Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
皮膚メラニン抑制剤
説明

皮膚メラニン抑制剤

【課題】 皮膚メラニン抑制活性が高く、美白効果に優れた皮膚メラニン抑制剤を提供する。
【解決手段】 フラーレン類を有効成分として皮膚メラニン抑制剤とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この出願の発明は化粧品、ファンデーション、医薬等において有用な、美白効果に優れたフラーレン類を有効成分とする皮膚メラニン抑制剤に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来より肌を黒くする色素メラニンを産生する皮膚細胞によるメラニン産生を抑制することのできる物質として、ビタミンC(アスコルビン酸類)が知られており、またビタミンPは、このビタミンCによる皮膚の美白作用効果を増強する物質であることも知られている。そして、このような従来の知見に基づいて、ビタミンC以外にも、皮膚メラニンの産生を抑制するための活性成分や組成物が化粧料、医用外用剤等としてこれまでに各種のものが提案されている(たとえば、特許文献1−4)。しかしながら、これまでのものは、化粧料や医薬外用剤等としての実際的適用の観点からは、必ずしも十分にはそのメラニン抑制の作用が発揮されていないという問題があった。
【特許文献1】WO2002/043736
【特許文献2】特開2003−221307
【特許文献3】特開2004−91396
【特許文献4】特表2004−501176
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
そこで、この出願の発明は、以上のとおりの背景から、皮膚メラニン抑制活性が高く、安全性の高い、新しい皮膚メラニン抑制剤を提供することを課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0004】
この出願の発明者らは、上記の課題を解決すべく鋭意検討を進め、その過程において、フラーレン類が注目すべき皮膚メラニン抑制活性を有しており、良好な活性安定型のフラーレン類に極めて高い皮膚メラニン抑制効果のあること見いだしこの出願の発明を完成した。また、フラーレン類を有効成分とする皮膚メラニン抑制剤は副作用が極めて少ないばかりか既存の皮膚メラニン抑制剤との併用によりさらに皮膚メラニン抑制活性が高められることも見出している。
【0005】
すなわち、この出願は、上記の課題を解決するものとして以下の発明を提供する。
〔1〕フラーレン類のうちの1種以上を有効成分とする皮膚メラニン抑制剤。
〔2〕フラーレン類は、フラーレン、フラーレン誘導体のあるいは有機化合物により修飾もしくは包接されたフラーレンまたはフラーレン誘導体の複合体のうちの1種以上である皮膚メラニン抑制剤。
〔3〕フラーレン誘導体は、含酸素基、含窒素基および置換基を有していてもよい炭化水素基のうちの1種以上を結合するフラーレンである皮膚メラニン抑制剤。
〔4〕フラーレン類は、金属との塩類のうちの1種以上である皮膚メラニン抑制剤。
〔5〕フラーレン類の塩類は、Na、K、Mg、CaおよびAlの塩のうち1種以上である皮膚メラニン抑制剤。
〔6〕フラーレン類は、水酸化フラーレン類とそのエステル類のうちの1種以上である皮膚メラニン抑制剤。
〔7〕水または結晶水との付加物を有効成分とする上記の皮膚メラニン抑制剤。
〔8〕フラーレン類は、フラーレンおよびフラーレン誘導体のうちの1種以上と有機オリゴマー、有機ポリマー、シクロデキストリンおよびクラウンエーテルとそれらの類縁化合物のうちの1種以上との複合体である皮膚メラニン抑制剤。
〔9〕フラーレンおよびフラーレン誘導体のうちの1種以上とポリビニルピロリドン(PVP)との複合体である請求項8の皮膚メラニン抑制剤。
〔10〕上記の皮膚メラニン抑制剤とともに、他の皮膚メラニン抑制剤とを含有する皮膚メラニン抑制剤。
〔11〕他の皮膚メラニン抑制剤が、アスコルビン酸またはその塩、もしくはアスコルビン酸の誘導体、あるいはこれらとビタミンPとの混合物のうちの1種以上である上記の皮膚メラニン抑制剤。
【発明の効果】
【0006】
以上のとおりのこの出願の発明によれば、皮膚メラニン抑制活性が高く、副作用を抑えて安全性の良好なものとした、美白効果に優れた皮膚メラニン抑制剤が提供される。皮膚メラニン抑制剤との併用によりその優れた特長はさらに増大されることになる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
この出願の発明は上記のとおりの特徴をもつものであるが、以下にその実施の形態について説明する。
【0008】
この出願の発明の皮膚メラニン抑制剤における有効成分はフラーレン類の1種以上のものである。ここでフラーレン類とは、フラーレン、フラーレン誘導体、あるいは有機化合物により修飾もしくは包接されたフラーレンまたはフラーレン誘導体の複合体であってよく、このうちのフラーレンは、Cn(nは60以上の整数)として表わされるもので、C60フラーレン、C70フラーレン等をはじめ、さらにはカーボンチューブフラーレン等の球面状、チューブ等の炭素骨格構造を有する、従来公知のものをはじめとする各種のものが例として挙げられる。
【0009】
そして、この出願の発明のフラーレン類には、このような炭素骨格構造に各種の置換基、たとえば置換基を有していてもよい炭化水素基、酸素架橋基、水酸基、アシル基、エーテル基、カルボキシル基等の含酸素基、アミノ基、シアノ基の含窒素基等を有しているフラーレン誘導体も含まれる。
【0010】
そしてまた、たとえばこの出願の発明のフラーレンには、メチレン鎖等のアルキレン鎖を介して複数のフラーレンが結合したものや、フラーレン60の誘導体としては、フラーレン分子一個に対して修飾基が1個から40個結合していればよく、たとえばフラーレン70の誘導体としては、フラーレン分子一個に対して修飾基が1個から50個結合していればよく、この修飾基は、各々独立に水酸基またはその水酸基と無機もしくは有機酸とのエステル基または糖との配糖体基、もしくは水酸基とケトンとのケタール基もしくはアルデヒドとのアセタール基であればよく、このフラーレン修飾化合物またはその塩及びそこから選択される少なくとも一種であればよい。さらにこの出願の発明のフラーレンは、C60フラーレン、C70フラーレン又はナノチューブフラーレンでもよく、それらから選択させる一種以上の混合物でもよい。また、フラーレンの未生成物であるカーボンブラック(フラーレン類を含むすす)が残存したフラーレンでもよく、フラーレン中のカーボンブラックの濃度が0〜98重量%のものであればよい。
【0011】
また、フラーレン含酸素誘導体については、フラーレン骨格の炭素原子に直接的に、あるいはアルキレン鎖等の炭素鎖を介して酸素原子が結合するものが考慮される。たとえば水酸化率が50/モル・フラーレン程度までの−OH基が直接結合した水酸化フラーレン等が例示される。
【0012】
たとえば以上のようなフラーレンまたはフラーレン導体を修飾もしくは包接する有機化合物としては、有機オリゴマー、有機ポリマーおよび包接化合物または包接錯体が形成可能なシクロデキストリン(CD)やクラウンエーテルもしくはそれらの類縁化合物の1種または2種以上のものが好適なものとして例示される。
【0013】
有機オリゴマーや有機ポリマーとしては、たとえば、カルボン酸エステル類、アルコール類、糖類、多糖類、多価アルコール類、ポリエチレングリコール、ブチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリビニルアルコール、等のポリアルキレングリコール又は多価アルコール類の重合体、デキストラン、プルラン、デンプン、ヒドロキシエチルデンプン及びヒドロキシプロピルデンプンのようなデンプン誘導体を含む非イオン性水溶性高分子、アルギン酸、ヒアルロン酸、キトサン、キチン誘導体、並びにこれらの高分子のアニオン性又はカチオン性誘導体及びこれらの高分子グリセリン及び脂肪酸類、油類、炭酸プロピレン、ラウリルアルコール、エトキシル化ひまし油、ポリソルベート類、及びこれらのエステル類又はエーテル類、及びこれらの重合体、及びこれらのポリエステル重合体類、ポリビニルピロリドン等のピロリドン重合体類、不飽和アルコール重合体類のエステル類またはエーテル類およびポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブロック共重合体等のものがフラーレン又はその誘導体に結合したものが好ましく、それらの一種以上の混合物であってもよい。なかでも、ポリエチレングリコール(PEG)等のポリアルキレングリコール、ポリビニルピロリドン(PVP)、等の各種のものが好ましいものとして例示される。PEG、PVP等のポリマーの場合には、その平均分子量については、一般的には、2000〜100,000程度が好ましい、フラーレンまたはフラーレン含酸素誘導体との比率としては、モル比として10/1以下程度とすることが考慮される。この出願の発明において好適なフラーレン類としては、水酸化フラーレン、水酸化フラーレンのエステル類、たとえば、モノエステル類、ジエステル類、トリエステル類、ポリエステル類やそれらの塩類より選択される一種または二種以上の混合物も例示される。
【0014】
これらフラーレン類は物質としては既に公知であり化粧品原料、飼料原料等に公知の用途がある。
【0015】
この出願の発明のフラーレン類の塩類とは、たとえば水酸化フラーレン類や、フラーレンエステル類の塩類、ポリ水酸化フラーレン類、フラーレンジエステル、フラーレントリエステル、フラーレンポリエステル等の塩類から選択されてよく、その塩類は生理学的に受容される塩を形成していればよい。これら塩の例としては、無機塩や有機塩が挙げられる。
【0016】
これらの塩としては、アルカリ金属(例、ナトリウム、カリウムなど)、アルカリ土類金属(例、カルシウム、マグネシウムなど)などの金属の塩であってもよく、あるいは、トリメチルアミン、トリエチルアミン、ピリジン、ピコリン、N,N−ジベンジルエチレンジアミン、エタノールアミン、ジエタノールアミン、トリスヒドロキシメチルアミノメタン、ジシクロヘキシルアミン等の有機塩基との塩であってもよい。安全性の高さ、経済性等の観点から、水酸化フラーレン類およびフラーレンモノエステル類の塩類として、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、アルミニウムから選択される一種または二種以上の金属塩が適している。
【0017】
フラーレン類として水溶性のあるフラーレン誘導体や有機化合物による修飾体あるいは包接体、そしてフラーレン類の塩類は安定性が高く、水に溶けやすく、またpHが調整可能なため、細胞毒性が低く生体適合性が高いので、この出願の発明に使用するのにより適している。たとえばフラーレンと高分子ポリマーとしてのPEG(ポリエチレングリコール)、PVP(ポロビニルピロリドン)や、CD(シクロデキストリン)による修飾あるいは包接体、そして1価の塩類が2価の塩類よりも水に対する溶解性が高いことから好ましい。特に、フラーレン−PVPや、水酸化フラーレン類やフラーレンエステル類のナトリウム、水酸化フラーレン類やフラーレンモノエステル類のカリウムが適している。
【0018】
これらを用いた皮膚メラニン抑制剤は、その製造コストが安価なため、動物用などの安価な皮膚メラニン抑制剤にも適してもいる。
【0019】
たとえば、注目されるものの一つとして水溶性のPVP−フラーレン複合体がある。PVP(ポリビニルピロリドン)は、次式
【0020】
【化1】

で表わされるものであって、この出願の発明においては、その重量平均分子量(Mw)が3,000〜3,000,000程度の範囲のもの、さらには、6,000〜1 ,500, 000程度のものが好適なものとして考慮される。PVPは、合成したものでもよいし、市販品であってもよい。この場合のフラーレンは上記のとおりのフラーレン誘導体であってもよい。
【0021】
そして、この出願の発明のフラーレン類を有効成分とする皮膚メラニン抑制剤には、水に対する溶解性の高い物が含まれる。
【0022】
またフラーレン類の水分付加物または結晶水付加物はその無水物よりも水に対する溶解性が高いことから有用である。
【0023】
この出願の発明のフラーレン類の水分付加物または結晶水付加物の水分または結晶水の含量は特に限定されないが、より良好な溶解性を保持するためには水分含量が1%から50重量%、より好ましくは5%から20重量%、結晶水の場合は1から20水塩、より好ましくは1から10水塩の範囲の水分子を保持するフラーレン類の水分付加物または結晶水付加物が望ましい。
【0024】
この出願の発明の皮膚メラニン抑制剤は低毒性であり、投与することができる。
【0025】
この出願の発明の皮膚メラニン抑制剤の剤形は、特に限定されず外用剤、軟膏、貼布剤、散剤、顆粒剤、懸濁剤、液剤、などが挙げられる。
【0026】
医薬上許容される不活性な担体または希釈済およびまたは他の薬理作用物質との混合物として組成することもできるし、また投薬量単位形に組成してもよい。
【0027】
また公知の製剤学的製造法に準じ複合体として製剤化されたものでもよい。たとえば水に対する溶解度を高めて吸収を促進し、薬理活性を高める目的でこの出願の発明の主成分をシクロデキストリンあるいはマルトシルーシクロデキストリンとの複合体として使用してもよい。
【0028】
この出願の発明は、これらの有効成分を、公知の製剤学的製造法に準じ、所望により製剤学的に許容され得る第十二改正日本薬局方平成三年(廣皮書店)等に収載された希釈剤、賦形剤などを用い、混合して一剤としても投与できる。
【0029】
この出願の発明の製剤が溶液である場合は、水溶性剤(たとえば、蒸留水等)、水溶性製剤(たとえば、生理的食塩水、リンゲル液等)、油性熔剤(たとえば、ゴマ油、トウモロコシ油、オリーブ油等)等の溶剤を用いて、常套手段により調整することもできる。この際、所望により溶解補助剤(たとえば、サリチル酸ナトリウム、酢酸ナトリウム等)、緩衝剤(たとえばクエン酸ナトリウム、グリセリン等)、等張化剤(たとえば、ブドウ糖等)、安定剤(たとえばヒト血清アルブミン、ポリエチレングリコール等)、保存剤(たとえばベンジルアルコール、フェノール等)、無痛化剤(たとえば、塩化ベンザルコニウム、塩酸プロカイン等)等の添加剤を用いることもできる。
【0030】
所望により薬理学的、製剤学的に許容され得る添加剤(たとえば、希釈剤、賦形剤、結合剤、崩壊剤、着色剤、安定剤、増量剤、湿潤化剤、界面活性剤、滑沢剤、分散剤、緩衝剤、矯味剤、矯臭剤、香料、保存剤、溶解補助剤、溶剤、被覆剤、糖衣剤など)を混合またはこれらを用いて製剤化したものを使用することもできる。
【0031】
この出願の発明の皮膚メラニン抑制剤の調整に用いられる希釈剤は、製薬上許容しうるものであるが、この出願の発明化合物以外の素材を意味し、固体、半固体、液体等であってもよく、種々のものがあげられる。
【0032】
たとえばこの出願の発明によって得られる皮膚メラニン抑制剤は、既知のいかなる方法で製造してもよい。
【0033】
経口投与のための組成物としては、錠剤、丸剤、顆粒剤、散剤、カプセル剤、シロップ剤、乳剤、縣濁剤、噴霧剤などがあげられる。かかる組成物は自体公知の方法によって製造され、担体もしくは賦形剤として、乳糖、でんぷん、ショ糖、ステアモノエステルマグネシウムなどが用いられる。
【0034】
非経口投与のためには、たとえば坐薬、貼布剤、液剤、外用剤などとすることができ、注射剤としてはたとえば、皮下注射剤、筋肉内注射剤、などとして用いられる。外用剤としてはたとえば軟膏、経鼻投与剤、経皮製剤等が挙げられる。
【0035】
外用剤とするには、自体公知の方法に従い、この出願の発明の組成物を固状、半固状または液状の外用剤とすることができる。たとえば、上記固状のものとしては、この出願の発明の組成をそのままあるいは賦形剤(例、グリコール、マンニトール、デンプン、微結晶、セルロースなど)、増粘剤(例、天然ガム類、セルロース誘導体、アクリル重合体など)などを添加混合して粉状の組成物とする。
【0036】
上記液状のものとしては、油性あるいは水性縣濁剤とする。半固体の場合は、水性または油性のゲル剤、あるいは軟膏状のものがよい。
【0037】
また、これらはいずれも、pH調節剤(例、炭酸、モノエステル、クエン酸、塩酸、水酸化ナトリウムなど)、防腐剤(例、パラオキシ安息香酸エステル類、クロロブタノール、塩化ベンザルコニウムなど)などを加えてもよい。自体公知の方法にしたがい、この出願の発明の組物を油性または水性の固状、半固状あるいは液状とすることができる。
【0038】
そこで、メラニン抑制のために外用剤として適用することについて以下に詳しく説明する。
【0039】
<A>外用剤としてのフラーレン類の投与方法
1.投与量
この出願の発明のフラーレン類の濃度は0.00001%から30%重量濃度であればよいが使用感的側面から好ましくは5%以下が良い。皮膚に投与する場合外用組成物の量は皮膚面積1平方メートル当たり液体0.001〜20ml好ましくは0.01〜5.0mlを外用塗布、湿布または粉霧するのがのぞましい。
【0040】
2.投与形態
皮膚外用組成物の形態の例としては、特に限定されず、たとえば、水溶剤、軟膏、乳液、クリーム、ジェル剤、パック、浴剤、洗浄剤、パップ剤、分散液等のあらゆる外用剤の形態を取ることができ、その剤型についても特に制限はなく、固型状、ペースト状、ムース状、ジェル状、粉末状、溶液系、可溶化系、乳化系、粉末分散系、多層状とすることができる。特に水溶液、乳剤、軟膏剤、ジェル剤、水溶製剤、美容液、パック剤については、これらの剤を外用した後に加湿導入器、振動導入器、イオン導入器、音波導入器、電磁波導入器を用いることによりフラーレン類の皮膚への浸透を促進することができより大きな効果を発揮できる。
【0041】
塗布方法は、液剤の場合、スプレー、貼布、湿布、ディッピング、マスク等物理的に可能な全ての方法を用いることができる。
<B>フラーレン類を含有する外用剤
この出願の発明の抗酸化組成物、そして外用組成物は、基本的に従来より知られている化粧品や外用薬剤を構成する各種成分との組合わせとして実現される。
【0042】
以下にまず、これら成分一般について概説する。
【0043】
1.油剤
この出願の発明のフラーレン類はオイル類、好ましくは天然オイル、より好ましくはオレンジオイル、ビーバーオイル、オリーブオイル、パインオイルから選択される一種又は二種以上のオイル類を含有するオイルに分散させて生体、特に皮膚に投与することが好ましい。
【0044】
油剤としては、通常の化粧料に使用されるものであれば、天然系油であるか、合成油であるか、或いは、固体、半固体、液体であるか等の性状は問わず、炭化水素類、ロウ類、脂肪酸類、高級アルコール類、エステル油、シリコーン油類、フッ素系油類等、いずれの油剤も使用することができる。たとえば、スクワラン、スクワレン、セレシン、パラフィン、パラフィンワックス、流動パラフィン、プリスタン、ポリイソブチレン、マイクロクリスタリンワックス、ワセリン等の炭化水素類;ミツロウ、カルナウバロウ、キャンデリラロウ、鯨ロウ等のロウ類;牛脂、牛脚脂、牛骨脂、硬化牛脂、硬化油、タートル油、豚脂、馬脂、ミンク油、肝油、卵黄油等の動物油;ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、ラノリンアルコール、硬質ラノリン、酢酸ラノリン、ラノリン脂肪酸イソプロピル、POEラノリンアルコールエーテル、POEラノリンアルコールアセテート、ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール、POE水素添加ラノリンアルコールエーテル等のラノリン誘導体;ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸、ウンデシレン酸、オレイン酸、アラキドン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、イソステアリン酸、12−ヒドロキシステアリン酸等の脂肪酸類が挙げられる。
【0045】
油剤としては、また、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、パルミチルアルコール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ヘキサデシルアルコール、オレイルアルコール、イソステアリルアルコール、ヘキシルドデカノール、オクチルドデカノール、セトステアリルアルコール、2−デシルテトラデシノール、コレステロール、フィトステロール、シトステロール、ラノステロール、POEコレステロールエーテル、モノステアリルグリセリンエーテル(バチルアルコール)等の高級アルコール;アジピン酸ジイソブチル、アジピン酸−2−ヘキシルデシル、アジピン酸−ジ−2−ヘプチルウンデシル、モノイソステアリン酸−N−アルキルグリコール、イソステアリン酸イソセチル、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ジ−2−エチルヘキサン酸エチレングリコール、2−エチルヘキサン酸セチル、トリ−2−エチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、テトラ−2−エチルヘキサン酸ペンタエリスリトール、オクタン酸セチル、オクチルドデシルガムエステル、オレイン酸オレイル、オレイン酸オクチルドデシル、オレイン酸デシル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、クエン酸トリエチル、コハク酸−2−エチルヘキシル、酢酸アミル、酢酸エチル、酢酸ブチル、ステアリン酸イソセチル、ステアリン酸ブチル、セパシン酸ジイソプロピル、セパシン酸ジ−2−エチルヘキシル、乳酸セチル、乳酸ミリスチル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸−2−エチルヘキシル、パルミチン酸2−ヘキシルデシル、パルミチン酸2−ヘプチルウンデシル、12−ヒドロキシステアリル酸コレステリル、ジペンタエリスリトール脂肪酸エステル、ミリスチン酸イソプロピル、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸−2−ヘキシルデシル、ミリスチン酸ミリスチル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、ラウリン酸エチル、ラウリン酸ヘキシル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸−2−オクチルドデシルエステル、リンゴ酸ジイソステアリル等のエステル油が挙げられる。等に、油剤として、アセトグリセライド、トリイソオクタン酸グリセライド、トリイソステアリン酸グリセライド、トリイソパルミチン酸グリセライド、トリ−2−エチルヘキサン酸グリセライド、モノステアリン酸グリセライド、ジ−2−ヘプチルウンデカン酸グリセライド、トリミリスチン酸グリセライド等のグリセライド油;ジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、メチルハイドロジェンポリシロキサン、オクタメチルシクロテトラシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、テトラメチルテトラハイドロジェンシクロテトラシロキサン、ステアロキシシリコーン等の高級アルコキシ変性シリコーン;高級脂肪酸変性シリコーン、シリコーン樹脂、シリコンゴム、シリコーン油等のシリコーン系油剤;パーフルオロポリエーテル、パーフルオロデカリン、パーフルオロオクタン等のフッ素系油剤が挙げられる。
【0046】
2.界面活性剤
この出願の発明のフラーレン類の製剤/化粧品にはカプリル酸モノグリセリドおよび/またはカプリン酸モノグリセリドを含有することもでき、さらに、ラウリン酸モノグリセリドを配合することもできる。カプリル酸モノグリセリド、カプリン酸モノグリセリドおよびラウリン酸モノグリセリド(以下、単にグリセリドともいう)は、いずれも食品添加物;グリセリン脂肪酸エステルに指定され、その安全性が確認されており、食しても何ら問題のない食品用乳化剤である。
【0047】
この出願の発明のフラーレン類は水に分散させるために乳化剤を添加することもできる。たとえば、乳化剤としては、HLBが10以上のポリオキシエチレンソルビタンモノオレイン酸エステル等のポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル若しくはポリグリセリン脂肪酸エステルのようなノニオン系界面活性剤、または、ラウリル硫酸ナトリウム等のアニオン系界面活性剤を用いることもできる。
【0048】
界面活性剤としては、アニオン性、カチオン性、非イオン性及び両性の活性剤が用いられる。アニオン性界面活性剤としては、ステアリン酸ナトリウム、パルミチン酸トリエタノールアミン等の脂肪酸セッケン、アルキルエーテルカルボン酸及びその塩、アミノ酸と脂肪酸の縮合物等のカルボン酸塩、アルキルスルホン酸、アルケンスルホン酸塩、脂肪酸エステルのスルホン酸塩、脂肪酸アミドのスルホン酸塩、アルキルスルホン酸塩とそのホルマリン縮合物のスルホン酸塩、アルキル硫酸エステル塩、第二級高級アルコール硫酸エステル塩、アルキル及びアリルエーテル硫酸エステル塩、脂肪酸エステルの硫酸エステル塩、脂肪酸アルキロールアミドの硫酸エステル塩、ロート油等の硫酸エステル塩類、アルキルリン酸塩、エーテルリン酸塩、アルキルアリルエーテルリン酸塩、アミドリン酸塩、N−アシルアミノ酸系活性剤等が挙げられる。
【0049】
カチオン性界面活性剤としては、アルキルアミン塩、ポリアミン及びアミノアルコール脂肪酸誘導体等のアミン塩、アルキル酸四級アンモニウム塩、芳香族四級アンモニウム塩、ピリジウム塩、イミダゾリウム塩等が挙げられる。非イオン性界面活性剤としては、ソルビタン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、プロピレングリコール脂肪酸エステル、ポリエチレングリコール脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビトール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンプロピレングリコール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンフィトスタノールエーテル、ポリオキシエチレンフィトステロールエーテル、ポリオキシエチレンコレスタノールエーテル、ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシアルキレン変性オルガノポリシロキサン、ポリオキシアルキレン・アルキル共変性オルガノポリシロキサン、アルカノールアミド、糖エーテル、糖アミド等が挙げられる。両性界面活性剤としては、ベタイン、アミノカルボン酸塩、イミダゾリン誘導体等が挙げられる。
【0050】
金属セッケンとしては、12−ヒドロキシステアリン酸アルミニウム、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸アルミニウム、ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ミリスチン酸亜鉛、ミリスチン酸マグネシウム、セチルリン酸亜鉛、セチルリン酸カルシウム、セチルリン酸亜鉛ナトリウム、ラウリン酸亜鉛、ウンデシレン酸亜鉛等が挙げられる。
【0051】
3.顔料
この出願の発明のフラーレン類の多くは有色なので化粧品として適宜顔料を配合して違和感のない色調に調整することは望ましい。有色顔料としては、酸化鉄、水酸化鉄、チタン酸鉄の無機赤色顔料、γ−酸化鉄等の無機褐色系顔料、黄酸化鉄、黄土等の無機黄色系顔料、黒酸化鉄、カーボンブラック等の無機黒色顔料、マンガンバイオレット、コバルトバイオレット等の無機紫色顔料、水酸化クロム、酸化クロム、酸化コバルト、チタン酸コバルト等の無機緑色顔料、紺青、群青等の無機青色系顔料、タール系色素をレーキ化した顔料、天然色素をレーキ化した顔料、及びこれらの粉体を複合化した複合粉体等が挙げられる。パール顔料としては、酸化チタン被覆雲母、酸化チタン被覆マイカ、オキシ塩化ビスマス、酸化チタン被覆オキシ塩化ビスマス、酸化チタン被覆タルク、魚鱗箔、酸化チタン被覆着色雲母等が挙げられる。金属粉末顔料としては、アルミニウムパウダー、カッパーパウダー、ステンレスパウダー等が挙げられる。
【0052】
タール色素としては、赤色3号、赤色104号、赤色106号、赤色201号、赤色202号、赤色204号、赤色205号、赤色220号、赤色226号、赤色227号、赤色228号、赤色230号、赤色401号、赤色505号、黄色4号、黄色5号、黄色202号、黄色203号、黄色204号、黄色401号、青色1号、青色2号、青色201号、青色404号、緑色3号、緑色201号、緑色204号、緑色205号、橙色201号、橙色203号、橙色204号、橙色206号、橙色207号等が挙げられる。天然色素としては、カルミン酸、ラッカイン酸、カルサミン、ブラジリン、クロシン等が挙げられる。上記した無機粉体、有機粉体、顔料、タール色素等の粉体は、複合化したり、油剤やシリコーン、又はフッ素化合物で表面処理を行なってもよい。
【0053】
4.保湿剤
プロピレングリコール、グリセリン、ポリグリセリン、ソルビタン、ソルビトール等の多価アルコールは、皮膚の保湿および刺激を緩和するために添加される。保湿剤としては、アルカリ単純温泉水、深層水、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸、ヘパラン硫酸、ヘパリン及びケラタン硫酸などのムコ多糖類またはそれらの塩、コラーゲン、エラスチン、ケラチンなどのタンパク質またはそれらの誘導体並びにそれらの塩、大豆及び卵由来のリン脂質、糖脂質、セラミド、ムチン、ハチミツ、エリスリトール、マルトース、マルチトール、キシリトール、キシロース、ペンタエリスリトール、フルクトース、デキストリン及びその誘導体、マンニトール、ソルビトール、イノシトール、トレハロース、ブドウ糖等の糖類、尿素、アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、オルチニン、グルタミン、グリシン、グルタミン酸及びその誘導体並びにそれらの塩、システイン、シスチン、シトルリン、スレオニン、セリン、チロシン、トリプトファン、テアニン、バリン、ヒスチジン、ヒドロキシリジン、ヒドロキシプロリン、ピロリドンカルボン酸及びその塩、プロリン、フェニルアラニン、メチオニン、リジンなどのアミノ酸及びそれらの誘導体又はそれらの塩などが挙げられる。
【0054】
更に保湿剤として、D−パンテノール、アボカド抽出物、アーモンド油、イナゴマメ抽出物、イネ抽出物、イチゴ抽出物、ウイキョウ抽出物、ウスベニアオイ抽出物、オウレン抽出物、オリーブ油、オドリコソウ抽出物、カカオ脂、カラスムギ抽出物、キズタ抽出物、クマザサ抽出物、クチナシ抽出物、グレープフルーツ抽出物、ゲンノショウコ抽出物、ゲンチアナ抽出物、ゴボウ抽出物、コボタンヅル抽出物、ゴマ抽出物、サボテン抽出物、サボンソウ抽出物、ショウガ抽出物、ジオウ抽出物、シア脂、シモツケ抽出物、センキュウ抽出物、ゼニアオイ抽出物、タチジャコウソウ抽出物、ツバキ抽出物、トウモロコシ抽出物、トウチュウカソウ抽出物、トルメンチラ抽出物、ドクダミ抽出物、パクモンドウ抽出物、ハウチマメ抽出物、ハマメリス抽出物、ハッカ抽出物、ミドリハッカ抽出物、セイヨウハッカ抽出物、パセリ抽出物、バラ抽出物、ヒマワリ抽出物、ヒノキ抽出物、ヘチマ抽出物、プルーン抽出物、ブッチャーズブルーム抽出物、ボラージ油、ボタン抽出物、ホホバ油、ボダイジュ抽出物、ホップ抽出物、マツ抽出物、マロニエ抽出物、マカデミアナッツ油、マルメロ抽出物、ムラサキ抽出物、メドウホーム油、メリッサ抽出物、ヤグルマソウ抽出物、ユリ抽出物、ユズ抽出物、ライム抽出物、ラベンダー抽出物、リンドウ抽出物、ワレモコウ抽出物及びリンゴ抽出物等が挙げられる。上記に挙げた保湿剤は、一種又は二種以上を適宜選択して配合することができる。
【0055】
5.賦形剤・基剤
ゲル化剤としては、N−ラウロイル−L−グルタミン酸、α,γ−ジ−n−ブチルアミン等のアミノ酸誘導体、デキストリンパルミチン酸エステル、デキストリンステアリン酸エステル、デキストリン2−エチルヘキサン酸パルミチン酸エステル等のデキストリン脂肪酸エステル、ショ糖パルミチン酸エステル、ショ糖ステアリン酸エステル等のショ糖脂肪酸エステル、モノベンジリデンソルビトール、ジベンジリデンソルビトール等のソルビトールのベンジリデン誘導体、ジメチルベンジルドデシルアンモニウムモンモリロナイトクレー、ジメチルジオクタデシルアンモニウムモンモリロナイトクレー等の有機変性粘土鉱物等が挙げられる。
【0056】
アルコール類としてはエタノール、イソプロパノール等の低級アルコール、グリセリン、ジグリセリン、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ポリエチレングリコール等の多価アルコール等が挙げられる。
【0057】
水溶性高分子としては、アラビアゴム、トラガカント、ガラクタン、キャロブガム、グアーガム、カラヤガム、カラギーナン、ペクチン、寒天、アルゲコロイド、トラントガム、ローカストビーンガム、ガラクトマンナン等の植物系高分子;キサンタンガム、デキストラン、サクシノグルカン、プルラン等の微生物系高分子;カゼイン、アルブミン、ゼラチン等の動物系高分子;デンプン、カルボキシメチルデンプン、メチルヒドロキシプロピルデンプン等のデンプン系高分子;メチルセルロース、エチルセルロース、メチルヒドロキシプロピルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ヒドロキシメチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ニトロセルロース、セルロース硫酸ナトリウム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、結晶セルロース、セルロース末のセルロース系高分子;アルギン酸ナトリウム、アルギン酸プロピレングリコールエステル等のアルギン酸系高分子;ポリビニルメチルエーテル、カルボキシビニルポリマー、アルキル変性カルボキシビニルポリマー等のビニル系高分子;ポリオキシエチレン系高分子;ポリオキシエチレンポリオキシプロピレン共重合体系高分子;ポリアクリル酸ナトリウム、ポリエチルアクリレート、ポリアクリルアミド等のアクリル系高分子;ポリエチレンイミン、カチオンポリマー、ベントナイト、ラポナイト、ヘクトライト等の無機系水溶性高分子等がある。また、この中には、ポリビニルアルコールやポリビニルピロリドン等の皮膜形成剤も含まれる。
【0058】
粉体としては、通常の化粧料に使用されるものであれば、その形状(球状、針状、板状等)や粒子径(煙霧状、微粒子、顔料級等)、粒子構造(多孔質、無孔質等)を問わず、無機粉体、有機粉体、顔料などいずれのものも使用することができる。例えば、無機粉体としては、酸化マグネシウム、硫酸バリウム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウム、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、タルク、合成雲母、マイカ、カオリン、セリサイト、白雲母、合成雲母、金雲母、紅雲母、黒雲母、リチア雲母、ケイ酸、無水ケイ酸、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、含硫ケイ酸アルミニウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸ストロンチウム、タングステン酸金属塩、ヒドロキシアパタイト、パーミキュライト、ハイジライト、モンモリロナイト、ゼオライト、セラミックスパウダー、第二リン酸カルシウム、アルミナ、水酸化アルミニウム、窒化ホウ素、窒化ボロン等が挙げられる。
【0059】
有機粉体としては、ポリアミドパウダー、ポリエステルパウダー、ポリエチレンパウダー、ポリプロピレンパウダー、ポリスチレンパウダー、ポリウレタン、ベンゾグアナミンパウダー、ポリメチルベンゾグアナミンパウダー、テトラフルオロエチレンパウダー、ポリメチルメタクリレートパウダー、シルクパウダー、ナイロンパウダー、12ナイロン、6ナイロン、スチレン・アクリル酸共重合体、ジビニルベンゼン・スチレン共重合体、ビニル樹脂、尿素樹脂、フェノール樹脂、フッ素樹脂、ケイ素樹脂、アクリル樹脂、メラミン樹脂、エポキシ樹脂、ポリカーボネイト樹脂、微結晶繊維粉体、ラウロイルリジン等が挙げられる。
【0060】
6.細胞賦活剤
この出願の発明のフラーレン類を生体や皮膚に投与して薬効を促進するためには投与対象である細胞を賦活するための薬剤を同時投与することは好ましい。細胞賦活剤としては、デオキシリボ核酸及びその塩、アデノシン三リン酸、アデノシン一リン酸などのアデニル酸誘導体及びそれらの塩、リボ核酸及びその塩、サイクリックAMP、サイクリックGMP、フラビンアデニンヌクレオチド、グアニン、アデニン、シトシン、チミン、キサンチン及びそれらの誘導体であるカフェイン、テオフェリン並びにそれらの塩等の核酸関連物質、幼牛血液抽出液、血清除蛋白抽出物、脾臓抽出物、トリ等の卵成分、鶏冠抽出物、貝殻抽出物、貝肉抽出物、ローヤルゼリー、シルクプロテイン及びその分解物又はそれらの誘導体、ヘモグロビン又はその分解物、ラクトフェリン又はその分解物、イカスミ等の軟体動物抽出物、魚肉抽出物等、哺乳類、鳥類、貝類、昆虫類、魚類、軟体動物類、甲殻類等の動物由来の抽出物、酵母抽出物、乳酸菌抽出物、ビフィズス菌抽出物等の発酵代謝産物から選ばれる微生物由来の抽出物が挙げられる。
【0061】
更に細胞賦活剤としては、レチノール及びその誘導体(パルミチン酸レチノール、酢酸レチノール等)、レチナール及びその誘導体、デヒドロレチナール、トレチノイン、カロチン等のカロチノイド等のビタミンA類、チアミン類(チアミン塩酸塩、チアミン硫酸塩)、リボフラビン類(リボフラビン、酢酸リボフラビン等)、ピリドキシン類(塩酸ピリドキシン、ピリドキシンジオクタノエート等)、フラビンアデニンヌクレオチド、シアノコバラミン、葉酸類、ニコチン酸類(ニコチン酸アミド、ニコチン酸ベンジル等)、コリン類等のビタミンB類、アンズ抽出物、イチョウ抽出物、オタネニンジン抽出物、オオムギ抽出物、オレンジ抽出物、キュウリ抽出物、キウイ抽出物、シイタケ抽出物、スギナ抽出物、センブリ抽出物、タイソウ抽出物、トウガラシ抽出物、ニンニク抽出物、ニンジン抽出物、ブクリョウ抽出物、モモ抽出物、レタス抽出物、レモン抽出物、霊芝抽出物、ローズマリー抽出物、アスパラガス抽出物、イブキトラノオ抽出物、エンドウ豆抽出物、エイジツ抽出物、オウゴン抽出物、オノニス抽出物、海藻抽出物、キイチゴ抽出物、クジン抽出物、ケイケットウ抽出物、ゴカヒ抽出物、リノール酸を含有する植物油、サイシン抽出物、サンザシ抽出物、サンペンズ抽出物、シラユリ抽出物、シャクヤク抽出物、センプクカ抽出物、ソウハクヒ抽出物、大豆抽出物、茶抽出物、トウキ抽出物、糖蜜抽出物、ビャクレン抽出物、ブナノキ抽出物、ブドウ種子抽出物、フローデマニータ抽出物、ホップ抽出物、マイカイカ抽出物、モッカ抽出物、ユキノシタ抽出物、ヨクイニン抽出物及び羅漢果抽出物、さらには、アカネ、アカブドウ、アカメガシワ、アケビ、アサ、アサガオ、アズキ、アセンヤク、アマチャ、アマチャヅル、イタドリ、イチジク、イチョウ、イランイラン、ウツボグサ、ウメ、ウワウルシ、ウンシュウミカン、エゾウコギ、エビスグサ、エンジュ、エンドウ、オオバコ、オクラ、オグルマ、オニグルミ、オミナエシ、オランダイチゴ、カキ、カキドウシ、カシュウ、カシュー、カノコソウ、カラスウリ、カリン、ガラナ、キキョウ、キク、キササゲ、ギシギシ、ギムネマ・シルベスタ、キンミズヒキ、グアバ、クコ、クズ、クスノキ、クリ、ケイケットウ、ゲッケイジュ、ケイヒ、ゴショイチゴ、コショウ、コーヒー、ゴマノハグサ、コロンボ、サザンカ、サンショウ、サフラン、サクラ、ザクロ、サンズコン、サンペンズ、シオン、ショウブ、スイカ、ステビア、スモモ、セイヨウキズタ、セイヨウナシ、セイヨウノコギリソウ、セイヨウネズ、セイヨウワサビ、セキショウ、セリ、セネガ、センナ、ダイオウ、ダイダイ、タマリンド、タラノキ、タンポポ、チコリ、チョウジ、チョウセンゴミシ、チョレイ、ツキミソウ、ツボクサ、ツユクサ、ツルナ、テウチグルミ、トウガン、トチュウ、トロロアオイ、ナズナ、ナツミカン、ナンテン、ニガキ、ノゴギリソウ、パイナップル、ハイビスカス、パパイヤ、バジル、ハス、ハダカムギ、ヒオウギ、ピーナツ、ヒキオコシ、ヒシ、ピスタチオ、ヒバ、ヒメマツタケ、ビャクシ、ビワ、フキタンポポ、フシノキ、フジバカマ、ブルーベリー、ボウフウ、ホオズキ、ホオノキ、ボケ、マイカイ、マオウ、マンゴー、マンネンタケ、ミシマサイコ、ミソハギ、ミツバ、ミモザ、メリロート、メロン、モクレン、モモルディカ・グロスベノリィ、モロヘイヤ、モヤシ、ヤクチ、ヤクモソウ、ガグルマソウ、ヤシ、ヤシャジツ、ヤドリギ、ヤナギタデ、ヤマゴボウ、ヤマモモ、ユズリハ、ヨモギ、ライムギ、ラン、リュウガン、リンゴ、レイシ、レンギョウ等の抽出物、ヒノキチオール、セファランチン等の植物由来の抽出物、α−及びγ−リノレン酸、エイコサペンタエン酸及びそれらの誘導体、エストラジオール及びその誘導体並びにそれらの塩、グリコール酸、コハク酸、乳酸、サリチル酸等の有機酸及びそれらの誘導体並びにそれらの塩等が挙げられる。上記に挙げた細胞賦活剤は一種又は二種以上を適宜選択して配合することができる。
【0062】
ビタミンとしては、フィトナジオン、メナキノン、メナジオン、メナジオール等のビタミンK類、エリオシトリン、ヘスペリジン等のビタミンP類、ビオチン、カルチニン、フェルラ酸等が挙げられる。血行促進剤としては、ノニル酸ワレニルアミド、カプサイシン、ジンゲロン、カンタリスチンキ、イクタモール、α−ボルネオール、イノシトールヘキサニコチネート、シクランテレート、シンナリジン、トラゾリン、アセチルコリン、ペラパミル、γ−オリザノール等が挙げられる。皮膚収斂剤としてはタンニン酸等、抗脂漏剤としてはチアントロール等、酵素としてはリパーゼ、パパイン等が挙げられる。
【0063】
アミノ酸類としては、グリシン、アラニン、バリン、イソロイシン、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン、リジン、ヒドロキシリジン、アルギニン、シスチン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、オルチニン、シトルリン、テアニン等のアミノ酸及びそれらの誘導体並びにそれらの塩、あるいはピロリドンカルボン酸等のアミノ酸誘導体またはその誘導体等が挙げられる。核酸関連物質としては、デオキシリボ核酸及びその塩、アデノシン三リン酸、アデノシン二リン酸、アデノシン一リン酸から選ばれるアデニル酸誘導体及びそれらの塩、リボ核酸及びその塩、サイクリックAMP、サイクリックGMP、フラビンアデニンヌクレオチド、グアニン、アデニン、シトシン、チミン、キサンチン及びそれらの誘導体であるカフェイン、デオフィリン並びにそれらの塩、ホルモンとしては、エストラジオール、エテニルエストラジオール等が挙げられる。
【0064】
7.アスコルビン酸
この出願の発明の外用組成物においては、アスコルビン酸またはその誘導体が好適に使用される。
【0065】
なかでも、前記の式で表される化合物またはその塩及びそこから選択される少なくとも一種であればよい。
【0066】
アスコルビン酸そのものを使用することもでき、アスコルビン酸としてはL体、D体またはDL体のいずれでも良く、無機酸または有機酸とのエステル、糖との配糖体、あるいはアスコルビン酸の水酸基のうち隣接した2個の水酸基とケトン結合したケタールまたはアルデヒドと結合したアセタールであってもよい。
【0067】
この場合の無機酸としては、リン酸、ジリン酸、トリリン酸、硫酸などが挙げられ好ましくはリン酸である。有機酸としては、酢酸、プロピオン酸、酪酸、イソ酪酸、ステアリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸などが挙げられ、パルミチン酸などの高級脂肪酸が特に好ましい。糖としては、グルコース、スクロース、フラクトースなどであり、特にグルコースが好ましい。ケトンとしてはアセトン、メチルエチルケトンが挙げられ、アルデヒドとしてはアセトアルデヒド、プロピンアルデヒド、ベンズアルデヒドなどを挙げることができる。塩とする時は、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどを挙げることができ、ナトリウム塩、マグネシウム塩が特に好ましい。
【0068】
このようなアスコルビン酸誘導体の具体例としては、例えばアスコルビン酸2−リン酸、アスコルビン酸2−二リン酸、アスコルビン酸2−三リン酸、アスコルビン酸2−ポリリン酸、アスコルビン酸2−リン酸ジエステル、アスコルビン酸2−リン酸6−パルミチン酸、アスコルビン酸2−リン酸6−ミリスチン酸、アスコルビン酸2−リン酸6−ステアリン酸、アスコルビン酸2−リン酸6−オレイン酸、アスコルビン酸2−グルコシド、アスコルビン酸2−グルコシド6−パルミチン酸、アスコルビン酸2−グルコシド6−ミリスチン酸、アスコルビン酸2−グルコシド6−ステアリン酸、アスコルビン酸2−グルコシド6−オレイン酸、アスコルビン酸2−硫酸などのアスコルビン酸エステル類、L−アスコルビン酸アルキルエステル、L−アスコルビン酸リン酸エステル、L−アスコルビン酸硫酸エステル等の誘導体等であり、これらの塩であるナトリウム塩、カリウム塩等のアルカリ金属塩、カルシウム塩、マグネシウム塩等のアルカリ土類金属塩等でも良い。更に具体的には、パルミチン酸L−アスコルビン酸、ジパルミチン酸L−アスコルビン酸、イソパルミチン酸L−アスコルビン酸、ジイソパルミチン酸L−アスコルビン酸、テトライソパルミチン酸L−アスコルビン酸、ステアリン酸L−アスコルビン酸、ジステアリン酸L−アスコルビン酸、イソステアリン酸L−アスコルビン酸、ジイソステアリン酸L−アスコルビン酸、ミリスチン酸L−アスコルビン酸、ジミリスチン酸L−アスコルビン酸、イソミリスチン酸L−アスコルビン酸、ジイソミリスチン酸L−アスコルビン酸、オレイン酸L−アスコルビン酸、ジオレイン酸L−アスコルビン酸2−エチルヘキサン酸L−アスコルビン酸、L−アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム、L−アスコルビン酸リン酸エステルカリウム、L−アスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム、L−アスコルビン酸リン酸エステルカルシウム、L−アスコルビン酸リン酸エステルアルミニウム、L−アスコルビン酸硫酸エステルナトリウム、L−アスコルビン酸硫酸エステルカリウム、L−アスコルビン酸硫酸エステルマグネシウム、L−アスコルビン酸硫酸エステルカルシウム、L−アスコルビン酸硫酸エステルアルミニウム、L−アスコルビン酸ナトリウム、L−アスコルビン酸カリウム、L−アスコルビン酸マグネシウム、L−アスコルビン酸カルシウム、L−アスコルビン酸アルミニウム等であり、およびこれらのナトリウム塩、カリウム塩、マグネシウム塩、カルシウム塩、亜鉛塩、アンモニウム塩、アルキル置換アンモニウム塩、ヒドロキシアルキル置換アンモニウム塩等が挙げられる。
【0069】
また、これらアスコルビン酸誘導体がポリマー鎖に結合している形状でもよい。水溶性等の製剤上の利便性と誘導体の化学的安定性、さらに効果の点から、特にアスコルビン酸2−リン酸およびアスコルビン酸2−グルコシド、および特にこれらの上記塩類が好ましい。
【0070】
8.pH調整剤としては、保存安定化剤又はキレート効果を有する有機酸又はその塩が好適に例示される。これらは、エリソルビン酸及びその塩、ジブチルヒドロキシトルエン、トコフェロールおよびその誘導体、ポルフィリン、ブチルヒドロキシアニソール、亜硫酸水素ナトリウム、無水亜硫酸ナトリウム、没食子酸及びその誘導体、アラニン、エチレンジアミンヒドロキシエチル三酢酸ナトリウム、エチレンジアミン四酢酸及びその塩、クエン酸及びその塩、グルコン酸、酒石酸、フィチン酸、ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウムからなる群より選ばれる少なくとも1種であり、その配合量は、外用組成物の全重量に対して0.01%から50%重量の範囲で、好ましくは0.1%から5%重量の範囲で添加すればよい。塩としては、特に限定されないがその皮膚に対する安全性から遷移金属以外の金属が望ましく特にナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムが望ましい。
【0071】
9.活性酸素消去剤
活性酸素消去剤を同時投与することも好ましい。活性酸素消去剤としては、スーパーオキサイドディスムターゼ、マンニトール、ビリルビン、コレステロール、トリプトファン、ヒスチジン、クエルセチン、クエルシトリン、カテキン、カテキン誘導体、ルチン、ルチン誘導体、タウリン、チオタウリン、卵殻膜抽出物、没食子酸、没食子酸誘導体、酵母抽出物、霊芝抽出物、ヤシャジツ抽出物、ゲンノショウコ抽出物、ボタンピ抽出物、メリッサ抽出物、パセリ抽出物及びジコッピ抽出物、レチノール及びその誘導体(パルミチン酸レチノール、酢酸レチノール等)、レチナール及びその誘導体、デヒドロレチナール等のビタミンA類;チアミン類(チアミン塩酸塩、チアミン硫酸塩等)、リボフラビン類(リボフラビン、酢酸リボフラビン等)、ピリドキシン類(塩酸ピリドキシン、ピリドキシンジオクタノエート等)、フラビンアデニンヌクレオチド、シアノコパラミン、葉酸類、ニコチン酸類(ニコチン酸アミド、ニコチン酸ベンジル等)、コリン類等のビタミンB類;エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール、ジヒドロキシスタナール等のビタミンD類;トコフェロール及びその誘導体(dl−α(β、γ)−トコフェロール、酢酸dl−α−トコフェロール、ニコチン酸−dl−α−トコフェロール、リノール酸−dl−α−トコフェロール、コハク酸dl−α−トコフェロール等)、ユビキノン類等のビタミンE類;ジブチルヒドロキシトルレン及びブチルヒドロキシアニソール等が挙げられる。
【0072】
10.その他の配合剤
この出願の発明のフラーレン類を含有する外用組成物またはその希釈液を保存する目的で、エタノールのような防腐剤を添加することができる。また、クエン酸、フマル酸、コハク酸、乳酸等の有機酸のようなpH調節剤やNaOH、KOHを添加し、pHを調整することもできる。
【0073】
いずれにしても、この出願の発明のフラーレン類を含有する外用組成物には、薬理効果を損なわない範囲で、通常、外用剤等の製剤に使用される成分、すなわち、水(精製水、温泉水、深層水等)、油剤、界面活性剤、金属セッケン、ゲル化剤、粉体、アルコール類、水溶性高分子、皮膜形成剤、樹脂、紫外線防御剤、包接化合物、抗菌剤、香料、消臭剤、塩類、PH調整剤、清涼剤、動物・微生物由来抽出物、植物抽出物、血行促進剤、収斂剤、抗脂漏剤、活性酸素消去剤、細胞賦活剤、保湿剤、角質溶解剤、酵素、ホルモン類、ビタミン類等を適宜一種又は二種以上添加することができる。
【0074】
また紫外線防御剤として、パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル、パラメトキシケイ皮酸イソプロピル、パラメトキシハイドロケイ皮酸ジエタノールアミン塩、ジパラメトキシケイ皮酸モノ−2−エチルヘキサン酸グリセリル、メトキシケイ皮酸オクチル、ジイソプロピルケイ皮酸メチル等のケイ皮酸系紫外線吸収剤−2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−硫酸2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−硫酸ナトリウム、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、2,2′−ジヒドロキシ−4,4′−ジメトキシベンゾフェノン、2,2′−ジヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、2,2′,4,4′−テトラヒドロキシベンゾフェノン−2−ヒドロキシ−4−n−オクトキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系紫外線吸収剤、パラアミノ安息香酸、パラアミノ安息香酸エチル、パラアミノ安息香酸ブチル、パラジメチルアミノ安息香酸2−エチルヘキシル、パラアミノ安息香酸グリセリル、パラアミノ安息香酸アミル等の安息香酸系紫外線吸収剤、サリチル酸−2−エチルヘキシル、サリチル酸トリエタノールアミン、サリチル酸ホモメンチル、サリチル酸ジプロピレングリコール、サリチル酸メチル、サリチル酸エチレングリコール、サリチル酸フェニル、サリチル酸アミル、サリチル酸ベンジル、サリチル酸イソプロピルベンジル、サリチル酸カリウム等のサリチル酸系紫外線吸収剤;4−t−ブチル−4′−メトキシジベンゾイルメタン、4−イソプロピルジベンゾイルメタン、4−メトキシジベンゾイルメタン、4−t−ブチル−4′−ヒドロキシジベンゾイルメタン等のジベンゾイルメタン系紫外線吸収剤;メンチル−O−アミノベンゾエート、2−フェニル−ベンズイミダゾル−5−硫酸、2−フェニル−5−メチルベンゾキサゾール、3−(4−メチルベンジリデン)カンフル、2−エチルヘキシル−2−シアノ−3,3−ジフェニルアクリレート、2−エチル−2−シアノ−3,3′−ジフェニルアクリレート、2−(2′−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、アントラニル酸メンチル等のアントラニル酸系紫外線吸収剤;ウロカニン酸エチル等のウロカニン酸系紫外線吸収剤;酸化チタン、酸化ジルコニウム、酸化セリウム等が挙げられる。これらの金属酸化物はシリカ被覆されたものでもよい。紫外線防御剤の配合量としては0.001から50%重量であればよく好ましくは0.01から10%である。
【0075】
抗菌剤としては、安息香酸、安息香酸ナトリウム、石炭酸、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、パラオキシ安息香酸エステル、パラクロルメタクレゾール、ヘキサクロロフェン、塩化ベンザルコニウム、塩化クロルヘキシジン、トリクロロカルバニリド、感光素、ビス(2−ピリジルチオ−1−オキシド)亜鉛、フェノキシエタノール及びチアントール、イソプロピルメチルフェノール等が挙げられる。PH調整剤としては、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸水素アンモニウム等が挙げられる。清涼剤としては、L−メントール、カンフル等が挙げられる。
【0076】
抗炎症剤としては、グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸モノアンモニウム等、β−グリチルレチン酸、グリチルレチン酸ステアリル、3−サクシニルオキシグリチルレチン酸二ナトリウム等のグリチルリチン酸、若しくはグリチルレチン酸及びそれらの誘導体並びにそれらの塩、メフェナム酸、フェニルブタゾン、インドメタシン、イブプロフェン、ケトプロフェン、アラントイン、グアイアズレン、パンテトン酸カルシウム、D−パントテニルアルコール、パントテニルエチルエーテル、アセチルパントテニルエチルエーテル等のパンテノール及びそれらの誘導体並びにそれらの塩、ε−アミノカプロン酸、ジクロフェナクナトリウム、トラネキサム酸等が挙げられる。配合量としては0.001から10%重量であり、より好ましくは0.01から5%重量である。
【0077】
抗酸化剤としては、スーパーオキシドディスムターゼ、マンニトール、ヒスチジン、トリプトファン、ビリルビン、クエルセチン、クエルシトリン、ポリフェノール、プロアントシアニジン、トコトリエノール、カテキン、カテキン誘導体、ルチン及びその誘導体、没食子酸及びその誘導体等、ユビキノン、アスタキサンチン、カロチン、及びその他のパルミチン酸レチノール、酢酸レチノール等のレチノール及びその誘導体、レチナール及びその誘導体、デヒドロレチナール、カロチン、リコピン、アスタキサンチン等のカロチノイド、カロチノイド類;チアミン塩酸塩、チアミン硫酸塩、リボフラビン、酢酸リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ピリドキシンジオクタノエート等のピリドキシン類、フラビンアデニンヌクレオチド、シアノコパラミン、葉酸類、ニコチン酸アミド、ニコチン酸ベンジル等のニコチン酸類、コリン類等のビタミンB類;エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール、ジヒドロキシスタナール等のビタミンD類;dl−α(β、γ)−トコフェロール、酢酸dl−α−トコフェロール、ニコチン酸−dl−α−トコフェロール、リノール酸−dl−α−トコフェロール、コハク酸dl−α−トコフェロール等のトコフェロール及びその誘導体、ユビキノン類等のビタミンE類;ジブチルヒドロキシトルエン及びブチルヒドロキシアニソール等が挙げられる。
【0078】
この出願の発明の皮膚メラニン抑制剤の有効成分であるフラーレン類はアスコルビン酸の酸化分解を阻害し安定化するため製剤の製造時、保存期間における経時的分解がほとんどない。
【0079】
また、通常のアスコルビン酸は生体内に取り込まれると生体中でラジカルにより分解され細胞に到達する前に加水分解され失活するが、この出願の発明の有効成分であるフラーレン類は安定であるため失活しないで細胞等に吸収される。
【0080】
この出願の発明者らの検討の結果によると、フラーレン類は極めて高い細胞吸収性を示す。これにより細胞内アスコルビン酸濃度をフラーレンと比較し最大で約30倍、アスコルビン酸と比較し最大で約2倍も高めることができることが確認された。これにより皮膚メラニン抑制作用を発揮できるものと推定される。
【0081】
以下、実施例、比較例を挙げてこの出願の発明を説明するが、これらにより発明が限定されることはない。
【実施例】
【0082】
<実施例1>
フラーレン類の配合とその製造例
次の表1に示したフラーレン類の配合を行った。
【0083】
【表1】

なお、PVP(ポリビニルピロリドン)修飾複合化フラーレン:PVP−フラーレンはたとえば以下の方法により調製されたものである。
【0084】
すなわち、まず、トルエン(1.0ml)に溶解した混合フラーレン(C60:C70=3.5:1mol/mol)(0.8mg)の攪拌溶液を、PVP:分子量60,000(100mg)のエタノール溶液に室温において添加した。十分に混合した後に、溶媒を減圧下に蒸発させた。残査を2.0mlのMilli−Q水に溶解し、懸濃度を共沸蒸留してトルエンを留去した。
【0085】
これによってフラーレン.PVP複合体水溶液を得た。また、水を蒸発除去して粉末を得た。
【0086】
また、表に示したポリ水酸化フラーレンは、24個の水酸基がフラーレン分子に結合しているものとした。そのNa塩化合物は、結合している水酸基の4個にNa置換が生じているものとした。
【0087】
さらにまた、フラーレンポリエステルについては、水酸化フラーレンの2個の水酸化が酢酸によりエステル化されているものとし、Na、Na−K塩については、2個の水酸基が酢酸によりエステル化され、他の2個の水酸基がNa、あるいはNaとKにより置換されているものとした。
<実施例2>
皮膚メラニン抑制作用の試験例
前記表1の配合例1について、その活性試験を行った。すなわち、茶葉に含有されるアルカロウド;テオフィリンでメラニン産生能を増加させたヒトメラニン産生細胞HMV−IIに対して、前記配合例1のPVP−フラーレン(PVP分子量60,000)を40μMおよび100μM加えた。プレートリーダー(A350nm)による吸光強度測定でメラニン増加抑制について評価した。その結果、図1に示したように、PVP−フラーレンを添加しない場合(positive control)に比べ、40μMの場合にはメラニン増加量を50.2%に抑制し、100μMの場合には42.8%と顕著に抑制することが確認された。
【0088】
さらに、油性プロビタミンCのVC−IP(アスコルビン酸テトライソパルミテート)に溶解した100μMの上記PVP・フラーレンの場合には、29.3%にまで抑制することが確認された。
【0089】
表1の他の配合例の100μM添加の場合についても同様に試験を行ったところ次の表2のとおりの結果を得た。
【0090】
【表2】

<実施例3>
<軟膏>
次の表3の配合に従い常法によりこの発明の皮膚メラニン抑制剤の外用剤を製造した。
【0091】
メラニン抑制についての効果が確認された。
【0092】
【表3】

<実施例4>
<液剤>
次の表4の配合に従い常法によりこの発明の皮膚メラニン抑制剤の液剤を製造した。
【0093】
メラニン抑制についての効果が確認された。
【0094】
【表4】

<実施例5>
次の表5のフラーレン類を用いて、以下の通りの組成物を調製した。
【0095】
【表5】

発明のローション1:
F1 0.1%
クエン酸 1.0%
L−アスコルビン酸2−リン酸Na 1%
POEソルビタンモノオレエート 0.5%
パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル 0.1%
キサンタンガム 0.1%
NaOH(pHを8に調整)
精製水 残量
発明のローション2:
F2 0.1%
クエン酸 1.0%
キサンタンガム 0.2%
NaOH(pHを8に調整)
精製水 残量
発明のローション3:
F3 0.1%
L−アスコルビン酸2−リン酸Na 0.5%
キサンタンガム 0.1%
NaOH(pHを8に調整)
精製水 残量
発明のローション4:
F4 0.1%
POEソルビタンモノオレエート 0.6%
キサンタンガム 0.1%
NaOH(pHを8に調整)
精製水 残量
発明のローション5:
F5 0.1%
パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル 0.1%
キサンタンガム 0.1%
NaOH(pHを8に調整)
精製水 残量

発明の化粧水1:
(処方)(以下重量%で示す。)
(1)F 1:0.5,(2)1,3−ブチレングリコール 5.5,(3)ポリオキシエチレン(20E.O.)ソルビタン 1.2 モノラウリン酸エステル 5.0,(4)エチルアルコール 8.0,(5)ウーロン茶抽出物(*1)1.0,(6)海藻抽出物(*2)1.0,(7)リン酸L−アスコルビン酸マグネシウム(*3)0.5,(8)2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−硫酸ナトリウム(*4)1.0,(9)ε−アミノカプロン酸(*5)0.2,(10)防腐剤 適量,(11)香料 適量,(12)精製水 残量(クエン酸1%とNaOHでpHは7±1に調整した。)
*1 丸善製薬社製 *2 一丸ファルコス社製 *3 和光純薬社製 *4
メルク社製 *5 シグマ社製(クエン酸1%とNaOHでpHは7±1に調整した。)
発明の化粧水2:
(処方)(以下重量%で示す。)
(1)F 2:0.5,(2)1,3−ブチレングリコール 6.5,(3)ポリオキシエチレン(20E.O.)ソルビタン 1.2 モノラウリン酸エステル 3.5,(4)エチルアルコール 8.0,(5)ウーロン茶抽出物(*1)1.0,(6)海藻抽出物(*2)1.0,(7)リン酸L−アスコルビン酸マグネシウム(*3)0.5,(8)2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−硫酸ナトリウム(*4)1.0,(9)ε−アミノカプロン酸(*5)0.2,(10)防腐剤 適量,(11)香料 適量,(12)精製水 残量(クエン酸1%とNaOHでpHは7±1に調整した。)
*1 丸善製薬社製 *2 一丸ファルコス社製 *3 和光純薬社製 *4
メルク社製 *5 シグマ社製
発明の乳液:
(処方)(%)
(1)ポリオキシエチレン(10E.O.)ソルビタン 1.0 モノステアレート 7.0,(2)ポリオキシエチレン(60E.O.)ソルビット 0.5 テトラオレエート 2.0,(3)グリセリルモノステアレート 1.0,(4)ステアリン酸 0.5,(5)ベヘニルアルコール 0.5,(6)F4:6.0,(7)ホホバ油(*1)1.0,(8)テトライソパルミチン酸L−アスコルビン酸(*2)2.0,(9)大麦注油津物(*3)0.1,(10)ニンジン抽出物(*4)0.1,(11)D−パンテノール(*5)0.1,(12)パルミチン酸レチノール(*6)0.01,(13)防腐剤 0.1,(14)カルボキシビニルポリマー 0.1,(15)水酸化ナトリウム 0.05,(16)エチルアルコール 5.0,(17)精製水 残量,(18)香料
適量(クエン酸1%とNaOHでpHは7±1に調整した。)
*1 高級アルコール工業社製 *2 日本サーファクタント社製 *3 テクノーブル社製 *4 丸善製薬社製 *5 シグマ社製 *6 日本ロシュ社製
発明のクリーム:
(処方)(%)
(1)ポリオキシエチレン(40E.O.)モノステアレート 2.0,(2)グリセリンモノステアレート(自己乳化型)5.0,(3)ステアリン酸 5.0,(4)ベヘニルアルコール(*1) 0.5,(5)スクワラン 15.0,(6)イソオクタン酸セチル 5.0,(7)1,3−ブチレングリコール 5.0,(8)F5:1.0,(9)シラカバ抽出物(*2)0.1,(10)ユキノシタ抽出物(*3)0.2,(11)L−アスコルビン酸2−リン酸ナトリウム(*4)1.0,(12)パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル(*5)5.0,(13)リボフラビン(*6)0.05,(14)システイン(*7)0.1,(15)精製水 残量,(16)防腐剤 適量,(17)香料
適量(クエン酸1%とNaOHでpHは7±1に調整した。)
*1 成和化成社製 *2 丸善製薬社製 *3 一丸ファルコス社製 *4
シグマ社製 *5 BASF社製 *6 シグマ社製 *7 システイン(和光純薬社製)を1.0mg/mlになるように水で希釈して用いた。
【0096】
発明のゲル軟膏:
(処方)(%)
(1)ステアリン酸 18.0,(2)セタノール 4.0,(3)トリエタノールアミン 2.0,(4)F5:1.0,(5)イラクサ抽出物(*1)0.05,(6)サンザシ抽出物(*2)0.05,(7)ボダイジュ抽出物(*3)0.05,(8)N,N′−ジアセチルシスチンジメチル(*4)0.01,(9)トラネキサム酸(*5)0.2,(10)精製水 残量(クエン酸1%とNaOHでpHは7±1に調整した。)
*1 丸善製薬社製 *2 丸善製薬社製 *3 丸善製薬社製 *4 シグマ社製 *5 シグマ社製
以上のいずれの例の組成物においても、皮膚メラニン抑制の効果が確認された。
【図面の簡単な説明】
【0097】
【図1】PVP−フラーレンのメラニン抑制効果について例示した図である。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
フラーレン類のうちの1種以上を有効成分とする皮膚メラニン抑制剤
【請求項2】
フラーレン類は、フラーレン、フラーレン誘導体、あるいは有機化合物により修飾もしくは包接されたフラーレンまたはフラーレン誘導体の複合体のうちの1種以上である請求項1の皮膚メラニン抑制剤。
【請求項3】
フラーレン誘導体は、含酸素基、含窒素基および置換基を有していてもよい炭化水素基のうちの1種以上を結合するフラーレンである請求項2の皮膚メラニン抑制剤。
【請求項4】
フラーレン類は、金属との塩類のうちの1種以上である請求項1から3のうちのいずれかの皮膚メラニン抑制剤。
【請求項5】
フラーレン類の塩類は、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、およびアルミニウムの塩のうちの1種以上である請求項4の皮膚メラニン抑制剤。
【請求項6】
フラーレン類は、水酸化フラーレン類とそのエステル類のうちの1種以上である請求項1から5のうちのいずれかの皮膚メラニン抑制剤。
【請求項7】
水または結晶水の付加物を有効成分とする請求項1から6のうちのいずれかの皮膚メラニン抑制剤。
【請求項8】
フラーレン類は、フラーレンおよびフラーレン誘導体のうちの1種以上と、有機オリゴマー、有機ポリマー、シクロデキストリンおよびクラウンエーテルとそれらの類縁化合物のうちの1種以上との複合体である請求項2から7のうちのいずれかの皮膚メラニン抑制剤。
【請求項9】
フラーレンおよびフラーレン誘導体のうちの1種以上とポリビニルピロリドン(PVP)との複合体である請求項8の皮膚メラニン抑制剤。
【請求項10】
請求項1から9のうちのいずれかの皮膚メラニン抑制剤とともに他の皮膚メラニン抑制剤の1種以上を含有する皮膚メラニン抑制剤。
【請求項11】
他の剤がアスコルビン酸またはその塩、もしくはアルコルビン酸の誘導体、あるいはこれらとビタミンPとの混合物のうちの1種以上である請求項10の皮膚メラニン抑制剤。


【図1】
image rotate


【公開番号】特開2007−131536(P2007−131536A)
【公開日】平成19年5月31日(2007.5.31)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2004−219387(P2004−219387)
【出願日】平成16年7月27日(2004.7.27)
【出願人】(503272483)ビタミンC60バイオリサーチ株式会社 (16)
【Fターム(参考)】