Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
抗酸化性植物抽出物並びに該抽出物を含有する外用剤、化粧料、浴用剤及び洗剤
説明

抗酸化性植物抽出物並びに該抽出物を含有する外用剤、化粧料、浴用剤及び洗剤

【課題】肌に安全で使用感の良い、抗酸化効果を有する外用抗酸化剤の提供。
【解決手段】オウレン、オウバク、オウゴンおよびサンシシの混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有する外用抗酸化剤。該抗酸化剤は、オウレン0.2〜3.8部(質量部、以下同じ)、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られるものであることが好ましい。該抗酸化剤は、化粧料、浴用剤及び洗剤から選ばれる外用剤に配合されることが好ましい。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、外用抗酸化剤、すなわち抗酸化性植物抽出物並びに該抽出物を含有する化粧料、浴用剤及び洗剤組成物に関するものであって、皮膚細胞内で生成された活性酸素を消去することにより肌荒れ、シワ発生を予防し、肌の老化防止等に有効な抗酸化性植物抽出物並びに該抽出物を含有する化粧料、浴用剤及び洗剤組成物に関する。
【背景技術】
【0002】
人の皮膚は健常な状態であるときは適度の恒常性を有し、通常は特別なケアを必要としないが、さまざまな環境要因(例えば、温度変化、湿度変化、光、水との接触等)によって、しばしば変化・支障をきたすことがある。例えば紫外線を浴びることにより、真皮内で活性酸素が生成し、この活性酸素によりコラーゲンやヒアルロン酸の断片化等が生じ、皮膚のシワなど老化現象をもたらすことになる。
【0003】
従来より皮膚の老化防止を目的として、アスコルビン酸やα−トコフェロールなどの抗
酸化剤に加え、種々の抗酸化性植物抽出物が用いられてきている。例えば、マメ科のオノニス、ヤドリギ科のセイヨウヤドリギ、ウマノスズクサ科のウスバサイシン、キク科のトウキンセンカから選択される1種または2種以上の植物抽出物を抗酸化剤として配合することを特徴とする皮膚外用剤(特許文献1)、ラジカル消去剤として紫胡、芍薬、半夏、桂皮、大棗、黄ごん、人参、甘草および生姜からなる群から選ばれる1種以上の抽出物を有効成分とするラジカル消去剤(特許文献2)などが挙げられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2003−267822号公報
【特許文献2】特開平2−193930号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、従来の抗酸化成分では、感触性、抗酸化効果の持続性、安全性といった点において未だ満足されるものではなかった。
【0006】
本発明はかかる課題を解決するものであって、皮膚に対して安全であり、相乗的抗酸化効果を有する抗酸化性植物抽出物並びに該抽出物を含有し、皮膚に対して抗老化作用を示す外用抗酸化剤、すなわち化粧料、浴用剤及び洗剤組成物を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために本発明者らは種々の植物抽出物およびそれらの混合物を検索した結果、漢方のオウレンゲドクトウ(黄連解毒湯)処方と同一の組成の抽出物が相乗的に優れた抗酸化効果を示すことを見いだし、本発明を完成させた。
すなわち本発明は、オウレン、オウバク、オウゴンおよびサンシシの混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤であり、詳しくはオウレン0.2〜3.8部(質量部、以下同じ)、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤であり、更に詳しくはオウレン0.6〜3部、オウバク0.6〜3部、オウゴン1.2〜6部およびサンシシ0.8〜4部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤であり、更に詳しくはオウレン1.1〜2.3部、オウバク1.1〜2.3部、オウゴン2.1〜4.5部およびサンシシ1.4〜3部の
混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤であり、更に詳しくは 抽出溶媒の量が被抽出物の10〜100倍量であることを特徴とする外用抗酸化剤であり、更に詳しくはエタノール水溶液が30%エタノール水溶液である外用抗酸化剤であり、また化粧料、浴用剤、洗剤である外用抗酸化剤である。
更に、本発明は、オウレン0.2〜3.8部、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部の混合物をそれの10〜100倍量の30%エタノール水溶液で抽出して抗酸化性植物抽出物を得て、これを化粧料、浴用剤及び洗剤から選ばれる外用剤に配合することを特徴とする外用抗酸化剤の製造方法である。
【0008】
本発明で使用する植物は以下に示すものであり、何れも、葉、茎、根、花、種子あるいは全草を使用することができる。また、下記の植物を起源とする生薬を利用してもよい。
【0009】
(1)オウレン:Coptis japonica Makino,C. chinensis Franchet,C. Deltoides C.Y.Cheng et Hsiao または C. teeta Wallich の根をほとんど除いた根茎(キンポウゲ科)
(2)オウバク:Phellodendron amurense Ruprecht 又は Phellodendron chinense Schneider の周皮を除いた樹皮(ミカン科)
(3)オウゴン:Scutellaria baicalensis Georgi の周皮を除いた根(シソ科)
(4)サンシシ:Gardenia jasminoides Ellis の果実(アカネ科)であるが、各生薬の種類はこれに限定されることなく変種、同属種、その他近縁類も使用できる。
【0010】
オウレンゲドクトウは、オウレン、オウバク、オウゴン、サンシシの4種を配合し、煎じたもので、比較的体力があり、のぼせぎみで顔色赤くいらいらする傾向のある人に対してその煎液を内服すると、鼻出血、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、どうきに効果があるとされている〔天然物医薬品学(糸川秀治、大本太一、永井正博、古谷 力編、朝倉書店発行 1987年4月10日版)〕。
【0011】
オウレンゲドクトウは掻痒症、発疹、変色のある皮膚、のぼせ、患部の灼熱感あるもので、患部が乾燥していないものに内服により効果があるとされている〔一般用漢方処方の手引き(日薬連漢方専門委員会編集、厚生省薬務局監修、薬業時報社発行 平成4年4月30日4版12刷)〕。
【0012】
これら植物から適当な溶媒を使用して有効成分を抽出する。溶媒は、水、アルコール類(例えば、メタノール、無水エタノール、エタノールなどの低級アルコール、あるいは1,3−ブチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコールなどの多価アルコール)などを、単独或いは2種類以上の任意の混液として使用することができる。又、抽出後は、濾過して必要に応じ、抽出液を希釈、又は濃縮、乾燥する。
【0013】
なお、製造方法は特に制限されるものはないが、常温または、常圧下での溶媒の沸点の範囲であればよく、マイクロウェーブ抽出法、超臨界抽出法を用いてもよい。抽出後は濾過又はイオン交換樹脂を用い、吸着・脱色・精製して溶液状、ペースト状、ゲル状、粉末状とすればよい。更に多くの場合は、そのままの状態で利用できるが、必要ならば、その効果に影響のない範囲で更に脱臭、脱色などの精製処理を加えてもよく、脱臭・脱色などの精製処理手段としては、活性炭カラムなどを用いればよく、抽出物質により一般的に適用される通常の手段を任意に選択して行えばよい。
【0014】
本発明で使用する生薬は、4種類組み合わせて抽出したものから効果の高い抽出物が得られ、好ましくは4種類を特定の割合で組み合わせて抽出したものから更に効果の高い抽出物が得られる。したがって各々から個別に抽出したり、任意に3種類以下の植物を組み合わせて抽出したり、また、各抽出物又は抽出液を混合して使用したものよりも効果があ
る。尚、4種の植物を組み合わせて抽出することにより抗酸化効果がより向上したり、肌荒れに対する改善効果がさらに良好となる結果も得られることから、4種の植物を組み合わせて抽出したもの、好ましくは4種類を特定の割合で組み合わせて抽出したものを使用することに十分意義があると考えられる。
【0015】
本発明で使用する各生薬の配合量は、経験漢方処方分量集(医道の日本社発行、平成5年9版)、及び一般用漢方処方の手引き(日薬連漢方専門委員会編集、厚生省薬務局監修、薬業時報社発行 平成4年4月30日4版12刷)に記載されている分量であるが、好ましい配合量はオウレン0.2〜3.8部(質量部、以下同じ)、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部であり、更に好ましくはオウレン0.6〜3部、オウバク0.6〜3部、オウゴン1.2〜6部およびサンシシ0.8〜4部であり、最も好ましくはオウレン1.1〜2.3部、オウバク1.1〜2.3部、オウゴン2.1〜4.5部およびサンシシ1.4〜3部である。
【0016】
本発明による外用抗酸化剤、すなわち抗酸化性外用剤組成物、化粧料組成物、浴用剤組成物及び洗剤組成物は、本発明の必須の抗酸化性植物抽出物の他に、例えば、下記に記すような化粧品類などで通常使用される基剤、添加剤等を併用して製造することができる。
【0017】
(1)各種油脂類:アボカド油、アーモンド油、ウイキョウ油、エゴマ油、オリーブ油、オレンジ油、オレンジラファー油、ゴマ油、カカオ脂、カミツレ油、カロット油、キューカンバー油、牛脂脂肪酸、ククイナッツ油、サフラワー油、シア脂、液状シア脂、大豆油、ツバキ油、トウモロコシ油、ナタネ油、パーシック油、ヒマシ油、綿実油、落花生油、タートル油、ミンク油、卵黄油、パーム油、パーム核油、モクロウ、ヤシ油、牛脂、豚脂又はこれら油脂類の水素添加物(硬化油等)など。
【0018】
(2)ロウ類:ミツロウ、カルナバロウ、鯨ロウ、ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、硬質ラノリン、カンデリラロウ、モンタンロウ、セラックロウ、ライスワックス、スクワレン、スクワラン、プリスタンなど。
【0019】
(3)鉱物油:流動パラフィン、ワセリン、パラフィン、オゾケライド、セレシン、マイクロクリスタリンワックスなど。
【0020】
(4)脂肪酸類:ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸、オレイン酸、12−ヒドロキシステアリン酸、ウンデシレン酸、トール油、ラノリン脂肪酸などの天然脂肪酸、イソノナン酸、カプロン酸、2−エチルブタン酸、イソペンタン酸、2−メチルペンタン酸、2−エチルヘキサン酸、イソペンタン酸などの合成脂肪酸。
【0021】
(5)アルコール類:エタノール、イソピロパノール、ラウリルアルコール、セタノール、ステアリルアルコール、オレイルアルコール、ラノリンアルコール、コレステロール、フィトステロールなどの天然アルコール、2−ヘキシルデカノール、イソステアリルアルコール、2−オクチルドデカノールなどの合成アルコール。
【0022】
(6)多価アルコール類:エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、ジエチレングリコールモノメチルエーテル、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリプロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、1,2−ペンタンジオール、グリセリン、ジグリセリン、ペンタエリトリトール、ソルビトール、マンニトールなど。
【0023】
(7)エステル類:ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、ステアリン
酸ブチル、ラウリン酸ヘキシル、ミリスチン酸ミリスチル、オレイン酸オレイル、オレイン酸デシル、ミリスチン酸オクチルドデシル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、乳酸セチル、乳酸ミリスチル、フタル酸ジエチル、フタル酸ジブチル、酢酸ラノリン、モノステアリン酸エチレングリコール、モノステアリン酸プロピレングリコール、ジオレイン酸プロピレングリコールなど。
【0024】
(8)金属セッケン類:ステアリン酸アルミニウム、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸カルシウム、パルミチン酸亜鉛、ミリスチン酸マグネシウム、ラウリン酸亜鉛、ウンデシレン酸亜鉛など。
【0025】
(9)ガム質、糖類又は水溶性高分子化合物:アラビアゴム、ベンゾインゴム、ダンマルゴム、グアヤク脂、アイルランド苔、カラヤゴム、トラガントゴム、キャロブゴム、クインシード、寒天、カゼイン、乳糖、果糖、ショ糖又はそのエステル、トレハロース又はその誘導体、デキストリン、ゼラチン、ペクチン、デンプン、カラギーナン、カルボキシメチルキチン又はキトサン、エチレンオキサイドなどのアルキレン(C2〜C4)オキサイドが付加されたヒドロキシアルキル(C2〜C4)キチン又はキトサン、低分子キチン又はキトサン、キトサン塩、硫酸化キチン又はキトサン、リン酸化キチン又はキトサン、アルギン酸又はその塩、ヒアルロン酸又はその塩、コンドロイチン硫酸又はその塩、ヘパリン、エチルセルロース、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、カルボキシエチルセルロース、カルボキシエチルセルロースナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ニトロセルロース、結晶セルロース、ポリビニルアルコール、ポリビニルメチルエーテル、ポリビニルピロリドン、ポリビニルメタアクリレート、ポリアクリル酸塩、ポリエチレンオキサイドやポリプロピレンオキサイドなどのポリアルキレンオキサイド又はその架橋重合物、カルボキシビニルポリマー、ポリエチレンイミンなど。
【0026】
(10)界面活性剤:アニオン界面活性剤(アルキルカルボン酸塩、アルキルスルホン酸塩、アルキル硫酸エステル塩、アルキルリン酸エステル塩)、カチオン界面活性剤(アルキルアミン塩、アルキル四級アンモニウム塩)、両性界面活性剤〔カルボン酸型両性界面活性剤(アミノ型、ベタイン型)、硫酸エステル型両性界面活性剤、スルホン酸型両性界面活性剤、リン酸エステル型両性界面活性剤〕、非イオン界面活性剤(エーテル型非イオン界面活性剤、エーテルエステル型非イオン界面活性剤、エステル型非イオン界面活性剤、ブロックポリマー型非イオン界面活性剤、含窒素型非イオン界面活性剤)、その他の界面活性剤(天然界面活性剤、タンパク質加水分解物の誘導体、高分子界面活性剤、チタン・ケイ素を含む界面活性剤、フッ化炭素系界面活性剤)など。
【0027】
(11)各種ビタミン類 ビタミンA群:レチノール、レチナール(ビタミンA1)、デヒドロレチナール(ビタミンA2)、カロチン、リコピン(プロビタミンA)、ビタミンB群:チアミン塩酸塩、チアミン硫酸塩(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン(ビタミンB6)、シアノコバラミン(ビタミンB12)、葉酸類、ニコチン酸類、パントテン酸類、ビオチン類、コリン、イノシトール類、ビタミンC群:ビタミンC酸又はその誘導体、ビタミンD群:エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)、コレカルシフェロール(ビタミンD3)、ジヒドロタキステロール、ビタミンE群:ビタミンE又はその誘導体、ユビキノン類、ビタミンK群:フィトナジオン(ビタミンK1)、メナキノン(ビタミンK2)、メナジオン(ビタミンK3)、メナジオール(ビタミンK4)、その他、必須脂肪酸(ビタミンF)、カルニチン、フェルラ酸、γ−オリザノール、オロット酸、ビタミンP類(ルチン、エリオシトリン、ヘスペリジン)、ビタミンUなど。
【0028】
(12)各種アミノ酸類:バリン、ロイシン、イソロイシン、トレオニン、メチオニン、
フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、グリシン、アラニン、アスパラギン、グルタミン、セリン、システイン、シスチン、チロシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、ヒドロキシリジン、アルギニン、オルニチン、ヒスチジンなどや、それらの硫酸塩、リン酸塩、硝酸塩、クエン酸塩、或いはピロリドンカルボン酸のごときアミノ酸誘導体など。
【0029】
(13)植物又は動物系原料由来の種々の添加物:これらは、添加しようとする製品種別、形態に応じて常法的に行われる加工(例えば、粉砕、製粉、洗浄、加水分解、醗酵、精製、圧搾、抽出、分画、ろ過、乾燥、粉末化、造粒、溶解、滅菌、pH調整、脱臭、脱色などを任意に選択、組合わせた処理)を行い、各種の素材から任意に選択して供すればよい。
【0030】
なお、抽出に用いる溶媒については、供する製品の使用目的、種類、或いは後に行う加工処理等を考慮した上で選択すればよいが、通常では、水、水溶性有機溶媒(例えば、エタノール、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコールなど)の中から選ばれる1種もしくは2種以上の混液を用いるのが望ましい。但し、用途により有機溶媒の含有が好ましくない場合においては、水のみを使用したり、あるいは抽出後に除去しやすいエタノールを採用し、単独又は水との任意の混液で用いたりすれば良く、又、搾取抽出したものでも良い。
【0031】
なお、植物又は動物系原料由来の添加物を、全身用又は局所用の外用剤、化粧品類に供する場合、皮膚や頭髪の保護をはじめ、感触・風合いの改善、柔軟性の付与、刺激の緩和、芳香によるストレスの緩和、細胞賦活(細胞老化防止)、炎症の抑制、肌質・髪質の改善、肌荒れ防止及びその改善、発毛、育毛、脱毛防止、光沢の付与、清浄効果、疲労の緩和、血流促進、温浴効果などの美容的効果のほか、香付け、消臭、増粘、防腐、緩衝などの効果も期待できる。
【0032】
更にこの他にも、これまでに知られている各原料素材の様々な美容的、薬剤的効果を期待し、これらを組合わせることによって目的とする効果の増進を図ったり、或いは多機能的な効果を期待した製品とすることも可能である。
【0033】
原料とする具体的な植物としては、例えば、アーモンド、アイ、アオカズラ、アオキ、アオギリ又はケナシアオギリ、アオツヅラフジ、アカシア、アカショウマ、アカスグリ、アカブドウ、アカミノキ(ログウッド)、アカメガシワ、アカネ、アカヤジオウ又はジオウ、アギ、アキカラマツ、アキニレ、アグアヘ(オオミテングヤシ)、アケビ、アサ、マルバアサガオ又はアサガオ、アジサイ、アシタバ、アズキ、アセロラ、アセンヤク、アチラ(ショクヨウカンナ)、アニス、アベマキ、アマ、アマチャ、アマチャヅル、アマドコロ、アマナ、アマランサス(ヒユ、ハゲイトウ、ヒモゲイトウ、センニンコク、スギモリゲイトウ、ホソアオゲイトウ、アオゲイトウ、ハリビユ、アマラントウス・ヒポコンドリアクス)、アミガサユリ又はバイモ、アルカナ(アルカンナ)、アルガローボ(キャベ)、アルテア、アルニカ、アルピニア又はカツマダイ(ソウズク)、アロエ、アロエベラ、アンジェリカ、アンズ又はホンアンズ、アンソッコウ、イガコウゾリナ、イカリソウ又はヤチマタイカリソウ(インヨウカク)、イグサ、イタドリ、イチイ、イチゴ、イチジク、イチハツ、イチビ、イチヤクソウ、イチョウ、イトヒメハギ、イナゴマメ、イヌナズナ(テイレキシ)、イヌビユ(ホナガイヌビユ)、イネ、イノンド、イブキジャコウソウ、イラクサ、イランイラン、イワタバコ、イワヒバ又はイワマツ、ウーロン茶、ウイキョウ、ウィート(チブサノキ)、ウキヤガラ、ウグイスカグラ、ヒメウイキョウ、ウキクサ、ウスバサイシン又はケイリンサイシン又はオウシュウサイシン、ウスベニアオイ、ウスベニタチアオイ、ウツボグサ、ウド又はシシウド、ウニャデガト(ウンカリア、キャッツクロー)、ウバ茶、ウメ、ウラジロガシ、ウワウルシ(クサコケモモ)、ウンシュウミカン、エストラゴン、エゾウコギ、エチナシ(ホソバムラサキバレンギク)、エニシダ、エノキタケ、エビスグサ又はカッシア・トーラ、エルカンプレ、エルダーベリー、エレミ、エリンギィ又はプレロータスエリンジ、エンジュ、オウギ又はキバナオウギ、オオカラスウリ(カロコン)、オオグルマ、オオツヅラフジ、オオバコ、オオハシバミ、オオバナオケラ又はオケラ、オオバナサルスベリ(バナバ)、オオバヤシャブシ、オオミサンザシ又はサンザシ、オウセイ(ナルコユリ、カギクルマバナルコユリ)、オウヒササノユキ又はササノユキ、オオムギ、オオホシグサ、オカ、オカゼリ、オグルマ、オクラ、オタネニンジン又はトチバニンジン、オトギリソウ又はコゴメバオトギリソウ又はセイヨウオトギリソウ、オドリコソウ、オナモミ、オニグルミ、オニドコロ又はトコロ又はナガドコロ(ヒカイ)、オニノヤガラ、オニユリ又はササユリ又はハカタユリ、オノニス、オヒョウ、オミナエシ、オユーコ、オランダカラシ(クレソン)、オランダゼリ、オランダミツバ、オリーブ、オレガノ、オレンジ、カイケイジオウ、カカオ、カキ、カギカズラ、カキドオシ又はカントリソウ、カシア、カジノキ、ガジュツ、カシワ、カスカリラ、カスカラサグラダ、カスミソウ、カニクサ、カニーワ、カノコソウ、カバノキ又はシダレカンバ、カボチャ、カポックノキ、カホクサンショウ、ガマ、カミツレ又はローマカミツレ、カミヤツデ、カムカム(カモカモ)、カラクサケマン、カラスウリ又はシナカラスウリ、カラスビシャク、カラスムギ、ガラナ、カラホオ、カラヤ、カリン、ガルシニア、カワミドリ、カワラサイコ、カワヂシャ、カワラタケ、カワラナデシコ又はエゾカワラナデシコ、カワラニンジン、カワラヨモギ、カンスイ、カンゾウ、カンタラアサ、カンデリラ、カントウ、カンナ、キイチゴ(エゾイチゴ、オランダイチゴ、エビガライチゴ、ナワシロイチゴ、モミジイチゴ、ヨーロッパキイチゴ)、キウイ、キカラスウリ、キキョウ、キク(シマカンギク、チョウセンノギク)、キササゲ、ギシギシ、キジツ、キズタ、キダチアロエ、キダチハッカ、キナ、キナノキ(シンコーナ、アカキナノキ)、キヌア(キノア)、キハダ、ギムネマ・シルベスタ、キャベツ、キャベブ、キュウリ、ギョリュウ、キラジャ・サポナリア、キラヤ、キランソウ、キンカン、キンマ、キンミズヒキ、グアバ、グアユーレ、クェルクス・インフェクトリア、ククイナッツ、クコ、クサスギカズラ、クズ、クスノキ、グースベリー、クソニンジン、クチナシ、クヌギ、クプアス、クマザサ、クマツヅラ、クララ、クランベリー、クリ、クルクリゴ・ラチフォリア、グレープフルーツ、クロウメモドキ、クロガネモチ、クロバナヒキオコシ又はヒキオコシ、グンバイナズナ(セキメイ、セキメイシ)、ケイガイ、ケイトウ、ゲッケイジュ、ケナシサルトリイバラ、ゲンチアナ、ゲンノショウコ、ケンポナシ(キグシ)、コウキセッコク、キシュウミカン(コウジ、タチバナ、オオベニミカン、フクレミカン、サガミコウジ、ポンカン、サンタラ、コウシンバラ、コウスイハッカ、コウゾ、コウチャ、コウホネ、コウホン、コウリャン、コウリョウキョウ、コエンドロ、コオウレン、コガネバナ、コケモモ、ココヤシ、ゴシュユ、ゴショイチゴ、コショウ、コパイババルサム、コーヒー、コブシ又はモクレン、ゴボウ、コボタンヅル、ゴマ、ゴマノハグサ、ゴミシ、サネカズラ又はビナンカズラ又はマツブサ、コムギ、米又は米糠、コメ油、コーラ・アクミナタ、コーラ・ベラ、コロハ、コロンボ、コンズランゴ、コンブ、コンニャク、コンフリー、サイザル(サイザルアサ)、サキシマボタンヅル又はシナボタンヅル又はシナセンニンソウ、サクラ(オオシマザクラ、ヤマザクラ、オオヤマザクラ、エドヒガシ、マメザクラ、ミヤマザクラ、ソメイヨシノ、タカネザクラ、カスミザクラ、チョウジザクラ、コヒガン、サトザクラ、カンザクラ)、サクランボ、ザクロ、ササ、サザンカ、サジオモダカ、サツマイモ、サトウキビ、サトウダイコン、サネブトナツメ、サフラン、ザボン、サボンソウ、サーモンベリー、サラシナショウマ、サルビア(セージ)、サワギキョウ、サワグルミ、サングレデグラード(クロトン)、サンシクヨウソウ、サンシチニンジン、サンシュユ、サンショウ、サンズコン、シア(カリテ)、シアノキ、シイタケ、シオン、ジキタリス、シクンシ、シソ又はアオジソ又はチリメンジソ又はカタメンジソ、シタン、シナノキ、シナホオノキ、シナレンギョウ、シメジ(ヒンシメジ、シャカシメジ、ハタケシメジ、オシロイシメジ、ブナシメジ、ホンジメシ、シロタモギタケ)、シモツケソウ、ジャガイモ、シャクヤク、シャジン、ジャスミン(マツリカ)、ジャノヒゲ、シュクコンカスミソウ、シュクシャミツ、ジュズダマ、シュロ、ジョウザンアジサイ、ショウブ、ショズク、シラカシ、シロゴチョウ、シロトウアズキ、シロバナイリス(ニオイイリス)、シロバナツタ、シロミナンテン、シンコナサクシルブラ、ジンチョウゲ、シンナモン、スイカ、スイカズラ、スイバ、スイムベリー、ステビア、ストロベリー、スズサイコ、スギナ、スベリヒユ、スモモ、セイヨウアカマツ、セイヨウカラマツ、セイヨウキズタ、セイヨウグルミ、セイヨウサンザシ、セイヨウタンポポ、セイヨウトチノキ(マロニエ)、セイヨウナシ、セイヨウナツユキソウ、セイヨウニワトコ(エルダー)、セイヨウネズ(ジュニパー)、セイヨウノコギリソウ(ミルフォイル)、セイヨウバラ、セイヨウフウチョウボク、セイヨウヤドリギ、セイヨウハッカ又はセイヨウヤマハッカ、セイヨウワサビ、セキショウ、セッコク、セドロン(ボウシュウボク)、ゼニアオイ、ヒロハセネガ、セネガ、セリ、セロリ、センキュウ、センシンレン、センダン、センブリ、センナ、センニンソウ、ソウカ、ソバ、ソメモノイモ、ダイオウ、大根、大豆、ダイダイ、タカサブロウ、タカトウダイ、タカワラビ、ダークスィートチェリー、タチアオイ、タチジャコウソウ(タイム)、タチドコロ(ヒカイ)、タチヤナギ、タマリンド、タマネギ、タムシバ、タラノキ、タルウィ、タンジン、タンポポ又はシロバナタンポポ又はモウコタンポポ、ダンマル、チェリー、チガヤ、チクセツニンジン、チコリ、チャンカピエドラ(キダチコミカンソウ)、チョウセンダイオウ、チョウセンニレ、チョウセンヨモギ、チョレイマイタケ、チョロギ、ツキミソウ、ツクリタケ(マッシュルーム)、ツバキ、ツボクサ、ツメクサ、ツユクサ、ツルアズキ、ツルドクダミ、ツルナ、ツルニンジン、ツワブキ、デイコ、テウチグルミ、デュベリー、テングサ、テンチャ、テンダイウヤク、トウガ、トウカギカズラ、トウガラシ、トウキ、トウキンセンカ(マリーゴールド)、トウナベナ、トウモロコシ又はトウモロコシ、トウネズミモチ、トウリンドウ又はチョウセンリンドウ、トクサ、ドクダミ、トコン、トシシ又はマメダオシ又はネナシカズラ、トチュウ、トネリコ、トマト、トラガント、トリアカンソス、トルメンチラ、ドロノキ、トロロアオイ、ナイゼリアベリー、ナガイモ又はヤマノイモ、ナギイカダ(ブッチャーブルーム)、ナギナタコウジュ、ナズナ、ナタネ、ナタマメ又はタテハキ、ナツミカン、ナツメ、ナニワイバラ、ナベナ、ナメコ、ナルコユリ、ナンキンマメ、ナンテン、ナンバンカラムシ、ニガキ、ニガヨモギ、ケイ又はニッケイ又はセイロンニッケイ又はヤブニッケイ又はケイシ、ニラ、ニワトコ、ニンニク、ヌルデ、ネギ、ネムノキ又はネブ又はネビ又はネムリノキ又はジゴクバナ、ノアザミ、ノイバラ、ノコギリソウ、ノダケ、ノバラ、ノモモ、パーム、パイナップル、ハイビスカス(ブッソウゲ、フウリンブッソウゲ、ローゼル)、ハイリンドウ、ハカマウラボシ、ハクセン、ハクルベリー、ハコベ、ハシバミ、ハシリドコロ、バジル、ハス、パセリ(オランダゼリ)、ハダカムギ、バタタ、ハチク又はマダケ、パチョリー、ハッカ、ハトムギ(ヨクイニン)、ハナスゲ、バナナ、ハナハッカ、ハナビシ(シツリシ、シシツリ)、バニラビンズ、ハハコグサ、パハロボボ、ハブ、パプリカ、ハマゴウ又はミツバハマゴウ、ハマスゲ、ハマビシ、ハマナス(マイカイ花)、ハマボウフウ、ハマメリス、バラ、ハラタケ(ハラタケ、シロオオハラタケ、ウスキモリノカサ)、ハラン、パリウルス(セイヨウハマナツメ)、パリエタリア、バルサミーナ(ツルレイシ、ニガウリ)、ハルニレ、ハルリンドウ、ハンダイカイ、パンノキ、ヒオウギ、ヒカゲツルニンジン、プーアル茶、ピーカンナッツ、ヒガンバナ、ヒシ、ピスタチオ、ビート、ヒトツバ、ヒトツバエニシダ、ヒナタイノコズチ、ヒノキ、ヒバ、ヒマシ、ヒマワリ、ピーマン、ヒメウズ、ヒメガマ、ヒメマツタケ(カワリハラタケ、ヒロマツタケ)、ピメンタ、ビャクシ、ビャッキュウ、ヒユ、ビロウドアオイ、ヒロハオキナグサ、ビワ、ビンロウ、フウトウカズラ、フキ、フキタンポポ、フジバカマ、フジマメ、ブドウ、ブナ、フユムシナツクサタケ、ブラジルカンゾウ、ブラジルニンジン、ブラックカーラント、ブラックベリー、プラム、フルセラリア、ブルーベリー(セイヨウヒメスノキ)、プルーン、ブロンドサイリウム、ブンドウ、ヘーゼルナッツ、ヘチマ、ベニバナ、ヘネケン、ベラドンナ、ベリー、ペルビアンバーグ、ベンケイソウ又はイキクサ、ボイセンベリー、ホウキギ又はニワクサ又はネンドウ又はハハキギ・コキア、ホウセンカ、ホウノキ、ボウフウ、ホウレンソウ、ホオズキ、ホオノキ、ボケ、ホソバナオケラ、ホソバノキリンソウ、ホソババレンギク、ボダイジュ、ボタン、ボタンピ、ホップ、ホホバ、ボルドー、ホワートルベリー、ホンオニク、ホンセッコク、マイズルテンナンショウ、マイタケ、マオウ、マカ、マカデミアナッツ、マクリ、マグワ、マグノリア・スプレンゲリ、マシュア(タマノウゼンハレン、キュウコンキンレンカ)、マタタビ、マツカサ、松、マツホド、マティコ(コルドンシージョ)、マヨラム(ハナハッカ)、マルバノジャジン、マルベリー、マルメロ、マンゴスチン、マンサーニャ(アンデスカミツレ)、マンシュウグルミ、マンダリン、マンネンタケ、キジツ、ミシマサイコ、ミズオオバコ又はミズアサガオ、ミゾカクシ、ミソハギ、ミチヤナギ又はニワヤナギ、ミツガシワ、ミツバ、ミドリハッカ、ミモザ、ミョウガ、ミラクルフルーツ、ミルラ、ミロバラン、ムギワラギク、ムクゲ、ムクノキ、ムクロジ、ムニャ、ムラサキ、ムラサキシキブ又はオオムラサキシキブ、ムラサ
キトウモロコシ、ムラサキナツフジ、メハジキ、メボウギ、メラロイカ、メリッサ、メリロート、メロン、モウコヨモギ、モウソウチク、モジェ(コショウボク)、モッコウ、モミジバダイオウ、モモ、モヤシ、モレロチェリー、モロヘイヤ、ヤカワムラサキイモ、ヤクチ、ヤグルマソウ(ヤグルマギク)、ヤグルマハッカ、ヤーコン、ヤシャブシ又はヒメヤシャブシ又はオオバヤシャブシ、ヤチヤナギ、ヤツデ、ヤドリギ、ヤナギ(カワヤナギ、タチヤナギ、シダレヤナギ、アカメヤナギ、ネコヤナギ、イヌコリヤナギ、キヌヤナギ、コリヤナギ、ウンリュウヤナギ、ミヤマヤナギ、ヤシ、ヤマヤナギ、オオバヤナギ、タイリクキヌヤナギ、キツネヤナギ、ドロノキ)、ヤナギタデ、ヤブガラシ、ヤブコウジ、ヤブタバコ、ヤマゴボウ、ヤマハンノキ、ヤマモモ、ヤマヨモギ、ユーカリ、ユキノシタ、ユッカ又はフレビフォリア、ユズ、ユリ、ヨロイグサ、ヨモギ、ライガン、ライム、ライムギ、ラカンカ、ラズベリー、ラタニア(クラメリア)、ラッキョウ又はエシャロット、ラベンダー、リュウガン、リュウゼツラン(アオノリュウゼツラン、フクリンリュウゼツラン)、リョクチャ、リンゴ、リンドウ、ルバス又はスアビシムス、レイシ、レタス(チシャ)、レッドカーラント、レモン、レモングラス、レンギョウ又はシナレンギョウ、レンゲソウ、ロウヤシ、ロコン(ヨシ)、ローガンベリー、ローズマリー(マンネンロウ)、ローズヒップ(ノバラ)、ワサビ、ワレモコウなどが挙げられる。
【0034】
また、その他の海水類、例えば、海水塩、海水乾燥物、死海又は大西洋又は太平洋の海水より得た無機塩(塩化ナトリウム、塩化マグネシウム、塩化カリウムなど)、海泥又は泥(ファンゴ)類、例えば、イタリアファンゴ、ドイツファンゴ、アイフェルファンゴ、フライブルグファンゴなどの各地の海泥又は泥(含有成分:二酸化珪素、二酸化チタン、酸化アルミニウム、酸化鉄、酸化マンガン、酸化ナトリウム、酸化カリウム、酸化マグネシウム、酸化カルシウム、酸化ストロンチウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、クロム、鉄、銅、ニッケル、亜鉛、鉛、マンガン、ヒ素、水)、聖徳石など。
【0035】
海藻類としては、海藻[緑藻類:クロレラ・ブルガリス、クロレラ・ピレノイドサ、クロレラ・エリプソイデイア、アオノリ(ウスバアオノリ、スジアオノリ、ヒラアオノリ、ボウアオノリ、ホソエダアオノリ)]、海藻[褐藻類:コンブ(マコンブ、リシリコンブ、ホソメコンブ、ミツイシコンブ)、ワカメ、ヒロメ、アオワカメ、ジャイアントケルプ(マクロシスティス・ピリフェラ、マクロシスティス・インテグリフォリア、ネオシティス・ルエトケアーナ)、ヒジキ、ヒバマタ]、海藻[紅藻類:ヒジリメン、マクサ(テングサ)、ヒラクサ、オニクサ、オバクサ、カタオバクサ、ヤタベグサ、ユイキリ、シマテングサ、トサカノリ、トゲキリンサイ、アマクサキリンサイ、キリンサイ、ビャクシンキリンサイ、ツノマタ、オオバツノマタ、トチャカ(ヤハズツノマタ)、エゾツノマタ、トゲツノマタ、ヒラコトジ、コトジツノマタ、スギノリ、シキンノリ、カイノリ、イボツノマタ、ヤレウスバノリ、カギウスバノリ、スジウスバノリ、ハイウスバノリ、アカモミジノリ]などが代表的なものとして挙げられる。
【0036】
また、動物系原料由来の素材としては、鶏冠抽出物、牛、豚又は人の胎盤抽出物、豚又は牛の胃や十二指腸或いは腸の抽出物若しくはその分解物、豚又は牛の脾臓の抽出物若しくはその分解物、豚又は牛の脳組織の抽出物、水溶性コラーゲン、アシル化コラーゲン等のコラーゲン誘導体、コラーゲン加水分解物、エラスチン、エラスチン加水分解物、水溶性エラスチン誘導体、ケラチン及びその分解物又はそれらの誘導体、シルク蛋白及びその分解物又はそれらの誘導体、豚又は牛血球蛋白分解物(グロビンペプチド)、豚又は牛ヘモグロビン分解物(ヘミン、ヘマチン、ヘム、プロトヘム、ヘム鉄等)、牛乳、カゼイン及びその分解物又はそれらの誘導体、脱脂粉乳及びその分解物又はそれらの誘導体、ラクトフェリン又はその分解物、鶏卵成分、魚肉分解物など。
【0037】
(14)微生物培養代謝物酵母代謝物、酵母菌抽出エキス、納豆菌代謝物、納豆抽出エキス、米発酵エキス、米糠発酵エキス、ユーグレナ抽出物、生乳又は脱脂粉乳の乳酸発酵物やトレハロース又はその誘導体など。
【0038】
(15)α−ヒドロキシ酸類、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、乳酸など。
【0039】
(16)無機顔料無水ケイ酸、ケイ酸マグネシウム、タルク、カオリン、ベントナイト、マイカ、雲母チタン、オキシ塩化ビスマス、酸化ジルコニウム、酸化マグネシウム、酸化亜鉛、酸化チタン、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄、グンジョウ、酸化クロム、水酸化クロム、カーボンブラック、カラミンなど。
【0040】
(17)紫外線吸収/遮断剤ベンゾフェノン誘導体(2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−スルホン酸、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−スルホン酸ナトリウム、ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン、ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン−スルホン酸ナトリウム、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、テトラヒドロキシベンゾフェノンなど)、p−アミノ安息香酸誘導体(パラアミノ安息香酸、パラアミノ安息香酸エチル、パラアミノ安息香酸グリセリル、パラジメチルアミノ安息香酸アミル、パラジメチルアミノ安息香酸オクチルなど)、メトキシ桂皮酸誘導体(パラメトキシ桂皮酸エチル、パラメトキシ桂皮酸イソプロピル、パラメトキシ桂皮酸オクチル、パラメトキシ桂皮酸2−エトキシエチル、パラメトキシ桂皮酸ナトリウム、パラメトキシ桂皮酸カリウム、ジパラメトキシ桂皮酸モノ−2−エチルヘキサン酸グリセリルなど)、サリチル酸誘導体(サリチル酸オクチル、サリチルフェニル、サリチル酸ホモメンチル、サリチル酸ジプロピレングリコール、サリチル酸エチレングリコール、サリチル酸ミリスチル、サリチル酸メチルなど)、アントラニル酸誘導体(アントラニル酸メチルなど)、ウロカニン酸誘導体(ウロカニン酸、ウロカニン酸エチルなど)、クマリン誘導体、アミノ酸系化合物、ベンゾトリアゾール誘導体、テトラゾール誘導体、イミダゾリン誘導体、ピリミジン誘導体、ジオキサン誘導体、カンファー誘導体、フラン誘導体、ピロン誘導体、核酸誘導体、アラントイン誘導体、ニコチン酸誘導体、ビタミンB6誘導体、ウンベリフェロン、エスクリン、桂皮酸ベンジル、シノキサート、オキシベンゾン、ジオキシベンゾン、オクタベンゾン、スリソベンゾン、ベンゾレソルシノール、アルブチン、グアイアズレン、シコニン、バイカリン、バイカレイン、ベルベリン、ネオヘリオパン、エスカロール、酸化亜鉛、タルク、カオリンなど。
【0041】
(18)美白剤:p−アミノ安息香酸誘導体、サルチル酸誘導体、アントラニル酸誘導体、クマリン誘導体、アミノ酸系化合物、ベンゾトリアゾール誘導体、テトラゾール誘導体、イミダゾリン誘導体、ピリミジン誘導体、ジオキサン誘導体、カンファー誘導体、フラン誘導体、ピロン誘導体、核酸誘導体、アラントイン誘導体、ニコチン酸誘導体、ビタミンC又はその誘導体(ビタミンCリン酸エステルマグネシウム塩、ビタミンCグルコシド、など)、ビタミンE又はその誘導体、コウジ酸又はその誘導体、ナフトール又はその誘導体、ナフトール配糖体またはその誘導体、オキシベンゾン、ベンゾフェノン、アルブチン、グアイアズレン、シコニン、バイカリン、バイカレイン、ベルベリン、胎盤エキス、エラグ酸、ルシノールなど。
【0042】
(19)チロシナーゼ活性阻害剤:ビタミンC又はその誘導体(ビタミンCリン酸エステルマグネシウム塩、ビタミンCグルコシドなど)、ハイドロキノン又はその誘導体(ハイドロキノンベンジルエーテルなど)、コウジ酸又はその誘導体、ナフトール又はその誘導体、ナフトール配糖体またはその誘導体、ビタミンE又はその誘導体、N−アセチルチロシン又はその誘導体、グルタチオン、過酸化水素、過酸化亜鉛、胎盤エキス、エラグ酸、アルブチン、ルシノール、シルク抽出物、植物エキス(カミツレ、クワ、トウキ、ワレモコウ、クララ、ヨモギ、スイカズラ、キハダ、ドクダミ、マツホド、ハトムギ、オドリコソウ、ホップ、サンザシ、ユーカリ、セイヨウノコギリソウ、アルテア、ケイヒ、マンケイシ、ハマメリス、ヤマグワ、延命草、桔梗、トシシ、続随子、射干、麻黄、センキュウ、ドッカツ、サイコ、ボウフウ、ハマボウフウ、オウゴン、牡丹皮、シャクヤク、ゲンノショウコ、葛根、甘草、五倍子、アロエ、ショウマ、紅花、緑茶、紅茶、阿仙薬)など。
【0043】
(20)メラニン色素還元/分解物質:フェニル水銀ヘキサクロロフェン、酸化第二水銀、塩化第一水銀、過酸化水素水、過酸化亜鉛、ハイドロキノン又はその誘導体(ハイドロキノンベンジルエーテル)、ビタミンC又はその誘導体(ビタミンCリン酸エステルマグネシウム塩、ビタミンCグルコシド)など。
【0044】
(21)ターンオーバーの促進作用/細胞賦活物質:ハイドロキノン、乳酸菌エキス、胎盤エキス、霊芝エキス、ビタミンA、ビタミンE、アラントイン、脾臓エキス、胸腺エキス、酵母エキス、発酵乳エキス、植物エキス(アロエ、オウゴン、スギナ、ゲンチアナ、ゴボウ、シコン、ニンジン、ハマメリス、ホップ、ヨクイニン、オドリコソウ、センブリ、トウキ、トウキンセンカ、アマチャ、オトギリソウ、キュウリ、タチジャコウソウ、ローズマリー、パセリ)など。
【0045】
(22)収斂剤:コハク酸、アラントイン、塩化亜鉛、硫酸亜鉛、酸化亜鉛、カラミン、p−フェノールスルホン酸亜鉛、硫酸アルミニウムカリウム、レゾルシン、塩化第二鉄、タンニン酸(カテキン化合物を含む)など。
【0046】
(23)過酸化脂質生成抑制剤: β−カロチン、植物エキス(ゴマ培養細胞、アマチャ、オトギリソウ、ハマメリス、チョウジ、メリッサ、エンメイソウ、シラカバ、セージ、ローズマリー、南天実、エイジツ、イチョウ、緑茶)など。
【0047】
(24)抗炎症剤:イクタモール、インドメタシン、カオリン、サリチル酸、サリチル酸ナトリウム、サリチル酸メチル、アセチルサリチル酸、塩酸ジフェンヒドラミン、d−カンフル、dl−カンフル、ヒドロコルチゾン、グアイアズレン、カマズレン、マレイン酸クロルフェニラミン、グリチルリチン酸又はその塩、グリチルレチン酸又はその塩、甘草エキス、シコンエキス、エイジツエキス、アラントインなど。
【0048】
(25)抗菌・殺菌・消毒薬:アクリノール、イオウ、グルコン酸カルシウム、グルコン酸クロルヘキシジン、スルファミン、マーキュロクロム、ラクトフェリン又はその加水分解物、塩化アルキルジアミノエチルグリシン液、トリクロサン、次亜塩素酸ナトリウム、クロラミンT、サラシ粉、ヨウ素化合物、ヨードホルム、ソルビン酸又はその塩、サルチル酸、デヒドロ酢酸、パラヒドロキシ安息香酸エステル類、ウンデシレン酸、チアミンラウリル硫酸塩、チアミンラウリル硝酸塩、フェノール、クレゾール、p−クロロフェノール、p−クロロ−m−キシレノール、p−クロロ−m−クレゾール、チモール、フェネチルアルコール、o−フェニルフェノール、イルガサンCH3565、ハロカルバン、ヘキサクロロフェン、クロロヘキシジン、エタノール、メタノール、イソプロピルアルコール、ベンジルアルコール、エチレングリコール、プロピレングリコール、フェノキシエタノール、クロロブタノール、イソプロピルメチルフェノール、非イオン界面活性剤(ポリオキシエチレンラウリルエーテル、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテルなど)、両性界面活性剤、アニオン界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム、ラウロイルサルコシンカリウムなど)、カチオン界面活性剤(臭化セチルトリメチルアンモニウム、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、塩化メチルロザニリン)、ホルムアルデヒド、ヘキサミン、ブリリアントグリーン、マラカイトグリーン、クリスタルバイオレット、ジャーマル、感光素101号、感光素201号、感光素401号、N−長鎖アシル塩基性アミノ酸誘導体及びその酸附加塩、酸化亜鉛、ヒノキチオール、クジンなど。
【0049】
(26)保湿剤:グリセリン、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ヒアルロン酸又はその塩、ポリエチレングリコール、コンドロイチン硫酸又はその塩、水溶性キチン或いはキトサン誘導体、ピロリドンカルボン酸又はその塩、乳酸ナトリウム、ミニササニシキエキス、納豆菌代謝物、納豆抽出エキスなど。
【0050】
(27)エラスターゼ活性阻害剤:フロオロリン酸ジイソプロピル、植物エキス(オウゴン、オトギリソウ、クララ、桑の葉、ケイヒ、ゲンノショウコ、コンフリー、セージ、セイヨウニワトコ、ボダイジュ、ボタンピ)、海藻エキスなど。
【0051】
(28)頭髪用剤:二硫化セレン、臭化アルキルイソキノリニウム液、ジンクピリチオン、ビフェナミン、チアントール、カスタリチンキ、ショウキョウチンキ、トウガラシチンキ、塩酸キニーネ、強アンモニア水、臭素酸カリウム、臭素酸ナトリウム、チオグリコール酸など。
【0052】
(29)抗アンドロゲン剤:卵胞ホルモン(エストロン、エストラジオール、エチニルエストラジオールなど)、イソフラボン、オキセンドロンなど。
【0053】
(30)末梢血管血流促進剤:ビタミンE又はその誘導体、センブリエキス、ニンニクエキス、人参エキス、アロエエキス、ゲンチアナエキス、トウキエキス、セファランチン、塩化カルプロニウム、ミノキシジルなど。
【0054】
(31)局所刺激剤:トウガラシチンキ、カプサイシン、カプサイシン配糖体、ノニル酸バニルアミド、カンタリスチンキ、ショウキョウチンキ、ハッカ油、l−メントール、カンフル、ニコチン酸ベンジルなど。
【0055】
(32)代謝活性剤:感光素301号、ヒノキチオール、パントテン酸又はその誘導体、アラントイン、胎盤エキス、ビオチン、ペンタデカン酸グリセリドなど。
【0056】
(33)抗脂漏剤:ピリドキシン又はその誘導体、イオウ、ビタミンB6など。
【0057】
(34)角質溶解剤:レゾルシン、サリチル酸、乳酸など。
【0058】
(35)浴用温感剤:炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、セスキ炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウム、乾燥硫酸ナトリウム、無水硫酸ナトリウム、無水ケイ酸、ケイ酸カルシウなど。
【0059】
(36)香料:ジャコウ、シベット、カストリウム、アンバーグリスなどの天然動物性香料、アニス精油、アンゲリカ精油、イランイラン精油、イリス精油、ウイキョウ精油、オレンジ精油、カナンガ精油、カラウェー精油、カルダモン精油、グアヤクウッド精油、クミン精油、黒文字精油、ケイ皮精油、シンナモン精油、ゲラニウム精油、コパイババルサム精油、コリアンデル精油、シソ精油、シダーウッド精油、シトロネラ精油、ジャスミン精油、ジンジャーグラス精油、杉精油、スペアミント精油、西洋ハッカ精油、大茴香精油、チュベローズ精油、丁字精油、橙花精油、冬緑精油、トルーバルサム精油、バチュリー精油、バラ精油、パルマローザ精油、桧精油、ヒバ精油、白檀精油、プチグレン精油、ベイ精油、ベチバ精油、ベルガモット精油、ペルーバルサム精油、ボアドローズ精油、芳樟精油、マンダリン精油、ユーカリ精油、ライム精油、ラベンダー精油、リナロエ精油、レモングラス精油、レモン精油、ローズマリー精油、和種ハッカ精油などの植物性香料など。合成香料成分としては、脂肪族炭化水素、テルペン炭化水素、芳香族炭化水素等の炭化水素類、脂肪族アルコール、テルペンアルコール、芳香族アルコール等のアルコール類、脂肪族エーテル、芳香族エーテル等のエーテル類、脂肪族オキサイド、テルペン類のオキサイド等のオキサイド類、脂肪族アルデヒド、テルペン系アルデヒド、水素化芳香族アルデヒド、チオアルデヒド、芳香族アルデヒド等のアルデヒド類、脂肪族ケトン、テルペンケトン、水素化芳香族ケトン、脂肪族環状ケトン、非ベンゼン系芳香族ケトン、芳香族ケトン等のケトン類、アセタール類、ケタール類、フェノール類、フェノールエーテル類、脂肪酸、テルペン系カルボン酸、水素化芳香族カルボン酸、芳香族カルボン酸等の酸類、酸アマイド類、脂肪族ラクトン、環状ラクトン、テルペン系ラクトン、水素化芳香族ラクトン、芳香族ラクトン等のラクトン類、脂肪族エステル、フラン系のカルボン酸族エステル、脂肪族環状カルボン酸エステル、芳香族カルボン酸エステル等のエステル類、ニトロムスク類、ニトリル、アミン、ピリジン類、キノリン類、ピロール、インドール等の含窒素化合物など。合成香料のより具体的としては、例えば1996年化学工業日報社刊,印藤元一著(合成香料化学と商品知識)、1969年,ステファンアークタンダー(STEFFENARCTAMDER)著(パフューム アンド フレバー ケミカルス<Perfume and Flavor Chemicals>)等に記載された香料等が好適に使用できる。以下に主な香料等を示す。アルデヒドC6〜C12、アニスアルデヒド、アセタールR、アセトフェノン、アセチルセドレン、アドキサール、アリルアミルグリコレート、アリルシクロヘキサンプロピオネート、アルファダマスコン、ベータダマスコン、デルタダマスコン、アンブレットリッド、アンブロキサン、アミルシンナミックアルデヒド、アミルシンナミックアルデヒドジメチルアセタール、アミルバレリアネート、アミルサリシレート、イソアミルアセテート、イソアミルサリシレート、オウランチオール、アセチルユルゲノール、バクダノール、ベンジルアセテート、ベンジルアルコール、ベンジルサリシレート、ベルガミールアセテート、ボルニルアセテート、ブチルブチレート、パラターシャリーブチルシクロヘキサノール、パラターシャリーブチルシクロヘキシルアセテート、オルトターシャリーブチルシクロヘキサノール、ベンズアルデヒド、ベンジルフォーメート、カリオレフィン、カシュメラン、カルボン、セドロアンバー、セドリルアセテート、セドロール、セリストリッド、シンナミックアルコール、シンナミックアルデヒド、シスジャスモン、シトラール、シトラールジメチルアセタール、シトラサール、シトロネロール、シトロネリルアセテート、シトロネリルフォーメート、シトロネリルニトリル、シクラセット、シクラメンアルデヒド、シクラプロップ、キャロン、クマリン、シンナミルアセテート、デルタC6〜C13ラクトン、ジメチルベンジルカービノール、ジヒドロジャスモン、ジヒドロリナロール、ジヒドロミルセノール、ジメトール、ジミルセトール、ジフェニルオキサイド、エチルワニリン、ユゲノール、フルイテート、フェンチールアルコール、フェニルエチルフェニルセテート、ガラキソリッド、ガンマC6〜C13ラクトン、ゲラニオール、ゲラニルアセテート、ゲラニルフォーメート、ゲラニルニトリル、ヘディオン、ヘリオナール、ヘリオトロピン、シス−3−ヘキセノール、シス−3−ヘキセニールアセテート、シス−3−ヘキセニルサリシレート、ヘキシルシンナミックアルデヒド、ヘキシルサリシレート、ヒヤシンスジメチルアセタール、ハイドロトロピックアルコール、ヒドロキシシトロネラール、インドール、インノン、イソボルニルアセテート、イソシクロシトラール、イソEスーパー、イソユゲノール、イソノニルアセテート、イソブチルキノリン、ジャスマール、ジャスモラクトン、ジャスモフィラン、コアボン、リグストラール、リリアール、ライムオキサイド、リモネン、リナロール、リナロールオキサイド、リナリルアセテート等が挙げられる。
【0060】
(37)色素:着色剤赤キャベツ色素、赤米色素、アカネ色素、アナトー色素、イカスミ色素、ウコン色素、エンジュ色素、オキアミ色素、柿色素、カラメル、金、銀、クチナシ色素、コーン色素、タマネギ色素、タマリンド色素、スピルリナ色素、ソバ全草色素、チェリー色素、海苔色素、ハイビスカス色素、ブドウ果汁色素、マリーゴールド色素、紫イモ色素、紫ヤマイモ色素、ラック色素、ルチンなど。
【0061】
その他、ホルモン類、金属イオン封鎖剤、pH調整剤、キレート剤、防腐・防バイ剤、清涼剤、安定化剤、乳化剤、動・植物性蛋白質又はその分解物、動・植物性多糖類又はその分解物、動・植物性糖蛋白質又はその分解物、消炎剤・抗アレルギー剤、創傷治療剤、気泡・増泡剤、増粘剤、口腔用剤、消臭・脱臭剤、酵素などが上げられ、これらとの併用によって、相加的又は相乗的な各種の効果が期待できる。
【0062】
本発明の化粧料組成物、浴用剤組成物、洗剤組成物は、それぞれ液状、乳液状、ベースト状、ゲル状、パウダー状(粉末状)、顆粒状、ペレット状、スティック状、固形状等の何れの形態として提供されてもよい。
【0063】
化粧料組成物としては、化粧水(ローション)、乳液、クリーム、オイル、軟膏、パック、リップ、口紅、ファンデーション、アイライナー、頬紅、マスカラ、アイシャドウー、マニキュア・ペディキュア、爪被覆剤、爪被覆除去剤、ひげ剃り用剤、シャンプー、リンス、ヘアトリートメント、ヘアトニック、ヘアスプレー、ヘアクリーム、ヘアローション、整髪料、育毛料、パーマネント液、染毛料、ハンドソープ・ボディーソープ、歯磨き剤、洗口料、洗顔料・石鹸類等が上げられる。
【0064】
浴用剤組成物は、入浴時、浴湯に投じて使用するもので、液状、粉末状、顆粒状、固形状、ゲル状など性状は何れであってもよい。粉末、顆粒又は固形状である場合は、本発明の抗酸化性植物抽出液を乾燥せず、液状のままで吹きつけて乾燥することにより製造することも可能である。
【0065】
洗剤組成物は、日常的に使用する台所用洗剤、浴室、洗面器又はトイレ用洗剤、ガラス用クリーナー、メガネ・コンタクトレンズ洗浄剤、車用洗浄剤、建材クリーナーなどが上げられる。
【0066】
その他、衛生用品、ウエットタイプのティシュペーパー、不織布、紙タオル、コットンなどに含浸させておくこともできる。
【0067】
本発明の化粧料組成物および洗剤組成物においては抗酸化性植物抽出物は、乾燥エキス分として0.001〜5質量%程度、好ましくは0.01〜1質量%程度含有していると使用性が良く、良好な効果が得られる。また浴用剤組成物においては、0.001〜99質量%で用いることができ、好ましくは0.1〜30質量%含有していると使用性が良く、良好な結果が得られる。実際に使用するときの浴湯中における濃度が0.00001〜0.01質量%、好ましくは0.0005〜0.005質量%程度となるように1回分使用量を設定するとよい。
【実施例】
【0068】
以下に製造例、試験例、処方例を上げて説明するが、本発明がこれに限定されるものではない。
【0069】
[実施例1]
オウレンゲドクトウの各構成生薬すなわちオウレン1.5g、オウバク1.5g、オウゴン3g、サンシシ2gを混合したものに対して、水500mlを添加し、1時間還流抽出した。次いで、これを濾過して抽出液を得、さらに濃縮乾燥することにより、本発明の黄色の粉末状エキス5gを得た。
【0070】
[実施例2]
オウレンゲドクトウの各構成生薬すなわちオウレン1.5kg、オウバク1.5kg、オウゴン3kg、サンシシ2kgを混合したものに対して、水500Lを添加し、1時間還流抽出
した。次いで、これを濾過して抽出液を得、さらに濃縮乾燥することにより、本発明の黄色の粉末状エキス3.5kgを得た。
【0071】
[実施例3]
オウレンゲドクトウの各構成生薬すなわちオウレン1.5g、オウバク1.5g、オウゴン3g、サンシシ2gを混合したものに対して、30%エタノール水溶液500mlを添加し、1時間還流抽出した。次いで、これを濾過して本発明の抽出液450mlを得た。
【0072】
[比較例1]
オウレン1.5gに対して、30%エタノール水溶液93.75mlを添加し、1時間還流抽出した。次いで、これを濾過して抽出液85mlを得た。
【0073】
[比較例2]
オウバク1.5gに対して、30%エタノール水溶液93.75mlを添加し、1時間還流抽出した。次いで、これを濾過して抽出液85mlを得た。
【0074】
[比較例3]
オウゴン3gに対して、30%エタノール水溶液187.5mlを添加し、1時間還流抽出した。次いで、これを濾過して抽出液170mlを得た。
【0075】
[比較例4]
サンシシ2gに対して、30%エタノール水溶液125mlを添加し、1時間還流抽出した。次いで、これを濾過して抽出液115mlを得た。
【0076】
[比較例5]
比較例1のオウレン抽出液85ml、比較例2のオウバク抽出液85ml、比較例3のオウゴン抽出液170ml、比較例4のサンシシ抽出液115mlを混合し、比較例5の抽出液混合液455mlを得た。
【0077】
[試験例1]安全性試験、皮膚刺激性の評価
本発明の抗酸化性植物抽出物の皮膚刺激性を評価するため、健常人(24〜58歳男女)45人のモニターによるパッチテストを行った。
(試料)実施例1および2で得た抗酸化性植物抽出物を精製水で膨潤させたもの
(方法)各試料について皮膚感作テスト用テープ「フィンチャンバー」(大正製薬製)を用いて、被験者の上腕屈側部、前膊内側に24時間閉塞貼付を行い判定した。すなわち、貼付後24時間経過した時点で試料を除去、その1時間後それぞれ皮膚の状態を観察して判定を行い、平均値にして表1に示した。
(判定基準)判定は以下の基準により行った。
(+)陽性…紅斑を認めるもの。(±)疑陽性…軽微の紅斑あるいはその疑いがあるもの。(−)陰性…反応が認められないもの
とした。
【0078】
【表1】

【0079】
表1より、本発明による抗酸化性植物抽出物は、皮膚刺激性が認められなかった。
【0080】
[試験例2]抗酸化性試験
実施例3の抗酸化剤を用いて、2,2−ジフェニル−1−ピクリルヒドラジル(以下、DPPH)ラジカル消去活性を測定し抗酸化作用を評価した。比較対照としては、比較例5の抽出液混合物を用い同条件で測定した結果を用いた。
【0081】
DPPHラジカル消去活性の測定を以下のように行った。実施例3と比較例5を試料とし、各濃度に調製した試料2mlを各々試験管にとり、次に0.1M酢酸緩衝液(pH=5.5)2mlを加え、最後に、2,2−ジフェニル−1−ピクリルヒドラジル(以下、DPPH)エタノール溶液1mlを加える。これを室温にて30分間静置させた後、DPPHラジカルに由来する517nmの波長の光の吸光度(S)を測定した。各製造例が無添加の場合の吸光度を(A)としたとき、各製造例のDPPHラジカル消去率を次式(1)で表すことができる。
DPPHラジカル消去率(%)=[1−(S)/(A)]×100 式(1)
さらに、DPPHラジカルを半減させるのに必要とされる各試料の量(IC50(mg))は、グラフより算出した。実施例3の測定データより得られた値は表2に、比較例5は表3に示す。
【0082】
【表2】

【0083】
【表3】

【0084】
表2と表3のIC50値を比較すると、本発明にかかる植物抽出液は、個別に抽出した従来のエキス剤よりも少ない分量でDPPHラジカル消去作用を発現各生薬を混合後に同時抽出することで、優れた抗酸化効果があることがわかった。
【0085】
以上の結果、本発明にかかる抗酸化性植物抽出液には、各生薬を混合後に同時抽出することで、各生薬を単独で抽出したものを事後に混合したものに対して、優れた抗酸化効果があることがわかった。
【0086】
各種外用剤組成物の製造
本発明による各種外用剤組成物を製造した。以下にその処方例を示すが、本発明はこれらに限定されるものではない。処方例は全て質量部で示した。本発明の抗酸化性植物抽出物は全て実施例2で製造したものを用いた。
【0087】
[実施例4]
処方例1にしたがい、精製水に1,3−ブチレングリコール、グリセリンなどの保湿剤、オレイルアルコールなどの皮膚栄養剤と防腐剤、香料などを溶解したエチルアルコールとを室温にて混合した化粧料基剤に、本発明の抗酸化性植物抽出物を0.3%配合し、本発明の化粧水を調製した。
【0088】
処方例1(化粧水)
1,3−ブチレングリコール 6.0
グリセリン 4.0
オレイルアルコール 0.1
モノラウリン酸ポリオキシエチレン(20)
ソルビタン 0.5
ポリオキシエチレン(15)ラウリルエーテル 0.5
エチルアルコール 10.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 78.4
合計 100.0
【0089】
[実施例5]
処方例2にしたがい、水相部として精製水に1,3−ブチレングリコール、グリセリンなどの保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.3%配合した。油相部として、ミツロウ、セチルアルコール、ワセリンなどの固形油分、スクワランなどの液体油分、防腐剤、界面活性剤などの油性成分を配合し、約80℃に加熱したものを用意した。約80℃に加熱した水相部にクインスシードなどの増粘剤を加え、ホモミキサーで攪拌しながら油相部を徐々に加え、乳化し、本発明の乳液とした。
【0090】
処方例2(乳液)
セチルアルコール 1.0
ミツロウ 0.5
オクチルドデカノール 2.0
ワセリン 2.0
スクワラン 6.0
エチルアルコール 5.0
グリセリン 4.0
1,3−ブチレングリコール 4.0
モノオレイン酸ポリエチレングリコール(10) 1.0
親油型モノステアリン酸グリセリン 1.0
クインスシード(マルメロ種子) 1.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 72.0
合計 100.0
【0091】
[実施例6]
処方例3にしたがい、水相部として、精製水に1,3−ブチレングリコール、ポリエチレングリコール1500などの保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.3%配合した。油相部として、ステアリン酸、ステアリルアルコール、水添ラノリンなどの固形油分、スクワラン、オクチルドデカノールなどの液体油分、防腐剤、界面活性剤などの油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに、ほぼ同じ温度に加熱された油相部を少しずつ添加し、乳化して本発明のクリームとした。
【0092】
処方例3(クリーム)
ステアリン酸 2.0
ステアリルアルコール 6.0
水添ラノリン 4.0
スクワラン 9.0
オクチルドデカノール 10.0
1,3−ブチレングリコール 6.0
ポリエチレングリコール1500 4.0
ポリオキシエチレン(25)セチルエーテル 3.0
モノステアリン酸グリセリン 2.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 53.5
合計 100.0
【0093】
[実施例7]
処方例4にしたがい、精製水に1,3―ブチレングリコール、グリセリンなどの保湿剤を配合し、それに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.3%配合した。これを70〜80℃に加熱し、カルボキシメチルセルロースなどの増粘剤、ポリビニルアルコールなどの皮膜剤を添加し攪拌溶解し、さらにエチルアルコールに防腐剤、界面活性剤などを溶解したものを添加して可溶化し、本発明のパックとした。
【0094】
処方例4(パック)
ポリビニルアルコール 15.0
カルボキシメチルセルロース 5.0
1,3−ブチレングリコール 4.0
グリセリン 1.0
エチルアルコール 12.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
ポリオキシエチレンオレイルエーテル 0.5
精製水 62.0
合計 100.0
【0095】
[実施例8]
処方例5にしたがい、水相部は精製水に1,3−ブチレングリコールなどの保湿剤を配合し、それに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.5%配合した。油相部は、ミツロウ、パ
ラフィンワックス、マイクロクリスタリンワックス、高級脂肪酸などの固形油分、ワセリン、ラノリンなどの半固形分、流動パラフィンなどの液状油分に防腐剤、界面活性剤を混合し、80℃に加熱溶解した。次に、水相部を80℃に加熱溶解し、攪拌しながら同程度に加熱された油相部を徐々に加えて乳化し、本発明の軟膏剤とした。本発明における抗酸化性植物抽出物は、任意に外用組成物基剤に配合されるものであるが、外用組成物が水相と油相からなるものである場合は、通常、水相部に配合されることが好ましい。
【0096】
処方例5(軟膏剤)
ミツロウ 1.0
パラフィンワックス 2.5
マイクロクリスタリンワックス 0.5
ステアリン酸 2.0
セチルアルコール 1.0
ベヘニルアルコール 3.0
モノステアリン酸ポリオキシエチレン(20)
ソルビタン 1.0
テトラオレイン酸ポリオキシエチレン(60)
ソルビタン 1.0
自己乳化型モノステアリン酸グリセリン 1.5
流動パラフィン 5.0
ラノリン 1.0
ワセリン 4.0
1,3−ブチレングリコール 5.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.5
精製水 70.8
合計 100.0
【0097】
[実施例9]
処方例6にしたがい、水相部として精製水にグリセリン、尿素などの保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.5%配合した。油相部として、セタノール、ワセリン等の固形油分、流動パラフィン、酢酸トコフェロール、ビタミンDなどの液体油分、防腐剤、界面活性剤などの油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに、ほぼ同じ温度に加熱された油相部を少しずつ添加し、乳化して本発明のハンドクリームとした。
【0098】
処方例6(ハンドクリーム)
セタノール 4.0
ワセリン 2.0
流動パラフィン 10.0
酢酸トコフェロール 0.1
ビタミンD 0.1
尿素 2.0
グリセリン 20.0
ポリオキシエチレン(60)
イソステアリン酸グリセリン 2.5
モノステアリン酸グリセリン 1.5
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.5
精製水 57.1
合計 100.0
【0099】
[実施例10]
処方例7にしたがい、水相部として精製水に1,3−ブチレングリコール、ポリエチレングリコール1500などの既知の保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.5%配合した。油相部として、ステアリン酸、ステアリルアルコール、モノステアリン酸グリセリンなどの固形油分、スクワラン、オクチルドデカノールなどの液体油分、防腐剤、界面活性剤などの油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに、ほぼ同じ温度に加熱された油相部を少しずつ添加し、乳化してクリームとする。これに水酸化カリウムを溶解した精製水を徐々に加え、けん化して本発明の洗顔クリームとした。
【0100】
処方例7(洗顔クリーム)
ステアリン酸 2.0
ステアリルアルコール 6.0
水添ラノリン 4.0
スクワラン 9.0
オクチルドデカノール 10.0
1,3−ブチレングリコール 6.0
ポリエチレングリコール1500 4.0
ポリオキシエチレン(25)セチルエーテル 3.0
モノステアリン酸グリセリン 2.0
水酸化カリウム 0.5
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.5
精製水 52.8
合計 100.0
【0101】
[実施例11]
処方例8にしたがい、水相部として精製水にプロピレングリコール、塩化O−[2−ヒドロキシ−3−トリメチルアンモニオプロピル]ヒドロキシエチルセルロースなどの保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.5%配合した。油相部として、ポリオキシエチレン(2)ラウリルエーテル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、高重合メチルポリシロキサン、ジステアリン酸エチレングリコールなどの油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに、ほぼ同じ温度に加熱された油相部を少しずつ添加し、攪拌して本発明のヘアシャンプーとした。
【0102】
処方例8(ヘアシャンプー)
ポリオキシエチレン(2)ラウリルエーテル
硫酸ナトリウム 9.0
ラウリル硫酸ナトリウム 4.0
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン 3.0
高重合メチルポリシロキサン 2.0
メチルポリシロキサン 1.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド 1.0
プロピレングリコール 2.0
塩化O−[2−ヒドロキシ−3−トリメチルアン
モニオプロピル]ヒドロキシエチルセルロース 0.5
ジステアリン酸エチレングリコール 2.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.5
精製水 74.8
合計 100.0
【0103】
[実施例12]
処方例9にしたがい、水相部として精製水にグリセリンなど既知の保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.5%配合した。油相部として、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、ステアリルアルコール、セチルアルコール、などの固形油分、高重合メチルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、流動パラフィンなどの液体油分、防腐剤、界面活性剤などの油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに、ほぼ同じ温度に加熱された油相部を少しずつ添加し、乳化して本発明のヘアリンスとした。
【0104】
処方例9(ヘアリンス)
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 2.0
ステアリルアルコール 1.0
セチルアルコール 2.0
高重合メチルポリシロキサン 2.0
メチルポリシロキサン 1.0
流動パラフィン 1.0
グリセリン 6.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.5
精製水 84.3
合計 100.0
【0105】
[実施例13]
処方例10にしたがい、水相部として精製水にプロピレングリコール、グリセリンなど既知の保湿剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.5%配合した。油相部として、ポリオキシエチレン(2)ラウリルエーテル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸トリエタノールアミン、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、ジステアリン酸エチレングリコールなどの油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに、ほぼ同じ温度に加熱された油相部を少しずつ添加し、攪拌して本発明のボディソープとした。
【0106】
処方例10(ボディソープ)
ポリオキシエチレン(2)ラウリルエーテル
硫酸ナトリウム 15.0
ラウリル硫酸トリエタノールアミン 5.0
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン 5.0
ジステアリン酸エチレングリコール 2.0
モノパルミチン酸グリセリン 1.0
吸着精製ラノリン 2.0
グリセリン 2.0
プロピレングリコール 3.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.5
精製水 64.3
合計 100.0
【0107】
[実施例14]
処方例11にしたがい、石けん用素地に、酸化チタン、防腐剤、香料を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を1.0%配合した。これを型抜き、仕上げをし、本発明の固形石けんとした。
【0108】
処方例11(固形石けん)
石けん用素地 97.3
酸化チタン 0.2
防腐剤 0.5
香料 1.0
本発明の抗酸化性植物抽出物 1.0
合計 100.0
【0109】
[実施例15]
処方例12にしたがい、硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムに、香料などを添加し混合した浴用剤基剤を用意し、本発明の抗酸化性植物抽出物を2.0%配合し、本発明の浴用剤aとした。
【0110】
処方例12(浴用剤a)
硫酸ナトリウム 48.0
炭酸水素ナトリウム 48.0
香料 2.0
本発明の抗酸化性植物抽出物 2.0
合計 100.0
【0111】
[実施例16]
処方例13にしたがい、界面活性剤に流動パラフィン、ホホバ油、防腐剤などの油性成分を配合し、約60℃にて溶解させたものを用意した。これに香料、精製水などを添加し、本発明の抗酸化性植物抽出物を2.0%配合し、本発明の浴用剤bとした。
【0112】
処方例13(浴用剤b)
ポリオキシエチレン(5)オレイルエーテル 10.0
流動パラフィン 80.0
ホホバ油 5.0
防腐剤 0.2
香料 1.8
本発明の抗酸化性植物抽出物 2.0
精製水 1.0
合計 100.0
【0113】
[実施例17]
処方例14にしたがい、エチルアルコールにセンブリエキス、酢酸トコフェロール、パントテニルエチルエーテルなどの毛髪栄養剤と、防腐剤、香料などを溶解したエチルアルコールとを室温にて混合した化粧料基剤に、精製水と本発明の抗酸化性植物抽出物を0.
3%配合し、本発明の育毛剤とした。
【0114】
処方例14(育毛剤)
エチルアルコール 60.0
センブリエキス 5.0
酢酸トコフェロール 0.2
パントテニルエチルエーテル 0.2
プロピレングリコール 5.0
防腐剤 0.1
香料 0.2
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 29.0
合計 100.0
【0115】
[実施例18]
処方例15にしたがい、水相部として精製水にグリセリンなど既知の保湿剤、カルボキシメチルセルロースナトリウム、カラギーナンなどの増粘剤を配合したものを用意し、さらに第二リン酸カルシウム・2水塩、無水ケイ酸、ラウリル硫酸ナトリウムを混合し、本発明の抗酸化性植物抽出物を0.3%配合した。精製水の一部にサッカリンナトリウム、香料、防腐剤を加え、これを前記水相部に混合脱気し、本発明の練歯磨きとした。
【0116】
処方例15(練歯磨き)
第二リン酸カルシウム・2水塩 45.0
無水ケイ酸 2.0
グリセリン 15.0
カルボキシメチルセルロースナトリウム 1.0
カラギーナン 0.3
ラウリル硫酸ナトリウム 1.5
サッカリンナトリウム 0.1
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 34.6
合計 100.0
【0117】
[実施例19]
処方例16にしたがい、精製水にグリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油を加え溶解した。これに、エチルアルコールに1−メントール及び香料を溶解したものを加えて混合溶解した。さらにサッカリンナトリウム、グルコン酸クロルヘキシジンを加え溶解したものに、本発明の抗酸化性植物抽出物0.3%を配合し、本発明の洗口剤とした。
【0118】
処方例16(洗口剤)
エチルアルコール 40.0
グリセリン 10.0
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 1.0
1−メントール 0.5
サッカリンナトリウム 0.05
グルコン酸クロルヘキシジン 0.02
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 48.03
合計 100.0
【0119】
[実施例20]
処方例17にしたがい、水相部として精製水にポリプロピレングリコール、エチルアルコール、防腐剤を配合したものを用意し、これに本発明の抗酸化性植物抽出物を0.3%配合した。油相部として、ポリオキシエチレン(2)ドデシル硫酸ナトリウム、ラウリルグルコシド、香料油性成分を配合したものを用意した。水相部を徐々に加熱し、約80℃になったところで、これに油相部を少しずつ添加し、攪拌して本発明の食器用洗剤とした。
【0120】
処方例17(食器用洗剤)
ポリオキシエチレン(2)
ドデシル硫酸ナトリウム 15.0
ラウリルグルコシド 12.5
エチルアルコール 5.0
ポリプロピレングリコール 3.0
防腐剤 0.1
香料 0.1
本発明の抗酸化性植物抽出物 0.3
精製水 64.0
合計 100.0
【産業上の利用可能性】
【0121】
本発明の外用抗酸化剤は肌に安全で使用感が良く、相乗的に抗酸化効果を有するものであり、皮膚の老化防止に有用な外用剤、化粧料、浴用剤及び洗剤組成物等をを提供することができる。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
オウレン、オウバク、オウゴンおよびサンシシの混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤。
【請求項2】
オウレン0.2〜3.8部(質量部、以下同じ)、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤。
【請求項3】
オウレン0.6〜3部、オウバク0.6〜3部、オウゴン1.2〜6部およびサンシシ0.8〜4部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤。
【請求項4】
オウレン1.1〜2.3部、オウバク1.1〜2.3部、オウゴン2.1〜4.5部およびサンシシ1.4〜3部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有することを特徴とする外用抗酸化剤。
【請求項5】
抽出溶媒の量が、被抽出物の10〜100倍量であることを特徴とする請求項1乃至4のいずれかの項に記載の外用抗酸化剤。
【請求項6】
エタノール水溶液が、30%エタノール水溶液である請求項1乃至5のいずれかの項に記載の外用抗酸化剤。
【請求項7】
化粧料である請求項1乃至6のいずれかの項に記載の外用抗酸化剤。
【請求項8】
浴用剤である請求項1乃至6のいずれかの項に記載の外用抗酸化剤。
【請求項9】
洗剤である請求項1乃至6のいずれかの項に記載の外用抗酸化剤。
【請求項10】
オウレン0.2〜3.8部、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部の混合物をそれの10〜100倍量の30%エタノール水溶液で抽出して抗酸化性植物抽出物を得て、これを化粧料、浴用剤及び洗剤から選ばれる外用剤に配合することを特徴とする外用抗酸化剤の製造方法。

【公開番号】特開2013−79242(P2013−79242A)
【公開日】平成25年5月2日(2013.5.2)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−253856(P2012−253856)
【出願日】平成24年11月20日(2012.11.20)
【分割の表示】特願2006−276300(P2006−276300)の分割
【原出願日】平成18年10月10日(2006.10.10)
【出願人】(591011410)小川香料株式会社 (173)
【Fターム(参考)】