Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
液体噴出器
説明

液体噴出器

【課題】エアゾール容器体Aに噴出具Bを装着したもので、必要噴出回数が表示機構C2により視覚的に認知でき、その構造も従来のものと相違して、その作動操作に無理がなく耐久性に富む優れた液体噴出器を提案する。
【解決手段】ノズル3の押し下げ回数を認知する認知システムを備えており、この認知システムは、ノズルの上部外周に装着した筒状の押釦4の押し下げによりノズル周囲の回転部材5を所定角度回転させる回転機構C1と、該回転機構と連繋して押し下げ回数の単位表示bを順次現出させる表示機構C2とから構成した。また、必要回数の噴出後ロック機構C3が作動する如く構成し、このロック機構を解除して新たに最初から必要回数の噴出が行えるロック解除機構C4を設けた。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は液体噴出器に関し、詳しくは、噴出液の量を認知できる液体噴出器に関する。
【背景技術】
【0002】
この種の噴出器として、例えば医薬品等の所定量の使用が義務付けられている収納液を、所定量の使用が判断できるようにしたものが知られている。(特許文献1)
【0003】
上記噴出器は、上端開口が設けられた容器と、この容器から前記開口を経て投与流体を分配する手段と、この分配手段を容器の開口に締め付けるリングナットと、分配手段を作動させる移動可能な作動部材である鼻とを備え、また、リングナットに対する鼻の移動を回転素子の回転及び軸線方向往復運動に変換する弾性手段を備え、回転素子に連続する数字表示が設けられ、この数字表示が分配投与毎に予定の観察位置である窓に順次位置され得るように構成されている。
【0004】
また、前記弾性手段は円周方向に離間された一連の可撓性の小脚で構成され、これらの小脚が鼻の第1組の一方向の鋸状歯と反作用し得る上部と、リングナットの第2組の一方の鋸状歯と反作用し得る下部と、回転素子に取付られた中間部分とを有し、これにより第1組の鋸状歯が前記鼻の作用によって第2組の鋸状歯に近づく際に、前記小脚の上部が第1の鋸状歯の対応する歯から外れて直ぐ隣接する歯に歯合されて小脚の前記中間部分を回転及び軸線方向に前進運動させ、また、前記第1組の鋸状歯が前記第2組の鋸状歯の対応する歯から外れて直ぐ連設する歯に歯合し、これにより前記小脚の前記中間部分を回転及び軸線方向に後進運動させるように構成している。
【0005】
そして、上記した如く鼻を押し下げることにより窓に投与数の数値が現れ、また、予定の最大分量医薬投与数の終了後、回転素子から突出している半径方向ロケーターが鼻から突出している半径方向ロケーターに当たってストップする如く構成している。
【特許文献1】特許第3211894号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
前記の如き噴出器は、前記した如く、最大分量医薬投与数が回転素子のストップにより判断できるものであるが、その時点で投与数に係る判断は終了する。確かに、前記噴出器ではストップ後に容器体内の医薬を完全に使用し尽くすために鼻を押し下げることができるものではあるが、あくまで残液処理のためであり、基本的に1回の必要投与数が終了すれば噴出器の使用が終了するという構成としている。
【0007】
本発明は従来のものとその構造が相違し、その作動操作に無理がなく、耐久性に富んだ液体噴出器を提案するものである。また、必要噴出回数を表示による視覚的的認知だけでなくロック機構による触覚的認知が行えて、必要量の噴出終了をより明確に認識できる液体噴出器を提案するものである。更にロック機構が作動した後、このロック状態を解除して新たに最初から必要回数の噴出が行える液体噴出器を提案するものである。更に、ロック機構作動後のロック解除の際に音が発して、ロック解除をより明確に認識できる液体噴出器を提案する。
【課題を解決するための手段】
【0008】
第1の手段として、エアゾール容器体A上に固定したカバー筒2と、前記エアゾール容器体上端に上方付勢状態で押し込み可能に突設したステム8に嵌着するとともに、前記カバー筒の頂部より上端部を突設したノズル3と、前記ノズルの上部外周部に回転可能且つ前記ノズルの押し下げを可能に装着した筒状の押釦4と、前記ノズルの押し下げ回数を認知する認知システムとを備え、前記認知システムは、前記ノズル周囲に回転可能且つ上方付勢状態で押し下げ可能に設けた回転部材5を前記押釦の押し下げにより所定角度回転させる回転機構C1と、該回転機構と連繋して押し下げ回数の単位表示cを順次現出させる表示機構C2とからなり、前記回転機構は、前記カバー筒内の周縁部に放射状に設け且つ下面にそれぞれ第1傾斜面S1を設けた複数の仕切板20と、一対の前記仕切板間に先端部を位置させ且つ上面に第2傾斜面S2を設けた回動腕26を突出させた前記回転部材と、前記押釦と前記回動腕との間に回転を防止して押し下げ可能に介在させるとともに、下面に前記第2傾斜面が摺動する複数の第3傾斜面S3を環状に連設したリング部材6とを備え、前記押釦の押し下げ時に前記第2傾斜面が当接する前記第3傾斜面及び隣接する前記第1傾斜面上を摺動して前記回動腕が隣接する仕切板20t を乗り越える如く構成し、前記表示機構C2が、前記押釦4を前記回転部材5と一体回転可能に係合させるとともに、前記押釦4表面に列記した単位表示cを、前記カバー筒2に設けた窓孔wに、前記回転部材の回転に併せて順次臨ませる如く構成した。
【0009】
第2の手段として、前記第1の手段に於いて、前記押釦4の所定回数の押し下げ時に前記ステム8の押し下げを防止するロック機構C3を設けるとともに、ロック状態を解除するロック解除機構C4を設け、前記ロック機構は、前記カバー筒2内下部所定位置に突設した突部17の上面を係止面aとするとともに、前記回動腕26の下面を前記係止面aと当接する被係止面bとして前記回動腕26の下降を防止する如く構成し、前記ロック解除機構C4は、前記突部を所定箇所の仕切板20間に設けた幅広部21下方に位置させ、且つ、前記回転部材5と一体回転可能に係合させた押釦4を回動させて前記係止面上方の前記回動腕を回動させる如く構成した。
【0010】
第3の手段として、前記第1の手段に於いて、前記押釦4の所定回数の押し下げ時に前記ステム8の押し下げを防止するロック機構C3を設けるとともに、ロック状態を解除するロック解除機構C4を設け、前記ロック機構は、前記仕切板20のうちの特定の仕切板に設けた所定上下幅の欠損部32下端位置の仕切板上面を係止面aとするとともに、前記回動腕26の下面を前記係止面aと当接する被係止面bとして前記回動腕26の下降を防止する如く構成し、前記ロック解除機構C4は、前記回転部材5に一体回転可能に係合させた前記押釦4を回動させて前記係止面上方の前記回動腕26を回動させる如く構成した。
【0011】
第4の手段として、前記第2の手段又は第3の手段のいずれかに於いて、前記ロック解除機構C4によるロック解除の際に、前記回転部材5の回転により音を発する音出機構を設けた。
【発明の効果】
【0012】
本発明の液体噴出器は、押釦4を押し込むいう簡単な操作により所定の噴出液が噴出し、また、押釦4の押し込みの都度窓孔wの単位表示bが切り替わり、その時点での押し込み数や吐出量等の単位表示bにより表現される情報を視覚的に得られる。また、その認知システムを構成する回転機構C1も、押釦4の押し下げ時に回転部材5の第2傾斜面S2が当接するリング部材6の第3傾斜面S3及び隣接する仕切板20t の第1傾斜面S1を摺動し、回動腕26が隣接する仕切板20t を乗り越えるため、無理のない作動で耐久性に富み、その操作も極めて容易である。
【0013】
また、ロック機構C3を併用したものにあっては、収納液の必要噴出量に至ったことを触覚的にも認知できる便利が有り、ロック解除機構C4を設けた場合には、必要噴出回数を表示機構C2及びロック機構C3により認知した後再び最初から必要噴出回数の噴出が可能であり、エアゾール容器体Aの容量に従って何度でもこの操作を繰り返すことができる便利がある。
【0014】
ロック機構C3として、前記カバー筒2内下部所定位置に突設した突部17の上面を係止面aとするとともに、前記回動腕26の下面を前記係止面aと当接する被係止面bとして前記回動腕26の下降を防止する如く構成し、前記ロック解除機構C4として、前記突部を所定箇所の仕切板20間に設けた幅広部21下方に位置させ、且つ、前記回転部材5と一体回転可能に係合させた押釦4を回動させて前記係止面上方の前記回動腕を回動させる如く構成したものでは、ロック解除にあたり単に押釦4を所定方向に回動させるという簡単な操作により行える。また、ロック機構C3として、仕切板20のうちの特定の仕切板に所定上下幅の欠損部32を設け、該欠損部下端位置の仕切板上面を係止面aとしたものも同様に簡単な操作でロック解除を行える。
【0015】
更に前記ロック解除機構C4によるロック解除の際に、前記回転部材5の回転により音を発する音出機構を設けたものにあっては、ロック解除を聴覚によっても認識できる利点がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0016】
以下、本発明の実施例の形態を図面を参照して説明する。
【0017】
図1は本発明液体噴出器1の一例を示し、該噴出器1はエアゾール容器体Aと、噴出具Bとを備え、更に噴出具Bは、カバー筒2と、ノズル3と、押釦4と、回転部材5と、リング部材6とを備えている。
【0018】
エアゾール容器体Aは、内部に定量バルブを内臓した筒状の胴部7上端より上方付勢状態で押し下げ可能にステム8を立設し、ステム8の押し下げにより定量の液がステム8より噴出する如く構成した公知構成のものである。
【0019】
カバー筒2は、下端部をエアゾール容器体Aの上端外周に嵌着固定し、頂部よりノズル3や押釦4等を突出する如く構成している。図示例では、周壁9上端縁より、中央部に筒部10を立設した頂壁11を延設したカバー筒本体2aを備え、該カバー筒本体2aの下端部に別体として形成した取付部材2bを嵌着し、この取付部材2bを介してエアゾール容器体Aに嵌着固定している。前記筒部10には窓孔wを設けている。
【0020】
取付部材2bは、エアゾール容器体Aの外周上端部に嵌着させた嵌合筒部12を、フランジ状の台板部13の下面より垂設し、また、台板部13の内周縁より後述する回転部材の上下動を案内する案内筒部14を垂設している。また、台板部13の外周縁にはカバー筒本体2aと嵌合させるための連結筒部15を垂設している。連結筒部15は下端部をフランジを介して大径に形成し、また、その上端部に位置合せ用の凹溝16を設けている。また、台板部13の上面所定位置には上面を係止面aとした棒状の突部17を立設している。
【0021】
前記取付部材2bの連結筒部15外周に、カバー筒本体2aの周壁9の下部を、凹凸係合手段による抜け出し防止を図って嵌着し、両者を一体化させている。周壁9は上下方向中央に於いてフランジを介して縮径し、そのフランジ下方の周壁9内面より前記凹溝16に嵌合する嵌合突部18を突設して、両者を所定位置に嵌合できる如く構成している。
【0022】
また、カバー筒2内の周縁部には複数の仕切板20を放射状に設けている。各仕切板20は等間隔に設けられ、その下面はそれぞれ半径と直行する方向を向く第1傾斜面S1として構成している。但し、本例では後述するロック解除機構を形成するために、所定の一箇所に一枚の仕切板を除いた状態の幅広部21を設け、該幅広部21下方に前記突部17(即ち係止面a)が位置する如く構成している。更に、この幅広部21から所定枚数位置の二枚の仕切板の中心側端面を外方へ凹ませて径方向の長さを短く構成した矮狭仕切板20a ,20a として構成している。各仕切板はカバー筒2と一体に形成しているが、当然別体に形成して組み付けることも可能であり、その場合、比較的厚みを必要とする場合の多い仕切板20の形成がより容易に行えて、ヒケ等の発生を極力防止できる利点がある。
【0023】
ノズル3はエアゾール容器体Aのステム8に嵌着するとともに、前記カバー筒2の頂部より上方付勢状態で押し込み可能に上端部を突設している。図1の例では、ステム8の外周に下端部を液密に嵌着するとともに、下端縁より外方にコイルスプリング23の下端部を係止するための有底筒状部を突設した円筒状をなしている。従って、このノズル3を押し下げれば、ステム8が押し下げられてエアゾール容器体A内の公知の噴出機構により定量の液が噴出する如く構成している。
【0024】
押釦4は前記ノズルの上部外周部に回転可能且つ前記ノズルの押し下げを可能に装着した筒状をなしている。図示例では、リング部材6及び回転部材5を介してノズル3の押し込みを可能に構成した有頂の二重筒状をなし、ノズル3の上部外周部に回転部材5の後述する上部筒壁部を介して嵌合させており、その下面を後述するリング部材の基部上面に、半球状突部24を介して当接載置している。また、外周下部より突設したフランジ部により上方への抜け出し防止を図っている。
【0025】
回転部材5は、前記ノズル3の周囲に回転可能且つ上方付勢状態で押し下げ可能に設けたもので、一対の前記仕切板20間に先端部を位置させ且つ上面に第2傾斜面S2を設けた回動腕26を突設させている。図示例では、前記ノズル3の上部外周に回転可能且つ上下動可能に嵌合させた上部筒壁部5a下端よりフランジ部5bを介して大径に形成した下部筒壁部5cを前記取付部材2bの案内筒部14内周に上下動可能且つ回動可能に嵌合させている。また、下部筒壁部5cの上端部所定位置より外方へ回動腕26を突設してその先端部を一対の仕切板20間に位置させ、また、上面に第2傾斜面S2を設けている。この第2傾斜面は、半径方向と直行する方向に傾斜させており、前記各仕切板20の第1傾斜面S1と傾斜角度を略同じにして両者が当接した場合に摺動可能に構成している。
【0026】
尚、この回動腕26は少なくとも一本存在すれば用は足りるが、より安定したガタツキの少ない回転部材5の回転を図る場合には、回動腕の他に補助回動腕を突設すると良い。補助回動腕は回動腕と同じ長さのものを採用する場合と短いものを採用する場合とがあり、規定噴出量等により適宜選択することができる。回動腕と同じ長さの補助回動腕を採用する場合には、少なくもと回動腕が360 °回動するうちに複数ターンの規定量噴出が行われる場合である。
【0027】
図示例の場合、短い二本の補助回動腕26a ,26a を周方向間隔をあけて突設しており、各補助回動腕は所定の突出位置に形成しており、その上面にはそれぞれ同様の第2傾斜面S2を形成している。この様な補助回動腕26a の数は特に限定されないが、2〜3本程度が適当であると思われる。また、この様な短い補助回動腕26a の突設位置は隣接する回動腕或いは補助回動腕とのなす角度がそれぞれ相違する如く突設する。また、その突出幅は前記係止面a当接せず、また、前記矮狭仕切板20a に接触せずに他の仕切板と当接する突出幅とする。そして、フランジ部5b下面と前記ノズル3の有底筒状部上面との間に前記コイルスプリング23を介在させて常時上方へ付勢させている。
【0028】
リング部材6は、押釦4と回動腕26との間に回転を防止して押し下げ可能に介在させるとともに、下面に前記第2傾斜面S2が摺動する第3傾斜面S3を環状に連設している。図示例では、リング板状の基部6a下面に複数の前記第3傾斜面S3を設け、基部6a外面より回動防止板6bを周方向複数突設し、各回動防止板6bを仕切板20間に嵌合させて回動の防止を図っている。第3傾斜面S3は第2傾斜面S2と傾斜角度を略同じにして両者が当接した場合に摺動可能に構成している。
【0029】
また、本発明ではノズル3の押し下げ回数を認知し、ひいては噴出液の噴出回数即ち噴出量を認知する認知システムを設けており、該認知システムは、回転部材5を押釦4の押し下げにより所定角度回動させる回転機構C1と、該回転機構と連繋して押し下げ回数の単位表示cを順次現出させる表示機構C2とから構成している。
【0030】
回転機構C1は、前記押釦4と、前記回転部材と、前記リング部材6と、前記仕切板20とを備え、前記押釦の押し下げ時に第2傾斜面S2が当接する第3傾斜面S3及び隣接する第1傾斜面S1上を摺動して回動腕26が隣接する仕切板20t を乗り越える如く構成している。図4を用いて説明すれば、図4(a) は回動腕26が幅広部21の隣の仕切板間に位置した状態であり、この状態から、押釦4を押し下げることによりリング部材6及び回転部材5をコイルスプリング23及びステム8の上方付勢力に抗して押し下げると、フランジ部5bとノズル3の有底筒状部とが当接してノズル3を押し下げ所定量の液を噴出する。また、回動腕26は当初隣接する仕切板20t に案内されて下降し、図4(b) の位置に達すると仕切板20t から回動腕26が外れるため上方付勢力により回動腕26の第2傾斜面S2が残りの第3傾斜面S3を摺動して図4(c) の位置まで回動し、次いで押釦4の押圧を解除するとリング部材6及び回動腕26が上昇して隣接する仕切板20t の第1傾斜面S1と回動腕26の第2傾斜面S2当接し、更に第2傾斜面S2は第1傾斜面S1上を摺動し(図4(d) )、回動腕26は当該仕切板20t を乗り越えて次の第3傾斜面S3上に回動する。この場合には次の第3傾斜面S3が傾斜面a上方に位置している(図4(e) )。
【0031】
表示機構C2は、前記押釦4を前記回転部材5と一体回転可能に係合させるとともに、前記押釦4表面に列記した単位表示cを、前記カバー筒2に設けた窓孔wに、前記回転部材5の回転に併せて順次臨ませる如く構成している。図示例では、回転部材5の上部筒壁部5a外周に突設した縦リブ27を、押釦4の内周面に縦設した凹溝28に嵌合させて両者を一体回転可能に構成しており、また、図5及び図6に示す如く、押釦4の外周面に印刷やシール材による貼着等の方法で、単位表示cを設けている。単位表示cの具体的内容としては、数字,文字,記号,模様,その他種々のものが採用できる。
【0032】
また、認知システムの一環としてロック機構C3を設けている。ロック機構C3は、前記カバー筒2内下部所定位置に係止面aを設けるとともに、前記回転腕26の下面を前記係止面aと当接する被係止面bとして前記回動腕26の下降を防止する如く構成している。図示例では、前記カバー筒2内下部所定位置に突設した突部17の上面を前記係止面aとしている。従って、回動腕26が回転して所定位置まで回転移動した際には押釦4を押し込んでも回動腕26の下面の被係止面bが係止面aに当接して下がらず、その結果、ステム8の下降を防止して液の噴出がなく、所定噴出量の液を噴出したことを表示機構C2による視覚的な認知だけでなく触覚的に認知できる。
【0033】
また、本例ではロック機構C3によるロック状態を解除するロック解除機構C4を設けている。このロック解除機構C4は、ロック機構C3により一旦所定の噴出量の噴出が終了した後、新たに始めから所定噴出量の噴出が行える如く構成したもので、前記突部17即ち係止面aを前記仕切板20間の所定の箇所に設けた幅広部21下方に位置する如く構成し、一方押釦4の所定回転位置で回転部材5と係合可能に構成し、押釦4を回動させることにより回転部材5を回動させて係止面a上方の回動腕26を移動させる如く構成している。
【0034】
また、前記ロック解除機構C4によるロック解除の際に、前記回転部材5の回転により音を発する音出機構を設けても良い。例えば、図7に示す如く、回動腕26の先端側部に音出し用の振動子29を突設し、該振動子29が、ロック解除の際にカバー筒2の周壁9内面所定位置に設けた突部30を乗り越えて音を出す如く構成する。
【0035】
上記の如く構成した液体噴出器1を、収納液が頭皮用薬剤とした場合を例にとって説明する。例えば押釦4を頭皮等に圧接して押し込み、ノズル3を押し込んで収納液を噴出する、同様の押釦4の押し込みを場所をかえて適宜行えば、回転部材5はその都度所定回転角度回転し、窓孔wより単位表示cが現在の噴出回数等を表す。所定の回数に到達するとその回動腕26が係止面a上方に位置しそれ以上の押し下げを行えなくなる。この際、窓孔wからは、終了の文字等の単位表示cが見えて、視覚的にも同様に終了を認知することができる。また、次回使用する場合には、押釦4を回動させることにより、係止面a上の回動腕26がズレて、液の噴出が可能となり、再び所定量の液の噴出が行える。
【0036】
図8及び図9は他の実施形態を示し、図1の例に於いて、各仕切板20を別体に形成した例を示し、カバー筒周壁9内周上端部に嵌着固定した筒状の連結板22a 内面より各仕切板20を突設している。また、表示機構C2として、押釦4の外周下端部よりフランジ状の表示板31を突設し、該表示板31上面に単位表示c設けている。各単位表示cはカバー筒2の頂壁11に設けた窓孔wより目視できる如く構成している。
【0037】
また、前記幅広部21及び突部17に代えて仕切板20のうちの特定の仕切板20に所定上下幅の欠損部32を設け、該欠損部下端位置の仕切板上面を前記係止面aとしたロック機構C3を設けている。更にロック解除機構C4として、前記図2の例と同様に押釦4と回転部材5とを凹溝と縦リブとで一体回転可能に構成している。また、本例の場合には、回動腕26と同様形態の二本の補助回動腕を等間隔に設けており、また欠損部32を等間隔に三箇所設けており、回動腕26が一周する間に必要噴出量の終了を三回認識することができる形態としている。また、補助回動腕26a が回動腕26と同じ長さであるため、より安定したよりガタツキの少ない回転部材5の回転を行えるものである。その他は図1の実施形態と同様である。
【0038】
この場合も図10に示す如く回動腕26は符号順に1から5まで移動し、その作用は図1の例と実質的に同様である。
【図面の簡単な説明】
【0039】
【図1】本発明液体噴出器の分解斜視図である。(実施例1)
【図2】本発明液体噴出器の縦断面図である。(実施例1)
【図3】本発明液体噴出器の仕切板を説明する説明図である。(実施例1)
【図4】本発明液体噴出器の作用を説明する説明図である。(実施例1)
【図5】本発明液体噴出器に於けるの押釦の側面図である。(実施例1)
【図6】本発明液体噴出器の側面図である。(実施例1)
【図7】本発明液体噴出器の音出機構の部分の要部拡大説明図である。(実施例2)
【図8】本発明液体噴出器の縦断面図である。(実施例3)
【図9】本発明液体噴出器の平面図である。(実施例3)
【図10】本発明液体噴出器の作用を説明する説明図である。(実施例3)
【符号の説明】
【0040】
2…カバー筒,3…ノズル,4…押釦,5…回転部材,6…リング部材,
17…突部,20…仕切板,21…幅広部,26…回動腕、A…エアゾール容器体,
C1…回転機構,C2…表示機構,C3…ロック機構,C4…表示解除機構,a…係止面,
b…単位表示,S1…第1係止面,S2…第2係止面,S3…第3係止面,w…窓孔

【特許請求の範囲】
【請求項1】
エアゾール容器体A上に固定したカバー筒2と、前記エアゾール容器体上端に上方付勢状態で押し込み可能に突設したステム8に嵌着するとともに、前記カバー筒の頂部より上端部を突設したノズル3と、前記ノズルの上部外周部に回転可能且つ前記ノズルの押し下げを可能に装着した筒状の押釦4と、前記ノズルの押し下げ回数を認知する認知システムとを備え、前記認知システムは、前記ノズル周囲に回転可能且つ上方付勢状態で押し下げ可能に設けた回転部材5を前記押釦の押し下げにより所定角度回転させる回転機構C1と、該回転機構と連繋して押し下げ回数の単位表示cを順次現出させる表示機構C2とからなり、前記回転機構は、前記カバー筒内の周縁部に放射状に設け且つ下面にそれぞれ第1傾斜面S1を設けた複数の仕切板20と、一対の前記仕切板間に先端部を位置させ且つ上面に第2傾斜面S2を設けた回動腕26を突出させた前記回転部材と、前記押釦と前記回動腕との間に回転を防止して押し下げ可能に介在させるとともに、下面に前記第2傾斜面が摺動する複数の第3傾斜面S3を環状に連設したリング部材6とを備え、前記押釦の押し下げ時に前記第2傾斜面が当接する前記第3傾斜面及び隣接する前記第1傾斜面上を摺動して前記回動腕が隣接する仕切板20t を乗り越える如く構成し、前記表示機構C2が、前記押釦4を前記回転部材5と一体回転可能に係合させるとともに、前記押釦4表面に列記した単位表示cを、前記カバー筒2に設けた窓孔wに、前記回転部材の回転に併せて順次臨ませる如く構成したことを特徴とする液体噴出器。
【請求項2】
前記押釦4の所定回数の押し下げ時に前記ステム8の押し下げを防止するロック機構C3を設けるとともに、ロック状態を解除するロック解除機構C4を設け、前記ロック機構は、前記カバー筒2内下部所定位置に突設した突部17の上面を係止面aとするとともに、前記回動腕26の下面を前記係止面aと当接する被係止面bとして前記回動腕26の下降を防止する如く構成し、前記ロック解除機構C4は、前記突部を所定箇所の仕切板20間に設けた幅広部21下方に位置させ、且つ、前記回転部材5と一体回転可能に係合させた押釦4を回動させて前記係止面上方の前記回動腕を回動させる如く構成してなる請求項1記載の液体噴出器。
【請求項3】
前記押釦4の所定回数の押し下げ時に前記ステム8の押し下げを防止するロック機構C3を設けるとともに、ロック状態を解除するロック解除機構C4を設け、前記ロック機構は、、前記仕切板20のうちの特定の仕切板に設けた所定上下幅の欠損部32下端位置の仕切板上面を係止面aとするとともに、前記回動腕26の下面を前記係止面aと当接する被係止面bとして前記回動腕26の下降を防止する如く構成し、前記ロック解除機構C4は、前記回転部材5に一体回転可能に係合させた前記押釦4を回動させて前記係止面上方の前記回動腕26を回動させる如く構成してなる請求項1記載の液体噴出器。
【請求項4】
前記ロック解除機構C4によるロック解除の際に、前記回転部材5の回転により音を発する音出機構を設けてなる請求項2又は請求項3のいずれかに記載の液体噴出器。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate


【公開番号】特開2006−327611(P2006−327611A)
【公開日】平成18年12月7日(2006.12.7)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−151519(P2005−151519)
【出願日】平成17年5月24日(2005.5.24)
【出願人】(000002819)大正製薬株式会社 (437)
【出願人】(000222129)東洋エアゾール工業株式会社 (77)
【出願人】(000006909)株式会社吉野工業所 (2,913)
【Fターム(参考)】