比較情報提供装置、比較情報提供システム、サーバ装置、端末装置、比較情報提供方法、および、プログラム

【課題】現在の移動手段を使って移動し続けるか、他の移動手段で移動するかを、適切に判断し得る情報を利用者に提供することができる比較情報提供装置、比較情報提供システム、サーバ装置、端末装置、比較情報提供方法、および、プログラムを提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、交通網を規定するネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索し、探索した車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、ネットワークデータに基づいて探索し、第1経路と第2経路とを比較可能とした比較情報を生成し、出力部に出力する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、比較情報提供装置、比較情報提供システム、サーバ装置、端末装置、比較情報提供方法、および、プログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、車両で移動する場合に発生し得る渋滞等を考慮したナビゲーション装置が開発されている。
【0003】
例えば、特許文献1には、自車両が現在接近しつつある分岐点から所定地点までの複数の経路の所要時間を、渋滞等を考慮して算出して表示するシステムが開示されている。
【0004】
また、特許文献2には、誘導経路上の任意の地点への車両の走行予想時間と、誘導経路上の任意の地点から目的地までの徒歩予想時間を演算し、目的地への走行予想時間よりも、同乗者が降車して目的地に行く徒歩予想時間が少なくなったと判別した場合に、同乗者の降車地点を案内するナビゲーション装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開平7−98796号公報
【特許文献2】特開2004−361325号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、従来のナビゲーション装置においては、同じ目的地までの経路上において、車両を使って移動し続けるか、降車して他の移動手段で移動するかを、利用者が適切に判断し得る情報を提供するものではないという問題点を有していた。
【0007】
例えば、特許文献1に記載のシステムにおいては、同一の移動手段において、複数の経路の所要時間を提示するものの、同一経路上において、複数の移動手段を選択可能な情報を提供するものではないという問題点を有していた。
【0008】
また、特許文献2に記載のナビゲーション装置においては、目的地までの走行予想時間よりも徒歩予想時間が少なくなったと判別した場合に降車案内を行うものの、利用者が車両を利用し続けるか、降車して徒歩で移動するかを、判断する情報を提供するものではないという問題点を有していた。
【0009】
本発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、現在の移動手段を使って移動し続けるか、他の移動手段で移動するかを、適切に判断し得る情報を利用者に提供することができる比較情報提供装置、比較情報提供システム、サーバ装置、端末装置、比較情報提供方法、および、プログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
このような目的を達成するため、本発明の比較情報提供装置は、出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた比較情報提供装置において、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報を上記出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0011】
また、本発明の比較情報提供装置は、上記記載の比較情報提供装置において、上記第2経路探索手段は、上記車両用経路の上記一部の箇所から当該車両用経路の到着地までを上記所定区間として、上記第2経路を探索することを特徴とする。
【0012】
また、本発明の比較情報提供装置は、上記記載の比較情報提供装置において、上記第2経路探索手段は、上記車両用経路の上記一部の箇所から上記経路探索条件の目的地までを上記所定区間として、上記第2経路を探索することを特徴とする。
【0013】
また、本発明の比較情報提供装置は、上記記載の比較情報提供装置において、上記比較情報は、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能にグラフ化した情報であることを特徴とする。
【0014】
また、本発明の比較情報提供装置は、上記記載の比較情報提供装置において、上記制御部は、交通情報を取得する交通情報取得手段、を更に備え、上記第2経路探索手段は、上記第1経路の上記車両用経路において上記交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、上記第2経路を探索し、上記第1経路探索手段は、上記タイミングで、上記第1経路を再探索することを特徴とする。
【0015】
また、本発明の比較情報提供装置は、上記記載の比較情報提供装置において、上記車両用経路は、バスの経路であり、上記一部の箇所は、バス停であることを特徴とする。
【0016】
また、本発明の比較情報提供装置は、上記記載の比較情報提供装置において、上記比較情報は、上記第1経路および上記第2経路の間で、所要時間、移動距離、料金、混雑度、不快度、利用者嗜好適合度、および、天候影響度のうち少なくとも一つについて比較可能とした情報であることを特徴とする。
【0017】
また、本発明の比較情報提供システムは、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段と、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報を出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0018】
また、本発明の比較情報提供システムは、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した比較情報提供システムにおいて、上記サーバ装置の上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記サーバ装置の上記制御部は、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信手段と、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報生成手段により生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信する比較情報送信手段と、を備え、上記端末装置の上記制御部は、上記経路探索条件を上記サーバ装置に送信する経路探索条件送信手段と、上記サーバ装置から送信される、上記比較情報を受信する比較情報受信手段と、上記比較情報受信手段により受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0019】
また、本発明のサーバ装置は、出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信手段と、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報生成手段により生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信することにより、当該比較情報を上記出力部に出力させる比較情報送信手段と、を備えたことを特徴とする。
【0020】
また、本発明の端末装置は、記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信手段と、上記サーバ装置から送信される、上記ネットワークデータに基づいて探索された、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路とを、比較可能として生成された比較情報を受信する比較情報受信手段と、上記比較情報受信手段により受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする。
【0021】
また、本発明の比較情報提供方法は、出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた比較情報提供装置において実行される比較情報提供方法であって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報を上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0022】
また、本発明の比較情報提供方法は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段と、第1経路探索手段と、第2経路探索手段と、比較情報生成手段と、比較情報出力手段と、を備えた比較情報提供システムにおいて実行される比較情報提供方法であって、上記第1経路探索手段が、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記第2経路探索手段が、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記比較情報生成手段が、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報出力手段が、上記比較情報を出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0023】
また、本発明の比較情報提供方法は、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した比較情報提供システムにおいて実行される比較情報提供方法であって、上記サーバ装置の上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記端末装置の上記制御部において実行される、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、上記経路探索条件を受信する経路探索条件受信ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記比較情報生成ステップにて生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信する比較情報送信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記サーバ装置から送信される、上記比較情報を受信する比較情報受信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記比較情報受信ステップにて受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0024】
また、本発明の比較情報提供方法は、出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において実行される比較情報提供方法であって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信ステップと、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報生成ステップにて生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信することにより、当該比較情報を上記出力部に出力させる比較情報送信ステップと、を含むことを特徴とする。
【0025】
また、本発明の比較情報提供方法は、記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において実行される比較情報提供方法であって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信ステップと、上記サーバ装置から送信される、上記ネットワークデータに基づいて探索された、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路とを、比較可能として生成された比較情報を受信する比較情報受信ステップと、上記比較情報受信ステップにて受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする。
【0026】
また、本発明のプログラムは、出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた比較情報提供装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報を上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0027】
また、本発明のプログラムは、出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信ステップと、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報生成ステップにて生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信することにより、当該比較情報を上記出力部に出力させる比較情報送信ステップと、を実行させることを特徴とする。
【0028】
また、本発明のプログラムは、記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信ステップと、上記サーバ装置から送信される、上記ネットワークデータに基づいて探索された、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路とを、比較可能として生成された比較情報を受信する比較情報受信ステップと、上記比較情報受信ステップにて受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を実行させることを特徴とする。
【発明の効果】
【0029】
この発明によれば、交通網を規定するネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索し、車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、ネットワークデータに基づいて探索し、第1経路と第2経路とを比較可能とした比較情報を生成し、比較情報を出力部に出力する。これにより、本発明によれば、同じ目的地までの経路上において、現在の移動手段を使って移動し続けるか、他の移動手段で移動するかを、利用者が適切に判断し得る情報を提供することができるという効果を奏する。より具体的には、従来のように、徒歩での所要時間が車両での所要時間を下回った場合に利用者に通知するのではなく、両者の比較可能な情報を提供することで、徒歩により短縮される時間にそれほど差がない場合や、徒歩での移動量が多い場合など、所要時間が下回ったとしても徒歩での移動が適切でない場合を利用者が適切に判断することができる情報を提供することが可能となる。
【0030】
また、本発明によれば、上記において、車両用経路の一部の箇所から当該車両用経路の到着地までを所定区間として、第2経路を探索するので、そのまま車両に乗っていくか、車両用の経路の途中から降車して到着地まで他の移動手段で移動するかを、利用者が判断可能な情報を適切に提供することができるという効果を奏する。
【0031】
また、本発明によれば、上記において、車両用経路の一部の箇所から経路探索条件の目的地までを所定区間として、第2経路を探索するので、車両に乗っていくか、車両用の経路の途中から降車して目的地まで他の移動手段で移動するかを、利用者が判断可能な情報を適切に提供することができるという効果を奏する。
【0032】
また、本発明によれば、上記において、比較情報は、第1経路と第2経路とを比較可能にグラフ化した情報であるので、車両で移動する場合と車両以外の他の移動手段で移動する場合とを視覚的に分かり易く利用者に提示することができるという効果を奏する。
【0033】
また、本発明によれば、上記において、交通情報を取得し、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索し、同タイミングで、第1経路を再探索するので、事故による通行止めや交通渋滞など車両で走行する上で影響度の高い事象が発生した適切なタイミングで、利用者に、車両以外の他の移動手段を用いる第2経路を提示することができるという効果を奏する。
【0034】
また、本発明によれば、上記において、車両用経路は、バスの経路であり、一部の箇所は、バス停であるので、バスに乗ったまま移動する場合と、バス停で降車して歩く場合とを、利用者が判断可能な情報を適切に提供することができるという効果を奏する。
【0035】
また、本発明によれば、上記において、比較情報は、第1経路および第2経路の間で、所要時間、移動距離、料金、混雑度、不快度、利用者嗜好適合度、および、天候影響度のうち少なくとも一つについて比較可能とした情報であるので、利用者に具体的な指標を比較可能に提示して適切な判断が行われるよう情報を提供することができるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0036】
【図1】図1は、第1の実施形態における比較情報提供システムの構成の一例を示すブロック図である。
【図2】図2は、第1の実施形態における比較情報提供システムの基本処理の一例を示すフローチャートである。
【図3】図3は、バスの経路を含む第1経路、および、徒歩の経路を含む第2経路の一例を模式的に示した図である。
【図4】図4は、第1の実施形態の比較情報提供システムにおけるサーバ装置200のタイミング制御処理の一例を示すフローチャートである。
【図5】図5は、第1経路探索部202bにおいて探索された第1経路の探索情報の表示例を示す図である。
【図6】図6は、第1経路の車両用経路上に発生した渋滞区間を示す図である。
【図7】図7は、比較情報生成部202dにより生成される比較情報の一例を示す図である。
【図8】図8は、比較情報生成部202dにより生成されたグラフ形式の比較情報の一例を示す図である。
【図9】図9は、第1経路と第2経路について目的地までの経路探索結果の比較情報の一例を示す図である。
【図10】図10は、シミュレーションを実行する比較情報の表示例を示す図である。
【図11】図11は、第2の実施形態における比較情報提供装置400の構成の一例を示すブロック図である。
【図12】図12は、第2の実施形態における比較情報提供装置400の処理の一例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0037】
以下に、本発明にかかる比較情報提供装置、比較情報提供システム、サーバ装置、端末装置、比較情報提供方法、および、プログラムの実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、この実施の形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0038】
以下、本発明の構成および処理について、第1の実施形態(比較情報提供システム)、および、第2の実施形態(比較情報提供装置(スタンドアローン型))の順にて詳細に説明する。
【0039】
[第1の実施形態]
最初に、本発明の第1の実施形態(比較情報提供システム)について、図1から図10を参照して説明する。但し、以下に示す第1の実施形態は、本発明の技術思想を具体化するための比較情報提供システムを例示するものであって、本発明をこの比較情報提供システムに特定することを意図するものではなく、特許請求の範囲に含まれるその他の実施形態の比較情報提供システムにも等しく適用し得るものである。例えば、第1の実施形態で例示する比較情報提供システムにおけるサーバ側と端末側の機能分散の形態は以下に限られず、同様の効果や機能を奏し得る範囲において、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。
【0040】
[比較情報提供システムの構成]
まず、第1の実施形態における比較情報提供システムの構成の一例について、図1を参照して説明する。図1は、第1の実施形態における比較情報提供システムの構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。なお、本実施形態においては、通信型のナビゲーションを提供する比較情報提供システムを具体例として説明するが、本発明はこれに限ることなく、スタンドアローンタイプの比較情報提供システムなどにも適用可能である。
【0041】
図1に示すように、本実施形態の比較情報提供システムは、概略的に、経路探索等を行うことができるサーバ装置200、および、経路案内アプリケーションおよび乗換案内アプリケーション等を搭載した単数または複数の端末装置100、を通信可能に接続して構成される。ここで、図1に示すように、通信には、一例として、ネットワーク300を介した有線・無線通信等の遠隔通信等を含む。また、これら比較情報提供システムの各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されている。
【0042】
図1に示すように、第1の実施形態の比較情報提供システムにおいて、サーバ装置200は、概略的に、制御部202と記憶部206とを少なくとも備えており、端末装置100は、位置取得部112と出力部114と入力部116と制御部102と記憶部106とを備える。また、これら比較情報提供システムの各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されている。
【0043】
[サーバ装置200の構成]
ここで、図1において、サーバ装置200は、端末装置100から送信される、経路探索条件を受信し、ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索し、車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、ネットワークデータに基づいて探索し、第1経路と第2経路とを比較可能とした比較情報を生成し、生成した比較情報を端末装置100に送信する等の機能を有する。サーバ装置200は、通信制御インターフェース部204を介してネットワーク300を経由し、端末装置100と相互に通信可能に接続されており、制御部202と記憶部206とを備える。制御部202は、各種処理を行う制御手段である。通信制御インターフェース部204は、通信回線や電話回線等に接続されるアンテナやルータ等の通信装置(図示せず)に接続されるインターフェースであり、サーバ装置200とネットワーク300との間における通信制御を行う機能を有する。すなわち、通信制御インターフェース部204は、端末装置100等と通信回線を介してデータを通信する機能を有している。記憶部206は、HDD(Hard Disk Drive)等の固定ディスク装置およびSSD(Solid State Drive)等のストレージ手段であり、各種のデータベースやテーブル(ネットワークデータベース206a、地図データベース206b、および、交通情報データベース206c等)を格納する。
【0044】
これら記憶部206の各構成要素のうち、ネットワークデータベース206aは、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段である。ここで、ネットワークデータベース206aに記憶されるネットワークデータは、道路ネットワークデータの他、路線網ネットワークデータ等の交通機関の交通ネットワークデータであってもよい。これらネットワークデータは、ネットワークデータベース206aに予め記憶されており、サーバ装置200の制御部202は、定期的に、および/または、制御部202による処理に応じて(例えば、制御部202においてデータが必要となる契機等)、ネットワーク300を介して最新のデータを外部機器600(例えば、ネットワークデータを提供するネットワークデータサーバなど)等からダウンロードしてネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータをアップデートしてもよい。
【0045】
ここで、ネットワークデータベース206aに記憶される道路ネットワークデータは、道路網を規定するネットワークデータであり、例えば、交差点や分岐点等の道路網表現上の結節点であるノードのノードデータと、ノード間の道路区間であるリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータである。ノードデータには、ノード番号、緯度経度等の位置座標、ノード種別、接続するリンク本数、接続ノード番号、信号機や一時停止標識等の車両停止位置、および、交差点名称等を含んでいてもよい。また、リンクデータには、リンク番号、接続する道路の種別、国道や県道や市道等の路線番号、重用する路線情報、リンクの存在する行政区域の属性情報、リンク長、道路供用状況、異常気象時通行規制区間、車重制限、車両高さ制限、幅員、道路幅員区分、車線数、制限速度など交通規制、一時停止標識や踏切直前等の車両停止位置、高架やトンネルや橋等のリンク内属性、所要時間、および、名称等を含んでいてもよい。特に、リンクデータは、当該リンクのリンクコストを含んでいてもよく、例えば、当該道路リンクを通過するのに必要な時間や、距離や、利用運賃料金データ等の料金に関するデータを含んでいてもよい。また、道路ネットワークデータは、交通規制データや利用運賃料金データ等を含んでいてもよい。ここで、交通規制データは、各種の交通規制を定義するデータであり、例えば、道路の損壊や道路工事等による車両通行止、交通の安全を確保するために設置されるコミュニティ・ゾーン等による一般車の進入禁止、および、私有地への接続路であることによる一般車の進入禁止等の情報などを含んでもよい。なお、雨天時等の天候等の変動要因によって、平均通過速度や制限速度に変動がある場合や通行止めとなる場合、それらの速度データ等もリンクデータに格納される。また、利用運賃料金データは、自動車、オートバイ等で移動する場合に消費する燃料料金、高速自動車国道や自動車専用道路等の有料道路の通行料金等を表す情報等であってもよい。なお、有料道路の料金が休日割引やETC割引、高速無料化等に伴って変動する場合、利用運賃料金データは、それら変動する料金データも含む。また、道路ネットワークデータは、自動車、オートバイ、自転車、徒歩等で移動する場合の経路上に存在する施設等の地点の緯度経度情報などの位置情報等を記憶してもよい。なお、ネットワークデータには、ノードとリンクで構成される各案内経路についての評価を行うために、ノード番号やリンク番号等に対応付けて評価用情報が格納されてもよい。一例として、評価用情報として交通規制データは、各種の交通規制を定義するデータであり、例えば、道路の損壊や道路工事等による車両通行止、交通の安全を確保するために設置されるコミュニティ・ゾーン等による一般車の進入禁止、私有地への接続路であることによる一般車の進入禁止等の情報などを含む。
【0046】
ネットワークデータベース206aに記憶される交通ネットワークデータは、電車やバス、飛行機、および、船等の各交通機関(例えば、公共交通機関等)等の路線網等を規定したネットワークデータである。一例として、交通ネットワークデータは、電車の路線網を規定した路線網ネットワークデータであってもよく、バスの路線網を規定した路線網ネットワークデータであってもよい。例えば、ネットワークデータベース206aに記憶される交通ネットワークデータは、電車、飛行機、バス、路面電車、ロープウェイ、モノレール、ケーブルカー、および、船等の各交通機関の路線網を規定するネットワークデータであり、例えば、駅、空港、港、および、停留所(バス停など)等の停止位置などの路線網表現上の結節点であるノードのノードデータと、ノード間を接続する鉄道路線、航空路線、航路、および、バス路線等のリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータである。なお、ノードデータには、ノード番号(例えば、ノードID等)、ノードの名称(例えば、交通機関の停留地点の名称である駅名、停留場名、停車場名、停留所名、空港名、港名、および、ターミナルの名称等)、ノード種別、接続するリンク本数、接続ノード番号、および、線路が交差する駅名、時刻表データおよび、緯度経度高度などの位置座標等の情報を含んでいてもよい。また、リンクデータには、リンク番号(例えば、リンクID等)、開始ノードID、終了ノードID、接続する駅等の種別、リンク長(例えば、距離等)、列車等の路線番号、重用する路線情報、リンクの存在する行政区域の属性情報、道路供用状況、異常気象時通行規制区間、車重制限、車両高さ制限、幅員、道路幅員区分、車線数、平均通過速度、制限速度など交通規制、高架やトンネルおよび橋等のリンク内属性、ならびに、名称(例えば、路線名など)等の情報を含んでいてもよい。なお、雨天時等の天候等の変動要因によって、平均通過速度や制限速度に変動がある場合、それらの速度データもリンクデータに格納される。また、交通ネットワークデータは、交通機関の利用運賃料金データ、および、乗車位置データ等を含んでいてもよい。ここで、利用運賃料金データは、例えば、電車、飛行機、バス、路面電車、ロープウェイ、モノレール、ケーブルカー、および、船等の各交通機関を利用した場合に生じる利用運賃料金等を表す情報等であってもよい。ここで、路線とは、交通機関が通過する出発地と目的地とを結ぶ線であってもよい。また、鉄道とは、ルート上に設置された固定式案内路(レール、および案内軌条など)等に誘導されて走行し、旅客や貨物等を輸送する交通機関であり、例えば、電車、路面電車、ロープウェイ、モノレール、ケーブルカー、および、リニアモーターカー等であってもよい。また、路線網ネットワークデータは、更に、交通機関の種別(例えば、特急、急行、準急、快速、快速急行、通勤特急、通勤快速、通勤急行、区間急行、区間準急、区間快速、各駅停車、および、普通など)に対応したノード(例えば、急行停車駅、準急停車駅、および、快速停車駅等)のノードデータと、当該ノード間を接続する鉄道路線、および、バス路線等のリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータを当該種別に対応付けて含んでいてもよい。また、路線網ネットワークデータは、交通機関の乗降場所(例えば、駅のプラットホーム等)の位置情報(例えば、緯度経度高度等)、形状情報、配置情報(例えば、島式ホームおよび相対式ホーム等)、および、属性情報(例えば、プラットホーム番号などの乗降場所の名称および識別番号等)などを含む乗降場所情報を含んでいてもよい。また、路線網ネットワークデータは、時刻表データや、乗車位置データを含んでいてもよい。ここで、乗車位置データは、例えば、電車、路面電車、モノレール、ケーブルカー、および、リニアモーターカー等の複数の車両が連結した交通機関の乗車位置(一例として、改札口に近い車両、乗換に便利な位置の車両、混雑率の低い車両、および、女性専用車両等)を表す情報等であってもよい。
【0047】
また、ネットワークデータに含まれる時刻表データは、交通機関単位の時刻表の情報(例えば、各交通機関が経由する停留地点の経由時刻を定めた時刻表データ等)であってもよく、停留所単位の時刻表データ(例えば、各停留地点を経由する交通機関の到着時刻を定めた時刻表データ等)であってもよい。なお、時刻表データは、路線または運行便毎の、経由する停留所およびその経由予定時刻に関する情報を含んでいてもよい。ここで、時刻表データは、鉄道、飛行機、バス、および、船等の各交通機関の時刻表を表す情報であってもよい。また、時刻表データは、更に、交通機関の行先情報(例えば、最終行先情報など)、および、交通機関の種別(例えば、特急、急行、準急、快速、快速急行、通勤特急、通勤快速、通勤急行、区間急行、区間準急、区間快速、各駅停車、および、普通など)を含む情報であってもよい。また、時刻表データは、更に、路線上のノード(すなわち、交通機関の停留地点)における交通機関の発着時刻(例えば、出発、経由、および到着の予定時刻など)、交通機関の路線の名称、および、交通機関の路線上のノード(すなわち、交通機関の停留地点)の名称等の属性情報を含む情報であってもよい。また、時刻表データは、交通機関の路線上のノードを結ぶ区間(例えば、一つまたは複数のリンク等)毎に対応付けられた交通機関の属性情報(例えば、種別および行先情報等)を含んでいてもよい。また、時刻表データは、各交通機関の乗降に用いられる乗降場所の名称および識別番号(例えば、プラットホーム番号など)等の乗降場所の属性情報を含んでいてもよい。
【0048】
また、ネットワークデータに含まれる施設内ネットワークデータは、施設内の経路網を規定するネットワークデータである。ここで、施設内ネットワークデータは、例えば、建造物内の店舗、会社、事務所、およびトイレ等の出入口、エレベータおよびエスカレータの乗降口、階段の出入口、飛行機等の搭乗口、駅のプラットホーム上の電車等の乗車位置、ならびに、駅の改札口等の、通路等を接続する結節点であるノードのノードデータと、ノード間を接続する通路、階段、動く歩道、エスカレータ、および、エレベータ等であるリンクのリンクデータとの組み合わせによって表現されるネットワークデータである。ここで、ノードデータには、ノード番号(例えば、ノードID等)、ノードの名称(出入口名および乗降口名等)、緯度経度高度等の位置座標、ノード種別(例えば、出入口、乗降口、通路の曲がり角、および通路の分岐点等)、接続するリンク本数、および、接続ノード番号等の情報を含んでいてもよい。また、リンクデータには、リンク番号(例えば、リンクID等)、開始ノードID、終了ノードID、リンク長、幅員、リンク種別(例えば、ノード間を接続する通路、階段、スロープ、エスカレータ、エレベータ、および動く歩道など)、および、バリアフリー化の情報を含んでいてもよい。ここで、施設とは、駅、オフィスビル、ホテル、デパート、スーパーマーケット、博物館、美術館、学校、水族館、地下通路、立体駐車場、地下駐車場、および、地下街等の屋内建造物であってもよい。また、施設とは、バスターミナル、公園、遊園地、キャンプ場、連絡通路、屋外駐車場、および、動物園等の屋外建造物であってもよい。
【0049】
また、地図データベース206bは、地図の地図情報を記憶する地図情報記憶手段である。ここで、地図情報は、複数の縮尺のラスタ形式の地図描画用の画像、または、ベクタ形式の地図描画用の画像等であってもよい。また、地図情報は、例えば、縮尺に従ってメッシュ化された地図情報(例えば、JIS規格の第1〜3次地域区画メッシュデータ、および、100mメッシュデータ等)等の屋外地図情報であってもよい。また、地図情報は、全国および各地方の道路地図や路線図等の屋外地図情報を含んでいてもよい。また、地図情報は、例えば、高さ情報を持つ建築物(例えば、立体駐車場、駅、デパート、および、学校等)に関するフロア案内地図等の屋内地図情報を更に含んでいてもよい。
【0050】
また、地図データベース206bは、更に、地図上に表示される地図オブジェクトに関する地図オブジェクト情報を記憶していてもよい。ここで、地図オブジェクト情報は、地図上に表示される地物(例えば、ビル、住宅、および、駅等の建造物、道路、線路、橋、トンネル、等高線、海岸線、および、湖岸線等の水涯線、海、河川、湖、池、沼、公園、および、屋外施設等の場地、行政界、行政区域、ならびに、街区等)の形状についての形状情報(ポリゴン、または、ポリライン等)、地図上に表示される注記(例えば、地名、住所、電話番号、店舗、公園、ビル、および、駅等の施設名称、名所、旧跡、河川、湖、湾、山、および、森林等の俗称を含む名称、道路、橋、および、トンネル等の名称、路線名称、地点情報、ならびに、口コミ情報、施設の営業時間、店舗の取扱商品、URL、写真データ、ならびに、クーポン情報等)の注記情報、ならびに、地図上に表示される記号(例えば、山、史跡、寺社、官庁、警察署、交番、消防署、駅、医療機関、美術館、博物館、学校、工場、および、墓地等の地図記号、飲食店、食料品店、酒店、タバコ店、百貨店、ショッピングセンター、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、金融機関、および、郵便局等の店舗記号、道路上の信号、有料道路の出入口、料金所、サービスエリア、パーキングエリア、および、インターチェンジ等の記号、駐車場、駅、ホテル、美術館、および、博物館等の施設記号、ならびに、口コミ地点記号等)の記号情報等のデータを含んでいてもよい。ここで、形状情報は、地図オブジェクト描画用の画像(例えば、ポリゴン、および、ポリライン等)を含んでいてもよい。
【0051】
また、地図データベース206bは、更に、POI(point of interest)の位置情報等を含むPOI情報を記憶していてもよい。ここで、POIの位置(座標)情報は、POIの緯度経度高度、POIの電話番号、POIの住所、ならびに、POIの存在する地点の立地(都市部、郊外、港湾部、および、駅周辺等)および用途制限等を含んでいてもよい。また、POI情報は、POIの名称、種別(カテゴリ)、URL、営業時間、取扱商品、平均価格(例えば、平均使用料金など)、評判、ランキング、立ち寄りやすさ、レコメンドスコア、写真データ、クーポン情報、口コミ(例えば、口コミ評価およびユーザコメントなど)、使用条件、使用可能性、施設規模、POI ID、当該POI情報へのアクセス回数またはアクセス頻度等の参照率、および、当該POI情報の更新日時等の情報を含んでいてもよい。ここで、POIとは、便利な場所や興味のある場所などとして人が知覚する特定の地点および施設等であって、店舗、会社、事務所、公共施設、娯楽施設、および、屋外施設等であってもよい。ここで、店舗は、例えば、飲食店、食料品店、酒店、タバコ店、百貨店、ショッピングセンター、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、金融機関、郵便局、立体駐車場、ならびに、ホテルおよび旅館等の宿泊施設等であってもよい。また、公共施設は、例えば、官庁、警察署、交番、消防署、駅、医療機関、美術館、博物館、および、学校等であってもよい。また、娯楽施設は、例えば、映画館、劇場、遊園地、パチンコ店、カジノ、および、競馬場等であってもよい。また、屋外施設は、バスターミナル、公園、遊園地、キャンプ場、連絡通路、屋外駐車場、および、動物園等であってもよい。また、POIは、一時的に行われるイベント(例えば、祭り、展示会、博覧会、試合、コンサート、および、フリーマーケット等)の会場であってもよい。これら地図情報等は、地図データベース206bに予め記憶されており、サーバ装置200の制御部202は、定期的に、および/または、制御部202による処理に応じて(例えば、制御部202においてデータが必要となる契機等)、ネットワーク300を介して最新のデータを外部機器(例えば、地図情報を提供する地図提供サーバなど)等からダウンロードして地図データベース206bに記憶された地図情報等をアップデートしてもよい。
【0052】
また、交通情報データベース206cは、交通情報を記憶する交通情報記憶手段である。ここで、交通情報は、交通機関の運行情報(例えば、渋滞情報や遅延情報等)を含んでいてもよく、例えば、運行情報は、鉄道運行情報、航空運行情報、船舶運行情報、および、バス運行情報等を含んでいてもよい。また、運行情報は、交通機関の時刻表データ(運行時刻情報)を含んでいてもよい。また、交通情報は、バスや電車等の交通機関の混雑度データであってもよい。例えば、混雑度データは、Felica(登録商標)等の技術を用いた乗車ICカード等によって収集されるデータであってもよい。また、交通情報は、道路交通情報を含んでいてもよい。ここで、道路交通情報は、渋滞発生地点や渋滞距離や道路上の二地点間の通過時間(すなわち、旅行時間など)等の渋滞情報を含んでいてもよい。また、道路交通情報は、交通障害情報や交通規制情報等を含んでいてもよい。ここで、交通規制情報は、各種の交通規制を定義するデータであり、例えば、降水量規制、積雪・凍結規制、超波規制、風速規制、および視程規制等の異常気象時通行規制、高さ規制および重量規制等の車両通行規制、道路工事や作業、道路周辺の工事に伴う工事時規制、時間帯や車種により通行できる通行帯を規制している通行帯規制および道路の損壊等による車両通行止、交通の安全を確保するために設置されるコミュニティ・ゾーン等による一般車の進入禁止、ならびに、私有地への接続路であることによる一般車の進入禁止等の情報などを含んでもよい。また、交通規制情報は、工事、事故、または、車両故障等により車両通行帯等が走行不能または走行困難となる通行規制情報であってもよい。また、これら交通情報は、交通情報データベース206cに予め記憶されており、サーバ装置200の制御部202(後述する交通情報取得部202f等)は、定期的(例えば、5分毎等)に、および/または、制御部202による処理に応じて(例えば、制御部202においてデータが必要となる契機等)、ネットワーク300を介して最新のデータを外部機器600(例えば、警察庁、VICS(Vehicle Information and Communication System)(登録商標)、および、ATiS(Advanced Traffic Information Service)(登録商標)、日本道路交通情報センター(JARTIC)(登録商標)、鉄道会社、および、交通情報配信サーバ(サービス)など)等からダウンロードして交通情報データベース206cに記憶された交通情報をアップデートしてもよい。あるいは、サーバ装置200は、当該外部機器等が能動的に送信した交通情報を受信して、交通情報データベース206cに格納してもよい。
【0053】
また、制御部202は、OS(Operating System)等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部202は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部202は、機能概念的に、経路探索条件受信部202a、第1経路探索部202b、第2経路探索部202c、比較情報生成部202d、比較情報送信部202e、および、交通情報取得部202fを備える。
【0054】
このうち、経路探索条件受信部202aは、端末装置100から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信手段である。ここで、経路探索条件は、少なくとも出発地(現在位置等)と目的地を含んでもよい。なお、出発地は、端末装置100の利用者の現在位置であってもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地、移動手段、出発時刻、経由時刻、到着時刻、および/または、日付等を含んでいてもよい。ここで、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、端末装置100の利用者により端末装置100の入力部116を介して入力されたものであってもよい。
【0055】
また、第1経路探索部202bは、経路探索条件受信部202aにより受信された経路探索条件を満たす経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを用いて探索し、探索した経路を第1経路として生成する第1経路探索手段である。なお、本実施形態において、第1経路探索部202bは、車両用経路を含む経路を第1経路として探索する。ここで、第1経路探索部202bは、経路探索条件を満たす第1経路を、交通情報データベース206cに記憶された交通情報に基づいて探索してもよい。例えば、第1経路探索部202bは、経路探索条件を満たす第1経路を、交通情報データベース206cに記憶された交通情報を参照しながら、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを用いて探索してもよい。一例として、第1経路探索部202bは、ネットワークデータに基づいて、経路探索条件の出発地から目的地まで、リンクコストを算出しながら探索経路を拡散させていくことにより、リンクコストの累積値に基づき最適な経路を算出してもよい。なお、ダイクストラ法やA*(エースター)探索アルゴリズム等の公知の経路探索手法を用いて探索を行ってもよく、そのほか公知の到達圏探索手法を用いることができる。なお、ダイクストラ法は、基準となる起点位置(一般的には、起点位置に近いノード)から、順次、接続されたリンクを辿って次のノードに到達し、辿ったリンクのリンクコスト(距離やリンク通過に要する所要時間等)を積算し、リンクコストが最小となるように次に辿るリンク群(探索経路)を管理しながら、終了条件に達するまで探索経路を広げていくものである。例えば、第1経路探索部202bは、渋滞情報や遅延情報等を加味して、リンクコスト(所要時間等)を計算しながら、経路探索を行ってもよい。
【0056】
ここで、第1経路探索部202bは、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、第1経路の再探索を行ってもよい。影響度は、交通情報の更新の度合い(渋滞や通行止めの発生や混雑度の増加等)に基づいてもよく、既に探索された第1経路に対する影響(所要時間の変化等)であってもよい。さらに、第1経路探索部202bは、経路探索条件受信部202aにより受信される経路探索条件に含まれる現在位置情報の履歴、および、ネットワークデータベース206aに記憶された時刻表情報に基づいて、影響度(定期運行からの遅れ)を算出してもよい。ここで、第1経路探索部202bは、第1経路を再探索する場合の出発地を、経路探索条件受信部202aにより受信される更新された現在位置情報を含む経路探索条件に基づいて再設定してもよく、先に探索した第1経路のネットワークデータに含まれる時刻表データ等に基づいて現在地を推定して設定してもよい。
【0057】
ここで、第1経路探索部202bは、ネットワークデータベース206aに記憶されたバスの路線網ネットワークデータに基づいて、バスの経路を車両用経路として含む第1経路を探索してもよい。この場合、第1経路探索部202bは、路線網ネットワークデータに含まれる時刻表データに基づいて、定期運行時の所要時間等を算出してもよいが、交通情報データベース206cに記憶された交通情報に基づいて定期運行していないと判定した場合等には交通情報を考慮して所要時間等を算出してもよい。なお、経路の情報は、探索した経路を示すリンクデータの組み合わせであってもよく、経路の位置情報や、当該経路を示す画像データ(例えば、ポリライン等)などを含んでいてもよい。
【0058】
また、第2経路探索部202cは、第1経路探索部202bにより探索された車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段である。例えば、第2経路探索部202cは、第1経路探索部202bにより参照された車両用のネットワークデータ(バスの路線網ネットワークデータ等)以外の他の移動手段のネットワークデータ(道路ネットワークデータ等)を用いて、第2経路を探索してもよい。ここで、第2経路探索部202cは、車両用経路の一部の箇所から当該車両用経路の到着地までを所定区間として、第2経路を探索してもよい。また、第2経路探索部202cは、車両用経路の一部の箇所から経路探索条件の目的地までを所定区間として、第2経路を探索してもよい。一例として、第1経路探索部202bにより探索された車両用経路がバスの経路であった場合、第2経路探索部202cは、第1経路の探索結果の路線網ネットワークデータのバス停を表すノードデータ等に基づいて、車両用経路の一部の箇所をバス停として設定して第2経路を探索してもよい。なお、探索手法は、第1経路探索部202bと同様であるので説明を省略する。また、第2経路探索部202cは、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索してもよい。例えば、第2経路探索部202cは、交通情報に基づいて、第1経路の車両用経路上に渋滞を検知し、渋滞による影響度(増加した所要時間等)が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索してもよい。
【0059】
また、比較情報生成部202dは、第1経路探索部202bにより探索された第1経路と、第2経路探索部202cにより探索された第2経路とを、比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段である。また、比較情報生成部202dは、各経路の所要時間や、移動距離、料金、混雑度、不快度、利用者嗜好適合度、天候影響度等の比較用パラメータを算出してもよい。例えば、第1経路探索部202bは、ネットワークデータベース206aに記憶された利用運賃料金データに基づいて料金を算出してもよく、交通情報データベース206cに記憶された混雑度データに基づいて混雑度(後払いの場合における順番待ちの時間等)や不快度(時刻表からの遅れ等)を算出してもよい。また、第1経路探索部202bは、地図データベース206bに記憶されたPOI情報に基づいて、利用者の嗜好に合致するPOIが経路上にあるかに応じて利用者嗜好適合度を算出してもよい。また、第1経路探索部202bは、外部機器600(気象庁や民間気象サービス等のサーバなど)等からダウンロードした天候情報に基づいて天候影響度を算出してもよい。なお、利用者の嗜好は、予め記憶部206に記憶されたものでもよく、経路探索条件受信部202aにより受信される経路探索条件に含まれてもよい。また、比較情報生成部202dは、このように算出した比較用パラメータを、第1経路および第2経路の間で比較可能に提示する情報を比較情報として生成してもよい。また、比較情報生成部202dは、利用者の参照のために、比較用パラメータ以外にも、交通情報の更新等を含む比較情報を生成してもよい。例えば、比較情報生成部202dは、交通情報に基づいて、「案内経路上に○kmの渋滞が発生しましたので、リルートを行いました。」等の音声出力や表示出力を実行させる比較情報を生成してもよい。
【0060】
また、比較情報生成部202dにより生成される比較情報は、第1経路と第2経路とを比較可能にグラフ化した情報であってもよい。例えば、比較情報生成部202dは、上述した比較用パラメータの数値を縦軸に、第1経路の一部の箇所、すなわち第2経路の出発地を横軸に配置したグラフを比較情報として生成してもよい。また、比較情報生成部202dは、比較用パラメータに基づいて、第1経路または第2経路を強調表示させる比較情報を生成してもよい。例えば、第1経路に比べて第2経路の所要時間が短くなる場合に、太字や色や囲み文字や点滅等により強調表示させる比較情報を生成してもよい。また、比較情報生成部202dは、第1経路を進んだ場合と第2経路を進んだ場合とを比較可能に地図上でシミュレーションするため、表示画面上で、第1経路を進む移動体を表すアイコンと、第2経路を進む移動体を表すアイコンとを、時間軸を合わせて同時に表示させる動画データ等の比較情報を生成してもよい。なお、移動体を表すアイコンは、一例として、利用者自身を移動体として表すものや、利用者が利用する交通機関(バス、電車等)を表すもの等である。なお、アイコンの動きは、利用者が利用した際の交通機関の移動を表すほか、利用者が利用する前の交通機関の移動(例えば、乗車予定駅までの電車の動き)を表してもよい。
【0061】
また、比較情報送信部202eは、比較情報生成部202dにより生成された比較情報を端末装置100に送信する比較情報生成手段である。ここで、比較情報送信部202eは、第1経路探索部202bにより探索された第1経路の経路情報を先に送信し、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで生成される第1経路と第2経路の比較情報を、端末装置100に送信してもよい。
【0062】
また、交通情報取得部202fは、交通情報を取得する交通情報取得手段である。交通情報取得部202fは、定期的に、および/または、処理に応じて、ネットワーク300を介して最新の交通情報を外部機器600(例えば、VICS(登録商標)等の交通情報配信サーバ(サービス)など)等からダウンロードして交通情報データベース206cに格納してもよい。ここで、交通情報取得部202fは、当該外部機器600等が能動的に送信した交通情報を受信して、交通情報データベース206cに格納してもよい。
【0063】
[端末装置100の構成]
また、図1において、端末装置100は、経路探索条件をサーバ装置200に送信し、サーバ装置200から送信される、比較情報を受信し、受信した比較情報を、出力部114に出力する等の機能を有する。端末装置100は、例えば、一般に市販されるデスクトップ型またはノート型のパーソナルコンピュータ等の情報処理装置、携帯電話、スマートフォン、PHS、およびPDA等の携帯端末装置、および、走行経路案内等を行うナビゲーション端末(例えば、カーナビゲーション装置など)等である。ここで、端末装置100は、インターネットブラウザ等を搭載していてもよく、経路案内アプリケーション、乗換案内アプリケーション、および情報検索アプリケーション等を搭載していてもよい。また、端末装置100は、リアルタイムに現在位置測位が行えるよう、GPS機能やIMES機能等を有する位置取得部112を備えていてもよい。また、端末装置100は、比較用情報等を出力するための出力部114と、経路探索条件等のデータ入力等を行う入力部116とを備える。
【0064】
ここで、出力部114は、アプリケーション等の表示画面を表示する表示手段(例えば、液晶または有機EL等から構成されるディスプレイおよびモニタ等)であってもよい。また、出力部114は、音声情報を音声として出力する音声出力手段(例えば、スピーカ等)であってもよい。また、入力部116は、例えば、キー入力部、タッチパネル、キーボード、およびマイク等であってもよい。また、入出力制御インターフェース部108は、位置取得部112、出力部114、および、入力部116等の制御を行う。
【0065】
ここで、位置取得部112は、例えば、位置発信装置500から発信される位置情報信号を受信する信号受信手段であってもよい。ここで、位置発信装置500は、位置情報信号(GPS信号)を発信するGPS装置であってもよい。また、位置発信装置500は、端末装置100との間で無線通信を行うための装置等である基地局(例えば、携帯電話、自動車電話、および、PHSの基地局等)であってもよい。また、位置発信装置500は、GPS信号と類似した特徴を持つ位置情報信号を用いて屋内測位を可能とするIMES(Indoor Message System)技術を実現するIMES装置であってもよい。なお、IMES技術は測位衛星システムである準天頂衛星の枠組みから発案されたシステムである。
【0066】
また、位置発信装置500は、屋外で受信したGPS信号を屋内で発信するGPSリピータであってもよい。また、位置発信装置500は、建物(例えば、立体駐車場等)内の各フロアや地下構造物(例えば、地下鉄駅、地下街、地下連絡通路、および地下駐車場等)の各所に任意に設置される小型発信装置であってもよい。なお、この小型発信装置には、設置場所に応じた自己位置情報(位置ID等)が割り振られている。そして、端末装置100が通信可能範囲に入ると、端末装置100は、小型発信装置から送信される自己位置情報を位置情報信号として受信する。この際の通信方式は、例えば、RFID(Radio Frequency Identification)タグシステムやBluetooth(登録商標)等の各種近距離無線方式や、赤外線通信方式等であってもよい。また、位置発信装置500は、無線LANのアクセスポイントであってもよい。本実施形態において、位置取得部112は、無線LAN信号等を受信して、アクセスポイントの識別情報を取得してもよい。そして、制御部102は、位置取得部112にて取得したアクセスポイント固有の識別情報からアクセスポイントの位置を特定して位置情報を取得してもよい。また、本実施形態において、制御部102は、位置取得部112にて取得された位置情報信号から、緯度、経度、および、高さ情報を含む位置情報を算出してもよい。ここで、位置情報は、緯度および経度により特定される絶対位置の他、基準となる位置からの相対位置を示すものであってもよい。
【0067】
ここで、位置取得部112は、端末装置100の変化量(例えば、ベクトル量等)を検出する速度センサ、加速度センサ、方位センサ、および、距離センサ等を備えていてもよい。ここで、位置取得部112は、速度センサにて速度を検出してもよい。また、位置取得部112は、加速度センサにて加速度を検出してもよい。また、位置取得部112は、方位センサにて方位(例えば、東・西・南・北・天・地等)および傾きを検出してもよい。また、位置取得部112は、距離センサにて移動距離(変位)を検出してもよい。ここで、速度センサは、レーザドップラ振動計等であってもよく、検出したドップラー効果によって生じた周波数の差等から端末装置100の速度を検出してもよい。また、加速度センサは、機械式加速度センサ、FBG光ファイバ式等の光学式加速度センサ、および、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)加速度センサ等の半導体式加速度センサなどであってもよい。また、方位センサには、絶対走行方位を検出する地磁気センサ、および、相対走行方位を検出する光ジャイロ等が使用されてもよい。また、方位センサは、地磁気センサと加速度センサを組み合わせることで方位および傾きに関する情報を取得できる電子コンパス等であってもよい。また、距離センサは、端末装置100が車両用の情報処理端末である場合、車軸の回転数に比例してパルス信号を発生させ、パルス信号の数量に比例した移動距離を検出してもよい。
【0068】
また、位置取得部112は、更に、通信装置を備えていてもよく、端末装置100が車両用の情報処理端末である場合、各車両に搭載された当該通信装置の車車間通信から自車位置を示す位置情報を取得してもよい。また、位置取得部112は、地図情報に基づいて端末装置100の利用者の現在位置を示す位置情報を取得してもよい。
【0069】
また、通信制御インターフェース部104は、通信回線や電話回線等に接続されるアンテナやルータ等の通信装置(図示せず)に接続されるインターフェースであり、端末装置100とネットワーク300との間における通信制御を行う機能を有する。すなわち、通信制御インターフェース部104は、サーバ装置200等と通信回線を介してデータを通信する機能を有している。また、ネットワーク300は、端末装置100およびサーバ装置200と、外部の交通情報提供サーバ等の外部機器600とを相互に接続する機能を有し、例えば、インターネット、電話回線網(携帯端末回線網および一般電話回線網等)、イントラネット、または、電力線通信(PLC)等であってもよい。
【0070】
また、記憶部106は、HDDやSSD等の大容量のストレージ手段、および/または、SRAM(Static Random Access Memory)等を用いて構成される小容量高速メモリ(例えば、キャッシュメモリ)等のストレージ手段であり、各種のデータベースやファイルやテーブル(案内データベース106a等)を格納してもよい。ここで、記憶部106は各種データ(比較用情報等)等を一時的に記憶するものであってもよい。
【0071】
また、案内データベース106aは、案内情報(音声案内情報および表示案内情報等)を記憶する案内情報記憶手段である。ここで、案内情報に含まれる表示案内情報は、分岐点等における進行方向等に対応付けられた、右左折等の誘導を画面に表示する矢印ナビゲーションであるターンバイターン(TBT)、および、現在位置が目標物に近づいた旨を知らせる文字データ等であってもよく、例えば、端末装置100の制御部102が表示案内を実行する際に用いられてもよい。また、表示案内情報は、交差点周辺の低縮尺の地図の地図情報(例えば、交差点拡大図等)、道路標識の道路標識画像、および、道路標示の道路表示画像等を含んでいてもよい。また、案内情報に含まれる音声案内情報は、交通状況が変更されたことを示す「周囲の道路状況が変わりました」や、現在位置周辺に渋滞している領域があることを知らせる「この先渋滞しています」、分岐点等における進行方向等に対応付けられた「次の交差点を左に曲がります」、新たな経路が探索されたことを示す「新しいルートが見つかりました。100m先を左折してください。」、現在位置が目的地に近づいた場合に対応付けられた「まもなく目的地周辺です」等の音声情報であってもよく、例えば、端末装置100の制御部102が音声案内を実行する際に用いられてもよい。これら案内情報は、予め案内データベース106aに記憶されており、端末装置100の制御部102は、定期的に、および/または、制御部102による処理に応じて(例えば、制御部102においてデータが必要となる契機等)、ネットワーク300を介して最新のデータを外部機器600(例えば、案内情報を提供する案内情報提供サーバなど)等からダウンロードして案内データベース106aに記憶された案内情報をアップデートしてもよい。
【0072】
制御部102は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部102は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部102は、機能概念的に、現在位置情報取得部102a、経路探索条件送信部102b、比較情報受信部102c、比較情報出力部102d、経路案内情報生成部102e、経路案内部102fを備える。
【0073】
ここで、現在位置情報取得部102aは、端末装置100の利用者の現在位置情報を取得する現在位置情報取得手段である。ここで、現在位置情報取得部102aは、端末装置100の利用者の現在位置情報を所定時間(所定周期)ごと(例えば、1秒ごと、または、3分ごと等)に取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、位置取得部112にて位置発信装置500から受信した位置情報信号から算出した位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。また、現在位置情報取得部102aは、更に、端末装置100の利用者の現在位置情報をサーバ装置200に送信してもよい。
【0074】
また、現在位置情報取得部102aは、利用者により入力部116を介して入力された現在位置についての位置座標等の位置情報を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。ここで、利用者により入力部116を介して入力された現在位置情報に基づく現在位置は、利用者が現実に存在する位置であってもよく、利用者により任意に選択された仮想の現在位置(一例として、東京にいる利用者により選択された大阪の駅や空港等の任意の地点)であってもよい。例えば、現在位置情報取得部102aは、入力部116を介して利用者に出力部114に表示された地図情報に基づく表示画面上で指定(例えば、タッチパネル式の出力部114での指定操作等)させた座標を端末装置100の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0075】
また、経路探索条件送信部102bは、経路探索条件をサーバ装置200に送信する経路探索条件送信手段である。ここで、経路探索条件は、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件であってもよい。なお、経路探索条件の出発地は、現在位置情報取得部102aにより更新される現在位置情報に基づく、端末装置100の利用者の現在位置であってもよい。ここで、経路探索条件送信部102bは、更新される現在位置情報を含む経路探索条件を定期的にサーバ装置200に送信してもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地、移動手段、出発時刻、経由時刻、到着時刻、および/または、日付等を含んでいてもよい。ここで、出発時刻は、現在時刻であってもよい。また、経路探索条件は、端末装置100の利用者により端末装置100の入力部116を介して入力されたものであってもよい。
【0076】
また、比較情報受信部102cは、サーバ装置200から送信される、比較情報を受信する経路情報受信手段である。ここで、比較情報受信部102cは、サーバ装置200から送信される、第1経路や第2経路の経路情報を受信してもよい。なお、比較情報受信部102cは、比較情報および経路情報を記憶部106に格納してもよい。
【0077】
また、比較情報出力部102dは、比較情報受信部102cにより受信された比較情報を、出力部114に出力する比較情報出力手段である。例えば、比較情報出力部102dは、比較情報受信部102cにより受信された比較情報に基づいて、出力部114を介して表示または音声出力を行ってもよい。
【0078】
また、経路案内情報生成部102eは、比較情報受信部102cにより受信された比較情報や第1経路等の経路情報に基づいて経路案内情報を生成する経路案内情報生成手段である。ここで、経路案内情報生成部102eは、比較情報出力部102dにより出力された比較情報に基づいて、利用者により入力部116を介して選択された経路(第1経路または第2経路)について、経路案内情報を生成してもよい。なお、経路案内情報生成部102eは、案内データベース106aに記憶された案内情報に基づいて、案内経路の経路案内情報を生成してもよい。
【0079】
また、経路案内部102fは、経路案内情報生成部102eにより生成された経路案内情報に基づいて、経路案内を行う経路案内手段である。例えば、経路案内部102fは、案内経路について、経路案内情報に基づく音声案内や表示案内を実行してもよい。なお、経路案内部102fは、経路案内を行う際、経路案内情報に含まれる、経路情報、地図情報、および/または、案内情報に含まれるTBT等の表示案内情報を、出力部114に表示させてもよい。また、経路案内部102fは、更に、現在位置情報取得部102aにより更新される現在位置情報を出力部114に出力してもよい。例えば、経路案内部102fは、経路案内情報に含まれる地図情報上に、経路案内情報に含まれる経路情報、および/または端末装置100の利用者の現在位置を重畳して出力部114に表示させてもよい。また、経路案内部102fは、表示画面に対応した音声情報(経路案内情報に含まれる案内経路上の分岐点等における進行方向等に対応付けられた音声案内情報等)を出力部114に音声出力してもよい。
【0080】
以上で、第1の実施形態における比較情報提供システムの構成の一例の説明を終える。
【0081】
[比較情報提供システムの処理]
次に、このように構成された第1の実施形態における比較情報提供システムの処理について、以下に図2から図10を参照して詳細に説明する。
【0082】
[基本処理]
まず、第1の実施形態における比較情報提供システムの基本処理の一例について、以下に図2および図3を参照して説明する。図2は、第1の実施形態における比較情報提供システムの基本処理の一例を示すフローチャートである。
【0083】
図2に示すように、まず、端末装置100の経路探索条件送信部102bは、経路探索条件を設定する(ステップSA−1)。例えば、経路探索条件送信部102bは、少なくとも出発地と目的地を含む経路探索条件を設定してもよい。なお、経路探索条件送信部102bは、現在位置情報取得部102aにより取得された現在位置情報に基づく現在位置を、経路探索条件の出発地に設定してもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地、移動手段、出発時刻、経由時刻、到着時刻、および/または、日付等を含んでいてもよい。ここで、出発時刻は、現在時刻であってもよい。なお、経路探索条件送信部102bは、利用者に端末装置100の入力部116を介して経路探索条件を入力させてもよい。
【0084】
そして、端末装置100の経路探索条件送信部102bは、設定した経路探索条件をサーバ装置200に送信する(ステップSA−2)。なお、この処理以降も、経路探索条件送信部102bは、更新される現在位置情報を含む経路探索条件を、定期的に又は更新毎にサーバ装置200に送信してもよい。
【0085】
そして、サーバ装置200の経路探索条件受信部202aは、端末装置100から送信された経路探索条件を受信する(ステップSA−3)。
【0086】
そして、サーバ装置200の第1経路探索部202bは、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに基づいて、経路探索条件受信部202aにより受信された経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する(ステップSA−4)。例えば、第1経路探索部202bは、ネットワークデータベース206aに記憶されたバスの路線網ネットワークデータに基づいて、バスの経路を車両用経路として含む第1経路を探索してもよい。
【0087】
そして、サーバ装置200の第2経路探索部202cは、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに基づいて、第1経路探索部202bにより探索された車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を探索する(ステップSA−5)。例えば、第2経路探索部202cは、第1経路探索部202bによりバスの路線網ネットワークデータ以外の他の移動手段のネットワークデータ(例えば、道路ネットワークデータ等)を用いて、徒歩用の第2経路を探索してもよい。ここで、第2経路探索部202cは、車両用経路の一部の箇所(バス停など)から当該車両用経路の到着地(第1経路で降車案内を行うバス停など)までを所定区間として、第2経路を探索してもよい。また、第2経路探索部202cは、車両用経路の一部の箇所(バス停など)から経路探索条件の目的地までを所定区間として、第2経路を探索してもよい。一例として、第1経路探索部202bにより探索された車両用経路がバスの経路であった場合、第2経路探索部202cは、第1経路の探索結果の路線網ネットワークデータにおいてバス停を表すノードデータに基づいて、バス停を車両用経路の一部の箇所として設定して第2経路を探索してもよい。なお、第1経路探索部202bは、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索してもよい。ここで、図3は、バスの経路を含む第1経路、および、徒歩の経路を含む第2経路の一例を模式的に示した図である。なお、R1は、第1経路、R2は、第2経路を示し、BS0〜4は、バス停を示している。
【0088】
図3に示すように、第1経路探索部202bによりバス停BS0〜BS4を通るバスの経路を含む第1経路が探索された場合、第2経路探索部202cは、バスの経路の一部の箇所のバス停BS1から目的地である駅までの第2経路の探索を行う。なお、この例では、バス停BS1のみからの経路を示しているが、第2経路探索部202cは、各バス停BS0〜3から目的地(駅)までの第2経路の候補をそれぞれ探索してもよく、所要時間等のリンクコストに基づいて適切な候補を第2経路として選択してもよい。また、図3に渋滞区間として示すように、第2経路探索部202cは、第1経路上のバス区間において渋滞が発生した場合など影響度が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索してもよい。その際、第1経路探索部202bは、渋滞を考慮して第1経路の再探索を行ってもよい。
【0089】
再び図2に戻り、サーバ装置200の比較情報生成部202dは、第1経路探索部202bにより探索された第1経路と、第2経路探索部202cにより探索された第2経路とを、比較可能とした比較情報を生成する(ステップSA−6)。なお、比較情報生成部202dは、第1経路探索部202bおよび第2経路探索部202cによりリンクコストとして算出される場合のほか、各経路の所要時間や、移動距離、料金、混雑度、不快度、利用者嗜好適合度、天候影響度等の比較用パラメータを算出してもよい。例えば、第1経路探索部202bは、ネットワークデータベース206aに記憶された利用運賃料金データに基づいて料金を算出してもよく、交通情報データベース206cに記憶された混雑度データに基づいて混雑度(後払いの場合における順番待ちの時間等)や不快度(時刻表からの遅れ等)を算出してもよい。また、第1経路探索部202bは、地図データベース206bに記憶されたPOI情報に基づいて、利用者の嗜好に合致するPOIが経路上にあるかに応じて利用者嗜好適合度を算出してもよい。また、第1経路探索部202bは、外部機器600(気象庁や民間気象サービス等のサーバなど)等からダウンロードした天候情報に基づいて天候影響度(雨にぬれる指数など)を算出してもよい。そして、比較情報生成部202dは、このように算出した比較用パラメータを、第1経路および第2経路の間で比較可能に提示する情報を比較情報として生成してもよい。また、比較情報生成部202dにより生成される比較情報は、第1経路と第2経路とを比較可能にグラフ化した情報であってもよい。
【0090】
そして、サーバ装置200の比較情報送信部202eは、比較情報生成部202dにより生成された比較情報を端末装置100に送信する(ステップSA−7)。
【0091】
そして、端末装置100の比較情報受信部102cは、サーバ装置200から送信された比較情報を受信する(ステップSA−8)。ここで、比較情報受信部102cは、比較情報および経路情報を記憶部106に格納してもよい。
【0092】
そして、端末装置100の比較情報出力部102dは、比較情報受信部102cにより受信された比較情報を、出力部114に出力する(ステップSA−9)。
【0093】
以上が、第1の実施形態における比較情報提供システムの基本処理の一例である。なお、比較情報が出力された後、利用者により入力部116を介して一の経路が選択された場合、経路案内情報生成部102eは、当該経路を案内経路として、案内データベース106aに記憶された案内情報に基づいて、案内経路の経路案内情報を生成し、経路案内部102fは、生成された経路案内情報に基づいて、経路案内を行ってもよい。
【0094】
[タイミング制御処理]
つぎに、上述した第1の実施形態における比較情報提供システムの基本処理におけるタイミング制御処理の一例について、以下に図4から図9を参照して説明する。ここで、図4は、第1の実施形態の比較情報提供システムにおけるサーバ装置200のタイミング制御処理の一例を示すフローチャートである。このタイミング制御処理においては、第1経路の探索に続けて第2経路を探索するのではなく、第1経路上において渋滞が発生した場合など影響度が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索して比較情報を生成する処理について詳述する。
【0095】
図4に示すように、第1経路探索部202bは、上述したステップSA−4と同様に、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する(ステップSB−1)。なお、第1経路探索部202bは、探索した第1経路を示すリンクデータの組み合わせを経路情報として生成してもよく、地図データベース206bに記憶された地図データ上に第1経路を重畳させた画像データ等を経路情報として生成してもよい。ここで、図5は、第1経路探索部202bにおいて探索された第1経路の探索情報の表示例を示す図である。
【0096】
図5に示すように、この例では、出発地を「A運動場」として、目的地を「D駅」とする経路探索条件が設定された場合に、第1経路探索部202bにより生成された第1経路の経路情報を示している。図示のごとく、第1経路は、バス停「A運動場前」からバス停「B駅西口」までを車両用経路として含んでいる。なお、MA−1は、渋滞等の発生を示す警告アイコンであり、当初は表示されていないが、後述するように、サーバ装置200から交通情報の更新等に基づき通知を受けると表示される。
【0097】
再び図4に戻り、比較情報送信部202eは、第1経路探索部202bにより探索された第1経路の経路情報を端末装置100に送信することにより、端末装置100の出力部114に第1経路の経路情報を出力させる(ステップSB−2)。例えば、端末装置100は、経路案内情報生成部102eの処理により、第1経路の経路情報に基づく経路案内情報を生成し、経路案内部102fの処理により、第1経路の経路案内を実行してもよい。
【0098】
そして、第2経路探索部202cは、交通情報取得部202fにより更新される渋滞情報等の交通情報に基づいて、第1経路上に渋滞が発生したか否かを判定する(ステップSB−3)。ここで、図6は、第1経路の車両用経路上に発生した渋滞区間を示す図である。なお、BS10〜BS14は、バスの車両用経路における到着地のバス停「B駅西口」より手前のバス停を示している。
【0099】
図6に示すように、車両用経路の到着地「B駅西口」が駅前ロータリーである場合等には、渋滞が多発しやすい。その場合、到着地のバス停までバスに乗り続けるより、手前のバス停(例えば、バス停BS14)で降車してB駅まで歩いた方が早い場合がある。特に、当初探索された第1経路における電車に乗り遅れる可能性がある場合は一層そのような情報が求められる。そのため、第2経路探索部202cは、車両用経路の一部の箇所で降車する第2経路を探索するタイミングを判定する。なお、第1経路上の渋滞の発生を判定することに限られず、第2経路探索部202cは、第1経路の車両用経路において交通情報等に基づく影響度が所定以上となるか否かを判定してもよい。例えば、影響度は、交通情報の更新の度合い(渋滞や通行止めの発生や混雑度の増加等)に基づいてもよく、既に探索された第1経路に対する影響(所要時間の変化等)であってもよい。一例として、第1経路探索部202bは、経路探索条件受信部202aにより受信される経路探索条件に含まれる現在位置情報の履歴、および、ネットワークデータベース206aに記憶された時刻表情報に基づいて、定期運行からの遅れを影響度として算出してもよい。
【0100】
再び図4に戻り、第2経路探索部202cは、渋滞が発生したと判定した場合(ステップSB−3,Yes)、第2経路を探索して第1経路と比較するための所定区間を設定する(ステップSB−4)。一例として、所定区間の起点は、車両用経路の一部の箇所である、経路探索条件受信部202aにより受信され更新される現在位置情報に基づく現在位置や、ガイダンスポイント、現在地より進行方向側にある駅やバス停等の各停止位置であってもよい。なお、所定区間は、利用者がどこまで乗ってどこで降りるかを選択できるよう複数設定してもよい。また、所定区間の終点は、車両用経路の到着地や、経路探索条件に設定された全体経路の目的地や経由地のほか、乗換駅等であってもよい。一例として、第1経路探索部202bにより探索された車両用経路がバスの経路であった場合、第2経路探索部202cは、第1経路の探索結果の路線網ネットワークデータのバス停を表すノードデータ等に基づいて、車両用経路上のバス停を所定区間の起点として設定してもよい。なお、これら所定区間は、予めサーバ装置200において定義されたものでもよく、経路探索条件に定義されたものでもよい。本ステップSB−4のタイミングにおいて、比較情報送信部202eは、渋滞が発生したことを報知する報知情報を端末装置100に送信してもよい。これにより、一例として、端末装置100の比較情報出力部102dは、図5に例示した渋滞等の発生を示す警告アイコンMA−1を表示させる。なお、第2経路探索部202cは、所定の時間経過(例えば、第1経路の車両用経路の到着地点への到達時刻経過)しても渋滞が発生していないと判定した場合は(ステップSB−3,No)、本タイミング制御処理を終える。
【0101】
そして、第2経路探索部202cは、設定した所定区間におけるバス以外の他の移動手段を用いた第2経路を、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータに基づいて探索する(ステップSB−5)。その際、第1経路探索部202bは、第1経路の再探索を行う。ここで、第1経路探索部202bは、第1経路を再探索する場合の出発地を、経路探索条件受信部202aにより受信される更新された現在位置情報を含む経路探索条件に基づいて再設定してもよい。また、第1経路探索部202bは、更新された出発地を含む経路探索条件を満たす第1経路を、交通情報取得部202fにより更新された最新の交通情報(乗車中のバスより前に走っているバスの走行履歴や渋滞予測情報等)、および、ネットワークデータベース206aに記憶されたネットワークデータを参照して探索してもよい。例えば、第1経路探索部202bは、渋滞情報や遅延情報等を加味して、リンクコスト(所要時間等)を計算しながら、第1経路の経路探索を行ってもよい。
【0102】
そして、比較情報生成部202dは、第1経路探索部202bおよび第2経路探索部202cにより探索された第1経路および第2経路に基づいて所要時間を算出する(ステップSB−6)。例えば、比較情報生成部202dは、経路に基づく移動距離を、その移動手段の平均速度で除することにより、所要時間を求めてもよい。なお、経路探索時に、所要時間がリンクコストとして第1経路探索部202bおよび第2経路探索部202cにより計算された場合、比較情報生成部202dは、経路探索結果として所要時間の情報を取得する。
【0103】
そして、比較情報生成部202dは、第1経路探索部202bにより再探索された第1経路と、第2経路探索部202cにより探索された第2経路とを、比較可能とした比較情報を生成する(ステップSB−7)。ここで、図7は、比較情報生成部202dにより生成される比較情報の一例を示す図である。
【0104】
図7に示すように、比較情報生成部202dにより生成される比較情報は、一例として、バスの車両用経路における到着地のバス停「B駅西口」より手前のバス停BS10〜BS14で降車して徒歩で移動する第2経路の所要時間と、バスに乗り続ける第1経路の所要時間とを、比較可能に並べて表示する情報である。ここで、図示のように、比較情報生成部202dは、第1経路と第2経路の間で比較して、所要時間が短い方を、太字や囲み文字等により強調表示させる比較情報を生成してもよい。また、比較情報生成部202dは、バスに乗り続けた場合の運賃を比較可能に表示する比較情報を生成してもよい。また、破線の矢印で示すように、バス経路上の渋滞区間を明示してもよい。ここで、図8は、比較情報生成部202dにより生成されたグラフ形式の比較情報の一例を示す図である。
【0105】
図8に示すように、比較情報生成部202dは、第1経路の所要時間等の比較パラメータと、第2経路の所要時間等の比較パラメータとを、視覚的に分かり易く比較可能にグラフ化した比較情報を生成してもよい。例えば、比較情報生成部202dは、図示の如く、所要時間を縦軸に、第1経路の一部の箇所であるバス停BS10からバス停「B駅西口」までの停止位置を横軸に配置したグラフを比較情報として生成してもよい。図8に示すように、この例では、バス停BS13およびバス停BS14で降りて歩くと、そのままバスに乗り続けてバス停「B駅西口」に行くよりも所要時間が短く、早く着けることが直感的に把握できる。ここで、図9は、第1経路と第2経路について目的地までの経路探索結果の比較情報の一例を示す図である。
【0106】
図9に示すように、この例では、比較情報生成部202dは、複数の降車候補のバス停BSの中から、所要時間等に基づいて推奨されるバス停BS14で降車した場合の目的地までの第2経路を、当初の第1経路と比較可能に表示する比較情報を生成してもよい。このように表示すれば、途中のバス停で降りたことにより、列車乗車駅のB駅に早めについて、当初の第1経路の乗車予定の列車(12時30分発)よりも早い列車(12時25分)に乗ることができ、目的地(D駅)に早く着けることを利用者に提案することができる。
【0107】
再び図4に戻り、比較情報送信部202eは、以上のように比較情報生成部202dにより生成された比較情報を端末装置100に送信する(ステップSB−8)。ここで、比較情報送信部202eは、利用者が入力部116を介して警告アイコンMA−1を押下した場合に端末装置100から送信される比較情報の送信要求を受信した場合に、比較情報を端末装置100に送信してもよい。
【0108】
以上が、第1の実施形態における比較情報提供システムのタイミング制御処理の一例である。
【0109】
[シミュレーション機能]
つづいて、上述した第1の実施形態における比較情報提供システムの処理において生成される比較情報の一例として、第1経路を進んだ場合と第2経路を進んだ場合とを比較可能に地図上でシミュレーションする例について図10を参照して説明する。すなわち、このシミュレーション例では、時系列に沿って、第1経路上を進むアイコンと、第2経路上を進むアイコンを、地図上に示して、利用者が動的に把握し易い比較情報を提供する。ここで、図10は、シミュレーションを実行する比較情報の表示例を示す図である。実線矢印は、第1経路を表し、破線矢印は、第2経路を表している。
【0110】
図10に示すように、比較情報生成部202dは、第1経路を進んだ場合と第2経路を進んだ場合とを比較可能に地図上でシミュレーションするため、表示画面上で、第1経路を進む移動体を表すアイコンと、第2経路を進む移動体を表すアイコンとを、時間軸を合わせて同時に表示させる動画データ等の比較情報を生成する。図10のMA−15は、再生ボタンであり、入力部116を介して押下すると、バスアイコンMA−13、キャラクタアイコンMA−10〜MA−12、および、列車アイコンMA−14が、地図上で動き、停止ボタンMA−16を押下すると停止する。
【0111】
その際、時系列を合わせて動くよう構成されており、バスアイコンMA−13が第1経路上のバス停BS20を通過すると、それに合わせて、キャラクタアイコンMA−10がバス停BS20付近に現れ、E駅に向かって徒歩速度で動き出す。同様に、バスアイコンMA−13が第1経路上のバス停BS21を通過すると、キャラクタアイコンMA−11がバス停BS21付近に現れ動き出し、バス停BS22を通過すると、キャラクタアイコンMA−12がバス停BS22付近に現れE駅に向かって動き出す。これによって、利用者は、バスに乗ったままE駅まで向かうのと、途中のバス停BS20〜BS22のそれぞれで降車してE駅に向かうのでは、いずれが早いかを視覚的に動的に把握することができる。なお、バスに限らず自家用車等の車両の場合は、比較情報生成部202dは、渋滞前後や、信号機を通過したタイミングで徒歩キャラクタが動き始めるよう比較情報を生成してもよい。また、図10に示すように、比較情報生成部202dは、所要時間を示す吹き出し表示を重畳させた比較情報を生成してもよい。
【0112】
以上で、第1の実施形態における比較情報提供システムの処理の説明を終える。
【0113】
ここで、上述の例では、渋滞発生時に所定区間における第2経路の経路探索を実行する場合について述べたが、これに限られず、第2経路探索部202cは、所定時間毎や、バス停に到着したタイミングなど他のタイミングで、第2経路を探索してもよい。バス区間については、渋滞が発生していなくても、途中のバス停で乗降客者が多いことにより遅延が発生しうるためである。
【0114】
また、上述の例では、バスを利用する場合の所定時間と、徒歩を利用する場合の所定時間とを比較する例について特に説明したが、これに限られず、料金や、距離、降車時に支払いをする必要があるか否か等の情報を比較情報に含めてもよい。また、利用者のユーザ履歴やユーザ属性等に応じて、比較情報の強調表示等の表示制御を行ってもよい。
【0115】
以上のように、本実施形態によれば、同じ目的地までの経路上において、現在の移動手段を使って移動し続けるか、他の移動手段で移動するかを、利用者が適切に判断し得る情報を提供することができる。特に、バスの運行は不確定要素が多いため、状況が変動しやすい。不確定要素の一つは、天候に左右され易く、雨が降ると晴れの日よりも利用者が増える上、傘の折りたたみ等により乗降に時間がかかりやすいということである。また、交状況に影響を受け易く、イベントや道路工事や事故等で渋滞が発生すると突発的に巻き込まれ易いという面がある。また、たとえ時刻表どおりの運行であっても、駅前の狭い商店街を通り抜けたり、信号に何度も引っかかりながら右左折を繰り返して駅前に到着するルートもあり、バス停間の距離はそれほど離れてなく問題なく歩ける距離であることが多いので、駅の手前のバス停で降りて歩いた方が早いという面がある。本実施形態は、以上のような、不確定要素を克服するために開発されたものであって、バスの経路を時刻表だけでなく、天候や道路状況など様々な要因を加味して第2経路を第1経路と比較可能に提示するので、利用者に適切に判断することができる情報を提供可能となる。
【0116】
[第2の実施形態]
続いて、本発明の第2の実施形態(比較情報提供装置400(スタンドアローン型))について、図11および図12を参照して説明する。ここで、図11は、第2の実施形態における比較情報提供装置400の構成の一例を示すブロック図であり、該構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。
【0117】
なお、第2の実施形態においては、全ての機能を比較情報提供装置400に集約し、交通網を規定するネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索し、車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、ネットワークデータに基づいて探索し、第1経路と第2経路とを比較可能とした比較情報を生成して出力する等の機能を有する。このように、第2の実施形態は、比較情報提供装置400がスタンドアローン型に構成され単独で処理を行う点がその他の実施形態と異なる。
【0118】
[比較情報提供装置400(スタンドアローン型)の構成]
まず、第2の実施形態における比較情報提供装置400(スタンドアローン型)の構成の一例について、図11を参照して説明する。
【0119】
図11に示すように、本発明の第2の実施形態の比較情報提供装置400は、位置取得部412と出力部414と入力部416と制御部402と記憶部406とを備える。これら比較情報提供装置400の各部は任意の通信路を介して通信可能に接続されてもよい。比較情報提供装置400は、例えば、PND(Portable Navigation Device)やWND(Wireless Navigation Device)等の各種ナビゲーション端末、ノート型のパーソナルコンピュータ等の各種情報処理装置、または、携帯電話やPHSやPDA等の携帯端末装置等であってもよい。また、比較情報提供装置400は、通信制御インターフェース部404を介してネットワーク300を経由し、外部機器600と相互に通信可能に接続されていてもよい。
【0120】
図11において、入出力制御インターフェース部408、位置取得部412、出力部414、および、入力部416の各機能は、第1の実施形態および第2の実施形態と同様であるため説明を省略する。また、記憶部406の各部(ネットワークデータベース406a、地図データベース406b、交通情報データベース406c、および、案内データベース406d等)についても、サーバ装置200ではなく比較情報提供装置400に備えられている点を除き、各機能が第1の実施形態および第2の実施形態と同様であるため説明を省略する。
【0121】
また、制御部402の各部については、本実施形態の比較情報提供装置400がスタンドアローン型であり、制御部402が各送受信部を備えていない点を除き、各機能は第1の実施形態と基本的に同様である。
【0122】
図11において、制御部402は、OS等の制御プログラムや、各種の処理手順等を規定したプログラム、および、所要データを格納するための内部メモリを有する。そして、制御部402は、これらのプログラム等により、種々の処理を実行するための情報処理を行う。制御部402は、機能概念的に、現在位置情報取得部402a、経路探索条件設定部402b、第1経路探索部402c、第2経路探索部402d、比較情報生成部402e、比較情報出力部402f、交通情報取得部402g、経路案内情報生成部402h、および、経路案内部402jを備える。このうち、第2経路探索部402d、比較情報生成部402e、交通情報取得部402g、経路案内情報生成部402h、および、経路案内部402jの機能は、第1の実施形態と同様であるので説明を省略する。
【0123】
このうち、現在位置情報取得部402aは、比較情報提供装置400の利用者の現在位置情報を取得する現在位置情報取得手段である。ここで、現在位置情報取得部402aは、比較情報提供装置400の利用者の現在位置情報を所定周期ごと(例えば、1秒ごと、または、3分ごと等)に取得してもよい。また、現在位置情報取得部402aは、位置取得部412にて位置発信装置500から受信した位置情報信号から算出した位置情報を比較情報提供装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0124】
また、現在位置情報取得部402aは、利用者により入力部416を介して入力された現在位置についての位置座標等の位置情報を比較情報提供装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。ここで、利用者により入力部416を介して入力された現在位置情報に基づく現在位置は、利用者が現実に存在する位置であってもよく、利用者により任意に選択された仮想の現在位置(一例として、東京にいる利用者により選択された大阪の駅や空港等の任意の地点)であってもよい。例えば、現在位置情報取得部402aは、入力部416を介して利用者に出力部414に表示された地図情報に基づく表示画面上で指定(例えば、タッチパネル式の出力部414での指定操作等)させた座標を比較情報提供装置400の利用者の現在位置情報として取得してもよい。
【0125】
また、経路探索条件設定部402bは、経路探索条件を設定する経路探索条件設定手段である。ここで、経路探索条件は、少なくとも出発地と目的地とを含む経路探索条件であってもよい。なお、経路探索条件の出発地は、現在位置情報取得部402aにより更新される現在位置情報に基づく、比較情報提供装置400の利用者の現在位置であってもよい。ここで、経路探索条件設定部402bは、更新される現在位置情報を含む経路探索条件を定期的に取得して出発地を再設定してもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地、移動手段、出発時刻、経由時刻、到着時刻、および/または、日付等を含んでいてもよい。ここで、出発時刻は、現在時刻であってもよい。経路探索条件設定部402bは、これら経路探索条件を、利用者に入力部416を介して入力させてもよい。
【0126】
また、第1経路探索部402cは、経路探索条件設定部402bにより受信された経路探索条件を満たす経路を、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータを用いて探索し、探索した経路を第1経路として生成する第1経路探索手段である。なお、本実施形態において、第1経路探索部402cは、車両用経路を含む経路を第1経路として探索する。ここで、第1経路探索部402cは、経路探索条件を満たす第1経路を、交通情報データベース406cに記憶された交通情報に基づいて探索してもよい。例えば、第1経路探索部402cは、経路探索条件を満たす第1経路を、交通情報データベース406cに記憶された交通情報を参照しながら、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータを用いて探索してもよい。一例として、第1経路探索部402cは、ネットワークデータに基づいて、経路探索条件の出発地から目的地まで、リンクコストを算出しながら探索経路を拡散させていくことにより、リンクコストの累積値に基づき最適な経路を算出してもよい。なお、ダイクストラ法やA*(エースター)探索アルゴリズム等の公知の経路探索手法を用いて探索を行ってもよく、そのほか公知の到達圏探索手法を用いることができる。なお、ダイクストラ法は、基準となる起点位置(一般的には、起点位置に近いノード)から、順次、接続されたリンクを辿って次のノードに到達し、辿ったリンクのリンクコスト(距離やリンク通過に要する所要時間等)を積算し、リンクコストが最小となるように次に辿るリンク群(探索経路)を管理しながら、終了条件に達するまで探索経路を広げていくものである。例えば、第1経路探索部402cは、渋滞情報や遅延情報等を加味して、リンクコスト(所要時間等)を計算しながら、経路探索を行ってもよい。
【0127】
ここで、第1経路探索部402cは、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、第1経路の再探索を行ってもよい。影響度は、交通情報の更新の度合い(渋滞や通行止めの発生や混雑度の増加等)に基づいてもよく、既に探索された第1経路に対する影響(所要時間の変化等)であってもよい。さらに、第1経路探索部402cは、経路探索条件設定部402bにより設定された経路探索条件に含まれる現在位置情報の履歴、および、ネットワークデータベース406aに記憶された時刻表情報に基づいて、影響度(定期運行からの遅れ)を算出してもよい。ここで、第1経路探索部402cは、第1経路を再探索する場合の出発地を、現在位置情報取得部402aにより更新された現在位置情報に基づいて再設定してもよく、先に探索した第1経路のネットワークデータに含まれる時刻表データ等に基づいて現在地を推定して設定してもよい。ここで、第1経路探索部402cは、ネットワークデータベース406aに記憶されたバスの路線網ネットワークデータに基づいて、バスの経路を車両用経路として含む第1経路を探索してもよい。この場合、第1経路探索部402cは、路線網ネットワークデータに含まれる時刻表データに基づいて、定期運行時の所要時間等を算出してもよいが、交通情報データベース406cに記憶された交通情報に基づいて定期運行していないと判定した場合等には交通情報を考慮して所要時間等を算出してもよい。なお、経路の情報は、探索した経路を示すリンクデータの組み合わせであってもよく、経路の位置情報や、当該経路を示す画像データ(例えば、ポリライン等)などを含んでいてもよい。
【0128】
また、比較情報出力部402fは、比較情報生成部402eにより受信された比較情報を、出力部414に出力する比較情報出力手段である。例えば、比較情報出力部402eは、比較情報生成部402eにより受信された比較情報に基づいて、出力部414を介して表示または音声出力を行ってもよい。
【0129】
以上で、第2の実施形態における比較情報提供装置400の構成の一例の説明を終える。
【0130】
[比較情報提供装置400(スタンドアローン型)の処理]
次に、このように構成された第2の実施形態における比較情報提供装置400の処理の一例について、図12を参照して詳細に説明する。図12は、第2の実施形態における比較情報提供装置400の処理の一例を示すフローチャートである。なお、上述した第1の実施形態と同様な説明については、省略する場合がある。
【0131】
図12に示すように、まず、経路探索条件設定部402bは、経路探索条件を設定する(ステップSC−1)。例えば、経路探索条件設定部402bは、少なくとも出発地と目的地を含む経路探索条件を設定してもよい。なお、経路探索条件設定部402bは、現在位置情報取得部402aにより取得された現在位置情報に基づく現在位置を、経路探索条件の出発地に設定してもよい。また、経路探索条件は、更に、経由地、移動手段、出発時刻、経由時刻、到着時刻、および/または、日付等を含んでいてもよい。ここで、出発時刻は、現在時刻であってもよい。なお、経路探索条件設定部402bは、利用者に入力部416を介して経路探索条件を入力させてもよい。
【0132】
そして、第1経路探索部402cは、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータに基づいて、経路探索条件設定部402bにより受信された経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する(ステップSC−2)。例えば、第1経路探索部402cは、ネットワークデータベース406aに記憶されたバスの路線網ネットワークデータに基づいて、バスの経路を車両用経路として含む第1経路を探索してもよい。
【0133】
そして、第2経路探索部402dは、ネットワークデータベース406aに記憶されたネットワークデータに基づいて、第1経路探索部402cにより探索された車両用経路の一部の箇所から所定区間における、車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を探索する(ステップSC−3)。例えば、第2経路探索部402dは、第1経路探索部402cによりバスの路線網ネットワークデータ以外の他の移動手段のネットワークデータ(例えば、道路ネットワークデータ等)を用いて、徒歩用の第2経路を探索してもよい。ここで、第2経路探索部402dは、車両用経路の一部の箇所(バス停など)から当該車両用経路の到着地(第1経路で降車案内を行うバス停など)までを所定区間として、第2経路を探索してもよい。また、第2経路探索部402dは、車両用経路の一部の箇所(バス停など)から経路探索条件の目的地までを所定区間として、第2経路を探索してもよい。一例として、第1経路探索部402cにより探索された車両用経路がバスの経路であった場合、第2経路探索部402dは、第1経路の探索結果の路線網ネットワークデータにおいてバス停を表すノードデータに基づいて、バス停を車両用経路の一部の箇所として設定して第2経路を探索してもよい。なお、第1経路探索部402cは、第1経路の車両用経路において交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、第2経路を探索してもよい。その際、第1経路探索部402cは、渋滞等の交通情報に基づいて第1経路の再探索を行ってもよい。
【0134】
そして、比較情報生成部402eは、第1経路探索部402cにより探索された第1経路と、第2経路探索部402dにより探索された第2経路とを、比較可能とした比較情報を生成する(ステップSC−4)。なお、比較情報生成部402eは、第1経路探索部402cおよび第2経路探索部402dによりリンクコストとして算出される場合のほか、各経路の所要時間や、移動距離、料金、混雑度、不快度、利用者嗜好適合度、天候影響度等の比較用パラメータを算出してもよい。例えば、第1経路探索部402cは、ネットワークデータベース406aに記憶された利用運賃料金データに基づいて料金を算出してもよく、交通情報データベース406cに記憶された混雑度データに基づいて混雑度(後払いの場合における順番待ちの時間等)や不快度(時刻表からの遅れ等)を算出してもよい。また、第1経路探索部402cは、地図データベース406bに記憶されたPOI情報に基づいて、利用者の嗜好に合致するPOIが経路上にあるかに応じて利用者嗜好適合度を算出してもよい。また、第1経路探索部402cは、外部機器600(気象庁や民間気象サービス等のサーバなど)等からダウンロードした天候情報に基づいて天候影響度(雨にぬれる指数など)を算出してもよい。そして、比較情報生成部402eは、このように算出した比較用パラメータを、第1経路および第2経路の間で比較可能に提示する情報を比較情報として生成してもよい。また、比較情報生成部402eにより生成される比較情報は、第1経路と第2経路とを比較可能にグラフ化した情報であってもよい。
【0135】
そして、比較情報出力部402fは、比較情報生成部402eにより生成された比較情報を、出力部414に出力する(ステップSC−5)。
【0136】
以上が、第2の実施形態における比較情報提供装置400の処理の一例である。なお、比較情報が出力された後、利用者により入力部416を介して一の経路が選択された場合、経路案内情報生成部402hは、当該経路を案内経路として、案内データベース406aに記憶された案内情報に基づいて、案内経路の経路案内情報を生成し、経路案内部402jは、生成された経路案内情報に基づいて、経路案内を行ってもよい。また、比較情報提供装置400は、上述した処理を基本処理として、第1の実施形態と同様に、タイミング制御処理を実行してもよく、シミュレーション機能を備えた比較情報を生成してもよい。
【0137】
以上で、第2の実施形態における比較情報提供装置400の処理の一例の説明を終える。
【0138】
[他の実施の形態]
さて、これまで本発明の実施の形態について説明したが、本発明は、上述した実施の形態以外にも、特許請求の範囲に記載した技術的思想の範囲内において種々の異なる実施の形態にて実施されてよいものである。
【0139】
また、実施の形態において説明した各処理のうち、自動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を手動的に行うこともでき、あるいは、手動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を公知の方法で自動的に行うこともできる。
【0140】
このほか、上記文献中や図面中で示した処理手順、制御手順、具体的名称、各処理の登録データや検索条件等のパラメータを含む情報、画面例、データベース構成については、特記する場合を除いて任意に変更することができる。
【0141】
また、端末装置100、サーバ装置200、および、比較情報提供装置400に関して、図示の各構成要素は機能概念的なものであり、必ずしも物理的に図示の如く構成されていることを要しない。
【0142】
例えば、端末装置100、サーバ装置200、および、比較情報提供装置400の各装置が備える処理機能、特に制御部102、制御部202、および、制御部402にて行われる各処理機能については、その全部または任意の一部を、CPU(Central Processing Unit)および当該CPUにて解釈実行されるプログラムにて実現してもよく、また、ワイヤードロジックによるハードウェアとして実現してもよい。尚、プログラムは、後述する、コンピュータに本発明に係る方法を実行させるためのプログラム化された命令を含む、一時的でないコンピュータ読み取り可能な記録媒体に記録されており、必要に応じて端末装置100、サーバ装置200、および、比較情報提供装置400に機械的に読み取られる。すなわち、ROMまたはHDDなどの記憶部106、記憶部206、および、記憶部406などには、OS(Operating System)として協働してCPUに命令を与え、各種処理を行うためのコンピュータプログラムが記録されている。このコンピュータプログラムは、RAMにロードされることによって実行され、CPUと協働して制御部を構成する。
【0143】
また、このコンピュータプログラムは、端末装置100、サーバ装置200、および、比較情報提供装置400に対して任意のネットワーク300を介して接続されたアプリケーションプログラムサーバに記憶されていてもよく、必要に応じてその全部または一部をダウンロードすることも可能である。
【0144】
また、本発明に係るプログラムを、コンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納してもよく、また、プログラム製品として構成することもできる。ここで、この「記録媒体」とは、メモリーカード、USBメモリ、SDカード、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、ROM、EPROM、EEPROM、CD−ROM、MO、DVD、および、Blu−ray Disc等の任意の「可搬用の物理媒体」を含むものとする。
【0145】
また、「プログラム」とは、任意の言語や記述方法にて記述されたデータ処理方法であり、ソースコードやバイナリコード等の形式を問わない。なお、「プログラム」は必ずしも単一的に構成されるものに限られず、複数のモジュールやライブラリとして分散構成されるものや、OS(Operating System)に代表される別個のプログラムと協働してその機能を達成するものをも含む。なお、実施の形態に示した各装置において記録媒体を読み取るための具体的な構成、読み取り手順、あるいは、読み取り後のインストール手順等については、周知の構成や手順を用いることができる。
【0146】
記憶部106、記憶部206、および、記憶部406に格納される各種のデータベース等(ネットワークデータベース206a,406a〜交通情報データベース206c,406c、ならびに、案内データベース106a,406c)は、RAM、ROM等のメモリ装置、ハードディスク等の固定ディスク装置、フレキシブルディスク、および、光ディスク等のストレージ手段であり、各種処理やウェブサイト提供に用いる各種のプログラム、テーブル、データベース、および、ウェブページ用ファイル等を格納する。
【0147】
また、端末装置100、サーバ装置200、および、比較情報提供装置400は、既知のパーソナルコンピュータ、ワークステーション等の情報処理装置として構成してもよく、また、該情報処理装置に任意の周辺装置を接続して構成してもよい。また、端末装置100、サーバ装置200、および、比較情報提供装置400は、該情報処理装置に本発明の方法を実現させるソフトウェア(プログラム、データ等を含む)を実装することにより実現してもよい。
【0148】
更に、装置の分散・統合の具体的形態は図示するものに限られず、その全部または一部を、各種の付加等に応じて、または、機能負荷に応じて、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。すなわち、上述した実施形態を任意に組み合わせて実施してもよく、実施形態を選択的に実施してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0149】
以上詳述したように、本発明によれば、現在の移動手段を使って移動し続けるか、他の移動手段で移動するかを、適切に判断し得る情報を利用者に提供することができる比較情報提供装置、比較情報提供システム、サーバ装置、端末装置、比較情報提供方法、および、プログラムを提供することができるので、ナビゲーションを支援する情報機器や情報処理分野などの様々な分野において極めて有用である。
【符号の説明】
【0150】
100 端末装置
102 制御部
102a 現在位置情報取得部
102b 経路探索条件送信部
102c 比較情報受信部
102d 比較情報出力部
102e 経路案内情報生成部
102f 経路案内部
104 通信制御インターフェース部
106 記憶部
106a 案内データベース
108 入出力制御インターフェース部
112 位置取得部
114 出力部
116 入力部
200 サーバ装置
202 制御部
202a 経路探索条件受信部
202b 第1経路探索部
202c 第2経路探索部
202d 比較情報生成部
202e 比較情報送信部
202f 交通情報取得部
204 通信制御インターフェース部
206 記憶部
206a ネットワークデータベース
206b 地図データベース
206c 交通情報データベース
300 ネットワーク
400 比較情報提供装置
402 制御部
402a 現在位置情報取得部
402b 経路探索条件設定部
402c 第1経路探索部
402d 第2経路探索部
402e 比較情報生成部
402f 比較情報出力部
402g 交通情報取得部
402h 経路案内情報生成部
402j 経路案内部
404 通信制御インターフェース部
406 記憶部
406a ネットワークデータベース
406b 地図データベース
406c 交通情報データベース
406d 案内データベース
408 入出力制御インターフェース部
412 位置取得部
414 出力部
416 入力部
500 位置発信装置
600 外部機器

【特許請求の範囲】
【請求項1】
出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた比較情報提供装置において、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報を上記出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項2】
請求項1に記載の比較情報提供装置において、上記第2経路探索手段は、上記車両用経路の上記一部の箇所から当該車両用経路の到着地までを上記所定区間として、上記第2経路を探索することを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項3】
請求項1に記載の比較情報提供装置において、上記第2経路探索手段は、上記車両用経路の上記一部の箇所から上記経路探索条件の目的地までを上記所定区間として、上記第2経路を探索することを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項4】
請求項1乃至3のいずれか一つに記載の比較情報提供装置において、上記比較情報は、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能にグラフ化した情報であることを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項5】
請求項1乃至4のいずれか一つに記載の比較情報提供装置において、上記制御部は、交通情報を取得する交通情報取得手段、を更に備え、上記第2経路探索手段は、上記第1経路の上記車両用経路において上記交通情報に基づく影響度が所定以上となったタイミングで、上記第2経路を探索し、上記第1経路探索手段は、上記タイミングで、上記第1経路を再探索することを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項6】
請求項1乃至5のいずれか一つに記載の比較情報提供装置において、上記車両用経路は、バスの経路であり、上記一部の箇所は、バス停であることを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項7】
請求項1乃至6のいずれか一つに記載の比較情報提供装置において、上記比較情報は、上記第1経路および上記第2経路の間で、所要時間、移動距離、料金、混雑度、不快度、利用者嗜好適合度、および、天候影響度のうち少なくとも一つについて比較可能とした情報であることを特徴とする、比較情報提供装置。
【請求項8】
交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段と、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報を出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする、比較情報提供システム。
【請求項9】
出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した比較情報提供システムにおいて、上記サーバ装置の上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記サーバ装置の上記制御部は、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信手段と、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報生成手段により生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信する比較情報送信手段と、を備え、上記端末装置の上記制御部は、上記経路探索条件を上記サーバ装置に送信する経路探索条件送信手段と、上記サーバ装置から送信される、上記比較情報を受信する比較情報受信手段と、上記比較情報受信手段により受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする、比較情報提供システム。
【請求項10】
出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信手段と、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索手段と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索手段と、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成手段と、上記比較情報生成手段により生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信することにより、当該比較情報を上記出力部に出力させる比較情報送信手段と、を備えたことを特徴とする、サーバ装置。
【請求項11】
記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部は、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信手段と、上記サーバ装置から送信される、上記ネットワークデータに基づいて探索された、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路とを、比較可能として生成された比較情報を受信する比較情報受信手段と、上記比較情報受信手段により受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力手段と、を備えたことを特徴とする、端末装置。
【請求項12】
出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた比較情報提供装置において実行される比較情報提供方法であって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報を上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする、比較情報提供方法。
【請求項13】
交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段と、第1経路探索手段と、第2経路探索手段と、比較情報生成手段と、比較情報出力手段と、を備えた比較情報提供システムにおいて実行される比較情報提供方法であって、上記第1経路探索手段が、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記第2経路探索手段が、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記比較情報生成手段が、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報出力手段が、上記比較情報を出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする、比較情報提供方法。
【請求項14】
出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置、および、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置、を通信可能に接続した比較情報提供システムにおいて実行される比較情報提供方法であって、上記サーバ装置の上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記端末装置の上記制御部において実行される、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、上記経路探索条件を受信する経路探索条件受信ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記サーバ装置の上記制御部において実行される、上記比較情報生成ステップにて生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信する比較情報送信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記サーバ装置から送信される、上記比較情報を受信する比較情報受信ステップと、上記端末装置の上記制御部において実行される、上記比較情報受信ステップにて受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする、比較情報提供方法。
【請求項15】
出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置において実行される比較情報提供方法であって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信ステップと、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報生成ステップにて生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信することにより、当該比較情報を上記出力部に出力させる比較情報送信ステップと、を含むことを特徴とする、比較情報提供方法。
【請求項16】
記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置において実行される比較情報提供方法であって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において実行される、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信ステップと、上記サーバ装置から送信される、上記ネットワークデータに基づいて探索された、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路とを、比較可能として生成された比較情報を受信する比較情報受信ステップと、上記比較情報受信ステップにて受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を含むことを特徴とする、比較情報提供方法。
【請求項17】
出力部と記憶部と制御部とを少なくとも備えた比較情報提供装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、上記ネットワークデータに基づいて、経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報を上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を実行させるためのプログラム。
【請求項18】
出力部を少なくとも備えた端末装置に通信可能に接続された、記憶部と制御部とを少なくとも備えたサーバ装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、上記端末装置から送信される、経路探索条件を受信する経路探索条件受信ステップと、上記ネットワークデータに基づいて、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路を探索する第1経路探索ステップと、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路を、上記ネットワークデータに基づいて探索する第2経路探索ステップと、上記第1経路と上記第2経路とを比較可能とした比較情報を生成する比較情報生成ステップと、上記比較情報生成ステップにて生成された上記比較情報を、上記端末装置に送信することにより、当該比較情報を上記出力部に出力させる比較情報送信ステップと、を実行させるためのプログラム。
【請求項19】
記憶部を少なくとも備えたサーバ装置に通信可能に接続された、出力部と制御部とを少なくとも備えた端末装置に実行させるためのプログラムであって、上記記憶部は、交通網を規定するネットワークデータを記憶するネットワークデータ記憶手段、を備え、上記制御部において、経路探索条件をサーバ装置に送信する経路探索条件送信ステップと、上記サーバ装置から送信される、上記ネットワークデータに基づいて探索された、上記経路探索条件を満たす車両用経路を含む第1経路と、上記車両用経路の一部の箇所から所定区間における、上記車両以外の他の移動手段を用いた第2経路とを、比較可能として生成された比較情報を受信する比較情報受信ステップと、上記比較情報受信ステップにて受信された上記比較情報を、上記出力部に出力する比較情報出力ステップと、を実行させるためのプログラム。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate


【公開番号】特開2013−72717(P2013−72717A)
【公開日】平成25年4月22日(2013.4.22)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−211304(P2011−211304)
【出願日】平成23年9月27日(2011.9.27)
【出願人】(500168811)株式会社ナビタイムジャパン (410)
【Fターム(参考)】