Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物を含有する抗酸化用化粧料組成物
説明

炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物を含有する抗酸化用化粧料組成物

本発明は、抗酸化用化粧料組成物に関し、より詳細には、漢方加工技術である炮製を活用して加工されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上を有効成分として含有し、または上記炮製処理された抽出物とこれらの生薬材の抽出物のうち1種以上とを混合した混合抽出物を有効成分として含有する抗酸化用化粧料組成物に関する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、抗酸化用化粧料組成物に関し、より詳細には、漢方加工技術である炮製を活用して加工されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上を、又は上記炮製処理された抽出物と、これらの生薬材の抽出物のうち1種以上とを混合した混合抽出物を有効成分として含有する抗酸化用化粧料組成物に関する。
【背景技術】
【0002】
炮製(Po-je)法は、漢方医伝統製薬技術であって、合和(Hap-hwa)、合薬(Hap-yak)、修治(Su-chi)、匍炙(Po-ja)、法製(Bub-je)及び修事(Su-sa)などと呼ばれていて、これは、漢方理論に基づいて薬材を加工処理することによって、薬材本来の性質を変化させる製薬技術であるといえる。
【0003】
漢方薬を炮製する目的は、薬物を清潔にし、保存を容易にし、薬物の毒性と副作用を低下させるかまたは除去し、薬性を変化させて薬をさらに効果的に製造し、薬物の治療効果を増強させ、薬材の悪いにおいと味を無くして服用を良好にするためである。
【0004】
一方、化粧品の製造時に美白、しわ改善及び皮膚保護など多様な効能を有する原料がスクリーニングされて添加されている。それらのうち、抗酸化効果は、皮膚老化の原因物質である活性有害酸素を除去して皮膚老化を遅延させることによって、相対的に皮膚老化を予防し、暗く且つ弾力ない皮膚を新鮮で且つ透明な皮膚に作り、見掛け上、元気な皮膚を作る。しかし、抗酸化効能を有する物質は、制限的であるか、またはそのような効能を有する物質も多く知られていないし、現在使用される少数の物質も化学的に合成して使用されている。
【0005】
最近、様々な化学物質などによる皮膚刺激を低減するために、天然物を使用した化粧品が多様に開発されている。このような天然材料は、皮膚に副作用が少ないのみならず、消費者の関心が高くなるに伴い、化粧品原料として開発価値がさらに増加している。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
これより、本発明者らは、優れた抗酸化効果を有する天然原料について研究したところ、炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物を単独で、またはこれらの生薬材の抽出物とを共に混合して化粧料組成物を製造する場合、抗酸化効果に非常に優れていることを知見し、本発明を完成するに至った。
【0007】
したがって、本発明の目的は、優れた抗酸化効果を有する化粧料組成物を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を達成するために、本発明では、炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上を有効成分として含有する抗酸化用化粧料組成物を提供する。
【0009】
また、本発明では、炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上と、これらの生薬材の抽出物のうち1種以上とを混合した混合抽出物を含有する抗酸化用化粧料組成物を提供する。
【発明の効果】
【0010】
本発明による化粧料組成物は、炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物を単独で、またはこれらの生薬材の抽出物との混合物を含有することによって、DPPH酸化を抑制する抗酸化効能に優れていることを確認した。
【発明を実施するための形態】
【0011】
本発明は、炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上を有効成分として含有する抗酸化用化粧料組成物に関する。
【0012】
また、本発明による化粧料組成物は、上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上と、これらの生薬材の抽出物のうち1種以上とを混合して含有する抗酸化用化粧料組成物に関する。この時、炮製処理された抽出物に混合される生薬材の抽出物は、上記炮製処理された抽出物の製造に使用した薬材とは異なる薬材を使用して製造される。例えば、本発明の好ましい一実施例では、シャクヤク生薬材抽出物と、炮製処理された玉竹及び百合の抽出物とを有効成分として含有することができるが、これらに限定されない。
【0013】
本発明において使用する「生薬材抽出物」という用語は、炮製処理せずに、シャクヤク、玉竹または百合を通常的に使用される水または有機溶媒で抽出して得た抽出物を意味する。
【0014】
以下、本発明を詳しく説明する。
本発明において使用するシャクヤク(Peony)は、金鳳花科(Ranunculaceae)の多年生草であって、花は、茎の端に1個が咲く。花は、大きくて且つ美しく、栽培した時、直径が10cm程度である。花色は、赤色及び白色など多様であり、様々な園芸品種がある。花びらは、10個程度であるが、基本種は、8〜13個であり、長さが5cm程度である。雄しべは、非常に多く、黄色であり、雌しべは、3〜5個であり、柱頭が後を向く。通常、5〜6月に開化し、漢方では、根を陣痛、腹痛、月経痛、無月経、吐血、貧血及び打撲傷などに薬材として使用する。本発明では、保管上の困難性(腐敗)または有効抽出物の量的減少などの問題を考慮して、上記シャクヤクの根を乾燥した形態で使用するが、これらに限定されない。
【0015】
本発明において使用する玉竹(Polygonati rhizoma)は、百合科に属する多年生草本であるアマドコロ(Polygonatum odoratum)の根を乾燥した薬材であって、漢方では、黄精(Hwang-jung)、イズイ(Wi-yu)及び玉竹(Ok-jook)という薬名として使用する。アマドコロは、土中で茎が出て高さ30〜80cm程度伸び、葉は、茎の一方にかたよって互生であり、先端が尖っていて、端が単調である。味は甘くてあっさりであり、性質は、冷たく、無毒である。主として脾臓、肺臓、胃腸に作用し、代表的な成分としては、コンバラマリン(convallamarin)、コンバラリン(convallarin)、ケンフェロールグルコシド(kaempferolglucoside)、クエルシトール(quercitol)、ビタミンA、澱粉及び粘液質などを含んでいる。
【0016】
本発明において使用する百合(Lily)は、百合科に属する多年生草であって、背が1mまで伸び、鱗茎は、少し平たい球のような形状を有する。葉は、葉柄なしに茎を囲みながら互生であり、花は、5〜6月に茎の端で2〜3輪ずつ横または下方に向けて開花香りを有するが、品種によって香りがないものもある。本発明では、保管上の困難性(腐敗)または有効抽出物の量的減少などの問題を考慮して、上記百合の茎(鱗形状の茎)を乾燥した形態で使用するが、これに限定されない。
【0017】
本発明による化粧料組成物は、上記シャクヤク、玉竹及び百合をそれぞれ炮製処理した後、それを有機溶媒で抽出して製造した抽出物を含有することが特徴である。
【0018】
炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物は、
a)シャクヤク、玉竹または百合に蜂蜜を添加し、30分〜1時間蜂蜜を吸収させる段階と、
b)上記a)段階を進行した後、100〜180℃で10分〜1時間炒める段階と、
c)上記b)段階を経て炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合を、水または有機溶媒で抽出する段階を行うことによって製造することができる。
【0019】
上記a)段階で、蜂蜜は、使用されたシャクヤク、玉竹または百合の重量に対して20〜30%の量となるように添加する。
【0020】
上記c)段階の抽出過程は、当業界に知られた通常的な方法で行うことができる。例えば、炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合に、水または有機溶媒を入れ、還流抽出して浸漬した後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物をそれぞれ得ることができる。本発明に使用する有機溶媒は、エタノール、メタノール、ブタノール、エーテル、エチルアセテート、クロロホルム、及びこれら有機溶媒と水との混合溶媒よりなる群から選択することができるし、好ましくは、80%エタノールを使用する。この時、抽出温度は、10〜80℃であることが好ましく、抽出時間は、6〜24時間が好ましい。上記の抽出温度及び抽出時間の範囲を脱すれば、抽出効率が減少するか、または成分に変化が生ずることがある。
【0021】
上記で、溶媒を利用して抽出物を得た後、当業界に知られた通常的な方法で常温で冷浸、加熱及び濾過して液相物を得ることができ、または追加で溶媒を蒸発、噴霧乾燥または凍結乾燥することによって、抽出物を製造することができる。
【0022】
本発明による化粧料組成物は、上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物を単独で、またはこれらを2種以上混合した形態で、組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%の量で含有する。その含量が0.0001重量%未満なら、上記抽出物による抗酸化効果などを得ることができず、30重量%超過なら、含量増加に比べてその効果の増加が大きくなく、安定性または剤形上の製造に困難がある。
【0023】
上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物を混合して使用する場合には、混合物全体含量が組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%の量で含有されることが好ましく、各成分は、組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%の範囲で任意に混合されることができ、好ましくは、炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物を1:1:1の重量比で使用することが好ましい。
【0024】
また、本発明による化粧料組成物は、上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上とともに、これらの生薬材の抽出物のうち1種以上をさらに含むことができる。
【0025】
上記シャクヤク、玉竹または百合の生薬材の抽出物は、炮製処理を進行せずに、シャクヤク、玉竹または百合を、水または有機溶媒で抽出して得たものであって、その過程は、前述したc)段階の抽出過程と同一である。この時、炮製処理された抽出物に混合される生薬材の抽出物は、上記炮製処理された抽出物の製造に使用した薬材とは異なる薬材を使用して製造される。
【0026】
また、本発明による化粧料組成物は、炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上と、これらの生薬材の抽出物のうち1種以上とを組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%の量で含有する。その含量が0.0001重量%未満なら、上記抽出物による抗酸化効果などを得ることができず、30重量%超過なら、含量増加に比べてその効果の増加が大きくなく、安定性または剤形上の製造に困難がある。
【0027】
上記混合物において炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物と、これらの生薬材の抽出物とを混合して使用する場合には、混合物全体含量が組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%の量で含有されることが好ましく、各成分は、組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%の範囲で任意に混合されることができ、好ましくは、各成分をいずれも同量で混合して使用することが好ましい。
【0028】
本発明による化粧料組成物は、柔軟化粧水、収斂化粧水、栄養化粧水、栄養クリーム、マッサージクリーム、エッセンス、パック、ファウンデーション、リップスティックまたはパウダーファウンデーションなどに剤形化されることができるが、これらに限定されるものではない。
【0029】
各剤形の化粧料組成物において、上記抽出物以外の他の成分は、その他化粧料の剤形または使用目的によって当業者が困難性なしに適宜選定して配合することができる。
【実施例】
【0030】
以下、実施例及び試験例により本発明をさらに具体的に説明するが、これら実施例及び試験例は、本発明に対する理解を助けるためのものに過ぎず、本発明の範囲がこれら例に限定されるものではない。
【0031】
[比較例1]シャクヤク生薬材抽出物の製造
乾燥したシャクヤク1kgに80%エタノール水溶液5Lを入れ、3回還流抽出した後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク生薬材抽出物300gを得た。
【0032】
[比較例2]玉竹生薬材抽出物の製造
乾燥した玉竹1kgに80%エタノール水溶液5Lを入れ、3回還流抽出した後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、玉竹生薬材抽出物230gを得た。
【0033】
[比較例3]百合生薬材抽出物の製造
乾燥した百合1kgに80%エタノール水溶液5Lを入れ、3回還流抽出した後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、百合生薬材抽出物215gを得た。
【0034】
[比較例4]シャクヤク生薬材、玉竹生薬材及び百合生薬材抽出物の混合物の製造
比較例1のシャクヤク生薬材抽出物50g、比較例2の玉竹生薬材抽出物50g及び比較例3の百合生薬材抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させた後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク生薬材、玉竹生薬材及び百合生薬材抽出物の混合物125gを得た。
【0035】
[実施例1]シャクヤク蜜炙(honey-roasted)抽出物の製造
乾燥したシャクヤク1kgに蜂蜜300gを充分に吸収させた後、150℃で15分間炒めた後、陰地に乾かした。80%エタノール水溶液5Lを入れ、3回還流抽出した後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離して、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク蜜炙抽出物430gを得た。
【0036】
[実施例2]玉竹蜜炙抽出物の製造
乾燥した玉竹1kgに蜂蜜300gを充分に吸収させた後、150℃で15分間炒めた後、陰地に乾燥した。80%エタノール水溶液5Lを入れ、3回還流抽出した後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、玉竹蜜炙抽出物300gを得た。
【0037】
[実施例3]百合蜜炙抽出物の製造
乾燥した百合1kgに蜂蜜300gを充分に吸収させた後、150℃で15分間炒めた後、陰地に乾燥した。80%エタノール水溶液5Lを入れ、3回還流抽出した後、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、百合蜜炙抽出物320gを得た。
【0038】
[実施例4]シャクヤク生薬材、玉竹生薬材及び百合蜜炙抽出物の混合物の製造
比較例1のシャクヤク生薬材抽出物50g、比較例2の玉竹生薬材抽出物50g及び実施例3の百合蜜炙抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク生薬材、玉竹生薬材及び百合蜜炙抽出物の混合物130gを得た。
【0039】
[実施例5]シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合生薬材抽出物の混合物の製造
比較例1のシャクヤク生薬材抽出物50g、実施例2の玉竹蜜炙抽出物50g及び比較例3の百合生薬材抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合生薬材抽出物の混合物135gを得た。
【0040】
[実施例6]シャクヤク蜜炙、玉竹生薬材及び百合生薬材抽出物の混合物の製造
実施例1のシャクヤク蜜炙抽出物50g、比較例2の玉竹生薬材抽出物50g及び比較例3の百合生薬材抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク蜜炙、玉竹生薬材及び百合生薬材抽出物の混合物115gを得た。
【0041】
[実施例7]シャクヤク蜜炙、玉竹蜜炙及び百合生薬材抽出物の混合物の製造
実施例1のシャクヤク蜜炙抽出物50g、実施例2の玉竹蜜炙抽出物50g及び比較例3の百合生薬材抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク蜜炙、玉竹蜜炙及び百合生薬材抽出物の混合物128gを得た。
【0042】
[実施例8]シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物の製造
比較例1のシャクヤク生薬材抽出物50g、実施例2の玉竹蜜炙抽出物50g及び実施例3の百合蜜炙抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物114gを得た。
【0043】
[実施例9]シャクヤク蜜炙、玉竹生薬材及び百合蜜炙抽出物の混合物の製造
実施例1のシャクヤク蜜炙抽出物50g、比較例2の玉竹生薬材抽出物50g及び実施例3の百合蜜炙抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク蜜炙、玉竹生薬材及び百合蜜炙抽出物の混合物108gを得た。
【0044】
[実施例10]シャクヤク蜜炙、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物の製造
実施例1のシャクヤク蜜炙抽出物50g、実施例2の玉竹蜜炙抽出物50g及び実施例3の百合蜜炙抽出物50gを混合した後、80%エタノール水溶液800mLを入れて完全に溶解させ、15℃で1日間浸漬した。その後、濾過布を用いた濾過と遠心分離を通じて残渣と濾液を分離し、分離した濾液を減圧濃縮し、シャクヤク蜜炙、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物134gを得た。
【0045】
[試験例1]抗酸化効果試験(DPPHテスト)
比較例1〜4及び実施例1〜10で製造した抽出物及びこれらの混合物の抗酸化効果を調べるために、有機ラジカルであるDPPH(1、1−ジフェニル−2−ピクリルヒドラジル、1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl)の還元によって(抗酸化剤は酸化される)発生する吸光度の変化を通じてDPPH酸化抑制効能を比較測定することによって、抗酸化能を評価する方法で行った。すなわち、上記比較例1〜4で収得した抽出物と実施例1〜10で収得した抽出物またはその混合物に対して、DPPHの酸化が抑制されて吸光度が対照群に比べて減少する程度を測定し、対照群の吸光度に比べて50%以下の吸光度を示す濃度を有効抗酸化濃度として評価した。
【0046】
100μM(inエタノール)のDPPH溶液190μLに、上記で収得した比較例1〜4、実施例1〜10及び陽性対照群をそれぞれ10μLずつ入れて反応液を作り、37℃で30分間反応させた後、540nmで吸光度を測定した。上記陽性対照群としては、広く使用している合成抗酸化剤であるトロロクス(Trolox)を使用した。各物質のDPPH分析結果は、下記の表1に示し、IC50は、添加した試料により吸光度が50%減少した時の試料濃度を意味する。
【0047】
【表1】

【0048】
上記の表1から確認することができるように、実施例1〜3の蜜炙抽出物の抗酸化能が生薬材抽出物である比較例1〜3と比べて極めて優れているだけでなく、陽性対照群として使用した合成抗酸化剤であるトロロクスと比較しても、その効果が極めて優れていた。
【0049】
また、炮製処理された抽出物と生薬材抽出物とを混合した場合には、シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物を含有する実施例8が最も優れた抗酸化能を示し、これもまたトロロクスより抗酸化能に優れていることを確認した。
【0050】
[剤形例1]栄養化粧水
シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物を含有する栄養化粧水を下記の表2に記載した組成で製造した(単位:重量%)。
【0051】
【表2】

【0052】
[剤形例2]柔軟化長寿
シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物を含有する柔軟化粧水を下記の表3に記載した組成で製造した(単位:重量%)。
【0053】
【表3】

【0054】
[剤形例3]栄養クリーム
シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物を含有する栄養クリームを下記の表4に記載した組成で製造した(単位:重量%)。
【0055】
【表4】

【0056】
[剤形例4]マッサージクリーム
シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物を含有するマッサージクリームを下記の表5に記載した組成で製造した(単位:重量%)。
【0057】
【表5】

【0058】
[剤形例5]パック
シャクヤク生薬材、玉竹蜜炙及び百合蜜炙抽出物の混合物を含有するパックを下記の表6に記載した組成で製造した(単位:重量%)。
【0059】
【表6】


【特許請求の範囲】
【請求項1】
炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上を有効成分として含有する抗酸化用化粧料組成物。
【請求項2】
上記組成物は、炮製処理されないシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上をさらに含み、この追加された抽出物は、上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上の抽出物の製造に使用される薬材とは異なる薬材を使用して製造されることを特徴とする請求項1に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項3】
上記組成物は、炮製処理されないシャクヤク抽出物と、炮製処理された玉竹及び百合の抽出物との抽出混合物を有効成分として含有するものであることを特徴とする請求項2に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項4】
上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物は、
a)シャクヤク、玉竹または百合に蜂蜜を添加し、30分から1時間蜂蜜を吸収させる段階、
b)上記a)段階を進行した後、100〜180℃で10分〜1時間炒める段階、
及びc)上記b)段階を進行して炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合を、水または有機溶媒で抽出する段階を経て製造されたものであることを特徴とする請求項1に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項5】
上記炮製処理されないシャクヤク、玉竹または百合の抽出物は、シャクヤク、玉竹または百合を、水または有機溶媒により抽出したものであることを特徴とする請求項2に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項6】
上記有機溶媒は、エタノール、メタノール、ブタノール、エーテル、エチルアセテート、クロロホルム、及びこれらの有機溶媒と水との混合溶媒よりなる群から選択された1種以上であることを特徴とする請求項4または5に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項7】
上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上は、組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%で含有されることを特徴とする請求項1に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項8】
上記炮製処理されたシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上と、上記炮製処理されないシャクヤク、玉竹及び百合の抽出物のうち1種以上との混合物は、組成物全体重量に対して0.0001〜30重量%で含有されることを特徴とする請求項2に記載の抗酸化用化粧料組成物。
【請求項9】
炮製処理されたシャクヤク、玉竹または百合の抽出物の皮膚抗酸化のための用途。

【公表番号】特表2012−509255(P2012−509255A)
【公表日】平成24年4月19日(2012.4.19)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−536263(P2011−536263)
【出願日】平成21年11月19日(2009.11.19)
【国際出願番号】PCT/KR2009/006834
【国際公開番号】WO2010/058982
【国際公開日】平成22年5月27日(2010.5.27)
【出願人】(503327691)株式會社アモーレパシフィック (73)
【氏名又は名称原語表記】AMOREPACIFIC CORPORATION
【Fターム(参考)】