Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
抗菌薬および抗菌薬関連化合物の高透過性組成物またはプロドラッグ
説明

抗菌薬および抗菌薬関連化合物の高透過性組成物またはプロドラッグ

抗菌薬および抗菌薬関連化合物の高透過性組成物(HPC)またはプロドラッグ(HPP)を提供する。HPC/HPPは、生物学的障壁を通過した後に親薬物または薬物代謝産物へと転換することができるので、治療を与えることができる。さらに、HPC/HPPは、その親薬物が接近することができないような領域に到達し、標的領域で十分な濃度を与えることができるので、新規治療を与える。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
a)機能単位;
b)リンカー;
c)輸送単位;
を含む抗菌薬または抗菌薬関連化合物の高透過性組成物であって、
前記機能単位は、前記リンカーを通して前記輸送単位と共有結合しており;
前記機能単位は、前記抗菌薬または前記抗菌薬関連化合物の部分を含み;
前記輸送単位は、プロトン化可能なアミン基を含み;かつ
前記リンカーは、前記高透過性組成物が生物学的障壁を透過した後で切断することができる化学結合を含む、高透過性組成物。
【請求項2】
前記化学結合が、共有化学結合、エーテル結合、チオエーテル結合、エステル結合、チオエステル結合、炭酸結合、カルバメート結合、リン酸結合、およびオキシム結合からなる群から選択される、請求項1に記載の高透過性組成物。
【請求項3】
前記抗菌薬または前記抗菌薬関連化合物の前記部分が、前記切断可能な結合の切断で前記抗菌薬または前記抗菌薬関連化合物に転換される、請求項1に記載の高透過性組成物。
【請求項4】
前記機能単位が、β−ラクタム抗生物質またはβ−ラクタム抗生物質関連化合物の部分の親油性誘導体を含む、請求項1に記載の高透過性組成物。
【請求項5】
前記親油性誘導体が、炭酸塩、エステル、アミド、カルバミン酸塩、N−マンニッヒ塩基、エーテル、チオエーテル、チオエステル、リン酸塩、オキシム、およびイミンからなる群から選択される、請求項4に記載の高透過性組成物。
【請求項6】
前記β−ラクタム抗生物質または前記β−ラクタム抗生物質関連化合物が、β−ラクタム抗生物質、β−ラクタム抗生物質代謝産物、およびβ−ラクタム抗生物質またはβ−ラクタム抗生物質代謝産物に代謝され得る薬剤、ならびにその類似体からなる群から選択される、請求項1に記載の高透過性組成物。
【請求項7】
前記プロトン化可能なアミン基が、置換および非置換第一級アミン基、置換および非置換第二級アミン基、ならびに置換および非置換第三級アミン基からなる群から選択される、請求項1に記載の高浸透性組成物。
【請求項8】
前記プロトン化可能なアミン基が、ぞの立体異性体および薬学的に許容される塩を含む、構造W−1、構造W−2、構造W−3、構造W−4、構造W−5、構造W−6、構造W−7、構造W−8、構造W−9、構造W−10、構造W−11、構造W−12、構造W−13、構造W−14、構造W−15、構造W−16、構造W−17、および構造W−18からなる群から選択され;
HAは、何もない、塩酸塩、臭化水素酸塩、ヨウ化水素酸塩、硝酸、硫酸、二硫酸、リン酸、亜リン酸、ホスホン酸、イソニコチン酸、酢酸、乳酸、サリチル酸、クエン酸、酒石酸、パントテン酸、二酒石酸、アスコルビン酸、コハク酸、マレイン酸、ゲンチジン酸、フマル酸、グルコン酸、グルクロン酸、サッカリン酸、ギ酸、安息香酸、グルタミン酸、メタンスルホン酸、エタンスルホン酸、ベンゼンスルホン酸、p−トルエンスルホン酸、およびパモ酸からなる群から選択され;
Rは、何もない、H、CH2COOR6、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換ハロゲン化アルキル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、ならびに置換および非置換ヘテロアリールからなる群から選択され、ここでR中の任意のCH2は、O、S、P、NR6、または任意の他の薬学的に許容される基によりさらに置換されていてもよく;
1〜R2は、独立に、H、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、ならびに置換および非置換ヘテロアリール残基からなる群から選択され;
5は、H、CONH2、CH2CH2OR6、CH2CH2N(CH32、CH2CH2N(CH2CH32、Cl、F、Br、I、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換シクロアルキルオキシル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルキルカルボニル、置換および非置換アルキルアミノ、COW、L1−L4−L2−W、ならびにWからなる群から選択され;
6は、H、F、Cl、Br、I、Na+、K+、COR5、2−オキソ−1−イミダゾリジニル、フェニル、5−インダニル、2,3−ジヒドロ−1H−インデン−5−イル、4−ヒドロキシ−1,5−ナフチリジン−3−イル、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換シクロアルキルオキシル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、−C(=O)−W、−L1−L4−L2−W、ならびにWからなる群から選択され;
11〜R16は、独立に、何もない、H、CH2COOR11、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換ハロゲン化アルキル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、ならびに置換および非置換ヘテロアリールからなる群から選択され;
1は、何もない、O、S、−O−L3−、−S−L3−、−N(L3)−、−N(L3)−CH2−O、−N(L3)−CH2−N(L5)−、−O−CH2−O−、−O−CH(L3)−O、および−S−CH(L3)−O−からなる群から選択され;
2は、何もない、O、S、−O−L3−、−S−L3−、−N(L3)−、−N(L3)−CH2−O、−N(L3)−CH2−N(L5)−、−O−CH2−O−、−O−CH(L3)−O、−S−CH(L3)−O−、−O−L3−、−N−L3−、−S−L3−、−N(L3)−L5−、およびL3からなる群から選択され;
4は、C=O、C=S、
【化1】

【化2】

および
【化3】

からなる群から選択され;
1、L2、およびL4の各々について、L3およびL5は、独立に、何もない、H、CH2C(=O)OR6、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、ならびに置換および非置換ハロゲン化アルキルからなる群から選択され、ここで任意の炭素または水素は、さらに、独立に、O、S、P、NL3、または任意の他の薬学的に許容される基により置換されていてもよく;
6は、独立に、H、OH、Cl、F、Br、I、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、ならびに置換および非置換ハロゲン化アルキルからなる群から選択され、ここで任意の炭素または水素は、さらに、独立に、O、S、N、P(O)OL6、CH=CH、C≡C、CHL6、CL67、アリール、ヘテロアリール、または環状基により置換されていてもよく;
7は、独立に、H、OH、Cl、F、Br、I、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、ならびに置換および非置換ハロゲン化アルキルからなる群から選択され、ここで任意の炭素または水素は、さらに、独立に、O、S、N、P(O)OL6、CH=CH、C≡C、CHL6、CL67、アリール、ヘテロアリール、または環状基により置換されていてもよく;
Wは、H、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシ、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、構造W−1、構造W−2、構造W−3、構造W−4、構造W−5、構造W−6、構造W−7、構造W−8、構造W−9、構造W−10、構造W−11、構造W−12、構造W−13、構造W−14、構造W−15、構造W−16、構造W−17、構造W−18、および構造Waからなる群から選択される、
請求項7に記載の高透過性組成物。
【請求項9】
その立体異性体および薬学的に許容される塩を含む、
以下の化学構造:
【化4】

構造L−1
を有する高透過性組成物であって;
Fは、その立体異性体および薬学的に許容される塩を含む、構造F−1、構造FP−1、構造FP−2、構造FP−3、構造FP−4、構造FP−5、構造FP−6、構造FP−7、構造FP−8、構造FP−9、構造FP−10、構造FP−11、構造FP−12、構造FP−13、構造FP−14、構造FP−15、構造FP−16、構造FP−17、構造FP−18、構造FP−19、構造FP−20、構造FP−21、構造FP−22、構造FP−23、構造FP−24、構造FP−25、構造FP−26、構造FP−27、構造FP−28、構造FP−29、構造FP−30、FP−31、構造FP−32、構造FP−33、構造FP−34、構造FP−35、構造FP−36、構造FP−37、構造FP−38、構造FP−39、構造FP−40、FP−41、構造FP−42、構造FP−43、構造FP−44、構造FP−45、構造FP−46、構造FP−47、構造FP−48、構造FP−49、構造FP−50、FP−51、構造FP−52、構造FP−53、構造FP−54、構造FP−55、構造FP−56、構造FP−57、構造FP−58、構造FP−59、構造FP−60、FP−61、構造FP−62、構造FP−63、構造FP−64、構造FP−65、構造FP−66、構造FP−67、構造FP−68、構造FP−69、構造FP−70、FP−71、構造FP−72、構造FP−73、構造FP−74、構造FP−75、構造FP−76、構造FP−77、構造FP−78、構造FP−79、構造FP−80、FP−81、構造FP−82、構造FP−83、構造FP−84、構造FP−85、構造FP−86、構造FI−1、構造FI−2、構造FI−3、構造FI−4、構造FI−5、構造FI−6、構造FI−7、構造FI−8、構造FI−9、構造FI−10、構造FI−11、構造FI−12、構造FI−13、構造FI−14、構造FI−15、構造FI−16、構造FI−17、構造FI−18、構造FI−19、構造FI−20、構造FI−21、構造FI−22、構造FI−23、構造FI−24、構造FI−25、構造FI−26、構造FI−27、構造FI−28、構造FI−29、構造FI−30、構造FI−31、構造FI−32、構造FI−33、構造FS−1、構造FS−2、構造FS−3、構造FS−4、構造FS−5、構造FS−6、構造FS−7、構造FS−8、構造FS−9、構造FS−10、構造FS−11、構造FS−12、構造FS−13、構造FS−14、構造FS−15、構造FS−16、構造FS−17、構造FS−18、構造FS−19、構造FS−20、構造FT−1、構造FT−2、構造FT−3、構造FT−4、構造FT−5、構造FT−6、構造FT−7、構造FT−8、構造FT−9、構造FT−10、構造FT−11、構造FT−12、構造FT−13、構造FT−14、構造FT−15、および構造FT−16からなる群から選択される構造を有するβ−ラクタム抗生物質またはβ−ラクタム抗生物質関連化合物の部分を含み;
Yは、H、OH、NHCHO、NHC(=O)R6、OC(=O)CH3、OC(=O)R6、OCH3、OC25、OR6、CH3SO3、R6SO3、NO2、CN、CF3、OCF3、OC25、OC37、F、Br、I、Cl、ならびに置換および非置換アルキルオキシルからなる群から選択され;
【化5】

は、構造NS−1、構造NS−2、構造NS−3、構造NS−4、および構造NS−5:
【化6】

構造NS−1 構造NS−2 構造NS−3 構造NS−4 構造NS−5
からなる群から選択され;
1は、H、OH、OCH3、OC25、OR6、C(=O)NH2、CH2OC(=O)NH2、CH2OC(=O)CH3、CH2OC(=O)R6、OC(=O)CH3、OC(=O)R6、CH2OCH3、CH3、C25、R6、Cl,F、Br、I、HC=CHCH3、HC=CH2、CH2OCH3、CH2OR6、S(CH2n−NHR7、構造X1−1、構造X1−2、構造X1−3、構造X1−4、構造X1−5、構造X1−6、構造X1−7、構造X1−8、構造X1−9、構造X1−10、構造X1−11、構造X1−12、構造X1−13、構造X1−14、構造X1−15、構造X1−16、構造X1−17、構造X1−18、構造X1−19、構造X1−20、構造X1−21、構造X1−22、構造X1−23、構造X1−24、構造X1−25、構造X1−26、構造X1−27、構造X1−28、構造X1−29、構造X1−30、構造X1−31、構造X1−32、構造X1−33、構造X1−34、構造X1−35、構造X1−36、構造X1−37、構造X1−38、構造X1−39、構造X1−40、構造X1−41、構造X1−42、構造X1−43、構造X1−44、構造X1−45、構造X1−46、構造X1−47、構造X1−48、構造X1−49、構造X1−50、構造X1−51、構造X1−52、構造X1−53、構造X1−54、構造X1−55、構造X1−56、構造X1−57、構造X1−58、構造X1−59、構造X1−60、構造X1−61、構造X1−62、構造X1−63、構造X1−64、構造X1−65、構造X1−66、構造X1−67、構造X1−68、構造X1−69、構造X1−70、構造X1−71、構造X1−72、構造X1−73、構造X1−74、構造X1−75、構造X1−76、構造X1−77、構造X1−78、構造X1−79、構造X1−80、構造X1−81、および構造X1−82からなる群から選択され;
Yと一緒になったRs−は、R6OCH2C(R5)=である、または単独で、R6OOCCH(NHR7)(CH2nC(=O)NH−、R6OOCCH(NHR7)(CH2nSC(=O)NH−、CF3SCH2C(=O)NH−、CF3CH2C(=O)NH−、CHF2SCH2C(=O)NH−、CH2FSCH2C(=O)NH−、NH2C(=O)CHFS−CH2C(=O)NH−、R7NHCH(C(=O)OW)CH2SCH2C(=O)NH−、R7NHCH(L1−L4−L2−W)CH2SCH2C(=O)NH−、CNCH2SCH2C(=O)NH−、CH3(CH2nC(=O)NH−、R7N=CHNR7CH2CH2S−、R7N=C(NHR7)NHC(=O)−、R7N=C(NHR7)NHC(=O)CH2、CH3C(Cl)=CHCH2SCH2C(=O)NH−、(CH32C(OR6)−、CNCH2C(=O)NH−、CNCH2CH2S−、R7HN=CH(NR7)CH2CH2S−、CH2=CHCH2SCH2C(=O)NH−、CH3CH(OH)−、CH3CH(OR8)−、CH3CH(Y1)−、(CH32CH−、CH3CH2−、CH3(CH2nCH=CH(CH2mC(=O)NH−(式中、nまたはm=0、1、2、3、4、5、6、...)、構造Rs−1、構造Rs−2、構造Rs−3、構造Rs−4、構造Rs−5、構造Rs−6、構造Rs−7、構造Rs−8、構造Rs−9、構造Rs−10、構造Rs−11、構造Rs−12、構造Rs−13、構造Rs−14、構造Rs−15、構造Rs−16、構造Rs−17、構造Rs−18、構造Rs−19、構造Rs−20、構造Rs−21、構造Rs−22、構造Rs−23、構造Rs−24、構造Rs−25、構造Rs−26、構造Rs−27、構造Rs−28、構造Rs−29、構造Rs−30、構造Rs−31、構造Rs−32、構造Rs−33、構造Rs−34、構造Rs−35、構造Rs−36、構造Rs−37、構造Rs−38、構造Rs−39、構造Rs−40、構造Rs−41、構造Rs−42、構造Rs−43、構造Rs−44、構造Rs−45、および構造Rs−46からなる群から選択され;
Wは、H、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシ、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、構造Wa、構造W−1、構造W−2、構造W−3、構造W−4、構造W−5、構造W−6、構造W−7、構造W−8、構造W−9、構造W−10、構造W−11、構造W−12、構造W−13、構造W−14、構造W−15、構造W−16、構造W−17、および構造W−18からなる群から選択され;
Zは、CH2、S、SO、SO2、NH、NR6、CHCH3、CHCH2CH3、CR6、R6、−C(=O)−、およびOからなる群から選択され;
AAは、任意のアミノ酸を表し;
mおよびnの各々は、独立に、0および整数からなる群から選択され;
HAは、何もない、塩酸塩、臭化水素酸塩、ヨウ化水素酸塩、硝酸、硫酸、二硫酸、リン酸、亜リン酸、ホスホン酸、イソニコチン酸、酢酸、乳酸、サリチル酸、クエン酸、酒石酸、パントテン酸、二酒石酸、アスコルビン酸、コハク酸、マレイン酸、ゲンチジン酸、フマル酸、グルコン酸、グルクロン酸、サッカリン酸、ギ酸、安息香酸、グルタミン酸、メタンスルホン酸、エタンスルホン酸、ベンゼンスルホン酸、p−トルエンスルホン酸、およびパモ酸からなる群から選択され;
Rは、何もない、H、CH2C(=O)OR6、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換ハロゲン化アルキル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、ならびに置換および非置換ヘテロアリールからなる群から選択され、ここでR中の任意のCH2は、O、S、P、NR6、または任意の他の薬学的に許容される基によりさらに置換されていてもよく;
1〜R3は、独立に、H、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、ならびに置換および非置換ヘテロアリール残基からなる群から選択され;
5およびR35は、独立に、H、C(=O)NH2、CH2CH2OR6、CH2CH2N(CH32、CH2CH2N(CH2CH32、Cl、F、Br、I、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換シクロアルキルオキシル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルキルカルボニル、置換および非置換アルキルアミノ、−C(=O)−W、L1−L4−L2−W、ならびにWからなる群から選択され;
6、R36、およびR46は、独立に、H、F、Cl、Br、I、Na+、K+、C(=O)R5、2−オキソ−1−イミダゾリジニル、フェニル、5−インダニル、2,3−ジヒドロ−1H−インデン−5−イル、4−ヒドロキシ−1,5−ナフチリジン−3−イル、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換シクロアルキルオキシル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、−C(=O)−W、−L1−L4−L2−W、ならびにWからなる群から選択され;
7およびR37は、独立に、H、F、Cl、Br、I、CH3NHC(=O)CH2CH(NHR8)C(=O)、R5N=C(NHR6)NHC(=O)−、C(=O)CH3、C(=O)R6、PO(OR5)OR6、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルキルオキシル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルキルカルボニル、置換および非置換アルキルアミノ、L1−L4−L2−W、ならびにC−(=O)−Wからなる群から選択され;
8およびR38は、独立に、H、F、Cl、Br、I、CH3、C25、CF3、CH2CH2F、CH2CH2Cl、CH2CH2Br、CH2CH2I、CH2CHF2、CH2CF3、CH2F、CH2Cl、CH2Br、CH2I、CH2NR67、CH(NHR7)CH2C(=O)NH2、C37、C49、C511、R6、C(=O)R6、C(=O)NH2、CH2C(=O)NH2、CH2OC(=O)NH2、PO(OR5)OR6、C(CH32C(=O)OR6、CH(CH3)C(=O)OR6、CH2C(=O)OR6、C(=O)−W、L1−L4−L2−W、W、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換ハロゲン化アルキル、ならびに置換および非置換アルキルカルボニルからなる群から選択され;
11〜R16は、独立に、何もない、H、CH2C(=O)OR11、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換ハロゲン化アルキル、置換および非置換アルケニル、置換および非置換アルキニル、置換および非置換アリール、ならびに置換および非置換ヘテロアリールからなる群から選択され;
Xは、何もない、C(=O)、OC(=O)、CH2、CH、S、NH、NR6、およびOからなる群から選択され;
2は、何もない、H、CH2(CH2nOR8、Cl、F、Br、I、NO2、CN、CF3、C25、C37、OCF3、OC25、NH2、NHR6、CH3、C25、R6、C(=O)NH2、CH2OC(=O)NH2、CH2C(=O)OR5、CH2(CH2nN(CH32、CH2(CH2nSO35、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換アルキル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、ならびに置換および非置換アルキルオキシルからなる群から選択され;
3は、何もない、H、N3、SO3W、F、Cl、Br、OH、OCH3、OR6、CH3、R6、C(=O)OW、OW、L1−L4−L2−W、およびIからなる群から選択され;
4は、何もない、N、CH、およびCY1からなる群から選択され;
5およびX35は、独立に、何もない、C(=O)、OC(=O)、CH2、CH、S、O、およびNR5からなる群から選択され;
6、X36およびX46は、独立に、何もない、C(=O)、OC(=O)、CH2、CH、S、O、およびNR5からなる群から選択され;
7は、何もない、C(=O)、OC(=O)、CH2、CH、S、O、およびNR5からなる群から選択され;
1、Y31、Y2、Y32、Y3、およびY4は、独立に、H、OH、OW、OC(=O)W、L1−L4−L2−W、OC(=O)CH3、CH3、C25、C37、C49、R6、SO36、CH2OR6、CH2OC(=O)R6、CH2C(=O)OR8、OCH3、OC25、OR6、CH3SO2、R6SO2、CH3SO3、R6SO3、NO2、CN、CF3、OCF3、CH2(CH2nNR56、CH2(CH2nOR6、CH(C(=O)NH2)NHR6、CH2C(=O)NH2、F、Br、I、Cl、CH=CHC(=O)NHCH2C(=O)OW、CH=CHC(=O)NHCH21−L4−L2−W、NR8C(=O)R5、SO2NR58、C(=O)R5、SR5、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、置換および非置換ハロゲン化アルキル、ならびに置換および非置換アルキルカルボニルからなる群から選択され;
1およびL31は、独立に、何もない、O、S、−O−L3−、−S−L3−、−N(L3)−、−N(L3)−CH2−O、−N(L3)−CH2−N(L5)−、−O−CH2−O−、−O−CH(L3)−O、および−S−CH(L3)−O−からなる群から選択され;
2およびL32は、独立に、何もない、O、S、−O−L3−、−S−L3−、−N(L3)−、−N(L3)−CH2−O、−N(L3)−CH2−N(L5)−、−O−CH2−O−、−O−CH(L3)−O、−S−CH(L3)−O−、−O−L3−、−N−L3−、−S−L3−、−N(L3)−L5−、およびL3からなる群から選択され;
4およびL34は、独立に、C=O、C=S、
【化7】

【化8】

および
【化9】

からなる群から選択され;
1、L31、L2、L32、L4、およびL34の各々について、L3およびL5は、独立に、何もない、H、CH2C(=O)OR6、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、ならびに置換および非置換ハロゲン化アルキルからなる群から選択され、ここで任意の炭素または水素は、さらに、独立に、O、S、P、NL3、または任意の他の薬学的に許容される基により置換されていてもよく;
6は、独立に、H、OH、Cl、F、Br、I、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、ならびに置換および非置換ハロゲン化アルキルからなる群から選択され、ここで任意の炭素または水素は、さらに、独立に、O、S、N、P(O)OL6、CH=CH、C≡C、CHL6、CL67、アリール、ヘテロアリール、または環状基により置換されていてもよく;
7は、独立に、H、OH、Cl、F、Br、I、置換および非置換アルキル、置換および非置換シクロアルキル、置換および非置換ヘテロシクロアルキル、置換および非置換アリール、置換および非置換ヘテロアリール、置換および非置換アルコキシル、置換および非置換アルキルチオ、置換および非置換アルキルアミノ、置換および非置換ペルフルオロアルキル、ならびに置換および非置換ハロゲン化アルキルからなる群から選択され、ここで任意の炭素または水素は、さらに、独立に、O、S、N、P(O)OL6、CH=CH、C≡C、CHL6、CL67、アリール、ヘテロアリール、または環状基により置換されていてもよく;
任意のCH2基は、O、S、またはNHにより置換されていてもよい、
高透過性組成物。
【請求項10】
その立体異性体および薬学的に許容される塩を含む、構造P−1、構造P−2、構造P−3、構造P−4、構造P−5、構造P−6、構造P−7、構造P−8、構造P−9、構造P−10、構造P−11、構造P−12、構造P−13、構造P−14、構造P−15、構造P−16、構造P−17、構造P−18、構造P−19、構造P−20、構造P−21、構造P−22、構造P−23、構造P−24、構造P−25、構造P−26、構造P−27、構造P−28、構造P−29、構造P−30、構造P−31、構造P−32、構造P−33、構造P−34、構造P−35、構造P−36、構造P−37、構造P−38、構造P−39、構造P−40、構造P−41、構造P−42、構造P−43、構造P−44、構造P−45、構造P−46、構造P−47、構造P−48、構造P−49、構造P−50、構造P−51、構造P−52、構造P−53、構造P−54、構造P−55、構造P−56、構造P−57、構造P−58、構造P−59、構造P−60、構造P−61、構造P−62、構造P−63、構造P−64、構造P−65、構造P−66、構造P−67、構造P−68、構造P−69、構造P−70、構造P−71、構造P−72、構造P−73、構造P−74、構造P−75、構造P−76、構造P−77、構造P−78、構造P−79、構造P−80、構造P−81、構造P−82、構造P−83、構造P−84、構造P−85、構造P−86、構造I−1、構造I−2、構造I−3、構造I−4、構造I−5、構造I−6、構造I−7、構造I−8、構造I−9、構造I−10、構造I−11、構造I−12、構造I−13、構造I−14、構造I−15、構造I−16、構造I−17、構造I−18、構造I−19、構造I−20、構造I−21、構造I−22、構造I−23、構造I−24、構造I−25、構造I−26、構造I−27、構造I−28、構造I−29、構造I−30、構造I−31、構造I−32、構造I−33、構造S−1、構造S−2、構造S−3、構造S−4、構造S−5、構造S−6、構造S−7、構造S−8、構造S−9、構造S−10、構造S−11、構造S−12、構造S−13、構造S−14、構造S−15、構造S−16、構造S−17、構造S−18、構造S−19、構造S−20、構造T−1、構造T−2、構造T−3、構造T−4、構造T−5、構造T−6、構造T−7、構造T−8、構造T−9、構造T−10、構造T−11、構造T−12、構造T−13、構造T−14、構造T−15、および構造T−16からなる群から選択される構造を有し;
m、n、R1、R2、R5、R35、R6、R36、R46、R7、R8、R38、T、W、X、X2、X4、X5、X35、X6、X36、X46、X7、Y1、Y2、Y31、Y32、Y3、Y4、Z、AA、HA、R、Rs、およびR11〜R16は、請求項8および請求項9中に上記されるのと同じように定義される、
請求項9に記載の高透過性組成物。
【請求項11】
請求項9に記載の高透過性組成物および薬学的に許容される担体を含む、医薬組成物。
【請求項12】
前記薬学的に許容される担体が、極性である、請求項11に記載の医薬組成物。
【請求項13】
前記薬学的に許容される担体が、アルコール、アセトン、エステル、水、および水溶液からなる群から選択される、請求項11に記載の医薬組成物。
【請求項14】
生物学的障壁に請求項11に記載の医薬組成物を投与するステップを含む、生物学的障壁を透過する方法。
【請求項15】
以下のステップ:
1)リンカーを通して抗菌薬または抗菌薬関連化合物を含む機能単位と輸送単位を共有結合させて、試験組成物を形成するステップ;
2)生物学的被験体または生物学的障壁に前記試験組成物を投与するステップ;および
3)前記試験組成物が、所望の特徴を有するかどうかを決定するステップ
を含む、所望の特徴について抗菌薬または抗菌薬関連化合物のHPPをスクリーニングする方法。
【請求項16】
前記所望の特徴が、
1)前記試験組成物が前記生物学的障壁を透過する能力;
2)前記試験組成物が親薬物または活性剤に転換する能力;
3)前記試験組成物の透過率;
4)前記試験組成物の効率;および
5)前記試験組成物の効能
からなる群から選択される、請求項15に記載の方法。
【請求項17】
以下のステップ:
1)生物学的被験体に請求項9に記載の組成物を投与するステップ;
2)前記生物学的被験体中の前記組成物の存在、位置、または量を検出するステップ;および
3)前記生物学的被験体の状態を検出するステップ
を含む、生物学的被験体の状態を診断する方法。
【請求項18】
前記組成物が標識される、請求項17に記載の方法。
【請求項19】
以下のステップ:
1)生物学的被験体に請求項11に記載の組成物を投与するステップ;
2)前記生物学的被験体中の前記組成物の存在、位置、または量を検出するステップ;および
3)前記生物学的被験体の状態を検出するステップ
を含む、生物学的被験体の状態を診断する方法。
【請求項20】
前記組成物が標識される、請求項19に記載の方法。
【請求項21】
生物学的被験体に、請求項9に記載の高透過性組成物または請求項11に記載の医薬組成物を投与するステップを含む、生物学的被験体の状態を治療する方法。
【請求項22】
前記状態が、痛み、傷害、および微生物に関連する状態からなる群から選択される、請求項21に記載の方法。
【請求項23】
前記微生物に関連する状態が、細菌に関連する状態、原虫に関連する状態、真菌に関連する状態、およびウイルスにより引き起こされる状態からなる群から選択される、請求項22に記載の方法。
【請求項24】
前記細菌に関連する状態が、感染症、ペスト、腺ペストおよび肺ペスト、炭疽、皮膚炭疽、肺炭疽および胃腸炭疽、ライム病、ブルセラ症、百日咳、急性腸炎、呼吸器感染症、オウム病、非淋菌性尿道炎、トラコーマ、新生児の封入体結膜炎、性病性リンパ肉芽腫、偽膜性大腸炎、ガス壊疽、食中毒、嫌気性蜂巣炎、ジフテリア、乳児の髄膜炎、出血性大腸炎、溶血性尿毒症症候群、野兎病、肺炎、気管支炎、消化性潰瘍、レジオネラ病、ポンティアック熱、レプトスピラ症、リステリア症、ハンセン病、結核、マイコプラズマ肺炎、淋病、新生児眼炎、化膿性関節炎、髄膜炎菌性疾患、ウォーターハウス−フリーデリクセン症候群、ロッキー山紅斑熱、腸チフス型サルモネラ症、胃腸炎および全腸炎によるサルモネラ症、細菌性赤痢/細菌性赤痢、膀胱炎、髄膜炎および敗血症、子宮内膜炎、中耳炎、副鼻腔炎、梅毒、壊死性筋膜炎、連鎖球菌性咽頭炎、猩紅熱、リウマチ熱、膿痂疹、丹毒、産褥熱、ならびにコレラからなる群から選択される、請求項23に記載の方法。
【請求項25】
前記感染症状態が、肝臓、肺、胃、脳、腎臓、心臓、耳、目、鼻、口、舌、結腸、膵臓、胆嚢、十二指腸、直腸胃、結直腸、腸、静脈、呼吸器系、血管、直腸肛門、および肛門掻痒からなる群から選択される器官の感染症状態、呼吸器感染症、上気道感染症、尿路感染症、院内感染症、緑膿菌感染症、コアグラーゼ陽性ブドウ球菌感染症、皮膚感染症、中毒症、急性細菌性心内膜炎、敗血症、壊死性肺炎、インプラント補綴の感染症、ならびに敗血症および肺炎による日和見感染症からなる群から選択される、請求項24に記載の方法。
【請求項26】
前記原虫に関連する状態が、マラリア、睡眠病、およびトキソプラズマ症からなる群から選択される、請求項23に記載の方法。
【請求項27】
前記真菌に関連する状態が、アスペルギルス症、ブラストミセス症、白癬、カンジダ症、コクシジオイデス症、クリプトコッカス症、ヒストプラズマ症、パラコクシジオイデス症、スポロトリクム症、および接合菌症からなる群から選択される、請求項23に記載の方法。
【請求項28】
前記ウイルスに関連する状態が、インフルエンザ、黄熱病、およびAIDSからなる群から選択される、請求項23に記載の方法。

【図1a1】
image rotate

【図1a2】
image rotate

【図1a3】
image rotate

【図1a4】
image rotate

【図1b】
image rotate

【図1c】
image rotate


【公表番号】特表2012−529443(P2012−529443A)
【公表日】平成24年11月22日(2012.11.22)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−514336(P2012−514336)
【出願日】平成22年6月10日(2010.6.10)
【国際出願番号】PCT/CN2010/073743
【国際公開番号】WO2010/142241
【国際公開日】平成22年12月16日(2010.12.16)
【出願人】(509011581)テックフィールズ バイオケム カンパニー リミテッド (10)
【Fターム(参考)】