株分け式トレーディングシステム

【課題】カード、シール、メンコ、メダル、フィギュア等のトレード物の交換は、交換した物がなくなるという欠点があった。
【解決手段】トレード物に番号をつけ、インターネット上で所有者を登録する。所有者はトレード物の情報を、携帯情報端末で同じ場所にいる他者1人につき、トレード物1個毎に1回贈与できるようにした。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、カード、シール、メンコ、メダル、フィギュア等、ある程度の文字列の数字・文字・模様が刻印でき、交換(トレーディング)の対象となる物品(トレード物)に関する。
【背景技術】
【0002】
従来のトレーディングは、所持するトレード物を実際に交換する形で行われる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、従来のトレーディングではトレード物を失ってしまう。この事がトレーディングをしにくくさせていた。さらに、トレーディングによって培われる顧客によるコミュニティの発展を阻害していた。そこでこの発明は、トレーディングをしてもトレード物が減らないシステムを提供する事を課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0004】
以上の課題を解決するために、第一発明は顧客を会員登録し、所有するトレード物のトレード物番号と贈与されたトレード物情報のトレード物情報番号を登録するシステムである。
【0005】
第ニ発明は、第一発明と連動し、GPS機能を持つ携帯情報端末で顧客の位置情報を把握、同じ場所にいる他の顧客に登録してあるトレード物情報を贈与するシステムである。この情報の贈与は、1人につきトレード物1個毎に1回だけ行う事ができる。
【発明の効果】
【0006】
第一発明、または第ニ発明によれば、トレード物を失う事なく情報のみを贈与できる。
【発明を実施するための形態】
【0007】
(1)トレード物番号登録システムの概要(図1)
顧客携帯情報端末から情報サーバーにアクセスし、購入したトレード物のトレード物番号を登録する。情報サーバーは、顧客Aのデータに、トレード物番号を登録し、記録する。
【0008】
(2)トレード物情報贈与システムの概要(図2)
顧客Aは、顧客Aの顧客携帯情報端末のGPS機能により、顧客Aと顧客Bが同じ場所にいるかどうかチェックする
【0009】
顧客Aは、顧客Aの顧客携帯情報端末から情報サーバーにアクセスし、トレード物情報を贈与したい相手を選ぶ(この場合は顧客B)。
【0010】
顧客Aは情報サーバーの顧客Aの情報に登録されているトレード物番号の中から、贈与したいものを選ぶ。
【0011】
顧客Aは顧客Aの顧客携帯情報端末から情報サーバーに、トレード物情報贈与申請を送る。
【0012】
情報サーバーは顧客Bのデータにトレード物番号を登録し、記憶する。
【0013】
情報サーバーは顧客Aの顧客携帯情報端末に贈与完了通知を送る。
【0014】
情報サーバーは顧客Bの顧客携帯情報端末にトレード物情報贈与の通知を送る。
【0015】
(3)トレード物番号登録(図3)
本システムにユーザー登録を済ませた顧客Aが、トレード物番号を情報サーバーに登録する場合の処理を説明する。
【0016】
顧客Aは携帯情報端末から情報サーバーにアクセスし、トレード物番号を入力する。
【0017】
情報サーバーは、トレード物番号が正式なものか判断する。
【0018】
正式なものでなかった場合、番号が間違っています画面が表示され、再度トレード物番号入力に戻る。
【0019】
正式なものであった場合、それが未登録のトレード物番号かどうか判断する。
【0020】
未登録でなかった場合、すでに登録済の番号です画面が表示され、再度トレード物番号入力に戻る。
【0021】
未登録の番号であった場合、トレード物番号を顧客Aに記録する。
【0022】
登録が終了したら、登録完了画面を表示する。
【0023】
(5)トレード物情報贈与(図4)
トレード物番号登録を済ませた顧客Aが、トレード物情報番号を顧客Bに贈与する場合の処理を説明する。
【0024】
顧客Aは顧客Bと実際に会い、携帯情報端末の位置情報で同じ位置にいなければならない。
【0025】
顧客Aは、顧客Aの顧客携帯情報端末から情報サーバーにアクセスし、贈与を開始する。
【0026】
情報サーバーは携帯情報端末のGPS機能から顧客Aの近くに登録された顧客がいるかどうか判断する。
【0027】
顧客がいない場合、贈与できる人がいません画面を表示して贈与開始画面に戻る。
【0028】
顧客がいる場合は、贈与できる相手を表示する。顧客Aはその中から贈与したい顧客Bを選択する。
【0029】
顧客Aは贈与したいトレード物を選ぶ。
【0030】
情報サーバーは顧客Bにそのトレード物情報番号が登録されていないか判断する。
【0031】
登録されている場合、すでに贈与済のトレード物です画面を表示して贈与開始画面に戻る。
【0032】
登録されていない場合、顧客Aの携帯情報端末に贈与完了通知が送付される。
【0033】
顧客Bの携帯情報端末にトレード物情報贈与の通知が送付される。
【0034】
顧客Bにそのトレード物情報番号が登録される。
【0035】
このようにしてトレード物情報贈与が行われる。
【他の実施形態】
(図5)
【0036】
情報サーバー上ではトレード物番号とトレード物情報番号を区別せず、ゲーム等の外部で利用する時のみ、両者の情報を区別する。
【図面の簡単な説明】
【0037】
【図1】発明1、トレード物番号登録システムの構成図である。
【図2】発明2、トレード物情報贈与システムの構成図である。
【図3】図1におけるトレード物番号登録手段を示すフローチャートである。
【図4】図2におけるトレード物情報贈与手段を示すフローチャートである。
【図5】他の実施形態におけるトレード物情報番号の管理方法を示す図である。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
カード、シール、メンコ、メダル、フィギュア等、ある程度の文字列の数字・模様が刻印でき、交換(トレーディング)の対象となる物品(トレード物)に番号をつけ、トレード物の番号と、贈与されたトレード物情報の番号をインターネット上で所有者に登録し、管理するシステム。
【請求項2】
請求項1のシステムで登録したトレード物の情報を、携帯情報端末の位置情報で同じ場所にいる人、1人につきトレード物1個毎に1回だけ贈与するシステム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate


【公開番号】特開2013−89214(P2013−89214A)
【公開日】平成25年5月13日(2013.5.13)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−237918(P2011−237918)
【出願日】平成23年10月13日(2011.10.13)
【出願人】(511263507)株式会社エリゴス (1)