説明

液晶表示装置の駆動方法

【課題】液晶表示装置の各画素電極に配置された記憶素子とデータ信号出力回路とがスイッチ素子によって電気的に切断されている電圧保持期間において、データ信号出力回路の出力が最小電位(L)または最大電位(H)に固定され、画像表示のために記憶素子に保持されている電圧がデータ信号出力回路の出力と異なる電位であった場合、データ信号線と記憶素子との間には電位差が生じ、スイッチ素子に電流リークが発生するため、記憶素子に保持された電圧が変異して画像品質が低下する。
【解決手段】電圧保持期間におけるデータ信号出力回路の出力を記憶素子に保持される電圧の最小電位と最大電位の中間電位に固定することで画像品質低下を低減する。特に、データ信号出力回路の出力をデータ信号振幅の1/2に固定することで画像品質低下の低減効果を最大にすることができる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、アクティブマトリクス方式の液晶表示装置の駆動方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、アクティブマトリクス方式を用いた液晶表示装置では、各画素電極に配置された記憶素子に保持された電圧と対向電極に印加された電圧との電位差を液晶層に印加することによって光の透過または反射を調節し画像を表示している。
【0003】
ここで、図1は一般的なアクティブマトリクス方式を用いた液晶表示装置の各画素電極の回路図である。図1において、走査信号出力3によって制御されるスイッチ素子5がデータ信号線2と記憶素子6とを電気的に接続した際にデータ信号出力回路1から出力される電圧が記憶素子6に書き込まれる。次に、スイッチ素子5がデータ信号線2と記憶素子6とを電気的に切断することで記憶素子6に書き込まれた電圧が、画素電極7に印加される電圧として保持される。また、データ信号線2と記憶素子6とがスイッチ素子5によって電気的に切断されている間、データ信号出力回路1の出力は記憶素子6に保持される電圧の最小電位(L)または最大電位(H)もしくはハイインピーダンス状態に固定される。このような液晶表示装置の駆動方法は、次の特許文献1で公開されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2008−175861号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
従来技術では、液晶表示装置の各画素電極に配置された記憶素子とデータ信号出力回路とがスイッチ素子によって電気的に切断されている電圧保持期間において、データ信号出力回路の出力が最小電位(L)または最大電位(H)に固定され、記憶素子に保持されている電圧がデータ信号出力回路の出力と異なる電位であった場合、データ信号線と記憶素子との間には電位差が生じる。この時、データ信号線と記憶素子は電気的には切断されているが、実際には物理的に接続されているため、両者の間に生じた電位差によってスイッチ素子に電流リークが発生し、記憶素子に保持された電圧が変異することで画像品質低下の原因となる。
【0006】
更に、電圧保持期間におけるデータ信号出力回路の出力がハイインピーダンス状態となるように設計された回路であっても、データ信号線は物理的には特定の電位を持った回路に接続されているため、記憶素子に保持された電圧がデータ信号線と物理的に接続した回路の電位と異なる電位であれば、スイッチ素子の電流リークが発生する。
【0007】
ここで、電圧保持期間におけるデータ信号出力回路の出力が最小電位(L)に固定され、記憶素子に保持されている電圧が最大電位(H)である場合、または、データ信号出力回路の出力が最大電位(H)に固定され、記憶素子に保持されている電圧が最小電位(L)である場合に、スイッチ素子に発生する電流リークは最大となる。
【0008】
なお、図2に従来の液晶表示装置の駆動方法における対向電極、走査信号線、データ信号線および記憶素子電位の波形をX軸を時間、Y軸を電位として示す。図2に示す電圧保持期間開始直後の点Aにおいて、データ信号出力回路の出力が最小電位(L)に固定され、記憶素子に保持されている電圧が最大電位(H)あった場合、データ信号線と記憶素子との間に電位差Vgが生じ、スイッチ素子に電流リークが発生するため、記憶素子に保持された電圧の電位がHからLへ向かって変異する。
【課題を解決するための手段】
【0009】
前記課題を解決するために、請求項1に記載の本発明は、各画素電極に配置された記憶素子とデータ信号出力回路とがスイッチ素子によって電気的に切断されている電圧保持期間において、データ信号出力回路の出力を記憶素子に保持される電圧の最小電位と最大電位(以降、データ信号振幅と表記)の中間電位に固定する液晶表示装置の駆動方法とした。
【0010】
請求項2に記載の本発明は、前記電圧保持期間において、データ信号出力回路の出力をデータ信号振幅の1/2に固定する液晶表示装置の駆動方法とした。
【発明の効果】
【0011】
本発明によれば、電圧保持期間においてデータ信号出力回路の出力をデータ信号振幅の中間電位に固定することで、データ信号線と記憶素子との間に生じる電位差が小さくなるため、スイッチ素子に発生する電流リークが少なくなり、記憶素子に保持された電圧の変異が低減し画像品質の低下を抑制することが可能である。
【0012】
ここで、図3に本発明の液晶表示装置の駆動方法における対向電極、走査信号線、データ信号線および記憶素子電位の波形をX軸を時間、Y軸を電位として示す。図3に示すデータ信号出力回路の出力は、電圧保持期間においてデータ信号振幅の1/2に固定されており、記憶素子に保持されている電圧が点Bの最大電位(H)および点Cの最小電位(L)であっても、データ信号線と記憶素子との間に生じる電位差Vgはデータ信号振幅の1/2となるため、画像品質低下を抑制する効果を最大にすることが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】一般的なアクティブマトリクス方式を用いた液晶表示装置の各画素電極の回路図である。
【図2】従来の液晶表示装置の駆動方法を説明するための図である。
【図3】本発明の液晶表示装置の駆動方法を説明するための図である。
【図4】本発明の実施形態を説明するための図である。
【発明を実施するための形態】
【0014】
本発明を実施するため形態として最も単純な回路を図4に示す。図4の回路図は図1で示したデータ信号出力回路1の出力をVout、記憶素子に書き込まれる電圧出力をVD、電圧保持期間にデータ信号出力回路1から出力される電圧をVMとした場合に、データ信号出力回路内にマルチプレクサ10を配置し、VoutをVDおよびVMから選択する回路とした。
【0015】
ここで、VMは任意の抵抗R1およびR2を用いた分圧回路の出力であり、VDとVMにはVM =
(R2/(R1+R2))VDの関係が成り立つ。更に、電圧保持期間においてVDを最大電位(H)に固定しR1=R2とすればVM = VD/2が得られ、VMをマルチプレクサ10によって選択することでデータ信号出力回路1から出力Voutを最大電位(H)の1/2とすることが可能である。
【符号の説明】
【0016】
1 データ信号出力回路
2 データ信号線
3 走査信号出力回路
4 走査信号線
5 スイッチ素子
6 記憶素子
7 画素電極
8 液晶層
9 対向電極
10 マルチプレクサ

【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数のマトリクス状に配置される画素電極によってなる表示領域を有する第一電極基板と、前記画素電極に印加される電圧を保持する記憶素子と、該記憶素子に保持される電圧を出力する信号出力回路と、該信号出力回路と前記記憶素子とを電気的に接続および切断するスイッチ素子とを備え、前記第一電極基板に対向する透明導電膜からなる対向電極を有する第二電極基板と、前記第一電極基板と前記第二電極基板の間に液晶を封入してなる液晶表示装置の駆動方法であって、前記スイッチ素子によって前記記憶素子と前記信号出力回路を電気的に切断することで、前記記憶素子が電圧を保持し前記表示領域に画像を表示する電圧保持期間において、前記信号出力回路から前記記憶素子に保持される電圧の最小電位と最大電位の中間電位を出力することを特徴とする液晶表示装置の駆動方法。
【請求項2】
前記電圧保持期間において、前記信号出力回路から出力される電圧を前記記憶素子に保持される最小電位と最大電位の電位差の1/2にすることを特徴とする請求項1記載の液晶表示装置の駆動方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate


【公開番号】特開2011−75884(P2011−75884A)
【公開日】平成23年4月14日(2011.4.14)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2009−227947(P2009−227947)
【出願日】平成21年9月30日(2009.9.30)
【出願人】(000166948)シチズンファインテックミヨタ株式会社 (438)
【出願人】(000001960)シチズンホールディングス株式会社 (1,939)
【Fターム(参考)】