説明

新規P2X7R拮抗薬及びその使用法

【課題】 本願発明の目的は、P2X7R作用を阻害し、疼痛、炎症過程並びにリウマチ性関節炎、脳卒中、静脈瘤及びその他の病状に関連する変性状態の病気の治療に用いることが可能な新規の一連の化合物を提供することである。
【解決手段】 一般式(I)によって表わされるインドール−3カルボキサミド及びアザインドール−3カルボキサミド化合物の新規P2X7R拮抗薬、並びに該化合物からなる医薬組成物及びP2X7R媒介による病気及び疾患の予防的及び治療的処置におけるそれらの使用法。
式(I)


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/gzt_disp.php on line 298

【特許請求の範囲】
【請求項1】
【化1】

‐式中、R1はモノ−又はビシクロアルキルアルキル群であり;
‐R2は、−OH,C1−C5アルコキシ,NH2−,N(Ra2−,NHRa−、CN−,CF3,ハロゲン、ピペリジノ、モルホリノ、ピロリジノ、5H−テトラゾリルプロピル、メチルカルバモイル、ジメチルカルバモイル又はエチルメチルカルバモイルに随意に置換される直鎖又は分岐C1−C5アルキルから選択され、Raは水素又はC1−C5アルコキシであり;
‐R3、R4、R5、R6は、発生ごとに水素、ハロゲン、メチル、ヒドロキシ、メトキシ、シアノ、トリフルオロメチルの中から相互に独立して選択され;
‐a、b、c、d、xは、発生ごとに炭素又は窒素から相互に独立して選択される;上記一般式で表わされる化合物、又は医薬的に許容しうる塩又はその溶媒和物であることを特徴とする化合物。
【請求項2】
1はシクロペンチルメチル、シクロペンチルエチル、シクロヘキシルメチル、チクロヘキシルエチル、シクロヘプチルメチル、シクロヘプチルエチル、ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルエチル及びビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルエチルから選択されるモノ−もしくはビシクロアルキルアルキル群であることを特徴とする請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
2はC1−C5アルキル又はC2−C5ヒドロキシアルキルであることを特徴とする請求項1又は2に記載の化合物。
【請求項4】
3、R4、R5及びR6のうち少なくとも2つは水素であることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1に記載の化合物。
【請求項5】
xはCであることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項6】
xはNであることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の化合物。
【請求項7】
a、b、c及びdはCであることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1に記載の化合物。
【請求項8】
a、b、c及びdのいずれか1はNであることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1に記載の化合物。
【請求項9】
以下の式から選択される請求項1〜8のいずれか1に記載の化合物。
‐ N−(シクロペンチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロペンチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロペンチルメチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロペンチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3カルボキサミド,
‐ N−(シクロペンチルメチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロペンチルメチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロペンチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロペンチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘキシルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘキシルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘキシルメチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘキシルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘキシルメチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘキシルメチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−シクロ−N−(シクロヘキシルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘキシルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−メトキシ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−シアノ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−メトキシ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−シアノ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−メチル−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−メトキシ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−シアノ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−プロピル−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソプロピル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソプロピル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソブチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソブチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−イソブチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メトキシ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−シアノ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−ブチル−N−(シクロヘプチルメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−ブチル−N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−ブチル−4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−1−ブチル−N−(シクロヘプチルメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−ブチル−N−(シクロヘプチルメチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−(3−ヒドロキシプロピル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(3−ヒドロキシプロピル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(3−ヒドロキシプロピル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−メトキシ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−シアノ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−メチル−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−4−メトキシ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−シアノ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−フルオロ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−メチル−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−メトキシ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−シアノ−1−プロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−プロピル−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−フルオロ−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−イソプロピル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−フルオロ−1−イソブチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−イソブチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−イソブチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−イソブチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシメチル)−4−メトキシ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−シアノ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−(トリフルオロメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−ブチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−ブチル−4−クロロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−ブチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−ブチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−フルオロ−1−(3−ヒドロキシプロピル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−(3−ヒドロキシプロピル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−(3−ヒドロキシプロピル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(3−ヒドロキシプロピル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘキシルエチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘプチルエチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(2−シクロヘプチルエチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 5−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 5−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1,5−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 5−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 5−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−5−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 5−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 5−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−5−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1,6−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−6−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−6−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 7−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 7−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1,7−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 7−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 7−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−7−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 7−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 7−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−7−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−5−クロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−5−ブロモ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1,5−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−5−クロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−5−ブロモ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−5−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−5−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−5−ブロモ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−5−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1,6−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−6−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−6−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−7−クロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−7−ブロモ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1,7−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−7−クロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−7−ブロモ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−7−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−7−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−7−ブロモ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−7−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−6−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−6−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−6−フルオロ−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−イソプロピル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(シクロヘプチルメチル)−6−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4,6−ジクロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4,6−ジクロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4,6−ジクロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4,6−ジブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4,6−ジブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4,6−ジブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 6−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−6−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−6−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−フルオロ−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−エチル−6−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−エチル−6−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−1−エチル−6−フルオロ−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−6−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−6−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4,6−ジクロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−6−クロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4,6−ジクロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−6−クロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4,6−ジクロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−6−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−4−クロロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−4−フルオロ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4,6−ジブロモ−1−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1,4−ジメチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1−エチル−4−フルオロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−4−クロロ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4,6−ジブロモ−1−エチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1−エチル−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−4−フルオロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−4−クロロ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4,6−ジブロモ−1−(2−ヒドロキシエチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−6−ブロモ−1−(2−ヒドロキシエチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
− 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インダゾール−3−カルボキサミド
− 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−インダゾール−3−カルボキサミド
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−メチル−1H−インダゾール−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−メチル−1H−インダゾール−3−カルボキサミド,
− 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−b]ピリジン−3−カルボキサミド
− 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−b]ピリジン−3−カルボキサミド
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−b]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−b]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−ピロロ[3,2−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−ピロロ[3,2−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−メチル−1H−ピロロ[3,2−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−メチル−1H−ピロロ[3,2−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
‐ N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1−メチル−1H−ピロロ[2,3−c]ピリジン−3−カルボキサミド,
− 1−(2−(2H−テトラゾール−5−イル)エチル)−4−クロロ−N−(シクロヘプチルメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド
‐ 1−(2−(2H−テトラゾール−5−イル)エチル)−4−ブロモ−N−(シクロヘプチルメチル)−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−(2−(2H−テトラゾール−5−イル)エチル)−N−(シクロヘプチルメチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−(2−(2H−テトラゾール−5−イル)エチル)−N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−(2−(2H−テトラゾール−5−イル)エチル)−N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 1−(2−(2H−テトラゾール−5−イル)エチル)−N−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−メチル−1H−インドール−3−カルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N3−(シクロヘプチルメチル)−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N3−(シクロヘプチルメチル)−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ N3−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ N3−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N3−(シクロヘプチルメチル)−N1,N1−ジメチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N3−(シクロヘプチルメチル)−N1,N1−ジメチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ N3−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−N1,N1−ジメチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ N3−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−N1,N1−ジメチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ 4−クロロ−N3−(シクロヘプチルメチル)−N1−エチル−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ 4−ブロモ−N3−(シクロヘプチルメチル)−N1−エチル−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,
‐ N3−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−クロロ−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド,及び
‐ N3−(ビシクロ[2.2.2]オクタン−1−イルメチル)−4−ブロモ−N1−メチル−1H−インドール−1,3−ジカルボキサミド。
【請求項10】
請求項1〜9のいずれか1に記載の化合物からなることを特徴とする医薬組成物。
【請求項11】
同時もしくは連続投与のために、個別又は単位用量形態のさらに付加的な活性化合物からなることを特徴とする請求項10に記載の医薬組成物。
【請求項12】
情動障害の治療に用いられることを特徴とする請求項10又は11に記載の医薬組成物。
【請求項13】
上記情動障害は、鬱病、不安神経症、双極性疾患及び統合失調症から選択されることを特徴とする請求項12に記載の医薬組成物。
【請求項14】
神経変性病及び疾患、神経性炎症及び中枢神経を介した神経精神病及び疾患を介して生じる又は結果的にもたらされる病気及び疾患の治療に用いられることを特徴とする請求項10又は11に記載に医薬組成物。
【請求項15】
疼痛、炎症過程及び変性状態の治療に用いられることを特徴とする請求項10又は11に記載の医薬組成物
【請求項16】
上記炎症過程はリウマチ性関節炎、骨粗鬆症及び慢性閉塞性肺疾患の中から選択されることを特徴とする請求項15に記載の医薬組成物。
【請求項17】
上記変性状態は、緑内障、多発性硬化症、筋委縮性側索硬化症、パーキンソン病及びアルツハイマー病の中から選択されることを特徴とする請求項15に記載の医薬組成物。
【請求項18】
神経障害性の疼痛の治療に用いられることを特徴とする請求項10又は11に記載の医薬組成物。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公表番号】特表2011−515432(P2011−515432A)
【公表日】平成23年5月19日(2011.5.19)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−501146(P2011−501146)
【出願日】平成21年3月25日(2009.3.25)
【国際出願番号】PCT/EP2009/002189
【国際公開番号】WO2009/118175
【国際公開日】平成21年10月1日(2009.10.1)
【出願人】(505386797)アフェクティス ファーマシューティカルズ アーゲー (4)
【Fターム(参考)】