Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
水洗トイレ用固形洗浄剤
説明

水洗トイレ用固形洗浄剤

【課題】トイレ用洗浄剤として十分な作用を有しながら、消臭効果が高く、しかもその持続性に優れた水洗トイレ用固形洗浄剤を提供すること。
【解決手段】徐溶化剤中に、水に不溶性ないし難溶性の固形消臭剤を分散せしめたことを特徴とする水洗トイレ用固形洗浄剤。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、水洗トイレ用固形洗浄剤に関し、詳しくは、洗浄力とともに優れた消臭効果を有する水洗トイレ用固形洗浄剤に関する。
【背景技術】
【0002】
水洗トイレ用固形洗浄剤は、容器に収納して、又はそのままでの状態で、水洗トイレの貯水タンク内に直接投入したり、貯水タンクの手洗い部に取り付けたりすることにより、タンク内の貯留水中に洗浄剤や香料、色素等を徐々に溶解させ、水洗時の流水とともにトイレの便器などを洗浄し、かつ芳香を漂わせ、トイレ内をさわやかに保つための薬剤として用いられている。
【0003】
たとえば、特許文献1には、色素、香料、清浄剤及び固化剤を含有する水洗便所用固形洗浄剤において、N,N−ジ置換脂肪族アミドを添加したことを特徴とする水洗便所用固形洗浄剤が、特許文献2には、脂肪酸ナトリウム、エチレングリコール、アミノ酸系抗菌剤、防腐剤、界面活性剤及び香料を含むことを特徴とする固形洗浄防臭剤組成物が、特許文献3には界面活性剤、色素、香料からなる固形の水洗トイレ用芳香洗浄剤がそれぞれ記載されている。
【0004】
これら従来の水洗トイレ用固形洗浄剤は、いずれも香料を配合し、これを空間に放出して芳香を付与することでマスキング効果を得、臭気を防止するものであった。しかしながら、これら洗浄剤は、トイレ空間内の消臭については、その配慮が十分でなかったため、トイレ空間内の悪臭を消臭したい場合は、水洗トイレ用固形洗浄剤のほかに別の消臭剤を設置する必要があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開昭59−108100
【特許文献2】特開平6−279791
【特許文献3】特開2000−109897
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、上記実情を鑑みなされたものであり、その課題は、トイレ用洗浄剤として十分な作用を有しながら、消臭効果が高く、しかもその持続性に優れた水洗トイレ用固形洗浄剤を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者らは、上記課題を解決するために、水洗トイレ用固形洗浄剤の配合について鋭意研究を行ったところ、水洗トイレ用固形洗浄剤中に固形消臭剤を分散、含有させることにより上記課題を解決できることを見出し、本発明を完成した。
【0008】
すなわち本発明は、徐溶化剤中に、水に不溶性ないし難溶性の固形消臭剤を分散せしめたことを特徴とする水洗トイレ用固形洗浄剤を提供するものである。
【0009】
また、本発明は、更に洗浄助剤および/または溶解調整剤を含有する前記水洗トイレ用固形洗浄剤を提供するものである。
【発明の効果】
【0010】
本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤は、水洗トイレの貯水タンクの手洗い部等に取り付けることにより、含有する徐溶化剤等の洗浄成分が徐々にタンク内の貯留水に溶出し、水洗時の流水とともにトイレの便器などを洗浄するとともに、製剤の表面に露出した固形消臭剤が悪臭を徐去してトイレの空間内に漂う悪臭を脱臭することができるものである。
【0011】
そして、表面に露出して悪臭を消臭した固形消臭剤は、その後徐溶化剤の溶出に伴って洗浄水中に流れ出し、あらたな固形消臭剤が洗浄剤表面に露出してくるため、長期間にわたって変わらない消臭効果を発揮することができるのである。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明品2と比較品6との消臭効果の持続性を比較した図である。
【図2】本発明品2と比較品7との消臭効果の持続性を比較した図である。
【発明を実施するための形態】
【0013】
水洗トイレ用固形洗浄剤は、その主要成分である徐溶化剤中に、水に不溶性ないし難溶性の固形消臭剤を分散させたものである。この徐溶化剤中に分散させる固形消臭剤としては、常温で固形であり、水に対して不溶性若しくは難溶性である消臭剤であれば、有機、無機関係なく従来公知のものを使用できる。ここで、難溶性とは、本発明に使用する徐溶化剤より水に溶けにくいことを意味する。
【0014】
上記固形消臭剤の具体的な例としては、活性炭、備長炭、シリカゲル、ゼオライト、酸化亜鉛、酸化アルミニウム亜鉛、ケイ酸亜鉛、ケイ酸アルミニウム亜鉛、層状アルミノケイ酸亜鉛、硫酸アルミニウム、硫化亜鉛、ステアリン酸亜鉛やステアリン酸アルミニウム、酸化チタン等が挙げられ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。
【0015】
これらの固形消臭剤のうち、消臭性能の点で無機系の吸着剤であることが好ましく、特に無機系の吸着剤のなかでも、層状アルミノケイ酸亜鉛が好ましい。
【0016】
これら固形消臭剤の粒径は、0.0001mm〜10mmであり、好ましくは0.001mm〜5mm、さらに好ましくは0.005mm〜1mmである。この粒径が10mmより大きい場合は、消臭性能が劣るとともに水洗トイレ用固形洗浄剤の成形性が悪くなり、溶解性も早くなってしまい好ましくない。また、0.0001mmより小さいと、汚れとして手洗い部や便器内に付着してしまうため好ましくない。
【0017】
この固形消臭剤の配合量は、水洗トイレ用固形洗浄剤中0.1質量%〜50質量%、好ましくは0.5質量%〜30質量%、さらに好ましくは0.5質量%〜10質量%である。50質量%より多い場合は水洗トイレ用固形洗浄剤の成形性が悪くなり、溶解性も早くなってしまい好ましくない。また0.1質量%より少ない場合は、十分な消臭効果を発揮することができない。
【0018】
一方、本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤組成物には、徐溶化剤が配合される。この徐溶化剤は、従来より、水洗トイレ用固形洗浄剤に用いられている徐溶化剤であればいずれも使用することができ、その例としては、常温で固形の界面活性剤や無機酸塩等が挙げられる。
【0019】
本発明の徐溶化剤として用いられる界面活性剤としては、アニオン系界面活性剤、非イオン性界面活性剤またはカチオン系界面活性剤のうち、常温(25℃)で固形のものを挙げることができ、これらから適宜選択し、単独で又は組み合わせて使用することができる。このうち、特にアニオン系界面活性剤または非イオン系界面活性剤が好ましい。
【0020】
上記アニオン系界面活性剤としては、例えば、ミリスチン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、ベヘニン酸、イソステアリン酸、オレイン酸等の高級脂肪酸のカリウム、ナトリウム、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、アミノメチルプロパノールアミン酸等の塩、エーテルカルボン酸の上記アルカリ塩、N−アシルアミン酸の塩、N−アシルサルコン酸、高級アルキルスルホン酸塩等が挙げられ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。
【0021】
また、上記非イオン系界面活性剤としては、例えば、ポリオキシエチレンオクチルドデシルアルコール、ポリオキシエチレン−2−デシルテトラデシルアルコール等のポリオキシエチレン−分岐アルキルエーテル、ポリオキシエチレン−オレイルアルコールエーテル、ポリオキシエチレンベヘニルアルコールエーテル、ポリオキシエチレンステアリルアルコールエーテル、ポリオキシエチレンセチルアルコールエーテル、ポリプロピレンステアリルアルコール等のポリオキシアルキレンアルキルエーテル及びそのエーテル化物、ソルビタンモノオレエート、ソルビタンモノイソステアレート、ソルビタンモノラウレート等のソルビタンエステル、ポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート、ポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート、ポリオキシエチレンソルビタンモノイソステアレート、ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレート等のポリオキシアルキレンソルビタンエステル、グリセリルモノオレエート、グリセリルモノステアレート、グリセリルモノミリステート等のグリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリルモノオレエート、ポリオキシエチレングリセリルノステアレート、ポリオキシエチレングリセリルモノミリステート等のポリオキシアルキレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンジヒドロコレステロールエステル、ポリオキシエチレン硬化ひまし油、ポリオキシエチレン硬化ひまし油イソステアレート等のポリオキシアルキレン硬化ひまし油脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル等のポリオキシアルキレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシアルキレンポリカルボン酸エステル、多価アルコール脂肪酸エステル、エチレングリコール−プロピレングリコールブロックコポリマー、グリセリルイソステアリルエーテル、グリセリルミリスチルエーテル等のグリセリルエーテル、ポリオキシエチレングリセリルイソステアリルエーテル、ポリオキシエチレングリセリルミリスチルエーテル等のポリオキシエチレングリセリルエーテル、ジグリセリルモノステアレート、デカグリセリルデカステアレート、デカグリセリルペンタンイソステアレート、デカグリセリルデカイソステアレート、ジグリセリルジイソステアレート等のポリグリセリン脂肪酸エステル、脂肪酸アルカノールアミド、ウレタン変性ポリオール等が挙げられ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。
【0022】
一方、本発明において徐溶化剤として用いられる無機塩としては、硫酸ナトリウム等の硫酸塩、メタケイ酸ナトリウム等のケイ酸塩、炭酸水素ナトリウム等の炭酸塩等を挙げることができ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。
【0023】
上記徐溶化剤の配合量は、水洗トイレ用固形洗浄剤中20〜99.5質量%、好ましくは30〜99質量%であり、さらに好ましくは40〜90質量%である。この配合量が20質量%より少ない場合は、水洗トイレ用固形洗浄剤の成形性が悪くなり、溶解性も早くなってしまい好ましくない。
【0024】
さらに、本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤組成物には、必要に応じ、任意成分として洗浄助剤および/または溶解調整剤を配合することができる。
【0025】
上記洗浄助剤としては、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸ナトリウムまたは第3級アミンオキサイド等の前記徐溶化剤以外の界面活性剤、クエン酸、フマル酸等の有機酸、EDTAナトリウム塩、NTA塩等のキレート剤(水軟化剤)等が挙げられ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。
【0026】
これら洗浄助剤の配合量は、水洗トイレ用固形洗浄剤組成物中0.1〜10質量%、好ましくは0.5〜5質量%である。配合量が10質量%より多い場合は、水洗トイレ用固形洗浄剤組成物の成形性が悪くなり、溶解性も早くなってしまい好ましくなく、また配合量が0.1質量%より少ない場合は、洗浄助剤としての機能を充分に発揮することができない。
【0027】
上記溶解調整剤としては、キサンタンガム、ジェランガム、グアーガム、カラギーナン、ローカストビーンガム、でんぷんなどの天然高分子多糖類及びその誘導体、メチルセルロース、エチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースなどのセルロース系誘導体またはその塩、メチルビニルエーテル無水マレイン酸のコポリマー、ポリアクリル酸ポリマーなどの水溶性樹脂、珪酸アルミニウムマグネシウム(スメクタイト、合成ヘクトライト)、ベントナイトなどの無機増粘剤、カプリルアルコール、セチルアルコール、ステアリルアルコールなどの高級アルコール、オクタンジオール等のグリコール系溶剤、エチレングリコールエチルエーテル、プロピレングリコール‐n‐ブチルエーテル、ジプロピレングリコール‐n‐ブチルエーテルなどのグリコールエーテル系溶剤、蜜蝋、カルナバ蝋、ステアリン酸、ベヘニン酸などの脂肪酸及び脂肪酸エステル、パラフィン系炭化水素、ヤシ油、牛脂、ひまし油などの油脂等が挙げられ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。
【0028】
これら溶解調整剤の配合量は、水洗トイレ用固形洗浄剤組成物中0.1〜10質量%、好ましくは0.1〜5質量%である。配合量が10質量%より多い場合は、水洗トイレ用固形洗浄剤組成物使用中の成形性が悪くなり、また0.1質量%より少ない場合は、充分な溶解調整能が発揮されず、溶解性も早くなってしまい好ましくない。
【0029】
本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤の製造は、従来公知の方法により実施することができる。その具体的な例としては、上記徐溶化剤および必要により他の任意成分を加え、加熱、熱溶解させた後、これに固形消臭剤を加え、十分混合、分散させたのち、適当な型に注ぎ込み、冷却固化させる方法を挙げることができる。また、別の方法としては、上記各成分を混錬機によってよく混ぜ合わせた後、押し出し機によって金型から押し出して適当な大きさにカットする方法を挙げることができる。
【0030】
本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤において、更に配合することのできる他の任意成分としては、香料;ポリアクリル酸塩、ポリカルボン酸(コポリマー)塩等の分散剤;ジクロロイソシアヌル酸塩等の塩素系漂白剤、過硼酸塩や過炭酸塩等の酸素系漂白剤;トリポリ燐酸塩、硫酸ナトリウム等のビルダー等の洗浄助剤;植物抽出物等の液体消臭剤;ジメチルシリコーンオイル等のコーティング剤;ポリオキシエチレン−ポリエチレンテレフタレートのブロックポリマー等の防汚剤;赤色2号、青色1号、黄色4号、緑色3号、だいだい色205号等の染料;2−n−オクチル−4−イソチアゾリン−3−オン等の防カビ剤;酵素、微生物製剤などを挙げることができる。
【0031】
このようにして製造された本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤は、これを容器に収納して、又はそのままでの状態で、貯水タンクの手洗い部に取り付けたり、貯水タンク内に挿入したり、男子便所の小便器内に設置することにより、水洗時の流水とともにトイレの便器などを洗浄し、かつ洗浄力を維持する期間中、トイレ空間内を消臭することができる。
【実施例】
【0032】
次に実施例および処方例を挙げて、本発明を更に詳しく説明するが、本発明はこれら実施例等に何ら制約されるものではない。
【0033】
実 施 例 1
水洗トイレ用固形洗浄剤:
下記表1の配合割合で本発明品及び比較品を下記製造方法で製造し、これらについて、その消臭効果を下記方法で調べた。この結果を、表1に示す。
【0034】
( 製造方法 )
下記表1の徐溶化剤を90℃に加熱し、溶解させた後、これに表1の他の配合成分を配合し、手で均一になるように混合した。次いで、半径23mmのプラスチック容器に各10gずつ充填し、室温にて1晩静置し固化させて本発明品及び比較品を得た。
【0035】
( 消臭効果試験 )
実施例1で得られた本発明品及び比較品をイオン交換水50mlに15分間浸漬した後取り出し、半径28mmのシャーレに載せた。これを攪拌用ファンと共に10Lのテドラーバック(Fine社製)中に入れ、無臭空気で満たした。その後、このテドラーバッグ中に悪臭物質としてアンモニア(NH)もしくは硫化水素(HS)を入れ、1分後の悪臭濃度を検知管を用いて測定し、これを初期の悪臭濃度とした。次いで、1時間後及び3時間後の悪臭濃度を同様の方法により測定し、以下の式で消臭率を測定した。
【0036】
【数1】

【0037】
( 結 果 )
【表1】

【0038】
この結果から、本発明品は比較品と比較し、アンモニアおよび硫化水素に高い消臭効果を示すことがわかった。
【0039】
実 施 例 2
洗浄性試験:
実施例1で製造した本発明品および比較品の一部についてその洗浄性を評価した。一般に洗浄剤の洗浄力は、洗浄液の表面張力が低下するほど良いことが知られているので水洗用トイレ用固形洗浄剤の洗浄性を、それを溶解した水(洗浄水)の表面張力から評価した。
【0040】
具体的には、本発明品及び比較品の水洗トイレ用固形洗浄剤の50ppm濃度の水溶液(25℃)における表面張力を全自動平衡式エレクトロ表面張力計ESB−V(協和化学(株)社製)を用い、ウィルヘルミー法に従って測定した。その結果を表2に示す。なお、表2での表面張力の単位は、mN/mである。
【0041】
【表2】

【0042】
この結果から、本発明品は比較品と同等の洗浄性を有することがわかった。
【0043】
実 施 例 3
消臭持続性試験(1):
実施例1で製造した本発明品2と比較品6について、その消臭効果の持続性を次のようにして調べた。まず、両製品を、「セボンタンクにおくだけ」(アース製薬株式会社製)の薬剤トレーに入れ、さらに容器に入れて、トイレタンク(SH618A((株)TOTO社製)もしくはGDT−C180((株)INAX社製))の手洗い部に設置した。
【0044】
1時間ごとにトイレをフラッシュし、使用初期(約20回)、中期(約45回及び約90回)及び終期(約120回)の時点で、実施例1と同様にアンモニア、硫化水素に対する消臭試験を行い、効果の確認を行った。その結果を図1に示す。
【0045】
この結果、比較品6は、初期のアンモニアに対する効果はある程度高いが、使用するに従い消臭率が下がった。また硫化水素に対しては、消臭率は低かった。これに比べ本発明品2はアンモニアおよび硫化水素に対する高い消臭効果を、使用開始初期から最後まで維持できることがわかった。
【0046】
実 施 例 4
消臭持続性試験(2):
実施例1で製造した本発明品2と比較品7について、その消臭効果の持続性を次のようにして調べた。まず、両製品を、「タンクの消臭ポット香りのクリーナー」(エステー株式会社製)の薬剤トレーに入れ、さらに容器に入れて、トイレタンク(SH618A((株)TOTO社製)もしくはGDT−C180((株)INAX社製))の手洗い部に設置した。
【0047】
1時間ごとにトイレをフラッシュし、使用初期(約20回)、中期(約55回及び約80回)及び終期(約140回)の時点で、実施例1と同様にアンモニア、硫化水素に対する消臭試験を行い、効果の確認を行った。その結果を図2に示す。
【0048】
この結果、比較品7は、アンモニアに対する効果はある程度あるが、硫化水素については消臭率が低かった。これに比べ本発明品2は、アンモニアおよび硫化水素に対して使用開始初期から終期まで高い消臭効果を維持できることがわかった。
【0049】
処 方 例 1
徐溶化剤として変性ポリオール(ニューポールT240U;三洋化成(株)製)8.5gを用い、これを90℃に加熱し、溶解させた後、活性炭(粒径0.15mm)0.5g、香料1g、洗浄助剤としてクエン酸0.1gを配合し、手で均一になるように混合した。次いで、半径23mmのプラスチック容器に充填し、室温にて1晩静置し固化させて本発明品を得た。
【0050】
本発明品は、十分な洗浄力と消臭力を有し、その効果は持続的であった。
【0051】
処 方 例 2
徐溶化剤としてポリアルキレングリコール脂肪酸エステル(TG−039;松本油脂製薬(株式会社)8.5gを用い、これを90℃に加熱し、溶解させた後、二酸化チタン(平均粒径0.0002mm(0.2μm))0.5g、香料1g、洗浄助剤としてクエン酸0.1gを配合し、手で均一になるように混合した。次いで、半径23mmのプラスチック容器に充填し、室温にて1晩静置し固化させて本発明品を得た。
【0052】
本発明品は、十分な洗浄力と消臭力を有し、その効果は持続的であった。
【産業上の利用可能性】
【0053】
本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤は、従来の製品と同程度あるいはそれ以上の洗浄作用を有しながら、その使用に伴って、トイレ空間内で高い消臭作用を奏するものである。そして、その消臭作用は、水洗トイレ用固形洗浄剤の使用中、ほとんど変わらない持続性を有するものである。
【0054】
従って本発明の水洗トイレ用固形洗浄剤は、水洗トイレを洗浄すると共に、トイレ空間を消臭する機能を有する新しいタイプの洗浄剤として、広く使用可能なものである。



【特許請求の範囲】
【請求項1】
徐溶化剤中に、水に不溶性ないし難溶性の固形消臭剤を分散せしめたことを特徴とする水洗トイレ用固形洗浄剤。
【請求項2】
固形消臭剤の粒径が0.0001mm〜10mmである請求項1項記載の水洗トイレ用固形洗浄剤。
【請求項3】
固形消臭剤が、無機系の吸着剤である請求項1項または2項記載の水洗トイレ用固形洗浄剤。
【請求項4】
無機系の吸着剤が酸化亜鉛、酸化アルミニウム亜鉛、ケイ酸亜鉛、ケイ酸アルミニウム亜鉛または層状アルミノケイ酸亜鉛である請求項3項記載の水洗トイレ用固形洗浄剤。
【請求項5】
全組成中、徐溶化剤の配合量が20〜99.5質量%であり、固形消臭剤の配合量が0.1〜50質量%である請求項1項ないし4項の何れかの項記載の水洗トイレ用固形洗浄剤。
【請求項6】
更に洗浄助剤および/または溶解調整剤を含有する請求項1項ないし5項の何れかの項記載の水洗トイレ用固形洗浄剤。



【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公開番号】特開2013−60507(P2013−60507A)
【公開日】平成25年4月4日(2013.4.4)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−198985(P2011−198985)
【出願日】平成23年9月13日(2011.9.13)
【出願人】(000102544)エステー株式会社 (127)
【Fターム(参考)】