説明

皮膚外用組成物

【課題】エラスチンの産生促進性能に優れた皮膚外用組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の皮膚外用組成物は、スターフルーツ抽出物とモミジ抽出物とを含有していることを特徴としている。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、皮膚外用組成物に関する。
【背景技術】
【0002】
皮膚の内方側にある真皮は、線維芽細胞と、該細胞によって該細胞の外に産生されるエラスチンやコラーゲン等の細胞外マトリックスなどとで構成されている。そして、これらが真皮の構造を維持することにより、皮膚は、弾力性、柔軟性などが保たれた状態で維持されている。
【0003】
ところが、エラスチンやコラーゲンなどの細胞外マトリックスは、紫外線の照射や加齢などによって、産生量が減少したり、その分解や変性が引き起こされたりする。その結果、皮膚は、弾力性低下、シワの形成といった老化症状を呈するようになる。
即ち、紫外線の照射や加齢などに伴って引き起こされる皮膚の老化症状には、該細胞外マトリックスの産生量の減少などが関与している。
【0004】
そこで、皮膚の老化症状を防ぐべく、真皮の細胞外マトリックスの産生を促進させ得る皮膚外用組成物、具体的には、例えば、スターフルーツの花部からの抽出物を配合した皮膚外用組成物が提案されている(特許文献1)。
【0005】
しかしながら、斯かる皮膚外用組成物は、真皮の細胞外マトリックスのなかでもエラスチンの産生促進能力に関しては、必ずしも優れたものではないという問題がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開2006−8571号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は、上記の問題点等に鑑み、エラスチンの産生促進性能に優れた皮膚外用組成物を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明者等は上記課題を解決するために鋭意研究を重ねた結果、スターフルーツ抽出物およびモミジ抽出物を含有させた組成物が、優れたエラスチンの産生促進性能を有することを見出し、本発明を完成するに至った。
【0009】
本発明に係る皮膚外用組成物は、スターフルーツ抽出物とモミジ抽出物とを含有していることを特徴としている。
【0010】
また、前記スターフルーツ抽出物と前記モミジ抽出物との重量比が乾燥物換算で8:2〜2:8であることが好ましい。斯かる重量比が乾燥物換算で8:2〜2:8であることにより、前記皮膚外用組成物のエラスチン産生促進性能がより優れたものになり得るという利点がある。
なお、乾燥物換算とは、抽出物から抽出溶媒を除いた残渣である乾燥物の重量に換算することを意味する。
【発明の効果】
【0011】
本発明の皮膚外用組成物は、スターフルーツ抽出物とモミジ抽出物とを含有していることから、優れたエラスチンの産生促進性能を有するという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】エラスチンの産生量を示すグラフ。
【図2】エラスチンの産生量を示すグラフ。
【図3】エラスチンの産生量を示すグラフ。
【発明を実施するための形態】
【0013】
本発明の実施形態について以下に説明する。
本実施形態の皮膚外用組成物は、スターフルーツ抽出物およびモミジ抽出物を含有している。また、本実施形態の皮膚外用組成物は、スターフルーツ抽出物およびモミジ抽出物以外の成分を含有し得るものであり、通常、水を含有する。
【0014】
前記スターフルーツ抽出物は、カタバミ科ゴレンシ属に属するスターフルーツ(五斂子ともいう、学名:Averrhoa carambolaL.)を抽出溶媒で抽出することにより得られるものである。
また、前記スターフルーツ抽出物は、前記抽出溶媒によるスターフルーツの抽出液、その希釈液、その濃縮液、あるいはその抽出溶媒を除去した乾燥物を意味するものである。
前記スターフルーツ抽出物が抽出液、その希釈液、その濃縮液の態様である場合、その濃度は、通常、乾燥物換算で0.1〜10重量%である。
【0015】
前記抽出溶媒で抽出されるスターフルーツの部位としては、特に限定されるものではないが、果実、花、葉等が挙げられ、エラスチン産生をより促進し得るという点で、葉が好ましい。
【0016】
前記抽出溶媒としては、エタノール,プロパノールなどの炭素数1〜5の低級脂肪族アルコール、アセトン,メチルエチルケトンなどの低級脂肪族ケトン、1,3−ブチレングリコール,グリセリン,プロピレングリコールなどの炭素数2〜5の多価アルコール、又は水などが挙げられる。
また、前記抽出溶媒としては、2種以上の前記抽出溶媒を混合したものが挙げられる。その混合比は特に限定されるものではなく、適宜調整され得る。
【0017】
なかでも、前記抽出溶媒としては、水及びエタノールを含む抽出溶媒が好ましく、水とエタノールとが水:エタノール=7:3〜2:8の容量比で混合された抽出溶媒がより好ましい。
【0018】
前記抽出の方法としては、従来公知の一般的な方法を採用することができ、例えば、還流させる方法を採用できる。
【0019】
前記スターフルーツ抽出物としては、具体的には、例えばスターフルーツの葉部位を乾燥し又は乾燥することなく粉砕した後、ソックスレー抽出器などの抽出器具を用いて前記抽出溶媒によって還流抽出することにより得られるものが挙げられる。また、抽出溶媒量は、抽出原料(スターフルーツの葉部)の5〜15倍量(重量比)であり、抽出時間は1〜3時間であり、抽出温度は20〜95℃であることが好ましい。
【0020】
なお、前記スターフルーツ抽出物としては、例えば、化粧料等の原料として市販されているものを用いることができる。
【0021】
前記皮膚外用組成物におけるスターフルーツ抽出物の含有濃度は、特に限定されるものではないが、スターフルーツ抽出物の濃度が乾燥物換算で0.00005〜0.05重量%であることが好ましい。スターフルーツ抽出物の濃度が乾燥物換算で0.00005重量%以上であることにより、エラスチン産生をより促進できるという利点がある。また、より少ない量でエラスチン産生を促進し得る点から、スターフルーツ抽出物の濃度は乾燥物換算で0.05重量%以下であることが好ましい。
【0022】
前記モミジ抽出物は、カエデ(Acer)属に属する植物を抽出溶媒で抽出することにより得られるものである。
前記カエデ属に属する植物としては、例えば、Acer aidzuense(カラコギカエデ)、Acer amoenum(オオモミジ)、Acer argutum(アサノハカエデ)、Acer buergerianum(トウカエデ)、Acer campestre(コブカエデ)、Acer carpinifolium(チドリノキ)、Acer crataegifolium(ウリカエデ)、Acer diabolicum(オニモミジ)、Acer distylum(マルバカエデ)、Acer ginnala(チョウセンカラコギカエデ)、Acer japonicum(ハウチワカエデ)、Acer mono(イタヤカエデ)、Acer negundo(トネリコバノカエデ)、Acer nigrum(ブラック・メープル)、Acer nikoense(メグスリノキ)、Acer nipponicum(テツカエデ)、Acer palmatum(イロハモミジ)、Acer platanoides(ヨーロッパカエデ)、Acer pseudoplatanus(セイヨウカジカエデ)、Acer pycnanthum(ハナノキ)、Acer rufinerve(ウリハダカエデ)、Acer saccharum(サトウカエデ)、Acer sieboldianum(コハウチワカエデ)、Acer tschonoskii(ミネカエデ)、Acer ukurunduense(オガラバナ)等が挙げられる。
また、前記モミジ抽出物は、斯かるカエデ属に属する植物の2種以上を抽出溶媒で抽出することによっても得られるものである。
【0023】
前記モミジ抽出物としては、エラスチン産生をより促進し得るという点で、Acer palmatum(イロハモミジ)を抽出溶媒で抽出することにより得られたものが好ましい。
【0024】
また、前記モミジ抽出物は、抽出溶媒による前記カエデ属に属する植物の抽出液、その希釈液、その濃縮液、あるいはその抽出溶媒を除去した乾燥物を意味するものである。
前記モミジ抽出物が抽出液、その希釈液、その濃縮液の態様である場合、その濃度は、通常、乾燥物換算で0.1〜10重量%である。
【0025】
前記抽出溶媒で抽出されるカエデ属に属する植物の部位としては、特に限定されるものではなく、例えば、葉部、枝部、根部、樹皮、種子等が挙げられる。なかでも、エラスチン産生をより促進し得るという点で、葉部が好ましい。
【0026】
前記抽出溶媒としては、エタノール,プロパノールなどの炭素数1〜5の低級脂肪族アルコール、アセトン,メチルエチルケトンなどの低級脂肪族ケトン、1,3−ブチレングリコール,グリセリン,プロピレングリコールなどの炭素数2〜5の多価アルコール、又は水などが挙げられる。
また、前記抽出溶媒としては、2種以上の前記抽出溶媒を混合したものが挙げられる。その混合比は特に限定されるものではなく、適宜調整され得る。
【0027】
なかでも、前記抽出溶媒としては、水及びエタノールを含む抽出溶媒が好ましく、水とエタノールとが水:エタノール=7:3〜2:8の容量比で混合された抽出溶媒がより好ましい。
【0028】
前記抽出の方法としては、従来公知の一般的な方法を採用することができ、例えば、還流させる方法を採用できる。
【0029】
前記モミジ抽出物としては、具体的には、例えば前記イロハモミジの葉部を乾燥し、又は乾燥することなく粉砕した後、ソックスレー抽出器などの抽出器具を用いて、水:エタノール=7:3〜2:8容量比の抽出溶媒によって還流抽出することにより得られるものが好ましい。また、抽出溶媒量は、抽出原料(前記イロハモミジの葉部)の5〜15倍量(重量比)であり、抽出時間は、1〜3時間であり、抽出温度は20〜95℃であることが好ましい。
【0030】
なお、前記モミジ抽出物としては、例えば、化粧料等の原料として市販されているものを用いることができる。
【0031】
前記皮膚外用組成物におけるモミジ抽出物の含有濃度は、特に限定されるものではないが、モミジ抽出物の濃度が乾燥物換算で0.00005〜0.05重量%であることが好ましい。モミジ抽出物の濃度が乾燥物換算で0.00005重量%以上であることにより、エラスチン産生をより促進できるという利点がある。また、より少ない量でエラスチン産生を促進し得る点から、モミジ抽出物の濃度は乾燥物換算で0.05重量%以下であることが好ましい。
【0032】
前記皮膚外用組成物におけるスターフルーツ抽出物及びモミジ抽出物を合わせた含有濃度は、特に限定されるものではないが、スターフルーツ抽出物及びモミジ抽出物の乾燥物が、0.0001〜0.1重量%であることが好ましく、0.0002〜0.01重量%であることがより好ましく、0.0006〜0.005重量%であることがさらに好ましく、0.0012〜0.0025重量%であることが特に好ましい。スターフルーツ抽出物及びモミジ抽出物の合計濃度が乾燥物換算で0.0001重量%以上であることにより、エラスチン産生をより促進できるという利点がある。また、より少ない量でエラスチン産生を促進し得る点から、該合計濃度は乾燥物換算で0.1重量%以下であることが好ましい。
【0033】
前記皮膚外用組成物におけるスターフルーツ抽出物とモミジ抽出物の含有比は、特に限定されるものではないが、重量比が、乾燥物換算でスターフルーツ抽出物:モミジ抽出物=8:2〜2:8の範囲であることが好ましく、7:3〜2:8の範囲であることがより好ましい。スターフルーツ抽出物及びモミジ抽出物の重量比が乾燥物換算で8:2〜2:8の範囲であることにより、エラスチン産生をより促進できるという利点がある。
【0034】
前記皮膚外用組成物としては、例えば、医薬用の皮膚外用組成物、化粧料用の皮膚外用組成物等が挙げられる。
【0035】
前記皮膚外用組成物は、従来公知の一般的な方法によって調製することができる。
【0036】
なお、本発明の皮膚外用組成物の形態は、限定されるものではなく、一般の皮膚外用組成物において採用される種々の形態を、本発明の効果を損ねない範囲で採用することができる。
例えば、本発明の皮膚外用組成物は、ジェル状、ローション状、乳液状、クリーム状、軟膏状、半固形状等の剤型とすることができる。また、本発明の皮膚外用組成物には、剤型に応じ、薬効成分、オイル、色素、防腐剤、界面活性剤、香料、顔料等を適宜配合することができる。
【実施例】
【0037】
次に実施例を挙げて本発明をさらに詳しく説明するが、本発明はこれらに限定されるものではない。
【0038】
以下の試験例では、正常ヒト皮膚線維芽細胞(NHDF)の培養中に産生されるエラスチン量を測定することにより、スターフルーツ抽出物やモミジ抽出物によってエラスチン産生が促進されるか否かについて評価した。
【0039】
<スターフルーツ抽出物>
スターフルーツ抽出物として、商品名「スターフルーツ葉抽出液 BG30」(丸善製薬社製 抽出溶媒を除いた乾燥物を1.0重量%含有 葉の抽出物)を用いた。以下、斯かる抽出物を「スターフルーツ抽出液」という。
【0040】
<モミジ抽出物>
モミジ抽出物として、商品名「モミジ抽出液BG」(丸善製薬社製 抽出溶媒を除いた乾燥物を1.0重量%含有、葉抽出物)を用いた。以下、斯かる抽出物を「モミジ抽出液」という。
【0041】
(試験例1)
正常ヒト皮膚線維芽細胞(NHDF)の培養には、10%ウシ胎児血清、100ユニットペニシリン、0.1mg/mLストレプトマイシンを添加したNHDF培養用培地(DMEM)を用いた。
35mm組織培養用ディッシュ(IWAKI社製)に、2×106(cell/ml)の細胞数となるように、DMEMに懸濁したNHDFを4mL播種した。NHDFの培養は、インキュベーター(95容量%空気、5容量%二酸化炭素)内において、37℃の条件下で行った。
コンフルエントとなった培養2日目に、それまでの培地を、DMEM(Doulbecco's modified Eagle's Medium)培地と交換し、スターフルーツ抽出液を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量%)となるように加え、さらに24時間培養した。
その後、培地に250mM濃度のシュウ酸溶液1mLを加え、細部を溶解した。
続いて、100℃で60分間、室温で放置し、遠心分離によって得た上清を細胞ライセートとした。そして、細胞ライセート中のエラスチン量をBiocolor社のFastin Elastin Assayキットを用いて定量した。
【0042】
(試験例2)
スターフルーツ抽出液に代えて、モミジ抽出液を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量%)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0043】
(試験例3)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液:モミジ抽出液=7:3(重量比)の混合物を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量%)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0044】
(試験例4)
抽出液として何も加えなかった点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0045】
試験例1〜4において産生されたエラスチン量を、抽出液として何も加えなかった試験例4のエラスチン量に対する相対値として示した図1に示す。
図1からも明らかなように、スターフルーツ抽出物及びモミジ抽出物を組み合わせることにより、相乗的にエラスチン産生が促進されることが分かった。
【0046】
(試験例5)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.50重量%(乾燥物換算で0.0050重量%)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0047】
(試験例6)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.125重量%(乾燥物換算で0.00125重量%)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0048】
(試験例7)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.0625重量%(乾燥物換算で0.000625重量%)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0049】
試験例3〜7において産生されたエラスチン量を、抽出液として何も加えなかった試験例4のエラスチン量に対する相対値として示した図2に示す。
【0050】
(試験例8)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量% 8:2重量比)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0051】
(試験例9)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量% 5:5重量比)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0052】
(試験例10)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量% 3:7重量比)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0053】
(試験例11)
スターフルーツ抽出液に代えて、スターフルーツ抽出液とモミジ抽出液との混合物を0.25重量%(乾燥物換算で0.0025重量% 2:8重量比)となるように培地に加えた点以外は、試験例1と同様にしてエラスチン量を定量した。
【0054】
試験例1〜4,8〜11において産生されたエラスチン量を、抽出液として何も加えなかった試験例4のエラスチン量に対する相対値として示した図3に示す。
【産業上の利用可能性】
【0055】
本発明の皮膚外用組成物は、例えば、乳液、軟膏、クリーム、ゲル、エアゾール内容物などの形態で使用でき、また、医薬品、医薬部外品又は化粧品等として好適に用いられ得る。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
スターフルーツ抽出物とモミジ抽出物とを含有していることを特徴とする皮膚外用組成物。
【請求項2】
前記スターフルーツ抽出物と前記モミジ抽出物との重量比が乾燥物換算でスターフルーツ抽出物:モミジ抽出物=8:2〜2:8である請求項1記載の皮膚外用組成物。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate


【公開番号】特開2011−20975(P2011−20975A)
【公開日】平成23年2月3日(2011.2.3)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2009−169035(P2009−169035)
【出願日】平成21年7月17日(2009.7.17)
【出願人】(000112266)ピアス株式会社 (49)
【Fターム(参考)】