説明

射出成形機の除圧方法

【課題】 高精度で安定した動作制御を実現することに加え、省エネルギ性を高めるとともに、速やかな圧力降下を実現する。
【解決手段】 駆動モータ2の回転数を可変制御することにより少なくとも作動油の吐出圧力を制御可能な可変吐出型油圧ポンプ3を備え、この可変吐出型油圧ポンプ3により所定の油圧アクチュエータ(4a…)を駆動して成形サイクルにおける所定の動作工程に対する制御を行った際に上昇した油圧回路5の残留圧力Prを所定の除圧目標圧力Pnまで低下させるに際し、駆動モータ2を回転自由状態にし、残留圧力Prが存在する油圧回路5とオイルタンク6を可変吐出型油圧ポンプ3を介して接続状態にすることにより、駆動モータ2から発生する回生電力Wpを蓄電し、蓄電した回生電力Wpを含む電力を駆動モータ2に供給する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、油圧ポンプの運転により上昇した油圧回路の残留圧力を除圧する際に用いて好適な射出成形機の除圧方法に関する。
【背景技術】
【0002】
一般に、油圧式の射出成形機では、油圧ポンプを備える油圧駆動部により所定の油圧アクチュエータが駆動され、これに基づいて成形サイクルにおける計量工程や射出工程等の各動作工程に対する制御が行われる。また、動作工程が切換わる際には、前の動作工程の挙動(残留圧力)が次の動作工程に影響を与えることなく、円滑かつ速やかに切換わるように、通常、油圧回路(油圧アクチュエータ)に対する除圧処理が行われる。
【0003】
従来、このような除圧方法としては、既に本出願人が提案した特許文献1で開示される射出成形機の制御方法が知られている。この制御方法は、油圧ポンプにおける駆動モータの回転数を可変制御し、所定の油圧アクチュエータを駆動することにより成形サイクルにおける所定の動作工程の制御を行う制御方法であって、動作工程における圧力を所定圧力まで低下させる際に、駆動モータを逆回転制御することにより圧力を強制的に低下させるようにしたものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2007−69502号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、上述した従来における射出成形機の制御方法(除圧方法)は、次のような解決すべき課題が存在した。
【0006】
第一に、動作工程における圧力を所定圧力まで低下させる際に、駆動モータを逆回転制御することにより圧力を強制的に低下させる方法により除圧(圧抜き)を行うため、成形には直接関係しない区間で油圧ポンプ(駆動モータ)を作動させることになり、いわば、本来、無くても良いエネルギ消費が発生する。したがって、省エネルギ性の観点からは望ましいものではない。
【0007】
第二に、駆動モータを逆回転制御することにより圧力を強制的に低下させるため、除圧処理自体は、例えば、圧力制御弁を介して残留圧力を自然降下させる除圧方法に比べ、速やかに行うことができる。しかし、駆動モータを逆回転制御するため、実質的な除圧処理が行われるまで、即ち、強制的に低下させることができるまでは、相応の時間がかかるなど、除圧に係わる全体の所要時間に関しては必ずしも優位性があるとは言えない場合もあった。また、強制的に低下させるため、駆動モータやゴム配管へ負荷がかかる等、耐久性の観点からも望ましいものではない。
【0008】
本発明は、このような背景技術に存在する課題を解決した射出成形機の除圧方法の提供を目的とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明に係る射出成形機の除圧方法は、上述した課題を解決するため、駆動モータ2の回転数を可変制御することにより少なくとも作動油の吐出圧力を制御可能な可変吐出型油圧ポンプ3を備え、この可変吐出型油圧ポンプ3により所定の油圧アクチュエータ(4a…)を駆動して成形サイクルにおける所定の動作工程に対する制御を行った際に上昇した油圧回路5の残留圧力Prを所定の除圧目標圧力Pnまで低下させるに際し、駆動モータ2を回転自由状態にし、残留圧力Prが存在する油圧回路5の作動油を可変吐出型油圧ポンプ3を介してオイルタンク6に逆流させるとともに、駆動モータ2から発生する回生電力Wpを蓄電し、蓄電した回生電力Wpを含む電力を駆動モータ2に供給するようにしたことを特徴とする。
【0010】
この場合、発明の好適な態様により、所定の除圧目標圧力Pnには、アンロード圧力を適用することができる。また、除圧処理は、残留圧力Prと除圧目標圧力Pnの圧力差Pr−Pnが予め設定した所定の大きさとなる設定値Ps以上であることを条件に行うことができる。一方、この除圧処理は、任意の動作工程から次の動作工程への切換区間に行うことができ、この切換区間には、少なくとも保圧工程から計量工程への切換区間を含ませることができる。他方、可変吐出型油圧ポンプ3には、最大吐出流量が異なる複数の固定吐出流量Qm,Qsを設定する設定機能を設けるとともに、除圧処理時には、最も大きい固定吐出流量Qmに切換えることができる。
【発明の効果】
【0011】
このような手法による本発明に係る射出成形機の除圧方法によれば、次のような顕著な効果を奏する。
【0012】
(1) 動作切換時におけるショック圧の発生等の不具合を回避し、円滑な切換えを行うことができ、高精度で安定した動作制御を実現できるという効果に加え、基本的には、駆動モータ2を回転自由状態にすることで実現できるため、除圧に伴う無用なエネルギ消費を回避できるとともに、駆動モータ2から発生する回生電力Wpを再利用することにより、より省エネルギ性を高めることができる。特に、駆動源に油圧ポンプを用いる油圧式射出成形機の場合、単一駆動源により複数工程を連続して行うため、複数の駆動源により各工程を個別に行う電動式射出成形機に比べて回生電力の利用効率を高めることが可能となり、省エネルギ性を高める観点からより好適となる。
【0013】
(2) 駆動モータ2を回転自由状態にすれば足りるため、速やかに実質的な除圧処理に移行させることができる。したがって、自然降下させて除圧する方法を採用するも、除圧に係わる全体の所要時間に関しては、必ずしも不利にならず、速やかに圧力を降下させ得るという優位性を確保できる。また、駆動モータ2の逆回転動作等を伴わないため、駆動モータ2やゴム配管へ無用な負荷がかかる不具合は発生せず、耐久性の観点からも有利になる。
【0014】
(3) 好適な態様により、所定の除圧目標圧力Pnに、アンロード圧力を適用すれば、射出シリンダ等の油圧アクチュエータを含む油圧回路5内全体の残留圧力Prに対する実質的な除圧を確実に行うことができる。
【0015】
(4) 好適な態様により、除圧処理を、残留圧力Prと除圧目標圧力Pnの圧力差Pr−Pnが予め設定した所定の大きさとなる設定値Ps以上であることを条件に行うようにすれば、残留圧力Prの大きさが除圧を行う必要のない大きさであれば、除圧処理は行われないため、無駄な除圧処理を回避して速やかに次の動作工程に移行させることができ、成形サイクルの短縮、更には生産効率の向上に寄与できる。
【0016】
(5) 好適な態様により、除圧処理を、任意の動作工程から次の動作工程への切換区間に行うとともに、特に、切換区間として、少なくとも保圧工程から計量工程への切換区間を含ませれば、射出成形時における最も影響が大きい動作工程の切換区間での除圧処理が実現されるため、計量工程の更なる計量精度の向上及び計量の安定化を図ることができる。
【0017】
(6) 好適な態様により、可変吐出型油圧ポンプ3に、最大吐出流量が異なる複数の固定吐出流量Qm,Qsを設定する設定機能を設けるとともに、除圧処理時に、最も大きい固定吐出流量Qmに切換えれば、除圧処理をより迅速及び円滑(確実)に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本発明の好適実施形態に係る射出成形機の除圧方法を順を追って説明するためのフローチャート、
【図2】同除圧方法に用いる射出成形機の油圧駆動部を含む構成図、
【図3】同射出成形機における油圧駆動部のブロック回路図、
【図4】同射出成形機の成形サイクルにおける一部の動作工程である計量工程と射出工程で行われる具体的な動作名とアンロード指令の有無を示したリスト、
【図5】同射出成形機の射出装置側における油圧回路を抽出した油圧回路図、
【図6】同除圧方法を用いた際における時間に対するポンプ圧及び駆動モータ回転数の変化図、
【発明を実施するための形態】
【0019】
次に、本発明に係る好適実施形態を挙げ、図面に基づき詳細に説明する。
【0020】
まず、本実施形態に係る除圧方法を実施できる射出成形機Mの構成について、図2〜図4を参照して説明する。
【0021】
図2において、Mは射出成形機であり、射出装置Miと型締装置Mcを備える。射出成形機Mは、油圧アクチュエータ(4a…)として、射出装置Miにおける加熱筒12に内蔵したスクリュ13を進退させる射出シリンダ4a及び当該スクリュ13を回転させる計量モータ(オイルモータ)4bを備えるとともに、型締装置Mcにおける金型15に対する型開閉及び型締を行う型締シリンダ4c及び金型15における成形品の突き出し(エジェクタ)を行う突出しシリンダ4d(図3)を備える。また、射出装置Miを進退移動させて金型15に対するノズルタッチ又はその解除を行う射出装置移動シリンダ4e(図3)を備える。
【0022】
一方、21は油圧駆動部であり、油圧駆動源となる可変吐出型油圧ポンプ3及び切換バルブ回路22を備える。可変吐出型油圧ポンプ3は、ポンプ部25とこのポンプ部25を回転駆動するサーボモータ2s(駆動モータ2)を備える。サーボモータ2sには交流サーボモータを使用し、このサーボモータ2sは、回生回路9及びコンバータ8を介して電源(三相交流電源)7に接続する。回生回路9は、電源7側から、平滑蓄電部9a,インバータ(サーボ回路)9bを備え、インバータ9bにサーボモータ2sを接続する。この場合、回生回路9自体は、公知の回路構成を利用できる。さらに、サーボモータ2sには、このサーボモータ2sの回転数を検出するロータリエンコーダ2seを付設し、このロータリエンコーダ2seはインバータ9bに接続する。
【0023】
また、ポンプ部25は、斜板型ピストンポンプにより構成するポンプ機体26を内蔵する。したがって、ポンプ部25は、斜板27を備え、斜板27の傾斜角となる斜板角Rsを大きくすれば、ポンプ機体26におけるポンプピストンのストロークが大きくなり、吐出流量が増加するとともに、斜板角Rsを小さくすれば、同ポンプピストンのストロークが小さくなり、吐出流量が減少する。よって、斜板角Rsを所定の角度に設定することにより、最大吐出流量が所定の大きさに固定される固定吐出流量Qm…を設定することができる。例示の場合、二つの固定吐出流量、即ち、小流量の固定吐出流量Qsと大流量の固定吐出流量Qmを設定できるようにした。なお、小流量の固定吐出流量Qsは、標準となる大きさの吐出流量を設定できるとともに、大流量の固定吐出流量Qmは、小流量の固定吐出流量Qsの2倍程度の大きさを設定でき、特に、大流量の固定吐出流量Qmは、短時間であれば、駆動モータ2(サーボモータ2s)に悪影響を及ぼさない大きさを考慮して設定できる。さらに、斜板27には、コントロールシリンダ28及び戻しスプリング29を付設するとともに、コントロールシリンダ28は、切換バルブ(電磁バルブ)30を介してポンプ部25(ポンプ機体26)の吐出口に接続する。これにより、斜板27の角度は、コントロールシリンダ28により変更することができる。
【0024】
よって、このような構成により、サーボモータ2sの回転数を可変制御すれば、油圧ポンプ3の吐出流量及び吐出圧力を可変することができる。したかって、上述した各シリンダ4a,4c,4d,4e及び計量モータ4bの駆動制御により、成形サイクルにおける各動作工程の制御を行うことができる。なお、31は油圧ポンプ3の吐出圧力を検出する圧力センサであり、本実施形態に係る除圧方法で用いる残留圧力Prを検出することができる。
【0025】
他方、ポンプ部25の吸入口は、オイルタンク6に接続するとともに、ポンプ部25の吐出口は、切換バルブ回路22の一次側に接続し、さらに、切換バルブ回路22の二次側は、図3に示すように、射出成形機Mにおける油圧アクチュエータを構成する射出シリンダ4a,計量モータ4b,型締シリンダ4c,突出しシリンダ4d及び射出装置移動シリンダ4eに接続する。したがって、切換バルブ回路22には、少なくとも、射出シリンダ4a,計量モータ4b,型締シリンダ4c,突出しシリンダ4d及び射出装置移動シリンダ4eにそれぞれ接続する切換バルブ(電磁バルブ)22a,22b,22c,22d及び22eを備えている。なお、各切換バルブ22a…は、それぞれ一又は二以上のバルブ部品をはじめ、必要な付属油圧部品等により構成され、少なくとも、射出シリンダ4a,計量モータ4b,型締シリンダ4c,突出しシリンダ4d及び射出装置移動シリンダ4eに対する作動油の供給,停止,排出に係わる切換機能を有する。この切換バルブ回路22と各油圧アクチュエータ(4a…)は油圧回路5を構成する。
【0026】
また、41は成形機コントローラを示す。この成形機コントローラ41には、上述したインバータ9b及びコンバータ8を接続するとともに、電磁バルブを用いた各切換バルブ22a,22b,22c,22d,22e及び切換バルブ30、更には、圧力センサ31を接続する。成形機コントローラ41は、CPU,メモリ,電源ユニット等を含むコンピュータ機能を備え、全体の制御を司るとともに、本実施形態に係る除圧方法を実行するための処理プログラム(シーケンスプログラム)を備えている。
さらに、図4には、射出装置Mi側における油圧回路51(5)を抽出して示す。同図において、52,53はバルブ部品としての切換バルブ、54は背圧制御回路をそれぞれ示し、各部品及び回路は、同図のように接続又は配管される。また、4apは、射出シリンダ4aに内蔵した片ロッドタイプのピストンを示すとともに、4arは、射出シリンダ4aの後油室を示す。なお、図4の他の構成における図2及び図3と同一部分には、同一符号を付してその構成を明確にし、その詳細な説明を省略するとともに、この油圧回路51の動作(機能)については後述する。
【0027】
次に、このような射出成形機Mを用いた本実施形態に係る除圧方法について、図1〜図6を参照して説明する。
【0028】
図5は、射出成形機Mの成形サイクルにおける一部の動作工程である計量工程と射出工程で行われる具体的な動作名とアンロード指令の有無を示したリストである。この場合、計量工程においては、「射出除圧」処理,「計量前デコンプ」処理,「計量開始タイミング調整」処理,「計量1速」処理,「計量2速」処理,「計量3速」処理,「計量停止タイミング調整」処理,「デコンプ開始タイミング調整」処理,「デコンプ」処理が順次行われ、特に、射出工程が終了した後に除圧(圧抜き)を行う「射出除圧」処理,計量を開始する際のタイミング調整を行う「計量開始タイミング調整」処理,計量を停止する際のタイミング調整を行う「計量停止タイミング調整」処理,デコンプ処理を開始する際のタイミング調整を行う「デコンプ開始タイミング調整」処理では、いずれもアンロード圧力(除圧目標圧力)Pnに低下させる処理が行われ、この後に、対応する切換バルブの切換制御が行われる。
【0029】
同様に、射出工程においては、「射出開始タイミング調整」処理,「射出用切換バルブON」処理,「射出1速」処理,「射出2速」処理,「射出3速」処理,「射出4速」処理,「射出5速」処理,「射出6速」処理,「保圧1圧」処理,「保圧2圧」処理,「保圧3圧」処理が順次行われ、特に、計量工程の終了後における射出を開始する際のタイミング調整を行う「射出開始タイミング調整」処理,射出を開始する際において射出用切換バルブ53をON(開)側に切換える「射出用切換バルブON」処理では、いずれもアンロード圧力(除圧目標圧力)Pnに低下させる処理が行われ、この後に、対応する切換バルブの切換制御が行われる。
【0030】
なお、アンロード圧力Pnとはゼロ圧力ではなく、最大圧力(定格圧力)に対して6〔%〕程度となる無負荷圧である。このように、除圧目標圧力に、アンロード圧力Pnを適用すれば、射出シリンダ4a…等の油圧アクチュエータを含む油圧回路5内全体の残留圧力Prに対する実質的な除圧を確実に行うことができる。
【0031】
次に、除圧方法の具体的な処理手順を、射出工程が終了した直後に除圧を行う「射出除圧」処理を例にとり、図1及び図4を参照して説明する。図1は、「射出除圧」処理を行う際の処理手順を示すフローチャートである。
【0032】
今、射出工程が終了した場合を想定する(ステップS1,S2)。なお、射出工程では、図4中、切換バルブ52はシンボルbに、また、切換バルブ53はシンボルaに切換わっており、射出工程が終了した時点では、図5に示す射出工程の「保圧3圧」処理が終了した状態にある。
【0033】
射出工程(「保圧3圧」処理)の終了により、まず、成形機コントローラ41は、圧力センサ31により検出される残留圧力Prとアンロード圧力Pnの圧力差Pr−Pnが、予め設定した所定の大きさとなる設定値Ps以上であるか否かを判断する(ステップS3)。この場合、設定値Psは、残留圧力Prの大きさが除圧を行う必要があるか否かを判断するための敷居値である。したがって、除圧処理は、圧力差Pr−Pnが設定値Ps以上であることを条件に行われる。これにより、残留圧力Prの大きさが除圧を行う必要のない大きさであれば、除圧処理は行われないため、無駄な除圧処理を回避して速やかに次の動作工程に移行させることができ、成形サイクルの短縮、更には生産効率の向上に寄与できる。
【0034】
一方、この際、残留圧力Prとアンロード圧力Pnの圧力差Pr−Pnが設定値Ps以上であれば、成形機コントローラ41はアンロード指令を出力する(ステップS4)。これにより、サーボモータ2sに対する給電が停止し、サーボモータ2sは回転自由状態になる(ステップS5)。このように、除圧処理への移行は、アンロード指令によりサーボモータ2sへの給電を停止すれば足り、サーボモータ2sに対する逆回転制御或いはバルブの切換処理等は不要となる。なお、複数の固定吐出流量Qm…を設定可能な油圧ポンプ3を備える場合には、最も大きい固定吐出流量Qmに切換える。これにより、除圧処理をより迅速及び円滑(確実)に行うことができる。除圧処理時には、残留圧力Prが存在する射出シリンダ4aの後油室4arを含む油圧回路5の作動油は、射出工程が終了した時点における残留圧力Prにより、油圧ポンプ3を介してオイルタンク6に逆流する(ステップS6)。
【0035】
この結果、油圧ポンプ3のサーボモータ2sは逆回転(受動回転)し、サーボモータ2sは発電機として機能することにより回生電力Wpが発生する(ステップS7)。そして、この回生電力Wpは、回生回路9により回生処理される。即ち、発生した回生電力Wp(交流電力)は、インバータ9bに対して逆方向から付与され、内蔵するコンバート機能により直流化電力にコンバート処理される(ステップS8)。また、インバータ9bから得られた直流化電力は、コンデンサを有する平滑蓄電部9aに付与され、平滑されるとともに、蓄電される(ステップS9)。
【0036】
他方、残留圧力Prは、圧力センサ31により検出され、検出結果は成形機コントローラ41に付与される。そして、成形機コントローラ41では、残留圧力Prがアンロード圧力Pnに達した否かを監視し、残留圧力Prがアンロード圧力Pnに達したなら除圧処理を終了させる(ステップS10)。除圧処理が終了し又は除圧処理を行わなかった場合は、この状態で切換バルブ53をシンボルbに切換えるなどにより計量工程に移行させて計量工程を行う(ステップS11)。この際、油圧ポンプ3及び油圧回路5はアンロード圧力Pn以下になっているため、バルブ切換時(動作切換時)におけるショック圧の発生等の不具合は回避され、円滑な切換えを行うことができるとともに、計量工程では高精度で安定した動作制御を行うことができる。
【0037】
計量工程では、サーボモータ2sの作動により油圧ポンプ3の運転が行われる。この場合、電源7から三相交流電力がコンバータ8に付与され、直流化電力に変換される。そして、この直流化電力は、平滑蓄電部9aに付与され、平滑されるとともに、直前に蓄電されている回生電力Wpに加えられる。そして、回生電力Wpを含む直流化電力は、インバータ9bに付与されることにより交流電力に変換され、サーボモータ2sに供給される。この際、成形機コントローラ41からの制御信号がインバータ9bに付与され、サーボモータ2sの回転数が可変制御される。即ち、油圧ポンプ3の吐出圧力及び吐出流量がインバータ制御される。この後、計量工程が終了したなら射出工程に移行する(ステップS12,S13)。
【0038】
図6は、本実施形態に係る除圧方法(本発明方法)を用いた際における時間〔秒〕に対する残留圧力Pr及びサーボモータ2sの回転数Rrの変化に係わる試験データを、前述した特許文献1の制御方法、即ち、サーボモータを逆回転制御することにより圧力を強制的に低下させる方法(従来方法)と対比して示す。同図において、Priは本発明方法を用いたときの残留圧力Prの変化、Prrは従来方法を用いたときの残留圧力Prの変化、Rriは本発明方法を用いたときのサーボモータ2sの回転数Rrの変化、Rrrは従来方法を用いたときのサーボモータ2sの回転数Rrの変化をそれぞれ示す。同図から明らかなように、本発明方法の場合には従来方法の場合に比べ、アンロード圧力Pnまで低下させる時間は、概ね0.2〜0.3〔秒〕程度遅くなるが、実用上はほとんど影響を受けない遅れに留まっている。
【0039】
以上、計量工程における「射出除圧」処理を例にとり、除圧処理を、保圧工程から計量工程への切換区間に行う場合を示したが、任意の動作工程から次の動作工程への切換区間において、同様の除圧処理を行うことができる。具体的には、図5における「計量開始タイミング調整」処理,「計量停止タイミング調整」処理,「デコンプ開始タイミング調整」処理,「射出開始タイミング調整」処理,「射出用切換バルブON」処理においても、同様の制御、即ち、アンロード指令Pnを出力し、同様の除圧処理を行うことができる。また、図5には、計量工程と射出工程のみを挙げたが、成形サイクルにおける他の動作工程、例えば、型開閉工程,型締工程,突出し(エジェクタ)工程等においても同様の制御を行うことができる。特に、切換区間に、例示した保圧工程から計量工程への切換区間を含ませれば、射出成形時における最も影響が大きい動作工程の切換区間での除圧処理が実現されるため、計量工程の更なる計量精度の向上及び計量の安定化を図れる利点がある。
【0040】
よって、このような本実施形態に係る射出成形機Mの除圧方法によれば、動作切換時におけるショック圧の発生等の不具合を回避し、円滑な切換えを行うことができ、高精度で安定した動作制御を実現できるという効果に加え、基本的には、サーボモータ2sを回転自由状態にすることで実現できるため、除圧に伴う無用なエネルギ消費を回避できるとともに、サーボモータ2sから発生する回生電力Wpを再利用することにより、より省エネルギ性を高めることができる。特に、駆動源に油圧ポンプを用いる油圧式射出成形機の場合、単一駆動源により複数工程を連続して行うため、複数の駆動源により各工程を個別に行う電動式射出成形機に比べて回生電力の利用効率を高めることが可能となり、省エネルギ性を高める観点からより好適となる。また、サーボモータ2sを回転自由状態にすれば足りるため、速やかに実質的な除圧処理に移行させることができる。したがって、自然降下させて除圧する方法を採用するも、除圧に係わる全体の所要時間に関しては、必ずしも不利にならず、速やかに圧力を降下させ得るという優位性を確保できる。しかも、サーボモータ2sの逆回転動作等を伴わないため、サーボモータ2sやゴム配管へ無用な負荷がかかる不具合は発生せず、耐久性の観点からも有利になる。
【0041】
以上、好適実施形態について詳細に説明したが、本発明は、このような実施形態に限定されるものではなく、細部の構成,手法等において、本発明の要旨を逸脱しない範囲で、任意に変更,追加,削除することができる。例えば、駆動モータ2としてサーボモータ2sを示したが他の各種駆動モータを用いることができる。また、除圧目標圧力Pnとしてアンロード圧力を適用した場合を示したが、このアンロード圧力に限定されるものではない。さらに、残留圧力Prと除圧目標圧力Pnの圧力差Pr−Pnが予め設定した所定の大きさとなる設定値Ps以上であることを条件に行う場合を示したが、このような条件に限定されるものではない。
【産業上の利用可能性】
【0042】
本発明に係る除圧方法は、油圧ポンプの運転により上昇した油圧回路の残留圧力に対して除圧を要する各種射出成形機に利用することができる。
【符号の説明】
【0043】
2:駆動モータ,3:可変吐出型油圧ポンプ,4a…:油圧アクチュエータ,5:油圧回路,6:オイルタンク,Pr:残留圧力,Pn:除圧目標圧力,Wp:回生電力,Ps:設定値

【特許請求の範囲】
【請求項1】
駆動モータの回転数を可変制御することにより少なくとも作動油の吐出圧力を制御可能な可変吐出型油圧ポンプを備え、この可変吐出型油圧ポンプにより所定の油圧アクチュエータを駆動して成形サイクルにおける所定の動作工程に対する制御を行った際に上昇した油圧回路の残留圧力を所定の除圧目標圧力まで低下させる射出成形機の除圧方法において、前記残留圧力を所定の除圧目標圧力まで低下させる際に、前記駆動モータを回転自由状態にし、前記残留圧力が存在する油圧回路の作動油を前記可変吐出型油圧ポンプを介してオイルタンクに逆流させるとともに、前記駆動モータから発生する回生電力を蓄電し、蓄電した回生電力を含む電力を前記駆動モータに供給することを特徴とする射出成形機の除圧方法。
【請求項2】
前記所定の除圧目標圧力は、アンロード圧力であることを特徴とする請求項1記載の射出成形機の除圧方法。
【請求項3】
前記除圧処理は、前記残留圧力と前記除圧目標圧力の圧力差が予め設定した所定の大きさ以上であることを条件に行うことを特徴とする請求項1又は2記載の射出成形機の除圧方法。
【請求項4】
前記除圧処理は、任意の動作工程から次の動作工程への切換区間に行うことを特徴とする請求項1,2又は3記載の射出成形機の除圧方法。
【請求項5】
前記切換区間には、少なくとも保圧工程から計量工程への切換区間を含むことを特徴とする請求項4記載の射出成形機の除圧方法。
【請求項6】
前記可変吐出型油圧ポンプには、最大吐出流量が異なる複数の固定吐出流量を設定する設定機能を備えるとともに、前記除圧処理時には、最も大きい固定吐出流量に切換えることを特徴とする請求項1記載の射出成形機の除圧方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate


【公開番号】特開2011−140149(P2011−140149A)
【公開日】平成23年7月21日(2011.7.21)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−1305(P2010−1305)
【出願日】平成22年1月6日(2010.1.6)
【出願人】(000227054)日精樹脂工業株式会社 (293)
【Fターム(参考)】