潤滑油中の異物診断装置及び方法

【課題】簡易迅速な潤滑油中の潤滑油中の異物診断装置及び方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る潤滑油中の異物診断装置は、潤滑油11を充填し、内部を保温又は加温する加温部12を有する外筒13と、保温又は加温された潤滑油11を所定圧で押圧する内筒14とからなる注射筒15と、注射筒15の先端部にフィルタ16aを備えた濾過部16を有してなり、該内筒14を所定圧力で押圧して濾過部16で潤滑油11中の異物17を捕集するものである。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、例えば油圧制御装置、ポンプ、エンジン、ピストン、軸受又は弁等の機器に用いる潤滑剤としての潤滑油の異物計測を迅速に行うことができる潤滑油中の異物診断装置及び方法に関する。
【背景技術】
【0002】
潤滑油を使用した機器としては、油圧制御装置・ポンプ・エンジン・ピストン・軸受・弁などがある。これらの製品に含まれる潤滑油の品質および純度が維持されることは、機器耐久性を維持させるために重要である。
その際、潤滑油の中に夾雑物等の異物成分が含まれた場合、機器損傷が起こる可能性が高くなる。また、機器摺動部の磨耗が発生した場合、磨耗粉は夾雑物となり、潤滑油中に存在する。したがって、潤滑油中の異物の量と、成分の分析とは、機器の磨耗が起こる危険性、磨耗が発生した際の磨耗の程度、磨耗箇所の推定のため、迅速に分析がなされる必要がある。
【0003】
従来から潤滑油中の異物の計測としては、フェログラフィ法、油中微粒子測定法(NAS等級)(JIS9934)、光学顕微鏡を用いた微粒子測定法(JISB9930)、質量法による汚染測定法(JISB9931)等が存在する。
【0004】
また、図3に示すようなフィルタラビリティ試験方法が提案されている。
図3に示すように、この濾過装置100は、フラスコ101に設置した濾過器102に濾紙103を設置し、潤滑油(有機溶剤で希釈したもの)104を所定量供給し、真空ポンプ105で引くことにより、異物106を濾紙103上に捕集するものである。なお、図中、符号107は濾液である。
なお、潤滑油104を濾過する際には、有機溶剤(例えばヘキサン等)で希釈しており、換気手段が必須である。
【0005】
【非特許文献1】JISB9934
【非特許文献2】JISB9930
【非特許文献3】JISB9931
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
前記JIS法の分析技術においては、各機器、器具、有機溶剤が必要であり、局所排気設備内での操作が必要となる為、現場にてサンプリングした潤滑油を持ち帰り分析しなければならない。その為、結果が出るまで約1週間程度かかり、油圧機器などのトラブル時に迅速な対応ができない、という問題がある。
【0007】
特に、航行中の舶用油圧機器等作動油等のトラブルにおいては、結果が出るまでに長期間を要し、その対策実施までの期間、多くの損失を招いているのが現状であるので、簡易迅速な計測装置の出現が求められている。
【0008】
本発明は、前記問題に鑑み、簡易迅速な潤滑油中の潤滑油中の異物診断装置及び方法を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上述した課題を解決するための本発明の第1の発明は、所定量の潤滑油を充填し、内部を保温又は加温する保温部を有する外筒と、保温又は加温された潤滑油を所定圧で押圧する内筒とからなる注射筒と、注射筒の先端部にフィルタを備えた濾過部を有してなり、該内筒を所定圧力で押圧して濾過部で潤滑油中の異物を捕集することを特徴とする潤滑油中の異物診断装置にある。
【0010】
第2の発明は、第1の発明において、保温又は加温する温度が60〜80℃であることを特徴とする潤滑油中の異物診断装置にある。
【0011】
第3の発明は、第1又は2の発明において、保温又は加温された潤滑油の粘度が30cst以下であることを特徴とする潤滑油中の異物診断装置にある。
【0012】
第4の発明は、所定量の潤滑油をフィルタで濾過する濾過部と、濾過する潤滑油を保温又は加温する保温部とを具備してなる異物診断装置を用い、潤滑油を所定の圧力で濾過部を通過させてフィルタ表面の潤滑油中の異物を捕集し、その後異物の量を計測することを特徴とする潤滑油中の異物診断方法にある。
【0013】
第5の発明は、所定量の潤滑油をフィルタで濾過する濾過部と、濾過する潤滑油を保温又は加温する保温部とを具備してなる異物診断装置を用い、潤滑油を所定の圧力で濾過部を通過させてフィルタ表面の潤滑油中の異物を捕集し、その後異物の形態(例えば色調等)を標準サンプルと比較することを特徴とする潤滑油中の異物診断方法にある。
【0014】
第6の発明は、所定量の潤滑油をフィルタで濾過する濾過部と、濾過する潤滑油を保温又は加温する保温部とを具備してなる異物診断装置を用い、潤滑油を所定の圧力で濾過部を通過させてフィルタ表面の潤滑油中の異物を捕集し、その後蛍光X線分析装置により、異物を分析する潤滑油中の異物診断方法にある。
【0015】
第7の発明は、第4乃至6のいずれか一つの発明において、保温又は加温する温度が60〜80℃であることを特徴とする潤滑油中の異物診断方法にある。
【0016】
第7の発明は、第4乃至7のいずれか一つの発明において、保温又は加温された潤滑油の粘度が30cst以下であることを特徴とする潤滑油中の異物診断方法にある。
【発明の効果】
【0017】
本発明によれば、所定期間経過毎に定期的に潤滑油の検査を行うことが、現場で可能となり、従来のような潤滑油を分析設備の整った場所に移動させることがなくなる。これにより簡易迅速な潤滑油の診断が可能となり、適正時期に潤滑油の交換を行う目安を設定することが可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
以下、この発明につき図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、この実施例によりこの発明が限定されるものではない。また、下記実施例における構成要素には、当業者が容易に想定できるもの、あるいは実質的に同一のものが含まれる。
【実施例1】
【0019】
本発明による実施例に係る潤滑油中の異物診断装置について、図面を参照して説明する。
図1は、実施例1に係る潤滑油中の異物診断装置の概略図である。図1に示すように、本実施例にかかる潤滑油中の異物診断装置10は、所定量の潤滑油11を充填し、内部を保温又は加温する加温部12を有する外筒13と、保温又は加温された潤滑油11を所定圧で押圧する内筒14とからなる注射筒15と、注射筒15の先端部にフィルタ16aを備えた濾過部16を有してなり、該内筒14を所定圧力で押圧して濾過部16で潤滑油11中の異物17を捕集するものである。
ここで、濾過部16のフィルタ16aは外筒13の先端側の捕集部13a、13bに金網18と共に挾持されている。前記フィルタ16aは、例えばポリテトラフルオロエチレン(「テフロン(登録商標)」)、セルロース、フッ素系樹脂等を用いることができる。
【0020】
前記異物診断装置10を用いて、潤滑油の診断を行うには、潤滑油の流動性を向上させるために、60℃以上に加温されている場合には、そのまま保温をするようにしている。
また、60℃以下の場合には、加温部12により加温することとして流動性を向上させるようにしている。
【0021】
また、保温又は加温された潤滑油の粘度としては、例えば30cst以下、好ましくは20cst以下とするのが好ましい。これは30cstを超えると濾過時間がかかり、現場での作業性が低下するからである。
【0022】
本実施例の潤滑油中の異物診断装置10を用いて、異物を診断するには、外筒13内に、所定量(例えば100cc)の潤滑油11を投入し、その後内筒14を装着して、所定温度に加温部12で加温する。その後、所定の圧力(例えば2気圧程度以上)で濾過部16のフィルタ16aを通過させ、フィルタ16a表面に潤滑油11中の異物を捕集するようにしている。
【0023】
捕集後に、フィルタ16aに捕集された異物17の量を重量計で計測する。
さらに顕微鏡で異物の大きさと種類を推定する。
または、フィルタ16a表面の色調を標準サンプルと比較する。
【0024】
さらに、可搬型の蛍光X線照射装置により蛍光X線を照射させ、成分(例えばFe、Cu、Cr、Ni、Si、Mg、Ca等)を分析するようにしてもよい。これにより、潤滑油中の異物の種類が特定できることとなる。
【0025】
本発明によれば、所定期間経過毎に定期的に潤滑油の検査を行うことが、現場で可能となり、従来のような潤滑油を分析設備の整った場所に移動させることがなくなる。これにより簡易迅速な潤滑油の診断が可能となり、適正時期に潤滑油の交換を行う目安を設定することが可能となる。
また、診断の程度により、検査の回数を多くすることで診断精度を向上させることもできる。
【0026】
このように、本発明によれば、現場にて潤滑油の迅速な診断が可能となり、従来のような結果が出るまでに長期間を要することがなく、その対策実施までの期間がなくなるので、大きな損失を回避することができる。
【実施例2】
【0027】
本発明による実施例に係る潤滑油中の異物診断装置について、図面を参照して説明する。
図2は、実施例2に係る潤滑油中の異物診断装置の概略図である。図2に示すように、本実施例にかかる潤滑油中の異物診断装置は、潤滑油21が流れる本設ライン20から分岐されたサンプリングライン22に濾過部24が介装され、分岐された潤滑油21aを濾過部24で通過させることにより、濾過部24内のフィルタ(図示せず)で潤滑油21a中の異物を捕集するものである。
なお、符号12は加温部であり、サンプリングライン22を加温するようにしている。また、符号23は、サンプリングライン22中に設けられたバルブであり、該バルブ23を開放することで、任意に潤滑油中の異物を計測できるようにしている。
【0028】
前記異物診断装置において、濾過部24からの異物が除去された潤滑油21bは、別途、戻りタンクに戻すようにしている。また、引き込みポンプを設け、本設ライン20に送るようにしてもよい。
【0029】
計測を行うには、濾過部24にフィルタを設置し、加温部12を加温させて保温(60〜80℃)状態で、バルブ23を開き、潤滑油21aを濾過させる。
その後、バルブ23を閉めて、フィルタを取り出し、実施例1と同様に診断を行う。
【0030】
本実施例によれば、現場にてサンプリングして、必要なときに、潤滑油を診断することができ、油圧機器などのトラブルの発生を防止することができる。
【0031】
この結果、例えば船舶等の航行中の舶用油圧機器等作動油等のトラブルが未然に防止できることとなる。
【産業上の利用可能性】
【0032】
以上のように、本発明に係る潤滑油中の異物診断装置は、所定期間経過毎に定期的に潤滑油の検査を行うことが可能となり、適正時期に潤滑油の交換を行うことができ、潤滑油の簡易判定に適している。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】実施例1に係る潤滑油中の異物診断装置の概略図である。
【図2】実施例2に係る潤滑油中の異物診断装置の概略図である。
【図3】従来の潤滑油中の異物診断装置の概略図である。
【符号の説明】
【0034】
10 異物診断装置
11 潤滑油
12 加温部
13 外筒
14 内筒
15 注射筒
16 濾過部
16a フィルタ
17 異物

【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定量の潤滑油を充填し、内部を保温又は加温する保温部を有する外筒と、
保温又は加温された潤滑油を所定圧で押圧する内筒とからなる注射筒と、
注射筒の先端部にフィルタを備えた濾過部を有してなり、
該内筒を所定圧力で押圧して濾過部で潤滑油中の異物を捕集することを特徴とする潤滑油中の異物診断装置。
【請求項2】
請求項1において、
保温又は加温する温度が60〜80℃であることを特徴とする潤滑油中の異物診断装置。
【請求項3】
請求項1又は2において、
保温又は加温された潤滑油の粘度が30cst以下であることを特徴とする潤滑油中の異物診断装置。
【請求項4】
所定量の潤滑油をフィルタで濾過する濾過部と、
濾過する潤滑油を保温又は加温する保温部とを具備してなる異物診断装置を用い、
潤滑油を所定の圧力で濾過部を通過させてフィルタ表面の潤滑油中の異物を捕集し、その後異物の量を計測することを特徴とする潤滑油中の異物診断方法。
【請求項5】
所定量の潤滑油をフィルタで濾過する濾過部と、
濾過する潤滑油を保温又は加温する保温部とを具備してなる異物診断装置を用い、
潤滑油を所定の圧力で濾過部を通過させてフィルタ表面の潤滑油中の異物を捕集し、その後異物の形態を標準サンプルと比較することを特徴とする潤滑油中の異物診断方法。
【請求項6】
所定量の潤滑油をフィルタで濾過する濾過部と、
濾過する潤滑油を保温又は加温する保温部とを具備してなる異物診断装置を用い、
潤滑油を所定の圧力で濾過部を通過させてフィルタ表面の潤滑油中の異物を捕集し、その後蛍光X線分析装置により、異物を分析する潤滑油中の異物診断方法。
【請求項7】
請求項4乃至6のいずれか一つにおいて、
保温又は加温する温度が60〜80℃であることを特徴とする潤滑油中の異物診断方法。
【請求項8】
請求項4乃至7のいずれか一つにおいて、
保温又は加温された潤滑油の粘度が30cst以下であることを特徴とする潤滑油中の異物診断方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate


【公開番号】特開2010−107251(P2010−107251A)
【公開日】平成22年5月13日(2010.5.13)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2008−277369(P2008−277369)
【出願日】平成20年10月28日(2008.10.28)
【出願人】(000006208)三菱重工業株式会社 (10,378)
【Fターム(参考)】