説明

広告再生制御装置

【課題】複数の再生装置を含む再生装置群における広告コンテンツの再生方法を適切に制御することができる広告再生制御装置を提供する。
【解決手段】広告再生制御装置は、広告コンテンツを受信する受信部と、前記広告コンテンツを受信すると、前記再生装置群に含まれる一部または全部の再生装置について、その動作状態を示す動作情報を取得する取得部と、前記動作情報に基づいて、前記再生装置群における前記広告コンテンツの再生方法を決定する制御部と、決定された前記再生方法に基づいて、前記広告コンテンツを前記再生装置群に含まれる前記再生装置に送信する送信部と、を備える。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、複数の再生装置を含む再生装置群における広告コンテンツの再生方法を制御する広告再生制御装置に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、テレビ等のAV家電機器やパソコンを相互に接続することでホームネットワークを構築し、相互にデータや映像コンテンツ等を共有することが行われている(例えば、特許文献1参照)。このようなホームネットワークは、IP放送等の映像コンテンツをインターネットを介して取得することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2011−10084号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記ホームネットワークにおいては、各機器の要求に対してIP放送局等から配信されたコンテンツをホームゲートウェイが各機器に転送するほか、各機器からの要求によらずIP放送局等から放送されたりプッシュ配信されたコンテンツを各機器に転送する場合がある。
【0005】
しかし、ホームネットワーク内の各機器について広告コンテンツ配信時の動作状態等を配信側が詳細に把握することは困難であり、広告コンテンツが適当に再生されないかもしれない。例えば広告ストリームが所定時刻に配信されたとき、対象となる機器が動作していなかったためにホームゲートウェイが当該ストリームを破棄すると、他に動作している機器があっても、広告ストリームはユーザに視聴されなくなってしまう。
【0006】
本発明はこのような事情に鑑みてなされたものであり、複数の再生装置を含む再生装置群における広告コンテンツの再生方法を適切に制御することができる広告再生制御装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1)本発明は、複数の再生装置を含む再生装置群における広告コンテンツの再生方法を制御する広告再生装置であって、前記広告コンテンツを受信する受信部と、前記広告コンテンツを受信すると、前記再生装置群に含まれる一部または全部の再生装置について、その動作状態を示す動作情報を取得する取得部と、前記動作情報に基づいて、前記再生装置群における前記広告コンテンツの再生方法を決定する制御部と、決定された前記再生方法に基づいて、前記広告コンテンツを前記再生装置群に含まれる前記再生装置に送信する送信部と、を備えていることを特徴としている。
【0008】
上記のように構成された広告再生制御装置によれば、再生装置群に含まれる再生装置からその動作情報を取得し、動作情報に基づいて再生装置群における広告コンテンツの再生方法を決定するため、当該広告コンテンツを再生装置群において適切に再生することができる。
【0009】
(2)上記広告再生制御装置において、前記制御部は、前記動作情報に基づいて、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置を前記再生装置群から決定することができる。これにより、例えば当該広告コンテンツがストリームであったり、配信期間が限られていたりする場合でも、適当な再生装置に広告コンテンツを再生させることが可能となる。
【0010】
(3)前記制御部は、前記広告コンテンツおよび前記動作情報に基づいて、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置を前記再生装置群から決定することができる。これにより、動作情報に加えて広告コンテンツに基づいて広告コンテンツを再生させる再生装置を決定するため、より広告にあった再生装置に広告コンテンツを再生させることが可能となる。
【0011】
(4)前記制御部は、前記広告コンテンツに基づいて、当該広告コンテンツを再生させる前記再生装置を前記再生装置群から決定し、決定した前記再生装置の動作情報に基づいて、前記広告コンテンツを送信する時期を決定するようにしてもよい。これにより、広告にあった再生装置に適切な時期に広告コンテンツを再生させることが可能となる。
【0012】
(5)前記広告コンテンツを蓄積する蓄積部をさらに備え、前記制御部は、決定した前記再生装置の前記動作情報に基づいて、当該再生装置が映像再生可能な状態にあるか否かを判別し、前記再生装置が映像再生可能な状態にある場合、前記再生装置への前記広告コンテンツの送信を前記送信部に行わせ、前記再生装置が映像再生可能な状態にない場合、前記蓄積部に蓄積することができる。これにより、広告にあった再生装置が映像再生可能な状態にない場合でも、後になって広告コンテンツを当該再生装置に再生させることが可能となる。
【0013】
(6)前記制御部は、前記広告コンテンツに基づいて、当該広告コンテンツを再生させる前記再生装置の候補を前記再生装置群から決定し、決定した候補の前記動作情報に基づいて、当該候補が映像再生可能な状態にあるか否かを判別し、前記候補が映像再生可能な状態にある場合、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置に前記候補を決定し、前記候補が映像再生可能な状態にない場合、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置に、前記再生装置群に含まれる前記候補以外の前記再生装置を決定することができる。これにより、候補装置が映像再生可能な状態にない場合でも、他の再生装置に広告コンテンツを再生させることが可能となる。
【発明の効果】
【0014】
本発明によれば、複数の再生装置を含む再生装置群における広告コンテンツの再生方法を適切に制御することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】ホームネットワークの一例を示す図である。
【図2】本発明の一実施形態に係るホームゲートウェイの構成を示すブロック図である。
【図3】記憶部に記憶されたデータベースの一例を示す図である。
【図4】中継制御部が行う広告映像データの中継処理の一例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0016】
図1は、ホームネットワークNの一例を示す図である。図1に示すように、ホームネットワークNは、例えば、ユーザの住宅H内に構築されており、図示しない終端装置を介してIP網等の通信ネットワーク1に接続されたホームゲートウェイ2を備えている。ホームゲートウェイ2(以下、HGW2ともいう)には、パソコン3や、フォトフレーム4、PDA(Personal Digital Assistant)5、テレビ6等が有線LAN又は無線LANによって通信可能に接続されており、これら各機器によって、ホームネットワークNは構成されている。
【0017】
HGW2は、通信ネットワーク1に接続するインターフェースを有する他、パソコン3やテレビ6等のホームネットワークNを構成する各機器が接続される有線LAN又は無線LANによるインターフェースを有しており、各機器の相互間通信を制御する機能を有するとともに、各機器が通信ネットワーク1を介して行う外部とのデータ通信に関して、中継制御する中継装置としての機能を有している。
【0018】
通信ネットワーク1には、地上デジタル放送、BSデジタル放送、VOD(Video On Demand)等の映像コンテンツに係る映像データを送信する送信サーバ7や、同じく映像コンテンツに係る映像データを送信するCDN(Contents Delivery Network)8等が接続されている。
また、通信ネットワーク1には、DRM(Digital Rights Management)サーバ9や、各家庭の映像再生機器に対して広告コンテンツに係る広告映像データを配信する広告サーバ10も接続されている。
なお、ここで、広告映像データとは、広告を主目的として独立して配信される広告コンテンツのための映像データであり、音声や静止画、テキスト、その他のデータを含んでよい。さらに広告映像データは、広告自体のデータに加えて、その広告の配布条件を示す広告条件データを含むことができる。広告条件データは、対象となるユーザの性別、年齢などのターゲットデータや、その広告を再生するときの再生条件、その広告の再生可能期間などのデータを含むことができる。広告映像データはストリームとして供給されてもダウンロードデータとして供給されてもよい。広告映像データ(全体またはその一部)によって表される広告は、送信サーバ7やCDN8が配信する番組等の映像コンテンツの合間に表示再生されたり、前記映像コンテンツの再生中に重ねて表示されたりする。
【0019】
ユーザは、コンテンツ再生機器である、パソコン3や、フォトフレーム4、PDA5、テレビ6を用いて、送信サーバ7や、CDN8から配信されるコンテンツを受信することで映像コンテンツを視聴することができる。機器によって表示解像度や再生可能形式が異なっており、広告コンテンツの対象となるユーザは、パソコン3を用いることもあれば、テレビ6を用いることもある。スマートフォンやタブレット端末をコンテンツ再生機器として用いることもできる。
送信サーバ7や、CDN8が送信する映像データは、通信ネットワーク1を介してHGW2によって受信される。HGW2は、受信した映像データを中継し、各再生機器に対して送信する。
【0020】
図2は、本発明の一実施形態に係るHGW2の構成を示すブロック図である。図2に示すように、HGW2は、通信ネットワーク1に接続するための第一IF部21と、ホームネットワークNの各機器に接続するための第二IF部22と、各種映像データの配信先の制御を行う中継制御部23とを備えている。
また、HGW2は、各種映像データを配信先の映像再生機器の再生可能な映像データの形式の映像データに変換する機能を有するトランスコーダ24と、DRMによる再生制限を解除する機能を有する制限解除部25とを備えている。
【0021】
また、HGW2は、ホームネットワークNに含まれる機器の一部又は全部からその動作状態を示す動作情報を取得する取得部26と、動作情報や各機器のユーザ情報など、機器に関するデータベースを記憶する記憶部27とを備えている。
さらに、HGW2は、必要に応じて、広告サーバ10から送信された広告映像データを蓄積するためのデータ蓄積部28を備えている。
【0022】
取得部26は、各機器の動作情報として、当該機器の再生可能形式情報、広告配信許可の有無などを収集することができる。収集した各情報は、記憶部27のデータベースに登録される。
図3は、記憶部27に記憶されたデータベースの一例を示す図である。図3に示すように、本データベースは、上記各情報が、ホームネットワークNの各機器それぞれに割り当てられるアドレス情報ごとに対応付けられている。
【0023】
動作情報は、各機器が広告コンテンツを再生可能に動作している状態であるか否かを示す情報を含むことができ、例えば、取得部26が各機器に対して映像再生可能に動作しているか否かを確認するための確認信号を送信し、その応答に基づいて取得される。
各機器は、確認信号を受信したときに映像再生可能に動作している場合には、その旨の応答信号を取得部26に送信する。一方、確認信号を受信したときに映像再生できない状態である場合には、応答信号を送信しない。これによって、取得部26は、例えば、応答信号を受信した機器については、映像再生可能に動作している状態である「動作状態」と認識し、応答信号を受信しない機器については、映像再生できない状態である「停止状態」と認識する。
【0024】
再生可能形式情報は、各機器が再生可能な映像データのデータ形式(再生可能形式)を示す情報を含むことができ、図3に示すように、例えば、符号化方式(例えば、MPEG2)、ビットレート(例えば、12Mbps)、フレームレート(例えば、30fps)、解像度(例えば、1920×1080)、アスペクト比(例えば、16:9)、ストリームフォーマット(例えば、TS)といった情報が含まれている。
【0025】
なお、再生可能形式情報を構成する各情報は、各機器が再生可能な値の範囲、あるいは複数の形式で表されることがある。通常、映像を再生する機器は、再生可能形式において、許容範囲が設けられている場合があるからである。
【0026】
取得部26は、上記再生可能形式情報を取得するために、各機器それぞれに対して情報の送信を要求することもできるし、各機器が送信サーバ7やCDN8に対して送信する映像コンテンツの視聴を要求するための要求信号に、再生可能形式情報が含まれている場合には、前記要求信号から再生可能形式情報を取得することもできる。
さらに、取得部26は、送信サーバ7やCDN8から機器に向けて送信される映像データを取得し、解析することで、上記再生可能形式情報を取得することもできる。
【0027】
記憶部27には履歴情報を記憶することもできる。履歴情報とは、各機器が過去に再生した映像データの情報であり、広告コンテンツ以外の「過去に再生した映像コンテンツの情報」それぞれについて、再生可能形式情報や、コンテンツの内容に関する情報を含めることができる。
取得部26は、各機器に送信される各情報を取得しつつ監視することで、再生可能形式情報や、コンテンツの内容に関する情報を取得する。なお、取得部26は、動作情報及び履歴情報を継続的に取得し、記憶部27のデータベースに登録することができる。
【0028】
アドレス情報としては、例えば、各機器に割り当てられたIPアドレスが登録されており、アドレス情報によって各機器の識別が可能である。
このようにして、記憶部27のデータベースには、各機器の上記各情報が、ホームネットワークNの機器ごとに対応付けて登録されている。
【0029】
図2に戻って、中継制御部23は、通信ネットワーク1を介して送信サーバ7やCDN8から送信される映像データを、所定の機器に配信されるように中継する機能を有している。
また、中継制御部23は、CPU等の演算処理装置により実現でき、広告サーバ10から広告映像データが配信されると、取得部26によって取得された動作情報および広告映像データに基づいて、当該広告映像データを再生させる機器を決定する機能を有している。中継制御部23は、第二IF部22により、決定した機器に当該広告映像データを送信する。さらに、中継制御部23は、その機器に広告映像データを送信する時期を決定する機能を有している。
また、中継制御部23は、決定した機器が映像再生可能な状態にない場合に、広告映像データをデータ蓄積部28に一時的に蓄積する機能を有している。さらに中継制御部23は、広告映像データを送信する際、必要に応じてトランスコーダ24を使用する。
【0030】
トランスコーダ24は、中継制御部23が中継する映像データを、中継先の機器の再生可能な映像データの形式に変換する。トランスコーダ24は、映像データ又は広告映像データが中継制御部23から与えられると、当該映像データ又は広告映像データの宛先となる機器の再生可能形式情報を記憶部27のデータベースから取得し、取得した再生可能形式情報に基づいて映像データ又は広告映像データのデータ形式を変換する。
【0031】
制限解除部25は、DRMによる再生制限を解除する。制限解除部25は、例えば、ユーザがDRMによって再生制限されている映像コンテンツの視聴をする際、当該ユーザの操作に応じてDRMサーバ9から解除キーの送信を要求する。この解除キーは、上記映像コンテンツの再生制限を解除するためのデータである。
制限解除部25は、DRMサーバ9から送信される解除キーを受信すると、この解除キーを用いて上記映像コンテンツの再生制限を解除し、第二IF部22に出力する。
制限解除部25は、再生制限を解除する必要のない映像データや広告映像データが与えられると、これらデータについては、特に処理することなく第二IF部22に出力する。
【0032】
制限解除部25が出力した映像データ及び広告映像データは、第二IF部22を介して、宛先として設定された所定の機器それぞれに送信される。
【0033】
次に、本実施形態のHGW2の中継制御部23が行う広告映像データの中継処理について説明する。
図4は、中継制御部23が行う広告映像データの中継処理の一例を示すフローチャートである。
中継制御部23は、後に説明するように、広告映像データを中継する対象の機器が映像再生可能な状態にない場合には、当該広告映像データをデータ蓄積部28に蓄積する。中継制御部23は、広告映像データをデータ蓄積部28に蓄積すると、蓄積してからの経過時間Tを計時するとともに、当該広告映像データに付随する有効期限に関する情報を管理する。
このため、中継制御部23は、まずデータ蓄積部28に広告映像データが蓄積されていないか否かを判断する(ステップS1)。
【0034】
ステップS1において、広告映像データが蓄積されていると判断した場合、中継制御部23は、経過時間Tが予め定められた所定時間を経過したか否かを判断する(ステップS2)。
経過時間Tが所定時間を経過していると判断すると、中継制御部23は、当該広告映像データの有効期限に関する情報を参照し、この広告映像データの有効期限が経過していないか否かを判断する(ステップS3)。
ステップS3において、有効期限が経過していないと判断すると、中継制御部23は、データ蓄積部28に蓄積された広告映像データを取得し(ステップS4)、ステップS7に進む。これによって、中継制御部23は、データ蓄積部28に蓄積されていた広告映像データについての再度の中継処理を行う。
【0035】
一方、ステップS1において、広告映像データが蓄積されていないと判断した場合、中継制御部23は、広告サーバ10から広告映像データが配信されているか否かを判断する(ステップS5)。
また、ステップS2において経過時間Tが前記所定時間を経過していないと判断した場合、中継制御部23は、ステップS5に進む。
さらに、ステップS3において、有効期限が経過していると判断すると、中継制御部23は、データ蓄積部28に蓄積されている有効期限が経過している広告映像データを消去し(ステップS6)、ステップS5に進む。
【0036】
ステップS5において、広告サーバ10から広告映像データが配信されていると判断すると、中継制御部23は、ステップS7に進み、自装置に接続することでホームネットワークNを構成する各機器の動作情報を取得する(ステップS7)。
【0037】
ステップS5において、広告サーバ10から広告映像データが配信されていないと判断すると、中継制御部23は、処理を終えてスタートに戻る。現状、各機器に配信すべき広告映像データが存在しないからである。
【0038】
中継制御部23は、ステップS7において各機器の動作情報を取得すると、その動作情報を参照し、映像再生可能に動作している状態の機器が有るか否かを判断する(ステップS8)。映像再生可能に動作している機器は、電源がオンされている機器であってもよいし、電源がオンされていて広告映像データを受信可能な状態の機器であってもよい。
【0039】
ステップS8において、例えば、各機器の全てが「停止状態」である場合、中継制御部23は、広告映像データをデータ蓄積部28に蓄積し(ステップS9)、処理を終える。各機器の全てが広告映像データを受信して映像を再生可能な状態にないため、広告映像データを送信したとしても、ユーザに閲覧させることができないからである。なお、各機器の全てが停止状態でなくても、例えば広告条件に合致する機器の一部または全てが停止状態にある場合に、広告映像データを蓄積するようにしてもよい。
【0040】
ステップS8において、動作状態の機器があると判断すると、さらに中継制御部23は、その機器の中に、中継しようとしている広告映像データのデータ形式を再生することができる機器が有るか否かを判断する(ステップS10)。
中継制御部23は、広告映像データの現状のデータ形式に関する情報を取得し、再生可能形式情報と比較することで、各機器(ステップS8で特定された機器)が、現状のデータ形式の広告映像データが再生可能か否かを判断する。中継制御部23は、トランスコーダ24によるデータ形式の変換も考慮して、広告映像データが再生可能か否かを判断することができる。
【0041】
ステップS10において、現状のデータ形式の広告映像データが再生可能な機器がないと判断すると、中継制御部23は、ステップS9に進み、広告映像データをデータ蓄積部28に蓄積し(ステップS9)、処理を終える。上記同様、広告映像データを再生可能な機器がないため、広告映像データを送信したとしても、ユーザに閲覧させることができないからである。
【0042】
ステップS10において、現状のデータ形式の広告映像データが再生可能な機器が有ると判断すると、さらに中継制御部23は、その機器の中に、例えばそのユーザが、広告映像データのターゲットユーザ等と適合するか否かや、その機器が広告配信を許可しているか否かを判断する(ステップS11)。
【0043】
機器のユーザ情報や広告配信許可の情報は予め記憶部27に登録しておいてもよいし、中継制御部23が動作状態の機器に必要に応じて問合せるようにしてもよい。広告映像データのターゲットユーザの情報には、上述した年齢・性別のほか、ユーザの希望商品、関心分野等の情報が含まれてもよい。
【0044】
ステップS11において、広告映像データと適合する機器がないと判断すると、中継制御部23は、ステップS9に進み、広告映像データをデータ蓄積部28に蓄積し(ステップS9)、処理を終える。
【0045】
ステップS11において、広告映像データと適合する機器が有ると判断すると、中継制御部23は、その機器を特定するとともに、特定した機器に対して広告映像データを送信し(ステップS12)、処理を終える。
【0046】
上記構成のHGW2によれば、中継制御部23が、ホームネットワークに含まれる再生機器からその動作情報を取得し、動作情報に基づいてホームネットワークにおける広告コンテンツの再生方法(再生機器や送信時期)を決定するため、当該広告コンテンツをホームネットワークにおいて適切に再生することができる。
【0047】
なお、本発明は、上記実施形態に限定されることはない。上記実施形態では、図4の中継処理においては、前記ステップS8,S10,S11の内、少なくとも1つのステップのみを含んで構成されていればよい。
【0048】
また上記実施形態では、ステップS8,S10,S11に適合していない場合(Noの場合)、広告映像データをデータ蓄積部28に蓄積していたが、これに限られるものではない。例えばターゲット外の機器でも、その機器が動作状態にあるならば、ターゲット機器が動作状態になるまでデータ蓄積部28に広告映像データを蓄積しておくのに代えて、当該広告映像データをターゲット外の機器に送信するようにしてもよい。
【0049】
さらに上記実施形態では、本発明の広告再生制御装置をホームゲートウェイに適用したが、これに限られるものではない。テレビやパソコンなどの再生機器自体に本発明を適用することも可能である。また本発明の広告再生制御装置はプログラムを用いて実現することもできる。
【0050】
なお、今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味及び範囲内での全ての変更が含まれることが意図される。
【符号の説明】
【0051】
2 ホームゲートウェイ(中継装置)
3 パソコン
4 フォトフレーム
5 PDA
6 テレビ
23 中継制御部
26 取得部
28 データ蓄積部

【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数の再生装置を含む再生装置群における広告コンテンツの再生方法を制御する広告再生装置であって、
前記広告コンテンツを受信する受信部と、
前記広告コンテンツを受信すると、前記再生装置群に含まれる一部または全部の再生装置について、その動作状態を示す動作情報を取得する取得部と、
前記動作情報に基づいて、前記再生装置群における前記広告コンテンツの再生方法を決定する制御部と、
決定された前記再生方法に基づいて、前記広告コンテンツを前記再生装置群に含まれる前記再生装置に送信する送信部と、を備えていることを特徴とする広告再生制御装置。
【請求項2】
前記制御部は、前記動作情報に基づいて、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置を前記再生装置群から決定する請求項1に記載の広告再生制御装置。
【請求項3】
前記制御部は、前記広告コンテンツおよび前記動作情報に基づいて、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置を前記再生装置群から決定する請求項2に記載の広告再生制御装置。
【請求項4】
前記制御部は、前記広告コンテンツに基づいて、当該広告コンテンツを再生させる前記再生装置を前記再生装置群から決定し、決定した前記再生装置の動作情報に基づいて、前記広告コンテンツを送信する時期を決定する請求項3に記載の広告再生制御装置。
【請求項5】
前記広告コンテンツを蓄積する蓄積部をさらに備え、
前記制御部は、決定した前記再生装置の前記動作情報に基づいて、当該再生装置が映像再生可能な状態にあるか否かを判別し、前記再生装置が映像再生可能な状態にある場合、前記再生装置への前記広告コンテンツの送信を前記送信部に行わせ、前記再生装置が映像再生可能な状態にない場合、前記蓄積部に蓄積する請求項4に記載の広告再生制御装置。
【請求項6】
前記制御部は、前記広告コンテンツに基づいて、当該広告コンテンツを再生させる前記再生装置の候補を前記再生装置群から決定し、決定した候補の前記動作情報に基づいて、当該候補が映像再生可能な状態にあるか否かを判別し、前記候補が映像再生可能な状態にある場合、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置に前記候補を決定し、前記候補が映像再生可能な状態にない場合、前記広告コンテンツを再生させる前記再生装置に、前記再生装置群に含まれる前記候補以外の前記再生装置を決定する請求項3〜5のいずれか1項に記載の広告再生制御装置。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate


【公開番号】特開2013−90191(P2013−90191A)
【公開日】平成25年5月13日(2013.5.13)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−229752(P2011−229752)
【出願日】平成23年10月19日(2011.10.19)
【出願人】(000002130)住友電気工業株式会社 (12,747)
【出願人】(502312498)住友電工ネットワークス株式会社 (212)
【Fターム(参考)】