Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
抗炎症剤
説明

抗炎症剤

本発明は、炎症性、免疫調整性、代謝性、感染性および細胞増殖性疾患または病態の処置に有用な化合物、組成物および方法を提供する。特に本発明は、炎症、代謝、感染および細胞増殖にかかわるたん白質の発現および/または機能を調節する化合物を提供する。
本発明の化合物は、縮合した複素二環式環を含有する。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
下記式(I)で示される化合物、またはその医薬的に許容しうる塩、水和物、溶媒化合物もしくはプロドラッグ:
【化1】

式中、Wは5−6、6−6もしくは5−5のまたは縮合した二環式環系、ここで、1つまたは両環は芳香族で、1個の窒素原子とN、OおよびSからなる群から選ばれる0〜3個の追加へテロ原子を含有し、かつ
(i)環縮合原子は独立してCHまたはNで、但し、環縮合原子が共にNであることは なく;および
(ii)L、RおよびRが結合する原子はそれぞれ独立して、=C−、−CH−およ び−N−からなる群から選ばれ;
は−C(O)NR1a1b、−C(O)R1a、−CH(=NOH)、−N(R1b)C(O)R1a、−SONR1a1b、−SO1a、−C(O)N(R1a)OR1b、−(C−C)アルキレン−N(R1b)C(O)NR1a、−(C−C)アルキレン−C(O)NR1a1bおよびヘテロアリールからなる群から選ばれ、ここで、R1aおよびR1bは水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)へテロアルキル、ヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、およびヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキルから選ばれ、必要に応じてR1aはRの結合点に関してWの隣接環員に結合して、追加の5もしくは6員縮合環を形成するか、あるいはR1aとR1bはそれらの介在原子と共に合して、3、4、5もしくは6員環を形成してよく;
は−NR2a2bおよび−OHからなる群から選ばれ、ここで、R2aおよびR2bは水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)へテロアルキル、モノもしくはジヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルコキシ、−C(O)−ヘテロシクロ(C−C)アルキル、および−C(O)−フルオロ(C−C)アルキルから選ばれ、必要に応じてR2aとR2bはそれぞれが結合する窒素原子と共に合して、N、OおよびSから選ばれる1〜3個のヘテロ原子を含有する5、6もしくは7員縮合環を形成してよく;
Lは単結合、(C−C)アルキレン、−C(O)−、−C(O)N(R)−、−SON(R)−、−C(R)=C(R)−、−O−、−S−および−N(R)−からなる群から選ばれる二価の結合基、ここで、RおよびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、およびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;および
Qは(C−C)アルケニル、(C−C)アルキニル、(C−C)アルコキシ、ハロゲン、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、シクロ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルケニル、およびヘテロシクロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ、これらの基のそれぞれは必要に応じて、さらに置換されてよく;但し、当該化合物(I)として、式:
【化2】

の化合物を除く。
【請求項2】
Qがフェニル、ナフチル、ピリジル、フリル、チエニル、チアゾリル、イソチアゾリル、トリアゾリル、イミダゾリル、オキサゾリル、イソキサゾリル、ピロリル、ピロリジニル、ピラゾリル、ピラジニル、ピリダジニル、ピリミジル、ベンゾフリル、テトラヒドロベンゾフリル、イソベンゾフリル、ベンズチアゾリル、ベンゾイソチアゾリル、ベンゾトリアゾリル、インドリル、イソインドリル、ベンゾキサゾリル、キノリル、テトラヒドロキノリル、イソキノリル、ベンズイミダゾリル、ベンズイソキサゾリル、ベンゾチエニル、シクロペンチルおよびシクロヘキシルからなる群から選ばれる請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
Qが非置換フェニル、またはハロゲン、シアノ、ニトロ、シアノ(C−C)アルケニル、ニトロ(C−C)アルケニル、−R'、−OR'、−NR'R”、−C(O)R'、−COR'、−C(O)NR'R”、−NR”C(O)R'、−NR”COR'、−NR'C(O)NR”R'''、−S(O)R'、−SOR'、−SONR'R”、−NR”SOR'、−OC(O)NR'R”、−X−C(O)R'、−X−COR'、−X−C(O)NR'R”、−X−NR”C(O)R'、−X−NR”COR'、−X−NR'C(O)NR”R'''、−X−S(O)R'、−X−SOR'、−X−SONR'R”、−X−NR”SOR'および−X−OC(O)NR'R”からなる群から選ばれる1〜3個の置換基で置換されたフェニルであり、必要に応じてR'またはR”はフェニル基上の隣接環原子に結合して、5もしくは6員縮合環を形成してよく;ここで、
Xは(C−C)アルキレン;および
R',R”およびR'''はそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)ヘテロアルキル、ヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)ハロアルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルコキシ、−C(O)−ヘテロシクロ(C−C)アルキルおよび−C(O)−フルオロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ、必要に応じてR',R”およびR'''のいずれか2つはそれらの介在原子と共に合して、N、OおよびSから選ばれる1〜3個のへテロ原子を含有する5、6もしくは7員環を形成してもよい請求項1に記載の化合物。
【請求項4】
Qが非置換チエニル、またはハロゲン、シアノ、ニトロ、シアノ(C−C)アルケニル、ニトロ(C−C)アルケニル、−R'、−OR'、−NR'R”、−C(O)R'、−COR'、−C(O)NR'R”、−NR”C(O)R'、−NR”COR'、−NR'C(O)NR”R'''、−S(O)R'、−SOR'、−SONR'R”、−NR”SOR'、−OC(O)NR'R”、−X−C(O)R'、−X−COR'、−X−C(O)NR'R”、−X−NR”C(O)R'、−X−NR”COR'、−X−NR'C(O)NR”R'''、−X−S(O)R'、−X−SOR'、−X−SONR'R”、−X−NR”SOR'および−X−OC(O)NR'R”からなる群から選ばれる1〜3個の置換基で置換されたチエニルであり、必要に応じてR'またはR”はチエニル基上の隣接環原子に結合して、5もしくは6員縮合環を形成してよく;ここで、
Xは(C−C)アルキレン;および
R',R”およびR'''はそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)ヘテロアルキル、ヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)ハロアルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルコキシ、−C(O)−ヘテロシクロ(C−C)アルキルおよび−C(O)−フルオロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ、必要に応じてR',R”およびR'''のいずれか2つはそれらの介在原子と共に合して、N、OおよびSから選ばれる1〜3個のへテロ原子を含有する5、6もしくは7員環を形成してもよい請求項1に記載の化合物。
【請求項5】
が−C(O)NR1a1b、−SONR1a1b、−SO1a、−C(O)R1a、イミダゾリル、ピラゾリル、テトラゾリル、オキサゾリル、チアゾリル、チエニルおよびピリジルからなる群から選ばれる請求項1に記載の化合物。
【請求項6】
【化3】

[式中、X,XおよびXはそれぞれ独立して、=C−、−CH−および−N−からなる群から選ばれ;
,Y,YおよびYはそれぞれ独立して、=C(R5a)−、−C(R)(R)−、−C(O)−、=N−、−N(R)−、−O−および−S(O)m−からなる群から選ばれ;
およびZはそれぞれ独立して、CHまたはN;
およびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、ハロゲン、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
各R5aは独立して、水素、ハロゲン、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、ハロゲン、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;および
下付きのmは0〜2の整数
である]
からなる群から選ばれる式で示される請求項1に記載の化合物。
【請求項7】
が−NHR2bである請求項5に記載の化合物。
【請求項8】
が−C(O)NHR1a、−SONHR1a、−SO1a、−C(O)CHおよびチアゾリルからなる群から選ばれ、およびRが−NHR2bである請求項5に記載の化合物。
【請求項9】
【化4】

からなる群から選ばれる式で示される請求項8に記載の化合物。
【請求項10】
【化5】

からなる群から選ばれる式で示される請求項8に記載の化合物。
【請求項11】
【化6】

[式中、X,XおよびXはそれぞれ独立して、=C−、−CH−および−N−からなる群から選ばれ;
,Y,Y,YおよびYはそれぞれ独立して、=C(R5a)−、−C(R)(R)−、−C(O)−、=N−、−N(R)−、−O−および−S(O)m−からなる群から選ばれ;
およびZはそれぞれ独立して、CHまたはN;
およびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
各R5aは独立して、水素、ハロゲン、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;および
下付きのmは0〜2の整数
である]
からなる群から選ばれる式で示される請求項1に記載の化合物。
【請求項12】
が−NHR2bである請求項11に記載の化合物。
【請求項13】
が−C(O)NHR1a、−SONHR1aおよび−C(O)CHからなる群から選ばれ、およびRが−NHR2bである請求項11に記載の化合物。
【請求項14】
が−C(O)NHおよびRが−NHである請求項11に記載の化合物。
【請求項15】
式:
【化7】

で示される請求項11に記載の化合物。
【請求項16】
【化8】

[式中、X,XおよびXはそれぞれ独立して、=C−、−CH−および−N−からなる群から選ばれ;
,YおよびYはそれぞれ独立して、=C(R5a)−、−C(R)(R)−、−C(O)−、=N−、−N(R)−、−O−および−S(O)m−からなる群から選ばれ;
およびZはそれぞれ独立して、CHまたはN;
およびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
各R5aは独立して、水素、ハロゲン、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;および
下付きのmは0〜2の整数
である]
からなる群から選ばれる式で示される請求項1に記載の化合物。
【請求項17】
が−NHR2bである請求項16に記載の化合物。
【請求項18】
が−C(O)NHR1a、−SONHR1a、および−C(O)CHからなる群から選ばれ、およびRが−NHR2bである請求項16に記載の化合物。
【請求項19】
が−C(O)NHおよびRが−NHである請求項16に記載の化合物。
【請求項20】
【化9】

で示される請求項16に記載の化合物。
【請求項21】
下記式(Ia.1)で示される化合物、またはその医薬的に許容しうる塩、水和物、溶媒化合物もしくはプロドラッグ:
【化10】

式中、Rは−C(O)NR1a1b、−C(O)R1a、−CH(=NOH)、−N(R1b)C(O)R1a、−SONR1a1b、−SO1a、−C(O)N(R1a)OR1b、−(C−C)アルキレン−N(R1b)C(O)NR1a、−(C−C)アルキレン−C(O)NR1a1bおよびヘテロアリールからなる群から選ばれ、ここで、R1aおよびR1bは水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)へテロアルキル、ヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、およびヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキルから選ばれ、必要に応じてR1aはRの結合点に関してWの隣接環員に結合して、追加の5もしくは6員縮合環を形成するか、あるいはR1aとR1bはそれらの介在原子と共に合して、3、4、5もしくは6員環を形成してよく;
は−NR2a2bおよび−OHからなる群から選ばれ、ここで、R2aおよびR2bは水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)へテロアルキル、モノもしくはジヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルコキシ、−C(O)−ヘテロシクロ(C−C)アルキル、および−C(O)−フルオロ(C−C)アルキルから選ばれ、必要に応じてR2aとR2bはそれぞれが結合する窒素原子と共に合して、N、OおよびSから選ばれる1〜3個のヘテロ原子を含有する5、6もしくは7員縮合環を形成してよく;
Lは単結合、(C−C)アルキレン、−C(O)−、−C(O)N(R)−、−SON(R)−、−C(R)=C(R)−、−O−、−S−および−N(R)−からなる群から選ばれる二価の結合基、ここで、RおよびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、およびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
Qは(C−C)アルケニル、(C−C)アルキニル、(C−C)アルコキシ、ハロゲン、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、シクロ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルケニル、およびヘテロシクロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ、これらの基のそれぞれは必要に応じて、さらに置換されてよく;
,XおよびXはそれぞれ独立して、=C−、−CH−および−N−からなる群から選ばれ;
,Y,YおよびYはそれぞれ独立して、=C(R5a)−、−C(R)(R)−、−C(O)−、=N−、−N(R)−、−O−および−S(O)m−からなる群から選ばれ;
およびZはそれぞれ独立して、CHまたはN;
,R,RおよびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
各R5aは独立して、水素、ハロゲン、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;および
下付きのmは0〜2の整数であり;但し、当該化合物(Ia.1)として、式:
【化11】

の化合物を除く。
【請求項22】
Qがフェニル、ナフチル、ピリジル、フリル、チエニル、チアゾリル、イソチアゾリル、トリアゾリル、イミダゾリル、オキサゾリル、イソキサゾリル、ピロリル、ピロリジニル、ピラゾリル、ピラジニル、ピリダジニル、ピリミジル、ベンゾフリル、テトラヒドロベンゾフリル、イソベンゾフリル、ベンズチアゾリル、ベンゾイソチアゾリル、ベンゾトリアゾリル、インドリル、イソインドリル、ベンゾキサゾリル、キノリル、テトラヒドロキノリル、イソキノリル、ベンズイミダゾリル、ベンズイソキサゾリル、ベンゾチエニル、シクロペンチルおよびシクロヘキシルからなる群から選ばれる請求項21に記載の化合物。
【請求項23】
Qが非置換フェニル、またはハロゲン、シアノ、ニトロ、シアノ(C−C)アルケニル、ニトロ(C−C)アルケニル、−R'、−OR'、−NR'R”、−C(O)R'、−COR'、−C(O)NR'R”、−NR”C(O)R'、−NR”COR'、−NR'C(O)NR”R'''、−S(O)R'、−SOR'、−SONR'R”、−NR”SOR'、−OC(O)NR'R”、−X−C(O)R'、−X−COR'、−X−C(O)NR'R”、−X−NR”C(O)R'、−X−NR”COR'、−X−NR'C(O)NR”R'''、−X−S(O)R'、−X−SOR'、−X−SONR'R”、−X−NR”SOR'および−X−OC(O)NR'R”からなる群から選ばれる1〜3個の置換基で置換されたフェニルであり、必要に応じてR'またはR”はフェニル基上の隣接環原子に結合して、5もしくは6員縮合環を形成してよく;ここで、
Xは(C−C)アルキレン;および
R',R”およびR'''はそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)ヘテロアルキル、ヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)ハロアルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルキル、−C(O)−(C−C)アルコキシ、−C(O)−ヘテロシクロ(C−C)アルキルおよび−C(O)−フルオロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ、必要に応じてR',R”およびR'''のいずれか2つはそれらの介在原子と共に合して、N、OおよびSから選ばれる1〜3個のへテロ原子を含有する5、6もしくは7員環を形成してもよい請求項21に記載の化合物。
【請求項24】
が−C(O)NR1a1b、−SONR1a1b、−SO1a、−C(O)R1a、イミダゾリル、ピラゾリル、テトラゾリル、オキサゾリル、チアゾリル、チエニルおよびピリジルからなる群から選ばれる請求項21に記載の化合物。
【請求項25】
式(III):
【化12】

で示される請求項21に記載の化合物。
【請求項26】
式(IV):
【化13】

で示される請求項21に記載の化合物。
【請求項27】
式(V):
【化14】

で示される請求項21に記載の化合物。
【請求項28】
式(VI):
【化15】

[式中、各R5aは独立して、水素、ハロゲン、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれる]
で示される請求項21に記載の化合物。
【請求項29】
が−NHR2bである請求項28に記載の化合物。
【請求項30】
が−C(O)NHR1a、−SONHR1a、−SO1a、ヘテロアリールおよび−C(O)CHからなる群から選ばれ、およびRが−NHR2bである請求項28に記載の化合物。
【請求項31】
が−C(O)NHR1a、−SONHR1a、−SO1a、ヘテロアリールおよび−C(O)CHからなる群から選ばれ、Rが−NHR2bおよび各R5aが水素である請求項28に記載の化合物。
【請求項32】
【化16】

からなる群から選ばれる、請求項31に記載の化合物。
【請求項33】
【化17】

からなる群から選ばれる式で示される化合物、またはその医薬的に許容しうる塩、水和物、溶媒化合物もしくはプロドラッグ:
式中、Rは−C(O)NR1a1b、−C(O)R1a、−CH(=NOH)、−N(R1b)C(O)R1a、−SONR1a1b、−SO1a、−C(O)N(R1a)OR1b、−(C−C)アルキレン−N(R1b)C(O)NR1a、−(C)アルキレン−C(O)NR1a1bおよびヘテロアリールからなる群から選ばれ、ここで、R1aおよびR1bは水素、(C−C)アルキル、(C−C)アルケニル、(C−C)へテロアルキル、ヒドロキシ(C−C)アルキル、フルオロ(C−C)アルキル、シアノ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、モノもしくはジヒドロキシシクロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、およびヘテロシクロ(C−C)アルキル−(C−C)アルキルから選ばれ、必要に応じてR1aはRの結合点に関してWの隣接環員に結合して、追加の5もしくは6員縮合環を形成するか、あるいはR1aとR1bはそれらの介在原子と共に合して、3、4、5もしくは6員環を形成してよく;
Lは単結合、(C−C)アルキレン、−C(O)−、−C(O)N(R)−、−SON(R)−、−C(R)=C(R)−、−O−、−S−および−N(R)−からなる群から選ばれる二価の結合基、ここで、RおよびRはそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキル、およびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
Qは(C−C)アルケニル、(C−C)アルキニル、(C−C)アルコキシ、ハロゲン、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロアリール、シクロ(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルケニル、およびヘテロシクロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ、これらの基のそれぞれは必要に応じて、さらに置換されてよく;
およびAはそれぞれ独立して、=C−、−CH−および−N−からなる群から選ばれ;
およびBはそれぞれ独立して、=C(R5a)−、−C(R)(R)−、−C(O)−、=N−、−N(R)−、−O−および−S(O)m−からなる群から選ばれ;
は−C(R)(R)−、−N(R)−および−O−からなる群から選ばれ;
は−C(R)(R10)−、−C(O)−、−N(R)−、−O−および−S(O)n−からなる群から選ばれ;
必要に応じてD−Dは、−C(R11)=C(OR12)−または−C(R11)=N−であってもよく;
およびZはそれぞれ独立して、CHまたはN;
,R,R,R,R,R,RおよびR10はそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
各R5aは独立して、水素、ハロゲン、(C−C)アルキル、シクロ(C−C)アルキル、アリール、アリール(C−C)アルキル、ヘテロ(C−C)アルキル、ヘテロシクロ(C−C)アルキル、ヘテロアリール、ヘテロアリール(C−C)アルキルおよびアリールヘテロ(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;
11およびR12はそれぞれ独立して、水素、(C−C)アルキル、アリールおよびアリール(C−C)アルキルからなる群から選ばれ;および
下付きのmおよびnはそれぞれ独立して、0〜2の整数であって、但し、DおよびDが共に−N(R)−または−O−であることはない。
【請求項34】
【化18】

[式中、BおよびBはそれぞれ独立して、C(R5a)またはNである]
からなる群から選ばれる式で示される請求項33に記載の化合物。
【請求項35】
医薬的に許容しうる担体、賦形剤または希釈剤、および請求項1〜34のいずれか1つに記載の化合物から成る医薬組成物。
【請求項36】
炎症性、代謝性、感染性、細胞増殖性もしくは免疫性疾患または病態を処置または予防する方法であって、かかる処置を必要とする被検者に対し、請求項1〜34のいずれか1つに記載の化合物の治療上有効量を投与することから成る方法。
【請求項37】
炎症性、代謝性、感染性、細胞増殖性もしくは免疫性疾患または病態が、慢性関節リウマチ、炎症性腸疾患、乾癬、癌、糖尿病、敗血症性ショック、ぜん息、アレルギー性疾患、多発硬化症および移植拒絶からなる群から選ばれる請求項36に記載の方法。
【請求項38】
化合物を経口、局所、静脈内または筋肉内投与する請求項36に記載の方法。
【請求項39】
化合物を第二治療剤と組合せて投与し、該第二治療剤が、プレドニゾン、デキサメタゾン、ベクロメタゾン、メチルプレドニゾン、ベタメタゾン、ヒドロコルチゾン、メトトレキサート、シクロスポリン、ラパマイシン、タクロリマス、抗ヒスタミン薬、TNF抗体、IL−1抗体、可溶TNFレセプタ、可溶IL−1レセプタ、TNFもしくはIL−1レセプタ拮抗薬、非ステロイド系抗炎症剤、COX−2インヒビター、抗糖尿病剤、抗癌剤、ヒドロキシクロロキン、D−ペニシラミン、イソフリキシマブ、エタネルセプト、オーラノフィン、金チオグルコース、スルファサラジン、スルファサラジン類縁体、メサラミン、コルチコステロイド、コルチコステロイド類縁体、6−メルカプトプリン、インターフェロンβ−1β、インターフェロンβ−1α、アザチオプリン、酢酸グラチラマー、グルココルチコイドおよびシクロホスファミドからなる群から選ばれる請求項36に記載の方法。
【請求項40】
IKK変調に反応する疾患または病態を処置または予防する方法であって、かかる処置を必要とする被検者に対し、請求項1〜34のいずれか1つに記載の化合物の治療上有効量を投与することから成る方法。
【請求項41】
IKKが仲介する疾患または病態を処置または予防する方法であって、かかる処置を必要とする被検者に対し、請求項1〜34のいずれか1つに記載の化合物の治療上有効量を投与することから成る方法。
【請求項42】
IKKを調節する方法であって、細胞を請求項1〜34のいずれか1つに記載の化合物と接触させることから成る方法。
【請求項43】
化合物がIKKを抑制する請求項42に記載の方法。
【請求項44】
化合物がIKKβを抑制する請求項42に記載の方法。
【請求項45】
化合物がIKKβおよびIKKαを抑制する請求項42に記載の方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate


【公表番号】特表2006−512313(P2006−512313A)
【公表日】平成18年4月13日(2006.4.13)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2004−549954(P2004−549954)
【出願日】平成15年9月19日(2003.9.19)
【国際出願番号】PCT/US2003/029143
【国際公開番号】WO2004/041285
【国際公開日】平成16年5月21日(2004.5.21)
【出願人】(500203709)アムジェン インコーポレイテッド (76)
【Fターム(参考)】