Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
皮膚外用剤
説明

皮膚外用剤

【目的】ポリウムオシドを含有することを特徴とする皮膚外用剤、美白剤、抗酸化剤、マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)産生抑制剤、テストステロン‐5α‐レダクターゼ阻害剤を提供する。
【構成】本発明のポリウムオシドは、優れた抗酸化作用、MMP産生抑制作用、メラニン生成抑制作用及びテストステロン‐5α‐レダクターゼ阻害作用を有し、安定性にも優れていた。また、ポリウムオシドを含有する皮膚外用剤は、安全で優れた老化防止、美白作用及び抗ニキビ作用を示した。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、新規な老化防止、美白及び抗ニキビ作用に優れた皮膚外用剤に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、肌のシワやハリが低下する等の肌老化の原因の一つにフリーラジカルや活性酸素の存在が注目されている。フリーラジカルや活性酸素はコラーゲン等の生体組織を分解、架橋、酸化することにより肌にダメージを与え、肌の老化を促進する。
【0003】
また、皮膚の老化に伴う変化を誘導する因子として、マトリックスメタロプロテアーゼ(MMPs;Matrix Metalloproteinases)の関与が指摘されている。このMMPsの中でも、マトリックスメタロプロテアーゼ−1(MMP−1)は、皮膚の真皮細胞外マトリックスの主要構成成分であるコラーゲンを分解する酵素として知られているが、その発現は紫外線の照射により大きく増加し、コラーゲンの減少・変性の一因となり、皮膚のしわの形成、弾力性の低下等の大きな要因となると考えられている。このようなMMP−1活性阻害作用を有するものとしては、例えば、マツ科マツ属二葉松類の樹皮の抽出物等が知られている(特許文献1参照)。
【0004】
【特許文献1】特開2003−277223号公報
【0005】
さらに、ゼラチナーゼ群に属する酵素であるMMP−2は、基底膜の主要構成成分であるIV型コラーゲンやラミニン5を分解する酵素として知られているが、その発現及び活性は紫外線の照射により大きく増加し、紫外線による基底膜成分の減少、基底膜の構造変化の原因となり、皮膚におけるシワやたるみの形成等の大きな要因となることが明らかとなっている(非特許文献1参照)。
【0006】
【非特許文献1】Gary J.Fisher et al.,Nature,1996年,第379巻,第25号,p.335
【0007】
一般にシミ、ソバカス、日焼け等に見られる皮膚の色素沈着は、ホルモンの異常や紫外線の刺激により、皮膚内に存在するメラニン色素生成細胞がメラニン色素を過剰に生成し、これが皮膚内に沈着することが原因と考えられている。このような色素沈着を防ぐ方法の一つに、メラニンの過剰な生成を抑制する方法が知られている。従来、色素沈着の治療にはハイドロキノンやアスコルビン酸(ビタミンC)等を外用する処置が行われてきた。
【0008】
また、ニキビの発生や増悪にはテストステロンから5α‐レダクターゼによって生成するジヒドロテストステロンの関与が考えられており、5α‐レダクターゼ阻害作用を有する薬剤によりジヒドロテストステロンの生成を抑制または阻害することができれば、ニキビの発生や増悪を抑制することができる。また、ジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症にもその関与が知られている(非特許文献2参照)。
【非特許文献2】J.Steroid Biochemistry,11,609(1979)
【0009】
しかしながら、これらのMMP産生抑制効果、メラニン生成抑制効果及び5α‐レダクターゼ阻害効果を有する植物由来の天然原料として、本発明に用いたポリウムオシドは検討されていなかった。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
皮膚の老化防止又は抗酸化を目的として用いられるSODは不安定であり、製剤化が難しく、ビタミンEも効果が充分であるとは言えない。また、合成化合物であるBHT等は安全性に問題があり、配合量に制限があることから、化学合成品ではなく、安定でかつ副作用の少ない天然原料が望まれている。同様に、安全で安定なMMP産生抑制作用、テストステロン‐5α‐レダクターゼ阻害作用を有することが老化防止やニキビの予防、治療に好ましい。また、美白剤して用いられるアスコルビン酸は経時的に分解しやすい等の欠点があるため、同様に安定性が高く、効果の優れた天然物由来の皮膚外用剤が望まれている。
【0011】
以上のことから、安全で安定性に優れ、老化防止、美白作用及び抗ニキビ作用に優れた皮膚外用剤が望まれている。
【課題を解決するための手段】
【0012】
本発明者らは、多くの化合物について前記のような美容に関する各種評価系へのスクリーニングを実施してきた。その過程において、化粧品分野において新規の成分である、ポリウムオシドは、何れの作用にも有効性を認め、しかも安全で、澱、沈殿、変色、変臭の発生が少ない非常に安定な性質を有する多機能性美容素材と成り得ることを見いだした。このような事情により、本発明者らは鋭意検討した結果、ポリウムオシドが優れた活性酸素消去作用、MMP産生抑制作用、メラニン生成抑制作用及びテストステロン‐5α‐レダクターゼ阻害作用をもち、安定性においても優れていることを見出した。さらに、ポリウムオシドを含有する皮膚外用剤が、安全で安定であり、老化防止、美白作用及び抗ニキビ作用に優れていることを見出し、本発明を完成するに至った。
【0013】
本発明に用いるポリウムオシドとは、下記一般式で示されるものである。
(化1)一般式(1)

【0014】
本発明に用いるポリウムオシドは、例えば、イワカラクサ(Erinus alpinus)より抽出・単離精製できる。
【0015】
イワカラクサとは、ピレネー山脈、ヨーロッパアルプスの高山帯の岩場や草地に生える多年草で園芸用として広く販売されている。
【0016】
抽出部位は特に限定されず、すべての部位を用いることができる。抽出方法は特に限定されず、例えば、加熱抽出したものであっても良いし、常温抽出したものであっても良い。
【0017】
抽出する溶媒としては、例えば、水、エタノール、メタノール等の水溶性溶媒の単独あるいは混合液などが挙げられる。
【0018】
本発明で用いるポリウムオシドは、セファデックスLH−20、ダイヤイオンHP−20、ODSゲル等によるカラムクロマトグラフィーや分取高速液体クロマトグラフィー等を用いることにより、上記抽出物から精製することができる。本発明で用いるポリウムオシドは、必ずしも精製品である必要はなく粗精製品でもよく、また、溶媒を含む状態でもよい。
【0019】
本発明の皮膚外用剤には、ポリウムオシドをそのまま使用しても良く、ポリウムオシドの効果を損なわない範囲内で、外用剤に用いられる成分である油脂類、ロウ類、炭化水素類、脂肪酸類、アルコール類、エステル類、界面活性剤、金属石鹸、pH調整剤、防腐剤、香料、保湿剤、粉体、紫外線吸収剤、増粘剤、色素、酸化防止剤、美白剤、キレート剤等の成分を配合することができる。
【0020】
本発明の皮膚外用剤は、化粧品、医薬部外品、医薬品のいずれにも用いることができ、その剤型としては、例えば、化粧水、クリ−ム、乳液、ゲル剤、エアゾール剤、エッセンス、パック、洗浄剤、浴用剤、ファンデ−ション、打粉、口紅、軟膏、パップ剤等の皮膚に適用されるものが挙げられる。
【0021】
本発明に用いるポリウムオシドの配合量は、本発明の皮膚外用剤全量に対し、固形物に換算して0.0001重量%以上、好ましくは0.001〜10重量%の配合が良い。0.0001重量%未満では十分な効果は望みにくい。10重量%を越えて配合した場合、効果の増強は認められにくく不経済である。また、添加の方法については、予め加えておいても、製造途中で添加しても良く、作業性を考えて適宜選択すれば良い。
【0022】
次に本発明を詳細に説明するため、実施例として本発明に用いる抽出物の製造例、処方例及び実験例を挙げるが、本発明はこれに限定されるものではない。実施例に示す配合量の部とは重量部を、%とは重量%を示す。
【実施例1】
【0023】
製造例1 ポリウムオシド
イワカラクサ500gに4Lのメタノールを加え1週間室温で抽出した。濾過後、残さに4Lのメタノールを加え同様に抽出した。得られた抽出液を合わせ濃縮乾固し、メタノール抽出物を90.4g得た。この抽出物の水可溶画分をセファデックスLH−20カラムクロマトグラフィー(カラム:2×50cm、溶出液:0〜30%メタノール水溶液)に供した。4−アミノアンチピリン溶液(4−AA)での発色が陽性な画分を集め、メタノールを留去後、MCIゲルCHP20Pカラムクロマトグラフィー(カラム:1×30cm、溶出液:0〜50%メタノール水溶液)に供した。そして4−AA陽性の画分を集めメタノール留去後凍結乾燥することによってポリウムオシドを1.5g得た。
【実施例2】
【0024】
処方例1 化粧水
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.1
2.1,3−ブチレングリコール 8.0
3.グリセリン 2.0
4.キサンタンガム 0.02
5.クエン酸 0.01
6.クエン酸ナトリウム 0.1
7.エタノール 5.0
8.パラオキシ安息香酸メチル 0.1
9.ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(40E.O.) 0.1
10.香料 適量
11.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分1〜6及び11と、成分7〜10をそれぞれ均一に溶解し、両者を混合し濾過して製品とする。
【0025】
比較例1 従来の化粧水
処方例1において、ポリウムオシドを精製水に置き換えたものを従来の化粧水とした。
【0026】
処方例2 クリーム
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.05
2.スクワラン 5.5
3.オリーブ油 3.0
4.ステアリン酸 2.0
5.ミツロウ 2.0
6.ミリスチン酸オクチルドデシル 3.5
7.ポリオキシエチレンセチルエーテル(20E.O.) 3.0
8.ベヘニルアルコール 1.5
9.モノステアリン酸グリセリン 2.5
10.香料 0.1
11.パラオキシ安息香酸メチル 0.2
12.パラオキシ安息香酸エチル 0.05
13.1,3−ブチレングリコール 8.5
14.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分2〜9を加熱溶解して混合し、70℃に保ち油相とする。成分1及び11〜14を加熱溶解して混合し、75℃に保ち水相とする。油相に水相を加えて乳化して、かき混ぜながら冷却し、45℃で成分10を加え、更に30℃まで冷却して製品とする。
【0027】
比較例2 従来のクリーム
処方例2において、ポリウムオシドを精製水に置き換えたものを従来のクリームとした。
【0028】
処方例3 乳液
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.05
2.スクワラン 5.0
3.オリーブ油 5.0
4.ホホバ油 5.0
5.セタノール 1.5
6.モノステアリン酸グリセリン 2.0
7.ポリオキシエチレンセチルエーテル(20E.O.) 3.0
8.ポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート(20E.O.) 2.0
9.香料 0.1
10.プロピレングリコール 1.0
11.グリセリン 2.0
12.パラオキシ安息香酸メチル 0.2
13.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分2〜8を加熱溶解して混合し、70℃に保ち油相とする。成分1及び10〜13を加熱溶解して混合し、75℃に保ち水相とする。油相に水相を加えて乳化して、かき混ぜながら冷却し、45℃で成分9を加え、更に30℃まで冷却して製品とする。
【0029】
処方例4 ゲル剤
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.1
2.エタノール 5.0
3.パラオキシ安息香酸メチル 0.1
4.ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(60E.O.) 0.1
5.香料 適量
6.1,3−ブチレングリコール 5.0
7.グリセリン 5.0
8.キサンタンガム 0.1
9.カルボキシビニルポリマー 0.2
10.水酸化カリウム 0.2
11.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分2〜5と、成分1及び6〜11をそれぞれ均一に溶解し、両者を混合して製品とする。
【0030】
処方例5 パック
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.1
2.ポリビニルアルコール 12.0
3.エタノール 5.0
4.1,3−ブチレングリコール 8.0
5.パラオキシ安息香酸メチル 0.2
6.ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(20E.O.) 0.5
7.クエン酸 0.1
8.クエン酸ナトリウム 0.3
9.香料 適量
10.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分1〜10を均一に溶解し製品とする。
【0031】
処方例6 ファンデーション
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.1
2.ステアリン酸 2.4
3.ポリオキシエチレンソルビタンモノステアレート(20E.O.) 1.0
4.ポリオキシエチレンセチルエーテル(20E.O.) 2.0
5.セタノール 1.0
6.液状ラノリン 2.0
7.流動パラフィン 3.0
8.ミリスチン酸イソプロピル 6.5
9.カルボキシメチルセルロースナトリウム 0.1
10.ベントナイト 0.5
11.プロピレングリコール 4.0
12.トリエタノールアミン 1.1
13.パラオキシ安息香酸メチル 0.2
14.二酸化チタン 8.0
15.タルク 4.0
16.ベンガラ 1.0
17.黄酸化鉄 2.0
18.香料 適量
19.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分2〜8を加熱溶解し、80℃に保ち油相とする。成分19に成分9をよく膨潤させ、続いて、成分1及び10〜13を加えて均一に混合する。これに粉砕機で粉砕混合した成分14〜17を加え、ホモミキサーで撹拌し75℃に保ち水相とする。この水相に油相をかき混ぜながら加え、冷却し、45℃で成分18を加え、かき混ぜながら30℃まで冷却して製品とする。
【0032】
処方例7 浴用剤
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.1
2.炭酸水素ナトリウム 50.0
3.黄色202号(1) 適量
4.香料 適量
5.硫酸ナトリウムにて全量を100とする
[製造方法]成分1〜5を均一に混合し製品とする。
【0033】
処方例8 ニキビ治療用軟膏
処方 配合量(部)
1.ポリウムオシド(製造例1) 0.05
2.ポリオキシエチレンセチルエーテル(30E.O.) 2.0
3.モノステアリン酸グリセリン 10.0
4.流動パラフィン 5.0
5.セタノール 6.0
6.パラオキシ安息香酸メチル 0.1
7.プロピレングリコール 10.0
8.精製水にて全量を100とする
[製造方法]成分2〜5を加熱溶解して混合し、70℃に保ち油相とする。成分1及び6〜8を加熱溶解して混合し、75℃に保ち水相とする。油相に水相を加えて乳化して、かき混ぜながら30℃まで冷却して製品とする。
【0034】
比較例3 従来の軟膏
処方例8において、ポリウムオシドを精製水に置き換えたものを従来の軟膏とした。
【0035】
次に、本発明の効果を詳細に説明するため、実験例を挙げる。
【実施例3】
【0036】
実験例1 フリーラジカル捕捉除去作用
フリーラジカル捕捉除去作用の評価を行った。陽性対照としてはアスコルビン酸を用いた。フリーラジカルのモデルとしては、安定なフリーラジカルであるα,α−ジフェニル−β−ピクリルヒドラジル(以下DPPHとする)を用い、試料と一定の割合で一定時間反応させ、減少するラジカルの量を波長517nmの吸光度の減少量から測定した。
【0037】
フリーラジカル捕捉除去作用の測定方法
ポリウムオシド及びアスコルビン酸を、終濃度10μMとなるように加えた0.1M酢酸緩衝液(pH5.5)2mLに無水エタノール2mL及び0.5mM DPPH無水エタノール溶液1mLを加えて反応液とした。また、油溶性の試料の場合は無水エタノール2mLに試料を加えて反応液とした。その後、37℃で30分間反応させ、水を対照として波長517nmの吸光度(A)を測定した。また、ブランクとして試料の代わりに精製水を用いて吸光度(B)を測定した。フリーラジカル捕捉除去率は、以下に示す式より算出した。
フリーラジカル捕捉除去率(%)=(1−A/B)×100
【0038】
これらの試験結果を表1に示した。本発明のポリウムオシドは、安定で優れたフリーラジカル捕捉除去作用を有していることが認められた。なお、アスコルビン酸は、100℃、1時間の熱処理で失活するが、本発明のポリウムオシドは、活性に変化はなかった。

【0039】
実験例2 MMP産生抑制作用
MMP産生抑制作用をMMP−1及びMMP−2mRNA発現量を指標として評価した。
【0040】
MMP−1及びMMP−2mRNA発現量の測定方法
正常ヒト皮膚線維芽細胞を10%FCS含有DMEM培地にて37℃、5%CO条件下で培養し、コンフルエントな状態になったところで試料(終濃度10μM)を添加したDMEM培地にてさらに24時間培養した後、総RNAの抽出を行った。総RNAの抽出にはISOGEN(ニッポンジーン)を用いた。線維芽細胞から抽出した総RNAを基にリアルタイムRT−PCR法によりMMP−1及びMMP−2mRNA発現量の測定を行った。リアルタイムRT−PCR法にはTaKaRa SYBR ExScript RT−PCR Kitを用い、MMP−1用のprimerとしては5’GGGAGATCATCGGGACAACTC3’(配列番号1)及び5’TGAGCATCCCCTCCAATACC3’(配列番号2)を用いた。MMP−2用のprimerとしては5’CCGTCGCCCATCATCAA3’(配列番号3)及び5’CTTCTGCATCTTCTTTAGTGTGTCCTT3’(配列番号4)を用いた。また、内部標準としてはGAPDHを用い、GAPDH用のprimerとしては5’TGCACCACCAACTGCTTAGC3’(配列番号5)及び5’TCTTCTGGGTGGCAGTGATG3’(配列番号6)を用いた。その他の操作は定められた方法に従い、MMP−1及びMMP−2のmRNA発現量を内部標準であるGAPDHmRNA発現量に対する割合として求めた。
【0041】
これらの試験結果を表2に示した。本発明のポリウムオシドは、優れたMMP産生抑制作用を有していることが認められた。

【0042】
実験例3 B16マウスメラノーマを用いたメラニン生成抑制試験
対数増殖期にあるB16マウスメラノーマをφ60mmdishに3×10個の細胞を播種し、終濃度1μM又は10μMの試料を含むEagles’MEM(10%牛胎児血清含有)培地を加え、37℃、5%COの条件下にて培養した。培養5日後に細胞をdishから剥離し、細胞を超音波破砕した後、4NNaOHを加え60℃で2時間の処理を行い、分光光度計でO.D.475nmを測定した。尚、超音波処理後の細胞破砕液をLowryの方法(J.Biol.Chem.,193,265−275,1951)でタンパク定量し、タンパク量当りのメラニン量を比較することによって、メラニン生成抑制効果の指標とした。
【0043】
これらの試験結果を表3に示した。本発明のポリウムオシドは、優れたメラニン生成抑制作用を有していることが認められた。

【0044】
実験例4 5α‐レダクターゼ活性阻害試験
ラット肝ミクロソーム由来5α‐レダクターゼを用い、下記の反応系における条件で測定した。テストステロン(終濃度0.49mM)をDMSOで溶解した後、NADPH(終濃度0.97mM)を0.1Mトリス‐塩酸緩衝液(pH7.2)で溶解したものを添加し、ついで試料(終濃度0.1mM又は0.2mM)及び5α‐レダクターゼを順に加え、37℃で30分間反応させた。反応後、等量のジクロロメタンを加えて反応を停止した後、ジクロロメタン層を抽出した。ついでジクロロメタン層を減圧下で留去し、BSTFAを用いてシリル化を行った後、ガスクロマトグラフ質量分析装置にて常法により、反応量を測定した。阻害率は、試料の代わりに精製水を用いたものを対照とし、対照の反応率を100%(阻害率0%)と見なし、試料を加えた反応量を算出して阻害率を求めた。算式は次の通りである。
【0045】
阻害率(%)=(1−(b’/a’)/(b/a))×100
a:テストステロンのピーク面積(対照)
b:ジヒドロテストステロンのピーク面積(対照)
a’:テストステロンのピーク面積(試料添加)
b’:ジヒドロテストステロンのピーク面積(試料添加)
【0046】
これらの結果をまとめて表4に示した。本発明のポリウムオシドは優れた5α‐レダクターゼ活性阻害効果を示した。

【0047】
実験例5 使用試験1
処方例1の化粧水、処方例2のクリーム、比較例1の従来の化粧水及び比較例2の従来のクリームを用いて、女性20人(22〜51才)を対象に1カ月間の使用試験を行った。使用後、肌のシワ、タルミの改善効果をアンケートにより判定した。
【0048】
これらの試験結果を表5に示した。その結果、本発明の抽出物を含有する皮膚外用剤は優れたシワ、タルミの改善作用を示した。なお、試験期間中、皮膚トラブルは一人もなく、安全性においても問題なかった。また、処方成分の劣化についても問題なかった。

【0049】
実験例6 使用試験2
処方例1の化粧水、処方例2のクリーム、比較例1の従来の化粧水及び比較例2の従来のクリームを用いて、シミ、ソバカスに悩む女性20人(22〜51才)を対象に1カ月間の使用試験を行った。使用後、シミ、ソバカスの改善効果をアンケートにより判定した。
【0050】
これらの試験結果を表6に示した。その結果、本発明の抽出物を含有する皮膚外用剤は、優れたシミ、ソバカスの改善作用を示した。なお、試験期間中、皮膚トラブルは一人もなく、安全性においても問題なかった。また、処方成分の劣化についても問題なかった。

【0051】
実験例3 使用試験3
処方例8のニキビ治療用軟膏及び比較例3の従来の軟膏を用いて、ニキビに悩む男性15人(19〜29歳)を対象に1カ月の使用試験を行った。使用後、ニキビの改善(予防及び治療)効果をアンケートにより判定した。
【0052】
これらの試験結果を表7に示した。その結果、本発明の抽出物を含有する皮膚外用剤は優れたニキビの改善効果を示した。なお、試験期間中、皮膚トラブルは一人もなく、安全性においても問題なかった。また、処方成分の劣化についても問題なかった。

【産業上の利用可能性】
【0053】
以上のことから、ポリウムオシドは、優れた抗酸化作用、MMP産生抑制作用、メラニン生成抑制作用及びテストステロン‐5α‐レダクターゼ阻害作用を有し、安定性にも優れていた。さらに、ポリウムオシドを含有する皮膚外用剤は、安全で優れた老化防止、美白作用及び抗ニキビ作用を示した。よって、本発明のポリウムオシドを含有する皮膚外用剤は、老化防止用、美白用あるいは抗ニキビ用皮膚外用剤として特に有効である。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
ポリウムオシドを含有することを特徴とする皮膚外用剤。
【請求項2】
ポリウムオシドを含有することを特徴とする抗酸化剤。
【請求項3】
ポリウムオシドを含有することを特徴とするマトリックスメタロプロテアーゼ産生抑制剤。
【請求項4】
ポリウムオシドを含有することを特徴とする美白剤。
【請求項5】
ポリウムオシドを含有することを特徴とするテストステロン‐5α‐レダクターゼ阻害剤。





【公開番号】特開2012−67014(P2012−67014A)
【公開日】平成24年4月5日(2012.4.5)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−210657(P2010−210657)
【出願日】平成22年9月21日(2010.9.21)
【出願人】(592262543)日本メナード化粧品株式会社 (223)
【Fターム(参考)】