度によって大きく色相が変化する塗膜を形成可能なメタリック塗料組成物及び塗膜形成方法を得ることができる。
【発明を実施するための形態】
【0008】
本発明のメタリック塗料組成物は、塗装して得られる塗膜に粒子感を付与し、ハイライトで干渉色を発現せしめることを目的として、金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料を含有する。
【0009】
金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料とは、鱗片状のガラス基材に金属酸化物を被覆したものであって、基材表面が平滑なため、強い光の反射が生じて粒子感を発現する。被覆する金属酸化物としては、特に制限されるものではないが、酸化チタンや酸化鉄が知られている。
【0010】
上記金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料の大きさは、平均粒径が15〜50μmの範囲内のものを使用することが、塗装された塗膜の仕上がり性や粒子感の点から好ましく、より好ましくは粒径が16〜48μmの範囲内もの、特に好ましくは18〜40μmの範囲内ものである。厚さは、等された塗膜の粒子感の点から、0.05〜2μmの範囲内のものを使用することが好ましく、特に好ましくは0.5〜1.6μmの範囲内のものである。ここでいう粒径及び厚さは、光学顕微鏡又は電子顕微鏡で該金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料を観察して得られた数値又はレーザー回折法等のレーザーを用いた粒度分布測定装置で測定された数値を意味する。
【0011】
また、金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料は、塗装して得られる塗膜の仕上がり性の点から、塗料中の樹脂固形分100質量部に対して、合計で0.01〜25質量部の範囲内が好ましく、より好ましくは0.03〜23質量部の範囲内、特に好ましくは0.05〜20質量部の範囲内である。
本発明の塗料組成物は、塗装して得られる塗膜をハイライト(正反射光近傍)からシェード(斜め方向)にかけて色変化せしめることを目的として、マルチカラー光輝性顔料を含有する。マルチカラー光輝性顔料としては、多層構造の鱗片状光干渉性顔料、金属酸化物被覆鱗片状シリカ顔料及びコレステリック液晶ポリマーを挙げることができる。
【0012】
多層構造の鱗片状光干渉性顔料は、多層構造を構成する材料の屈折率や各層の厚さによって、反射する光の波長域が決定されるので、特定の入射・反射方向に対し決まった波長の光だけ強く反射されるため、色が観察角度によって変化する構造色を発現可能なものである。
【0013】
多層構造の鱗片状光干渉性顔料としては、例えば、マイカ、人工マイカ、ガラス、シリカ、酸化鉄、酸化アルミニウムやアルミニウム等各種金属等鱗片状基材の表面に、酸化ジルコニウム、酸化セリウム、二酸化チタン、酸化鉄、硫化亜鉛、フッ化マグネシウム、フッ化アルミニウム、フッ化ナトリウム、酸化ケイ素、酸化アルミニウム、フッ化トリウム、クロミウム等の中から屈折率の異なるものを選択して3層以上の干渉被膜を形成した顔料や、これら屈折率の異なる皮膜を3層以上積層させた顔料を挙げることができる。
【0014】
金属酸化物被覆鱗片状シリカ顔料は、表面が平滑で且つ厚さが均一な基材である鱗片状シリカを、基材とは屈折率が異なる金属酸化物で被覆したものであり、金属酸化物層の厚さが均一であることから、塗料組成物に配合した場合に、塗装して得られた塗膜が観察角度によって色変化するものである。
【0015】
コレステリック液晶ポリマーは、例えば、メタクリロイロキシ基またはアクリロイロキシ基を側鎖に有するポリオルガノシロキサン等の三次元架橋性ポリマーと液晶性物質を基材に、分子をそれぞれ平行な層に整えた後、螺旋構造とするために、電場または磁場により少しずつ異なる分子配向となるように層状に積み重ね、重合反応によって配向した分子を固定化し薄膜層を三次元架橋させた後、基材から分離し、続いて所望の粒子サイズに粉砕することにより得られたものを挙げることができる。
【0016】
コレステリック液晶ポリマーは、螺旋構造を有しているため螺旋構造のピッチ幅、液晶の屈折率によって反射する光の波長域が決定され、特定範囲の波長の反射光が、光波長に相当するピッチの螺旋構造に偏光した光線成分に分割され、螺旋の回転方向に従って反射成分と透過成分となる。観察角度によって、螺旋のピッチが異なるため、色が変化する構造色が発現する。
【0017】
本発明においては、マルチカラー光輝性顔料として特に金属酸化物被覆鱗片状シリカ顔料を使用することが、塗装して得られる塗膜が耐候性に優れること及び入手が容易な点から好ましい。
【0018】
本発明において、マルチカラー光輝性顔料は、塗膜の仕上がり性の点から、長手方向の平均粒子径(D50)が1〜50μmの範囲内のものを使用することが好ましく、3〜30μmの範囲内のものを使用することがより好ましく、5〜25μmの範囲内のものを使用することが特に好ましい。また厚さは、0.01μm〜10μmの範囲内のものを使用することが好ましく、0.1μm〜5μmの範囲内のものを使用することが特に好ましい。
【0019】
上記マルチカラー光輝性顔料の含有量は、塗装して得られる塗膜のハイライトからフェースに適度な色相変化を発現する点から、塗料組成物中の樹脂組成物の固形分100質量部に対して、0.01〜50質量部の範囲内であることが好ましく、さらに好ましくは0.03〜40質量部の範囲内、特に好ましくは0.05〜20質量部の範囲内である。
【0020】
本発明の塗料組成物においては、塗装して得られる塗膜の粒子感や深み感の点から、上記金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料とは、塗膜に対して45度から照射した光を正反射光に対して25度で受光したときのL*C*h表色系における色相角度の差Δhが90〜180度の範囲内である組合せとすることが好ましい。L*C*h表色系とは、1976年に国際照明委員会で規定され、JIS Z 8729にも採用されているL*a*b*表色系をベースに考案された表色系であって、hは色相角度を表わし、色度図において赤方向の軸を0°として、反時計方向に移動した角度である。色相角度の差Δhとは、一方の色の色相角度h1と他方の色の色相角度h2との差分の角度の最小値を意味する。以下、具体的な測定方法の例を挙げる。水酸基含有アクリル樹脂(水酸基価100、数平均分子量20000)及びメラミン樹脂からなる樹脂成分100固形分質量部あたり、該鱗片状光輝性顔料を15質量部配合して攪拌混合し、塗装に適正な粘度に希釈して、固形分約25%の有機溶剤型塗料を調整して得られた塗料を、予め黒色(N−2)の塗膜を形成した塗板上に硬化塗膜として20μmの膜厚となるようにエアスプレー塗装し、室温にて15分間放置し、その後に熱風乾燥機を使用して140℃で30分加熱して硬化乾燥せしめて得られた塗膜をX−Rite社製のMA−68II(商品名)を使用して、塗膜に45度の角度から照射した光を正反射光に対して25度の角度で受光したときの分光反射率から計算して色相角度hを取得し、各々の鱗片状光輝性顔料について得られた色相角度の差分を得ることができる。
【0021】
本発明のメタリック塗料組成物において、上記金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料の合計の含有量は、塗膜の仕上がり性の点から、塗料中の樹脂固形分100質量部に対して、合計で0.02〜35質量部の範囲内が好ましく、より好ましくは0.05〜30質量部の範囲内、特に好ましくは0.1〜25質量部の範囲内である。
【0022】
また、金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料との含有量の比は、隠蔽力や仕上がりの点から、前者/後者の質量比として10/1〜1/5の範囲内であることが好ましい。
【0023】
本発明のメタリック塗料組成物は、塗装して得られる塗膜の色相を微調整することを目的として、着色顔料を含有することができる。着色顔料としては、特に制限されるものではないが、具体的には、透明性酸化鉄顔料、チタンイエロー等の複合酸化物顔料等の無機顔料やアゾ系顔料、キナクリドン系顔料、ジケトピロロピロール系顔料、ペリレン系顔料、ペリノン系顔料、ベンズイミダゾロン系顔料、イソインドリン系顔料、イソインドリノン系顔料、金属キレートアゾ系顔料、フタロシアニン系顔料、アンスラキノン系顔料、ジオキサジン系顔料、スレン系顔料、インジゴ系顔料等の有機顔料、カーボンブラック顔料等の中から任意のものを1種もしくはそれ以上を組み合わせて使用することができる。
【0024】
本発明のメタリック塗料組成物に着色顔料を配合せしめる場合その含有量は、塗膜の深み感の点から、塗料中の樹脂固形分100質量部に対し0.01〜30質量部の範囲内であることが好ましく、より好ましくは0.1〜25質量部、特に好ましくは0.2〜20質量部の範囲内であることが好ましい。
【0025】
本発明のメタリック塗料組成物には、通常、ビヒクルとして、樹脂成分を含有することができる。樹脂成分としては、具体的には、水酸基などの架橋性官能基を有する、アクリル樹脂、ポリエステル樹脂、アルキド樹脂、ウレタン樹脂などの基体樹脂と、メラミン樹脂、尿素樹脂、ポリイソシアネ−ト化合物(ブロック体も含む)などの架橋剤とを併用したものが挙げられ、これらは有機溶剤及び/又は水などの溶媒に溶解または分散して使用される。
【0026】
さらに、本発明のメタリック塗料組成物には、必要に応じて、水あるいは有機溶剤等の溶媒、顔料分散剤、沈降防止剤、硬化触媒、消泡剤、酸化防止剤、紫外線吸収剤、表面調整剤、レオロジーコントロール剤等の各種添加剤、体質顔料などを適宜配合することができる。
【0027】
本発明のメタリック塗料組成物は、前述の成分を混合分散せしめることによって調製される。塗装時の固形分含有率を、塗料組成物に基づいて、12〜60質量%、好ましくは15〜50質量%に調整しておくことが好ましい。
【0028】
次に本発明の塗膜形成方法について説明する。本発明の塗膜形成方法においては、上記の如きメタリック塗料組成物を基材に塗装し、さらに得られた塗膜上にクリヤー塗料を塗装する。
【0029】
基材としては、鉄、亜鉛、アルミニウム、マグネシウム等の金属やこれらを含む合金、及びこれらの金属によるメッキまたは蒸着が施された成型物、ならびに、ガラス、プラスチックや発泡体などによる成型物等を挙げることができる。さらにこれらの素材に応じて適宜、脱脂処理や表面処理を行なったものを基材とすることができる。さらに、上記基材に下塗り塗膜や中塗り塗膜を形成させて基材とすることもでき、これらのものが特に好ましい。
【0030】
上記下塗り塗膜とは、素材表面を隠蔽したり、素材に防食性及び防錆性などを付与するために形成されるものであり、下塗り塗料を塗装し、乾燥、硬化することによって得ることができる。この下塗り塗料種としては特に限定されるものではなく、例えば、電着塗料、溶剤型プライマー等を挙げることができる。
【0031】
また、上記中塗り塗膜とは、素材表面や下塗り塗膜を隠蔽したり、付着性や耐チッピング性などを付与したり、複層塗膜における明度を調整するために形成されるものであり、素材表面や下塗り塗膜上に、中塗り塗料を塗装し、乾燥、硬化することによって得ることができる。中塗り塗料種は、特に限定されるものではなく、既知のものを使用でき、例えば、熱硬化性樹脂組成物及び着色顔料を必須成分とする有機溶剤系又は水系の中塗り塗料を好ましく使用できる。
【0032】
特に基材として、下塗り塗膜あるいは中塗り塗膜を形成させる場合においては、下塗り
塗膜及び中塗り塗膜を加熱し、架橋硬化後に前述のメタリック塗料組成物を塗装することができる。あるいは、下塗り塗膜を加熱し、架橋硬化後に中塗り塗膜を形成せしめ、中塗り塗膜が未硬化の状態で、前述のメタリック塗料組成物を塗装することもできる。又は、下塗り塗膜及び中塗り塗膜が未硬化の状態で前述のメタリック塗料組成物を塗装してもよい。
【0033】
本発明のメタリック塗料組成物は、上記各種基材に静電塗装、エアスプレー、エアレススプレーなどの方法で塗装することができ、その膜厚は硬化塗膜に基づいて5〜30μmの範囲内とするのが、塗膜の平滑性の点から好ましい。通常、所定の膜厚となるように塗装した後に、加熱し、乾燥硬化せしめることができるが、未硬化の状態で後述するクリヤー塗料を塗装することができる。本発明のメタリック塗料組成物の塗膜それ自体は、焼き付け乾燥型の場合、通常、約50〜約180℃の温度で架橋硬化させることができ、常温乾燥型又は強制乾燥型の場合には、通常、常温乾燥〜約80℃の温度で硬化させることができる。
【0034】
本発明方法におけるクリヤー塗料は、前述のメタリック塗料組成物の未硬化もしくは硬化させてなる塗面に塗装する塗料であり、樹脂成分および溶剤を主成分とし、さらに必要に応じてその他の塗料用添加剤などを配合してなる無色もしくは有色の透明塗膜を形成する液状塗料である。
【0035】
本発明方法におけるクリヤー塗料としては、従来公知のものが制限なく使用できる。例
えば、基体樹脂及び架橋剤を含有する液状もしくは粉体状の塗料組成物が適用できる。基
体樹脂の例としては、水酸基、カルボキシル基、シラノ−ル基、エポキシ基などの架橋性
官能基を含有する、アクリル樹脂、ポリエステル樹脂、アルキド樹脂、フッ素樹脂、ウレ
タン樹脂、シリコン含有樹脂などが挙げられる。架橋剤としては、前記基体樹脂の官能基
と反応しうるメラミン樹脂、尿素樹脂、ポリイソシアネ−ト化合物、ブロックポリイソシ
アネ−ト化合物、エポキシ化合物又は樹脂、カルボキシル基含有化合物又は樹脂、酸無水
物、アルコキシシラン基含有化合物又は樹脂等が挙げられる。また、必要に応じて、水や
有機溶剤等の溶媒、硬化触媒、消泡剤、紫外線吸収剤、レオロジーコントロール剤、酸化
防止剤、表面調整剤等の添加剤を適宜配合することができる。
【0036】
本発明方法におけるクリヤー塗料には、透明性を損なわない範囲内において、着色顔料
を適時配合することができる。着色顔料としては、インク用、塗料用として従来公知の顔
料を1種あるいは2種以上を組み合わせて配合することができる。その添加量は、適宜決
定されて良いが、クリヤー塗膜中の樹脂固形分100質量部に対して、固形分として30
質量部以下、好ましくは0.01〜15質量部、特に好ましくは0.01〜10質量部の範
囲内である。
【0037】
本発明方法におけるクリヤー塗料は、静電塗装、エアスプレ−、エアレススプレ−などの方法で塗装することができ、その膜厚は硬化塗膜に基づいて15〜70μmの範囲内とするのが好ましい。クリヤー塗料の塗膜それ自体は、焼き付け乾燥型の場合、通常、約50〜約180℃の温度で架橋硬化させることができ、常温乾燥型又は強制乾燥型の場合には、通常、常温乾燥〜約80℃の温度で架橋硬化させることができる。
【実施例】
【0038】
以下、実施例及び比較例を挙げて本発明をさらに具体的に説明する。ただし、本発明はこれらの実施例のみに限定されるものではない。なお、「部」及び「%」はいずれも質量基準によるものである。
(製造例1)水酸基含有アクリル樹脂の製造
温度計、サーモスタット、撹拌器、還流冷却器及び滴下装置を備えた反応容器にエチレングリコールモノエチルエーテルアセテート50部を仕込み、撹拌混合し、135℃に昇温した。次いで下記のモノマー/重合開始剤の混合物を3時間かけて、同温度に保持した反応容器内に滴下し、滴下終了後1時間熟成を行なった。その後、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート10部、2,2‘−アゾビス(2−メチルプロピオニトリル)0.6部からなる混合物を135℃に保持した反応容器内に1時間30分かけて滴下し、さらに2時間熟成した。次にエチレングリコールモノエチルエーテルアセテートを減圧下で留去し、樹脂固形分65質量%の水酸基含有アクリル樹脂溶液を得た。得られた水酸基含有樹脂は、水酸基価54mgKOH/g、数平均分子量20,000であった。ここで数平均分子量とは、ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)によって標準ポリスチレンの検量線を用いて測定したものを意味する。
モノマー/重合開始剤の混合物:
メチルメタクリレ−ト38部、エチルアクリレ−ト17部、n−ブチルアクリレ−ト17部、ヒドロキシエチルメタクリレ−ト7部、ラウリルメタクリレ−ト20部及びアクリル酸1部及び2,2'−アゾビス(2−メチルプロピオニトリル)2部からなる混合物。
【0039】
(鱗片状光輝性顔料の色測定)
実施例の塗料組成物に配合せしめる塗膜形成されたときの鱗片状光輝性顔料のハイライトにおける色相を次に示す要領で測定し、結果を表1欄外に示した。予め測定に供する光干渉性顔料にエチレングリコールモノブチルエーテルを加えて攪拌し、固形分50質量%の高濃度鱗片状光輝性顔料液を調製し、製造例1で得た水酸基含有アクリル樹脂溶液を固形分として75部、ユーバン28−60(商品名、ブチルエーテル化メラミン樹脂、三井化学社製)を固形分として25部からなるビヒクル形成成分である樹脂固形分100質量部に対して、顔料の固形分が20質量部となるように添加し、さらに有機溶剤を加えて攪拌混合し、20℃における粘度を20秒/フォ−ドカップ#3の塗料を調製した。得られた塗料を予め黒色(N−2)の中塗塗膜が形成された鋼板を溶剤脱脂した基材に、硬化塗膜として20μmとなるようにエア霧化静電スプレー塗装し、室温約20℃の実験室に5分放置した後に、クリヤー塗料「ル−ガベ−ククリヤ−」(商品名、関西ペイント製、アクリル樹脂・アミノ樹脂系、有機溶剤型)をミニベル型回転式静電塗装機を用いて、ブ−ス温度25℃、湿度75%の条件で硬化塗膜として、30μmとなるように塗装した。塗装後、室温にて15分間放置した後に、熱風循環式乾燥炉内を使用して、140℃で30分間加熱し、複層塗膜を同時に乾燥硬化せしめて、測定に供する塗板を作成した。
【0040】
得られた塗板の色をX−Rite社製のMA−68II(商品名)使用して、塗板に45度の角度から照射した光を正反射光から25度で受光したときの分光反射率から色相角度を求め、結果を表1欄外に示した。
実施例1〜3,比較例1〜3
(塗料組成物の調製)
製造例1で得た水酸基含有アクリル樹脂溶液を固形分として75部、ユーバン28−60(商品名、ブチルエーテル化メラミン樹脂、三井化学社製)を固形分として25部からなるビヒクル形成成分である樹脂固形分100質量部に対して、鱗片状光輝性顔料を表1に示す比率で配合して攪拌混合し、さらに有機溶剤を加えて希釈して、固形分約25%の有機溶剤型塗料を調製し、実施例及び比較例に使用する塗料組成物1〜6を調製した。
【0041】
【表1】

【0042】
(試験板の作成)
基材の調製
脱脂及びりん酸亜鉛処理した鋼板(JISG3141、大きさ400×300×0.8mm)にカチオン電着塗料「エレクロン9400HB」(商品名:関西ペイント株式会社製、エポキシ樹脂ポリアミン系カチオン樹脂に硬化剤としてブロックポリイソシアネ−ト化合物を使用したもの)を硬化塗膜に基づいて膜厚20μmになるように電着塗装し、170℃で20分加熱して架橋硬化させて電着塗膜を得た。
【0043】
得られた電着塗面に、中塗塗料「ル−ガベ−ク中塗りグレ−」(商品名:関西ペイント株式会社製、ポリエステル樹脂・メラミン樹脂系、有機溶剤型)をエアスプレーにて硬化塗膜に基づいて膜厚30μmになるように塗装し、140℃で30分加熱して架橋硬化させて、中塗塗膜を形成した塗板を基材とした。
(2)塗料組成物及びクリヤー塗料の塗装
上記基材に塗料組成物1〜6をエアスプレーを用いて、硬化塗膜として20μmとなるように塗装し、塗装後、室温約20℃の実験室に約15分静置し、その後にクリヤー塗料「ルーガベーククリヤー」(商品名:関西ペイント製、アクリル樹脂・アミノ樹脂系、有機溶剤型)をミニベル型回転式静電塗装機を用いて、ブ−ス温度25℃、湿度75%の条件で硬化塗膜として、30μmとなるように塗装した。塗装後、室温にて15分間放置した後に、熱風循環式乾燥炉内を使用して、140℃で30分間加熱し、複層塗膜を同時に乾燥硬化せしめて試験板を得た。
(評価)
上記試験板の意匠性を以下の要領にて評価し、結果を表1に示した。
作成した塗板を、人工太陽灯(セリック社製、色温度6500K)で照明し、試験板の照明に対する角度を変えて観察して、彩度(ハイライト〜シェードにおける鮮やかさ)、粒子感(観察角度を変えるとキラキラと輝く効果)及び色相変化(ハイライト〜シェードへの色相変化)について、目視にて評価した。評価は、色彩開発に3年以上従事するデザイナー2名と技術者3名の計5名が行ない、平均点を採用した。
彩度
4:彩度が高い。
3:彩度がある。
2:彩度が乏しい。
1:彩度がない。
粒子感
4:粒子感が強い。
3:粒子感がある。
2:粒子感が乏しい。
1:粒子感がない。
深み感
3:深み感が強い。
2:深み感を弱い。
1:深み感がない
色相変化
3:大きな色相変化がある。
2:小さな色相変化がある。
1:色相変化がほとんどない。
【産業上の利用可能性】
【0044】
本発明のメタリック塗料組成物及び塗膜形成方法は、各種工業製品、特に自動車外板に適用できる。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料及びマルチカラー光輝性顔料を含むメタリック塗料組成物。
【請求項2】
マルチカラー光輝性顔料が多層構造の鱗片状光干渉性顔料、コレステリック液晶ポリマー、金属酸化物で被覆された鱗片状シリカ顔料から選択されたものである請求項1に記載の塗料組成物。
【請求項3】
金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料との、塗膜に対して45度から照射した光を正反射光に対して25度で受光したときのL*C*h表色系における色相角度の差Δhが90〜180の範囲内である請求項1又は2に記載のメタリック塗料組成物。
【請求項4】
金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料の平均粒子径が15〜50μmの範囲内である請求項1〜3のいずれか1項に記載のメタリック塗料組成物。
【請求項5】
金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料との合計含有量が、塗料組成物中のビヒクル形成成分である樹脂固形分100質量部に対して固形分として0.1〜25質量部の範囲内である請求項1〜4のいずれか1項に記載のメタリック塗料組成物。
【請求項6】
金属酸化物被覆ガラスフレーク顔料と、マルチカラー光輝性顔料の質量比が、前者/後者の比で、10/1〜1/5の範囲内である請求項1〜5のいずれか1項に記載のメタリック塗料組成物。
【請求項7】
基材に、請求項1〜6のいずれか1項に記載されたメタリック塗料組成物を塗装し、さらにクリヤー塗料を塗装する塗膜形成方法。

【公開番号】特開2012−21089(P2012−21089A)
【公開日】平成24年2月2日(2012.2.2)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−160743(P2010−160743)
【出願日】平成22年7月15日(2010.7.15)
【出願人】(000001409)関西ペイント株式会社 (815)
【Fターム(参考)】