眼の健康を増進するための少なくとも一つのポリフェノールの使用

【課題】コンパニオンアニマルの眼を治療し、その眼の健康を増進する手助けとなる組成物の提供。
【解決手段】ローズマリー、ローズマリー抽出物、カフェ酸、コーヒー抽出物、ウコン抽出物、ククルミン、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、ローズマリー酸、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される少なくとも一つのポリフェノールを含む組成物をコンパニオンアニマルに投与することによる眼の健康を増進する方法。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明はコンパニオンアニマルの眼の健康を増進する方法に関しており、その方法は、ローズマリー、ローズマリー抽出物、カフェ酸、コーヒー抽出物、ウコン抽出物、ククルミン(cucurmin)、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、ローズマリー酸(rosemarinic acid)、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される少なくとも一つのポリフェノールを含む組成物をコンパニオンアニマルに投与することを含む。
【背景技術】
【0002】
コンパニオンアニマルにおける視力喪失は、コンパニオンアニマルの水晶体及び角膜上皮細胞へのフリーラジカルによる損傷、日光などの環境ストレス、並びにコンパニオンアニマルの加齢に伴う通常のストレスに関連する場合が多い。フリーラジカルは、身体構成要素に結合しそれを破壊する、高反応性の分子である。適切に機能するためにコンパニオンアニマルの眼の光への依存性の結果として、その眼はフリーラジカルによる攻撃に対して特に弱い。光は、コンパニオンアニマルの識別能力に役立つけれども、一方で、光はまた、コンパニオンアニマルの眼の細胞及び膜の損傷を促進することによって視力喪失を増大させる追加のフリーラジカルを発生させる。
【0003】
比較的高いエネルギーを有する可視スペクトルの青色光(400〜500nm)は、細胞の組織に侵入でき、光化学的損傷及びアポトーシス細胞死を含む、光受容体や網膜上皮細胞の機能に大きな影響を有することが示されてきている。青色光は、まばゆく光る雪や水の反射によってもたらされ、スポーツ犬、猟犬、使役犬、救助犬、フィッシング犬にとって危険である可能性がある。可視青色光への曝露は、ミトコンドリアと核DNAの両方の損傷の増加、及び網膜上皮細胞におけるフリーラジカルの生成の増加を引き起こす。ミトコンドリアへの青色光誘導のフリーラジカルによる損傷を、ミトコンドリアの電子伝達鎖の阻害によって、又はミトコンドリアの特定の酸化防止剤によってのどちらかで阻止することができる。
【0004】
加えて、コンパニオンアニマルの加齢に伴い、フリーラジカルはコンパニオンアニマルの眼の老化に関与する。コンパニオンアニマルの眼へのフリーラジカルストレスによって引き起こされると考えられている白内障形成は、主として、コンパニオンアニマルの加齢と関係がある。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
コンパニオンアニマルの眼を治療し、その眼の健康を増進する助けとなる組成物に対するニーズが依然としてある。
【0006】
従って、本発明の目的は、コンパニオンアニマルの眼の健康を増進する方法を提供することであり、その方法は、コンパニオンアニマルにおける環境ストレスの予防又は治療、加齢に伴うストレスの予防又は治療、白内障の進行の抑制、視力の向上、及び若い眼の維持する組成物を投与することを含む。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明はコンパニオンアニマルの眼の健康を増進する方法に関し、その方法は、ローズマリー、ローズマリー抽出物、カフェ酸、コーヒー抽出物、ウコン抽出物、ククルミン、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、ローズマリー酸、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される少なくとも一つのポリフェノールを含む組成物をコンパニオンアニマルに投与することを含む。
【0008】
本発明はまた、上記の組成物を調製する非限定的な方法をも目的とする。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
本発明の組成物は、ローズマリー酸、ローズマリー抽出物、カフェ酸、コーヒー抽出物、ウコン抽出物、ククルミン、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、ローズマリー酸、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される少なくとも一つのポリフェノールを含む。
【0010】
該組成物及び方法のこれらの及び他の制限、並びに本明細書で使用するのに適した任意成分の多くについては、以下で詳細に記載する。
【0011】
本明細書で使用する時、用語「使用に適している」とは、記載された動物フード製品が、時折修正される可能性のあるアメリカ飼料検査官協会(American Association of Feed Control Officials)(AAFCO)の、動物用の動物フード製品を提供するための安全用件を満たすことができることを意味する。
【0012】
本明細書で使用する時、用語「コンパニオンアニマル」とは、好ましくは(例えば)、犬、猫、子猫、幼犬、老犬、老猫、成犬、成猫、馬、牛、豚、ウサギ、モルモット、ハムスター、アレチネズミ、フェレット、馬、動物園哺乳類等を包含する動物を意味する。犬、猫、子猫、幼犬、老犬、老猫、成犬、成猫が、特に好適である。
【0013】
本明細書で使用する時、用語「成長した」又は同様のものとは、約3才〜約6才のコンパニオンアニマルである。成犬は、少なくとも約3才の飼い犬であり、そして成猫は、少なくとも約3才の飼い猫である。
【0014】
本明細書で使用する時、用語「組成物」とは、コンパニオンアニマルによって摂取可能である組成物、コンパニオンアニマル用の栄養補助食品、ペットフード、ドッグフード、キャットフード、トリーツ(treats)、ビスケット、生皮、トリーツ、チュー(chews)、充填剤、グレービー(gravy)、ソース、飲料、補助水(supplemental water)、及びそれらの組み合わせを意味する。組成物は、ぬれた、湿った、及び/又は乾燥したものであることができる。
【0015】
本明細書で使用する時、用語「完全な及び栄養バランスがとれた(complete and nutritionally balanced)」とは、特に指定のない限り、全ての既知の必要な栄養素を適切な量で及び動物の栄養の分野で認められている専門家の推奨に基づく割合で有する組成物を指す。
【0016】
本明細書で使用する時、用語「子猫」とは、約3才以下、或いは約2才以下、或いは約1才以下の飼い猫を指す。
【0017】
本明細書で使用する時、用語「ポリフェノール」とは、1分子当たりの2個以上のフェノール基の存在を特徴とする植物性化学物質の群を意味する。ポリフェノールは、一部の植物の着色又は芳香の原因であり得る。ポリフェノールは、例えば、抗ウイルス性、抗菌性、抗炎症性、抗がん性、老化防止性(神経変性)の効用及びそれらの組み合わせを潜在的な健康上の利益を有する強力な酸化防止剤である。
【0018】
本明細書で使用する時、用語「子犬」とは、約3才以下、或いは約2才以下、或いは約1才以下の飼い犬を指す。
【0019】
本明細書で使用する時、用語「老」又は同様のものとは、当該技術分野における一般的に利用されている基準に従って中年又はそれ以上と見なされるコンパニオンアニマルである、但し、老犬は少なくとも約6才の飼い犬であり、老猫は少なくとも約6才の飼い猫である。老犬の体重が22.7kg(50ポンド)以上を意味する大型犬である場合は、老犬は少なくとも約5才の飼い犬である。
【0020】
全ての百分率、部及び比率は、本明細書で用いる時、別段の指定がない限り、全組成物の重量を基準とする。列記された成分に関するこのような重量は全て、活性レベルに基づくものであり、したがって特に指定がない限り、市販材料に含まれることのある溶媒又は副産物を含まない。
【0021】
本発明の組成物及び方法は、本明細書に記載する必須要素及び制限を含み、それらからなり、又は本質的にそれらからなることができ、並びに、本明細書に記載のいかなる付加的、若しくは任意の成分、構成要素、又は制限、ないしは別の方法で、コンパニオンアニマルの消費を意図した組成物において有用である。
【0022】
方法
本発明は、コンパニオンアニマルの眼の健康を増進する方法に関し、その方法は、ローズマリー、ローズマリー抽出物、カフェ酸、コーヒー抽出物、ウコン抽出物、ククルミン、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、ローズマリー酸、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される少なくとも一つのポリフェノールを含む組成物をコンパニオンアニマルに投与することを含む。眼の健康としては、コンパニオンアニマルにおける環境ストレスの予防又は治療、加齢に伴うストレスの予防又は治療、白内障の進行の抑制、視力の向上、及び若い眼の維持を挙げることができる。
【0023】
製品形態
該組成物は、コンパニオンアニマルによって使用されるのに適している。本発明の組成物は、好ましくは眼の健康を増進するために投与される。本発明の組成物は、湿った組成物(即ち、製品の約16重量%〜約50重量%の全湿分含量を有するもの)、及び/又はぬれた組成物(即ち、製品の50重量%より多い全湿分含量を有するもの)、及び/又は乾燥した組成物(即ち、製品の約0重量%〜約16重量%の全湿分含量を有するもの)であることができる。本明細書において特に記載されていない限り、ぬれた組成物、湿った組成物及び/又は乾燥した組成物は、それらの組成又は調製方法によって制限されない。
【0024】
該組成物は、完全な及び栄養バランスがとれていることができる。完全な及び栄養バランスがとれた動物フード組成物は、単独で食料として与えられるように混合されてよく、水以外の摂取される任意の追加物質を加えることなく、寿命を維持し、及び/又は繁殖を促進することができる。
【0025】
本発明の組成物及び構成要素は、動物による消費のために選択され、ヒトによる消費を意図しない。組成物の非限定的な例としては、動物用の栄養補助食品、ペットフード、ドッグフード、キャットフード、トリーツ、ビスケット、生皮、トリーツ、チュー、充填剤グレービー、ソース、飲料、補助水、及びそれらの組み合わせが挙げられる。
【0026】
更に、本発明に従う投与は、例えば、受容者の生理学的条件、投与の目的が治療又は予防のいずれであるか、及び熟練実務者に既知の他の要因に応じて、継続的であっても断続的であってもよい。
【0027】
ポリフェノール
組成物は、少なくとも一つのポリフェノールを含む。ポリフェノールは、ローズマリー抽出物、ローズマリー酸、コーヒー抽出物、カフェ酸、ウコン抽出物、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される。
【0028】
組成物は、乾燥体基準で、組成物中、約0.01重量%〜約90重量%の該ポリフェノールを含む。組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該ポリフェノール、約1重量%〜約15重量%の該ポリフェノール、約1重量%〜約10重量%の該ポリフェノール、約3重量%〜約10重量%の該ポリフェノールを含む。
【0029】
ポリフェノールの使用は、コンパニオンアニマルの眼の健康を増進するのに有益であることが証明されている。ポリフェノールは、水晶体の細胞DNA、タンパク質、及び脂肪に対する光酸化ストレス又はフリーラジカルによる損傷を防止するための酸化防止活性、及び炎症から水晶体を保護するための抗炎症効果を有する。ポリフェノールは、抗血糖上昇の効果があり、糖尿病状態に付随する眼の水晶体損傷を軽減する。加えて、ポリフェノールは、タンパク質又はプロテオグリカン結合の特性を有し、眼圧を低下させ、眼の不快感を解放する。
【0030】
ローズマリー抽出物
ローズマリー抽出物は、ポリフェノールである。ローズマリー又はローズマリー抽出物の構成要素は、カフェ酸及びローズマリー酸のようなカフェ酸の誘導体類である。これらの化合物は、酸化防止活性及び抗炎症効果を有する。カフェ酸は、水晶体上皮細胞の形質転換を抑制することによって後嚢混濁を防止する。
【0031】
本発明に使用するローズマリー抽出物の非限定的な供給源は、ローズマリーである。
【0032】
ローズマリー抽出物が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該ローズマリー抽出物を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該ローズマリー抽出物、約1重量%〜約15重量%の該ローズマリー抽出物、約1重量%〜約10重量%の該ローズマリー抽出物、約3重量%〜約10重量%の該ローズマリー抽出物を含む。
【0033】
ローズマリー酸が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該ローズマリー酸を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該ローズマリー酸、約1重量%〜約15重量%の該ローズマリー酸、約1重量%〜約10重量%の該ローズマリー酸、約3重量%〜約10重量%の該ローズマリー酸を含む。
【0034】
コーヒー抽出物
コーヒー抽出物は、ポリフェノールである。コーヒー抽出物の主な構成要素はカフェ酸であり、それが酸化防止活性を示すと考えられ、白内障を防止又は治療し得る。
【0035】
コーヒー抽出物が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該コーヒー抽出物を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該コーヒー抽出物、約1重量%〜約15重量%の該コーヒー抽出物、約1重量%〜約10重量%の該コーヒー抽出物、約3重量%〜約10重量%の該コーヒー抽出物を含む。
【0036】
コーヒー抽出物が存在する場合、コーヒー抽出物の非限定的な供給源としては、コーヒー豆、コーヒー、コーヒーベリー、コーヒー果実が挙げられる。カフェ酸が存在する場合、カフェ酸の非限定的な供給源としては、茶、ベリー類、コーヒー豆、コーヒー、コーヒーベリー、コーヒー果実、ローズマリー抽出物、及び/又はブドウ抽出物が挙げられる。
【0037】
カフェ酸が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該カフェ酸を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該カフェ酸、約1重量%〜約15重量%の該カフェ酸、約1重量%〜約10重量%の該カフェ酸、約3重量%〜約10重量%の該カフェ酸を含む。
【0038】
ウコン抽出物
ウコン抽出物は、ポリフェノールである。ウコン抽出物は、クルクミンである主要な活性化合物を含む香辛料である。クルクミンは、生物活性ポリフェノールの植物色素である。クルクミンは、反応性酸素種を除去し、酸化防止酵素であるGSH及びGSTの活性を高め、脂肪及びタンパク質の酸化を防止することによって酸化防止活性を有する。従って、ククルミンは脂肪過酸化及びタンパク質凝集を防止し、白内障の進行及び成熟の抑制をもたらす。加えて、ククルミンは、糖尿病性白内障に付随する浸透ストレスを最小化することができる。
【0039】
本発明用で使用するウコン抽出物の非限定的な供給源は、ウコンである。
【0040】
ウコン抽出物が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該ウコン抽出物を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該ウコン抽出物、約1重量%〜約15重量%の該ウコン抽出物、約1重量%〜約10重量%の該ウコン抽出物、約3重量%〜約10重量%の該ウコン抽出物を含む。
【0041】
ブルーベリー抽出物
ブルーベリー抽出物は、ポリフェノールである。ブルーベリー抽出物はアントシアニン類が豊富であり、アントシアニンは一重項酸素を急冷することによって酸化防止活性を示し、従って色素の光酸化を防止する。
【0042】
本発明用で使用するブルーベリー抽出物の非限定的な供給源は、ブルーベリーである。
【0043】
ブルーベリー抽出物が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該ブルーベリー抽出物を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該ブルーベリー抽出物、約1重量%〜約15重量%の該ブルーベリー抽出物、約1重量%〜約10重量%の該ブルーベリー抽出物、約3重量%〜約10重量%の該ブルーベリー抽出物を含む。
【0044】
ブドウの種抽出物
ブドウの種抽出物は、ポリフェノールである。ブドウの種抽出物は、酸化防止活性を示すプロシアニジン類が豊富である。ブドウの種抽出物は、約38.5%のプロシアニジン類を含む。プロシアニジン類及びそれらの代謝産物は、それらの酸化防止活性によって白内障形成の進行の防止に役立ち、例えば、水晶体及び網膜微小血管系のLDL酸化を防止することである。プロシアニジン類はまた、ビタミンE節約効果も有する。
【0045】
本発明用で使用するブドウの種抽出物の非限定的な供給源は、ブドウの種である。
【0046】
ブドウの種抽出物が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該ブドウの種抽出物を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該ブドウの種抽出物、約1重量%〜約15重量%の該ブドウの種抽出物、約1重量%〜約10重量%の該ブドウの種抽出物、約3重量%〜約10重量%の該ブドウの種抽出物を含む。
【0047】
茶抽出物
茶抽出物は、ポリフェノールである。茶抽出物は、その結果一重項酸素、超酸化物及びヒドロキシルラジカルのような活性酸素種を急冷するために酸化防止活性を有する。この急冷は、試験タンパク質の酸化架橋を防止し、全細胞におけるDNAの一本鎖切断を阻止する;酸化防止酵素の活性を保存することによって抗酸化防御系を強化する;アポトーシスを誘導することによって水晶体上皮細胞の増殖を阻止しグルコース代謝を向上させる。
【0048】
本発明用で使用する茶抽出物の非限定的な供給源は、紅茶、白茶、ウーロン茶、及び/又は緑茶である。
【0049】
茶抽出物が存在する場合、その組成物は、乾燥体基準で、組成物の約0.01重量%〜約90重量%の該茶抽出物を含む。その組成物は、乾燥体重量基準で、組成物の約0.1重量%〜約35重量%の該茶抽出物、約1重量%〜約15重量%の該茶抽出物、約1重量%〜約10重量%の該茶抽出物、約3重量%〜約10重量%の該茶抽出物を含む。
【0050】
本発明に従って利用されるポリフェノールは、更に医薬品及び/又は獣医用組成物として処方されることができ、投与の選択された経路、例えば、経口、非経口、静脈内、皮下などの経路に適応した様々な形態で動物に投与される。好ましい投与方法は、経口投与である。
【0051】
カロチノイド類
本発明の組成物は、カロチノイドを含むことができる。「カロチノイド」は、高等植物類、藻類、細菌類及び菌類の組織内に発生する色素の部類である。それらは通常、黄色から深紅の結晶固体であり、油脂及び油に可溶であり、水に不溶であり、高融点であり、アルカリに安定であり、酸や酸化剤に不安定であり、それらの色は水素添加によって又は酸化によって容易に破壊され、一部のものは光学活性である。カロチノイド類は、光合成の間に光を吸収する色素として機能し、光増感から細胞を保護すると考えられる、植物及び微生物によって合成される天然色素である。構造上、カロチノイド類は、それらの配置が分子中央部で反転するように、8個のイソプレノイド単位を結合して構成される。カロチノイド類は、酸化バランスの維持に加えて生物活性が実証されている。カロチノイドの構造は、これらの化合物の物理的特性、化学的反応性及び生物学的機能に強く影響を与える。個々のカロチノイドの大きさ、形状、疎水性及び極性は、哺乳類における、生物学的利用能、吸収、循環、組織及び細胞下の分布及び排泄に劇的に影響を与える場合があることが示唆されている。
【0052】
カロチノイドが存在する場合、カロチノイドは、ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン、ビキシン、リコピン、及びそれらの混合物からなる群から選択される。
【0053】
ルテインは、カロチノイドとして知られる脂肪に可溶性の黄色から赤色の色素である部類に属する酸化防止剤である。ルテインとゼアキサンチンは、互の構造異性体である。ルテインは、マリーゴールドから結晶の形で抽出することができる。ルテインの食物供給源としては、カラシナ、ホウレン草、ケール、ブロッコリー、葉レタス、グリーンピース、芽キャベツ、トウモロコシ、一部のカボチャ、及びグリーンビーンズが挙げられる。ルテインは、肉体及び眼をフリーラジカルによる損傷から防護すると考えられる強力な酸化防止剤である。ルテインは、眼の網膜内に見出される主要なカロチノイドであり、白内障の治療に有効であり得る。ルテインは、日光による損傷に対してすばらしく良く効き、ルテインは、黄班変性症の発生を50%を超えて減少し得る。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のルテイン、約0.01重量%〜約20重量%のルテイン、約0.05重量%〜約10重量%のルテインを含んでよい。
【0054】
ゼアキサンチンは、カロチノイドとして知られる脂肪に可溶性の黄色から赤色の色素である部類に属する酸化防止剤である。ゼアキサンチンは、マリーゴールドから結晶の形で抽出することができる。ゼアキサンチンの食物供給源としては、カラシナ、ホウレン草、ケール、ブロッコリー、葉レタス、グリーンピース、芽キャベツ、トウモロコシ、一部のカボチャ、及びグリーンビーンズが挙げられる。ゼアキサンチンは、肉体及び眼をフリーラジカルによる損傷から防護すると考えられる強力な酸化防止剤である。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のゼアキサンチン、約0.01重量%〜20重量%のゼアキサンチン、約0.05重量%〜約10重量%のゼアキサンチンを含んでよい。
【0055】
アスタキサンチンを、遊離型アスタキサンチン又はアスタキサンチンジエステルとして提供することができる。自然に生成されるアスタキサンチンは、菌類、甲殻類、及び藻類、例えば、ヘマトコッカス種から得ることができる。(例えば、米国特許第5,744,502号に記載のように)。アスタキサンチンはまた、野生型及び遺伝子組換えパフィア酵母(Pfaffia yeast)によっても生成され、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社(Archer Daniels Midland Co.);アクアサーチ社(Aquasearch Inc.);アスタカロチンAB(AstaCarotene AB);シアノテック社(Cyanotech Corporation)、及びマイクロ・ガイア社(Micro Gaia,Inc.)から市販されている。合成的に生成されるアスタキサンチンはまた、ホフマン−ラロシュ・リミテッド(Hoffman-LaRoche,Ltd.)からも市販されている。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のアスタキサンチン、約0.01重量%〜20重量%のアスタキサンチン、約0.05重量%〜10重量%のアスタキサンチンを含んでよい。
【0056】
ビキシンはベニノキ(B. orellana)の種(アナトーの種とも称される)のパルプ中に見出される天然起源のカロチノイドであり、着色米(coloring rice)、チーズ、ソフトドリンク、油、バター、スープ及び化粧品に対する赤色−オレンジ色の染料として世界中で使用されている。アナトー抽出物のようにビキシンは、食物の着色添加剤として使用される。ビキシンはフリーラジカルを除去することができ、生体外及び生体内の両方で、DNAへの酸化的損傷及び脂肪の酸化を防止することができる。データによれば、ビキシンが結腸直腸がんに化学的予防効果を有するとも示唆している。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のビキシン、約0.01重量%〜約20重量%のビキシン、約0.05重量%〜約10重量%のビキシンを含んでよい。
【0057】
リコピンは、トマト、グアバ、ローズヒップ、スイカに赤色を、及びグレープフルーツにピンク色を付与する、開鎖した不飽和カロチノイドである。リコピンは実証された酸化防止剤であり、肉体の細胞に損傷を与え得るフリーラジカルを消去し、それによって、前立腺がん、乳がん、アテローム性動脈硬化症及び冠動脈疾患の合併に対して防護がもたらされる。リコピンはLDL酸化を低減し、血液中のコレステロールのレベルを下げるのに役立つ。加えて、予備調査は、リコピンは黄班変性疾患のリスクを低減し得ることを示唆している。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のリコピン、約0.01重量%〜約20重量%のリコピン、約0.05重量%〜約10重量%のリコピンを含んでよい。
【0058】
アミノ酸類
本発明の組成物は、アミノ酸を含むことができる。アミノ酸は、肉体の「構成要素」である。細胞を構成し、組織を修復する他に、アミノ酸は侵入するバクテリア及びウイルスと戦うための抗体を形成し;アミノ酸は酵素及びホルモン系の一員であり;アミノ酸は核タンパク質(RNA及びDNA)を構成し;アミノ酸は肉体全体に酸素を運び筋肉活動に関与する。タンパク質は消化作用により分解され、22個の既知のアミノ酸をもたらす。8個は必須(人体内にて製造できない)であり、残りは非必須(適正な栄養で人体にて製造できる)である。
【0059】
アミノ酸が存在する場合、アミノ酸は、リジン、タウリン、ヒスチジン、カルノシン、アラニン、システイン、及びそれらの混合物からなる群から選択される。
【0060】
L−リジンは必須アミノ酸であり、感染猫のウイルスの出芽を顕著に減少させ、猫における非常に一般的な感染症であるネコ科動物のヘルペスウイルス−1(FHV−1)感染の持続期間を減少させることが示されている。FHV−1は、結膜炎、角膜潰瘍、眼瞼癒着の形成が含まれる猫における多くの眼疾患と関連し、L−リジンは、ウイルスゲノムの中に組み込むためのアルギニンと競合することによって、FHV−1の複製を抑止する。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.05重量%のリジン、約0.05重量%〜10重量%のリジン、約1.5重量%〜5重量%のリジンを含んでよい。
【0061】
タウリンは、全ての他のアミノ酸の構成要素として使用されるアミノ酸であり、眼、心臓筋肉、白血球、骨格筋、及び中枢神経系の中に見出される。タウリン及びイオウは、老化プロセス中で起こる、フリーラジカル廃物の清浄化に役立つ数多くの生化学的変化の制御に必要な要素であると考えられている。タウリンは、猫は大抵の動物種におけるアミノ酸の前駆体であるシステインからタウリンを合成する限られた能力しかもたないため、猫にとって必須のものである、イオウ含有のアミノ酸である。従って、猫はタウリンに対して栄養必要量を有する。栄養性網膜変性とネコ科動物の中心性網膜変性は同質であり、猫におけるタウリン欠乏に関連する。タウリン欠乏は、網膜の錐体に影響を及ぼし、それは視神経円板に対してドーステンポラル(dorsetemporal)にある中心領域で最も顕著である。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.05重量%のタウリン、約0.05重量%〜約10重量%のタウリン、約0.1重量%〜約5重量%のタウリンを含んでよい。
【0062】
ヒスチジンは、ヘモグロビン中に豊富に見出される。ヒスチジンは、ヒスタミンの前駆体であり、アレルギー反応の間に免疫系細胞によって放出される化合物である。ヒスチジンは、組織の成長及び修復のため、並びに神経細胞の防護体として作用するミエリン鞘の維持のために必要とされる。ヒスチジンは更に、赤血球及び白血球の製造に必要とされ、放射線によって引き起こされる損傷から身体を防護し、身体から重金属を取り除くのに役立つ。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.05重量%のヒスチジン、約0.05重量%〜約10重量%のヒスチジン、約0.1重量%〜約5重量%のヒスチジンを含んでよい。
【0063】
カルノシンは、ヒドロキシルラジカル除去性、一重項酸素除去性及び脂肪ペルオキダーゼ活性を有する天然の酸化防止剤として作用するための非常に高い潜在力を有する。カルノシンの顕著な効果は、水晶体白内障を予防又は部分的に回復させる、その実証されている能力である。カルノシンは、酸化ストレスにより誘発される損傷から水晶体を防護する。ビタミンE及びその他の酸化防止剤を併用した時に、カルノシンは最適な効果を有する。カルノシンは、グリコキシル化として知られるプロセス、即ち砂糖分子による有益なタンパク質及びDNAの破壊を減少させ得ると考えられる。カルノシンは、その系からいかなる異常物質も取り除き、系が自由に最適に機能することをできるようにさせ、グリコシル化による損傷を防止するのに役立ち得る。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.05重量%のカルノシン、約0.05重量%〜約10重量%のカルノシン、約0.1重量%〜約5重量%のカルノシンを含んでよい。
【0064】
アラニンは、必要に応じて他の供給源からコンパニオンアニマルによって製造することができる、非必須アミノ酸である。アラニンは最も単純なアミノ酸の一つであり、グルコースのエネルギー生成分解に関与している。突発的な嫌気性エネルギー需要の状態では、筋肉のタンパク質がエネルギーのために分解される時に、アラニンは窒素含有アミノ基をより毒性の少ない尿素に変化させる肝臓へと運ぶキャリア分子として働き、こうしてさらなるエネルギーが必要とされる時に筋肉細胞内での毒性生成物の蓄積を防止する。アラニンは、広範囲の種々な食物に見出されるが、特に肉の中に濃縮されている。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.05重量%のアラニン、約0.05重量%〜約10重量%のアラニン、約1重量%〜約5重量%のアラニンを含んでよい。
【0065】
システインは、酸化防止剤として機能し、放射線照射及び汚染に対する防護において身体にとって強力な助けとなる。システインは老化プロセスを抑制し、フリーラジカルを不活性化し、毒物を無毒化し、タンパク質合成に役立ち、また細胞変化を示すことに役立つことができる。本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.05重量%のシステイン、約0.05重量%〜約10重量%のシステイン、約0.2重量%〜約5重量%のシステインを含んでよい。
【0066】
酸化防止剤
本発明の組成物は、酸化防止剤を含むことができる。酸化防止剤は、組織における酸素の損傷効果を弱めることができる、酵素又はその他の有機分子である。その用語は、技術的には酸素と反応する分子に適用されるけれども、あらゆるフリーラジカルから防護する分子に適用される場合が多い。酸化防止剤が存在する場合、酸化防止剤は、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、コエンザイムQ10、及びそれらの混合物からなる群から選択される。
【0067】
ビタミンEは、脂肪可溶性の化合物であり、ビタミンEの最も顕著な酸化防止剤活性は細胞膜に限局される。ビタミンEは、細胞膜を脂肪の過酸化から防護することによって酸化バランスを維持する。ビタミンEは、脂肪可溶性の酸化防止剤であり、細胞の酸化的損傷を防御する。コンパニオンアニマルにおける全てのビタミンEは食物に由来し、多様な化学的形態を含む。ビタミンEの主な食物供給源は、追加的な供給源を提供するナッツ類、種子類、全穀類、及び小麦胚芽と共に、植物油、マーガリン、及びショートニングである。「ビタミンE」には、8種の異なった化学的形態が含まれ、その内の4種はトコフェロール類であり、4種はトコトリエノール類である。ビタミンEの最も生物学的に活性な形態は、α−トコフェロールである。ビタミンEは、犬に重要である。リン脂肪は、光受容体の重要な構造的構成成分であり、網膜の色素上皮による正常の排出及び食作用は細胞中のリソソームから過酸化されたリポタンパク質又リポフュージン(lipofusin)を生成する。ビタミンEの欠乏は、筋肉、中枢神経系、生殖器官及び網膜に病理学的変化をもたらすことがあり得る。犬における、白内障、盲目に至る視力の減退及び網膜変性のような眼障害は、長期のビタミンE欠乏によって起こる。ビタミンEの栄養補助食品は、酸化されたリポタンパク質又はリポフュージン色素の細胞内蓄積を遅延させる。
【0068】
本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のビタミンE、約0.01重量%〜約10重量%のビタミンE、約0.2重量%〜約5重量%のビタミンEを含んでよい。
【0069】
ビタミンC(アスコルビン酸カルシウムとして)は水溶性であり、水性の細胞区画内に見出され、直接的なフリーラジカル曝露(例えば、放射線、日光)に対する防衛線である。ビタミンCは、水性細胞の細胞質で生成されたフリーラジカルを効果的に除去し、細胞膜におけるビタミンEを再生利用(防護)することによって酸化バランスを維持する。ビタミンCの好適な形態は、アスコルビン酸カルシウムとしてである。ビタミンCの化学的中核は、2官能性ジオール基及び隣接したカルボニル基を含有する5員環のラクトン環から構成される。アスコルビン酸塩は、水への可溶性が高い。アスコルビン酸塩に観察される、異常な化学構造、熱力学的酸化還元電位及び急速な反応速度は、生物系における末端の小型分子の酸化防止剤としてのその独自の役割を支持する。アスコルビン酸(ASC)は、生物系において3つの異なった酸化還元状態(ASC、セミデヒドロアスコルビン酸(SDA)、及びデヒドロアスコルビン酸(DHA))で存在する。DHAは、2つの連続的及び可逆的な、1電子酸化プロセスの結果として形成される。不対電子は高度に非局在化したπシステムにあるので、アスコルビン酸ラジカルは比較的非反応性である。従って、アスコルビン酸化学の熱力学及び動力学により、ASCは優れた生物学的な供与型酸化防止剤になる。SDA及びDHAは、内因性酵素系によって還元を経由してアスコルビン酸に再生利用される。アスコルビン酸は、トコフェロキシルラジカルの還元を低減することによってビタミンEの酸化防止作用を高めると考えられる。トコフェロキシルラジカルとアスコルビン酸との間の反応により、細胞膜から酸化性フリーラジカルを遠くに運び去るための機構がもたらされる。要するに、トコフェロールは脂肪過酸化ラジカルの伝播反応を停止させることによって膜を防護し、アスコルビン酸はトコフェロールラジカルによる損傷の可能性に対して膜を防御することで役割を果たす。こうして、アスコルビン酸はフリーラジカルを除去し、ビタミンEのような他の酸化防止剤の有用な形態を再生利用することによって酸化バランスを維持するのを助ける。
【0070】
本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のビタミンC、約0.01重量%〜約10重量%のビタミンC、約0.2重量%〜約5重量%のビタミンCを含んでよい。
【0071】
ビタミンA及びカロチンは、肉又は野菜供給源のどちらか一方から得ることができる。動物形態はレチノール及びデヒドロレチノールに分けられ、一方で野菜カロチンは、4つの非常に強力なグループ、α−カロチン、β−カロチン、γ−カロチン及びクリプト−カロチンに分けられることができる。ビタミンAは、暗視に必要である。ビタミンAは免疫系に役立ち、またその酸化防止特性のために、汚染及びその他の病気に対する防護に優れている。ビタミンAは、老化を遅らせるのを助けると考えられる。ビタミンAは、粘膜や皮膚における上皮細胞の発育と維持に必要であり、骨及び歯の形成に、脂肪の貯蔵に、並びにタンパク質やグリコーゲンの合成に重要である。
【0072】
本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のビタミンA、約0.01重量%〜約10重量%のビタミンA、約0.2重量%〜約5重量%のビタミンAを含んでよい。
【0073】
コエンザイムQ10は化学反応を促進させる、強力な天然起源の化合物であり、コンパニオンアニマルをフリーラジカルから防護するのに役立ち、それはまたユビキノンとも称される。コエンザイムQ10(CoQ10)は食物中に自然に存在し、コンパニオンアニマルによって、8種のビタミン及び7種の微量元素を必要とする、多段階(17段階)プロセスの間で、アミノ酸チロシンから合成されることができる。コエンザイムQ10は、酸化防止剤特性、並びそれが及ぼす細胞内における酸素の流れの制御、心臓血管機能の補助、エネルギーの生成、他の栄養素の吸収の補助、加えてその免疫増強特性をもたらす。コエンザイムQ10は、少なくとも3種のミトコンドリア内酵素並びに細胞内の他の酵素に対する補酵素である。ミトコンドリア作用は、加齢に関連した黄班変性に中心的役割を果たす。
【0074】
本発明の組成物は、組成物の少なくとも約0.01重量%のコエンザイムQ10、約0.01重量%〜約10重量%のコエンザイムQ10、約0.2重量%〜約5重量%のコエンザイムQ10を含んでよい。
【0075】
組成物
本発明に記述のポリフェノールは、コンパニオンアニマルへの投与に適応する任意の組成物に添加されることができることが予期される。
【0076】
組成物に対する典型的な処方は、当該技術分野において周知である。タンパク質材料及びデンプン質材料に加えて、本発明の組成物としては一般的に、ビタミン類、ミネラル類、並びに香味料、防腐剤、乳化剤及び保湿剤のような添加剤を挙げてよい。ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪及び炭水化物の相対的割合を含む栄養バランスは、獣医学及び栄養学の分野で既知の食事基準に従って決定される。
【0077】
乾燥した組成物の非限定的な例は、乾燥体基準で、組成物の約1重量%〜約50重量%の粗タンパク質、約0.5重量%〜約25重量%の粗脂肪、約1重量%〜約10重量%の補足的繊維、及び約1重量%〜約30重量%の湿分を所望により含有してよい。或いは、乾燥した組成物は、乾燥体基準で、組成物の約5重量%〜約35重量%の粗タンパク質、約5重量%〜約25重量%の粗脂肪、約2重量%〜約8重量%の補足的繊維、及び約2重量%〜約20重量%の湿分を含有してよい。或いは、乾燥した組成物は、乾燥体基準で、組成物の約9.5重量%〜約22重量%の最低タンパク質レベル、約8重量%〜約13重量%の最低脂肪レベル、約3重量%〜約8重量%の最低湿分レベル、約3重量%〜約7重量%の最低補足的繊維レベルを含有する。乾燥した組成物はまた、約3.5Kcal/gの最低代謝エネルギーレベルを有してもよい。
【0078】
湿った組成物の非限定的な例は、乾燥体基準で、組成物の約0.5量%〜約50重量%の粗タンパク質、約0.5重量%〜約25重量%の粗脂肪、約0.5重量%〜約15重量%の補足的繊維、約30重量%〜約50重量%の湿分を所望により含有してよい。或いは、湿った組成物は、乾燥体基準で、組成物の約5量%〜約35重量%の粗タンパク質、約5重量%〜約25重量%の粗脂肪、約1重量%〜約5重量%の補足的繊維、及び約35重量%〜約45重量%の湿分を含有してよい。或いは、湿った組成物は、乾燥体基準で、組成物の約9.5重量%〜約22重量%の最低タンパク質レベル、約8重量%〜約13重量%の最低脂肪レベル、約38重量%〜約42重量%の最低湿分レベル、約2重量%〜約3重量%の最低補足的繊維レベルを有してよい。湿った組成物はまた、約3.5Kcal/gの最低代謝エネルギーレベル及び約0.1%〜約20%の灰分を有してもよい。
【0079】
ぬれた組成物の非限定的な例は、乾燥体基準で、組成物の約0.5量%〜約50重量%の粗タンパク質、約0.5重量%〜約25重量%の粗脂肪、約0.01重量%〜約15重量%の補足的繊維、及び約50重量%〜約90重量%の湿分を所望により含有してよい。或いは、ぬれた組成物は、乾燥体基準で、組成物の約5量%〜約35重量%の粗タンパク質、約5重量%〜約25重量%の粗脂肪、約0.05重量%〜約5重量%の補足的繊維、及び約60重量%〜約85重量%の湿分を含有してよい。或いは、ぬれた組成物は、乾燥体基準で、組成物の約9.5重量%〜約22重量%の最低タンパク質レベル、約8重量%〜約13重量%の最低脂肪レベル、約65重量%〜約80重量%の最低湿分レベル、約0.1重量%〜約3重量%の最低補足的繊維レベルを含有してよい。ぬれた組成物はまた、約1.0Kcal/gの最低代謝可能エネルギーレベル及び約0.1%〜約20%の灰分を有してもよい。
【0080】
本発明の一実施形態では、組成物は、乾燥した、湿った、ぬれた、又はその他にかかわらず、乾燥体基準で、組成物の約5重量%〜約50重量%、或いは約20重量%〜約50重量%の動物由来の成分を含む組成物である。動物由来の成分の非限定的な例としては、鶏肉、牛肉、豚肉、子羊の肉、七面鳥の肉(若しくは他の動物)のタンパク質又は脂肪、卵、魚粉などが挙げられる。
【0081】
組成物がグレービーの形態である場合、その組成物は少なくとも10%のブロス又はストックを含んでよく、これらの非限定的な例としては、野菜牛肉(vegetable beef)、鶏肉、又はハムストックが挙げられる。典型的なグレービー組成物は、乾燥体基準で、約0.5%〜約5%の粗タンパク質、及び約2%〜約5%の粗脂肪を含んでよい。
【0082】
組成物が、ビスケット、チュー、及び他のトリーツのような栄養補助食品の形態である場合、その栄養補助食品は、乾燥体基準で、栄養補助食品組成物の約20重量%〜約60重量%のタンパク質、約22重量%〜約40重量%のタンパク質を含んでよい。別の例として、栄養補助食品組成物は、乾燥体基準で、栄養補助食品組成物の約5重量%〜約35重量%の脂肪、又は約10重量%〜約30重量%の脂肪を含んでよい。
【0083】
任意成分
本発明の組成物は、広範囲の他の任意成分を更に含むことができる。
【0084】
追加の構成要素の非限定的な例としては、動物性タンパク質、植物性タンパク質、デンプン質の物質、野菜、果物、卵系材料、非変性タンパク質、食品用ポリマー接着剤、ゲル、ポリオール、デンプン、ゴム類、風味剤、調味料、塩、着色剤、徐放性化合物、ミネラル、ビタミン、酸化防止剤、プレバイオティクス、プロバイオティクス、芳香変性剤、非平滑化小麦タンパク質、非平滑化大豆タンパク質、非平滑化ルピンタンパク質、非平滑化野菜タンパク質、パン粉、挽肉、粉、粉砕パスタ、水、及びこれらの組み合わせが挙げられる。
【0085】
任意成分の非限定的な例としては、少なくとも一つの野菜を挙げることができる。野菜の非限定的な例としては、ニンジン、エンドウマメ、ジャガイモ、キャベツ、セロリ、豆類、トウモロコシ、トマト、ブロッコリー、カリフラワー、リーキ及びそれらの組み合わせが挙げられる。
【0086】
充填剤もまた、任意成分として、本明細書において有用である。充填剤は、固体、液体、又は圧縮空気(packed air)であることができる。充填剤は、可逆的(例えば、ゼラチンが挙げられる熱可逆的なもの)及び/又は非可逆的(例えば、卵白が挙げられる熱非可逆的なもの)であることができる。充填剤の非限定的な例としては、グレービー、ゲル、ゼリー、アスピック、ソース、水、空気(例えば、窒素、二酸化炭素、及び大気)、ブロス、及びそれらの組み合わせが挙げられる。
【0087】
着色剤の非限定な例としては、合成又は天然の着色剤、及びそれらのいずれかの組み合わせが挙げられるが、それらに限定されない。着色剤が存在する場合、乾燥体基準で、該着色剤の約0.0001%〜約5%、更には約0.001%〜約1%、その上更には約0.005%〜約0.1%である。
【0088】
更に、乳酸菌又はビフィドバクテリウム種のようなプロバイオティク微生物は、例えば、組成物又は動物フード組成物自体に添加されてよい。
【0089】
本発明ではまた、任意成分として少なくとも一つの果実も有用である。非限定的な例としては、トマト、リンゴ、アボカド、西洋ナシ、モモ、サクランボ、アンズ、プラム、ブドウ、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライム、クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー、スイカ、カンタロープ(cantelope)、マスクメロン(mushmellon)、ハネジューメロン(honeydew melon)、イチゴ、バナナ、及びそれらの組み合わせが挙げられる。
【0090】
組成物は、長鎖脂肪酸及び亜鉛のような他の活性剤を含有してよい。好適な長鎖脂肪酸としては、α−リノール酸、γ−リノレン酸、リノール酸、エイコサペンタエン酸(eicosapentanoic acid)、ドコサヘキサエン酸が挙げられる。魚油は、エイコサペンタエン酸(EPA)及びドコサヘキサエン酸(DHA)の好適な供給源である。DHA量は、全て乾燥体基準で、動物フード組成物の少なくとも約0.05%、或いは少なくとも約0.1%、或いは少なくとも約0.15%である。EPA量は、全て乾燥体基準で、動物フード組成物の少なくとも約0.05%、或いは少なくとも約0.1%、或いは少なくとも約0.15%である。
【0091】
本発明の組成物は、更に炭水化物供給源を含んでよい。米、トウモロコシ、ミロ、サトウモロコシ、大麦、小麦などのグレイン類又は穀物類が、代表的な供給源である。
【0092】
組成物はまた、乾燥乳清及び他の乳製品副産物のような他の物質を含有してもよい。
【0093】
製造方法
本発明の組成物は、所望の組成物を製造及び処方するために好適である、いかなる既知の、ないしは有効な技法によっても調製されてよい。
(a)商業的に調製された又は購入されたポリフェノールを受け入れる工程と、
(b)該ポリフェノールと追加の成分とを重量によって組み合わせる工程と、
(c)該ポリフェノールと追加成分とをブレンドする工程と、
(d)該ポリフェノールと追加成分とを処理して組成物を形成する工程と、からなるプロセスを含む、組成物を製造することが有効である。
【0094】
組成物は、蒸気トンネル、押出成形、凍結非平坦化(freeze-texturization)、焼成、ゲル化、レトルト、マイクロ波加熱、オーム加熱、及びそれらに組み合わせを含む、様々な周知の手段によって加工されることができる。
【0095】
総湿分含量方法
該方法としては、組成物中の総湿分含量の分析が挙げられる。該分析は、AOAC法930.15及びAACC法44−19に概説されている手順に基づく。
【0096】
組成物試料は、1つのユニット容積、例えば、組成物の375gを採取し、フードプロセッサでペーストのような均一な稠度に均質化することによって調製される。375gより大きい組成物は、375gの試料が得られるように、その全体の同等で代表的な画分に形成するよう再分割されるであろう。
【0097】
組成物のペーストを、100mL以下の容量で3つにサンプリングし、100mLのナスコ・ワールパック(Nasco Whirl-Pak)(登録商標)(フォート・アトキンソン(Fort Atkinson)ウィスコンシン州53538−0901)にそれぞれを入れ、密封する。ワールパック(登録商標)密封のプロセスの間、最終的な密閉の直前に過剰な空気を容器から手動で抜き、それにより容器のヘッドススペースを最小限にする。ワールパック(登録商標)を製造業者の指示に従い密閉する−バッグを3度きつく折り畳み、タブを180度曲げる。
【0098】
全ての試料は、湿分分析の前に48時間未満の間、6℃で冷蔵される。
【0099】
総湿分分析のために、各湿分用スズ缶(moisture tin)及び蓋の自重を0.0001gまで記録する。湿分用スズ缶及び蓋は、乾燥した清潔なピンセットを用いて扱われる。湿分用スズ缶及び蓋は、密閉されたデシケータ内の乾燥剤上で、乾燥した状態で保たれる。試料を包含するワールパック(登録商標)を開き、2.0000+/−0.2000グラムの試料を覆われていない湿分用スズ缶中へと秤量する。湿分用スズ缶中の試料の重量を記録する。エアオーブンでの乾燥中、湿分を失わせるが全ての他の材料は収容されるように、開いた状態の湿分用スズ缶の上部に蓋を置く。蓋及び試料が充填された湿分用スズ缶を、135℃で作動しているエアオーブン内に6時間置く。カウントダウンタイマーを用いて時間を監視する。
【0100】
乾燥後、オーブンからスズ缶を取り出し、乾燥された蓋をピンセットを用いてスズ缶の上部に置く。乾燥された試料を有する覆われた湿分用スズ缶を直ぐにデシケータに入れて冷却する。密閉されたデシケータに、ステージの下まで活性乾燥剤を満たす。室温まで冷却したら、乾燥された試料を有する覆われた湿分用スズ缶を0.0001gまで秤量し、重量を記録する。各試料の総湿分含量を、以下の式を用いて計算する。
総湿分含量(%)=100−(乾燥後のスズ缶、蓋、及び試料の重量−空のスズ缶及び蓋の重量)×100/初期の試料重量
【0101】
本明細書全体を通じて与えられる全ての最大数値限定は、それより小さい全ての数値限定を、そのようなそれよりも小さい数値限定が本明細書に明確に記載されているかのように含むことを理解すべきである。本明細書全体を通じて与えられる全ての最小数値限定は、それより大きい全ての数値限定を、そのようなそれより大きい数値限定が本明細書に明確に記載されているかのように含む。本明細書全体を通じて与えられる全ての数値範囲は、そのようなより広い数値範囲内にある、全てのより狭い数値範囲を、そのようなそれより狭い数値範囲が本明細書に明確に記載されているかのように含む。
【0102】
特に指定がない限り、明細書、実施例、及び請求の範囲における本明細書の全ての部分、比率、及び百分率は重量基準であり、全ての数値限定は、当該技術分野により提供される通常の程度の精度で使用される。
【実施例】
【0103】
以下の実施例は、本発明の範囲内にある実施形態を更に記載し実証する。これら実施例は、説明の目的のためのみに提示するものであって、本発明の精神及び範囲から逸脱することなく、多くの変更が可能であるので、本発明を限定するものと解釈すべきではない。以下の全ての実施例は、コンパニオンアニマルによって利用される組成物である。
【0104】
(実施例1〜6)
【表1】

【0105】
実施例1、2、3、4、5、及び6の乾燥した組成物を、最初に穀物グレインを、ビタミン類、ミネラル類、繊維供給源、ローズマリー抽出物又はローズマリー酸、或いはコーヒー抽出物又はカフェ酸、或いはウコン抽出物又はククルミン、或いはブルーベリー抽出物又はブドウの種抽出物、或いは茶抽出物、ルテイン、リジン及びタウリンと粉砕し、混合することにより製造することができる。次に、穀物グレインを、肉製品及び他のタンパク質供給源に添加する。成分をキブルへと押出成形する。キブルを乾燥する。最終製品を包装する。
【0106】
(実施例7〜12)
【表2】

【0107】
実施例7、8、9、10、11、及び12のぬれた組成物を、最初に穀物グレイン類を乾燥し粉砕して製造することができる。乾燥した穀物グレイン類、ビタミン類、ミネラル類、繊維供給源、及びローズマリー抽出物又はローズマリー酸、或いはコーヒー抽出物又はカフェ酸、或いはウコン抽出物又はククルミン、或いはブルーベリー抽出物又はブドウの種抽出物、或いは茶抽出物、ルテイン、リジン及びタウリンを混合する。乾燥成分を、肉製品及び他のタンパク質供給源とブレンドする。最終製品を提供するために、混合物を、缶内に包装し、レトルトプロセスにて調理する。予め形成された部分(グレービー中の塊)については、安全な最終製品を提供するために、混合物を押し出し、予め調整するために蒸気トンネルに通し、所望の形状に切断し、添加水と共に包装し、レトルト化する。
【0108】
(実施例13〜18)
【表3】

【0109】
実施例13、14、15、16、17、及び18の湿った組成物の実施例は、穀物グレイン類を、ビタミン類、ミネラル類、繊維供給源、及びルテイン、リジン、ローズマリー抽出物又はローズマリー酸、或いはコーヒー抽出物又はカフェ酸、或いはウコン抽出物又はククルミン、或いはブルーベリー抽出物又はブドウの種抽出物、或いは茶抽出物、及びタウリンと粉砕し、混合することにより製造することができる。次に、穀物グレインを、水分活性を調整するために湿潤剤と共に肉製品及び他のタンパク質供給源に添加し、成形する。成分を所望の形状へと押出成形する。最終製品を包装する。
【0110】
本明細書に開示された寸法及び値は、列挙した正確な数値に厳しく限定されるものとして理解されるべきではない。それよりむしろ、特に指定がない限り、そのような寸法はそれぞれ、列挙された値とその値周辺の機能的に等価な範囲との両方を意味することを意図したものである。例えば、「40mm」として開示される寸法は、「約40mm」を意味することを意図したものである。
【0111】
「発明を実施するための最良の形態」で引用した全ての文献は、関連部分において本明細書に参考として組み込まれるが、いずれの文献の引用も、それが本発明に対する先行技術であることを容認するものと解釈されるべきではない。
【0112】
本発明の特定の実施形態を説明し記載したが、本発明の精神及び範囲から逸脱することなく様々な他の変更及び修正を実施できることが当業者には自明であろう。従って、本発明の範囲内にあるそのような全ての変更及び修正を、添付の特許請求の範囲で扱うものとする。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
コンパニオンアニマルの眼の健康を増進するための組成物の製造における、ローズマリー抽出物、カフェ酸、コーヒー抽出物、ウコン抽出物、ククルミン、ブルーベリー抽出物、ブドウの種抽出物、ローズマリー酸、茶抽出物、及びそれらの混合物からなる群から選択される少なくとも一つのポリフェノールの使用。
【請求項2】
前記眼の健康の増進が、環境ストレスの予防又は治療、加齢に伴うストレスの予防又は治療、白内障の進行の抑制、視力の向上、若い眼の維持、及びそれらの組み合わせからなる群から選択される、請求項1に記載の使用。
【請求項3】
前記ポリフェノールが、ローズマリー抽出物、コーヒー抽出物、カフェ酸、及びローズマリー酸からなる群から選択される、請求項1又は2に記載の使用。
【請求項4】
前記ポリフェノールが、0.01%〜90%、0.1%〜15%、及び1%〜10%で存在する、請求項1〜3のいずれか一項に記載の使用。
【請求項5】
前記組成物が、リジン、タウリン、ヒスチジン、カルノシン、アラニン、システイン、及びそれらの混合物からなる群から選択されるアミノ酸を更に含む、請求項1〜4のいずれか一項に記載の使用。
【請求項6】
前記組成物が、ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン、ビキシン、リコピン、及びそれらの混合物からなる群から選択されるカロチノイドを更に含む、請求項1〜5のいずれか一項に記載の使用。
【請求項7】
前記組成物が、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、コエンザイムQ10、及びそれらの混合物からなる群から選択される酸化防止剤を更に含む、請求項1〜6のいずれか一項に記載の使用。
【請求項8】
前記コンパニオンアニマルが、犬、猫、子猫、子犬、成犬、老犬、成猫、老猫からなる群から選択される、請求項1〜7のいずれか一項に記載の使用。
【請求項9】
前記コンパニオンアニマルが、少なくとも6才の老犬又は少なくとも6才の老猫である、請求項8に記載の使用。
【請求項10】
前記組成物が、栄養バランスがとれたペットフード組成物、ドッグフード、キャットフード、トリーツ、チュー、ビスケット、グレービー、ソース、飲料、補助水、及びそれらの組み合わせからなる群から選択される、請求項1〜9のいずれか一項に記載の使用。

【公開番号】特開2013−78318(P2013−78318A)
【公開日】平成25年5月2日(2013.5.2)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−243749(P2012−243749)
【出願日】平成24年11月5日(2012.11.5)
【分割の表示】特願2009−512756(P2009−512756)の分割
【原出願日】平成19年6月7日(2007.6.7)
【出願人】(506203512)ザ アイムス カンパニー (16)
【氏名又は名称原語表記】The IAMS Company
【Fターム(参考)】