屋内用打ち揚げ花火

【課題】屋内での使用に適した屋内用打ち揚げ花火を提供する。
【解決手段】容器状の玉皮3内に着火兼開発用火薬5と星7とを詰め込むと共に、導火線9をその一端9aが玉皮内に臨み、他端9bが玉皮の外部に露出した状態で配設してなる打ち揚げ花火において、該打ち揚げ花火全体を屋内での使用に適した大きさに小型化し、前記着火兼開発用火薬は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなることを特徴とする屋内用打ち揚げ花火。前記星の表面には前記着火兼開発用火薬と同様の星塗着用火薬11を塗着する。前記星は、液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含むものでもよい。前記星は紙片等の飾材でもよい。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、屋内用打ち揚げ花火に関するものであり、例えば、結婚披露宴、祝賀会、同窓会、同級会、新年会、誕生会等のパーティその他の集まり等において、屋内で使用される小型の打ち揚げ花火に係るものである。
【背景技術】
【0002】
打ち揚げ花火としては、例えば実開平6−84199号公報に示すように、容器状の玉皮内に着火兼開発用火薬(割り薬)と星とを詰め込むと共に、導火線をその一端が玉皮内に臨み、他端が玉皮の外部に露出した状態で配設してなるものが従来より知られている。以下、この打ち揚げ花火を「従来の打ち揚げ花火」という。
【0003】
従来の打ち揚げ花火を打ち揚げる際には、打ち揚げ筒内の底部上に打ち揚げ火薬を配設し、打ち揚げ花火(煙火玉)を打ち揚げ筒内の打ち揚げ火薬上に載置した状態で、「ロー火」(落とし火)なる火種を上方より打ち揚げ筒内に投入する。しかるときは、ロー火の火は、打ち揚げ筒の内面と打ち揚げ花火の外面との間の隙間を通って打ち揚げ火薬に点火する。すると、打ち揚げ火薬の燃焼により打ち揚げ花火が上方に発射されると共に打ち揚げ花火の導火線が着火する。やがて、上空で導火線の火が玉皮内の着火兼開発用火薬に着火し、該着火兼開発用火薬が爆発し、玉皮を開発させて星を空中に飛散させると同時に各星に点火し、各星は空中で燃焼して火の花を形成する。
【特許文献1】実開平6−84199号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来の打ち揚げ花火は、これを打ち揚げたときには、美しい火の花を形成するのであるが、従来の打ち揚げ花火は、専ら屋外にて上空に打ち揚げられるものであり、屋内にて使用することはできない。
【0005】
即ち、従来の打ち揚げ花火は、最小でも直径2cm程度であり、これよりも小さな打ち揚げ花火は従来存在しない。
【0006】
けだし、従来の打ち揚げ花火をその構成を保持させたまま更に小型化した場合には、着火性に優れた小型の星がなく、更に、開発時に適正に玉皮を割ると同時に星に確実に着火兼開発用火薬させ得る火薬がないからである。
【0007】
従って、屋内で使用することができる小型の打ち揚げ花火は、花火愛好家の長年の夢であったにもかかわらず、実際にはこのような屋内用打ち揚げ花火は存在しないのである。
【0008】
このような状況に鑑み、本発明は、屋内での使用に適した屋内用打ち揚げ花火を提供しようとしてなされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記課題を解決するために、本発明は、下記の屋内用打ち揚げ花火を提供する。
【0010】
(1)容器状の玉皮内に着火兼開発用火薬と星とを詰め込むと共に、導火線をその一端が玉皮内に臨み、他端が玉皮の外部に露出した状態で配設してなる打ち揚げ花火において、
該打ち揚げ花火全体を屋内での使用に適した大きさに小型化し、
前記着火兼開発用火薬は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなることを特徴とする屋内用打ち揚げ花火(請求項1)。
【0011】
(2)前記星の表面には星塗着用火薬を塗着し、該星塗着用火薬は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなることを特徴とする請求項1に記載の屋内用打ち揚げ花火(請求項2)。
【0012】
(3)前記星は、液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含むことを特徴とする請求項1又は2に記載の屋内用打ち揚げ花火(請求項3)。
【0013】
(4)前記星は、紙片、プラスチック片、金属片等の飾材であることを特徴とする請求項1に記載の屋内用打ち揚げ花火(請求項4)。
【0014】
[発明の作用]
[請求項1の発明]
請求項1の屋内用打ち揚げ花火(請求項2〜4の屋内用打ち揚げ花火においても同じ。)は、結婚披露宴、祝賀会、同窓会、同級会、新年会、誕生会等のパーティその他の集まり等において、屋内で使用される小型の打ち揚げ花火であるが、屋外で使用しても差し支えない。
【0015】
屋内用打ち揚げ花火を使用する際には、打ち揚げ筒内の底部上に打ち揚げ火薬を配設し、打ち揚げ花火を打ち揚げ筒内の打ち揚げ火薬上に載置した状態で、打ち揚げ火薬に点火する。すると、打ち揚げ火薬の燃焼により打ち揚げ花火が上方に発射されると同時に打ち揚げ花火の導火線が着火する。続いて、導火線の火が玉皮内の着火兼開発用火薬に着火し、該着火兼開発用火薬が爆発し、玉皮を開発させて星を空中に飛散させると同時に各星に点火し、各星は空中で燃焼して火の花を形成する。
【0016】
着火兼開発用火薬は、前述の如く、屋内用打ち揚げ花火を打ち揚げたときに、空中で玉皮を開発させると共に星に着火させる働きをなすものである。
【0017】
着火兼開発用火薬は、星に着火させるために高い燃焼温度を有することが必要である。また、着火兼開発用火薬は、玉皮を開発させるために高い爆発威力を有することが必要である。一方、着火兼開発用火薬の爆発威力が高すぎると、爆発音が大きくなるため、屋内において花火の近傍に位置する看者に恐怖心を生じさせるおそれがある。
【0018】
換言すれば、着火兼開発用火薬は、燃焼温度を高くし、かつ、爆発威力を適宜制御することが要求される。
【0019】
そこで、着火兼開発用火薬は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなるものとする。
【0020】
即ち、酸化剤と可燃物とよりなる火薬組成物は、爆発威力が高すぎるため、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるのである。
【0021】
[請求項2の発明]
表面に星塗着用火薬を塗着した星は、小型であっても、着火性に優れている。
【0022】
[請求項3の発明]
液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含む星は、燃焼持続性に優れ、燃焼時間が長い。
【0023】
[請求項4の発明]
紙片、プラスチック片、金属片等の飾材である星は、空中に飛散して紙吹雪の如く舞い降りる。
【発明の効果】
【0024】
[請求項1の発明]
請求項1の屋内用打ち揚げ花火(請求項2〜4の屋内用打ち揚げ花火においても同じ。)は、屋内での使用に適した大きさに小型化することが可能であり、結婚披露宴、祝賀会、同窓会、同級会、新年会、誕生会等のパーティその他の集まり等において、屋内で好ましく使用される。
【0025】
即ち、この屋内用打ち揚げ花火は、屋内での使用に適した大きさに小型化したときでも、着火兼開発用火薬は星に着火させるに十分な高い燃焼温度を有し、かつ、屋内での使用に適した爆発威力、爆発音を備えている。
【0026】
[請求項2の発明]
表面に星塗着用火薬を塗着した星は、小型であっても、着火性に優れている。
【0027】
[請求項3の発明]
液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含む星は、燃焼持続性に優れ、燃焼時間が長いため、看者は花火の燃焼を十分に楽しむことができる。
【0028】
[請求項4の発明]
紙片、プラスチック片、金属片等の飾材である星は、空中に飛散して紙吹雪の如く舞い降りるため、この星も看者に十分な楽しみを与える。
【発明を実施するための最良の形態】
【0029】
本発明による屋内用打ち揚げ花火1は、容器状の玉皮3内に着火兼開発用火薬5と星7、7・・・とを詰め込むと共に、導火線9をその一端9aが玉皮3内に臨み、他端9bが玉皮3の外部に露出した状態で配設してなる打ち揚げ花火である点においては、上記従来の打ち揚げ花火と基本的に同様である。
【0030】
以下、本発明の屋内用打ち揚げ花火が上記従来の打ち揚げ花火と異なる点について説明する。
【0031】
本発明においては、打ち揚げ花火全体1を屋内での使用に適した大きさに小型化する。
【0032】
即ち、容器状の玉皮3を、例えば、直径3〜10mm程度に形成し、各星7、導火線9等も該玉皮3の大きさに応じて小型に形成する。
【0033】
着火兼開発用火薬5は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなるものである。
【0034】
上記酸化剤としては、例えば、硝酸カリウム、過塩素酸カリウム、過塩素酸アンモニウム、硝酸バリウム等が好ましく用いられる。
【0035】
上記可燃物としては、例えば、ホウ素粉末、マグネシウム粉末、炭粉末、チタン粉末などが好ましく用いられる。
【0036】
上記金属粉末としては、例えば、アルミニウム粉末、マグナリウム粉末、マグネシウム粉末等が好ましく用いられる。
【0037】
星7の表面には、星塗着用火薬11を塗着する。図2参照。
【0038】
星塗着用火薬1は、好ましくは、前記着火兼開発用火薬5と同一の組成を有する。
【0039】
即ち、星塗着用火薬11は、好ましくは、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなるものとする。
【0040】
星塗着用火薬11における酸化剤と可燃物と金属粉末とは、前記着火兼開発用火薬5におけるものと同一のもので差し支えない。
【0041】
星7の表面に星塗着用火薬11を塗着する場合には、星7の組成は特に限定されないが、この場合における星7の組成の一例をあげれば下記の通りである。
過塩素酸カリウム:10重量部
硝酸バリウム:35重量部
マグナリウム:30重量部
硫黄:22重量部
バインダー:3重量部
【0042】
前記星7は、例えば、液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含むものであってもよい。即ち、星7は、例えば、該ゴム状ポリマーと発色剤と酸化剤とよりなる花火組成物により形成されたものであってもよい。
【0043】
上記発色剤としては、例えば、ストロンチウム、硫酸バリウム、アルミニウム粉末、炭酸ナトリウム等が好ましく用いられる。
【0044】
上記酸化剤としては、例えば、硝酸カリウム、過塩素酸カリウム、過塩素酸アンモニウム、硝酸バリウム等が好ましく用いられる。
【0045】
この場合には、ゴム状ポリマーと発色剤と酸化剤とよりなる花火組成物をナイフ等の切断具により適宜の大きさに切断して星7となす。
【0046】
ゴム状ポリマーを含む星7を用いる場合には、該星7の表面に前記星塗着用火薬11を塗着することは必ずしも必要ではない。
【0047】
星4は、紙片、プラスチック片、金属片等の飾材であってもよい。
【0048】
玉皮3は、例えば紙製又はポリプロピレン、ポリエチレン、フッ素樹脂等の合成樹脂製とする。
【0049】
玉皮3は、一例として、一対の中空半球体3a、3bを紙テープ13により球状に貼り合わせてなるものとする。一方の中空半球体3bには導火線9の挿通孔15を形成する。図3参照。因みに、一対の中空半球体3a、3bを相互に強力に固着すると、玉皮3が開発しないおそれがある。
【0050】
図4において、符号17に示すものは、屋内用打ち揚げ花火1を打ち揚げるための打ち揚げ筒である。打ち揚げ筒17内の底部上に打ち揚げ火薬19を配設する。打ち揚げ筒17内の底部には打ち揚げ火薬用導火線21の一端21aを臨ませ、該打ち揚げ火薬用導火線21の他端21bを打ち揚げ筒17の外部に露出させる。なお、符号23に示すものは、打ち揚げ筒17の基台である。
【0051】
図5は、屋内におけるテーブル25上に載置した打ち揚げ筒17から屋内用打ち揚げ花火1を打ち揚げた状態を示す。テーブル25上には、カップ27、皿29等が並べられている。符号31に示すものは建物の床、符号33に示すものは建物の天井である。
【実施例1】
【0052】
直径1〜2mmの星7、7・・・の表面に黒色火薬からなる星塗着用火薬11を塗着することにより、星7、7・・・の着火性を向上させた。直径10mmの中空ポリプロピレンボールに導火線9の挿通孔15を形成した。中空ポリプロピレンボールを鋏により一対の中空半球体3a、3bに切断した。一方の中空半球体3bにおける導火線9の挿通孔15に導火線9を挿通し、該中空半球体3b内に星7、7・・・と着火兼開発用火薬5とを満たした。他方の中空半球体3aにも星7、7・・・と着火兼開発用火薬5を満たした。一対の中空半球体3a、3bを相互に接合させて紙テープ13により貼り合わせた。以上の如く作成した屋内用打ち揚げ花火1を、図4、図5に示すように、屋内にて打ち揚げ筒17により打ち揚げた。
【実施例2】
【0053】
液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含む花火組成物をナイフにより1mm角程度に切断して星7、7・・・を作成した。これら各星7は、過塩素酸アンモニウム75重量部とアルミニウム粉末15重量部とゴム状ポリマー10重量部とよりなる。これらの星7、7・・・は、着火性が良いため、表面に星塗着用火薬11を塗着する必要はない。着火兼開発用火薬5は、硝酸カリウム8重量部とホウ素粉末2重量部とを混合し、この混合物に更にアルミニウム粉末30重量部を混合してなるものである。その他の点においては、前記請求項1と同様である。
【実施例3】
【0054】
星7、7・・・として、1〜2mmに切断した色紙を用いた。着火兼開発用火薬5として、色紙の色を変えないような白色の混合物を用いた。この混合物は、過塩素酸カリウム8重量部とセルロース粉末2重量部とよりなるものである。その他の点においては、前記請求項1と同様である。
【図面の簡単な説明】
【0055】
【図1】本発明による屋内用打ち揚げ花火の一例を示す断面図である。
【図2】表面に星塗着用火薬を塗着した星の断面図である。
【図3】中空半球体と紙テープと導火線とを示す分解図である。
【図4】打ち揚げ筒を示す断面図である。
【図5】本発明による屋内用打ち揚げ花火を屋内で打ち揚げた状態を示す正面図である。
【符号の説明】
【0056】
1 屋内用打ち揚げ花火
3 玉皮
3a 中空半球体
3b 中空半球体
5 着火兼開発用火薬
7 星
9 導火線
9a 一端
9b 他端
11 星塗着用火薬
13 紙テープ
15 挿通孔
17 打ち揚げ筒
19 打ち揚げ火薬
21 打ち揚げ火薬用導火線
21a 一端
21b 他端
23 基台
25 テーブル
27 カップ
29 皿
31 建物の床
33 建物の天井

【特許請求の範囲】
【請求項1】
容器状の玉皮内に着火兼開発用火薬と星とを詰め込むと共に、導火線をその一端が玉皮内に臨み、他端が玉皮の外部に露出した状態で配設してなる打ち揚げ花火において、
該打ち揚げ花火全体を屋内での使用に適した大きさに小型化し、
前記着火兼開発用火薬は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなることを特徴とする屋内用打ち揚げ花火。
【請求項2】
前記星の表面には星塗着用火薬を塗着し、該星塗着用火薬は、酸化剤と可燃物とよりなる爆発威力の高い火薬組成物を調合し、該火薬組成物に金属粉末を混ぜることにより爆発威力を抑制すると共に燃焼温度を高めるようにしてなることを特徴とする請求項1に記載の屋内用打ち揚げ花火。
【請求項3】
前記星は、液状ポリブタジエン又は液状ポリプロピレンを硬化剤としてのジイソシアネート化合物と反応させてなるゴム状ポリマーを含むことを特徴とする請求項1又は2に記載の屋内用打ち揚げ花火。
【請求項4】
前記星は、紙片、プラスチック片、金属片等の飾材であることを特徴とする請求項1に記載の屋内用打ち揚げ花火。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate


【公開番号】特開2006−308260(P2006−308260A)
【公開日】平成18年11月9日(2006.11.9)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−134158(P2005−134158)
【出願日】平成17年5月2日(2005.5.2)
【出願人】(301021533)独立行政法人産業技術総合研究所 (6,529)
【出願人】(592072551)井上玩具煙火株式会社 (7)
【Fターム(参考)】