Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
新規インドール誘導体及びその医薬用途
説明

新規インドール誘導体及びその医薬用途

【課題】グルコキナーゼ活性化作用を有する化合物の提供。
【解決手段】下記一般式(I):


[式中、


は、一重結合又は二重結合を表し;


は、N-C=C又はC=C-Nを表し;A環は、チアゾリル基、ピリジル基、又はベンゾチアゾリル基等を意味する。]で表される化合物又はそのプロドラック。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
一般式(I):
【化1】

[式中、
【化2】

は、一重結合又は二重結合を意味する;
【化3】

は、N-C=C又はC=C-Nを意味する;R1は、1)水素原子、2)C1-C6アルキル基、3)C2-C6アルケニル基、4)C1-C6アルキルスルホニル基、5)C1-C6アルキル基で置換されていてもよいアリールスルホニル基、6)アルカノイル基、7)アロイル基、8)C1-C6アルキルスルホニル基で置換されていてもよいアラルキル基、9)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、又は10)C1-C6アルキレン-Raを意味する;Raは、カルボキシ基、ハロゲン原子、ヒドロキシ基、CONRaaRab、NRaaRac
【化4】

、又は
【化5】

を意味する;Raaは、水素原子又はC1-C6アルキル基を意味する;Rabは、C1-C6アルキル基、C3-C7シクロアルキル基、アラルキル基、又はC1-C6アルコキシ基を意味する;Racは、水素原子、C1-C6アルキル基、C1-C6アルキレン-N(C1-C6アルキル)2、又は
【化6】

を意味する;m及びnは、1〜3の整数で、m+n=3〜5を意味する;Qは、酸素原子、CH2、又はN(C1-C6アルキル)を意味する;Dは、CH2、NH、N(C1-C6アルキル)、酸素原子、硫黄原子、SO2、CHOH、又はCHN(C1-C6アルキル)2を意味する;Tは、N(C1-C6アルキル)を意味する;R2は、水素原子又はC1-C6アルキル基を意味する;R3は、C1-C6アルキル基、C3-C7シクロアルキル基、又はヘテロアリール基を意味する;R4は、水素原子、ハロゲン原子、又はニトロ基を意味する;R5は、水素原子、C1-C6アルキル基、ハロゲン原子、アリール基、ヒドロキシ基、C1-C6アルコキシ基、アラルキルオキシ基、アロイル基、又はアルカノイル基を意味する;R6は、1)水素原子、2)ハロゲン原子、3)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、4)ヒドロキシ基、5)アラルキルオキシ基、6)アルカノイル基又はアロイル基で置換されていてもよいC1-C6アルコキシ基、7)アルカノイル基で置換されていてよいアリールオキシ基、8)ニトロ基、9)アルカノイル基、10)ヒドロキシ基、C1-C6アルコキシル基、ハロゲン原子、ニトロ基、アミノ基、又はN(C1-C6アルキル)2で置換されていてもよいアロイル基、11)カルボキシ基、12)C1-C6アルコキシカルボニル基、13)ヘテロアリール基、14)C1-C6アルキル部分がヒドロキシ基で置換されていてもよいアラルキル基、15)ハロゲン原子又はC1-C6アルコキシ基で置換されていてもよいアリール-C2-C6アルケニレン-カルボニル基、16)ヘテロアリール-(C2-C6アルケニレン)-カルボニル基、17)スクシンイミド基、18)フタルイミド基、又は19)NHRdを意味するか、或いは、R5及びR6と、それらが結合している炭素原子と一緒になって形成するクロメン-4-オン環を意味する。;Rdは、1)水素原子、2)アルカノイル基又はC1-C6アルキルスルホニル基で置換されていてもよいアリール基、3)C1-C6アルキルスルホニル基、4)アリールスルホニル基、5)ヘテロアリールスルホニル基、6)アルカノイル基、7)ハロゲン原子又はC1-C6アルコキシ基で置換されていてもよいアロイル基、又は8)アラルキルカルボニル基を意味する;R7は、水素原子、C1-C6アルキル基、ハロゲン原子、又はアルカノイル基を意味するか、或いは、R1及びR7と、それらが結合しているX-C-Cが一緒になって形成するシクロヘキサノン環を意味する;A環は、一般式(II)
【化7】

で表される窒素原子又は硫黄原子を環内に1有していてもよい(式II中のN*で表される窒素原子は除く)5又は6員の単環式含窒素複素環基を意味するか、或いは、該単環式含窒素複素環と単環のアリール又はC5-C7シクロアルキルが縮合した二環式複素環基を意味する;R8は、水素原子、ハロゲン原子、ニトロ基、シアノ基、C1-C6アルコキシカルボニル基、アラルキルオキシカルボニル基、ヒドロキシ基、CORb、又はC1-C6アルキレン-CORcを意味する;Rbは、ヒドロキシ基、NRbaRbb、又は
【化8】

を意味する;Rbaは、水素原子又はC1-C6アルキル基を意味する;Rbbは、水素原子、C1-C6アルキル基、アラルキル基、又はC1-C6アルコキシ基を意味する;Rcは、ヒドロキシ基、C1-C6アルコキシ基、NHRca、又は
【化9】

を意味する;Rcaは、カルボキシ基で置換されていてもよいアリール基を意味する;
Tは、N(C1-C6アルキル)を意味する;Eは、カルボキシメチン基又はC1-C6アルコキシカルボニルメチン基を意味する。]
で表される化合物又はそのプロドラック、或いはそれらの薬理学的に許容される塩。
【請求項2】
前記一般式(I)において、
【化10】

が一重結合であり、
【化11】

がN-C=Cである、請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
前記一般式(I)において、R2及びR4が水素原子であり、R3がC3-C7シクロアルキル基であり、R7が水素原子又はハロゲン原子である、請求項1に記載の化合物。
【請求項4】
前記一般式(I)において、R1が水素原子又はC1-C3アルキル基である、請求項1記載の化合物。
【請求項5】
前記一般式(I)において、R5が水素原子、C1-C3アルキル基、又はハロゲン原子である、請求項1に記載の化合物。
【請求項6】
前記一般式(I)において、R6が1)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、2)アルカノイル基で置換されていてもよいアリールオキシ基、3)アルカノイル基、4)アロイル基、又は5)フタルイミドである、請求項1に記載の化合物。
【請求項7】
前記一般式(I)において、一般式(II)で表されるA環がチアゾリル基、ピリジル基、ピラジニル基、又はベンゾチアゾリル基である、請求項1に記載の化合物。
【請求項8】
前記一般式(I)において、R8が水素原子、カルボキシ基、カルバモイル基、又はC1-C3アルコキシカルボニル基である、請求項1に記載の化合物。
【請求項9】
前記一般式(I)において、
【化12】

が一重結合であり、
【化13】

がN-C=Cであり、R1が水素原子又はC1-C3アルキル基であり、R2及びR4が水素原子であり、R3がC3-C7シクロアルキル基であり、R5が水素原子、C1-C3アルキル基、又はハロゲン原子であり、R6が1)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、2)アルカノイル基で置換されていてもよいアリールオキシ基、3)アルカノイル基、4)アロイル基、又は5)フタルイミドであり、一般式(II)で表されるA環がチアゾリル基、ピリジル基、ピラジニル基、又はベンゾチアゾリル基であり、R7が水素原子又はハロゲン原子であり、R8が水素原子、カルボキシ基、カルバモイル基、又はC1-C3アルコキシカルボニル基である、請求項1に記載の化合物。
【請求項10】
一般式(I):
【化14】

[式中、
【化15】

は、一重結合又は二重結合を意味する;
【化16】

は、N-C=C又はC=C-Nを意味する;R1は、1)水素原子、2)C1-C6アルキル基、3)C2-C6アルケニル基、4)C1-C6アルキルスルホニル基、5)C1-C6アルキル基で置換されていてもよいアリールスルホニル基、6)アルカノイル基、7)アロイル基、8)C1-C6アルキルスルホニル基で置換されていてもよいアラルキル基、9)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、又は10)C1-C6アルキレン-Raを意味する;Raは、カルボキシ基、ハロゲン原子、ヒドロキシ基、CONRaaRab、NRaaRac
【化17】

、又は
【化18】

を意味する;Raaは、水素原子又はC1-C6アルキル基を意味する;Rabは、C1-C6アルキル基、C3-C7シクロアルキル基、アラルキル基、又はC1-C6アルコキシ基を意味する;Racは、水素原子、C1-C6アルキル基、C1-C6アルキレン-N(C1-C6アルキル)2、又は
【化19】

を意味する;m及びnは、1〜3の整数で、m+n=3〜5を意味する;Qは、酸素原子、CH2、又はN(C1-C6アルキル)を意味する;Dは、CH2、NH、N(C1-C6アルキル)、酸素原子、硫黄原子、SO2、CHOH、又はCHN(C1-C6アルキル)2を意味する;Tは、N(C1-C6アルキル)を意味する;R2は、水素原子又はC1-C6アルキル基を意味する;R3は、C1-C6アルキル基、C3-C7シクロアルキル基、又はヘテロアリール基を意味する;R4は、水素原子、ハロゲン原子、又はニトロ基を意味する;R5は、水素原子、C1-C6アルキル基、ハロゲン原子、アリール基、ヒドロキシ基、C1-C6アルコキシ基、アラルキルオキシ基、アロイル基、又はアルカノイル基を意味する;R6は、1)水素原子、2)ハロゲン原子、3)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、4)ヒドロキシ基、5)アラルキルオキシ基、6)アルカノイル基又はアロイル基で置換されていてもよいC1-C6アルコキシ基、7)アルカノイル基で置換されていてよいアリールオキシ基、8)ニトロ基、9)アルカノイル基、10)ヒドロキシ基、C1-C6アルコキシル基、ハロゲン原子、ニトロ基、アミノ基、又はN(C1-C6アルキル)2で置換されていてもよいアロイル基、11)カルボキシ基、12)C1-C6アルコキシカルボニル基、13)ヘテロアリール基、14)C1-C6アルキル部分がヒドロキシ基で置換されていてもよいアラルキル基、15)ハロゲン原子又はC1-C6アルコキシ基で置換されていてもよいアリール-C2-C6アルケニレン-カルボニル基、16)ヘテロアリール-(C2-C6アルケニレン)-カルボニル基、17)スクシンイミド基、18)フタルイミド基、又は19)NHRdを意味するか、或いは、R5及びR6と、それらが結合している炭素原子と一緒になって形成するクロメン-4-オン環を意味する。;Rdは、1)水素原子、2)アルカノイル基又はC1-C6アルキルスルホニル基で置換されていてもよいアリール基、3)C1-C6アルキルスルホニル基、4)アリールスルホニル基、5)ヘテロアリールスルホニル基、6)アルカノイル基、7)ハロゲン原子又はC1-C6アルコキシ基で置換されていてもよいアロイル基、又は8)アラルキルカルボニル基を意味する;R7は、水素原子、C1-C6アルキル基、ハロゲン原子、又はアルカノイル基を意味するか、或いは、R1及びR7と、それらが結合しているX-C-Cが一緒になって形成するシクロヘキサノン環を意味する;A環は、一般式(II)
【化20】

で表される窒素原子又は硫黄原子を環内に1有していてもよい(式II中のN*で表される窒素原子は除く)5又は6員の単環式含窒素複素環基を意味するか、或いは、該単環式含窒素複素環と単環のアリール又はC5-C7シクロアルキルが縮合した二環式複素環基を意味する;R8は、水素原子、ハロゲン原子、ニトロ基、シアノ基、C1-C6アルコキシカルボニル基、アラルキルオキシカルボニル基、ヒドロキシ基、CORb、又はC1-C6アルキレン-CORcを意味する;Rbは、ヒドロキシ基、NRbaRbb、又は
【化21】

を意味する;Rbaは、水素原子又はC1-C6アルキル基を意味する;Rbbは、水素原子、C1-C6アルキル基、アラルキル基、又はC1-C6アルコキシ基を意味する;Rcは、ヒドロキシ基、C1-C6アルコキシ基、NHRca、又は
【化22】

を意味する;Rcaは、カルボキシ基で置換されていてもよいアリール基を意味する;
Tは、N(C1-C6アルキル)を意味する;Eは、カルボキシメチン基又はC1-C6アルコキシカルボニルメチン基を意味する。]
で表される化合物又はそのプロドラック、或いはそれらの薬理学的に許容される塩を有効成分とする医薬組成物。
【請求項11】
有効成分である化合物が前記一般式(I)において、
【化23】

が一重結合であり、
【化24】

がN-C=Cであり、R1が水素原子又はC1-C3アルキル基であり、R2及びR4が水素原子であり、R3がC3-C7シクロアルキル基であり、R5が水素原子、C1-C3アルキル基、又はハロゲン原子であり、R6が1)アルカノイル基で置換されていてもよいアリール基、2)アルカノイル基で置換されていてもよいアリールオキシ基、3)アルカノイル基、4)アロイル基、又は5)フタルイミドであり、一般式(II)で表されるA環がチアゾリル基、ピリジル基、ピラジニル基、又はベンゾチアゾリル基であり、R7が水素原子又はハロゲン原子であり、R8が水素原子、カルボキシ基、カルバモイル基、又はC1-C3アルコキシカルボニル基である、請求項10に記載の医薬組成物。
【請求項12】
糖尿病の予防又は治療のための、請求項10に記載の医薬組成物。


【公開番号】特開2011−190206(P2011−190206A)
【公開日】平成23年9月29日(2011.9.29)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−56842(P2010−56842)
【出願日】平成22年3月15日(2010.3.15)
【出願人】(000144577)株式会社三和化学研究所 (29)
【Fターム(参考)】