説明

液晶表示装置

【課題】基板間のギャップの不均一性を解消することが可能な液晶表示装置を提供する。
【解決手段】台座基板6上には液晶パネル1が主面を対向させて搭載され、両面テープ等により固定されている。台座基板6の液晶パネル1の主面と対向する部位には、液晶パネル1の主面に向かって進退可能となるようにネジ11が固定されており、製品完成後にネジ11を液晶パネル1に向かって捩じ込むことで、その先端を液晶パネル1の主面に圧接させて第一電極基板2と第二電極基板3との間のギャップを調整することができる。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は型液晶表示装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
液晶表示パネルは薄型化ができること、小型化ができること、低消費電力で駆動できること等々の利点があることから、近年ではモバイル機器やプロジェクター等の小型電子機器の分野で表示素子として広く使用されている。またそれと同時に近年では液晶ビューファインダー等へのより高品質な画質要求に応じて、画素数を増やし画面をより高精細化したものが各メーカーよりパネルメーカーへ要求されてきている。
【0003】
図3は従来技術による液晶表示装置の断面図である。液晶パネル1は、第一電極基板2と第二電極基板3とが枠状の周辺接着剤4を介して接着されることで構成された反射型液晶パネルで、第一電極基板2には透明電極(対向電極)と配向膜が形成され、第二電極基板3には反射電極(画素電極)と配向膜が形成されている。第一電極基板2と第二電極基板3との間に形成されたギャップ(隙間)には、周辺接着剤4の一部に設けられた注入口を介して液晶5が注入され、封口剤にて封口されている。液晶パネル1は、台座基板6上に第二電極基板3が下側となるように主面を対向させて搭載され、両面テープ等の接着部材にて第二電極基板3の裏面が台座基板6の上面に固定されている。液晶パネル1と対向する台座基板6の上面には、液晶パネル1の膨らみを逃がすための凹部6aが設けられている。また、台座基板6上には液晶パネル1を取り囲む枠状のFPC7が搭載されており、第二電極基板3とワイヤー8にて電気的に接続され、第一電極基板2とシルバーエポキシ接着剤(導電性接着剤)9にて電気的に接続されている。(例えば、特許文献1、2参照)
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2008−83425
【特許文献2】特開2010−79076
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
図4は従来技術による課題を示す断面図である。従来技術では第一電極基板2と第二電極基板3とが周辺接着剤4で貼り合わされているが、それぞれの基板の線膨張係数が異なるために接着時に互いに反ってしまい、中央部分が膨らんでしまう傾向がある。この状態で液晶5を注入し、実際に表示を行うと、第一電極基板2と第二電極基板3との間のギャップが中央部分とその周辺部分とでは異なることから、光が液晶5に接している時間に差が生じ、結果的に表示画像に色ムラが発生してしまう。これを回避するには基板間のギャップを均一にする必要があるが、製造プロセス上様々な工法をして均一性をある程度改善できたとしても多少の不均一性は依然残ってしまう。
【0006】
本発明は以上の問題に鑑みて成されたもので、基板間のギャップの不均一性を解消することが可能な液晶表示装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
画素電極を有する第一電極基板と対向電極を有する第二電極基板とを所定の間隔を隔てて周辺接着剤により貼り合わせることで形成された空間に液晶を封入してなる液晶パネルを、台座基板上に主面を対向させて搭載した液晶表示装置であって、前記台座基板の前記液晶パネルの主面と対向する部位にネジ穴が設けられ、当該ネジ穴に前記液晶パネルの主面に対して進退可能となるようにネジが固定され、当該ネジを前記液晶パネルに向けて前進させることで当該ネジの先端が前記液晶パネルの主面に圧接し、前記第一電極基板と前記第二電極基板との間隔が変化するように構成されている液晶表示装置とする。
【0008】
前記ネジ穴は、マトリクス状に複数設けられ、当該複数のネジ穴のうち少なくとも一つに前記ネジが固定されている液晶表示装置とする。
【0009】
前記ネジの先端と前記液晶パネルとの間に、前記ネジの先端よりも面積の大きいスペーサーが配置されている液晶表示装置とする。
【0010】
前記スペーサーは、前記台座基板の前記液晶パネルの主面と対向する部位に設けられた凹部に配置されている液晶表示装置とする。
【発明の効果】
【0011】
本発明によると、製品完成後に基板間のギャップに不均一な箇所があったとしても、台座基板に設けたギャップ調整用のネジを操作するだけでギャップを均一にすることができる。また、構成としては、台座基板にギャップ調整用のネジを設けるのみで良いため、構造が複雑化することはない。
【0012】
前記スペーサーは、前記ネジよりもヤング率の低い材料で構成されている液晶表示装置とする。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本発明の実施例1による液晶表示装置を示す断面図
【図2】本発明の実施例2による液晶表示装置を示す断面図
【図3】従来技術による液晶表示装置の断面図
【図4】従来技術による課題を示す断面図
【発明を実施するための形態】
【実施例1】
【0014】
図1は本発明の実施例1による液晶表示装置の断面図である。液晶パネル1は、第一電極基板2と第二電極基板3とが枠状の周辺接着剤4を介して接着されることで構成された反射型液晶パネルで、第一電極基板2には透明電極(対向電極)と配向膜が形成され、第二電極基板3には反射電極(画素電極)と配向膜が形成されている。第一電極基板2と第二電極基板3との間に形成されたギャップ(隙間)には、周辺接着剤4の一部に設けられた注入口を介して液晶5が注入され、封口剤にて封口されている。液晶パネル1は、台座基板6上に第二電極基板3が下側となるように主面を対向させて搭載され、両面テープ等の接着部材にて第二電極基板3の裏面が台座基板6の上面に固定されている。液晶パネル1と対向する台座基板6の上面には、液晶パネル1の膨らみを逃がすための凹部6aが設けられている。また、台座基板6上には液晶パネル1を取り囲む枠状のFPC7が搭載されており、第二電極基板3とワイヤー8にて電気的に接続され、第一電極基板2とシルバーエポキシ接着剤(導電性接着剤)9にて電気的に接続されている。ここまでの構成は従来技術と同様であり、従来技術と異なる点として、台座基板6の液晶パネル1の主面と対向する部位(ここでは周辺接着剤4で囲まれた領域の中央に対応する部位)にネジ穴10が設けられ、そのネジ穴10にネジ11が螺合されている。
【0015】
以上の液晶表示装置において基板間のギャップを調整する際には、まず、ネジ11をネジ穴10から取り外しておき、その状態で液晶パネル1を駆動させて実際に画像を表示させ、表示状態を観察することでギャップが均一になっているか検査を行う。尚、ネジ11は、先端が第二電極基板3の裏面に接触しない程度に予めネジ穴10に挿入されていても良い。
【0016】
検査の結果、色ムラが発生していて、液晶パネル1の中央部分が膨らんでいると判断された場合には、台座基板6に設けられたネジ穴10にネジ11を挿入し、実際に表示検査を行いながらネジ11を捩じ込んで先端で第二電極基板3の裏面を押し上げる。これにより、液晶パネル1の膨らんでいた箇所が第二電極基板3側よりネジ11で加圧されてギャップが部分的に狭くなり、ある一定の加圧力となったところでギャップが均一となって色ムラが無くなる。そして、この状態になったところで必要に応じてネジ11を接着剤等で固定してギャップの調整が完了する。
【0017】
以上の実施例においてネジ穴10は一箇所に設けられているが、予め所定のピッチで複数のネジ穴10をマトリクス状に設けておき、実際に表示検査を行い色ムラが発生している箇所のネジ穴10にのみネジ11を選択的に挿入するようにしても良い。この構成では、色ムラの発生する箇所が予め予測困難であったとしても、複数あるネジ穴10の中から最適なものを選択するだけで、色ムラの発生箇所のみを的確に加圧することができる。
【0018】
また、台座基板6には事前にネジ穴10を設けずに、液晶表示装置を組み立てて先に表示検査を行い、色ムラが発生していた場合に限ってその発生箇所に対応する台座基板6の裏面に何らかの印を設けておき、後でその印の箇所にネジ穴10を形成してネジ11を挿入するようにしても良い。
【0019】
また、以上の実施例では液晶パネル1と対向する台座基板6の上面に液晶パネル1の膨らみを逃がすための凹部6aが設けられているが、液晶パネル1を台座基板6に固定する両面テープ等の厚みを利用して同様の空間を形成するようにしても良く、液晶パネル1の膨らみを逃がす必要が無いのであれば空間は省略しても良い。
【実施例2】
【0020】
図2は本発明の実施例2による液晶表示装置の断面図である。実施例2による液晶表示装置は、実施例1による液晶表示装置と同様の基本構成を備え、相違点として、液晶パネル1の第二電極基板3とネジ11の先端との間にスペーサー12が配置されている。
【0021】
スペーサー12は、例えばネジ11よりもヤング率の低いゴムなどの材料で構成され、少なくともネジ11先端の面積よりも広い面積を有するものであり、本実施例では、台座基板6に設けられた凹部6aの内部全体に広がる1枚のシートとして配置されている。
【0022】
以上の液晶表示装置において基板間のギャップを調整する際には、まず、ネジ11をネジ穴10から取り外しておき、その状態で液晶パネル1を駆動させて実際に画像を表示させ、表示状態を観察することでギャップが均一になっているか検査を行う。尚、ネジ11は、先端がスペーサー12越しに第二電極基板3の裏面に接触しない程度に予めネジ穴10に挿入されていても良い。
【0023】
検査の結果、色ムラが発生していて、液晶パネル1の中央部分が膨らんでいると判断された場合には、台座基板6に設けられたネジ穴10にネジ11を挿入し、実際に表示検査を行いながらネジ11を捩じ込み、先端でスペーサー12を押し上げ、そのままさらに第二電極基板3の裏面を押し上げる。そして、ある一定の加圧力となり、基板間のギャップが均一となって色ムラが無くなったところで、必要に応じてネジ11を接着剤等で固定してギャップの調整が完了する。
【0024】
この時、ネジ11の先端形状によっては、第二電極基板3の裏面を加圧した際に、ネジ11の先端が圧接した部分だけが局所的に加圧された状態(点加重)となってしまい、液晶パネル1の膨らみを均一に平坦化することができず、部分的に加圧不足や加圧過剰となる恐れがあるが、本実施例2においては、ネジ11の先端と第二電極基板3との間にネジ11の先端よりも面積の大きいスペーサー12が介在しており、このスペーサー12越しに第二電極基板3の裏面をネジ11で加圧することとなるため、ネジ11の加圧力が第二電極基板3の被加圧面に対して水平方向に分散され、液晶パネル1を均一に加圧することができる。特にスペーサー12がゴムのような弾性材料で構成されていれば、ネジ11の加圧力が分散され易い。
【0025】
尚、スペーサー12は、台座基板6に設けられた凹部6aの内部に配置されているため、その厚みによって液晶表示装置が高背化することはない。但し、スペーサー12は、台座基板6に設けられた凹部6aの内部に配置されていなくとも良く、台座基板6に凹部6aが設けられていない場合には、台座基板6の平坦面と第二電極基板3の平坦面との間に配置すれば良い。
【0026】
本発明は、反射型液晶パネルを用いた反射型液晶表示装置に限らず、透過型液晶パネルを用いた透過型液晶表示装置にも適用することが可能である。透過型液晶表示装置に適用する場合には、液晶パネル1を透過する光の進行を妨げないようにするため、例えば、台座基板6の液晶パネル1の表示領域と対向する部位に開口部や透過窓を設けると共に、ギャップ調整用のネジ11を液晶パネル1の表示領域外に配置する構成を採ることとなる。この構成では、液晶パネル1の膨らみの大きい中央部をネジ11で直接加圧することはできないが、膨らみがある程度小さければ、その周辺を加圧するだけでも十分な効果が得られる。
【符号の説明】
【0027】
1 液晶パネル
2 第一電極基板
3 第二電極基板
4 周辺接着剤
5 液晶
6 台座基板
6a 凹部
7 FPC
8 ワイヤー
9 シルバーエポキシ接着剤(導電性接着剤)
10 ネジ穴
11 ネジ
12 スペーサー

【特許請求の範囲】
【請求項1】
画素電極を有する第一電極基板と対向電極を有する第二電極基板とを所定の間隔を隔てて周辺接着剤により貼り合わせることで形成された空間に液晶を封入してなる液晶パネルを、台座基板上に主面を対向させて搭載した液晶表示装置であって、
前記台座基板の前記液晶パネルの主面と対向する部位にネジ穴が設けられ、
当該ネジ穴に前記液晶パネルの主面に対して進退可能となるようにネジが固定され、
当該ネジを前記液晶パネルに向けて前進させることで当該ネジの先端が前記液晶パネルの主面に圧接し、前記第一電極基板と前記第二電極基板との間隔が変化するように構成されていることを特徴とする液晶表示装置。
【請求項2】
前記ネジ穴は、マトリクス状に複数設けられ、当該複数のネジ穴のうち少なくとも一つに前記ネジが固定されていることを特徴とする請求項1に記載の液晶表示装置。
【請求項3】
前記ネジの先端と前記液晶パネルとの間に、前記ネジの先端よりも面積の大きいスペーサーが配置されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の液晶表示装置。
【請求項4】
前記スペーサーは、前記台座基板の前記液晶パネルの主面と対向する部位に設けられた凹部に配置されていることを特徴とする請求項3に記載の液晶表示装置。
【請求項5】
前記スペーサーは、前記ネジよりもヤング率の低い材料で構成されていることを特徴とする請求項3又は4に記載の液晶表示装置。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate


【公開番号】特開2013−15810(P2013−15810A)
【公開日】平成25年1月24日(2013.1.24)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−243622(P2011−243622)
【出願日】平成23年11月7日(2011.11.7)
【出願人】(000166948)シチズンファインテックミヨタ株式会社 (438)
【出願人】(000001960)シチズンホールディングス株式会社 (1,939)
【Fターム(参考)】