説明

小型液晶表示パネル

【課題】 液晶表示装置の第一電極基板と第二電極基板の接着強度を高める
【解決手段】 複数の画素電極を有する第一電極基板(下基板)と、該第一電極基板に相対する対向電極を有する第二電極基板(上基板)を備え、前記第一電極基板と前記第二電極基板がオフセットされ所定の間隔で周辺シール材にて貼り合わされた小型液晶表示パネルにおいて、前記第二電極基板(上基板)の内面には第一電極基板(下基板)の画素領域外に対向した額縁遮光膜が形成され、該額縁遮光膜の前記周辺シール材が配置される部分の表面には凹凸が設けられている小型液晶表示パネルとする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は小型液晶表示パネルに関するものである。
【背景技術】
【0002】
液晶表示パネルは薄型化ができること、又小型化ができることで多くの分野で表示素子として使用されている。又前述の理由で、モバイル機器にも多用されている。世の中の動向として、モバイル機器に搭載する液晶表示パネルは小型化が進み、液晶表示パネルの表示部の大きさは変えずに、液晶表示パネルの外形を小さくする必要があり、表示部以外をいかに小さく出来るかが重要となっている。
【0003】
また、携帯電話等の量産機器に使用される液晶表示パネルは安価であることも要求される。
【0004】
図3は、従来技術による液晶表示パネルの断面図である。
【0005】
液晶表示パネルの構造として、第一電極基板1の表面には複数の画素電極による画素領域4が形成され更にその上にはITO電極(不図示)が形成されている、さらにITO電極の上には液晶を配向させるための配向膜6が形成されている。又第二電極基板2には、対向する第一電極基板1の画素領域4以外の部分を遮光するための額縁遮光膜7が形成されている。この額縁遮光膜7は表示領域との見切りをより鮮明にする効果がある。さらに額縁遮光膜7の上にITO電極5が形成され、更に液晶を配向させる為の配向膜6がITO電極5の上に形成されている。この状態で第一電極基板1と第二電極基板2は所定の位置関係で周辺シール材3により貼り合わされている。この状態から基板間に形成されたGAP8間へ液晶を注入し、更に封口材(不図示)にて封口して液晶表示パネル9は完成となる。
【0006】
第一電極基板1と第二電極基板2の組み合わせは、ガラス基板とガラス基板や、サファイア基板とガラス基板などがある。ガラス基板とガラス基板の貼り合わせの場合は両基板の線膨張係数が同じであるため、両基板を貼り合せる周辺シール材3にエポキシ系の比較的接着力の強い熱硬化型接着剤が使用できる。但し周辺シール材3にエポキシ系の熱硬化型接着剤を使用しても、液晶表示パネル9の周辺シール材3の面積が小さければ、比較的接着強度の強いエポキシ系熱硬化型の周辺シール材3でも、第一電極基板1と第二電極基板2を所定の位置で貼り合せ後に個々の液晶表示パネルへスクライブブレイクにて分断する際、分断ラインの近傍に周辺シール材3がある場合、ブレイクのヘッドが周辺シール材3上も一緒にブレイクしてしまい、周辺シール材3にかなりの負荷がかかる。その結果、周辺シール材3は剥離してしまう不具合が発生する。又サファイア基板とガラス基板の様にそれぞれの線膨張係数が異なる基板を貼りあわせる際は、熱硬化型の周辺シール材3を用いると、熱硬化時にそれぞれが線膨張係数の違いにより、硬化後常温に戻した際、液晶表示パネル9が反ってしまい、液晶表示パネル9のGAP8が不均一になってしまう。これを回避するために、サファイア基板とガラス基板などの線膨張係数の違う基板同士を貼り合せる場合はUV硬化型の周辺シール材3を用いる。ただしUV硬化型の周辺シール材3は接着強度が弱く保持力が弱い欠点もある。つまり従来技術では液晶表示パネル9を小型化する際に、周辺シール材3の面積を小さく出来ない状況にある。
【特許文献1】特開2006−323141号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
小型液晶表示パネルの動向としては、モバイル機器などに使用されるため、小型液晶表示パネル自体の外形サイズの小型化が進んでいる。但し表示部は小さくせずそれ以外の部分をいかに小さくするかが課題となっている。
【0008】
前記画素領域4以外の部分は主に第一電極基板1と第二電極基板2を保持している周辺シール材3の面積となり、周辺シール材3領域を小さくすると言う事は、第一電極基板1と第二電極基板2とを貼り合せている周辺シール材3の接着面積が小さくなり、接着強度が弱くなるデメリットがある。この結果、第一電極基板1と第二電極基板2を所定の位置で貼り合せ後に個々の小型液晶表示パネルへスクライブブレイクにて分断する際、分断ラインの近傍に周辺シール材3がある場合、ブレイクのヘッドが周辺シール材3上も一緒にブレイクしてしまい、周辺シール材3にかなりの負荷がかかる。その結果、周辺シール材3が剥離してしまう不具合が発生する。
【0009】
又周辺シール材3の面積が小さくなる事により、周辺シール材3による小型液晶表示パネル9の接着保持力が落ち、温度環境の変化により、小型液晶表示パネル9のGAP8の変化や、最悪は上下基板が剥離するといった不具合が発生する。
【課題を解決するための手段】
【0010】
複数の画素電極を有する第一電極基板(下基板)と、該第一電極基板に相対する対向電極を有する第二電極基板(上基板)を備え、前記第一電極基板と前記第二電極基板がオフセットされ所定の間隔で周辺シール材にて貼り合わされた小型液晶表示パネルにおいて、前記第二電極基板(上基板)の内面には第一電極基板(下基板)の画素領域外に対向した額縁遮光膜が形成され、該額縁遮光膜の前記周辺シール材が配置される部分の表面には凹凸を設けた小型液晶表示パネルとする。また、第一電極基板と第二電極基板の線膨張係数が異なる場合は周辺シール材をUV硬化型とする。
【発明の効果】
【0011】
本発明によると、小型液晶表示パネルの第二電極基板に形成された額縁遮光膜の周辺シール材が接着される部分に、額縁遮光膜による凹凸を形成したので、周辺シール材が額縁遮光膜の凹凸部分に塗布され、結果的に接着する面積が大きくなり、第一電極基板と第二電極基板の接着強度上がる。又小型液晶表示パネルに関して、周辺シール材の接着強度が増すことで、周辺シール材の領域を小さく出来る事から、小型の液晶表示パネルが可能となる。第一電極基板と第二電極基板の線膨張係数が異なる場合は周辺シール材をUV硬化型とすることで、熱硬化型による反りの発生を防止できると共に接着強度も確保できる。又液晶表示パネルの小型化が可能となるとことは、第一電極基板からの取り個数も増え、小型液晶表示パネルの単価も安く押さえる事が出来る。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
複数の画素電極を有する第一電極基板(下基板)と、該第一電極基板に相対する対向電極を有する第二電極基板(上基板)を備え、前記第一電極基板と前記第二電極基板がオフセットされ所定の間隔でUV硬化型周辺シール材にて貼り合わされた小型液晶表示パネルにおいて、前記第二電極基板(上基板)の内面には第一電極基板(下基板)の画素領域外に対向した額縁遮光膜が形成され、該額縁遮光膜の前記UV硬化型周辺シール材が配置される部分には凹凸が設けられた小型液晶表示パネル。
【実施例1】
【0013】
図1は本発明による実施例1を説明するための小型液晶表示パネルの断面図である。従来技術と異なるのは、画素領域4以外のUV硬化型周辺シール材3の領域に対向する、額縁遮光膜7の部分に、凹凸10を形成する事である。ここで重要なのは設計段階で前記額縁遮光膜7で形成される凹凸10部分が、第一電極基板1と第二電極基板2を貼り合せるためのUV硬化型周辺シール材3と同じ位置に来るように設計する事である。また前記額縁遮光膜7及び凹凸10は小型液晶表示パネル9の画素領域4以外を遮光する役割をしているため、額縁遮光膜7の凹凸10部も光を遮光させる必要があり、額縁遮光膜7の凹凸10部も光が透過しないように形成する必要がある。
【0014】
前記額縁遮光膜7が形成された第二電極基板2と第一電極基板1は、それぞれは液晶を配向させる為の配向膜6がITO電極5上に形成され、更に液晶をどのような角度に動作せるかを決めるラビングがそれぞれ施される。
【0015】
このあと第一電極基板1と第二電極基板2を所定の位置間隔で貼り合せる。ここで重要なのは第二電極基板2に形成された額縁遮光膜7の凹凸10部にUV硬化型周辺シール材3が配向膜6を介して接着される事である。この凹凸10部により両基板のUV硬化型周辺シール材3の接着面積が大きくなり、第二電極基板2とUV硬化型周辺シール材3との接着強度が増し、両基板の接着強度は確保される。又第一電極基板1側には、もともと画素電極へ信号などを送るための画素配線11が画素領域4以外の面に配置され、画素配線11がもともと凹凸形状をしているため、画素配線11上にUV硬化型周辺シール材3を配置することにより、接着面積が増し、UV硬化型周辺シール材3と第一電極基板1との接着強度は確保される。
【0016】
接着強度が増すことにより、UV硬化型周辺シール材3の領域を小さく出来、結果的に小型液晶表示パネル9の外形面積を小さくする事が出来る。又小型液晶表示パネル9の面積を小さく出来るということは、例えば6インチウエハーからの各小型液晶表示パネルを分断して使用する場合、ウエハー内の取り個数も増え、コスト的なメリットも出てくる。
【0017】
又前記技術課題でも触れているが、線膨張係数の違った第一電極基板1と第二電極基板2を貼り合せるのに使用する周辺シール材3に関して、温度を掛けずに接着せざるを得ない場合、UV硬化型接着剤を使用するが、UV硬化型周辺シール材3の接着面積が増すということで、比較的強度の弱いUV硬化型型周辺シール材などでの場合、接着強度を上げるために非常に有効な手段となる。
【実施例2】
【0018】
図2は本発明による実施例2を説明するための小型液晶表示パネルの断面図である。従来技術と異なるのは、画素領域4以外の周辺シール材3の領域に対向する、額縁遮光膜7の部分に、凹凸10を形成する事である。ここで重要なのは設計段階にて前記額縁遮光膜7で形成される凹凸10部分は、第一電極基板1と第二電極基板2を貼り合せるための周辺シール材3と同じ位置に来るように設計する事である。又実施例1と異なるのは凹凸10部の凹部12の部分が透過している点である。しかし額縁遮光膜7は元々画素領域4以外への光を遮光させるための役割をしている為、光を遮光させる必要がある。実施例2では、さらに額縁遮光膜7の凹凸10部領域を小型液晶表示パネル9の第二電極基板2の表面上に第二遮光膜13を設置し、額縁遮光膜7の凹部12の部分へ光が入らないようにしている。
【0019】
前記額縁遮光膜7が形成された第二電極基板2と第一電極基板1は、それぞれは液晶を配向させる為の配向膜6がITO電極5上に形成され、更に液晶をどのような角度に動作せるかを決めるラビングがそれぞれ施される。
【0020】
このあと第一電極基板1と第二電極基板2を所定の位置間隔で貼り合せる。ここで重要なのは第二電極基板2に形成された額縁遮光膜7の凹凸10部に周辺シール材3が配向膜6を介して接着される事である。この凹凸10部により両基板の周辺シール材3の接着面積が大きくなり、第二電極基板2と周辺シール材3との接着強度が増し、両基板の接着強度は確保される。又第一電極基板1側には、もともと画素電極へ信号などを送るための画素配線11が画素領域以外の面に配置され、画素配線11がもともと凹凸形状をしているため、画素配線11上に周辺シール材3を配置させることにより、接着面積が増し、周辺シール材3と第一電極基板1との接着強度は確保される。
【0021】
この後第二電極基板2に形成された額縁遮光膜7の凹部12部分から光が透過する領域へ第二遮光膜13を配置して完成となる。ここでの第二遮光膜13は凹部12のみを遮光すれば良いので、位置精度的には比較的ラフで良い。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本発明による実施例1を説明するための小型液晶表示パネルの断面図
【図2】本発明による実施例2を説明するための小型液晶表示パネルの断面図
【図3】従来技術による液晶表示パネルの断面図
【符号の説明】
【0023】
1 第一電極基板
2 第二電極基板
3 周辺シール材
4 画素領域
5 ITO電極
6 配向膜
7 額縁遮光膜
8 GAP
9 液晶表示パネル
10 凹凸
11 画素配線
12 凹部
13 第二遮光膜

【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数の画素電極を有する第一電極基板(下基板)と、該第一電極基板に相対する対向電極を有する第二電極基板(上基板)を備え、前記第一電極基板と前記第二電極基板がオフセットされ所定の間隔で周辺シール材にて貼り合わされた小型液晶表示パネルにおいて、前記第二電極基板(上基板)の内面には第一電極基板(下基板)の画素領域外に対向した額縁遮光膜が形成され、該額縁遮光膜の前記周辺シール材が配置される部分の表面には凹凸が設けられている事を特徴とする小型液晶表示パネル。
【請求項2】
前記周辺シール材がUV硬化型であることを特徴とする請求項1記載の小型液晶表示パネル。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate


【公開番号】特開2010−20069(P2010−20069A)
【公開日】平成22年1月28日(2010.1.28)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2008−180061(P2008−180061)
【出願日】平成20年7月10日(2008.7.10)
【出願人】(000166948)シチズンファインテックミヨタ株式会社 (438)
【Fターム(参考)】