施設情報提供装置、施設情報提供システム、サーバ装置、端末装置、施設情報提供方法、および、プログラム

【課題】所望するPOIが所望の程度存在するような推奨縮尺を提示することができる、施設情報提供装置、施設情報提供システム、サーバ装置、端末装置、施設情報提供方法、および、プログラムを提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、地図情報、および、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶し、利用者により入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御し、記憶する施設情報に基づいて、入力されたカテゴリに該当する所定数の施設が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出し、算出した推奨縮尺を出力部を介して出力させる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、施設情報提供装置、施設情報提供システム、サーバ装置、端末装置、施設情報提供方法、および、プログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、POIの周辺検索等により近くのPOIを抽出して表示する技術が開発されている。
【0003】
例えば、特許文献1においては、中心から近距離のPOIを抽出し、POI同士が近いものはまとめて代表アイコンで表示することにより、近接する複数のPOIを一つのアイコンで整理統合して表示する地図表示システムが開示されている。さらに、特許文献1の地図表示システムでは、さらに代表アイコンが選択された場合に、まとめられた施設が一覧表示されることが開示されている。
【0004】
また、特許文献2においては、周辺施設探索中に現在位置周辺の地図を表示するとともに、探索されたPOIの位置を示すマークを地図上に表示する技術が開示されている。
【0005】
また、特許文献3においては、周辺探索のカテゴリを表すオブジェクトを画面上に表示し、当該オブジェクト画像を地図上にドラッグアンドドロップすることにより、該当するカテゴリのPOIを検索する地図表示システムが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開2009−69403号公報
【特許文献2】特開2003−148974号公報
【特許文献3】国際公開第2007/097037号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、従来のPOI抽出技術においては、所望する検索条件でPOIを検索してみて現在表示等している地図上にどれだけPOIがあるかを把握するものであり、所望するPOIが所望の程度ない場合には、再度、表示エリアや縮尺を変更するなどして再検索する必要があるという問題点を有していた。
【0008】
例えば、特許文献1においては、POI数が多い地域ではアイコンが多すぎて地図の視認性が低下する一方、POIが少ない地域ではアイコンが全く表示されない等の問題点を有していた。
【0009】
また、特許文献2においては、テキストベースの周辺検索を行っており、利用者が直感的に現在位置からの位置関係を理解しにくいという問題点を有していた。
【0010】
また、特許文献3においては、周辺検索により細分化されたカテゴリを表示するために、大分類から小分類へと階層を繰り返し探索する必要があり、利用者に煩雑な操作を強いるという問題点を有していた。
【0011】
本発明は、上記問題点等に鑑みてなされたもので、所望するPOIが所望の程度存在するような推奨縮尺を提示することができる、施設情報提供装置、施設情報提供システム、サーバ装置、端末装置、施設情報提供方法、および、プログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0012】
このような目的を達成するため、本発明の施設情報提供装置は、入力部と出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた施設情報提供装置であって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部は、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を上記出力部を介して出力させる推奨縮尺出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0013】
また、本発明の施設情報提供装置は、上記記載の施設情報提供装置において、上記制御部は、上記地図情報の縮尺値を指定させるためのスライドバーを上記出力部に表示させ、利用者により上記入力部を介して上記スライドバー上で指定された位置に対応する上記縮尺値を取得する縮尺入力制御手段、を更に備え、上記推奨縮尺出力手段は、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺に対応する上記スライドバー上の位置を強調表示させることを特徴とする。
【0014】
また、本発明の施設情報提供装置は、上記記載の施設情報提供装置において、上記制御部は、上記地図情報の縮尺値を指定させるために一列に並んだ複数のオブジェクトを上記出力部に表示させ、利用者により上記入力部を介して選択された上記オブジェクトに対応する上記縮尺値を取得する縮尺入力制御手段、を更に備え、上記推奨縮尺出力手段は、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺に対応する上記オブジェクトを強調表示させることを特徴とする。
【0015】
また、本発明の施設情報提供装置は、上記記載の施設情報提供装置において、上記制御部は、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺に対応する上記表示領域に含まれる上記施設の上記施設情報を出力用に編集する施設情報編集手段と、上記施設情報編集手段により編集された上記施設情報を、上記出力部に出力する施設情報出力手段と、を更に備えたことを特徴とする。
【0016】
また、本発明の施設情報提供装置は、上記記載の施設情報提供装置において、上記制御部は、上記縮尺入力制御手段の制御により入力された上記縮尺値に基づいて、検索範囲を設定する検索範囲設定手段と、上記検索範囲設定手段により設定された上記検索範囲内の上記施設を検索する施設検索手段と、上記施設検索手段により検索された上記施設の上記施設情報を出力用に編集する施設情報編集手段と、上記施設情報編集手段により編集された上記施設情報を、上記出力部に出力する施設情報出力手段と、を更に備えたことを特徴とする。
【0017】
また、本発明の施設情報提供システムは、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した施設情報提供システムにおいて、上記サーバ装置の上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記サーバ装置の上記制御部は、上記端末装置から送信される、カテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段と、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信手段により受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信する推奨縮尺情報送信手段と、を備え、上記端末装置の上記制御部は、利用者により上記入力部を介して上記カテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信手段と、上記サーバ装置から送信される、上記推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信手段と、上記推奨縮尺情報受信手段により受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0018】
また、本発明の施設情報提供システムは、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、利用者により入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を、出力部を介して出力する推奨縮尺出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0019】
また、本発明のサーバ装置は、入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部は、上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段と、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信手段により受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる推奨縮尺情報送信手段と、を備えたことを特徴とする。
【0020】
また、本発明のサーバ装置は、入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部は、上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段と、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信手段により受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を含む表示画面を生成する表示画面生成手段と、上記表示画面生成手段により生成された上記表示画面を表示させるための出力制御情報を上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる出力制御手段と、を備えたことを特徴とする。
【0021】
また、本発明の端末装置は、記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部は、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信手段と、上記サーバ装置から送信される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて算出された、上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信手段と、上記推奨縮尺情報受信手段により受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0022】
また、本発明の施設情報提供方法は、入力部と出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた施設情報提供装置において実行される施設情報提供方法であって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において実行される、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を上記出力部を介して出力させる推奨縮尺出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0023】
また、本発明の施設情報提供方法は、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した施設情報提供システムにおいて実行される施設情報提供方法であって、上記サーバ装置の上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記端末装置の上記制御部において実行される、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、上記カテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信する推奨縮尺情報送信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記サーバ装置から送信される、上記推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記推奨縮尺情報受信ステップにて受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0024】
また、本発明の施設情報提供方法は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、カテゴリ入力制御手段と、推奨縮尺算出手段と、推奨縮尺出力手段と、を備えた施設情報提供システムにおいて実行される施設情報提供方法であって、上記カテゴリ入力制御手段が、利用者により入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、上記推奨縮尺算出手段が、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺出力手段が、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を、出力部を介して出力する推奨縮尺出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0025】
また、本発明の施設情報提供方法は、入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において実行される施設情報提供方法であって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる推奨縮尺情報送信ステップと、を含むことを特徴とする。
【0026】
また、本発明の施設情報提供方法は、入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において実行される施設情報提供方法であって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を含む表示画面を生成する表示画面生成ステップと、上記表示画面生成ステップにて生成された上記表示画面を表示させるための出力制御情報を上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる出力制御ステップと、を含むことを特徴とする。
【0027】
また、本発明の施設情報提供方法は、記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において実行される施設情報提供方法であって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において実行される、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信ステップと、上記サーバ装置から送信される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて算出された、上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信ステップと、上記推奨縮尺情報受信ステップにて受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0028】
また、本発明のプログラムは、入力部と出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた施設情報提供装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を上記出力部を介して出力させる推奨縮尺出力ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0029】
また、本発明のプログラムは、入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において、上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる推奨縮尺情報送信ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0030】
また、本発明のプログラムは、入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において、上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を含む表示画面を生成する表示画面生成ステップと、上記表示画面生成ステップにて生成された上記表示画面を表示させるための出力制御情報を上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる出力制御ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0031】
また、本発明のプログラムは、記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、を備え、上記制御部において、利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信ステップと、上記サーバ装置から送信される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて算出された、上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信ステップと、上記推奨縮尺情報受信ステップにて受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力ステップと、を実行させることを特徴とする。
【発明の効果】
【0032】
この発明によれば、地図情報を記憶し、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶し、利用者により入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御し、記憶する施設情報に基づいて、入力されたカテゴリに該当する所定数の施設が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出し、算出した推奨縮尺を出力部を介して出力させる。これにより、本発明は、所望するPOIが所望の程度存在するような推奨縮尺を提示することができるという効果を奏する。より具体的には、利用者のカテゴリの入力に応じて、所定数の施設が表示領域に含まれるような適切な推奨縮尺を提示するので、利用者にとって何度も縮尺値の変更を強いられる煩雑な操作を省略することができ、周辺施設検索等の利便性が向上する。
【0033】
また、本発明によれば、地図情報の縮尺値を指定させるためのスライドバーを出力部に表示させ、利用者により入力部を介してスライドバー上で指定された位置に対応する縮尺値を取得する場合に、予め算出した推奨縮尺に対応するスライドバー上の位置を強調表示させる。これにより、本発明は、利用者にスライドバーを介して直感的に縮尺値を入力させることができるとともに、利用者の所望のカテゴリの施設が所定数、表示領域に存在するような適切な縮尺値をスライドバー上で提案することができ、利用者の周辺施設検索等に対する利便性がより一層向上するという効果を奏する。
【0034】
また、本発明によれば、地図情報の縮尺値を指定させるために一列に並んだ複数のオブジェクトを出力部に表示させ、利用者により入力部を介して選択されたオブジェクトに対応する縮尺値を取得する場合に、予め算出した推奨縮尺に対応するオブジェクトを強調表示させる。これにより、本発明は、利用者がオブジェクト列により直感的に縮尺値を入力することができるとともに、利用者の所望のカテゴリの施設が所定数、表示領域に存在するような適切な縮尺値をオブジェクト列上で提案することができ、利用者の周辺施設検索等に対する利便性がより一層向上するという効果を奏する。
【0035】
また、本発明によれば、算出した推奨縮尺に対応する表示領域に含まれる施設の施設情報を出力用に編集し、編集した施設情報を出力部に出力するので、縮尺値として推奨縮尺を選択すれば、どのカテゴリの施設がどの程度地図内に含まれるかを予め提示することができるという効果を奏する。
【0036】
また、本発明によれば、入力された縮尺値に基づいて検索範囲を設定し、設定した検索範囲内の施設を検索し、検索した施設の施設情報を出力用に編集し、編集した施設情報を出力部に出力するので、利用者が、推奨縮尺を選ぶ場合と比べて縮尺値を設定すればどの程度施設が増減するか等を、地図の縮尺変更前に予め把握することができるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0037】
【図1】図1は、第1の実施形態における施設情報提供システムの構成の一例を示すブロック図である。
【図2】図2は、第1の実施形態における施設情報提供システムの処理の一例を示すフローチャートである。
【図3】図3は、出力部114に表示される表示画面の一例を示す図である。
【図4】図4は、縮尺入力制御部102fの制御により表示されるスライド式のスケールバー上で、推奨縮尺出力部102eにより強調表示された推奨縮尺の例を示す図である。
【図5】図5は、縮尺入力制御部102fの制御により表示されるオブジェクト列のスケールバー上で、推奨縮尺出力部102eにより強調表示された推奨縮尺の例を示す図である。
【図6】図6は、第2の実施形態におけるサーバ装置200の構成の一例を示すブロック図である。
【図7】図7は、第2の実施形態におけるサーバ装置200の処理の一例を示すフローチャートである。
【図8】図8は、第3の実施形態における施設情報提供装置400の構成の一例を示すブロック図である。
【図9】図9は、第3の実施形態における施設情報提供装置400の処理の一例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0038】
以下に、本発明にかかる施設情報提供システム、サーバ装置、端末装置、施設情報提供方法、および、プログラムの実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、この実施の形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0039】
以下、本発明の構成および処理について、第1の実施形態(施設情報提供システム)、第2の実施形態(サーバ装置(サーバ主導型))、第3の実施形態(施設情報提供装置(スタンドアローン型))の順にて詳細に説明する。
【0040】
[第1の実施形態]
最初に、本発明の第1の実施形態(施設情報提供システム)について、図1乃至図5を参照して以下に説明する。但し、以下に示す第1の実施形態は、本発明の技術思想を具体化するための施設情報提供システムを例示するものであって、本発明をこの施設情報提供システムに特定することを意図するものではなく、特許請求の範囲に含まれるその他の実施形態の施設情報提供システムにも等しく適用し得るものである。例えば、第1の実施形態で例示する施設情報提供システムにおけるサーバ側と端末側の機能分散の形態は以下に限られず、同様の効果や機能を奏し得る範囲において、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。
【0041】
[施設情報提供システムの構成]
まず、第1の実施形態における施設情報提供システムの構成の一例について、図1を参照して以下に説明する。ここで、図1は、第1の実施形態における施設情報提供システムの構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。なお、本実施形態においては、通信型の情報提供を行う施設情報提供システムを具体例として説明するが、本発明はこれに限ることなく、スタンドアローンタイプの施設情報提供システムなどにも適用可能である。
【0042】
図1に示すように、第1の実施形態の施設情報提供システムは、概略的に、施設情報を提供することができるサーバ装置200、および、単数または複数の端末装置100、を通信可能に接続して構成される。なお、図1では、複数の端末装置100のうち一の端末装置100を代表して例示している。ここで、図1に示すように、通信には、一例として、ネットワーク300を介した有線・無線通信等の遠隔通信等を含む。また、これら施設情報提供システムの各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されている。
【0043】
図1に示すように、第1の実施形態の施設情報提供システムにおいて、サーバ装置200は、概略的に、制御部202と記憶部206とを備えており、端末装置100は、位置取得部112と出力部114と入力部116と制御部102と記憶部106とを備える。
【0044】
[サーバ装置200の構成]
ここで、図1において、サーバ装置200は、端末装置100から送信される、カテゴリ情報を受信し、記憶部206に記憶する施設情報に基づいて、受信したカテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の施設が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出し、算出した推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を端末装置100に送信する等の機能を有する。サーバ装置200は、通信制御インターフェース部204を介してネットワーク300を経由し、端末装置100と相互に通信可能に接続されており、制御部202と記憶部206とを備える。制御部202は、各種処理を行う制御手段である。通信制御インターフェース部204は、通信回線や電話回線等に接続されるアンテナやルータ等の通信装置(図示せず)に接続されるインターフェースであり、サーバ装置200とネットワーク300との間における通信制御を行う機能を有する。すなわち、通信制御インターフェース部204は、端末装置100等と通信回線を介してデータを通信する機能を有している。記憶部206は、HDD(Hard Disk Drive)等の固定ディスク装置およびSSD(Solid State Drive)等のストレージ手段であり、各種のデータベースやテーブル(地図データベース206a、および、POIデータベース206b等)を格納する。
【0045】
これら記憶部206の各構成要素のうち、地図データベース206aは、地図情報を記憶する地図情報記憶手段である。ここで、地図データベース206aに記憶される地図情報は、同一の地図情報から拡大縮小等の処理によって複数の縮尺で地図を表すことのできるデータであってもよく、対応する縮尺ごとに格納された地図のデータであってもよい。また、地図データベース206aに記憶される地図情報は、全国および各地方の道路地図や路線図等の地図情報であってもよい。例えば、地図データベース206aに記憶される地図情報は、地図上に表示される地物(例えば、ビルや住宅や駅等の建造物、道路、線路、橋、トンネル、等高線、海岸線や湖岸線等の水涯線、海、河川、湖、池、沼、公園や屋外施設等の地、行政界、行政区域、および、街区等)の形状についての形状データ、地図上に表示される注記(例えば、地名、住所、電話番号、店や公園や駅等の施設名称、名所や旧跡や河川や湖や湾や山や森林等の俗称を含む名称、道路や橋やトンネル等の名称、路線名称、地点情報、および、口コミ情報等)の注記データ、および、地図上に表示される記号(例えば、山、史跡、寺社、学校、病院、工場および墓地等の地図記号、ガソリンスタンド、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、レストラン、銀行および郵便局等の店舗記号、道路上の信号、有料道路の出入口、料金所、サービスエリア、パーキングエリアおよびインターチェンジ等の記号、駐車場、駅、ホテル、美術館および博物館等の施設記号、ならびに、口コミ地点記号等)の記号データ等のデータを含んでいてもよい。ここで、地図情報は、縮尺に従ってメッシュ化された地図情報(例えば、JIS規格の第1〜3次地域区画メッシュデータ、および、100mメッシュデータ等)等であってもよい。また、地図情報は、ラスタ形式、ベクタ形式等の地図描画用の画像データであってもよい。これら地図情報は、地図データベース206aに予め記憶されており、サーバ装置200の制御部202は、定期的にネットワーク300を介して最新のデータを、外部機器600(地図情報を提供する地図提供サーバ等)からダウンロードして地図データベース206aに記憶された地図情報をアップデートしてもよい。
【0046】
また、POIデータベース206bは、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段である。ここで、本実施の形態において、「施設」とは、コンビニエンスストアや郵便局等の建造物や設備に限られず、観光スポットや景勝地などの地点や地物であってもよく、以下の実施形態では、これらを総称して、「POI」と呼ぶ。例えば、POIは、便利な場所や興味のある場所などとして人が知覚する特定の地点や施設等であって、店舗、会社、事務所、公共施設、娯楽施設、および、屋外施設等であってもよい。すなわち、本実施形態において、POIデータベース206bは、施設情報として、POI情報を記憶する。POI情報は、少なくともPOIの地点情報(緯度経度等)およびカテゴリ情報(店舗種別等のカテゴリ属性など)のほか、POIの名称(地点名称)、住所、電話番号、URL、営業時間情報、取扱商品情報、写真データ、クーポン情報、口コミ情報、使用条件、使用可能性、施設規模情報、POIの緯度経度高度、POI ID、および、当該POI情報の更新日時等の情報を含んでいてもよい。ここで、店舗は、例えば、飲食店、食料品店、酒店、タバコ店、百貨店、ショッピングセンター、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、金融機関、郵便局、立体駐車場、および、ホテルや旅館等の宿泊施設等であってもよい。また、公共施設は、例えば、官庁、警察署、交番、消防署、駅、医療機関、美術館、博物館、および、学校等であってもよい。また、娯楽施設は、例えば、映画館、劇場、遊園地、パチンコ店、カジノ、競馬場等であってもよい。また、屋外施設は、バスターミナル、公園、遊園地、キャンプ場、連絡通路、屋外駐車場、および、動物園等であってもよい。なお、カテゴリ情報が規定するカテゴリは、大分類が小分類を含む構成としてもよい。例えば、「お買い物」という大分類は、「生活雑貨/日用品」、「コンビニ」、「スーパー」、「映像/音楽/書籍」、「趣味/スポーツ」、「ショッピングモール/商店街」、「電器/パソコン/カメラ」、「デパート/百貨店」、「子供/ベビー」、「食料品」、「プレイガイド/チケット」、および「その他お買い物」という小分類を含んでもよい。また、POIデータベース206bは、POIに対応したアイコン情報を記憶していてもよい。これらPOI情報は、POIデータベース206bに予め記憶されており、ナビゲーションサーバ200の制御部202は、定期的にネットワーク300を介して最新のデータを外部機器600(例えば、POI情報を提供する施設情報提供サーバなど)等からダウンロードしてPOIデータベース206bに記憶されたPOI情報をアップデートしてもよい。
【0047】
また、制御部202は、OS(Operating System)等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部202は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部202は、機能概念的に、カテゴリ情報受信部202a、推奨縮尺算出部202b、推奨縮尺情報送信部202c、縮尺値受信部202d、検索範囲設定部202e、施設検索部202f、施設情報編集部202g、および、施設情報送信部202hを備える。
【0048】
このうち、カテゴリ情報受信部202aは、端末装置100から送信される、カテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段である。なお、カテゴリ情報受信部202aは、カテゴリ情報として、利用者により入力部116を介して入力されたカテゴリを示す情報とともに、現在位置情報や、現在表示中の地図の中心座標等の中心位置情報、端末装置100の出力部114の地図表示にかかる画面サイズや解像度等を受信してもよい。
【0049】
また、推奨縮尺算出部202bは、POIデータベース206bに記憶された施設情報(POI情報)に基づいて、カテゴリ情報受信部202aにより受信されたカテゴリ情報が示すカテゴリ(すなわち、利用者の所望のカテゴリ)に該当する所定数の施設(POI)が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段である。例えば、推奨縮尺算出部202bは、地図中心や現在位置等の周辺の、利用者の所望のカテゴリのPOIを近い順にPOIデータベース206bから探索し、所定数のPOIが探索されると当該所定数のPOIを含む矩形(表示領域)を表示する場合の縮尺を推奨縮尺として算出してもよい。なお、各縮尺の表示領域を把握するため、推奨縮尺算出部202bは、記憶部206に設定された又は端末装置100から送信された、表示中の地図の中心位置情報や、位置取得部112にて取得された位置情報信号、表示範囲や画面サイズや解像度等を用いてもよい。また、推奨縮尺算出部202bは、順次、検索範囲を拡大させながら当該検索範囲に含まれる所望のカテゴリのPOIを探索していき、所定数に達したときの検索範囲から推奨縮尺を算出してもよい。
【0050】
また、推奨縮尺情報送信部202cは、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、端末装置100に送信する推奨縮尺情報送信手段である。
【0051】
また、縮尺値受信部202dは、端末装置100から送信される、地図情報の縮尺値を受信する縮尺値受信手段である。ここで、縮尺値受信部202dは、縮尺値とともに端末装置100から送信される、入力種別情報(縮尺値の入力が指定か設定かを示す情報等)を受信してもよい。また、縮尺値受信部202dは、縮尺値とともに端末装置100から送信される、現在位置情報や、現在表示中の地図の中心座標等の中心位置情報を受信してもよく、さらに、端末装置100の出力部114の地図表示にかかる画面サイズや解像度等を受信してもよい。
【0052】
また、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより受信された縮尺値に基づいて、検索範囲を設定する検索範囲設定手段である。例えば、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより受信された縮尺値で地図を表示する場合の表示範囲(地図表示領域)を算出して検索範囲として設定してもよい。その際、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより縮尺値とともに受信された中心位置情報に基づく中心位置または現在位置情報に基づく現在位置を中心とした地図の表示範囲を検索範囲として算出してもよい。また、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより縮尺値とともに受信された、端末装置100の出力部114の画面サイズ、および、端末装置100の出力部114の解像度に基づき、縮尺値の地図の地図情報を、端末装置100の出力部114で表示する場合の表示範囲を算出してもよい。なお、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより受信された入力種別情報が縮尺値の指定を示す場合にのみ、当該縮尺値に基づいて検索範囲を設定してもよい。
【0053】
また、施設検索部202fは、検索範囲設定部202eにより設定された検索範囲内の、カテゴリ情報が示すカテゴリに属する施設(POI)をPOIデータベース206bから検索する施設検索手段である。例えば、施設検索部202fは、POIデータベース206bに記憶されたPOI情報の地点情報(緯度経度等)に基づく地点が検索範囲内にある該当カテゴリのPOIを抽出することにより、POI検索を実行してもよい。
【0054】
また、施設情報編集部202gは、施設検索部202fにより検索された施設(POI)の施設情報(POI情報)を出力用に編集する施設情報編集手段である。ここで、施設情報編集部202gは、施設検索部202fにより検索された施設(POI)に代えて、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺に対応する表示領域に含まれる施設(POI)の施設情報(POI情報)を出力用に編集してもよい。施設情報編集部202gは、施設検索部202fにより検索されたPOIを示すアイコンが、利用者の入力に関連付けて所定の位置に表示されるように、POI情報の表示要素を編集してもよい。利用者の入力に関連付けた所定の位置としては、例えば、施設情報編集部202gは、利用者がスケールバー上の位置を指定することにより縮尺値を入力する場合に、指定した位置からPOIを示すアイコンがポップアップ表示されるようにアイコンの表示座標を指定してもよい。また、施設情報編集部202gは、POI情報の表示要素を編集する例として、POI情報のカテゴリに従ったアイコンを生成してもよい。また、施設情報編集部202gは、同じカテゴリに属するPOIが複数あるいは一定数以上ある場合に、単一のアイコンにまとめて表示されるように表示要素を編集してもよく、その際、POI数が併記されるよう編集してもよい。例えば、POI数が8以下の場合では、検索範囲内(同一表示圏内)にコンビニエンスストアが2件あった場合に、それぞれ個別のアイコンで表示されるが、POI数が8を超えた場合には、コンビニエンスストアのカテゴリを示す一つのアイコンにまとめて表示されるように編集してもよい。また、カテゴリの分類に階層があるので、施設情報編集部202gは、大分類で同じカテゴリに属するPOIが一定数以上ある場合に、カテゴリを細分化した小分類のカテゴリごとにPOIのアイコンやPOI数を用意してもよい。例えば、POI数が増えた場合、小分類カテゴリの上に更に大分類カテゴリアイコンを表記して、POI数が一定以上の数になれば、カテゴリ分類が階層構造で示されることとなる。すなわち、縮尺が小さい場合にはPOI数が増加するが、従来と同数のカテゴリ数であれば、縮尺をどれほど小さくしても従来の周辺POI検索よりも工数を増やすことなく利便性を向上させることができる。なお、施設情報編集部202gは、推奨縮尺に基づいて施設検索部202fにより検索されたPOIのPOI情報を、アイコン等の表示要素として編集するのではなく、音声等の音声要素(例えば、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声データ等)として編集してもよい。
【0055】
また、施設情報送信部202hは、施設情報編集部202gにより編集された施設情報(POI情報)を、端末装置100に送信する路線図情報送信手段である。ここで、施設情報送信部202hは、縮尺値受信部202dにより受信された入力種別情報が縮尺値の設定を示す場合、当該縮尺値に従った縮尺の地図情報を地図データベース206aから取得して端末装置100に送信してもよい。
【0056】
[端末装置100の構成]
また、図1において、端末装置100は、利用者により入力部116を介してカテゴリが入力されるよう制御し、入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報をサーバ装置200に送信し、サーバ装置200から送信される、推奨縮尺情報を受信し、受信した推奨縮尺情報を出力部114に出力する等の機能を有する。端末装置100は、例えば、一般に市販されるデスクトップ型またはノート型のパーソナルコンピュータ等の情報処理装置、携帯電話、スマートフォン、PHS、およびPDA等の携帯端末装置、および、走行経路案内や乗換案内等を行なうナビゲーション端末(例えば、カーナビゲーション装置など)等である。ここで、端末装置100は、インターネットブラウザ等を搭載していてもよく、経路案内アプリケーション、乗換案内アプリケーション、および、情報検索アプリケーション等を搭載していてもよい。なお、端末装置100を汎用コンピュータで構成する場合、インターネットブラウザを搭載して、上述のアプリケーションを提供するサーバ装置200に接続することにより経路案内等を実現してもよい。また、端末装置100は、リアルタイムに現在位置取得が行えるよう、GPS機能やIMES機能等を有する位置取得部112を備える。また、端末装置100は、入力部116および出力部114を備える。
【0057】
ここで、出力部114は、例えば、画面表示を行う表示手段(例えば、液晶または有機EL等から構成されるディスプレイおよびモニタ等)であってもよい。また、出力部114は、表示手段に限られず、音声データを音声として出力する音声出力手段(例えば、スピーカ等)であってもよい。また、端末装置100は、カテゴリ等を入力するための、表示画面上の座標入力や数値入力や文字入力等を行うための入力部116(例えば、キー入力部、タッチパネル、キーボード、およびマイク等)を備えていてもよい。また、入出力制御インターフェース部108は、位置取得部112、出力部114、および、入力部116等の制御を行う。ここで、入力部116は、少なくとも二種類の入力が可能な入力手段であってもよい。本実施形態では、この二種類の入力の一方を「指定」と呼び、他方を「設定」と呼ぶ。例えば、入力部116としてマウスを用いる場合、対象座標に対する単なるマウスオーバーを「指定」とし、対象座標に対するクリック操作を「設定」としてもよい。他の例として、入力部116としてタッチパネルを用いた場合、対象座標に対するシングルタップを「指定」とし、対象座標に対するダブルタップを「設定」としてもよい。
【0058】
また、位置取得部112は、例えば、位置発信装置500から発信される位置情報信号を受信する信号受信手段であってもよい。ここで、位置発信装置500は、位置情報信号(GPS信号)を発信するGPS装置であってもよい。また、位置発信装置500は、端末装置100との間で無線通信を行うための装置等である基地局(例えば、携帯電話、自動車電話、および、PHS等の基地局等)であってもよい。また、位置発信装置500は、GPS信号と類似した特徴を持つ位置情報信号を用いて屋内測位を可能とするIMES(Indoor Message System)技術を実現するIMES装置であってもよい。なお、IMES技術は測位衛星システムである準天頂衛星の枠組みから発案されたシステムである。
【0059】
また、位置発信装置500は、屋外で受信したGPS信号を屋内で発信するGPSリピータであってもよい。また、位置発信装置500は、建物(例えば、立体駐車場等)内の各フロアや地下構造物(例えば、地下鉄駅、地下街、地下連絡通路、および地下駐車場等)の各所に任意に設置される小型発信装置であってもよい。なお、この小型発信装置には、設置場所に応じた自己位置情報(位置ID等)が割り振られている。そして、端末装置100が通信可能範囲に入ると、端末装置100は、小型発信装置から送信される自己位置情報を位置情報信号として受信する。この際の通信方式は、例えば、RFID(Radio Frequency Identification)タグシステムやBluetooth(登録商標)等の各種近距離無線方式や、赤外線通信方式等であってもよい。また、位置発信装置500は、無線LANのアクセスポイントであってもよい。本実施形態において、位置取得部112は、無線LAN信号等を受信して、アクセスポイントの識別情報を取得してもよい。そして、制御部102は、位置取得部112にて取得したアクセスポイント固有の識別情報からアクセスポイントの位置を特定して位置情報を取得してもよい。また、本実施形態において、制御部102は、位置取得部112にて取得された位置情報信号から、緯度、経度、および、高さ情報を含む位置情報を算出してもよい。
【0060】
ここで、位置取得部112は、端末装置100の変化量(例えば、ベクトル量等)を検出する、速度センサ、加速度センサ、方位センサ、および、距離センサ等を備えてもよい。ここで、位置取得部112は、速度センサにて速度を検出してもよい。また、位置取得部112は、加速度センサにて加速度を検出してもよい。また、位置取得部112は、方位センサにて方位(例えば、東・西・南・北・天・地等)および傾きを検出してもよい。また、位置取得部112は、距離センサにて移動距離(変位)を検出してもよい。ここで、速度センサは、レーザドップラ振動計等であってもよく、検出したドップラー効果によって生じた周波数の差等から端末装置100の速度を検出してもよい。また、加速度センサは、機械式加速度センサ、FBG光ファイバ式等の光学式加速度センサ、および、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)加速度センサ等の半導体式加速度センサなどであってもよい。また、方位センサには、端末装置100の絶対走行方位を検出する地磁気センサおよび端末装置100の相対走行方位を検出する光ジャイロ等が使用されてもよい。また、方位センサは、地磁気センサと加速度センサを組み合わせることで方位や傾きに関する情報を取得できる電子コンパス等であってもよい。また、距離センサは、端末装置100が車両用の情報処理端末である場合、車軸の回転数に比例してパルス信号を発生させ、パルス信号の数量に比例した移動距離を検出してもよい。
【0061】
また、位置取得部112は、更に、通信装置を備えていてもよく、端末装置100が車両用の情報処理端末である場合、各車両に搭載された当該通信装置の車車間通信から自車位置を示す位置情報を取得してもよい。また、位置取得部112は、地図情報に基づいて端末装置100の利用者の現在位置を示す位置情報を取得してもよい。
【0062】
また、通信制御インターフェース部104は、通信回線や電話回線等に接続されるアンテナやルータ等の通信装置(図示せず)に接続されるインターフェースであり、端末装置100とネットワーク300との間における通信制御を行う機能を有する。すなわち、通信制御インターフェース部104は、サーバ装置200等と通信回線を介してデータを通信する機能を有している。また、ネットワーク300は、端末装置100およびサーバ装置200と、外部の地図提供サーバ等の外部機器600または外部システムとを相互に接続する機能を有し、例えば、インターネット、電話回線網(携帯端末回線網および一般電話回線網等)、イントラネット、または、電力線通信(PLC)等であってもよい。
【0063】
また、記憶部106は、HDDやSSD等の大容量のストレージ手段、および/または、SRAM(Static Random Access Memory)等を用いて構成される小容量高速メモリ(例えば、キャッシュメモリ)等のストレージ手段であり、各種のデータベースやファイルやテーブルを格納してもよい。ここで、記憶部106は、受信した地図情報などの各種のファイル等を一時的に記憶するものであってもよい。
【0064】
また、制御部102は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部102は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部102は、機能概念的に、現在位置情報取得部102a、カテゴリ入力制御部102b、カテゴリ情報送信部102c、推奨縮尺情報受信部102d、推奨縮尺出力部102e、縮尺入力制御部102f、縮尺値送信部102g、施設情報受信部102h、施設情報出力部102j、および、入力判定部102kを備える。
【0065】
このうち、現在位置情報取得部102aは、端末装置100の利用者の現在位置情報を取得する現在位置情報取得手段である。ここで、現在位置情報取得部102aは、端末装置100の利用者の現在位置情報を所定時間(所定周期)ごと(例えば、1秒ごと、または、3分ごと等)に取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号から算出した位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0066】
また、現在位置情報取得部102aは、利用者により入力部116を介して入力された現在位置についての位置座標等の位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。ここで、利用者により入力部116を介して入力された現在位置情報に基づく現在位置は、利用者が現実に存在する位置であってもよく、利用者により任意に選択された仮想の現在位置(一例として、東京にいる利用者により選択された大阪の駅や空港等の任意の地点)であってもよい。例えば、現在位置情報取得部102aは、入力部116を介して利用者に表示部114に表示された地図情報に基づく表示画面上で指定または設定(例えば、タッチパネル式の表示部114でのタップ操作等)させた座標を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0067】
また、カテゴリ入力制御部102bは、利用者により入力部116を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段である。ここで、カテゴリ入力制御部102bは、出力部114と入力部116を連携させてGUI(Graphical User Interface)を実現することにより、利用者にカテゴリ選択チェックボックス等のカテゴリ入力手段を介してカテゴリ等を選択入力させてもよい。そのほか、カテゴリ入力制御部102bは、キーボード等の入力部116を介した文字入力や、マイク等の入力部116を介した音声入力等により、利用者にカテゴリを入力させてもよい。
【0068】
また、カテゴリ情報送信部102cは、カテゴリ入力制御部102bの制御により入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を、サーバ装置200に送信するカテゴリ情報送信手段である。ここで、カテゴリ情報送信部102cは、利用者により入力部116を介して入力されたカテゴリを示す情報のほか、現在位置情報取得部102aにより取得された現在位置情報や、現在表示中の地図の中心座標等の中心位置情報、端末装置100の出力部114の地図表示にかかる画面サイズや解像度等をカテゴリ情報として送信してもよい。
【0069】
また、推奨縮尺情報受信部102dは、サーバ装置200から送信される、推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信手段である。
【0070】
また、推奨縮尺出力部102eは、推奨縮尺情報受信部102dにより受信された推奨縮尺情報を、出力部114を介して出力させる推奨縮尺出力手段である。ここで、推奨縮尺出力部102eは、縮尺入力制御部102fの制御による利用者に入力部116を介して縮尺値を入力させるための、スライド式やオブジェクト列等のスケールバー(縮尺入力手段)に対応付けて推奨縮尺を提示してもよい。例えば、推奨縮尺出力部102eは、縮尺入力制御部102fにより表示されるスケールバー上の、推奨縮尺に対応する位置を強調表示させてもよい。また、推奨縮尺出力部102eは、縮尺入力制御部102fにより表示されるオブジェクト列の、推奨縮尺に対応するオブジェクトを強調表示させてもよい。一例として、推奨縮尺出力部102eは、色や、点滅表示、太さ、拡大等により強調表示を行ってもよい。また、推奨縮尺出力部102eは、推奨縮尺を表示出力することに限らず、スピーカ等の出力部114に音声出力してもよい。
【0071】
また、縮尺入力制御部102fは、利用者により入力部116を介して縮尺値が入力されるよう制御する縮尺入力制御手段である。ここで、縮尺入力制御部102fは、出力部114と入力部116を連携させてGUIを実現することにより、利用者にスケールバー等の縮尺値入力手段を介して縮尺値等を入力させてもよい。例えば、スライド式のスケールバーとして、縮尺入力制御部102fは、縮尺値を入力(指定または設定)させるためのスライドバーを出力部114に表示させ、利用者により入力部116を介してスライドバー上で入力(指定または設定)された位置に対応する縮尺値を取得してもよい。また、オブジェクト列のスケールバーとして、縮尺入力制御部102fは、縮尺値を入力(指定または設定)させるために一列に並んだ複数のオブジェクトを出力部114に表示させ、利用者により入力部116を介して選択(指定または設定による入力)されたオブジェクトに対応する縮尺値を取得してもよい。また、縮尺入力制御部102fは、スケールバーを介して縮尺値を入力させることに限らず、マイク等の入力部116を介した音声入力や、テンキー等の入力部116を介した数値入力等によって、縮尺値を取得してもよい。また、縮尺値とは、地図の縮尺の尺度であって、縮尺比や、縮尺を分数や少数で表したものでもよく、縮尺の度合いをレベルで表した情報であってもよく、更には、単に、詳細地図や広域地図によって表示されることになる表示範囲(地図表示領域)を示す情報であってもよい。例えば、表示範囲としては、地図の左下隅の座標(x1,y1)と右上隅の座標(x2,y2)の組み合わせであってもよく、地図の中心座標(x3,y3)等の中心位置情報とともに地図の縮尺や解像度等を示す情報であってもよい。なお、地図の中心座標は、現在表示中の出力部114に表示される地図の中心座標であってもよく、現在位置情報取得部102aによって取得された最新の現在位置を示す座標であってもよい。
【0072】
また、縮尺値送信部102gは、縮尺入力制御部102fの制御により利用者により入力された縮尺値を、サーバ装置200に送信する縮尺値送信手段である。ここで、縮尺値送信部102gは、縮尺値とともに又は縮尺値として、縮尺入力制御部102fにより取得された中心座標や現在位置等の中心位置情報を送信してもよく、表示範囲や画面サイズや解像度等を送信してもよい。また、縮尺値送信部102gは、後述する入力判定部102kにより判定された入力種別(縮尺値の指定か設定かの種別)を示す入力種別情報を送信してもよい。
【0073】
また、施設情報受信部102hは、サーバ装置200から送信される、施設情報(POI情報等)を受信する施設情報受信手段である。ここで、施設情報受信部102hは、サーバ装置200から送信される、地図情報を受信してもよい。また、施設情報受信部102hは、受信したPOI情報や地図情報等を記憶部106に格納してもよい。
【0074】
また、施設情報出力部102jは、施設情報受信部102hにより受信された施設情報(POI情報)を、出力部114に出力する施設情報出力手段である。例えば、施設情報出力部102jは、施設情報受信部102hにより受信された又は記憶部106に記憶された地図情報に重畳させて、施設情報受信部102hにより受信されたPOI情報の表示要素に基づくアイコン等の描画データ等を出力部114に表示させてもよい。また、施設情報出力部102jは、施設情報受信部102hにより受信された推奨縮尺におけるPOI情報の音声要素に基づく音声データ等に従って、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声を出力部114から音声出力させてもよい。なお、設定した縮尺値に従った地図情報が施設情報受信部102hにより受信された場合は、施設情報出力部102jは、当該地図情報に従って、出力部114を介して現在表示中の地図の縮尺変更を行う。なお、施設情報出力部102jは、出力部114に表示させたアイコン等が指定された場合、当該指定されたアイコンにかかる詳細なPOI情報(POIの名称(地点名称や施設名称等)など)やPOIまでの直線距離等を更に表示させてもよい。なお、施設情報出力部102jは、同じカテゴリに属する複数または一定数以上のPOIを一つのアイコンにまとめて表示している場合に、当該アイコンが指定されたときは、まず当該複数または一定数以上のPOIをリスト表示し、そのリストから特定のPOIが指定された場合に、上述のように詳細なPOIの情報を表示してもよい。さらに、施設情報出力部102jは、詳細表示したPOIが設定された場合に、地図の中心や現在位置から当該POIまでの経路探索を行った結果を地図上に表示してもよい。なお、経路探索は、サーバ装置200が、記憶部206に記憶する交通網を規定したネットワークデータに基づいて経路探索を行い、探索結果の経路情報を端末装置100に送信してもよい。
【0075】
また、入力判定部102kは、縮尺入力制御部102fの制御による縮尺値の入力が、指定か設定かを判断する入力判定手段である。例えば、入力判定部102kは、利用者が入力部116を介して縮尺値を指定(マウスオーバやシングルタップ等)したか設定(クリックやダブルタップ等)したかを判定して、判定結果の入力種別(指定または設定)を示す入力種別情報を生成してもよい。
【0076】
以上で、第1の実施形態における施設情報提供システムの構成の一例の説明を終える。
【0077】
[施設情報提供システムの処理]
次に、このように構成された第1の実施形態における施設情報提供システムの処理の一例について、以下に図2から図5を参照して詳細に説明する。図2は、第1の実施形態における施設情報提供システムの処理の一例を示すフローチャートである。
【0078】
図2に示すように、まず、端末装置100のカテゴリ入力制御部102bは、利用者により入力部116を介してカテゴリが入力されるよう制御する(ステップSA−1)。例えば、カテゴリ入力制御部102bは、キーボード等の入力部116を介した文字入力や、マイク等の入力部116を介した音声入力等により、利用者にカテゴリを選択させてもよい。また、カテゴリ入力制御部102bは、タッチパネル等の出力部114と入力部116を連携させてGUIを実現することにより、利用者にカテゴリ選択チェックボックスを介してカテゴリを入力させてもよい。ここで、図3は、出力部114に表示される表示画面の一例を示す図である。
【0079】
一例として、図3に示すように、端末装置100の出力部114に表示される表示画面は、地図表示領域MA−1と、当該地図表示領域MA−1に重畳表示される、スケールバー表示領域MA−2と、アイコン表示領域MA−3と、カテゴリ選択チェックボックス表示領域MA−4を含んでもよい。このうち、カテゴリ入力制御部102bの制御により表示されるカテゴリ選択チェックボックス表示領域MA−4において、利用者が、マウス等の入力部116を介して、「お買い物」と「グルメ/お酒」を選択すると(チェックボックスにチェック入力を行うと)、図3に示すように、カテゴリ入力制御部102bは、更に、それぞれの小分類のカテゴリを入力するための、「お買い物」カテゴリ選択チェックボックス表示領域MA−41と、「グルメ/お酒」カテゴリ選択チェックボックス表示領域MA−42を表示させてもよい。なお、図3の黒四角で示すように、利用者は、最終的に、「コンビニ」と「ファーストフード/丼物/軽食」のカテゴリを選択している。
【0080】
再び図2に戻り、端末装置100のカテゴリ情報送信部102cは、カテゴリ入力制御部102bの制御により、利用者により入力部116を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を、サーバ装置200に送信する(ステップSA−2)。ここで、カテゴリ情報送信部102cは、利用者により入力されたカテゴリを示す情報のほか、現在位置情報取得部102aにより取得された現在位置情報や、現在表示中の地図の中心座標等の中心位置情報、端末装置100の出力部114の地図表示にかかる画面サイズや解像度等をカテゴリ情報として送信してもよい。
【0081】
そして、サーバ装置200のカテゴリ情報受信部202aは、端末装置100から送信されたカテゴリ情報等を受信する(ステップSA−3)。
【0082】
そして、サーバ装置200の推奨縮尺算出部202bは、POIデータベース206bに記憶されたPOI情報に基づいて、カテゴリ情報受信部202aにより受信されたカテゴリ情報が示すカテゴリ(すなわち、利用者の所望のカテゴリ)に該当する所定数の施設(POI)が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する(ステップSA−4)。例えば、推奨縮尺算出部202bは、POIデータベース206bの各POI情報に含まれる地点情報およびカテゴリ情報を参照して、中心位置情報が示す中心座標等の周辺の、利用者の所望のカテゴリに該当するPOIを探索してもよい。そして、推奨縮尺算出部202bは、現在位置や中心座標等から近い順に該当POIを探索していき、所定数のPOIを探索すると当該所定数のPOIを含む矩形を、端末装置100の出力部114の地図表示領域(図3の地図表示領域MA−1など)に表示した場合の縮尺を推奨縮尺として算出してもよい。また、推奨縮尺算出部202bは、順次、縮尺に対応する検索範囲を拡大させながら(例えば、現在縮尺が1/nとして、1/2n、1/4n、1/8n・・・と変更しながら)当該検索範囲に含まれる所望のカテゴリのPOIを探索していき、所定数に達したときの縮尺値を推奨縮尺として算出してもよい。
【0083】
そして、サーバ装置200の推奨縮尺情報送信部202cは、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、端末装置100に送信する(ステップSA−5)。
【0084】
そして、端末装置100の推奨縮尺情報受信部102dは、サーバ装置200から送信された推奨縮尺情報を受信する(ステップSA−6)。
【0085】
そして、端末装置100の推奨縮尺出力部102eは、推奨縮尺情報受信部102dにより受信された推奨縮尺情報を、出力部114に出力する(ステップSA−7)。ここで、推奨縮尺出力部102eは、縮尺入力制御部102fにより表示されるスライドバー上の、推奨縮尺に対応する位置を強調表示させてもよい。ここで、図4および図5は、縮尺入力制御部102fの制御により表示されるスライド式のスケールバーとオブジェクト列のスケールバー上で、推奨縮尺出力部102eにより強調表示された推奨縮尺の例を示す図である。
【0086】
図4に示すように、一例として、縮尺入力制御部102fが、スライド式のスケールバーを出力部114に表示して、利用者にマウス等の入力部116を介してスケールバー上でスライドバーを移動させて縮尺値を取得する場合、縮尺入力制御部102fは、当該スライドバー上の、推奨縮尺に対応する位置を強調表示させてもよい(図の斜線部)。なお、図4の例では、強調表示とともに、当該推奨縮尺で表示した場合に含まれるPOIのカテゴリを示すアイコンがポップアップ表示されている(図3のアイコン表示領域MA−3参照)。また、図5に示すように、一例として、縮尺入力制御部102fが、オブジェクト列のスケールバーを出力部114に表示して、利用者にマウス等の入力部116を介してスケールバー上でオブジェクトを選択させて縮尺値を取得する場合、推奨縮尺出力部102eは、当該オブジェクト列の中の、推奨縮尺に対応するオブジェクトを強調表示させてもよい。なお、スケールバー(縮尺入力手段)は、図4および図5に図示されるものに限らず、例えば、幹とシンボル(目盛)で表現されるスケールバーであってもよい。また、推奨縮尺出力部102eによる強調表示の態様としては、一例として、色や、点滅表示、太さ、拡大等による強調表示であってもよい。なお、上述の例では、推奨縮尺出力部102eは、推奨縮尺情報を出力部114に表示出力する例について説明したが、これに限らず、推奨縮尺情報をスピーカ等の出力部114に音声出力してもよい。例えば、推奨縮尺出力部102eは、推奨縮尺情報に従って「推奨縮尺は、5万分の1です。」等の音声を出力してもよい。
【0087】
以上が、第1の実施形態における施設情報提供システムの処理の概要である。ここで、上述のように推奨縮尺が出力された以降の処理として、以下に一例として示すように、利用者に、縮尺値を入力させるよう制御し、縮尺値に基づいてPOI情報(POI件数等)を提示してもよい。
【0088】
すなわち、端末装置100の縮尺入力制御部102fは、利用者により入力部116を介して縮尺値が入力されるよう制御し、入力された縮尺値を取得する(ステップSA−8)。例えば、縮尺入力制御部102fは、出力部114と入力部116を連携させてスケールバー等を用いたGUIを提供することにより、利用者に縮尺値を入力させてもよい。例えば、縮尺入力制御部102fは、縮尺値を入力(指定または設定)させるため、図4および図5で上述したようなスライド式やオブジェクト列のスケールバーを出力部114に表示させ、利用者により入力部116を介してスケールバー上で入力(指定または設定)された位置に対応する縮尺値を取得してもよい。なお、縮尺入力制御部102fは、スケールバーを介して縮尺値を入力させることに限らず、マイク等の入力部116を介した音声入力や、テンキー等の入力部116を介した数値入力等によって、縮尺値を取得してもよい。また、このステップSA−8において、入力判定部102kは、縮尺入力制御部102fの制御による縮尺値の入力が、指定か設定かを判断してもよい。例えば、入力判定部102kは、利用者が入力部116を介して縮尺値を指定(マウスオーバやシングルタップ等)したか設定(クリックやダブルタップ等)したかを判定して、判定結果の入力種別(指定または設定)を示す入力種別情報を生成してもよい。
【0089】
そして、端末装置100の縮尺値送信部102gは、縮尺入力制御部102fの制御により利用者により入力部116を介して入力された縮尺値を、サーバ装置200に送信する(ステップSA−9)。ここで、縮尺値送信部102gは、入力判定部102kにより判定された入力種別(縮尺値の指定か設定かの種別)を示す入力種別情報を送信してもよい。
【0090】
そして、サーバ装置200の縮尺値受信部202dは、端末装置100から送信された上述の情報(縮尺値や中心位置情報や入力種別情報等)を受信する(ステップSA−10)。
【0091】
そして、サーバ装置200の検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより受信された縮尺値に基づいて検索範囲を設定する(ステップSA−11)。例えば、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより受信された縮尺値で地図を表示する場合の表示範囲(地図表示領域)を算出して検索範囲として設定してもよい。その際、検索範囲設定部202eは、カテゴリ情報受信部202aによりカテゴリ情報として受信された、中心位置情報に基づく中心座標または現在位置を中心とした地図の表示範囲を検索範囲として算出してもよい。また、検索範囲設定部202eは、端末装置100の出力部114の画面サイズ、および、端末装置100の出力部114の解像度等に基づいて、指定された縮尺値の地図の地図情報の出力部114での表示範囲を算出してもよい。なお、検索範囲設定部202eは、縮尺値受信部202dにより受信された入力種別情報が縮尺値の指定を示す場合にのみ、当該縮尺値に基づいて検索範囲を設定してもよい。
【0092】
そして、サーバ装置200の施設検索部202fは、検索範囲設定部202eにより設定された検索範囲内の、カテゴリ情報により指定されたカテゴリに該当するPOIをPOIデータベース206bから検索する(ステップSA−12)。例えば、施設検索部202fは、POIデータベース206bに記憶されたPOI情報の地点情報(緯度経度等)に基づく地点が検索範囲内にあるPOIを抽出することにより、POI検索を実行してもよい。
【0093】
そして、サーバ装置200の施設情報編集部202gは、施設検索部202fにより検索されたPOIのPOI情報を出力用に編集する(ステップSA−13)。ここで、施設情報編集部202gは、施設検索部202fにより検索されたPOIに代えて又は加えて、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺に対応する表示領域に含まれるPOIのPOI情報を出力用に編集してもよい。一例として、施設情報編集部202gは、施設検索部202fにより検索されたPOIを示すアイコンが、利用者の入力に関連付けて所定の位置に表示(例えば、ポイント位置に対応付けたポップアップ表示)されるように、POI情報の表示要素を編集してもよい。また、施設情報編集部202gは、POI情報のカテゴリに従ったアイコンを生成することで、POI情報の表示要素を編集してもよい。
【0094】
そして、サーバ装置200の施設情報送信部202hは、施設情報編集部202gにより編集されたPOI情報を、端末装置100に送信する(ステップSA−14)。ここで、施設情報送信部202hは、縮尺値受信部202dにより受信された入力種別情報が縮尺値の設定を示す場合、当該縮尺値に従った縮尺の地図情報を地図データベース206aから取得して端末装置100に送信してもよい。
【0095】
そして、端末装置100の施設情報受信部102hは、サーバ装置200から送信されたPOI情報等を受信する(ステップSA−15)。ここで、施設情報受信部102hは、サーバ装置200から送信される、地図情報を受信してもよい。また、施設情報受信部102hは、受信したPOI情報や地図情報等を記憶部106に格納してもよい。
【0096】
そして、端末装置100の施設情報出力部102jは、施設情報受信部102hにより受信されたPOI情報を、出力部114に出力する(ステップSA−16)。例えば、施設情報出力部102jは、施設情報受信部102hにより受信された又は記憶部106に記憶された地図情報に重畳させて、施設情報受信部102hにより受信されたPOI情報の表示要素に基づくアイコン等の描画データ等を出力部114に表示させてもよい(上述した図3のアイコン表示領域MA−3参照)。なお、施設情報出力部102jは、出力部114に表示させたアイコン等が利用者により入力部116を介して指定された場合、当該指定されたアイコンにかかる詳細なPOI情報(POIの名称(地点名称や施設名称等)等)やPOIまでの直線距離等を更に表示させてもよい。なお、施設情報出力部102jは、表示出力することに限らず、施設情報受信部102hにより受信された推奨縮尺におけるPOI情報の音声要素に基づく音声データ等に従って、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声を出力部114から音声出力させてもよい。
【0097】
以上が、第1の実施形態における施設情報提供システムの処理の一例である。なお、上述の例では、ステップSA−4において推奨縮尺を示す推奨縮尺情報が端末装置100に送信される例について説明したが、同時に、当該推奨縮尺に従って検索され編集されたPOI情報が推奨縮尺情報とともに送信されてもよい。また、上述した処理は繰り返し行われてもよい。例えば、利用者が何度か繰り返しカテゴリを入力しなおす毎にリアルタイムに推奨縮尺を提供するようステップSA−1〜SA−7の処理を繰り返してもよい。また、利用者が何度か繰り返し複数の縮尺値を指定する毎にリアルタイムにPOI情報を提供し、最終的に利用者が所望の縮尺値を発見して設定した場合に、POI情報に代えて又はPOI情報とともに当該縮尺値の地図情報が送受信されるようステップSA−8〜SA−16の処理を繰り返してもよい。すなわち、サーバ装置200は、縮尺値の設定を示す入力種別情報を受信した場合に、当該縮尺値の地図情報を端末装置100に送信し、端末装置100は、設定した縮尺値に従った地図情報が施設情報受信部102hにより受信した場合に、施設情報出力部102jの制御により、当該地図情報に従って、出力部114を介して現在表示中の地図の縮尺変更を行ってもよい。
【0098】
[第2の実施形態]
続いて、本発明の第2の実施形態(サーバ装置200(サーバ主導型))について、図6および図7を参照して以下に説明する。ここで、図6は、第2の実施形態におけるサーバ装置200の構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。また、図7は、第2の実施形態におけるサーバ装置200の処理の一例を示すフローチャートである。
【0099】
なお、第2の実施形態においては、サーバ装置200にて端末装置100の出力部114に表示させるデータを生成し、これらのデータを端末装置100に送信することにより、当該端末装置100の出力部114を機能させている。このように、第2の実施形態は、サーバ装置200にてサーバ主導で処理を行う点がその他の実施形態と異なる。
【0100】
[サーバ装置200(サーバ主導型)の構成]
まず、第2の実施形態におけるサーバ装置200(サーバ主導型)の構成の一例について、図6を参照して以下に説明する。
【0101】
図6に示すように、本発明の第2の実施形態のサーバ装置200は、位置取得部112と出力部114と入力部116とを少なくとも備えた端末装置100に通信可能に接続され、制御部202と記憶部206とを少なくとも備える。通信には、一例として、ネットワーク300を介した有線・無線通信等の遠隔通信等を含む。また、これらサーバ装置200および端末装置100の各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されている。
【0102】
図6において、サーバ装置200は、端末装置100から送信される、利用者により入力された地図情報の縮尺値を受信し、受信した縮尺値に基づいて検索範囲を設定し、設定した検索範囲内の施設を検索し、検索した施設の施設情報を出力用に編集し、編集した施設情報を地図情報に重畳させた表示画面を生成し、生成した表示画面を表示させるための出力制御情報を端末装置100に送信することにより、端末装置100の出力部114から当該表示画面を出力させる等の機能を有する。
【0103】
なお、サーバ装置200における通信制御インターフェース部204および記憶部206(地図データベース206a、および、POIデータベース206b等)の機能、また、端末装置100における位置取得部112、出力部114、および、入力部116、並びに、位置発信装置500、ネットワーク300、および、外部機器600の機能は、第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0104】
また、図6において、制御部202は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部202は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部202は、機能概念的に、推奨縮尺算出部202b、検索範囲設定部202e、施設検索部202f、施設情報編集部202g、入力制御部202j、表示画面生成部202k、および、出力制御部202mを備える。なお、推奨縮尺算出部202b、検索範囲設定部202e、施設検索部202f、および、施設情報編集部202gの機能は、第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0105】
このうち、入力制御部202jは、端末装置100から送信される、利用者により入力されたカテゴリや縮尺値等の入力信号を受信する入力制御手段である。例えば、入力制御部202jは、端末装置100から送信される、利用者により入力部116を介して入力されたカテゴリに関する入力信号を受信してカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段として機能する。ここで、入力制御部202jは、GUIを介して利用者にカテゴリや縮尺値等が入力されるようカテゴリ選択チェックボックスやスケールバー等の描画データを端末装置100に送信して出力部114に表示させてもよい。また、入力制御部202jは、カテゴリ情報や縮尺値等を直接受信することに限らず、ポインタの位置情報(座標等)を受信することにより、送信済のカテゴリ選択チェックボックスやスケールバー上で対応するカテゴリや縮尺値等を求めてもよい。例えば、入力制御部202jは、利用者に入力部116を介して、出力部114に表示された表示画面上で指定または設定(例えば、タッチパネル式の出力部114でのタップ操作等)させた座標を入力信号として受信してもよい。なお、入力制御部202jは、マイク等の入力部116から入力された音声信号を受信して、音声解析を行うことによりカテゴリ情報や縮尺値等を取得してもよい。このほか、入力制御部202jは、カテゴリや縮尺値を利用者に入力させることに限らず、同様の方法で、表示中の地図の中心位置情報や、位置取得部112にて取得された位置情報信号、表示範囲や画面サイズや解像度等を取得してもよい。また、入力制御部202jは、受信した入力信号に基づいて、当該入力が指定か設定かの入力種別を判定してもよい。
【0106】
また、表示画面生成部202kは、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺等を含む表示画面を生成する表示画面生成手段である。ここで、表示画面生成部202kは、入力制御部202jの制御による利用者に縮尺値を入力させるための、スライド式やオブジェクト列等のスケールバー(縮尺入力手段)に対応付けて推奨縮尺を提示してもよい。例えば、表示画面生成部202kは、入力制御部202jの制御により表示されるスライドバー上の、推奨縮尺に対応する位置を強調表示させた表示画面を生成してもよい。また、表示画面生成部202kは、入力制御部202jにより表示されるオブジェクト列の、推奨縮尺に対応するオブジェクトを強調表示させた表示画面を生成してもよい。強調表示の一例として、表示画面生成部202kは、対応部分の色変更や、点滅表示、太さ変更、拡大等を行ってもよい。
【0107】
ここで、表示画面生成部202kは、施設情報編集部202gにより編集された施設情報(POI情報)を、地図データベース206aに記憶された地図情報に重畳させた表示画面を生成してもよい。例えば、入力制御部202jにより利用者に指定された縮尺値が取得された場合、表示画面生成部202kは、施設情報編集部202gにより編集されたPOI情報(アイコン等の表示要素等)を、地図データベース206aに記憶された元の縮尺値の地図情報上に重畳させた表示画面を生成してもよい。一方、入力制御部202jにより利用者に設定された縮尺値が取得された場合、表示画面生成部202kは、地図データベース206aに記憶された当該設定後の縮尺値の地図情報による地図を含む表示画面を生成してもよい。なお、その際、表示画面生成部202kは、当該表示画面に表示させる地図範囲内のPOIをPOIデータベース206bから取得し、取得したPOI情報の地点情報に従って当該POIのアイコン等を地図上に重畳させてもよい。ここで、表示画面生成部202kは、地図情報およびPOI情報に従った表示画面に加え、入力制御部202jによる縮尺値等の取得のためのスケールバーを含む表示画面を生成してもよい。
【0108】
また、出力制御部202mは、表示画面生成部202kにより生成された表示画面を表示させるための出力制御情報を端末装置100に送信することにより、端末装置100の出力部114から当該表示画面を出力させる出力制御手段である。ここで、出力制御部202mは、更に、推奨縮尺に基づいて施設情報編集部202gにより編集されたPOI情報の音声要素に従って、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声データを含む出力制御情報を端末装置100に送信することにより、端末装置100の音声出力手段として機能する出力部114を介して音声出力を行わせてもよい。
【0109】
以上で、第2の実施形態におけるサーバ装置200の構成の一例の説明を終える。
【0110】
[サーバ装置200(サーバ主導型)の処理]
次に、このように構成された第2の実施形態におけるサーバ装置200の処理の一例について、以下に図7を参照して詳細に説明する。
【0111】
図7に示すように、まず、端末装置100が利用者により入力部116を介して入力された入力信号をサーバ装置200に送信すると(ステップSB−1)、サーバ装置200の入力制御部202jは、端末装置100から送信された入力信号に基づいて、カテゴリ情報等を取得する(ステップSB−2)。例えば、入力制御部202jは、端末装置100から送信される、利用者により入力部116を介して入力されたカテゴリに関する入力信号を受信してカテゴリ情報を受信してもよい。ここで、入力制御部202jは、GUIを介して利用者にカテゴリが入力されるようカテゴリ選択チェックボックス(図3のMA−4参照)等の描画データを端末装置100に送信して出力部114に表示させてもよい。また、入力制御部202jは、カテゴリ情報を直接受信することに限らず、ポインタの位置情報(座標等)を受信することにより、送信済のカテゴリ選択チェックボックス上でクリック等された座標に対応するカテゴリを求めてもよい。なお、入力制御部202jは、マイク等の入力部116から入力された音声信号を受信して、音声解析を行うことによりカテゴリ情報等を取得してもよい。
【0112】
そして、サーバ装置200の推奨縮尺算出部202bは、POIデータベース206bに記憶された施設情報(POI情報)に基づいて、入力制御部202jにより取得されたカテゴリ情報が示すカテゴリ(すなわち、利用者の所望のカテゴリ)に該当する所定数の施設(POI)が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する(ステップSB−3)。例えば、推奨縮尺算出部202bは、現在位置等の周辺の、利用者の所望のカテゴリのPOIを近い順にPOIデータベース206bから探索し、所定数のPOIが探索されると当該所定数のPOIを含む矩形(表示領域)を表示する場合の縮尺を推奨縮尺として算出してもよい。また、推奨縮尺算出部202bは、順次、検索範囲を拡大させながら当該検索範囲に含まれる所望のカテゴリのPOIを探索していき、所定数に達したときの検索範囲から推奨縮尺を算出してもよい。
【0113】
そして、サーバ装置200の表示画面生成部202kは、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺等を含む表示画面を生成する(ステップSB−4)。ここで、表示画面生成部202kは、入力制御部202jの制御による利用者に縮尺値を入力させるための、スライド式やオブジェクト列等のスケールバー(縮尺入力手段)に対応付けて推奨縮尺を提示してもよい。例えば、表示画面生成部202kは、入力制御部202jの制御により表示されるスライドバー上の、推奨縮尺に対応する位置を強調表示(図4参照)させた表示画面を生成してもよい。また、表示画面生成部202kは、入力制御部202jにより表示されるオブジェクト列の、推奨縮尺に対応するオブジェクトを強調表示(図5参照)させた表示画面を生成してもよい。強調表示の一例として、表示画面生成部202kは、対応部分の色変更や、点滅表示、太さ変更、拡大等を行ってもよい。
【0114】
そして、サーバ装置200の出力制御部202mは、表示画面生成部202kにより生成された表示画面を表示させるための出力制御情報を端末装置100に送信することにより(ステップSB−5)、端末装置100の出力部114から当該表示画面を出力させる(ステップSB−6)。
【0115】
以上が、第2の実施形態におけるサーバ装置200の処理の概要である。ここで、上述のように推奨縮尺が出力された以降の処理として、以下に一例として示すように、利用者に、縮尺値を入力させるよう制御し、縮尺値に基づいてPOI情報(POI件数等)を提示してもよい。
【0116】
すなわち、図7に示すように、端末装置100が利用者により入力部116を介して入力された入力信号をサーバ装置200に送信すると(ステップSB−7)、サーバ装置200の入力制御部202jは、端末装置100から送信された入力信号に基づいて、縮尺値等を取得する(ステップSB−8)。なお、ステップSB−4において上述したように、予め、入力制御部202jは、縮尺値を入力させるためのスケールバー等を、表示画面生成部202kにより表示される表示画面に含めておいてもよい。そして、入力制御部202jは、スケールバーを介して利用者により入力部116を介して入力された入力信号を受信することによりスケールバーの位置に対応する縮尺値を取得してもよい。より具体的には、入力制御部202jは、利用者に入力部116を介して、出力部114に表示された表示画面上で指定または設定(例えば、タッチパネル式の出力部114でのタップ操作等)させた座標を入力信号として受信し、当該入力信号による座標に対応するスケールバーの位置(目盛)等を読み取ることにより縮尺値を得てもよい。なお、これに限られず、入力制御部202jは、マイク等の入力部116から入力された音声信号を受信して、音声解析を行うことにより縮尺値等を取得してもよい。なお、入力制御部202jは、受信した入力信号に基づいて、当該入力が指定か設定かの入力種別を判定してもよい。
【0117】
そして、サーバ装置200は、検索範囲設定部202eの処理により、入力制御部202jにより取得された縮尺値に基づいて検索範囲を設定し(ステップSB−9)、施設検索部202fの処理により、検索範囲設定部202eにより設定された検索範囲内のPOIをPOIデータベース206bから検索し(ステップSB−10)、施設情報編集部202gの処理により、施設検索部202fにより検索されたPOIのPOI情報を出力用に編集する(ステップSB−11)。なお、これらステップSB−9〜SB−11の処理は、上述した第1の実施形態におけるステップSA−11〜SA−13までの処理と同様であるので、具体的な処理の説明を省略する。
【0118】
そして、サーバ装置200の表示画面生成部202kは、施設情報編集部202gにより編集されたPOI情報を地図情報に重畳させた表示画面を生成する(ステップSB−12)。例えば、入力制御部202jにより利用者に指定された縮尺値が取得された場合、表示画面生成部202kは、施設情報編集部202gにより編集されたPOI情報(アイコン等の表示要素等)を、地図データベース206aに記憶された元の縮尺値の地図情報上に重畳させた表示画面を生成してもよい。なお、表示画面生成部202kは、施設検索部202fにより検索されたPOIに代えて又は加えて、推奨縮尺算出部202bにより算出された推奨縮尺に対応する表示領域に含まれるPOIのPOI情報を出力用に編集した表示画面を生成してもよい。また、入力制御部202jにより利用者に設定された縮尺値が取得された場合、表示画面生成部202kは、地図データベース206aに記憶された当該設定後の縮尺値の地図情報による地図上に、当該地図範囲内のPOIデータベース206bから抽出されたPOIのアイコン等を重畳させた表示画面を生成してもよい。ここで、表示画面生成部202kは、地図情報およびPOI情報に従った表示画面に加え、入力制御部202jによる縮尺値等の取得のためのスケールバーを含む表示画面を生成してもよい。
【0119】
そして、サーバ装置200の出力制御部202mは、表示画面生成部202kにより生成された表示画面を表示させるための出力制御情報を端末装置100に送信することにより(ステップSB−13)、端末装置100の出力部114から当該表示画面を出力させる(ステップSB−14)。ここで、出力制御部202mは、更に、推奨縮尺に基づいて施設情報編集部202gにより編集されたPOI情報の音声要素に従って、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声データを含む出力制御情報を端末装置100に送信することにより、端末装置100の音声出力手段として機能する出力部114を介して音声出力を行わせてもよい。
【0120】
以上が、第2の実施形態におけるサーバ装置200の基本的な処理の一例である。ここで、サーバ装置200は、以上のステップSB−1〜SB−6およびステップSB−7〜SB−14の処理を繰り返し行うことにより、利用者の要求(カテゴリを絞り込むための小分類のカテゴリ情報の追加等)や、現在位置情報等の中心位置情報の更新等に応じて、表示された地図や地図上のPOI情報がリアルタイムに更新されるよう制御してもよい。また、上述の例では、表示画面生成部202kは、ステップSB−4において推奨縮尺を強調表示等した表示画面を生成したが、同時に、ステップSB−12で行うように当該推奨縮尺に従って検索され編集したPOI情報を含む表示画面を生成してもよい。
【0121】
[第3の実施形態]
続いて、本発明の第3の実施形態(施設情報提供装置400(スタンドアローン型))について、図8および図9を参照して以下に説明する。ここで、図8は、第3の実施形態における施設情報提供装置400の構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。また、図9は、第3の実施形態における施設情報提供装置400の処理の一例を示すフローチャートである。
【0122】
なお、第3の実施形態においては、全ての機能を施設情報提供装置400に集約し、ネットワーク300を介した施設情報提供システムとして構成することなく、利用者により入力部416を介してカテゴリが入力されるよう制御し、記憶する施設情報に基づいて、入力されたカテゴリに該当する所定数の施設が表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出し、算出した推奨縮尺を出力させる等の機能を有する。このように、第3の実施形態は、施設情報提供装置400がスタンドアローン型に構成され単独で処理を行う点がその他の実施形態と異なる。
【0123】
[施設情報提供装置400(スタンドアローン型)の構成]
まず、第3の実施形態における施設情報提供装置400(スタンドアローン型)の構成の一例について、図8を参照して以下に説明する。
【0124】
図8に示すように、本発明の第3の実施形態の施設情報提供装置400は、位置取得部412と出力部414と入力部416と制御部402と記憶部406とを備える。これら施設情報提供装置400の各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されてもよい。施設情報提供装置400は、例えば、PND(Portable Navigation Device)等の各種ナビゲーション端末、ノート型のパーソナルコンピュータ等の各種情報処理装置、または、携帯電話やPHSやPDA等の携帯端末装置等であってもよい。
【0125】
図8において、入出力制御インターフェース部408、通信制御インターフェース部404、位置取得部412、出力部414、および、入力部416、並びに、ネットワーク300、外部機器600、および、位置発信装置500の各機能は、第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。また、記憶部406の各部(地図データベース406a、および、POIデータベース406b等)についても、サーバ装置200ではなく施設情報提供装置400に備えられている点を除き、各機能が第1の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0126】
また、制御部402の各部については、本実施形態の施設情報提供装置400がスタンドアローン型であり、制御部402が各送信部を備えていない点を除き、各機能は第1の実施形態と基本的に同様である。
【0127】
また、図8において、制御部402は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部402は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部402は、機能概念的に、現在位置情報取得部402a、カテゴリ入力制御部402b、推奨縮尺算出部402c、推奨縮尺出力部402d、縮尺入力制御部402e、検索範囲設定部402f、施設検索部402g、施設情報編集部402h、施設情報出力部402j、入力判定部402k、および、地図出力部402mを備える。このうち、現在位置情報取得部402a、カテゴリ入力制御部402b、推奨縮尺算出部402c、推奨縮尺出力部402d、縮尺入力制御部402e、検索範囲設定部402f、施設検索部402g、施設情報編集部402h、および、入力判定部402kの機能は、第1の実施形態における、現在位置情報取得部102a、カテゴリ入力制御部102b、推奨縮尺算出部202b、推奨縮尺出力部102e、縮尺入力制御部102f、検索範囲設定部202e、施設検索部202f、施設情報編集部202g、および、入力判定部102kの機能と同様であるので説明を省略する。
【0128】
このうち、施設情報出力部402jは、施設情報編集部402hにより出力用に編集された施設情報(POI情報)を、出力部414に出力する施設情報出力手段である。例えば、施設情報出力部402jは、後述する地図出力部402mの制御により出力される地図情報に重畳させて、施設情報編集部402hにより編集されたPOI情報の表示要素に基づくアイコン等の描画データ等を出力部414に出力表示させてもよい。また、施設情報出力部402jは、推奨縮尺に基づいて施設情報編集部402hにより編集された推奨縮尺に従ったPOI情報の音声要素に基づく音声データ等に従って、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声を出力部414から音声出力させてもよい。なお、入力判定部402kにより縮尺値の入力種別が指定と判定された場合のみ、縮尺値に基づいて設定された検索範囲内の編集されたPOI情報を、施設情報出力部402jは、地図出力部402mにより表示される元の縮尺の地図上に重畳させて、出力部414を介して表示出力してもよい。また、出力部414に表示させたPOIのアイコン等が利用者により入力部416を介して指定された場合、施設情報出力部402jは、当該指定されたアイコンにかかる詳細なPOI情報(POIの名称(地点名称や施設名称等)など)やPOIまでの直線距離等を更に表示させてもよい。なお、施設情報出力部402jは、同じカテゴリに属する複数または一定数以上のPOIを一つのアイコンにまとめて表示している場合に、当該アイコンが指定されたときは、まず当該複数または一定数以上のPOIをリスト表示し、そのリストから特定のPOIが指定された場合に、上述のように詳細なPOIの情報を表示してもよい。さらに、施設情報出力部402jは、詳細表示したPOIが設定された場合に、記憶部406に記憶する、交通網を規定したネットワークデータに基づいて、地図の中心や現在位置から当該POIまでの経路探索を行った結果を地図上に表示してもよい。
【0129】
また、地図出力部402mは、地図データベース406aに記憶される地図情報を出力部414を介して出力する地図出力手段である。ここで、地図出力部402mは、入力判定部402kにより縮尺値が設定されたと判定された場合に、当該縮尺値の地図情報を地図データベース406aから取得して出力部414に表示して縮尺変更を行ってもよい。
【0130】
以上で、第3の実施形態における施設情報提供装置400の構成の一例の説明を終える。
【0131】
[施設情報提供装置400(スタンドアローン型)の処理]
次に、このように構成された第3の実施形態における施設情報提供装置400の処理の一例について、以下に図9を参照して詳細に説明する。
【0132】
図9に示すように、まず、カテゴリ入力制御部402bは、利用者により入力部416を介してカテゴリが入力されるよう制御する(ステップSC−1)。ここで、カテゴリ入力制御部402bは、出力部414と入力部416を連携させてGUIを実現することにより、利用者にカテゴリ選択チェックボックス等のカテゴリ入力手段を介してカテゴリ等を選択入力させてもよい。そのほか、カテゴリ入力制御部402bは、キーボード等の入力部416を介した文字入力や、マイク等の入力部416を介した音声入力等により、利用者にカテゴリを入力させてもよい。
【0133】
そして、推奨縮尺算出部402cは、POIデータベース406bに記憶されたPOI情報に基づいて、カテゴリ入力制御部402bの制御により利用者に入力部416を介して入力されたカテゴリに該当する所定数のPOIが表示領域に含まれる地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する(ステップSC−2)。例えば、推奨縮尺算出部402cは、地図中心や現在位置等の周辺の、利用者の所望のカテゴリのPOIを近い順にPOIデータベース406bから探索し、所定数のPOIが探索されると当該所定数のPOIを含む矩形(表示領域)を表示する場合の縮尺を推奨縮尺として算出してもよい。なお、各縮尺の表示領域を把握するため、推奨縮尺算出部402cは、記憶部406に予め設定された又は利用者に入力部416を介して設定させた、表示中の地図の中心位置情報や、表示範囲や画面サイズや解像度、位置取得部412にて取得された位置情報信号等を用いてもよい。また、推奨縮尺算出部402cは、順次、検索範囲を拡大させながら当該検索範囲に含まれる所望のカテゴリのPOIを探索していき、所定数に達したときの検索範囲から推奨縮尺を算出してもよい。
【0134】
そして、推奨縮尺出力部402dは、推奨縮尺算出部402bにより算出された推奨縮尺を、出力部414を介して出力させる(ステップSC−3)。ここで、推奨縮尺出力部402dは、縮尺入力制御部402eの制御による、利用者に入力部416を介して縮尺値を入力させるための、スライド式やオブジェクト列等のスケールバー(縮尺入力手段)に対応付けて推奨縮尺を提示してもよい。例えば、推奨縮尺出力部402dは、縮尺入力制御部402eにより表示されるスケールバー上の、推奨縮尺に対応する位置を強調表示させてもよい。また、推奨縮尺出力部402dは、縮尺入力制御部402eにより表示されるオブジェクト列の、推奨縮尺に対応するオブジェクトを強調表示させてもよい。一例として、推奨縮尺出力部402dは、色や、点滅表示、太さ、拡大等により強調表示を行ってもよい。また、推奨縮尺出力部402dは、推奨縮尺を表示出力することに限らず、スピーカ等の出力部414を介して、「推奨縮尺では、マップ内にコンビニが2件あります。」等の音声を出力してもよい。ここで、施設情報編集部402hは、推奨縮尺算出部402cにより算出された推奨縮尺に対応する表示領域に含まれるPOIのPOI情報を出力用に編集し、推奨縮尺出力部402dは、編集されたPOI情報を出力部414に出力してもよい。
【0135】
以上が、第3の実施形態における施設情報提供装置400の処理の概要である。ここで、上述のように推奨縮尺が出力された以降の処理として、以下に一例として示すように、利用者に、縮尺値を入力させるよう制御し、縮尺値に基づいてPOI情報(POI件数等)を提示してもよい。
【0136】
すなわち、図9に示すように、縮尺入力制御部402eは、利用者により入力部416を介して縮尺値が入力されるよう制御し、入力された縮尺値を取得する(ステップSC−4)。例えば、縮尺入力制御部402eは、出力部414と入力部416を連携させてスケールバー等を用いたGUIを提供することにより、利用者に縮尺値を入力させてもよい。なお、スライド式のスケールバーやオブジェクト列のスケールバー等を用いる場合については上述と同様であるので説明を省略する。なお、縮尺入力制御部402eは、スケールバーを介して縮尺値を入力させることに限らず、マイク等の入力部416を介した音声入力や、テンキー等の入力部416を介した数値入力等によって、縮尺値を取得してもよい。
【0137】
そして、入力判定部402kは、縮尺入力制御部402eの制御による縮尺値の入力が、指定か設定かを判断する(ステップSC−5)。例えば、入力判定部402kは、利用者が入力部416を介して縮尺値を指定(マウスオーバやシングルタップ等)したか設定(クリックやダブルタップ等)したかを判定して、判定結果の入力種別(指定または設定)を判定してもよい。
【0138】
縮尺値が設定ではなく指定されたと入力判定部402kにより判定されると(ステップSC−5、No)、施設情報提供装置400は、検索範囲設定部402fの処理により、縮尺入力制御部402eの制御により入力された縮尺値に基づいて検索範囲を設定し(ステップSC−6)、施設検索部402gの処理により、検索範囲設定部402fにより設定された検索範囲内のPOIをPOIデータベース406bから検索し(ステップSC−7)、施設情報編集部402hの処理により、施設検索部402gにより検索されたPOIのPOI情報を出力用に編集する(ステップSC−8)。なお、これらステップSC−6〜SC−8の処理は、上述した第1の実施形態におけるステップSA−9〜SA−11までの処理と同様であるので、具体的な処理の説明を省略する。
【0139】
そして、施設情報出力部402jは、施設情報編集部402hにより出力用に編集されたPOI情報を、地図出力部402mの制御により出力される縮尺値指定前の地図情報上に重畳させた、表示画面を出力部414に出力する(ステップSC−9)。なお、上述のステップSC−5において、縮尺値が設定されたと入力判定部402kにより判定されると(ステップSC−5、Yes)、地図出力部402mは、設定された縮尺値に従った地図情報を出力部414に出力して縮尺変更を行う(ステップSC−10)。施設情報出力部402jは、一例として、施設情報編集部402hにより編集されたPOI情報の表示要素に基づくアイコン等の描画データ等を出力部414に出力表示させてもよい。なお、出力部414に表示させたPOIのアイコン等が利用者により入力部416を介して指定された場合、施設情報出力部402jは、当該指定されたアイコンにかかる詳細なPOI情報(POIの名称(地点名称や施設名称等)など)やPOIまでの直線距離等を更に表示させてもよい。なお、地図出力部402mは、表示する地図の中心座標を、現在位置情報取得部402aによって取得される現在位置情報の更新に従って変更してもよい。
【0140】
以上で、第3の実施形態における施設情報提供装置400の処理の一例の説明を終える。なお、上述したステップSC−1〜SC−3およびステップSC−4〜SC−10の処理は、繰り返し実行されてもよいものである。
【0141】
[他の実施の形態]
さて、これまで本発明の実施の形態について説明したが、本発明は、上述した実施の形態以外にも、特許請求の範囲に記載した技術的思想の範囲内において種々の異なる実施の形態にて実施されてよいものである。
【0142】
また、実施の形態において説明した各処理のうち、自動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を手動的に行うこともでき、あるいは、手動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を公知の方法で自動的に行うこともできる。
【0143】
このほか、上記文献中や図面中で示した処理手順、制御手順、具体的名称、各処理の登録データや検索条件等のパラメータを含む情報、画面例、データベース構成については、特記する場合を除いて任意に変更することができる。
【0144】
また、端末装置100、サーバ装置200、および、施設情報提供装置400に関して、図示の各構成要素は機能概念的なものであり、必ずしも物理的に図示の如く構成されていることを要しない。
【0145】
例えば、端末装置100、サーバ装置200、および、施設情報提供装置400の各装置が備える処理機能、特に制御部102、制御部202、および、制御部402にて行われる各処理機能については、その全部または任意の一部を、CPU(Central Processing Unit)および当該CPUにて解釈実行されるプログラムにて実現してもよく、また、ワイヤードロジックによるハードウェアとして実現してもよい。尚、プログラムは、後述する記録媒体に記録されており、必要に応じて端末装置100、サーバ装置200、および、施設情報提供装置400に機械的に読み取られる。すなわち、ROMまたはHDDなどの記憶部106、記憶部206、および、記憶部406などには、OS(Operating System)として協働してCPUに命令を与え、各種処理を行うためのコンピュータプログラムが記録されている。このコンピュータプログラムは、RAMにロードされることによって実行され、CPUと協働して制御部を構成する。
【0146】
また、このコンピュータプログラムは、端末装置100、サーバ装置200、および、施設情報提供装置400に対して任意のネットワーク300を介して接続されたアプリケーションプログラムサーバに記憶されていてもよく、必要に応じてその全部または一部をダウンロードすることも可能である。
【0147】
また、本発明に係るプログラムを、コンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納してもよく、また、プログラム製品として構成することもできる。ここで、この「記録媒体」とは、メモリーカード、USBメモリ、SDカード、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、ROM、EPROM、EEPROM、CD−ROM、MO、DVD、および、Blu−ray Disc等の任意の「可搬用の物理媒体」を含むものとする。
【0148】
また、「プログラム」とは、任意の言語や記述方法にて記述されたデータ処理方法であり、ソースコードやバイナリコード等の形式を問わない。なお、「プログラム」は必ずしも単一的に構成されるものに限られず、複数のモジュールやライブラリとして分散構成されるものや、OS(Operating System)に代表される別個のプログラムと協働してその機能を達成するものをも含む。なお、実施の形態に示した各装置において記録媒体を読み取るための具体的な構成、読み取り手順、あるいは、読み取り後のインストール手順等については、周知の構成や手順を用いることができる。
【0149】
記憶部106、記憶部206、および、記憶部406に格納される各種のデータベース等(地図データベース206a,406a、および、POIデータベース206b,406b等)は、RAM、ROM等のメモリ装置、ハードディスク等の固定ディスク装置、フレキシブルディスク、および、光ディスク等のストレージ手段であり、各種処理やウェブサイト提供に用いる各種のプログラム、テーブル、データベース、および、ウェブページ用ファイル等を格納する。
【0150】
また、サーバ装置200は、既知のパーソナルコンピュータ、ワークステーション等の情報処理装置として構成してもよく、また、該情報処理装置に任意の周辺装置を接続して構成してもよい。また、サーバ装置200は、該情報処理装置に本発明の方法を実現させるソフトウェア(プログラム、データ等を含む)を実装することにより実現してもよい。
【0151】
更に、装置の分散・統合の具体的形態は図示するものに限られず、その全部または一部を、各種の付加等に応じて、または、機能負荷に応じて、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。すなわち、上述した実施形態を任意に組み合わせて実施してもよく、実施形態を選択的に実施してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0152】
以上詳述したように、本発明によれば、所望するPOIが所望の程度存在するようにPOIを表示させることができる、施設情報提供装置、施設情報提供システム、サーバ装置、端末装置、施設情報提供方法、および、プログラムを提供することができるので、ナビゲーションを支援する情報機器や情報処理分野などの様々な分野において極めて有用である。
【符号の説明】
【0153】
100 端末装置
102 制御部
102a 現在位置情報取得部
102b カテゴリ入力制御部
102c カテゴリ情報送信部
102d 推奨縮尺情報受信部
102e 推奨縮尺出力部
102f 縮尺入力制御部
102g 縮尺値送信部
102h 施設情報受信部
102i 施設情報出力部
102j 入力判定部
104 通信制御インターフェース部
106 記憶部
108 入出力制御インターフェース部
112 位置取得部
114 出力部
116 入力部
200 サーバ装置
202 制御部
202a カテゴリ情報受信部
202b 推奨縮尺算出部
202c 推奨縮尺情報送信部
202d 縮尺値受信部
202e 検索範囲設定部
202f 施設検索部
202g 施設情報編集部
202h 施設情報送信部
202j 入力制御部
202k 表示画面生成部
202m 出力制御部
204 通信制御インターフェース部
206 記憶部
206a 地図データベース
206b POIデータベース
300 ネットワーク
400 施設情報提供装置
402 制御部
402a 現在位置情報取得部
402b カテゴリ入力制御部
402c 推奨縮尺算出部
402d 推奨縮尺出力部
402e 縮尺入力制御部
402f 検索範囲設定部
402g 施設検索部
402h 施設情報編集部
402j 施設情報出力部
402k 入力判定部
402m 地図出力部
404 通信制御インターフェース部
406 記憶部
406a 地図データベース
406b POIデータベース
408 入出力制御インターフェース部
412 位置取得部
414 出力部
416 入力部
500 位置発信装置
600 外部機器

【特許請求の範囲】
【請求項1】
入力部と出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた施設情報提供装置であって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部は、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を上記出力部を介して出力させる推奨縮尺出力手段と、
を備えたことを特徴とする、施設情報提供装置。
【請求項2】
請求項1に記載の施設情報提供装置において、
上記制御部は、
上記地図情報の縮尺値を指定させるためのスライドバーを上記出力部に表示させ、利用者により上記入力部を介して上記スライドバー上で指定された位置に対応する上記縮尺値を取得する縮尺入力制御手段、
を更に備え、
上記推奨縮尺出力手段は、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺に対応する上記スライドバー上の位置を強調表示させることを特徴とする、施設情報提供装置。
【請求項3】
請求項1に記載の施設情報提供装置において、
上記制御部は、
上記地図情報の縮尺値を指定させるために一列に並んだ複数のオブジェクトを上記出力部に表示させ、利用者により上記入力部を介して選択された上記オブジェクトに対応する上記縮尺値を取得する縮尺入力制御手段、
を更に備え、
上記推奨縮尺出力手段は、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺に対応する上記オブジェクトを強調表示させることを特徴とする、施設情報提供装置。
【請求項4】
請求項2または3に記載の施設情報提供装置において、
上記制御部は、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺に対応する上記表示領域に含まれる上記施設の上記施設情報を出力用に編集する施設情報編集手段と、
上記施設情報編集手段により編集された上記施設情報を、上記出力部に出力する施設情報出力手段と、
を更に備えたことを特徴とする、施設情報提供装置。
【請求項5】
請求項2または3に記載の施設情報提供装置において、
上記制御部は、
上記縮尺入力制御手段の制御により入力された上記縮尺値に基づいて、検索範囲を設定する検索範囲設定手段と、
上記検索範囲設定手段により設定された上記検索範囲内の上記施設を検索する施設検索手段と、
上記施設検索手段により検索された上記施設の上記施設情報を出力用に編集する施設情報編集手段と、
上記施設情報編集手段により編集された上記施設情報を、上記出力部に出力する施設情報出力手段と、
を更に備えたことを特徴とする、施設情報提供装置。
【請求項6】
入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した施設情報提供システムにおいて、
上記サーバ装置の上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記サーバ装置の上記制御部は、
上記端末装置から送信される、カテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段と、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信手段により受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信する推奨縮尺情報送信手段と、
を備え、
上記端末装置の上記制御部は、
利用者により上記入力部を介して上記カテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、
上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信手段と、
上記サーバ装置から送信される、上記推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信手段と、
上記推奨縮尺情報受信手段により受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力手段と、
を備えたことを特徴とする、施設情報提供システム。
【請求項7】
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
利用者により入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を、出力部を介して出力する推奨縮尺出力手段と、
を備えたことを特徴とする、施設情報提供システム。
【請求項8】
入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部は、
上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段と、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信手段により受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる推奨縮尺情報送信手段と、
を備えたことを特徴とする、サーバ装置。
【請求項9】
入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部は、
上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信手段と、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信手段により受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出手段と、
上記推奨縮尺算出手段により算出された上記推奨縮尺を含む表示画面を生成する表示画面生成手段と、
上記表示画面生成手段により生成された上記表示画面を表示させるための出力制御情報を上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる出力制御手段と、
を備えたことを特徴とする、サーバ装置。
【請求項10】
記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部は、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御手段と、
上記カテゴリ入力制御手段の制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信手段と、
上記サーバ装置から送信される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて算出された、上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信手段と、
上記推奨縮尺情報受信手段により受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力手段と、
を備えたことを特徴とする、端末装置。
【請求項11】
入力部と出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた施設情報提供装置において実行される施設情報提供方法であって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において実行される、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を上記出力部を介して出力させる推奨縮尺出力ステップと、
を含むことを特徴とする、施設情報提供方法。
【請求項12】
入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した施設情報提供システムにおいて実行される施設情報提供方法であって、
上記サーバ装置の上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記端末装置の上記制御部において実行される、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、
上記端末装置の上記制御部において実行される、
上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信ステップと、
上記サーバ装置の上記制御部において実行される、
上記端末装置から送信される、上記カテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、
上記サーバ装置の上記制御部において実行される、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記サーバ装置の上記制御部において実行される、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信する推奨縮尺情報送信ステップと、
上記端末装置の上記制御部において実行される、
上記サーバ装置から送信される、上記推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信ステップと、
上記端末装置の上記制御部において実行される、
上記推奨縮尺情報受信ステップにて受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力ステップと、
を含むことを特徴とする、施設情報提供方法。
【請求項13】
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、カテゴリ入力制御手段と、推奨縮尺算出手段と、推奨縮尺出力手段と、を備えた施設情報提供システムにおいて実行される施設情報提供方法であって、
上記カテゴリ入力制御手段が、利用者により入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、
上記推奨縮尺算出手段が、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺出力手段が、上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を、出力部を介して出力する推奨縮尺出力ステップと、
を含むことを特徴とする、施設情報提供方法。
【請求項14】
入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において実行される施設情報提供方法であって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において実行される、
上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる推奨縮尺情報送信ステップと、
を含むことを特徴とする、施設情報提供方法。
【請求項15】
入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において実行される施設情報提供方法であって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において実行される、
上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を含む表示画面を生成する表示画面生成ステップと、
上記表示画面生成ステップにて生成された上記表示画面を表示させるための出力制御情報を上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる出力制御ステップと、
を含むことを特徴とする、施設情報提供方法。
【請求項16】
記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において実行される施設情報提供方法であって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において実行される、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、
上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信ステップと、
上記サーバ装置から送信される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて算出された、上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信ステップと、
上記推奨縮尺情報受信ステップにて受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力ステップと、
を含むことを特徴とする、施設情報提供方法。
【請求項17】
入力部と出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた施設情報提供装置に実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を上記出力部を介して出力させる推奨縮尺出力ステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項18】
入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置に実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において、
上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示すカテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を、上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる推奨縮尺情報送信ステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項19】
入力部と出力部とを少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置に実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において、
上記端末装置から送信される、利用者により上記入力部を介して入力されたカテゴリを示すカテゴリ情報を受信するカテゴリ情報受信ステップと、
上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて、上記カテゴリ情報受信ステップにて受信された上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の縮尺を推奨縮尺として算出する推奨縮尺算出ステップと、
上記推奨縮尺算出ステップにて算出された上記推奨縮尺を含む表示画面を生成する表示画面生成ステップと、
上記表示画面生成ステップにて生成された上記表示画面を表示させるための出力制御情報を上記端末装置に送信することにより、上記端末装置の上記出力部から出力させる出力制御ステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項20】
記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、入力部と出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置に実行させるためのプログラムであって、
上記記憶部は、
地図情報を記憶する地図情報記憶手段と、
少なくとも施設の地点情報およびカテゴリ情報を含む施設情報を記憶する施設情報記憶手段と、
を備え、
上記制御部において、
利用者により上記入力部を介してカテゴリが入力されるよう制御するカテゴリ入力制御ステップと、
上記カテゴリ入力制御ステップにおける制御により入力された上記カテゴリを示す上記カテゴリ情報を、上記サーバ装置に送信するカテゴリ情報送信ステップと、
上記サーバ装置から送信される、上記施設情報記憶手段に記憶された上記施設情報に基づいて算出された、上記カテゴリ情報が示す上記カテゴリに該当する所定数の上記施設が表示領域に含まれる上記地図情報の推奨縮尺を示す推奨縮尺情報を受信する推奨縮尺情報受信ステップと、
上記推奨縮尺情報受信ステップにて受信された上記推奨縮尺情報を、上記出力部に出力する推奨縮尺出力ステップと、
を実行させるためのプログラム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate


【公開番号】特開2012−163738(P2012−163738A)
【公開日】平成24年8月30日(2012.8.30)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−23582(P2011−23582)
【出願日】平成23年2月7日(2011.2.7)
【出願人】(500168811)株式会社ナビタイムジャパン (410)
【Fターム(参考)】